説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/09/30の日記



僕は友達が少ない」7巻読了。

学園祭編なげぇ!
まさか準備云々で2巻も引っ張るとは思わなかった・・・。
次も体育祭だけで1巻とか消化しそうだしなぁ。
今までがサクサクイベント消化してたので尚更長く感じます。
長くても楽しめてるからいいんですけどねー。
このイベント消化の早さもはがないの良い所だったと思う自分は若干残念か。
まぁ、この流れは最後のシーンを持ってくるためだったんだろうなぁ。
イベントは進まないけど、人間関係はそろそろ進みそう・・・かな?

というわけで、今回も学園祭の準備でごたごた。
挿絵の夜空が可愛すぎて辛い。
ジャージでも十分可愛いじゃないか・・・でもやっぱ他の服が良いと思います!
そんな夜空は今回圧倒的に残念な行動を取りましたが
策士策におぼれるのは夜空らしいしガチ反省してたから個人的にはプラスかな。
それを真剣にフォローした肉の好感度の方が高かったのは事実ですが。
肉と言えば、やっと誤解解けて振り出し・・・寧ろかませ犬フラグかこれ。
幸村小鳩マリアは平常営業ながらもいつも通り可愛い。
特に小鳩は挿絵のオーラがはんぱねぇ・・・!さすが小鳩姫。

理科は今回最も活躍したキャラと言ってもいいかも。
隣人部での出し物に決まった映画撮影での仕事量はダントツトップだろうし
何よりも、冒頭とラスト・・・小鷹に対して一歩踏み込んだのは大きな進歩。
でも理科はいつもの変態で適当にあしらわれてる方がらしいと思っちゃうな。
理科が一歩踏み出した理由がわからないなぁ。
恋愛的に攻めに出たのか、小鷹を見てられなくなったのか、それとも・・・。

小鷹の「え?なんだって?」は賛否両論だろうなぁと思いました。
明らかに鈍感すぎるだろう・・・という部分の答えにはなったけど
どこまでかはわからないけど、実は聞こえてたっていうのはアリなの?的な。
ラノベ的に言えば台詞が小さくて主人公に聞こえてないであろう部分が
構造的に意味をなしているというのは面白いと思う。
小鷹の心境も「変化が恐ろしい」というのがもの凄く共感出来るんですけどね。
だとしても友達になったということで隣人部の日々がそう変わるとも思えないんだけどなぁ。
好意を向けられることの恐怖も共感できるから自分は小鷹の肩を持ってしまうかな。

最後になりましたが、ここにきてまさかの新キャラが2人も追加!
初っぱなからカラー挿絵(ケイトもなってないのに・・・)ということで
今回出番が少ないにも関わらず、今後重要なキャラになっていくんでしょう。
小鷹は今回、逃げという答えを出してしまった以上、自分から動かなさそうだし
理科の発言も回避されたので、次回この問題は解決するのかなぁ・・・。
7→8は3→4の時と似たような空気を感じる。
あの時はさして変化はなかったけど今回は果たして。
スポンサーサイト

2011/06/01の日記



僕は友達が少ない」6巻読了。

日記にも書きましたが結局通常版も特装版も買いました。
5巻出た頃に一気買い&一気読みしたので
純粋にはがない新刊を楽しみにするのは初めて。
ドラマCD付き発表等嬉しいことはあったけど
最初に5月聞いた時はその遠さに絶望したもんだぜ・・・!

ページをめくってそうそうカラー絵の肉で撃沈。
可愛いというか萌え萌えきゅんはネタすぎるだろ(笑)
ツイテ星奈はまったく似合わないけど新鮮で可愛い。
こうしてみると夜空がショートになったのは残念だなー。
某はやみちゃんのようにロング→成長してツイテという
珍しい変化が楽しめたのかもしれないのに・・・。

前巻の予告では学園祭云々とはなってたけど
今回は寧ろその準備期間(にも満たないけど)と小鳩の誕生日メイン。
前巻引きの夜空との「元友達」は思ったより話が広がらなかったなぁ。
学園祭はメイド喫茶の一発ネタ感があったので割愛。
とりあえず夜空のメイド服は超可愛いと思います。

誕生日をみんなで祝うのはいいとしても問題はプレゼント。
友達がいない隣人部メンバーにプレゼントなぞ選べるわけもなく。
色々端折るけど小鷹はやっぱりリア充爆発するべきだと思います!
夜空のメールの破壊力が高すぎる。
OKもらった後1時間悶えてたり服装どうしよう!
とか思ってたんだろうと想像するとニヤニヤすぎます。
オチというか結果は案の定・・・自覚無しなのが小鷹ェ・・・。

買い物自体はこちらは予想外に肉の独壇場。
肉は決定打は打たないけど素直に好意示してるのが可愛くて人気あるのもわかる。
理科は問題外として、幸村の好意も舎弟云々でストレートに受け取れないだろうし
本人の言うとおり、一番勝利に近いのは肉だよなぁ。
引き的にもケイトの台詞的にも状況も味方してるしね。
夜空派の俺にとってはここらで夜空の反撃が欲しい所。
学祭本編期待してますよ読たん!
夜空のアプローチフラグは立ってたしね。

夜空の格好が追求されたことで今後私服ジャージとかになったら泣く。
ホットパンツがエロいのは同意だけど
周りが女子だらけの中、それに全力で同意するから小鷹は残念だ。
そこはもっと夜空の服装を褒めろよ・・・!

誕生会自体は珍しくイイハナシダナーでまとまって何より。
特にマリア絡みは微笑ましい。
もうちょっと仲良くすればいいのにと思うけど
悪口言い合ってる方がらしいと言えばらしいよね。
ケイトさんは肉々しいなぁ・・・なぜ小鳩の全裸の挿絵が無かったし!

番外編はドラマCDの内容ですが微妙に違いアリ。
挿絵がドラマCDの演技共々限界に挑戦してるので必見です。
内容自体は隣人部の一コマかつ声ネタ多めと言ったところか?
特装版の再販が厳しいようなので今から手に入れるのは難しいだろうけど
この内容は是非ともドラマCDで聞いて欲しいなぁ・・・特に後半(笑)
一番OKっぽい福圓さんのアレが無かったのは残念だぜ!
アニメ化しますがTBSっぽいので危ない描写に過度の期待は持てなさそうなので
ここまでキワドイ内容なのはドラマCDが最後になるかもしれませんね。

アニメ化も楽しみですが、7巻も楽しみだなー。
コミカライズが2本と徐々に出てくる情報で5巻→6巻の時より生きてられそうだけど
次はせめて4ヶ月後とかに出してください読たん・・・。

2010/12/10の日記

●日記



僕は友達が少ない」3〜5巻読了。

いやー、本当にサクサク読みやすい作品です。
それでいてコメディな空気を崩さない程度の伏線で
続きが気になりどんどん先を読みたくなる作りは秀逸。
言ってしまえば、毎回引き方が卑怯ですよね。
5巻読み終わったばかりですが、早くも続きが気になりまくりです。

大きく物語が動いたのはやっぱり「ソラ」かな。
かといって人間関係がそこまで変化したわけではないのですが・・・。
微妙な距離感の変化を感じられるのでニヤニヤですね。
これに関しては各キャラにも言えることだけど
Wヒロインは普段の残念言動から垣間見られるデレが
どんどん増えていって、夜空と星奈好きにはたまりませんなぁ。

3巻は夏休み満喫ということでプールに合宿(海)に祭にイベント豊富。
水着や浴衣は最高だ・・・夜空ェ・・・。
後回しにされてた理事長(星奈パパ)のお宅訪問イベントも。
いやー、なんというか実に肉。2回目に何故挿絵が無いんだ・・・!
しっかし、これだけ夏休みをエンジョイしてる時点でリア充だよね。
それに気付いてないことと、中身が最も残念だけど。

4巻は夏休み終了から一学期終了まで。
あまり大きな事件は無かったので
印象に残ってるのはくんかくんか星奈だったり(笑)
後は理科の可愛さがどんどん上がってきたり、ケイトさんマジシスコンだったり。
王様ゲームはほぼ黒一点の状況では寧ろご褒美だと思ったけど
この残念メンバーの罰ゲームを甘く見すぎていたようだ。

5巻は「はいてる」「ついてない」話でした。以上(えー
「ついてない」に関しては明確な描写無かったので予想通り。
昨今のブームのままストレートのままかとも思ったんですけどね。
曖昧なままにしておいて、物語の動き次第で確定させるのは巧いやり方だと思う。
発覚のおかげか、周りが危機感を持ち始めたのは大きいな。
中でも理科のアピールっぷりはまるで別キャラのようだ(笑)
ここまで激しい突っ込みキャラだったのか・・・。
まぁ、小鷹の残念鈍感っぷりには全力で突っ込みたいけども。
髪型変化は全部挿絵で見たかった。何が今後デフォになるんでしょうかね。
貴重な黒髪キャラは残して置いて欲しいな。

話的には問題引っ張りつつも別問題で引き。
まー、これは装置が装置なので誤魔化し利きそうな気がしますけどね。
あんな反応をすると言うことはそれだけ小鷹のことが・・・
とか考えて6巻までニヤニヤしたいと思います。
6巻は学園祭かー。隣人部で出し物以外に参加してる姿が想像出来ないな(笑)

話の盛り上がりがもうすぐ来る!という状況なので
次巻以降・・・来年はもっと「はがない」の年になりそうですね。
オリコン1位のプレッシャーに負けずにがんばって欲しいです。
アニメ化は作者の意向もあるし、内容が内容だけに難しいだろうなぁ。
やったとしても一部の話がピー音だらけになりそうだ。

2010/12/07の日記

●日記



僕は友達が少ない」1〜2巻読了。

あれ、結局先にこっちを消化しちゃったな。
ちょっとだけ読んでみるつもりだったんですが
細かく章が区切られてて、かなり気軽に読みやすいのは利点。
テンポ良く読める割に、次の話はどんな話だろう?と
サクサクページを捲っていったら気付いたら読み終わってましたよ。

このラノ2011で2位を獲得したはがないですが
話題作には話題になる理由はやっぱりあるなーと思いました。
このラノ入賞作品を初めて読むとき毎回思ってることですけどね。
基本は残念な人達のドタバタ学園モノと言った所なのかな?

フラグというか過去のイベント的に・・・というのは伏線っぽいので
プラスダブルヒロインのラブコメというような感じ。
というか実質ハーレムですね、恋愛感情はともかくとして。
ギャグは下品なネタ多めでエロゲ朗読とかレイプとかウンコ連呼とか
正直、かなり低俗なギャグが多いので好みは分かれるかも。
個人的にはギャグよりキャラの魅力で面白さを感じたクチですね。

そういう意味では挿絵のブリキさんに助けられてるという面は少なからずある。
ダブルヒロインはツンデレなので俺の大好物。
それ以外は割とストレートに主人公に好意を持ってるし
そんなキャラ達が揃いも揃って可愛いので、性格の残念さも許せるというもの(笑)
キャラ的には現時点で夜空と星奈がどっちも同じぐらい好きで次点で理科かな。
まだ2巻の段階なので、今後の関係の変化次第ですけどね。
下の子達はガチで言動が残念なのでちょっと(ry
厨二病なのはいいけど、やるならどこかの黒猫さんを見習って欲しい(笑)

というわけで、今後のチェックシリーズにマッハで追加。
既刊もそのうち買ってこよう。
コミカライズ1巻(MFコミック)がかなり原作にかなり忠実で
原作1巻の途中まで消化してるので、そちらを先に読んでみるのもいいかも。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。