説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

true tears 第13話

★(終)true tears 第13話 「君の涙を」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

雪あっても打ち所が悪かったせいか骨折かぁ・・・。
見た所そんなに高いところから落ちた気はしなかったんども。
「俺はお前を許せないんだ」という純の表情が笑顔で怖い。
それは乃絵をけがさせたから?
それとも乃絵の気持ちに応えてあげないであろうことを悟った?
乃絵に対して「何も知らない」というのは
純に悪気はないんだろうけど酷すぎるな。

比呂美とも会話した純だけど比呂美は責めず。
比呂美の言うとおり間接的に彼女のせいでもあると思うんだが。
言い方はぶっきらぼうですが
乃絵のことを好きだと自覚したことを伝えて2人はさよなら。
もう2人は深く関わることは無いんだろうな。

生徒大勢の前で帰りにウチに来てという比呂美さんも怖いです・・・。
なんとなく外まで迎えに来て家の中へ誘ってるような描写から
この後の展開に想像はついたが予想通りでした・・・。

それにしても、真実はいざ知らずカップを1つ割ってしまったといい
目の前でカップに間接キス強調して「いいよ」とか
比呂美さん策士過ぎてワロタ。
これ、あながち眞一郎ママが言ったことは間違いじゃなかったな(笑)
おたくの息子さんは比呂美さんに今にも食べられそうですよ・・・。

この行動は気持ちがふらついてる眞一郎に対しての不安から出た行動で
ぶっちゃけ”身体をあげる”ことで振り向かせようと
してるようにしか見えないわけで・・・(苦笑)
本人も「嫌な子」と言ってるから自覚はあるんだろうけどさ。
「嫌いにならないで」「なってないよ!」「嘘」
とかトランスしすぎだな・・・。

我らがヘタレの眞一郎がここで手を出すわけもなく。
というか”ちゃんとしてないのに”ここで手を出したら
キミキス最終話の真田並の株の大暴落ですよ(笑)

帰宅した真一郎と家に表れた比呂美。
ここでやっと正々堂々の恋愛発言。
「ずっと好きだったけど邪魔するのも嫌」
こういう言葉は最初から聞きたかった。
”ちゃんと向き合った”答えなら受け入れるという乃絵と
「比呂美は格好良いよ」「スポーツマンですから」
のやりとりといい「うん、待ってる」といい
失恋フラグにしか見えなかったけど良いシーンだ。
ママンはすぐさま比呂美にフォローを入れて別人すぎるな。

眞一郎は”ちゃんとする”ために乃絵に完成した絵本を
見せようとするが乃絵はつっけんどんな返事。
・・・眞一郎はやはり乃絵の独り言を聞いてたんですね。
予想外に乃絵は眞一郎のことに気付いてなかったようですが。

せっかく描いた絵本を海で紙飛行機にしてる
眞一郎の気持ちを考えると泣きそうになった。
乃絵がそんな悪い子なわけわけもなく
病院から松葉杖で無理矢理浜辺に来る乃絵。

遂に絵本を見せることが出来た眞一郎は
乃絵に「比呂美が好きだ」と告白する。
直後「乃絵が居たから絵本が書けた」発言で
おいおいどっち選ぶんだよ、と一瞬不安になったけど
ちゃんと「比呂美が好き」ともう一度言ったのは良くやった!
泣きながら眞一郎が歌うシーンで泣いた。
眞一郎にとっても乃絵はやはり大切な存在だったんだな。
事実上のお別れで心が震えて流れた眞一郎の真実の涙・・・。

決着をつけ比呂美の部屋に行くとそこに比呂美の姿はなく。
え?また一波乱あるのか!?
と思ったらあっさり比呂美を見つけて良かった・・・。
比呂美の言い分と外出した理由は意味不明だけどな(笑)
やっとずっと好きだった眞一郎に告白されたのに
嫉妬心からか嫌!という比呂美は可愛いな。
嬉しさから心が震え流れた比呂美の真実の涙。

そしてやってきた春と同級生とうち解けている乃絵。
最初はなんとも電波的なヒロインかと思ったんだけど
最後には実に年相応の少女らしい成長が見られて良かったなぁ。
愛子と三代吉はよろしくやってるようで何より。
三代吉を見上げる愛子を見てると可愛いとは思うんだけど
テーマを考えると微妙な立ち位置のヒロインだった。

最後のリフレクティアで感慨にふけっていたけど
2番+最後のサビという無茶な繋ぎっぷりで笑ってしまった。
ラストには乃絵のtrue tears・・・と綺麗すぎる終わり。

全体的に一貫した「真実の涙」というテーマに沿った
先の見えない昼ドラのような展開は非情に楽しめました。
そういう意味では愛子の存在も必要だったのかな、って思うけど
乃絵が本当に涙を無くした理由が結局語られなかったり
1話限りの祭りなのに色々と説明不足だったり
最後までパパママと酒蔵の少年の名前が出なかったり(笑)
もうちょっと掘り下げて欲しい部分もあったけどほぼ満足かな。
演出が綺麗なのと作品の雰囲気、動画のクオリティなんかも
作品全体に調和しててとにかく綺麗だったな、と。

1クールの恋愛モノで久しぶりにまともに楽しめた気がします。
(※キャラ補正や信者補正無しに)
一応ギャルゲ原作だけど原作無視して良かったな。
原作のキャラ見るとギャルゲらしくいっぱい居るみたいだし。
さてどれだけPS2版の売り上げに影響するか見物ですが
DVDの方がもしかして売れるんじゃないのか・・・。
スポンサーサイト

true tears 第12話

★true tears 第12話 「何も見てない私の瞳から…」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

結局、眞一郎に聞こえるように言っていたのか
曖昧なまま場面が移り変わってしまったなぁ・・・。
近くにいるのに遠くに居るように感じたせいもあってなおさら。
とりあえず地べたが無事で良かった、本当に良かった(笑)
持ち上げた時はそのままぶん投げるかと思ったよ。
ここの乃絵の語りは抽象的すぎてイマイチ伝わらなかったのが残念。

乃絵の行動を受け眞一郎も今一度自分の行動を見直す
・・・と思ったら壊れてますよこの人!
乃絵も眞一郎も地べたから学んでるのが凄いな。
あの場面だけでそこまで深く考えれるとは・・・。

OPに出てた祭りの風景ってこれのことだったのね。
というか乃絵が地べたを連れ出しのが前日と気付かなかったよ。
ナチュラルに伝統ある祭りっぽく描写されてて
それが唐突だったからもう少し説明が欲しかったなぁ。
所でこれは富山に実在する行事なんでしょうかね・・・。

比呂美と愛子が作中で会話したのは初めて?
なんだかこのツーショットに見覚えがないような。
愛子に対して「彼女は私です。」という比呂美が怖かった。
や、やっぱりこの人本質的に変わってないな!
眞一郎の踊りを見に行こうとする乃絵に対しても
「私たちをそっとしておいて」と直球で言うなぁ。
そう言いたくなるのもわかるんだけどね。
今まで我慢していたものが独占欲として溢れてる感じ。
純粋に涙を流してるんだろうけどズルい気もする。

純はやっぱり乃絵にシスコンをカミングアウト。
シスコンというより”愛してる”という領域だけど。
あぁ、でも今までで純が一番輝いて見えたな。
やっと素直になれた純はひねくれ者には見えなかった。
口へのキスを拒絶されたのもわかってての行動だろうしね。
乃絵は自分の前で涙を流していく人を見て
自分の瞳は何も見えてないんだと自覚する。
なんだか乃絵が自暴自棄になりそうで不安なんですが・・・。

眞一郎が踊りつつ思うのは絵本を書きたかった理由。
絵本のラストをちゃんと完成させて想うのは・・・
えええ・・・ここで乃絵なのかよ!?
比呂美も何か感じるところがあったようで。
ここにきて眞一郎の考えが全然読めなくなったよ・・・。
比呂美は「置いてかないで!」と大声で言えば良かったのにね。
まさかの乃絵の逆転勝利なのか・・・?
乃絵が木から落ちて終わりとかカオスすぎるんですけど。

予告だけじゃまだなんとも言えないけど
どういう形であれ”ちゃんとして”欲しい所だねえ。

true tears 第11話

★true tears 第11話 「あなたが好きなのは私じゃない」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

いきなり眞一郎を独り暮らしの家に招待するなんて、
大胆な行動を取るなぁ比呂美。
しかも眼鏡で萌えポイントアピールですよ(それは違うと思います
つーか比呂美に眼鏡似合いすぎだな・・・。
赤い眼鏡ってのが更にポイント高い、いや属性は無いけど。
唐突に海へ行こうと飛び出したり完全に自然体のように見えた。
海について眼鏡を外したのはただキスをしたかったから
だけではない気がするなぁ・・・。

三代吉と愛子はなんだかんだで元鞘。
あぁ、前回の発言で愛子がどうかと思ったけど
やっぱり良い娘で安心した・・・。
セーターの喩えが印象に残りました。
電話を貰ってすぐあいちゃんと再会なのは
狙いすぎな気がするけど青春過ぎてニヤニヤしてしまった。

女子バスケの試合の比呂美の相手側の反則に対して
わざわざ割って入った純は気を引こうとしてる?
それを見た眞一郎がなんとなく不安になるのはわかるけど、
だからといって乃絵の影を追っていてはダメだろう。
全然ちゃんとしてない眞一郎。
前回の勢いはどこに消えたんだ・・・。
自覚があるだけマシなんですけどね・・・。
どうでもいいけど酒蔵の少年の声は絶対届いてない気がするんだ。
外から雪国の戸を超えてちゃんと聞こえるとは思えない。

比呂美は下着を取るとき何がしたかったんだ(笑)
独り暮らしでお茶目な行動取りたくなっただけ?
男を引っ張り込み放題は意味わかってるのか
わかってないのか比呂美は際どいところだ・・・。
直後、純からの電話で直接会うことに。
やはりここで純に対して出た「あなたが好きなのは私じゃない」。
偶然別れた現場を目撃した眞一郎が
また話をややこしくしなければいいけれども・・・。

絵本を完成させるもののなんというバッドエンド。
雷轟丸は結局飛べずに飛んだのは地べただったが
ただの鶏に過ぎなかった地べたは地に落ち命を閉じた、と。
雷轟丸はチキンな眞一郎の心境が表れてると思うけど、
この場合は地べたは何をイメージしてなんだろうね。
最後がこうなったとはいえ乃絵に見せなきゃ、
と思ったのは評価できる。これが乃絵との決別になるのかなぁ。

比呂美にまだ電話してくる純のしつこさは異常と思いきや(笑)
乃絵が帰ってこなくて比呂美に助けを求める純。
眞一郎にも連絡してくれと言われ比呂美は眞一郎に連絡。
事情を知った眞一郎が乃絵を捜しにいくのは良いんだが、
比呂美がどう感じるかはまったく考えてないんだろうなぁ。
かといって乃絵をそのまま放っておくような人じゃないし
比呂美にとっては嫉妬入り交じって複雑そうだ。

乃絵が居たのは予想通り地べたの小屋だったけど
眞一郎が駆けつけたときにはそこに姿は在らず。
眞一郎の絵本がバッドエンドを迎えた時に嫌な予感はしたけど
乃絵さん、地べた持ってどこにいくんディスカー!
らめえええええ、地べた逃げてええええ!!
どう見ても海にYou can fly!フラグです(ry
眞一郎はいくらなんでも別れの言葉に気付くの遅すぎ。
というかわかっててケジメをつけるのかと思ったんだが。
「眞一郎の心の底に湯浅比呂美」と歌う乃絵の切なさは・・・。
眞一郎はこの歌を聴いてるかどうか微妙な所だけど、
比呂美を選ぶしかないんだろうから結局はケジメの問題だろうね。

次回は、引き続いて地べたのピンチをお楽しみください。
純の「キスしていいか?」発言はやっぱり乃絵か・・・?
乃絵は純の気持ちをどう受け止めるかだなぁ。

true tears 第10話

★true tears 第10話 「全部ちゃんとするから」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

表情が軟らかくなった比呂美が可愛すぎるんですけど。
いや、ホント乃絵に申し訳ないぐらい比呂美が輝いてる。
眞一郎はなんだかんだで兄妹説が崩れて喜んでるし
比呂美は言わずもがな・・・。
比呂美の謹慎中のノートを積極的に取ってあげたり
二人の間の距離感が完全になくなった感じですね。
対しての乃絵は暗い影を落としたままで・・・。

愛子と三代吉は進展と言えば進展。
正式に別れることになり二人とも吹っ切れた模様。
そりゃ好き同士で二人がくっつくのが理想だったとはいえ
これで二人とも前に進めるから良かったのかな?
眞一郎を責めない三代吉はマジで良い奴すぎる。
愛子は知らずのうちに眞一郎に依存していたことを自覚し、
眞一郎からの卒業という前進。
うん、この2人はもう大丈夫だろう。

兄妹説が崩れたり謹慎なこともあり比呂美がある決意。
純との関係のリセットを申し立てるがこれは拒否される。
もう1つの決意は仲上の家を出ること。
全ては関係をリセットして1人の女性として眞一郎の前に立つためと
乃絵との関係を知っている以上
もう居られないというのもあったんだろうね。
そしてやっぱり過去のお祭りのことを覚えてた比呂美。
どう見てもフラグ完璧だったのにバッキバキなことに・・・。
全てのタイミングが悪すぎたんだよな。
眞一郎ママのせいでも比呂美のせいでも乃絵のせいでもない。

引っ越しの見送りに顔を出せない眞一郎。
それでもやっと比呂美の涙をぬぐえるのは
自分だと気付いた眞一郎は自転車で引っ越しの車を追いかける。
うわ、なんだこの青春ドラマ全開、挿入歌もついてるよ(笑)
車の窓から顔を出す比呂美、自転車でこけた眞一郎。
眞一郎に駆け寄りそのまま滑り彼に飛び込む比呂美。
演出が神がかってたんだけど思わず笑ってしまった。
比呂美に「好き」とは言わなかったものの
このタイミングで「全部ちゃんとするから」。
愛子のことも乃絵のこともちゃんとケジメを付けて
比呂美を選ぶという意思表示と見ていいのかな。

唯一の救いは乃絵がそれを意識しているということ。
だからこそ眞一郎の前で見せる笑顔が切ないなぁ。
予告での比呂美の台詞は多分、純当てっぽくて
本当に愛してるのは乃絵なんじゃないの?という忠告かね。
このまま乃絵とくっついたら比呂美との後味悪すぎだし。
乃絵には真実の涙を取り戻すという名目もあるので、
やっぱり最後は比呂美と眞一郎がくっつき
乃絵が涙を取り戻すのが一番のハッピーエンドになるんだろうなぁ。

true tears 第09話

★true tears 第09話 「なかなか飛べないね…」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前回雪降る中バイクで走り出した純と比呂美。
開始早々事故ってわら・・・えねええ!
雪だったことが幸いして二人は無事だったけどバイク炎上。
悪びれもしない比呂美は実はSなんじゃないかと思ってきたよ。
病院行かなくても大丈夫とは行ってるけど
交通事故の怖いところは次の日とか頭の中なので
どんな軽傷でも交通事故の後は病院に行きましょう・・・。
眞一郎に比呂美へのビンタを期待したのに
この男は比呂美を抱きしめやがりましたよ?乃絵の前で。
眞一郎にとってはそこまで深い意味は無いんだろうけど
純粋で鋭い乃絵は眞一郎の本当の気持ちを悟っちゃうんだね。

結局、比呂美が眞一郎パパンの娘かもしれない
という話は完全にママンのデマだったというね。
初めっからパパンが「そんなことあるわけないだろう」
と言えばこんなことにはならなかった気がするけど
パパンはこういう所に鈍感なのか、それともこういう状況
じゃないと言っても信じなさそうだったから?
いきなり比呂美に優しいママンはツンデレ過ぎますね。
今回の事故で比呂美を本当に心配してることに気付いて
自分のつまらない嫉妬心を認めて比呂美と和解って所かな。
さすがに眞一郎の前で服を脱ぎ出すのは
またママンに何か言われるんじゃないかと思ったけどな。

純も比呂美も学生にとっては大問題を起こしたので停学処分。
比呂美のことで男子と喧嘩する眞一郎を見て乃絵は・・・。
薄々感づいてたけど眞一郎は絵本で自分の心を洗わしてたんだな。
ただ眞一郎が「やっぱり飛べないよ」と言ってるのは何故かなぁ。
乃絵とは表面上巧くいってたけど兄妹じゃないことがわかって
比呂美のことがやっぱり気になりだしたのか・・・?
その心の揺れを敏感に感じ取った乃絵は
「貴方は飛べるわ、でも飛ぶのはここじゃない」と眞一郎に告げ
1人寂しさに震え涙する・・・。

そうなるんじゃないかなぁ、とは思ってたけど
兄妹説が崩れたらやっぱり割を食うのは乃絵なんだよね(苦笑)
あれだけラブラブ幸せムードから一気に凹みモードに・・・。
次回「全部ちゃんとするから」は眞一郎の台詞。
果たしてコレは誰にどういう意味で言う言葉なのか。
次回予告に久しぶりに愛子&三代吉ペアが
映ってたのでそちらも進展あり?
乃絵か比呂美、どちらかが不幸にならないと行けないよなぁ・・・。

true tears 第08話

★true tears 第08話 「雪が降っていない街」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

愛子の大胆な行動に一時はどうなるかと思ったけど
思ったよりも普通にスルーされて笑った。
でもちゃんとノーと答えた眞一郎は見直したよ。
やっぱり姉としか見てなかったのねえ・・・。
それは今でも変わらず面と向かって宣告。
実質振ったのと同意義だなこりゃ。
三代吉ともケジメをつけた態度で
愛子も三代吉も幸せになれなさそうですね・・・。
このまま愛子が退場だったら可哀想すぎるな(笑)
見せ場が話をまたいでほぼカットという・・・。

眞一郎と乃絵のバカップルっぷりは加速するばっかり。
リフレクティアに乗せて二人のバカップルぷりは心が温まるね。
眞一郎の絵本の趣味を知った乃絵の反応が輝きすぎ。
眞一郎も乃絵との付き合いで不器用ながらも輝いてるし
こうしてみると理想のカップルに見えるねぇ。
どんどん好きになっていくとか乃絵可愛すぎるんですけど。
今まで赤面なんて殆どしなかったせいか
乃絵が赤面すると凄い可愛く見える・・・。

あれ?比呂美も相応の評定すれば可愛く見えるんじゃないか?
今回の比呂美はずっと怖い表情してたり
純に意地悪い勝負の条件を返したり腹黒っぷり発揮しまくり。
挙げ句の果てには乃絵に
「そんな純粋な笑顔で眞一郎の心を簡単に奪うのね」
みたいなことを言ってるし・・・比呂美さん黒いっすよ・・・。
比呂美の言葉通りこれじゃあ眞一郎ママンと大差ないという。
比呂美の表情といい学校でのブッキングといい心臓に悪かった。

比呂美の心はいろいろな意味で限界で遂に家出。
パパンは普通に比呂美に優しくはあるんだけど
母親に似ているという台詞からいやらしさを感じたなぁ。
比呂美を大切にしてるのも血が繋がってるからだろう
とか思っちゃうしパパは普通にいい人であった欲しい。
雪の中、純にバイクを出させどこか雪のない街に走り出す二人。
純の「死にたくないぜ」が事故フラグにしか見えません。
予告で転倒してるようには見えたけど無事っぽい?
この行動で乃絵と眞一郎にどんな波紋が起こるのか不安です。

true tears 第07話

★true tears 第07話 「ちゃんと言って、ここに書いて」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

女の戦いすぎる・・・。
やっぱりこの2人は相容れないんだろうなぁ。
乃絵の当を得ているストレートな物言いは
時に励ましになったり時に恐ろしかったりするねぇ。
比呂美がまさか取っ組み合いの喧嘩をするとは思わなかった。
でもそれが人間らしく逆に比呂美が好きになったな。
相応の黒さやムキになるところは少女らしいというか。

愛子は前回で三代吉と終了かと思いきや
なんとかまだ三代吉が粘ってる模様。
どう見ても別れ話を持ち替えようとしてるのに
ここまで空元気な三代吉は痛々しすぎるよ・・・。
それでも本人の中ではもう決着がついてるようで
眞一郎になら愛子を託してもいいと思ってるのか。
三代吉の反応は割り切ってるように見えたけど
これで眞一郎が愛子に恋愛感情無いとなると
三代吉の反応がどう変わるのかは怖いね・・・。

恋をした乃絵の反応がエロスな件について。
どう見てもアレは濡(ry
というかいちいち反応が可愛すぎると思うんだ。
眞一郎は自分の気持ちに整理がつかないまま
乃絵に告白しちゃったけど大丈夫なのかなぁ・・・?
それにしても地面に石で文字を書いて告白とか
なんとも恥ずかしすぎる告白だな(笑)
サブタイはこれだったのね・・・。

最後の最後でまた愛子がかき乱してくれて次回に。
乃絵と付き合ってる発言のあとにこの行動。
愛子、恐ろしい子・・・!

true tears 第06話

★true tears 第06話 「それ…なんの冗談?」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

愛子の大胆な行動がどう出るのかと思いきや
特にその場は何事も無くて安心したような残念なような。
眞一郎は割と冷静だったなぁ・・・これが鈍感というやつか!
微塵にも好意を抱かれてることに気付いてないんだろう。
だからあの場は愛子がどうしてそんな行動を取ったのか、とか
二人で買い物に行きたかったとか気付くことないんだろうなぁ。

いつかはバレるとは思ってた嘘だけど遂にバレ。
三代吉は察したけど眞一郎に何も言わないのが良い奴だなぁ。
この先どうなるのかは知りませんけど!
愛子に対しても追求というよりカマかけ程度の会話だったけど
愛子が我慢しきれなくなったのか
眞一郎への想いを間接的に表して三代吉は察したよう?
”付き合ってた子が友達のことを好きだった”
ありがちではあるけどこのシチュでバレはキツイ。
三代吉の表情がなんとも言えなくて印象に残った。

今回はこのまま終わったけど今後どうなるのかが不安だ・・・。
愛子や眞一郎を責めるにしても諦めて身を引くにしても
どちらにせよ不幸な立ち位置だよなぁ。
出来れば愛子が三代吉を好きになって付き合って欲しい二人ですね。

純は早々に比呂美に接近、デートの約束。
比呂美がそれをOKしたのはどういうつもりなんだろう。
眞一郎への当てつけ?ってわけでもないだろうし。
会話から察するに純はやっぱりシスコンで確定かな。
場合によっては兄妹を超えた感情を持ってそうでもある。
自分の想いを断ち切るためと
乃絵自身も気付かないような乃絵の気持ちを叶えるために
眞一郎に「乃絵と付き合え」という行動を取ったんだろう。
そのためにはなんでもやる
=眞一郎がそういうなら比呂美と付き合おうじゃないか、と。
こう考えればそこまで電波思考でもないんだけど
人の話を聞かないことには変わりはない(笑)

そして遂に今まで謎だった
比呂美が眞一郎の前で笑わなくなったわけ。
眞一郎ママンが比呂美に対して冷たく接するわけ。
どう見ても好意があるのに比呂美が想いをひた隠しにするわけ。
全てが明らかに。
前回”ママレードボーイ”思い出すとは言ったけど
これは結局言い得て妙だったねえ・・・。
というわけで出ました異母兄弟ネタ!
比呂美と眞一郎ママンだけ見てると昼ドラにしか見えないな(笑)

でもこれで実質ヒロインから脱落か・・・?
脱落するにはまだ早すぎると思うんだけどなぁ。
眞一郎も相当ショックを受けてたみたいだし
告白してしまった比呂美も良い方向には進まないだろう。
それに加えて眞一郎ママンが眞一郎に責められたり、とか。
そこにパパンが登場することを想像したり。
純が比呂美に絡んだり乃絵が眞一郎に絡んだり。
愛子は眞一郎を好きだったり三代吉はそれを知ったり。
落ち着いて考えるとものすごいカオスな状況ですね・・・。

true tears 第05話

★true tears 第05話 「おせっかいな男の子ってバカみたい」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

乃絵兄にあー言われると
本人にその気が無くてもなんとなく意識しちゃうよねぇ。
そんなわけで眞一郎もなんだかいつも違う雰囲気。
乃絵は乃絵でいきなり比呂美に近づいたり微妙な空気に。
乃絵が眞一郎が踊りの練習してるのを知ったり
手作り弁当を披露したり
二人の距離は確実に縮まってるように見える。
眞一郎は気付いてないだけで惹かれていきそうだねえ。

比呂美が眞一郎ママンに嫌われているのは
過去に湯浅夫婦と何かあったからだろうけど・・・
一つ屋根の下というカップル同士の写真といい
なんとなくママレードボーイを思い出した俺ガイル。
切り抜かれた写真って
なんだか最近見なかった設定な気がする(笑)

サブタイの比呂美の台詞がどういうシチュで
飛び出してくるのか興味津々だったけど
やっぱりその言葉が向けられたのは眞一郎でした・・・。
部屋に入れるのが初めてなことを覚えてたり
比呂美視点の心情といい想いを秘めるているのは確定?
どうでもいいけどあの場面「無限ループって怖くね?」
って思ったのは俺だけですか・・・。
比呂美はあからさまに乃絵を避けたり
表面上は物静かな態度を取っているけど、
ふとした時の行動が普通を逸脱してるように見えて怖い。

ラスト。
最初に行動を起こしたのはやはり愛子でした・・・。
予告といい愛子始まりすぎ。
どうみても噛ませ犬にしか見えん(笑)

true tears 第04話

★true tears 第04話 「はい、ぱちぱちってして」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

あの場面をどう取り繕ったか気になるところだけど
比呂美が捕捉というか言い訳っぽく
一応ストレートに伝えたのかなぁ・・・。
帰り道歩いてたけど凄い気まずさだったろうなこれ。
相変わらず眞一郎ママの比呂美に対する態度はイラっとくる。

愛子はとたんにヒロインらしくなってきましたね・・・。
ここまでくると三代吉が可哀想に見えてくるよ。
好きな人と親しい人の側にって自覚してるだけマシだけどさ。
それでも好意全開な女の子は可愛く見えるもので。
今のところストレートに眞一郎が好きってわかるのは
愛子だけだもんなー。

眞一郎は比呂美のことを諦めようとし
愛子は眞一郎のことを諦めきれない。
比呂美はやっぱり眞一郎が好きなように見える。
そんな想いが交錯する中
乃絵兄から乃絵と付き合ってくれという言葉。
眞一郎のいいリアクションはさておきどういう答えを出すんだろうね。
恋愛対象としてはまったく見て無さそうだけども。
乃絵兄の真意も気になるところ。
なんとなく妹が大事で眞一郎の話ばっかり聞かされるのが
面白く無さそうに見えたんだけどなぁ。

true tears 第03話

★true tears 第03話 「どうなった?こないだの話」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

前回、乃絵と抱き合ってた男性の正体が早くも判明。
いやまぁ予想通りではあったけどもっと引っ張るかと。
2話見た時はかなり年が離れてるように感じたけど
1〜2歳しか年が離れてないのね。
ブラコンっぷりは何か家庭の事情があったり
涙云々やら乃絵の不思議な言動もそのあたりに絡んでそうな。
兄的には兄離れしてほしいという想いで予告での台詞なんだろうか。

比呂美は思いっきり眞一郎ママンに煙たがられてるんだな。
嫌そうなキャラではあったけど今回でウザさがかなり増した。
逆にパパンは息子にも理解があるし
口数は少ないけど優しさが籠もってるからいいお父さんだ。
番宣で言ってた「全部封印」とは過去の記憶。
この家で暮らすことになった理由に関係が?
回想自体は恥ずかしい過去とも取れるけど
寧ろ良い想い出に感じてるように見えたけどなぁ。

しっかし、鶏扱いされて乃絵に餌付けされたり
アドバイスを喋りつつ墓穴を掘った愛子に蹴られたり
最後の最後で舞い上がってる所、当の本人の比呂美の口から
自分が好きなのは別の人と聞かされ
挙げ句の果てに鉢合わせまでしてしまうとは不運すぎる主人公だな(笑)

true tears 第02話

★true tears 第02話 「私…何がしたいの…」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

乃絵の好感度の上がりすぎてて笑った。
ここまで好意もたれると可愛く見えて困る・・・。
でも家の中でTシャツでパンツ丸見えは
恥じらいを持つべきだと思うんだ。
鎖骨が見えたのはポイント高いけどさ!
抱きついていたのはパパンか兄あたりだろうか・・・。

乃絵と比呂美が出会ってどうなるのかと思えば
いきなり女の戦い勃発かよ!
どちらとも自然体なのが逆に怖すぎるんですけど。
笑顔で「私のこと嫌いでしょ」とか「怒ってない」とか
実際その通りなのかもしれないけど見ていてヒヤヒヤですよ。

で、結局比呂美は何がしたかったんだろう・・・。
回想や次回予告見るとどう見ても眞一郎にフラグ持ちっぽいんだよなぁ。
乃絵の良い噂を聞かないから自分で確かめに行った
あたりが無難な所でしょうか。
比呂美が笑わなくなった理由も過去に何かあったっぽい?

true tears 第01話

★(新)true tears 第01話 「私…涙、あげちゃったから」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作はギャルゲらしいですが未プレイ。
といってもほぼアニメオリジナルなようで。
タイトル通り涙がテーマなのかな?
キャラ原案の名前が聞いたことあると思ったら漫画のアイマスリレの人でした・・・。

てっきり主人公と同居の家では笑わない比呂美がメインヒロインかと思いきや
絵本作家を目指している主人公の描く天使の絵のイメージにぴったりで
木の上から飛び降りという衝撃的な出会いをした
涙を無くした少女、石動乃絵がメインヒロインだったのね・・・。
もう1人のヒロイン格の愛子は主人公の友人とカップリング成立してるしなぁ。
比呂美がどう絡んでくるのかと思ったら次回早速乃絵と出会うのね。
比呂美が主人公のことをどう思ってるか、とか笑顔を無くした理由とか
主人公への想いをひた隠しているとかが個人的にベストな設定なんだけどなぁ(笑)

それにしても悔しいぐらいパンツが見えないというね。
着替えを覗くのはお約束イベントだけど物足りない。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。