説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

2011/02/16の日記



バカとテストと召喚獣」9巻読了。

なんだか久しぶりな気がしたけど
7.5→8が半年、8→9が5ヶ月なのでそうでもなかった。
しかし年2巻刊行というのはなかなか寂しいもんです。
今年もTVA2期があるので刊行ペースこんな感じなのかなぁ?
他の本を読んでる影響もあってか半年近く開くと話の細部忘れます・・・。

前巻がドタバタメインでしたが今回は試召戦争メイン。
普段のドタバタラブコメなバカテスも好きですが
こういうバカ=弱者なりに作戦を巡らせて勝利!
というのが痛快な作品なので嬉しかったです。
惜しむらくは秀吉はともかく、毎度のように大活躍だったムッツリーニや
明久の戦闘での活躍がかなり少なかったこと。
明久はさすが主人公だけあって最高に格好良いシーンを見せてくれましたけどね。
雄二と明久のハイタッチは熱くて泣きそうなりましたよ。

戦争全体として見ると、不利な状況での戦いなので読者としてももどかしかった。
相手の作戦を読んだ上での行動の変化は見てて面白いんだけど
Cクラスにはバックが居ることで今回ばかりは雄二でもダメかと思ったよ。
天下無双の活躍をした瑞希があのテンションじゃなければ危なかった。
そういう意味でも最大の功労者は明久ですね。
美波は良い雰囲気になったし、瑞希と対比するようにキスすると思ったんだけどなぁ。
やはりこのまま報われないまま負けそうな気がします・・・。

戦争以外では明久とAクラスの面々が一緒に居るというのが新鮮だった。
なんだかんだでAクラスだけあって人間的に出来てる人ばかりだなぁ。
優子x明久はちょっと見てみたい気がする(笑)
Aクラスの中では純情ラブレターを書いた愛子が優勝かな。
このトーンでムッツリーニといい仲になればニヤニヤするのに・・・!

ギャグも相変わらず秀逸でした。
バカテスギャグの王道かつ面白いパターンはやっぱり勘違いだよね。
それにしても瑞希の両親共に個性的すぎる・・・。
そしてここにも合法ロリの女神が。

瑞希が両親に報告することがあるという気になる終わりでしたが
Cクラスの設備を手に入れた後にEクラスと戦争し設備を入れ替えたのも気になる。
順当に行けば次はAクラス戦ですがそこがクライマックスかな。
残念ながら次巻は短編集のようですが・・・短編集もバカテスに合ってて好きなんだけどね。
はてさて、今年中に10巻は出るのやら。
スポンサーサイト



2010/03/12の日記

●日記

そういや、バカテス7.5巻をサクっと読み終わったこと書くのを忘れてた。
出てたのを知ったのが月曜、購入が月曜、読了が火曜という
自分にしては珍しく、購入読了がちょっぱやでした。
短編集だしバカテスだから気楽に読めるのは大きいなぁ。

内容はいつものバカテス短編と言った感じ。
個人的にはもっとアキちゃんの出番を見たかったぜ・・・!
話的にはどれも割と好みだったけど
一番良かったのは「僕と本音と〜」かなー。
ムッツリーニが自分の召喚獣を叱ってるのが可愛かった(笑)
いつもポーカーフェイスの秀吉が焦ってるのとかも良い。

8巻は今回収録された短編の続きのお話になるようで。
予告内容からすると、あんまり召喚獣の出番がなさそうなのが残念。
どんな形であれ、召喚獣戦が個人的には好きだからなぁ。
6、7巻のような、遊び心ありつつの召喚獣戦が最も面白いと思う。
まぁ、イベント毎を立て続けにやったので
メインストーリー進ませるのはしょうがない気もするけど。

最近はバカテスアプリの待ち時間に摘み本崩せるようになって
消化率アップかもしれない。

2010/02/12の日記

●日記

バカテス最新刊よみおわた。
個人的にあまりスポーツに興味が無いことと
メインが結局の所、雄二&翔子のお話だったので
本編としてはちょっと物足りなかったかなーという感じ。
次回はまたもや短編みたい。
小出しだけどまぁ笑えればいいよね!

並行して読んでた俺妹5も読み終わりそう。
家で読み始めると早いんだよなぁ・・・。
気になって最後まで読んじゃう。

2009/05/12の日記

●日記

バカテス6読了。

なんだかバカテスを読むのは久しぶりな気がするけど
単に刊行タイミングの問題かな・・・。
話を割と忘れていたのはご愛敬。

相変わらずバカやってて面白いんですが
今回は主に後半が真面目かつ人間関係に関わることなので
今までの中でもかなり真面目な方だった気がする。
美波に先手を取られてるので瑞希もね・・・という感じで。
明久は相変わらずやる時はやって憎いぐらいに格好良いな−。

数少ない不満点は秀吉の出番が少なすぎたことだ・・・!
あんまりキャラ人気に頼るのも良くないとは思うけどね。
せっかく“姉妹”コンビが勿体なかったなぁというのが本音です。
後書き曰くそれは次回の短編で読めるっぽいので
そっちに期待ということですかねー。

2008/12/11の日記

●日記

バカテス5巻までの適当な感想。

最初は美波がタダの暴力キャラで好意あるのわかってても
あまり好きになれなかったんですが4巻ヤバすぎだろう常考。
特に髪がサワサワはMで敏感な俺には凄い気持ちがわかるので
美波のポニーで(検閲削除)されたいな!
バカップルっぷりが最高だったのでしばらく堪能したかったなぁ。
それとラストの挿絵と台詞は反則。

5巻はこれまた強力な明久の姉の玲登場。
間違いない、この人はガチで愛してると言っている・・・!
瑞希や美波だけで飽きたらず姉の好感度もMAXとは。
5巻はメインである玲云々よりお泊まり会が印象的だったな。
4巻は美波のターンだったので5巻はささやかな反撃。
あのオチは1巻と似てるけど酷いオチだな(笑)
純粋に続きが気になる終わりだったので
次巻が待ち遠しいけど出たばっかりなんだよなぁ。

というわけで次は文学少女シリーズを崩していきます。

2008/12/04の日記

●日記

「バカとテストと召喚獣」読み始めてみました。
・・・なるほど、これは確かに面白い。
どういう作品か殆ど知らずに読み始めたけど
気付いたら一気に2巻まで読み切りましたよ。

タイトルにある通り、この作品の主役はおバカで
学校自体も学力によってクラス分けがされる学校で
舞台になるのはその中の最低ランクであるFクラス。
基本的にそのバカなFクラスのテンポの良いバカなやりとりがメイン。
目を引くのが各所に挿入される”テスト”と”解答”。
Fクラスの中にもある科目が極端に得意な生徒や
本来ならAクラスレベルの学力の生徒が居たりと
まともな解答とバカな解答と突っ込みが絶妙すぎます。

そして、この作品のキモとなるのが”召喚獣”。
直前に受けたその教科のテストが強さに反映され
それを使った「試験召喚戦争」なる下克上システムが存在。
そのおかげで異能バトルさも垣間見られたりします。
主人公が弱小っていうのはラノベの王道設定だと思いますが
故に安定して見られるし自然と頭脳戦になるので
単純な力(学力)の差だけでモノを言うわけでないのが面白い。

最後に個性的なキャラの面々。
特に「こんなにかわいい子が女の子のはずがない」な秀吉が
このラのキャラ部門でも両性別のトップ10にランクインしてて
そのダントツの人気っぷりが伺えます。
主人公の明久じゃないけど、秀吉なら男でもいいや・・・。
明久はラノベの主人公らしくモテモテで鈍感設定。
おとなしいヒロインである瑞希がどんどん壊れていくのは楽しい(笑)

というわけでさすがランクインするシリーズだけはあるなー、と。
既刊は全部買ってるのでサクっと読んでしまおう。

Template Designed by DW99