説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

このページの記事目次 (タグ: ラノベ_蒼穹のカルマ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/03/15の日記

●日記

「蒼穹のカルマ」1巻読了。

このラノ2010で10位ということで1巻だけ購入。
基本的に知らない作品のコメントは読まないので内容知らず
表紙を見てシリアスかなーと思ったら見事に騙されました。
挿絵の時点でアレ!?とは思ったけど
少し読み進めていくと「ああ、こういう作品なのか」と。

基本は戦う格好良いヒロインというラノベによくある形。
空を舞台とか敵は未知なる生物とか王道ですよね。
ヒロインの駆真は決して笑顔を見せないクールビューティっぷり。
若くして部隊のエース!というこれだけ聞けばあるある設定なんですが
この作品が他の作品からぶっ飛んでるところはこのヒロイン。
出来れば実際に読んで衝撃を受けてもらいたいので軽く言うと
“姪への愛情が病気レベル”と言った感じだろうか(笑)

あとがきにもあるように色々詰め合わせな1巻。
駆真が様々なシチュエーションに巻き込まれるのは素直に面白かったし
最後の戦闘シーンの格好良さも病気っぷりからおつりが来るほど。
それでもこの作品の見所はやはりギャップ。
さすがキャラ部門女性6位にもなるキャラは濃いなぁ、と。
1巻を読んだ限りはとにかくその感想に尽きるかな。

突き抜けて会話が面白いとかそういうわけではないですが
様々な要素のごった煮を描けているのを見ると
今後どんなトラブルに巻き込まれていくのが楽しみではある。
後は更に姪への愛情を見せてくれるとニヤニヤ出来ます(笑)
とりあえず既刊を揃えておこうかな、4巻も出たことだし。

次は今のところは「神さまのいない日曜日」を読む予定。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。