説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/03/04の日記



生徒会の水際 碧陽学園生徒会黙示録4」読了。

短編集は生徒会以外がメインになることが多いのですが
今回はいつにも増して生徒会が空気だったな。
実質、会議やってたのは最初の微妙なフィグ話だけじゃないか。

というわけで今回のメインは1ーC(真冬のクラス)の話。
ここに来て新キャラ(アキバ君含む)を割と増やしてくるとは思わなかったし
その新キャラ視点で物語が語られるのも珍しいですね。
確かに2-B(鍵と深夏のクラス)は一部以外は割とまともなクラスなので
クラス全体でバカをやるというのに1-Cはもってこいだったかも。
短編の宿命とも言える、鍵BLネタもちゃっかり触れてるしね。

鍵の言うようにアキバ君の境遇は羨ましすぎるし
sneg状態ではあるけど確かに複雑。
こういう時のフォローが素晴らしいから鍵はこういうキャラでも憎めないよね。

その鍵の各キャラとの出会いの総括のような話も掲載。
優良枠を取るまでの過程が描かれていてここでも新キャラ登場。
そして巡のフラグはこうして立ったのか。
フラグが立ってる水無瀬とのニヤニヤ話はいつ掲載されますか?

最後は表紙の割には空気だなぁと思っていた知弦さん話。
これはもきゅもきゅ並の破壊力だぜぇ・・・!
どうせならバニーやナースの挿絵も見たかったです。
外見では無く知弦さんが乙女乙女してるのが最高に可愛かった。
この巻の構成として新キャラ等のまとめになってるのも良いね。
ここで新キャラ増やすのは卒業後の生徒会を見越してるのもあるのかなぁ。
積み重ねてきたものが違いすぎるから、このメンバー以外ってのは想像付かないけど。
スポンサーサイト

2010/01/07の日記

●日記

せいぞん7巻読みおわたー。
相変わらずラジオは面白すぎるな。
姉妹いぢめの部分が吹き出すレベルの面白さ。
特典にしないでアニメでやっちゃえば良かったのになぁ。
予想はしてたけどアニメネタも多かったのは満足。
これとキャラを脳内再生できるようになったのが
アニメ化した最大の利点だった気がします。

アニメの後に原作を読むと面白さ数倍なのが悲しいところ!
うん、やっぱり会話(しかもボケとツッコミ)主体のアニメ化は難しいよね。
それ散るの桜井舞人とかも、喩えアニメにしても笑えるかは微妙だろうしなぁ。
評判や売れ行きも良い化物語は原作の最も面白い部分はそこだと思うけど
アニメでは会話以外の評価の方が高い気がするしなー。

あまり評判がよろしくないというバカテスアニメも
その辺が問題なのかなーと思いました。
こっちは見られるのは1週間ほど先ですけど。

2009/05/07の日記

●日記

生徒会の五彩の感想。

“企業”編完結とのことで。
予告されてたり通りそこまで深刻にならなかったし
鍵と一部の人間だけで解決してしまったのは
この作品のテーマとしては正しいですね。
それでもやっぱりシリアスが根底にあるので
今までの巻の中で一番ギャグは抑えめだったと思います。

そんな中で個人的に一番笑ったのがハ●ヒとからき☆●たかな(笑)
アニメ化のタイミングの良さもあって
作中でネタにするのはこの作品らしくて面白いですね。
化物語シリーズの偽(だったかな?)物語でも似たようなネタはあったけど。
偽下もタイムリーなネタは見られそうですね。

次巻からは卒業編とのことですが
基本的には今までと変わらないということなので一安心。
卒業まで行けば3年とも姉妹ともお別れなんですよねぇ・・・。
とりあえず早い所2人目の告白とか見たいよね。
知弦さんがデレ攻めしてる所とか見たいよ!

2009/04/14の日記

●日記

生徒会の四散読了。

今回は今までで一番パロネタ豊富だったような?
でも一番笑ったのはある言葉をずっと言い続けるというシチュ。
どんな言葉に対してもその言葉しか言えないという
良くあるようなギャグなんですがやりとりが絶妙すぎるね!
仕事の休憩中に読んでたんですが笑い声をこらえるのに必死でしたよ。
生徒会の一存シリーズと化物語は1人で読もうね!
お兄さんとの約束だよ!周りから変な目で見られるよ!

話的にはヒロイン的にも“企業”的にも急展開!
まさかあのヒロインが真っ先に健に告白するとは・・・。
オチは実にこの作品らしかったけどな!
でもある意味これで脱落とも言えるよな。
個人的には知弦さんの握手占いがヤベェ。
嫉妬していいか迷う知弦さんとかかわいすぐる。

“企業”に関してはそれほど深刻にならず解決しそうかな?
話のネタ的にはハルヒっぽさを感じたな。
あまり深刻にならずに健がさっくり解決して
いつもの日常が戻ってくるのがこの作品らしいですよね。
編ってことは次の話もテーマがあるのかな・・・。
5巻は今月発売だし楽しみだ。


次はとある飛空士への恋歌でも読もうかな。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。