説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

このページの記事目次 (タグ: ラノベ_ラノベ部)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/03/21の日記

●日記

新刊系の積み本が無くなってヒィヒィ言ってます。
入荷してるかわからん状況で新刊見に行く気にもなれず。
今夜あたり入荷狙って本見てこようかな。
今月のMFは楽しみなのが多いので遅れたら泣きそうだぜぇ・・・。

読む本ないので、昔買ってそのままだった本崩したりしてました。
「はがない」の平坂読さんの「ラノベ部」を読破。
簡単に言えばラノベを読むということを題材にしたラノベと言った感じ。
作中のキャラの考え=読たんの考えというわけではないけど
こういった視点もあるんだと色々参考になる話が多かったです。
特にメタ的内容とか日常系云々はとてもタメになったと思う。

感想やレビューっていうのは基本的には一人語りなので
こうやって語り合いを客観的に見られる機会は少ないしね。
自分自身、語り合いが好きなので尚更良いと思ったのかも。

ただ、ラノベとしてはかなり異色作です。
3巻で完結という短さは「ラノベ部」というテーマ縛りだとしょうがないけど
それぞれのキャラがどうなったorどうなるぐらいの落とし所は欲しかったなぁ。
それこそ作中で追求されている“そのキャラのその後”みたいな話なんですけどね。
難しい、後半明らかにネタ切れなテーマでこういう作品が出来るというのは
純粋に興味深かったです。
ラノベに雑食な人は読んでみて損は無い作品だと思うな。

あ、基本は「はがない」のような日常系ショートストーリーなので
そういうノリを期待してる人も楽しめると思います。
雪華がリアにどう調教されたのか気になって眠れない。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。