説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご愁傷さま二ノ宮くん 第12話

★(終)ご愁傷さま二ノ宮くん 第12話 「歩き出そうよ」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

保坂先輩が良い悪役っぷりを発揮して貧乏くじも引いて難儀だなぁ・・・。
マジモードになった保坂先輩と二ノ宮くんのバトルは
最終回だけあってなかなかの見所でした。
麗華先輩が元に戻ってもあっさり引かないあたりが素敵だ。
二ノ宮くんは人のためなら何倍もの力を発揮できる主人公タイプだけど
今までの描写で保坂先輩を超える要素が無かったのが残念だなぁ。
あの場面、真由が出てこなければやっぱり二ノ宮くんの負け?
保坂先輩の台詞からすると
本気を出したら負けるかもなーぐらいは思ってたみたいだけど。
あの二人が出てきたら反則なんだろうけど
涼子さんと美樹彦さんとも手合わせして欲しかったねえ。
でも、前回のようにほどよく手を貸すのが適度なバランスなのかもしれない。

過去が全て判明したわけですが
これだけみるとやっぱり可哀想なのは麗華先輩ですね・・・。
想いが通じてた二人を引き裂く原因を故意にではないが作り
今回もヘタすれば二ノ宮くんが危なかったのに・・・
それで居てなおまだ二ノ宮くんを狙うのは図々しい気がするよ。
二ノ宮くんも二ノ宮くんで麗華先輩のことが好きじゃないのか!?
まぁこの手の三角関係モノにそう突っ込んでもしょうがないと思うけどさ。
少なくとも二ノ宮くんが真由を好きになる要素は無いと思うんだ。
真由本人にその気は無いにせよ誘惑して奪おうとするようにも見えるし。
麗華先輩が黒化するのも頷ける、というかよく現状に満足してるもんだ。

最後は「ああ、やっぱり二ノ宮くんだ」というオチでちょっと安心。
OPがそれをよく体現してるな。
原作続いてるかは知らないけど無難な落とし所だったんじゃないかな。
でもやっぱり自分は真由を好きになれそうにないです。
スポンサーサイト

ご愁傷さま二ノ宮くん 第11話

★ご愁傷さま二ノ宮くん 第11話 「逃げないでよ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

二ノ宮くんの過去が明らかに!
そして当の本人達もやっと記憶復活。
真由は二ノ宮くんにしたことを思い出して自分の意志で消えたのね。
一方、涼子さんと美樹彦さんの反則コンビは北条コンツェルンの囲い込み。
さぁ、裏麗華先輩が本気を出してきましたよという今回。
過去に関しては今までの伏線で視聴者にはある程度想像つくけど
いろり達もサキュバスだっていうネタバレも一気にやっちゃったなー。
たすくの台詞から二ノ宮くんも関係者だろうが今回は追求されず。
裏麗華先輩の逆レイプまがいの行動は不覚にもぼっ(ry
助けに来たいろり達はどこの科学忍者隊かと思いました。

しかし今回一番燃えたのはやはりしのぶ!
あれだけ二ノ宮くんのことを嫌っていたしのぶが
麗華先輩を取り戻すためとはいえ二ノ宮くんの盾になるとはね。
あの絶妙なタイミングでの助っ人。
そしてここは任せろ!は王道展開ながら燃えるね。
最強コンビが出てきた時点でここは任せろもクソもないんだけどさ(笑)
ナチュラルに先生や友人ズも協力してるし雰囲気一転してるなぁ。

次回で最終回だったのね・・・もうそんな時期かー。

ご愁傷さま二ノ宮くん 第10話

★ご愁傷さま二ノ宮くん 第10話 「遊びに行こうよ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

なにそのハッピーエンドーーー!
いろりのたすくへの好意を気付かなかった俺も鈍いってことですね・・・。
完全にダシにされた二ノ宮くんは本当にご愁傷様・・・。
でも、いろりがサキュバスっぽいのとかかなりおざなりのままだな。
ダシに使われたとはいえ過去を思い出す材料にはなったので
そういう意味ではいろりの二ノ宮くんへのキスはわかるけど
いろりが二ノ宮くんへキスした意図がイマイチ理解できなかったなぁ。
単にたすくの気を引くためなんだろうけど
いろり自身が何を考えているかわからない部分も多いし。

いろりの魔の手から逃げるために
麗華も連れて昔のように3人での京都巡り。
そしてお熱いいろりとたすくのカップル誕生でめでたしめでたし
・・・・かと思いきや麗華の人格が変わり
涼子さんと美樹彦さんはメディアからテロリスト扱い。
追い打ちをかけるように真由の失踪といきなり超展開だな!?

ご愁傷さま二ノ宮くん 第09話

★ご愁傷さま二ノ宮くん 第09話 「奪っちゃえよ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

そういや、前回があまりに二ノ宮くんらしいノリすぎて
修学旅行とか二ノ宮くんがいろり、真由がたすくに
狙われていることなんてすっかり頭の中から抜け落ちていたよ・・・。
というわけで本編に戻ってきて修学旅行編。
なんだかんだで二ノ宮くんを援護するクラスメイトは実は良いヤツだったんだな。
絶対裏があるようにしか見えないけどな(笑)
先生共々、お堅い二ノ宮くんがもう少しマシになれば・・・
というのが本音ならいいんですが。

いろりが二ノ宮くん行動不能にしたのはサキュバスの能力か。
たすくも過去に面識があって復讐みたいなものか。
たすくの「お前もそれぐらいはできる」という台詞から
やっぱり二ノ宮くんもインキュバスってことか。
ブレーカーを落としたのはいろりで単に二ノ宮くん狙いなだけ?
たすくにとっては想定外の出来事だったようだけど。

ご愁傷さま二ノ宮くん 第08話

★ご愁傷さま二ノ宮くん 第08話 「食べさせてよ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

まだジーク微乳ネタを引っ張るというのか(笑)

本編は相変わらず意味不明なエロノリすぎる。
もはや見てる方も美樹彦に突っ込む気なくなるぜ!
てっきり裏で涼子が企ててて修行の一環なのかと思いきや
散々引っ張った挙げ句オチがカップ麺で八つ当たりされる麗華カワイソス。
とりあえずしのぶのキャラが変わりすぎなのと
真由が太くて堅くて〜的な淫語を連発してた記憶しかないや(笑)
後、自重自重言ってる場面で胸アップは胸自重としか読めないよ。

ご愁傷さま二ノ宮くん 第07話

★ご愁傷さま二ノ宮くん 第07話 「元気だしてよ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

アバンってもはやCパート扱い(最初だけど)なんだな・・・。
ノーボイン、ジーク微乳とかいきなりアホすぎて爆笑(笑)
本編の方も真由の精力がついて一部が元気になる料理を食べたり
特製ナースコス&一部が元気になる精力お注射とかで
一部が元気になりすぎて芋虫状態とか馬鹿すぎる。
さすが二ノ宮くん、エロバカをやらせたら今期一だな!
もういっそのこと毎回こういうノリでやってしまえばいいのに。
DVDCMですらヘタすると人に聞かれたらアレなアニメはそうそう無いな。

ストーリー自体は二ノ宮くんが麗華との約束を思い出し
かなり麗華に傾いてるように見えるけど
それをかき回すようにいろりとその血縁者のたすくの登場。
二ノ宮くん自身の気持ちの整理のつかないままドタバタしてると
二ノ宮くんがあっちいったりこっちいったりの優柔不断状態になりそうな・・・。

ご愁傷さま二ノ宮くん 第06話

★ご愁傷さま二ノ宮くん 第06話 「思い出してよ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

アバンと本編の内容がまったく繋がって無くてワラタ。
普通に1話飛ばしたかと思っちゃったよ・・・。
あの仮面が出てきた瞬間、ああこれはヤラセだなと思った(笑)
ホントはシルエット出た時点でEDの女性キャラなことに気付いて
関係者から推測するべきだったけどそこまでED覚えてなかったという。
とりあえず、サブタイ通り二ノ宮くんが過去に
麗華と面識あったことを思い出して麗華は一歩リード?
キスしただろうに二ノ宮くんはもうちょっと反応してくれると思ったけど
寧ろ反応したのは思い出したのを悟ったであろう麗華でした。
まぁ、状況が状況だったからそんな余裕もないか。
次回以降に期待させてもらいますよ・・・。

打って変わって真由の方は
超絶レベルの天然ボケ炸裂した以外は印象薄し。
ああ、だからアバンで出番もらったのか(えー
アレは天然ボケとかじゃなくて普通にサキュバスとしての
能力だと思いましたよ・・・・。
さて、次回あたり挽回してくれるかな?

ご愁傷さま二ノ宮くん 第05話

★ご愁傷さま二ノ宮くん 第05話 「海へ行こうよ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

相変わらず麗華さんがエロすぎて困る。
サンオイルで感じすぎだろ、きっと下は(以下検閲
この甲高い喘ぎ声は正直辛抱溜まりませんよ!
麗華はサキュバス化すると人格交代なのかな・・・?
こっちのいかにもお姉さまボイスモードも良いけど
やはり普段のツンデレ全開の先輩の方が好きな俺はツンデレ好き。
ああ、でもあの押し倒し(押し倒され)方はGJだと思いましたよ?
D.C.IIも少しはこういうのを見習って欲しい(笑)

二ノ宮くんは気付けばナチュラルに真由と仲良くなっていて
今までの話からあんまり実感が沸かないんだよなぁ・・・。
一定の距離を保っているっていう印象があったのに。
ことごとく玉砕する麗華はカワイソス。
毎度、タイミング悪く出てくるのが本当に不憫だ・・・。
まぁ、最後にキス未遂を真由に目撃させるという逆転があるんですが。
保坂の真面目キャラと普段のギャップが素敵。
特に今回は女装して同人誌の売り子とかの場面があったしなおさら。
保坂の指摘は等を得手そうだけど二ノ宮くんは何を思うのか・・・。

ご愁傷さま二ノ宮くん 第04話

★ご愁傷さま二ノ宮くん 第04話 「留守番しようよ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

今度は原点回帰というか思いっきりエロ方向に突き抜けて行った。
全編に渡って喘ぎすぎてて困る(笑)
沢城さんの甲高い喘ぎ声はエロすぎる、耳に毒だ・・・。
適度な百合スキーな俺にとっては
涼子さんと麗華の絡みが素晴らしすぎるんですが。
手が明らかに愛撫してるのは映像的に危険だと思うぞ!

メインは真由と麗華の留守番なんだけど
後半に行くにつれてお色気要素が薄くなってきたのでなんだか微妙に。
どうせなら真由と麗華でもっと百合分多くしてくれれば良かったのに。
距離が縮まったかと言われれば微妙なところ。
寧ろメインは二ノ宮くんの過去と真由や麗華との繋がりの示唆かな?

ご愁傷さま二ノ宮くん 第03話

★ご愁傷さま二ノ宮くん 第03話 「街へ出ようよ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

まさかこのアニメがこういう方向性で攻めてくるとは思わなかった。
ブートキャンプとかメイドガイとか自重過ぎる(笑)
この辺なんだかいぬかみっ!みたいなテンションだったな。
ハイテンションラブコメなんだけどアッー!要素もありますよ的な。
美樹彦さんも全力とかいうなよオレンジ!
パロ要素を出さなくても直球の萌えで勝負できる作品なので
無くてもいいけどこれぐらいならまだ妥協できるかな?

今回のメインは女同士の友情をかみしめる話。
しかしヒロイン同士ではなくクラスメイトの日奈子との。
俺も真由同様何か意図があって呼び出したのかなーと思いきや
単にクラスメイトに真由をとけ込まされるためだったとは。
二ノ宮くんにちょっかいばっかりかけてる印象あったから
こんなに優しい性格だったとは意外。さすがリーダー格。
麗華の方はまだまだ真由をライバル視。
相手が女の子であろうと顔見知り激しい真由が
麗華に対してだけはそれなりに凛としてるのは理由があるのかな。
真由はBL本とかに反応したり年相応の欲求はあるんだね。
方向性が間違ってる気がしないでもないけど!

EDはアレで固定かと思ってたら今回で正式なのが追加。
EDで始めて気付いたんですが麗華ってサイドポニーに近いのね・・・。
ロングで毛先くるくるでリボンって印象はあったけど
制服やメイド服じゃあんまり目立たなくて気付きませんでした。
EDは途中までは普通だと思ったけどやっぱりお馬鹿ED。

ご愁傷さま二ノ宮くん 第02話

★ご愁傷さま二ノ宮くん 第02話 「押しかけちゃえよ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

アバンからサービスカット。やはりこういう方向性。
それにしてもマジで冷静すぎるよ二ノ宮くん。
同じ男として不能なんじゃないかと思ってくるぜ(笑)

今回は前回に出番がちょっとしかなかった
ツインヒロイン(?)のもう1人の麗華の当番回。
1話の時もそう思ったけど絵に描いたようなお嬢様で安心した。
そしてコイツも二ノ宮くんに好意持ちか・・・!
ここまでモテモテなのと真由に触れられても耐性あるあたりで
真由と同じような体質の持ち主なんじゃ・・・?
その反動でここまで生真面目というか性欲薄いのは納得できるし。
麗華を目の前にして真由がトリップしたのは麗華の影響だよなぁ?
どうやらこの人も何か関係ありそうな予感。
まぁ、麗華の二ノ宮くんへの好意は過去が関係ありそうだけど。

こんな状態でなんだかんだと麗華達も同棲し始めて大丈夫なのか・・・。
麗華の名目は二ノ宮くんと真由が不純な行為をしないためだけど
既にベッドがダブルだったりとドタバタの種がてんこ盛りだ。
そして苦労するのは男達・・・心底羨ましいけど同情する(笑)

それにしてもコスプレなんて狙いすぎなんだぜ・・・。
ここまであからさまにアピールされると逆に好感持てる。
つーか真由も麗華も可愛いからもうどうでも(えー
麗華の方がいいと思った俺はやっぱりツンデレ好き。
ひんぬーじゃなくてアレは適乳だ!
来週はどんな嬉し恥ずかしエピソードが待ってるのやら・・・。

そういえばEDって1話だからあーだったんじゃなくて
これからもスタッフロールも本編のうちなんですな。

ご愁傷さま二ノ宮くん 第01話

★(新)ご愁傷さま二ノ宮くん 第01話 「キスしちゃえよ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

富士見ファンタジア原作のラノベ、原作未読。
原作の印象はどストレートな萌えラノベだったんですが
見た感じその印象はまんまそのままだったみたいだ。

えーと・・・まず何から突っ込むべきだろうな。
エロゲよりもストレートすぎる萌えエロ描写とかか?(笑)
ラノベの基本はやっぱり”ボーイ・ミーツ・ガール”だよなぁ。
そしてこういう唐突な出会いから物語が始まるケースが多々。
1話にして話もクソも無いので登場人物から見ていきますかね。
そういやラノベ原作で原作の挿絵の雰囲気がそのまま動くのは珍しい。
こうまで原作のタッチとそっくりなら原作ファンも本望だろうなぁ。

二ノ宮峻護@間島淳司さん
主人公が開始早々アバンでクマと戦ってたり
学校パートに移ったかと思いきや逆レイプ寸前なんですけど!?
「私たち、二ノ宮くんになら全部見られても構わないんだけどなぁ・・・」
OK、主人公はモテモテのエロゲ主人公ってことでおk?
硬派で戦闘能力はクマを倒すほど、ただし姉の涼子には適わない。
ヒロインである月村真由との運命的な出会い(再会?)で
更にエロゲ主人高度を加速していく主人公。リアル壁走りは吹いた。
個人的には間島さんが主人公ってだけで嬉しいんですけど
ラジオとかやらないんですかね?

月村真由@門脇舞以さん
二ノ宮君の顔面にパンツからダイブという運命的な出会いをしたヒロイン(笑)
男を引きつける能力や卒倒させる能力をちゃんと説明してくれて何より。
その能力の耐性が二ノ宮君にあるって時点で
もうガッチガチの萌え系の設定だなーって気がするな。
そもそもサキュバスなんてエロゲ的な意味しか思いつかないぜ!
風呂場で鉢合わせたり転んで裸で開放されたりなんという出オチ。
更には当たり前のごとく乳揺れ、パンチラ標準装備。
つーかこの裸エプロンっぽい服装自体がもうアレだと思うんだ。
ここまでストレートだといっそ清々しいほどに不健全だね!

二ノ宮涼子@根谷美智子さん
月村美樹彦@成田剣さん
それぞれ主人公の姉とヒロインの兄。
うん、この手の話は肉親が積極的な方がテンポ良くていい。
というか既に完全にオモチャにされてる二ノ宮君哀れ・・・。
この2人の計画で色々受難がありそうで
それが寸止めむらむら展開に発展しそうなので期待(笑)

北条麗華@沢城みゆきさん
OPでは真由の対のように描かれてるしサブヒロインって所かな?
1話での出番が少なすぎるのでなんとも。声は真紅っぽいな。
執事?に保坂光流@宮田幸季さん。同じく出番少。
アニメ公式は保坂が管理人という設定なのね。

その他のキャラ。
サブキャラの友人にほっしーが居てワラタ(笑)

今回初めてキャラから触れるという書き方してみたけど
案外これで書けるもんだな・・・
1話の感想に困ったこの手を使おう(マテ
感覚的にはまぶらほにかなり近いのを感じた。あっちも富士見だし。
案外ストレートに萌えのみを使ったラノベのアニメ化は少ない気がするし
タッチも原作準拠、キャラも好感持てるので今後に期待、主にエロ方面で(マテ

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。