説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/04/24の日記

●日記



俺の妹がこんなに可愛いわけがない」10巻読了。
あれ、表紙のシーンはどこにあるのかな・・・見落としてたのかな・・・。

今回は改めて京介のフラグ建築士っぷりを実感する話でした。
誰に刺されるかのチキンレースじゃないのこれ!
加奈子がここまで京介になつくのは予想外だなぁ。
キャラが一堂に会するのは、作中でも京介が言ってるけど
序盤からシリーズを追ってる身としても感慨深い。
月日の流れを感じさせる文脈も多かったのでなおさらですね。

で、オチというか結果というか・・・。
いつかこうなるんじゃないかという予想はしていたけど
引きで使ってくるとは・・・っていうか天丼じゃねーか!セルフパロかよ!
問題は表情が意味するものかなぁ・・・気付いてしまったことで
板挟みになり涙したってところか?
正直、今までの距離感や今回のような距離感が割と好きだったので
本格参戦するにしろ、脱落のための展開にしろ微妙かなぁ。
聡い桐乃のことだからこれには気が付いてそうだし
黒猫も台詞からして本音を言い合ったようだし・・・。

何はともあれ、アニメ2期発表のタイミングでまた話が盛り上がって来ましたね!
よく考えたら後半になればなるほど、こういうクライマックス的展開になるのか。
良い意味での桐乃 VS 麻奈実も描写されてないし、次回も楽しみだ。
スポンサーサイト

2011/09/14の日記



俺の妹がこんなに可愛いわけがない」9巻読了。

今回は告知通り短編集かつ語り部がそれぞれ違うという特殊な構成。
話が繋がってたりするので、いつものノリとあんまり変わらず
ただ語り部違うだけだなーという印象でしたけどね。
せっかくの短編なので章ごとに感想。その方が楽だし。

・「あたしの姉が電波で乙女で聖なる天使」

黒猫の大きい方の妹である日向が語り部。
黒猫が自宅に京介を招いた時周りの話やら
別れた後の妹たちの反応は?と気になってた部分の補完がメイン。
日向が理解ある子で本当に良かった・・・。
下手すれば京介恨まれてるんじゃないの?と思ったぐらい。
8巻のラスト的にそれはないなーと思ったけど、どういう反応だったかは気になってた。
そして桐乃との初対面・・・ビッチさんちーっす!
それにしても小5なのに草はやしまくって突っ込んだり将来が心配になる子だな(笑)

・「真夜中のガールズトーク」

語り部は桐乃。
桐乃がキモ可愛いのがさておき、貴重な本心が聞けたので桐乃派の俺は満足です。
それよりも京介が黒猫父に何を言ったか気になって仕方が無い。

・「俺の妹がこんなに可愛い」

語り部は赤城。
ダメだこのシスコン共、早くなんとかしないと・・・。
赤城の「ありがとうございます!ありがとうざいます!」にはシンパシーを感じずには居られない。
そして瀬菜のブラコンっぷりを再認識する話でもあった。
オチである桐乃の「し、しないかんね!」が一番ニヤニヤ出来ました。

・「カメレオンドーター」

語り部は沙織。
というよりも実質、沙織がオタになった経歴などの回想という面が強いかな。
ここでは意外な人物が登場して、今まで物語に間接的に関わってたことが明らかに。
加奈子に姉が居て、それがまさかのマスケラの原作者かつ沙織(&香織)の友人とは。
個人的にはこうやって登場人物を繋げていく手法は好きなので大歓迎。
ここまで引っ張ってなので後出しご都合主義に若干見えるのが残念ですが。

・「突撃・乙女ロード!」

語り部は桐乃。
瀬菜と乙女ロードに向かう時点で嫌な予感しかしないけど瀬菜きめぇ!
内容はともかくとして、お前らもブラコンじゃねえか!と再認識する話だよね。

・「過ちのダークエンジェル」

語り部はあやせ。
あやせたんマジラブリーマイエンジェルあやせたん。
実は今だの俺妹Pをやってないのであやせルートがどうとか全然知らないんですが
原作だけ見ててもあやせがこういう気持ちなのは明らかなわけで・・・。
ClariS登場話なんだけど、あやせが気になりすぎてなんだか勿体なかったな。

・「妹のウェディングドレス」

表紙絵はこれか!ということで語り部は桐乃。
京介と桐乃らしいと言えばらしい話。
桐乃は進展してないと言ったけどそんなことないと思う。
ちょっとしたやりとりの中でも2人の関係は今まで以上に親密に見えます。
話の短さとオチがあっさりだったのが残念だなー。
それとプロローグがあったのでエピローグも欲しかった。

あとがきには今後の展望は何も書かれていないので今後どうなるのかなぁ。
今回、割と空気だった麻奈美の出番は果たしてあるのか。
個人的にはあやせがもっと自分の気持ちに気付いて桐乃との友情の板挟みになって欲しい(笑)
後はそうだなぁ・・・京介も桐乃も互いにちょっとデレ分増えれば言うことなし。
デレデレになったらこの兄妹じゃない気がするのでちょっとでいいんです。

2011/05/16の日記



俺の妹がこんなに可愛いわけがない」8巻読了。

前半と後半で大きく感想が変わった巻でした。
そして実質7巻が前編で8巻が後編だよね、と。
アニメ組多いだろうし出たばっかりなので久しぶりにバレ全開で追記に感想を。

2010/12/02の日記

●日記



俺の妹がこんなに可愛いわけがない」7巻読了。

俺妹7巻の再版分で加筆があるらしいとのこと。
http://d.hatena.ne.jp/nunnnunn/20101201/1291207199
※画像7巻のバレ注意

自分は1〜2巻発売時からハマったクチなので
3巻以降は全部初版でした。
麻奈実の誕生日に関しても知らなかったなぁ。

問題の7巻ですが、確かにあるなしで受ける印象はかなり違うと思う。
というか、ただでさえ逆に桐乃に傾いていた俺にとって
この加筆は追撃というか・・・もう桐乃可愛すぎるだろう。
言動の理由を深読みすると可愛いのは黒猫も一緒なんですが
桐乃の場合はツンデレのツンの部分・・・
いわゆる照れ隠し分がかなり際だって見えるんですよね。
だから本当はこう言いたかったとかこう思われないとかを
色々想像して読むとニヤニヤが止まらない。

原作読んでる人は兄妹仲冷戦状態だった理由もなんとなく想像付いてると思う。
桐乃がこんなにがんばってるのは元を正せば・・・とか想像すると
桐乃が愛しくて愛しくてたまりませんよね。
まさしく“俺の妹がこんなに愛しいわけがない”ですね。

しかし黒猫が好きなのも事実・・・。
早く互いに恋のライバルと認め合ってハーレム成立すればいいのに!

そんなわけで、個人的に7巻は桐乃の株がちょい下がり後に大幅に上がった巻でした。
黒猫に関してはこの展開は見えてたし特に。
強いて言えば狼狽してるのは可愛かった。
あやせ話は京介が活き活きしてるので好きだなー。
というか何だかんだいって軽くフラグ立ってるんだから
あやせはもう兄妹まとめて好きになればいいと思う。
あ、手錠プレイは僕にとってご褒美です(キリッ

2010/02/13の日記

●日記

俺妹5読了。
あ、俺の後輩が(ry でしたっけ(えー

そんなわけで、前回が凄く気になる引きをして
今回から、自分が最も好きな黒猫がリアル後輩になりましたとさ。
自然と黒猫中心の巻になってニヤニヤが止まらない。
持ち込みの時の話とかも好きでした。
今回は部屋の中で二人っきりというシチュがヤバイ。
ちょっとした大きな1枚絵で見たかったなぁ。
中でもデバック中のシチュが誘ってるようにしか(ry
やばい、黒猫可愛い、今まで以上に可愛い。

後半は予想外の方向で話が進みましたが
まぁ、こうするしかないわなぁって気もします。

黒猫が一番ですが、桐乃も好きなので結構複雑。
世間様から見れば黒猫一択ではあるんだけどなぁ。
それでも実は義妹という設定なら・・・!いやだめか・・・。
今回のちょっとした会話で麻奈実も本格参戦しそうだし
微妙な恋愛感情の交錯が今後も楽しめでならない。


次は何読むかなー。
完結したアカイロを先に読んじゃうか。

2009/06/08の日記

●日記

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」3巻読了。

とりあえず、カラーの黒猫だけでヤバかったけど
内容はもっとヤバかった。
やっぱ黒猫さんたまんねぇ・・・!
「良い兄さん」「兄さん」「大好き」あたりがピンポイント。
俺、ロリコンでもいいやと思う。
っていうかまた好きになったキャラは黒髪ロングか!?

今まで4ヶ月おきだから次は8月なのかなぁ・・・。


そういや偽下を読んだ後の予定をまったく考えて無かった。
ピアノソナタにでも手を出してみようかなぁ。
・・・どんだけホライゾン読みたくないんだ俺は。

2009/06/06の日記

●日記

偽物語(下)までの繋ぎのつもりで買った
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」が意外に面白くて困る。
一時期話題になってたしこのラでも確か取り上げられてたよね。
なので面白いんだろうなーとは思っていたけど
次に偽を読むつもりだった自分にちょうどあったジャンルというか。
パロとか会話の掛け合いが絶妙すぎる。
後はやっぱり自分もオタクなので「あるあるwww」的な楽しみ方とかね。

とりあえず上条さんばりの説教をかましてくれる主人公が気に入りました。
それと共にテンプレすぎる鈍感に殺意が(ry
アレ、寧ろ出すべきはヒロインの話題だよな・・・。
一つ言えるのはマゾな俺でもこんな態度取られたら泣きたくなるわ!
でも美少女にならアリかもしれない・・・基本ツンデレだし。
相変わらずそういうのに弱いよなぁ俺!でも好みは黒猫。黒髪万歳。
あやせは良いキャラだと思ったのに・・・展開に泣いた。

2巻までしか買わなかったけどこれは3巻買ってこよう・・・。


そういえば微妙にkonozamaくらいつつもTA2のVFB届きました。
中身はチラ見しかしてないけど
久しぶりに値段と内容が釣り合ったVFBだと思った。
amazonじゃあ在庫ないし早めに予約しておいて正解だったかもしらん。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。