説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

このページの記事目次 (タグ: ラノベ_Dクラッカーズ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/28の日記

「Dクラッカーズ+プラス」

Dクラは完結してから知った口で
一気に読んで一気にハマった作品。
去年はDクラの新装版がちょくちょく出てたし
新たに読んだ人も居るんじゃなかろうか。
今回は短期連載の景と梓が出会う前後の話と
書き下ろしの7巻のその後を描いた話。

過去話はDクラ読んでた情熱が蘇ってきたなぁ。
”悪魔狩りのウィザード”や”悪魔戦”
Dクラの初期のキーワードでした。
再び悪魔戦を拝めただけで嬉しかったです。
といってもDクラの比重は戦闘の方じゃない気がするけど。
それは後半まで読んでいくうちにわかってくるはず。
それでも自分は異能バトルが好きなものですから(笑)
特に最後、ディアブロにカプセル渡して戦う所なんか
ジャンキーらしさ全開で良かった。

書き下ろしのその後は飛んで梓や景が大学生に!
つーか、挿絵で色々バレバレすぎるのはアレだと思う(何
まぁ、そもそも表紙で・・・なんですが。
内容に関してはカプセルは無くてもDクラはDクラだな、と。
そして最後に残ったカプセルなんて設定をも掘り返されてて
あー、そういえばそういうラストだったなぁと感慨深くなりました。
やっぱりDクラはジャンキーじゃないとね!

それにしてもこの終わりは反則過ぎますよ。
+プラス2まだー?切実に。
ぶっちゃけてしまえば未完と言ってもいいだろうコレ。
でもまぁ、商業的には売れたら続編とかにしたいだろうし
この終わり方は終了も出来るから妥当だとは思うんだけどね。
それでもどこか納得できない終わりでした・・・。

まぁ、Dクラ好きなら是非読んで欲しい一冊ですけどね。
うん・・・やっぱり景ちゃんは格好良いです(笑)
それと帯に他作品の作家のコメントとか載ってるんですが
これが結構面白いしマギカみたいに凝ってるのもある。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。