説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス 反逆のルルーシュ 第24,25話

★コードギアス 反逆のルルーシュ 第24話 「崩落のステージ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介
★(終)コードギアス 反逆のルルーシュ 第25話 「ゼロ」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

やっと北海道でもギアス1期が完結しましたよ・・・。
遅い方なんだろうな、と思ってMBS公式見てみたら
実は10局の中で5番目だったことに驚いた。
そこまで遅れてるってわけでもないのね。
そういやDSギアスの小清水さんに盛大にふいた。

いきなりオレンジの復活から始まったけど
アレ?地味に話飛んでないか?
「おはようございました」で不安はあったけど言語機能ぶっ飛んでるのね。
中途半端に記憶やゼロへの執着だけは残っているようだ。
あの機関はやはりC.C.を研究していたものなんだろうけど
機関は答えを、そしてオレンジはそれを少しかいま見た?
なんだかこんなのオレンジじゃねえ!と思うのは俺だけ?
オレンジはなんかこうビクビクしてないとそれっぽくないな。

こうやって映像で見るとギアスの範囲拡大は反則レベルだよなぁ。
これはゼロがある程度制御してるのか?事前に仕込んでた線もあるけど。
トウキョウ疎開の外円ぶっつぶして黒の騎士団が押せ押せムード。
藤堂やカレン、ディートハルトも活躍してたし途中までは良かったんだけどなぁ。
ランスロットは同じ手だったけど行動不能にしたし
コーネリアにゼロの行動読まれたりしたが結果オーライだったし。
予想通り彼女はマリアンヌの死について何も知らなかったけど
新たにマリアンヌの死の謎が深まったな。そしてここでコーネリアにも正体ばらし。

ナイトメア戦はメインを担ってただけあって見応えアリ。
ガウェインはハドロン砲ばっかりだったけどさ(笑)
とりあえずやっぱりゼロは他人頼りのヘタレですよっと。
紅蓮弐式VSランスロットは空飛べるランスロットが明らかに有利だけど
カレンは紅蓮弐式でかなりがんばったよなぁ。
藤堂VSギルフォードはもうちょっと見ていたかった。
ナイトメア戦で刀での対決は燃える。

しかし最後までその歯車は回らなく色んな要素で崩落していくステージ。
オレンジの復活、スザクのしぶとさとギアスの理解、ヴィレッタの記憶復活で扇に発砲、
ニーナのゼロへの恨み、シャーリーのゼロ(ルル)への疑惑、
そして最大の誤算はナナリーをこのタイミングでさらわれたこと。
ルルがナナリーを大切に思うあまりここまで来れたけど
逆にその愛ゆえにこんな結末になるとは皮肉すぎる。
いくらナナリーがピンチだからってこの大切なときに指揮権放棄
確かにナナリーを失っては元も子もないけどさすがにこれは好感度下がりまくった。
井上さんが殉職されたのは地味にショック・・・。

神根島に足を踏み入れた二人に対するトラップ。
C.C.の記憶からC.C.が魔女のような存在であることが確定。
このタイミングで何プロポーズまがいのことしてるんですか(笑)
魔王になればいいと言ってた割に結末が・・・(ぉ
離宮について知ってたりするのと過去は関係ないのかな?
ということは交信相手からの情報という線が強いか。
そして最終的にキスなんかしちゃってやっぱりお似合いのカップル。
が、空気を読まないオレンジの登場でC.C.はオレンジと心中するハメに。
でもどっちも死にそうに無いキャラだからちゃんと活躍あるよね?

ナナリーの無事を確認しようとした時に相変わらず空気の読めないスザク君登場。
今回のゼロも相当アレな感じがしたがスザクの言い方もイライラするな。
ここでついにゼロの仮面が割れスザクとカレンに正体バレ。
スザクは思ったほど驚かなかったのは予想してたからなのね。
どの辺から気付いてたは謎だけどこれで23話の電話が納得。
カレンがこんなに拒否するのは予想外だった・・・。
これはカレンがルルを撃っても不思議ではない雰囲気だ。
つーか、ルルもユフィについて釈明すればいいのになぁ・・・。
どいつもこいつも興奮して一時の感情で行動しそうで怖い。
サクラダイトはナナリーも巻き込まれる気がするんですけどブラフですか?
で、予想はしてたけどこれが酷い終わりか\(^o^)/

えーと、これの後にもう1話あるよね?というのが正直の感想。
もう1話あれば少なくとも第1期として綺麗に終わらせられた気がするんだけど。
これなら23話→こんな所で終わりかよ!が先延ばしにされただけじゃん!
まぁ、2期あるのが決定してるのでこれぐらい覚悟はしてましたけど。
今発表しないってことは今年中ではないだろうしもっとまたされるのかぁ。
それでもギアスが楽しみなことには代わりはないので
この終わり方に納得は出来ないけど批判するつもりはないです。
アレだ!2期への楽しみが増えたとポジティブに!
これで26話がDVDのみに収録とかなら最悪だけど(苦笑)
スポンサーサイト

コードギアス 反逆のルルーシュ 第23話

★コードギアス 反逆のルルーシュ 第23話 「せめて哀しみとともに」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

続編は夏ですか。
なんか各地で批判的な感想が、23話見る見ないに関わらず多いんですが
小説とか読んでる身としてはたかが3ヶ月前後と冷静な目で見ている俺。
スタッフへの怒り(総集編等の制作の遅延、局との関係)
が批判的な意見の大半を占めていると思いますが。
もちろんそういった怒りと待たされるじゃん!っていう気持ちはありますよ?
でもそれらを上回るwktkが止まらないぜ・・・!
ってことで肯定派です、俺は。
これで24-25が遅れたり内容アレだったらさすがに擁護できませんけど。

以下、23話感想。

ネタバレ全開ですよー!






いきなりユーフェミアの暴走状態からOPでぽかーん。
最終回だからといってOPに違いは無かったですね。EDは違いましたが。
スザクがアレだけ探して見つからないことから
KMFにユフィが乗ってることは想像ついたとはいえ
運悪くカレンの目の前に出てきた挙げ句ガウェインまで出てくるとは・・。
ゼロがユフィをどうするかが想像ついただけに緊迫の瞬間。
これまた運命的なタイミングの良さでスザク登場でゴタゴタしまくりでヤヴァイ。
ゼロに撃たれたユフィを全力で回収するスザクがー!
撃つ直前にゼロが言った「初恋だった」が切なすぎる・・・。
ルルーシュの甘い態度からして予想はしてたんですけどね・・・。
きっとナナリーとスザクの次に大切な人だったんじゃないかなぁ・・・。

ユーフェミアを討ったことで一時戦闘は終了。
黒の騎士団がブリタニア軍を圧倒しその場は勝利を収めた。
ゼロと神楽耶がやっと対面・・・ルルはちゃんと覚えていたんですね。
黒の騎士団はキョウトを指揮下に加え演説開始。
ゼロの演説とユフィ&スザクの対比がヤバイなぁ。
ユフィは特区日本の成功を願っていた。
それを知り、ユフィの死を悟ったスザクは日本は大成功だ!
と嘘をついてまでユフィに安らかな眠りを与えたシーンは泣いた。
感動のシーンなのに裏ではゼロが”合衆国日本”とか
ディートハルトの顔で笑ったり・・・俺の感動を返せよぅ!
顔といえば今回は色々作画がキてる人多かったな、良い意味で。

ここでAパート終了。

Bパートは戦場を移してトウキョウ租界に攻め入ることに。
一息ついたルルの元にナナリーから電話が。
よりにもよってユーフェミアに関することで・・・。
結局、自らの口から真実は告げなかったルル。
”ユフィはギアスに逆らおうとした。それは命令がとても許せないものだったから”
ルルにとってはもう泣くしかないよなぁ・・・。
そしてユフィが日本にかけていた情熱というか精神の強さが
ギアスに逆らおうとしたことによって皮肉にも判明したね(苦笑)
そんなルルをC.C.は優しく抱きしめる。

トウキョウ租界の方ではコーネリアが総督としての責任放棄しまくりでふいた。
いくら肉親が死んだからとはいえ総督失格だろう・・・。
一刻を争う状況なら尚更です。
コーネリアはもうちょっと強い女性だと思ったんだけどなー。
最終的には立ち直ったから良かったですが。
それにしてもニーナの顔は酷すぎる(笑)
ニーナのおかげで黒の騎士団がピンチになるってありえそうだなぁ。

各地の反乱軍を吸収してトウキョウ租界に向かう黒の騎士団。
その勢力は既に日本だけじゃなく世界規模に発展する恐れが・・・。
C.C.の話してた人物はマリアンヌと確定!
これは本人が言ってたCの世界とやらの更新のなのか
それともマリアンヌがC.C.の中で生きているのか・・・。
扇はいつの間にヴィレッタに千草なんて名前つけてたんですが。
きっと裏ではヤることとっくに(ry
そんなヴィレッ・・千草もブリタニア人ということでピンチに・・・。
あぁ、なんだか凄い嫌な予感がするんですが。
ユフィが死に迷うスザクの元に現れたのは・・・V.V.って!

ゼロと神楽耶の会話。
神楽耶の表情がころころ変わりまくって可愛すぎるんですけど(笑)
くそ・・・俺はロリコンじゃないぞ・・・!
更には未来の夫発言。また押しかけ妻系かい!
今回で神楽耶ファン増加したことは間違いないな。
時を同じくしてオレンジの目覚め・・・
「おはようございました」は狙いすぎだろ(笑)

戦闘の直前にスザクからの電話。
電話の名義がユフィなのが凄く意味深なんですが・・・。
会話内容はスザクが憎しみに包まれていることと二人の友情の確認。
ルルの高笑いは真の修羅への道の始まり。
創造の前には破壊が必要・・・ってどこの新世界の神だ(笑)
ルルもスザクもいろんな意味で吹っ切れたであろう・・・
どうなるかって所で”もざいーくかけr”
ちょwwwww

エンディングの最中ずっとポカーンでした・・・。
この切り方はさすがにないだろ・・・orz
前に書いた通り続編が夏になること自体は文句ないけどさ!
この切り方は生殺しにもほどがありすぎて逆に笑いが(ぉ
中華っぽい人とかも居たし全てが何もかも中途半端。
スタッフの意図に踊らされてる気もするけどそれでも見ちゃう・・・!

23話までを1期としてとりあえずの総評。
ここまで毎回毎回、内容が濃くて先の展開が楽しみで読めなかった作品は
ここ最近なかったのでかなり新鮮。
キャラの魅力と元々、俺がロボスキーであることを覗いても
毎回の内容を濃くするのと純粋に展開に楽しさを与えることは絶賛出来ますね。
2期も2クールで内容のペースがこのままだと尚更凄いなぁ。
4クールでここまで毎回濃い作品って言われると他に作品がぱっと出てきませんよ。
だから制作遅延するのはある程度しょうがないんじゃないかなーとも思いますけどね。
それだけのクオリティはちゃんと出してるわけだし。

というわけで中途半端に終わったものの評価は名作以上です。
Kanonと並んで今期最高の作品でした・・・
二つとも時間が固まってたせいで俺は苦労するハメに(ry
後はもう続編を待つばかり・・・。
これで24〜25の”一部地域”に当てはまったら泣いていいですよね?

コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話

★コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話 「血染めのユフィ」 ★★★★ 【href="http://www.geass.jp/" target="_blank">公式】【ストーリー紹介

あーあー・・・猛烈にやってしまった感が。
話としては面白くなったけどルルとユーフェミアにとって悲劇過ぎる。

行政特区日本の設立は順調に進み
黒の騎士団も対応を迫られる。
副司令の扇がほぼ私情になってきてるのはリーダーとしては致命的。
といってもゼロの信念も根底は私情ですけど。
ゼロの場合はブリタニアをぶっ潰すという利害は一致してるし。
扇の行政特区日本への協力姿勢を騎士団のメンバーが反対して良かった。
元がゼロのカリスマで成り立ってる集団だから今回で崩れる恐れもあったし。

そんなわけでゼロはどういう手に出るのか注目だった今回。
こうならなければ・・・というifが考えたくなる展開だなぁ(苦笑)
ユーフェミアの話を聞く直前までは本当にユフィを憎んでいたんだろうけど
ユーフェミアの率直な想いにゼロが最終的に動かされた。
この場の判断は「ゼロ」としては失格だよなぁ・・・。
もしもこのまま和平が進んだら黒の騎士団のメンバーにどう思われたのやら。

結局、マオのようにギアスが拡大してしまい
その力に気付かなかったルルがたとえ話で
”俺が本気で命令すると誰も逆らえない。例えば日本人を殺せ、とか”
なんて言っちゃうから・・・(;´Д⊂
これはもう事故だよ・・・
それだけに全てが狂った後に黒の騎士団自体の指揮は上がり
結果的にユーフェミアを犠牲に作戦は成功。
ルルが流す涙が痛々しすぎて・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

「血染めのユフィ」というサブタイは
てっきりゼロがユフィを殺害するのかなーと思ったんですが
まさかその血染めが不運にもかかったギアス。
”日本人を殺せ”の返り血だとは想像つかなかったよ・・・。
マシンガンもって笑いながら虐殺してる様は圧巻。
悲しみが笑いに変わってきますね・・・。

神楽耶の出番は多少でしたが十分に印象強かった。
神格化されてるのかと思いきや立場的には平等なのね。
次回、キョウトが大がかりに物語に関わってきそう。
シャーリーは危険を感じてルル=ゼロから一歩遠ざかる。吉と出るか凶と出るか。
オレンジの出番は続編か24、25になりそうな気がするなぁ。

一番重要だったのがスザクとC.C.の交錯。
スザクの見たビジョンの中にいたマリアンヌ。
ブリタニア皇帝の高笑い(ゼロの行動をなんらかの方法で見て?)
ギアス関連の謎も深まる中、次回で一端物語は完結・・・のはず。
といっても24、25話が控えてますけど。
23話で一つの区切りはつけてほしいかなぁ。
区切りがつくならコーネリアかユーフェミアあたりでしょうかねぇ・・・?

とりあえず今回の展開は個人的にアリ。
悲しいけど物語としては確実に面白い方向に・・・。
俺を知ってる人なら俺が黒い話好きなのは知ってるだろうし(笑)

○Amazon


コードギアス 反逆のルルーシュ 第21話

★コードギアス 反逆のルルーシュ 第21話 「学園祭宣言!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ちょっと時間もないので簡潔に。

ギャグっぽいサブタイだけで終わらないのがギアス!
とりあえずC.C.の予告のアレには相当騙された(笑)
大きいピザを作ることはわかっていたとはいえ
ピザ消滅=C.C.のあの表情はさすがに想像つかなかったぜ!
カレンがデート中の扇&ヴィレッタを目撃し、隠そうとしてる所を
ルルに見つかりそうになりルルを始末しようとしたり。
ユーフェミアも乱入で色々カオスすぎた。

最終的にユーフェミアの天然好意でルルの反感買ってしまって
これで身内に甘いルルが非情になれる理由が出来たし
ドロドロした感じになってきたので個人的には楽しめる展開。
スザクとの対立も際だつしね。

次回予告見ると神楽耶久々の登場か。
23話で一応完結するみたいだから次は実質最終回手前。
予告見るとそうは思えないんだけどなぁ・・・。
24、25話がいつあるのかも気になるし。

○Amazon


コードギアス 反逆のルルーシュ 第20話

★コードギアス 反逆のルルーシュ 第20話 「キュウシュウ戦役」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

いつも怒濤の展開で内容が濃いコードギアス。
今回はサブタイ通り九州の戦いに絞られて割合わかりやすかったな。
感想書く身としてはありがたい限りです(笑)

九州を攻めた日本軍の旗。
実質は枢木政権のメンバーだった澤崎敦が中華連邦に亡命し
その尽力で行っている・・・いわば「日本」はただの肩書き。
それを知っているゼロは黒の騎士団は関与しないことを発表。
その代わり東京に独立国家作る宣言。
黒の騎士団のメンバーが困惑するなかディートハルトは興奮。
しかしメンバーが言った通りどうやって国なんか作るつもりなんだろうか・・・?

スザクはユーフェミアに騎士の座を返上。
前回あれだけ騒いだのに結局おとがめなしなんかいっ!
逮捕とか言ってたのにナチュラルに解放されてて驚いた。
シュナイゼルもスザクのことを買ってはいるのかなぁ。
買った上で利用価値があれば利用すると言ったところか。
親殺しを自らの口でばらしまくってわざと自分を追い込んでるようにしか見えないな。

姿がばれたカレンは理由をつけて学園を欠席。
もう家にすら帰れないカレンは考えると可哀想だなぁ・・・。
スザクもルルも忙しいので生徒会はめっきり寂しく。
そのとばっちりを受けるリヴァルカワイソス。
シャーリーは記憶戻りかけなんじゃなくて自分の書いた
ゼロ=ルルという手紙を見つけたのね。
シャーリーの性格上、直接ルルに問いただすことがありそうだけど・・・。
まだまだ舞台から降りない予感。
ニーナは念願のユーフェミア様に会えてご満悦。
なんかストレートに告白したけどこの後の展開で曖昧になったような。

九州との戦いはアヴァロン+フロートシステム装備のランスロットがメイン。
ランスロットのノウハウも搭載したアヴァロンはバリアもついてるんだな。
全方位じゃないので無茶な使い方は出来ないみたいですけど。
エールランスロット初乗りで楽々動かすスザクのスペックは異常。
しかし澤崎のオープンチャンネルの言葉での揺さぶりに反応するあたりが弱いなぁ。

苦戦する中でユーフェミアからのプライベート通信。
スザク「ちょwww今戦闘中っすwww」って感じだよなこれ(笑)
しかも通信の内容が唐突に「貴方が好きです」。
Σ(゚Д゚) ええぇえ!スザクの反応も「はい!・・・えぇ!?」って感じだし。
理屈としてはスザクのことは好きだから自分のことを嫌いにならないで、ということらしい。
一時はどうなるかと思ったけど恋愛感情とかは芽生えなのかな。
寧ろこのエピソードの噛ませ犬だったニーナがすげぇ可哀想なんですけど(爆死)
ニーナ→ユーフェミアが好き→ニーナも素敵じゃない→この子は自分のことが嫌いなのね
→は、そうだ!スザク!→貴方が好きです
あれ?ニーナは?(笑)

ユーフェミアの言葉でやっと吹っ切れたスザク。
それでもエナジーフィラーの限界には勝てずに
死を覚悟してユーフェミアに遺言を残そうとする・・・
と、ここでギアスがかかりそうな目になっていたな。
あのギアスは自分と黒の騎士団がスザクを殺さないために作用しそうだ。
これが最終的にルルの首を絞めなければいいが・・・。
が、そんな時に上空からハドロン砲・・・ガウェインか!
ガウェインのパイロットは誰になるのかと思えば大方の予想通りC.C.でした。
ルルがあまりにも偉そうな格好でふんぞりがえっててふいた。
これ、C.C.が操縦だよね・・・なんか笑える構図だな。
前回カレンが乗れなかったのはコクピットが未完成だったってことにしておこう。

未完成だったハドロン砲が完成していたことで
ロイド「僕が完成させるはずだったのにぃぃい!」と白鳥さん熱演過ぎ(笑)
ラクシャータもラクシャータでフロートシステムに関してはあっさり負けを認める。
それにしてもロイドに対して「プリン伯爵」って!
やはり二人はどこかで仲違いして別の道を歩むことになったのかなぁ・・・。
ゼロがスザクにエナジーフィラーを渡したことにより予期せぬ共同戦線。
この共同作戦で挿入歌が流れるのは巧いなぁ・・・。
ルルとスザクの力が合わさってるとのこともあり激しく燃えた。

最終的に今回の戦役に関わった澤崎他は逮捕。
今回、黒の騎士団が絡んだという事実は公になることはないが
噂となりそれは必ず騎士団の位置を良いものにする・・・とはディートハルトの言葉。
ユーフェミアはやっと自分のやりたいことが見つかった。
「ただ私は笑顔が見たいんだって。かつて大好きだった人と、今大好きな人の笑顔が」
前者はルル、後者はスザクということかな?
二人の関係も立場も知ってるユーフェミアだけにしかできないことかもしれない。
しかしそれを言葉で言うのは簡単だけど実際は何よりも難しいのでは?
手伝ってくれますか?とめでたく再び騎士の座をスザクに。
これで名実ともに姫と騎士という構図ができあがった気がしますね。

次回。
いきなり日常パートチックでふいた。
でも扇とヴィレッタ!?
一番気になるのはC.C.の驚いた表情だけど。
学園が絡むならシャーリーかなぁ?

○Amazon


コードギアス 反逆のルルーシュ 第19話

★コードギアス 反逆のルルーシュ 第19話 「神の島」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前回の衝撃的なラストの後それぞれはちりぢりに・・・。
スザクが記憶障害起きてるのはギアスをかけられたせいか・・・。
スザクは水浴び中(何故真っ先に水浴び・・・)のカレンを発見、拘束。
ルル(ゼロ)はユーフェミアと対面。正体を見破られる。
ルルがゼロの仮面のままなんで飛ばされてるんじゃ!(笑)
種のトンデモボソンジャンプを彷彿させる展開で吹き出しそうになったよ。
敵味方同士で素っ裸はこの手の王道だけにニヤニヤ。
まさかユーフェミアが素っ裸・・・とまではいかないけどそんな際どいカットがあるとは。
さすがDVD2巻の特典であれだけはっちゃけただけはあるな(笑)

二組でそれぞれ違うのはカレンは拘束されてるけど
ルルとユーフェミアは思ったよりも和やかな雰囲気なことか。
スザクはカレンに対して説得するしか考えてなくて内部から(ry
ルルはユーフェミアに頭が上がらなさすぎてワロタ。
スザクのサバイバルっぷりが対比されてるだけに
論理を固めつつもそれが実戦出来なくて落とし穴すら
掘る体力の無いルルのヘタレっぷりが素敵すぎる。
というか獣を狩るという発想自体が抜けてるというか
あぁ、理論だけなんだなぁ・・・と年相応な所を思わせてて良いですね。
落とし穴掘る時も皇女殿下に肉体労働はさせられないって・・・
挙げ句、食料はユーフェミアが見つけた果物という。
なんだかこのルルはこのルルで可愛げがあって笑えるな。

シュナイゼルがやっとこさ喋ってくれて・・・ってバトレー将軍!?
ぶっちゃけ存在すら忘れてた俺が(ry
クロヴィス暗殺の件で失脚してた所をシュナイゼルに見初められたらしい。
おかげでシュナイゼルを「我が君」と呼ぶバトレー。
シュナイゼルがセシルに興味津々だったのに嫉妬しまくりですね!(マテ
シュナイゼルはシュナイゼルでセシルにやたらフレンドリーなのは何故。
対するセシルは照れつつもスザクもろとも〜の命令を追求するあたり
軍の人間としてはあれでも人間としてでは出来た女性なんだなぁと感心しました。

ゼロとカレンが行方不明。
黒の騎士団の他のメンバーはブリタニア軍の目から逃れつつ
ゼロとカレンを救出に向かうかの会議。
ゼロ信者のディートハルトは断然ゼロ救出を勧めるけど
現実的な藤堂は騎士団自体の存続が危ぶまれるよりマシ
ということで撤退を提示する。副司令の扇がなんとか場を収めたものの
これだけ主義主張が異なる人間が集まれば衝突は起きるわな。
ゼロがどれだけカリスマ性に溢れ統率を取っていたかがよくわかる。
そんな中、C.C.にちょっかい出すアホな玉城が・・・。
マジ切れしたC.C.がまた謎の交信を・・・
C.C.がルルが無事なのを知ったのは交信相手のおかげだろうけど
交信相手が干渉したのはどこまでなんだろうな。
ルル達を転送させたりしたのならつじつま合うんだけどなぁ。

シュナイゼルの救援隊を目標に目指す二組。
予想通りナチュラルに鉢合わせに・・・主にユーフェミアのせいだけど。
例の如くゼロとスザクの言い争いもあったけど
個人的にはカレンのユーフェミアに対する罵倒に対して
ユーフェミアがかちーんと来たような反応したのがツボだった(笑)
ユーフェミアもこんな表情するんですねー。自然でこの方がいいな。
おかげでルルに合わせろと言われたのにもかかわらず勝手な行動しまくり。
スザクに隙をつかれそうになり思わずルルは「この石頭が!」
そんなこといったらさすがに正体ばれるんじゃないのか・・・。

そんな時、地面に描いてあるギアスのマークが突然発動。
その下はシュナイゼルとロイドが発掘作業を行っている箇所だった。
スザクが驚愕した表情を浮かべてたのが気になるな・・・。
見て驚いたのか、それともギアスの何らかを感じたのか。
ガウェインを強奪するルートはこういうわけね。
これなら確かに納得できんこともないな。
敵のまっただ中でそんな冷静な反応できるゼロはさすが。
ガウェイン強奪はいいけど二人乗りなんだからカレンも乗せてやれよ!
KMFの肩に乗ったままあわてふためくカレンが可愛いじゃないか。
ハドロン砲が未完成だったら前回、無事だったのね。
フロートシステムの方は生きてるようで無事脱出&強奪完了。
シュナイゼル全然気にして無くて余裕っすね!

安心したのもつかの間、何故かスザクが軍規違反で逮捕?
何事かと思いきやその秘密はスザクにかけたギアス「生きろ」にあった。
全力で生きようとしたスザクは通信でも口走っちゃうのね・・・。
スザクを助けると思ってやったことがまたもやスザクのピンチを呼んでしまった。
シュナイゼルはユーフェミアになんとかすると言ったけど建前だろうしなぁ・・・。
更には九州ブロックに日本の艦隊が攻めてきてまた物語は動く!
相変わらず濃い内容過ぎて何が起きたか把握するのが大変ですな・・・。

予告でユーフェミアとニーナがご対面。
ランスロットも空飛んでたし次回も濃そうだ・・・。
舞台は九州に移るのかなぁ。藤堂が黙ってないだろうし。
予告でルルが言ってたシュナイゼルがあの島に居たワケ。
サブタイが神の島だし、ギアス、C.C.に関わってることは間違いないんだろうな。
ギアスマーク発動時の謎のシルエットも気になるし
とにかくこの先が楽しみとしか言いようがないですよ。

○Amazon


コードギアス 反逆のルルーシュ 第18話

★コードギアス 反逆のルルーシュ 第18話 「枢木スザクに命じる」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

やばいやばい、もう情報量多すぎてどう感想書いて良いか混乱するぐらいやばい。
とりあえずやっと来ましたOPのマイナーチェンジ。どうせなら歌も(ry
しかし、今回はちゃんと音楽にOPが合ってきたのでまだ許せる範囲。
というか「解読不能」もずっと聞いてるといい加減慣れたし。
OPだけでも相当な情報量なんですが・・・まぁ、やっぱオレンジだろ(笑)
他にも注目するところはあるんだけど、個人的には神楽耶の次のカットに
C.C.が何人も(綾波のようなイメージ?)映ったのがかなり印象的。
二人の関係とC.C.の正体に関わってくるんじゃないかなぁ・・・と勘ぐってみる。

スザクの騎士任命式のギャラリーの反応、これはひどい・・・。
こんな待遇を受けてもまだブリタニアに忠誠を誓うスザクの気がしれんわ。
ロイド、ダールトンが拍手したから仕方なく拍手するギャラリーは大人気ないし。
皇女の意志にまで逆らって差別するのも集団いじめのような態度も
見ていて気持ちの良い映像ではないわなぁ・・・。
まぁ、このブリタニアの闇の部分とテロリスト(黒の騎士団)の存在がバランスいいんだけども。
徹底的にブリタニアの嫌な部分ばかり描かれるのも不公平な気もするが・・・。
ユーフェミアはコーネリアに対して「私が変えてみてます」お前はスザクかと!
皇帝のシュナイゼルと敵対しているような台詞といい
皇帝の座を狙ってる人間は意外と多いんだな・・・ブリタニアも一枚岩ではないか。

スザクの騎士任命を祝して学園の方でもスザクの記念パーティーが開かれる。
ニーナとロイドの初対面。ニーナが核のことになるとこんなにも饒舌になるとは。
OPの犯罪者一同にニーナが居ることといい今後の伏線になりそうな予感。
カレンはゼロのためと自分を言い聞かしてパーティー中にスザクを暗殺しようと企む
・・・が気付いたルルーシュがナチュラルにそれを阻止。
ルルーシュもこの時は内心ヒヤヒヤだったに違いない(笑)
シャーリーがルルを見て険しい表情になったのは何故だろう・・・。
ロイドのせいでミレイの婚約者ということも学園一同にバレた!
リヴァルの反応と音楽といい出撃シーンなのに和んだシーン。

スザクの任務は本国からの貴族を出迎えるユーフェミアの護衛。
そこを襲い、スザクを捕虜にしようというゼロの作戦。
零番隊を初め守備部隊を襲いランスロットをおびき出し
罠にはめてランスロットを捕獲するという作戦。
スザクは罠とまでは読めたけど読みが浅すぎた・・・。
格好良く決めた割にあっさり積みなスザクワロタ。
それよりもちょっとした隙を見せたせいで形勢逆転されたゼロの方が迂闊だけど(苦笑)
迂闊と言えばいくら焦ってたとは言え自らナイトメアを動けなくして
自らの正体がばれるのも気にせず生身で出てきたカレンも相当迂闊。

スザクもろとゼロを葬り去ろうとする上層部・・・
その正体はやっと出てきたシュナイゼル!喋らなかったけど!
アヴァロンに搭載されたナイトメア、ガウェインのハドロン砲発射!
ってそれで終わりかよおおおお!?
スザクとゼロはおろか生身のカレンやラクシャータ
果てはナイトメアに乗ってるユーフェミアすら巻き込んでるような気がするんだけど(笑)
ガウェインはバレ情報だとゼロが強奪するみたいだけど
この状況でガウェインを強奪されるシュナイゼルはどれだけマヌケなんだ・・・。

次回予告見た限りどうなったかは謎だけど少なくともランスロットは回収済み。
後、シュナイゼルの台詞はありそうなことぐらいか?
バレ情報である程度の展開は知ってるとはいえどうなるのか楽しみだな・・・。
主にギアスを使用されたスザクの状態が。

○Amazon


コードギアス 反逆のルルーシュ 第17.5話

★コードギアス 反逆のルルーシュ 第17.5話 「仮面の真実」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

総集編なのにこの面白さはなんだ!?
どこかの種も見習って欲しい出来だ・・・。
こんなに総集編が面白いなら復習の意味でも
このペースで総集編あっても問題ないな。

こないだの総集編以降の話がメインだったけど
オレンジ+全力で見逃せをチョイスしたり
ルルの生徒会副会長の肩書き・・・オレンジデー、小学生の日・・・etc
スタッフは笑いのツボを完全に心得てるな。
今回のプレゼント応募もいろんな意味でパワーアップしてたし。

次回のサブタイが「枢木スザクに命じる」と色々想像できてやばい。
ナナリーは目が見えないから別として
スザクにやっちゃうのは最後の扉だと思うんだけど・・・
それより前回の動揺の言い訳やらカレンは不信持たなかったのか?
とかの尻ぬぐいの方も興味津々だけど。

コードギアス 反逆のルルーシュ 第17話

★コードギアス 反逆のルルーシュ 第17話 「騎士」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ルルーシュが喋っている関連CMが面白すぎる件について。
ニュータイプ3月号のCM
全力で〜ネタはもちろんのこと
ルルーシュの全方位特集→なんてことをしてくれるのだ!
とかギャグにしか聞こえないよ(笑)
ゼロボイスで「涼宮ハルヒの憂鬱」とかも笑えるな・・・。
ニュータイプのは今週からかなぁ、17話で初めて気付いた。

マオに暴露されたスザクの過去をフォローするルル。
ルル本人の言うとおり他人のことを考える・・・
それがお人好しということにルル=ゼロは自覚してるんでしょうかね。
ってシリアスなシーンかと思いきや授業中かい!
しかもデッサンのモデルがルルーシュの考える人ポーズ。
絵的にだけでも面白いのににっこりルルに吹き出しちゃったじゃないか(笑)
CMからの名残といいギアスでここまで笑わされるとは・・・。

日常パートではルル、ナナリー、スザクと穏やかなひととき。
ルルはスザクにナナリーを託そうと想いを固めるが・・・。
ナナリーに好きな人を聞いてもルルが一番、と
寧ろ兄妹ばなれ出来ないのはナナリーかもなぁ・・・。
それをわかってるからこそルルも過保護になってしまうのか。
シャーリーには記憶取り戻しフラグが立ってきてる。

ヴィレッタの愛妻弁当・・・タコさんウィンナー!
彼女の出番は無かったけどこの様子だとすっかり献身的なようで。
出て行く様子もないし拾って貰って好意を持ってきてるのか・・・?
そんなニヤニヤしてる(違)扇の元に藤堂の部下達が
藤堂を助けて欲しいとの要請で現れる。
思いっきりブリタニア軍に狙われててどうなってたかと思ったけど
やっぱり捕まってたのね・・・どうやら部下を逃がすために捕まった模様。
ゼロはその依頼をあっさり引き受ける。
最初っから藤堂を引き込む気だったから機会を待ってたんだろうなぁ。
ルルはこんな学校の踊り場で普通に電話してて不用心すぎないか?
黒の騎士団にはラクシャータが合流。
何食わぬ顔すぎるな・・・それと声と顔にギャップが・・・(笑)

スザクが突然呼び出された理由は
藤堂の処刑執行人がスザクに変更されたため。
お互い面識のある二人。スザクはひどく動揺。
基本的に人殺しの出来ない人間なんだろうし
父親以上の重みをこれ以上スザクに与えたら精神崩壊しそうだな・・・。
間一髪・・・というのも変ですけど黒の騎士団の乱入で
スザクがランスロットで出撃するハメになり
その隙をついてカレン&ゼロで藤堂説得&救出。
結果的にスザクが処刑することは免れて本人的には良かったね・・・。

救出後は挿入歌に乗せて黒い月下に乗り換える藤堂。
それにしてもこのジェネシックみたいな赤いツインテールはなんなんだ(笑)
挿入歌が燃えるなぁ・・・という所でランスロット乱入。
さすがのランスロットも月下5機+紅蓮弐式を相手にするのは分が悪すぎるな。
その中でもなんとかその場を切り抜けようとするスザクはさすが。
ゼロの戦略をも越えた動き・・・
しかし無傷とは行かずランスロットのコクピットが露出してしまう。
あーあー・・・ついにルルがランスロットのパイロットを知ってしまった・・・。
同時にカレンも目撃。同じく激しく動揺する。
直前に「ナナリーの騎士」としてルルが意識していたのがなおさら痛々しいな。
ある意味師弟対決になった藤堂VSスザク
藤堂はスザクに自分の道を行け!と諭し敵対宣言。
それでもスザクはすっきりしたようでこれからは容赦なく立ちふさがりそうだ。
ルルが狼狽して撤退命令を出すけど敵の増援とタイミングが合って
藤堂はゼロを見直したようで不審がられなくて良かったな。
唯一内部からゼロの正体に気付くとすればやっぱりカレンかなぁ・・・。

今回はユーフェミアの出番がやけに多かったけど
目立ったのは優柔不断さと実際の立場の弱さ。
ブリタニアのイレヴン差別を快く思ってないものの
それを口にして言える勇気はなく・・・。
そんな彼女はスザクの行動を見て自分の意志を固めたんだろうね。
スザクを騎士と宣言したのはその第一歩。
スザクやユーフェミア1人1人じゃ何も出来ないだろうけど
こういった思想を持つ人がどんどん増えていけば
ブリタニアを内部から変えていくことは理想論じゃなくなるかもね。

さて、ランスロットのパイロットの正体を知ったルルはどう動くのか?
次回予告見る限りあくまでも修羅の道を行くみたいだけど。
あ、あれ?でも次回17.5話とか書いてますよ?
どうみても総集編です本当に(ry
このタイミングは卑怯すぎるだろ・・・
というかさすがに制作状況が心配になってきますな(苦笑)

○Amazon


コードギアス 反逆のルルーシュ 第16話

★コードギアス 反逆のルルーシュ 第16話 「囚われのナナリー」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

マオ生きてたぁー!ブリタニアの科学力は世界一ィィィ!
ってことですか?
「撃て」というギアスの隙をついたとも言えるし
ネタバレ無しで見てた人には衝撃的な展開だっただろうなー。
まぁでもブリタニア軍に捕まるとかじゃなくて安心した<ナナリー
当の俺は前回の感想書いた後にネタバレ見てましたけど。
前回のマオとの対決の時に考えたように今回は弱点であるナナリー狙ってきました。
今回の目的はC.C.ではなくルルを苦しませることの模様。
ナナリーを狙われたルルーシュの混乱っぷりは異常。
ナナリーに何かあったらこうなるとは思ってたけど予想以上だったなぁ・・・。
マオとの対決の時に負けを認める→チーン
の時のヘタレ加減はルルとは思えなかったよ。

しっかし今回のMVPはコーディネータースザクだろうなぁ・・・(笑)
自動機銃を生身で避けるのは軍人だから良いとして(良くないだろ)
壁走りとかこれなんてトライダガーですか?
こいつは少なくともコーディネーターかアルター使いに違いないな(マテ
他にも爆弾の線を絶妙に切断したり、間一髪でルルの元にかけつけたり。
最終的にはマオに父親殺しをばらされ精神的にボロボロになってたり。
色々な意味で見所多かったスザク君。今回で少しは嫌いっていう人減ったかな?(笑)
逆にもっと嫌いになったっていう人も多そうですが(;´Д`)

ミレイのお見合い相手は前情報通りロイド「伯爵」
ロイドのノリが軽すぎてウケる(笑)
ミレイの突っ込みも「早っ!」って素の突っ込みだし。
ロイドは結婚さえ出来れば良くて出来なくてもどーでもいいような態度に見える。
お見合いになった経緯が気になるな・・・
ミレイの言い方だとロイドから申し出があったようだけど。

ヴィレッタは今のところまだ判別つかないけど扇は油断してないようで安心。
女の子っぷりと夫婦っぷりはおいといて
「ブリタニアは怖い」発言が気になるな・・・。
「貴族」にこだわってたことからコンプレックスとかはありそう。
出生や幼少時代にトラウマでもあるんでしょうかね。

コーネリアとユーフェミアの安らかなひととき。
ユーフェミアはともかくコーネリアにもお茶目な一面が!(笑)
そしてユーフェミアの喘ぎ声が・・・。
二人の会話からルルーシュ達の母親のマリアンヌとは仲良かったみたいで。
クロヴィスはルルーシュをライバル視してたみたいだけどあくまでライバル。
コーネリア達はルル達が亡くなったと思ってるらしく
イレブンは兄弟3人が散った地という台詞が・・・。
コーネリア達はクロヴィスやルルを異母兄弟にも関わらず
死を嘆いてるし言葉を聞くと確執とかはまったく無さそうに思える。
生前のマリアンヌを尊敬してたようだし。
コーネリアが黒幕じゃないとすれば・・・シュナイゼルか第1皇子か?
亡くなった兄弟のためにゼロとの戦いを終わらせることを望むけど
そのゼロがルルーシュで、ルルはコーネリアに確執あるのは皮肉すぎるね(苦笑)

次回はついに藤堂が黒の騎士団に合流?
黒いナイトメアは藤堂搭乗機なのかな。

○Amazon


コードギアス 反逆のルルーシュ 第15話

★コードギアス 反逆のルルーシュ 第15話 「喝采のマオ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

何から突っ込めばいいのやら・・・とりあえずおっ○い!
チラどころかモロとはギアスやってくれる・・・。
放送局に絶対遵守のギアスを使ったとしか・・・!(マテ
それにしても初乳首解禁がヴィレッタとは。
ヒロインズかニーナかと思ったのに!
肝心のゼロの正体を目撃した事情は記憶喪失にてリセット。
OPにはそういう意味があったのね・・・。
これからの扇との関係がなんだか妖しい気がするな(笑)
それにしても性格変わりすぎで・・・可愛いじゃないか。

C.C.が語るマオのギアスの特性。
発動条件や制限は何もなく範囲も約500mと広範囲。
あれ?サブタイの喝采って発動条件とかじゃなかったのか!
ということはヘッドフォンも拍手も彼のキャラなんですな。
どうやらギアスを使い続けると力は強くなるが
その力を使いこなせなくなった時、力に飲み込まれてしまうらしい。
マオの場合は心のよりどころがC.C.だけだったから
彼女への想いが思いっきり屈折しちゃったのかぁ・・・。
発動条件がなく、ギアスは常に垂れ流し状態。
つまり嫌でも心の声が聞こえるというわけで・・・。
描写もありましたけどこんなギアス
能力強くなればんるほど狂ってあたりまえじゃあ(苦笑)
ルルの場合力が強くなればどうなるんだろう・・・制限や射程距離強化?
相手の特性を考慮しつつ勝利への駒を進める。
何この王道バトルモノ(マテ
なんだかちょっとジョジョチックだと思ってしまいましたよ・・・。

ギアスや契約に関して口論になるルルとC.C.。
そりゃー、そんな諸刃の剣な説明はなかったけど
ルルの場合契約しないと死んでただろうししょうがないっちゃしょうがない気も。
そんなことまで頭に回らないぐらいルルが怒っていたのは
C.C.に裏切られたという想いが強いからでしょうか。
現にC.C.がマオの元に行こうとした時にはギアスを使ってでも止めようとしたし。
しっかし「行くな!俺の所に居ろ!」ってヘタすりゃ告白だよな(笑)
もっと言いようがあったんじゃあ・・・真面目なシーンなのに吹き出しそうになった。
C.C.自身が前にギアスは効かないと言ってましたがそれが実証されましたね。

C.C.が出て行ったのは誰がどう見てもマオと決着をつけるためなんですが・・・
その様子を出さず、ルルを巻き込まないようにしようとするC.C.も健気だな。
いや寧ろ助けに来ることも計算済みか?
冷静になったルルはやっとその考えに行き着いて妥当マオの準備を進める。
マオはC.C.を前にどうするかと思いきや・・・
最終的にはチェーンソー取り出しましたよ(;´Д`)
飛行機に持ち込めないから細かくするって思考が完全に行き過ぎたストーカーだな(苦笑)
その前に散々銃を撃ち込んで行動できなくするのも趣味悪いけど。
間一髪でルル登場。マオの思考を読み切った手でマオを掌握。
C.C.のことになると熱くなって単純思考なのが命取りでした・・・。
警察という駒を使ったりとやり方が如何にもルルらしくて素敵だ。

本格的な登場からわずか2話で退場したマオカワイソス・・・。
普段はC.C.の声を録音したものを聴いてないと精神を保てず。
やっとC.C.に会えたと思ったらこの仕打ち。
うーん、ギアスの悪役は何故こんな不憫なのばっかりなんだろう(笑)

メインはマオとの決着でしたが他に細かいことがいくつか。

・ロイドが伯爵
・ミレイはルルが王子だということを正式に知っている
・藤堂がブリタニアに狙われている
・シャーリーへのフォロー=喧嘩中で他人のフリ

特に最後

こ れ は ひ ど い

もっとまともなフォローの仕方あったのでは・・・。
身近に残るとなると記憶蘇りにも期待は出来ますが・・・。
いつまで言い訳出来るのやら。

次回予告。
今回ルルに盗撮(一部語弊)されてたナナリーのピンチ?
ルルの一番の急所とも言えるナナリーが狙われたということは・・・。
二人の正体がばれなければいいんですが。
次回予告でC.C.はまたもコスプレしてるし・・・。
なぁ、ルルもいい加減衣装について突っ込んだ方がいいんじゃないか?(笑)

○Amazon


コードギアス 反逆のルルーシュ 第14話

★コードギアス 反逆のルルーシュ 第14話 「ギアス対ギアス」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前回でEDも一緒に変わってたんですが
OPが悪い意味で印象強すぎて感想でまったく触れてなかったですね。
今回はEDへの入り方も最高だったしEDの良さがかなり引き立ちました。
ALIのEDも良かったけどこれはこれでいかにもEDって感じで聞きやすい曲です。

毎回濃い濃い言ってるけど今回も(ry
OPのヴィレッタの髪はどういう意味だったかと思えばそういうことか・・・(苦笑)
あの場でルルとシャーリーが対面してバレではないと思ってはいたけど。
ヴィレッタが予想以上に野心家。オレンジの部下だった頃の印象と違いすぎるな。
扇に救出されたけどこの先ヴィレッタはどう転んでいくんだろうなぁ・・・。
扇にゼロの正体をばらして騎士団の内部から破壊?
でも藤堂が騎士団に入るのは確定だししばらく騎士団は安定っぽいんだけどな。

というわけでやっとこさ今回のメイン。
ルルとは違うギアス使い、マオが正式に登場。
最近ちらちら登場してた白髪ゴーグルのあの怪しい男。
CV誰かと思いきや草尾毅さんで吹いた。なんか久しぶりに声聞くなー(笑)
この男が使うギアスは詳しいルールは不明のままだったけど思考を読むギアス。
現にチェスをしたのが初めてなのにルルの考えを読んでルルを打ち負かす。
シャーリーの前に現れて徹底的に追い込んだりと性格は良くなさそうとは思ったが
まさかゴーグルと一体のヘッドフォンから常にC.C.ボイス垂れ流しの
C.C.おっかけだとは思わなかったよ、キャラがキツすぎ。いろんな意味で(笑)
C.C.があの場で発砲して1話でマオ\(^o^)/オワタ
を期待したけどそうは問屋は降ろさなかった!(マテ
C.C.はC.C.でやけにファッションに気合い入ってるし!

肝心のシャーリーとの決着をどうつけるのかと思えば・・・
ある意味もっとも残酷で悲しい結末に(;´Д⊂
大切な友人を亡くした、というルルの台詞とシャーリーの明るさがミスマッチで
ルルの心の痛みが非常に良く伝わってきました・・・もらい泣きしたよ・・・。
でもこれ後始末(他の人間関係)どうするんでしょうね?
いくらなんでもよそよそしすぎだし生徒会は?
それともその辺の記憶ひっくるめて全部消して
シャーリー自体を物語にまったく関わらないように追いやってしまうのか。
どちらにせよこれでヒロインから降格・・・哀れ。
いきなりルルと急接近はやっぱり降格フラグだったか・・・(笑)

次回はマオとの再戦だけどルルに勝機はあるんでしょうかね。
扇とヴィレッタの動きも気になるところ。
今回ちょっとだけ話題に出たユーフェミアの騎士。
どう考えてもスザク@ランスロットが就くんだろうなー。
ナナリーは自分が皇族ってことを知らないからユーフェミアに会ってみたいっていうけど
スザクは内心ひやひたものだったことだろう。
騎士に就いたら身近な人物になり、ひょんなことからナナリーの身分がばれそうな悪寒。
そういった経緯でナナリーに危険が迫った時にルルが取る行動とかも楽しみだなー。

○Amazon


コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話

★コードギアス 反逆のルルーシュ 第13話 「シャーリーと銃口」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

OP遂に変わったー!噂の解読不能、ジンにチェンジ。
俺はBLOOD+のOPを見てないのでどれだけ聞き取れないのか知らなかったけど
なんだ思ったより1/3ぐらいは聞き取れて安心(マテ
まぁ・・・日本語の歌詞が殆ど聞き取れないのは問題有りだと思いますが(;´Д`)
歌詞はおいといて映像の方に注目。
なんというか・・・ストレートに言うと。すごく・・・SEEDです・・・。
スクライドでもリヴァイアスでもあるんだろうけどさ(笑)
調和取れてないのはこの際シカト。まぁ曲が耳に入ってこな(ry
いろいろと意味深なカットが多かったけど注目はやはりエールランスロット?(笑)
あの無敵さで空まで飛んじゃったらどれだけフリーダムになるんだろうね・・・。
他気になるのはオレンジが本編でもマジで死亡扱いなのとOPでついに姿が(;´Д⊂
ヴィレッタが髪ほどいたのも気になるなぁ・・・。
以下本編感想。

シャーリーの父親が死ぬことに対して感情移入出来ないのは
シャーリーと父親の描写が皆無だから当たり前だなぁ。心中察しますが。
スザクの空気の読め無さっぷりはここでも露呈。
そんな自分の考えをここで語ってもしょうがないだろうに(苦笑)
ミレイさんはナイスアシスト!
まぁ、ミレイのアシストも甲斐無くシャーリーはルルに後ろめたさを感じ立ち去っちゃうけど。
スザクの語りを聞いてる時、シャーリーの話を聞いてる時、自室でC.C.に罵られる時。
ルルは本当に苦しそうで・・・。
何度も露呈してた自分の甘さをやっと突きつけられましたな。
極めつけにC.C.のルルへの発言「童貞ボーヤ」
これはさすがに聞き捨てならなかったのかC.C.を押し倒し・・・止まりでしたが(笑)

それでも前に進むしかないことを悟ったルルは決意を固めたかな?
今回の情報提供はまたもやディートハルト。
未だ藤堂との接点が見えないのがもどかしいなぁ・・・。
黒の騎士団のことは好意的みたいだけど味方というわけでは無さそうだな。
予告で話題になったスキップで走り去るひょうきんな姿は納得。
カレンとの会話はマスクを外していてちょうど顔が見えない状態だったけど
これ絶対声で気付くんじゃあ・・・(笑)
やっぱ変声機も何もついてなく、高貴な喋りだけで欺いてるっぽいな。
カレンのゼロへの心酔っぷりは・・・カレンは犬っ娘すぎるね。

こうして戦闘見るとランスロットが居る限り
コーネリア・スザクVSカレンという構図に絶対なるし
味方戦力がもう少し充実しないとこの先厳しいのでは?
今回だって正体バレがシャーリーだけだったのが奇跡的だし。
次回予告がシャーリー怖すぎる・・・覚悟だけはしといた方が良さそうだな・・・。
そのインパクトでサブタイであるギアスVSギアスがかなり薄れてるような・・・。
もう1人のギアス能力者は雑誌バレ等でもあったあの人だろうけど。

○Amazon


Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。