説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/05/09の日記

★H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND- 音羽アトゲークリア

これぞまさに夢見た最高のルート
多分、全ルートの中で一番幸せなキャラが多いルートでは?
ひなたとの別離の後、各アトゲーと同じように東京で暮らす琢磨
その琢磨の元にほたるは政略結婚に嫌気がさして。
はやみちゃんは両親が亡くなり村を追い出され逃げ込む。
理由はどうあれ、夢の3人での同棲生活を送っている所で
苦労カードとか集めそうなステッキを手に入れて
ひなた復活のヒロイン3人との同棲生活に突入。
最終的には全フラグ立ててハーレムエンドというね。

ずっとお酒が入ったはやみちゃんを見たかったんだけど
3人ともお酒入った素敵空間が!
笑い上戸のはやみちゃん可愛いよはやみちゃん。
どのアトゲーでも結局琢磨が気に入ってくれたからといって
ツインテールにしてるしはやみちゃんに尽きますね・・・。
ほたるが積極的なアプローチをしなかったおかげか
あまり琢磨にあからさまな好意を出さなかったんだけど
ひなた登場で対抗意識燃やして琢磨好き好きなはやみちゃん可愛いよ。
はやみちゃんになら簀巻きにされてもいいぜ!

意外だったのは「サクラノ詩」からオプション二号こと
氷川里奈がチラっと顔見せ程度に登場したことと、
琢磨の目の秘密が正式に語られるとは思わなかったね。
琢磨の目は「生の世界」と「死の世界」が見える目で、
「死の世界」を見ている時がいわゆる目が見えない状態。
子供の頃はそれが不安定で見えたり見えなかったりしたが
トラウマを負って「生の世界」を拒絶した時に目が見えなくなり
再びどうしても「生の世界」を見たいと思った時に開眼し
それ以降はまっすぐに「生の世界」を捉え視力が安定した、と。

今回登場のこのステッキはそんな目が無いと見えないようなモノ。
陳さんが目を移植とかの設定はとりあえずおいといて。
その目を持つべくして生まれたという話は興味深いですね。
琢磨は「約束の人」であり「恩人」でもある人。
つまりははやみちゃんとほたるを結びつけるために存在し
結果的にはひなたも黄泉帰ることが出来た。
そのために琢磨の目があったとすれば報われるし
運命的な話は好きですよ。

アニメで音羽が言っていた
「その目が生を想い全てを受け入れるときに開かれ
死に囚われ全てを拒む時に暗闇と共に閉じられる」
という台詞はこの設定のことだったんですねぇ。

そのような要素も含めてトゥルーエンドと呼ぶのに相応しいです。
ぶっちゃけ弘瀬家云々は完全に放置だし
結ばれているのはひなたではあるし
色々と突っ込むところも多いけど気にしたら負けだな。
でもどうせなら4Pとかやって欲しかったのは本音です(笑)


さて書きたいことはほぼ個別ルートで書きましたけど
一応総評というかまとめ記事をそのうち書き上げようかな。
スポンサーサイト

2008/05/07の日記

★H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND- 音羽本編捕捉

前回の感想で思いっきり書くの忘れてましたが
後半になると「サクラノ詩」のヒロインの「御桜稟」が登場。
ひなたルートでも後半ははまじがメインになったりと
微妙に主役を食っちゃうのは賛否両論な気がするなぁ。
御桜稟は良いキャラなのに出番が少なくて残念。
過去、再会共に琢磨の背中を押す重要な立ち位置なんですけどね。
つまり何が言いたいかと言うと「サクラノ詩」まd(ry

でも「サクラノ詩」で好きなのは
ちっちゃい先生とオプション二号なんだ・・・。

★H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND- ひなたアトゲークリア

曖昧なままひなた本編は終了したけど
結局、弘瀬家を勘当されることもなく、
そればかりか父親からの援助も受け
同棲生活が出来るようになり良かった良かった。
愛のために全てを投げ打つというのは好きだけど
やはり世間的にも幸せになって欲しいとは思うしね。
ただ弘瀬家という呪縛からは逃れられないから
生まれてくる子供はどうなるんだろう、というのはあるけど。

ひなたのアトゲーでははやみちゃんとゆい様登場。
はやみちゃんは愛するほたるが琢磨にふさわしいか
監視をするという名目で同棲生活に割り込み。
ゆい様は弘瀬の爺からの依頼でほたるとの仲を引き裂くためと
ゆい様自身はひなたルートで傷を負わされた兄の復習のため。

予想はしてたけどやっぱりゆい様は可愛いところあるな(笑)
最初から琢磨に傾くのは予測済みでした、とさ。
問題ははやみちゃんの方で最初はガチでほたるかと思ったら
実は琢磨への秘めたる想いを我慢できずに登場。
そんなはやみちゃんも可愛すぎるし
念願の3P(モドキ)でエロ的にもイヤッホゥ!だったけど
はやみちゃんとのフラグを活かすならなおさら
再会編ではやみちゃんも登場させておいたほうが良かったと思う。

選択肢があるけどその違いはどっちとえちぃするかのみ。
どっちを選んでも結局EDは変わらずはやみちゃんカワイソス。
ほたるとの間に確固たる重い絆が無ければ
このまま3人で同棲でハーレムエンドってのもアリだけど
ひなたルートでははやみちゃんの存在が弱すぎるんだよねぇ。
だからキッチリ決着を付けることになるのは必然ではある。
再会編ではやみちゃんフラグも微妙に立てつつ
選択肢でハーレムエンドにして欲しかったなー。

さて、残すところは音羽アトゲーのみ・・・。

2008/05/06の日記

★H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND- 音羽本編クリア

例のごとくネタバレ有りですよ、っと。

音羽本編に関してはあまり突っ込むことはないような。
どのルートにもある程度共通するイベントはあるんですね。

たとえば
・家に訪ねてくるイベント
・海に行くイベント
・目が見えるようになるイベント
などなど。

それぞれヒロインがどういった反応するのか
違いがあるので見比べるのが楽しいです。

音羽ルートで明らかになるのは
ひなたルートで明らかになったことと大差無いので
あまり改まって語るところは無いような。
どちらかと言えば恋愛描写に偏ってる気がするな。
といっても相変わらず再会編での告白になるけど。
再会編のパー子扱いは思わず吹いた。

つかビジュアル的にもっと大人びた成長をしてると思ったら
中身が殆ど変わっていなくて絶望した!
強いて言えば少し恥じらいを持ったぐらい。
ああでもお姉さんキャラな所は好きです。

ラストは切なかったけどアトゲーあるから
どうせ〜とか思っちゃうのはムードぶち壊しですかね?(笑)
個人的には音羽エンドというよりエピローグ?
琢磨と思われる人物のモノローグと砂の上の足跡の詩からの
「FOOTPRINTS IN THE SAND」の挿入が最高でした。
どうしてこんなに心に響いてくる演出なんだろう。
このシーンがH2Oの中で一番泣けた場面でした。
それにしてもこのシーンの時間軸とか気にしたら負けなのかな。
一度は夢見た幸せな描写な妄想みたいなもんか。

アニメの最終回でも良い曲だと思ったけど
このエピローグを見て何倍も好きになりましたね。
ただフル収録されてるのが限定マキシっぽくてorz
しょうがないからゲームからゴニョって音源取りだそうか。
「TOMORROW」も良い曲だけどやっぱりOPの「H2O」が一番かな。

さて、残すはアトゲー2つのみ。
終わったらコンシューマー消化して√aaa買ってくるかなぁ。

2008/05/02の日記

★H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND- ひなた本編クリア

ネタバレアリです。

過去編のひなたのウザさはやっぱり異常でした(爆死)
昔この手の天然ドジ娘キャラは嫌いじゃなかったんだけどな。
ひなたの場合はアニメの印象が良くも悪くも強すぎたのかなぁ。
本編プレイする限りは原作のひなたは
村長から琢磨に近づくように言われてるわけではないみたいで。
つまりあの態度は孔明とかでなく本心ではあるんですが・・・。
うん、やっぱアニメの影響で黒い方がそれっぽいな(笑)

黒い場面と言えば「踏んでください」とか「くすくす」だけど
これは理由がちゃんとあってのことだからなぁ・・・。
ほたるとして生きることとはやみちゃんとの仲直りが同時で
構成的にはコミック版に途中近いものは感じましたね。
音羽の部分だけが抜け落ちてるような。

そもそもはやみちゃんの境遇にちゃんと触れてるのは原作だけなんだね。
アニメでは権力の振りかざしていた小日向家を
神楽家が打ち倒しそれが原因で差別されてるんだけど、
原作では「あちら側」や「山の〜」といういわゆる部落差別的なもの。
同じような扱いを受けてるのははやみちゃんだけに限らないんですよね。
そこはほたるルートの途中でも明らかになる部分ですが。
コミック版もあまり触れてないけどどちらかと言えばこちらに近そう?
「時の音の精霊」もアニメだけが設定違うのか。
両親の存在といい各メディアで思ったより設定が違うみたいだ。

それはそれとして原作でも「ほたる」浸透は一瞬なのね・・・。
村長の孫娘という立ち位置の強さが大きいんだろうけどさ。
アニメでもかなりあっさりしてると思ってたけど
アニメはちゃんと村長に打ち明けてるだけマシだったか。
弘瀬家の権力で一瞬で見ための平和が浸透したことといい
権力とその裏側のもどかしさが伝わってくるようなテーマでした。

後半はほたるというよりはまじルートすぎる。
というか琢磨のはまじに対する扱い酷いな!
このあたりははやみちゃんの言う着飾ってない部分だろう。
しかし、過去編最後は後味悪すぎたなぁ・・・。
琢磨も琢磨ではまじに対する責任は全うしたから
後はどうせ何も出来ないから責任放棄のように見えて。
はやみちゃんとほたるの前からパっと消えるとか
不安すぎると思うんだけどなぁ・・・。

再会後のほたるのキャラが変わりすぎててワロタ。
ああ、断然こっちの方が好きだなぁ。
モード零は余計すぎるけど(笑)
まぁ、ほたるにフラグ立ってるのはいい。
別れの時もだし、過去編ではやみちゃんも仲認めてたし。

でも再会編ではやみちゃんの出番が一切無いのはしょんぼり。
交友はずっと続いてるしはやみちゃんの立場も良く、
差別はなくなったみたいで安心はしたけどさ。
シナリオの都合上とはいえ
「小日向さんにも会いたいな」ぐらい出てきて欲しかったわ。

プレイ時間は選択肢から3〜4時間程度かな?
意外と短くて良かった・・・
というか仲直りしてくれて本当に良かった。
はやみちゃんルートは差別はともかく
ほたると仲違いしたままってのがネックなんだよなー。
この流れで行くと音羽ルートは仲直りしつつ
音羽=ひなたに迫っていく実質のトゥルーエンドって所かな?

ほたるアトゲーか音羽本編どっち先にやろうか迷う。

2008/05/01の日記

★H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND- はやみちゃんアトゲークリア

ネタバレありますよー。

思ったよりも長いんですね・・・。
再会編より長いとは思わなかった。
そして本編では薄かったえちぃがエロエロで!(笑)
ラブラブ同棲生活だけでもwktkだったのに
知識に偏りがありすぎるはやみちゃんえちぃ可愛いよ。

実は話自体はサブタイからあんまり期待してなかったんですよね。
ゆい様なカットで「友人」とか言われてもなー、と。
予想通りゆい様との再会がメインだったんですが
ゆい様がこんなに良いキャラすぎるとは思わなかった。
アニメの影響で嫌な印象は払拭出来ていて
原作はやみちゃんルートでも我慢は出来たんですが、
このアフターでまさかこういう関係になるとはね。

はやみちゃんの言うことはゆい様の言うように最もで
昔イジメられてた確執はそう簡単に埋まるわけもなく。
ただゆい様の心情的には年月も経ち
あっけらかんとした対応にも納得できる。
まさに典型的な好きな子はイジメたいタイプだったのね(笑)
ドSのゆい様とドMなはやみちゃんのコンビがこんなに良いとはね。
えちぃ方面もだけど普通に良い友人関係だ。
ゆい様が切なすぎるのでこれからも
はやみちゃんが相談→百合ん
とかあってくれないかなーとか妄想(笑)

琢磨が忙しいのは結婚を前提に〜
と言った時点でオチは読めましたね。
はやみちゃんは心配性過ぎる、だがそれが可愛すぎる。
自問自答してる場面も多いので
まさにずっとはやみちゃんのターン。
もう可愛すぎて可愛いという言葉しか浮かばないんですけど。
書くとエンドレスになりそうなのでこの辺で。

★H2Oプラス話

続いて軽く触ってみたH2Oプラス。

プラスは最初から攻略キャラ自由っぽいですね。
選択肢が大量にあり普通のADVのようになってる模様?
セーブとか機能的な充実はいいんだけど
選択肢が大量にあって攻略記事が見つからん現状は
進んでプレイする気にはならないなぁ。

OPが地味に変更されていてこれはこれで。
攻略キャラが増えた関係ではまじやゆい様のカット追加だけど
やはりメインヒロインは”H2O”な3人という印象。
というかゆい様は追加カット少なすぎて泣いた。

後はスレの話題だと規制の関係で表現がぬるくなってる模様?
特典のアニメ1話は「ゴキブリ!」やフルボッコがカットみたいだし。
フルボッコ→Nice Forest.は吹いた。

原作は部落差別とか盲目とかタブーのような所に触れているんですが
琢磨の無駄な明るさやヒロイン達の可愛さで軽減されてるような作り。
テーマとしてそこまで追求したようなものではないだろうし
PS2版でこれらの表現が緩くなるのは問題ないと思いますがね。
はやみちゃんルートだとイジメとかを乗り越えて、というより
二人の絆だけで堪え忍んでいるという印象が強いし。
恋愛成就に対する感動は個人的にはそこまで変わらないんじゃないかな。
まぁ、実際にプレイしてみないとなんともですが。

本当に冒頭しかやってないのでアレですが
琢磨の破天荒な性格が少しアニメやコミックに近づいてる?
原作ほどKYな言動は減っているような印象。
ついでに友田千紗の存在抹消とか?(これはアニメも名前出てないけど)
全体的に加筆検閲修正って所なんでしょうかねー。
バッドエンドが大量に追加されてるようですが
はやみちゃんルートでバッドとかマジで鬱りそうだなぁ・・・。

とりあえず攻略待ちですかねえ。

2008/04/28の日記

★H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND- はやみちゃんクリア

何故かこのタイミングでPC版なわけですが。
昨日結局眠気がいまいち来なくて唐突にインストール。
はやみちゃん可愛いよとか思いならクリックしてたら
気付いたら5時間経っててEDでした(マテ
最初分岐ゼロなんですねこれ・・・。
アトゲーはまだ未プレイ。

例によって例のごとくネタバレ全開なので注意。

とりあえずはやみちゃんシナリオの前に全体的な感想。

一番思ったのは・・・
琢磨の性格が違いすぎる件について

アニメ版やコミック版の琢磨は割と性格が近くて
てっきり原作でもこういう人物なのかと思っていました。
所がどっこいイメージが崩れた所かこれは別人だろ(笑)
アニメの琢磨は「おお、ジーザス」なんて絶対言わないぜ!
あまりのノリの軽さに一部いらいらする所はあったなぁ。

イライラすると言えば真紀の嫌なキャラっぷりが異常。
ゆい様なんかはアニメでも筆頭だったけど
原作の真紀は完全にアンチはやみちゃんなのね・・・。
そんな中、はまじが唯一の良心すぎた。
ひなたはアニメよりも「あぅあぅ」うるさい印象があって(ry
孔明さも相まってなんだか微妙な・・・。
全体的に差別問題はH2Oのメディアミックスの中で
一番キツく取り上げられてるみたいですね。

後はなんとなく全体的に文が安定しない印象?
琢磨の性格がころころ変わってるように見えて。
複数ライターや処女作の人もいるから
しょうがないのかもしれませんが。
目が見えないはずなのに黒板にすらすら書けたり
ちぐはぐな部分が目立ってかなり違和感が。
そういう意味ではアニメはかなりまとまった脚本なんだな
と再確認しましたよ・・・。

・はやみちゃんシナリオ

初プレイ時は強制的にはやみちゃんシナリオに。
選択肢ゼロなので5時間ほど読み切るだけですねー。

基本的に琢磨が接していって仲良くなるのは変わらないけど
琢磨の内面を見抜いたりともう少し踏み込んだ内容に。
これはまぁ、原作琢磨のキャラ性の問題もあるか。

気になっていた風車ですが再会編で活きるのね。
なら確かにアニメであんな扱いでも仕方ないかなぁ(苦笑)
砂の上の足跡の詩ははやみちゃんの解説でやっと真意わかったよ。
アレを冒頭に持ってきたアニメ版は
そういった支え合っていく部分に焦点が当たってたんだねえ。
原作では冒頭は踏切事故の記憶。
これもまたアニメと多少異なってるようですが。

過去編は予想通りだけどえちぃ無し。
と、いうか過去編は完膚無きまでに親友止まりなんだな。
視力回復ははやみちゃんのためではあるんだけど
トラウマの原因を取り除いたわけではないし
唐突感は多少あったなぁ、これはコミック版もだけど。
それでも死ぬ直前!ってわけでもなかったわけで。
もうちょっと奇跡らしい舞台は欲しかったかな。

別れがどういう形で訪れるのか気になってたけど
正直かなり拍子抜けだなぁ・・・。
再会も口約束と言ってしまえばそれまでだし
もう少しロマンのある再会かと思ってました・・・。
差別されてるはやみちゃんを置いて東京に戻る
ってのがまず納得できない、どんな理由があろうとも。
コミック版でも別れと再会を描いてはいるけど
こっちはどういう形で別れ再会したのか不明すぎ。
メディアによって地味に抜けてる部分がある。

再会後の最後らへんまで恋愛感情が芽生えないのは
激しくもどかしいねこのバカップル(笑)
はやみちゃんはこの数年、
琢磨のことだけを考えて生きてきたんだし
もう早くくっついちゃいなYO!と何度思ったことか。
それは琢磨も同じはずなのにねえ・・・。
このあたりの恋愛絡みのシナリオは正直巧いとは言えなかった。

ただやっぱり風車は良い。
風車に託した想いや心の支え。
もろもろ考えると泣きそうになるアイテムですね・・・。
これがアニメで活きなかったのは残念と言えば残念だけど
これは再会編があるから活きるアイテムだろうし
アニメ版の叙述トリックの伏線にとどまったのは正解と思う。

最終的にトラウマを克服し
その繋がりからはやみちゃんを救うことになるんだけど、
アニメ版を見た後だとどうも視力回復と
直結してないのはシナリオ的に弱いと思った。
まぁ、やっと結ばれたー的な感動はあるんですけどね。

多少の不満点はあるものの
全体的にはやみちゃんが可愛すぎるので(ry
原作では再会編にならないとツイテにならないんですね。
過去編後半と再会編のはやみちゃんの可愛さはマジ異常。
アニメも同棲とか良かったし原作は原作で、という感じかな。
看病イベントが最高すぎた。

はやみちゃんをクリアした後じゃないと
ひなた攻略などの分岐が出ないのは、
はやみちゃんシナリオだと
”ほたる”について殆ど触れないからだろうね。
これについて触れないわ仲直りしないわで
アニメやコミックから見るとはやみちゃん以外の後味は
お世辞にも良いとは言えなかったのは残念です。
他のメディアはそういった部分ちゃんと改善してるのねー。
全体的に完成度で言えば他メディアの方が上でしょう。

アトゲーはこの後消化する予定。
というか問題なのはひなたとかをクリアするか。
はやみちゃんクリアした後にひなた攻略ってちょっと(苦笑)
この攻略順はなんとかしてほしかったなぁ・・・。
はやみちゃん放置とか鬼畜過ぎると思うんですけど。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。