説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/02/18の日記



とある飛空士への恋歌」5巻読了。

王道スカイ・オペラ遂に完結!
3〜4巻をここ2ヶ月ぐらいで読んだのはちょうど良かった。
3巻も4巻も新刊を待ち続けるにはなかなか辛い引きだったし。

と言っても今回は1巻まるまる使ったエンディングとエピローグ。
問題であって「空の一族」との決着は実質4巻で付いてるしね。
それぞれのキャラが自らを納得させるのが前半。
中盤以降に「空の果て」にたどり着き旅を終える消化試合のようなもの。
クレアの想いが強いものなのは4巻時点でわかっていたので
後はカルエルの気持ちの整理、当人達の和解だけだったしね。

「追憶」から読んでる身としては世界の構造は感慨深かったです。
それと共にある意味非情な結末だなと思いました。
天動説をこういう風に物語に取り入れられるのは面白い。
「空の一族」が何を思っているかもう少し掘り下げて欲しかったかな。
彼ら視点での「とある飛空士」シリーズがあって面白いんじゃないかと思いました。

今回の名シーンはやっぱり別れのシーンか演説シーンでしょうか。
カルエルの真摯な想いは涙腺緩みました。
何もかも上手く行きすぎている気もしますが
今までさんざん絶望ばかり味わってきたカルエルには
これぐらいの追い風があってもバチが当たらないと思う。
1巻以降出番が無く、影の薄かったアルバス家のみんなも良かったなぁ。
カルエルやアリーを育てただけあってミハエル良いパパ過ぎる。
後はアリーですね・・・そうだと思ってたけど「さよなら、わたしの王子さま」でいた。

中盤は戦闘メインで血生臭く悲しい話も続きましたが
さすが「ロミオとジュリエット」がイメージされてるだけあって
物語全体の印象は壮大なラブロマンスでした。
終わり方もなんとなく「追憶」を思わせる“これから”があるような終わりでしたね。
どう言い繕っても武力をちらつかせて奪還することには代わりにはないので
この綺麗な終わりで良かったと思います。
今のカルエルなら絶対にクレアを取り戻せるだろうしね。

「恋歌」は完結となりましたが、世界観共通した作品はまた出るのかなぁ?
新作なら新作で読んでみたいですね。このシリーズしか読んだことないので。
スポンサーサイト

2010/12/17の日記

●日記



とある飛空士への恋歌」3〜4巻読了。

3巻を1年近く積んでましたが、4巻確保して一気に読了。
よりにもよってこんな所で止めていたのか俺は。
恋歌1〜2の雰囲気が好きな人はかなり辛い展開だろうなぁ。
追憶は読んでるし、旅の目的でこういう展開は予想してましたけどね。
しかし、ここまで戦闘が激しくなるのは完全に予想外。
戦争の無慈悲なリアリティが嫌というほど伝わってきましたよ。
まぁ、一部キャラがご都合主義なぐらい強力だったりはしましたが。

良くないことは立て続けに起こるもので
遂に懸念してた自体も起きて予想通りというかなんというか。
よりにもよってこんなタイミングかつこんな展開ていうのは最悪よなぁ。

元々、クレアよりアリエル派だったけど3〜4巻でよりそれが顕著になりました。
アリエルとくっつけば誰も傷つかなかったというのに!(えー
他のキャラも色んな意味で今まで以上に魅力的に描かれてますね。
状況が状況ですから・・・ね。

初期から追憶との世界観の共通性が明示されてましたが2巻ラストで示唆。
3巻で決定的なものになり覚えのある名前が出てきて嬉しかった。
完結である5巻で会話シーンとか無いのかなぁ。
5巻では伏線というか設定の回収がんばってほしいなー。

感想が抽象的になりましたが書こうとすると
どうしても致命的なネタバレになるのでこんなものでしょうか。

http://gagaga-lululu.jp/gagaga/gagagachannel/toaru_long.html
タイミング良くPVが公開されてますけど
このPCでは思いっきりネタバレしてるので未読者は注意。
と言っても根底のテーマというか1〜2巻読めばわかるようなことで
今回、自分が抽象的にした部分についてはあまり触れられてませんけどね。
映画の宣伝のようでクオリティの高いPVです。

2009/06/02の日記

●日記

「とある飛空士への恋歌」を読了。
発売日ぐらいに買ったはずなのにもう4ヶ月近く経ってるし!
でもこの終わりなら2巻が来月に出る今読み終わって良かったかも。
2月に読んでたら5ヶ月も待つハメになったんだな。
この終わりで5ヶ月とか寸止めすぎるわ。

話としては「追憶」と同じ世界観を共通してるみたいですが
具体的な関連性(時代背景とか)が不明。
追憶の時も世界の謎はもうちょっと知りたかったけど
今度こそはそれに焦点を当てた話でもあるので判明しそうだ。
追憶で評価された淡い恋の物語はまだまだ導入部。
そういう意味でも追憶とはかなり話の構成が違うんですが
受ける印象はあまり変わらないので追憶を読んだ人なら楽しめるかと。

1巻は殆どプロローグに近い話で
肝心のイスラでの生活もこれから!って所で終わり。
最初は義妹となにかしらあるのかなーと思ったら
後半でヒロインが登場して驚いたけど・・・展開は予想通り。
そもそも後半にパっとヒロインを出すような作者じゃないと思うし
なんかこうドロドロ的なものはつきものだと思うしね(苦笑)

事実を知った時のカルの反応を想像すると・・・うああああ。
そういうのを乗り越えてヘタレから成長していくんだろうなー。
「空の果て」と「クレア・クルス」。
ああ、2巻が待ち遠しい!

とりあえず2人の姉ちゃんをください。

2009/02/20の日記

●日記

「とある飛空士への恋歌」買ってきたー。
実はちょっと前に「追憶」を読み終わってたんだけど
なかなか感想を書く機会が無くてスルーしてました。
さすが口コミで評判になっただけに面白い!
テーマはありがちといえばありがちな“身分違いの恋”なんだけど
2人の甘酸っぱく切ないひとときや空戦は必見です。
ファナが可愛すぎてカラーで死ねる。
1巻完結でここまで良かったラノベは久しぶりですよ。

「恋歌」もちょっとめくったらカラーががg
濡れてる絵好きだな!あ、性的な意味じゃないですよ?

とらドラスピンオフ2、ホライゾン、生徒会4と
どれから読むか迷ってたけど「恋歌」から読むかな−。
でも今回は続刊らしいのでそれがプラスになるかマイナスになるか。
個人的には短くて話が素晴らしいのが最高なんですけどね。

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い) (ガガガ文庫)とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。