説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

マクロス FRONTIER 第12話

★マクロス FRONTIER 第12話 「ファステスト・デリバリー」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

シェリルさんいくらなんでもダウンするの早いっすよ。
この一連のクーデターを仕掛けたのはグレイスだろうし
体調悪くなるように何かしたりしてもおかしくないな。
体調が悪くてもシェリルが行く!
っていう性格を見越して行動だったんだろうね。

グレイスの目的はクーデターの中心者であるテムジンが
何かを発掘するのを利用すること・・・?
グレイスは本来の計画だとどうしてたんだろうね。
シェリルとアルトはここで切り捨てる気だったのか?
ランカとミシェルが超技術で文字通りすっ飛んできたのは
さすがに想定外過ぎたんだろうなー。
アルトが行動起こしたことも想定外だろうけど
こっちは計画に支障のない範囲だったろう。

それにしてもまさかファーストライブが直前に迫ったランカが
助っ人として駆けつけて戦況を覆すとは思わなかったよ。
確かにミシェル1人飛んでどうこうなるのか?と思ったけど。
今回はランカのライブまでやってくれると思ってたから
ランカがアルトの前に登場するのは完全に予想外でした。
そしてまさかのサウンドブースター。
これはヤックデカルチャー!と言わざるを得ない。

ゼントラーディがアイドルオタ多すぎるのは
なんだかそれも血の宿命の気がしてきたよ(笑)
参謀はランカのことを自慢げに語ってるし大丈夫かよこの軍隊。
いつのまにか「超時空シンデレラ」なんてあだ名が付いてるし。
しかしさすがにこれはシェリルカワイソスな展開すぎる・・・。
いくら体調不良だからとはいえ
シェリルの出番を思いっきりかっさらった挙げ句に
強烈な印象を植え付け、アルトとの距離も一気に縮めたもんなぁ。
グレイスは計画ぶち壊されたことで
なんだか裏の人格出そうになってませんか?

相変わらず挿入歌の使い方が巧すぎて・・・
デビュー曲の「星間飛行」から「アイモ」の流れは見事でした。
このまま良い終わりだなぁ・・・と思ってたら最後にサプライズ。
SDF-1との同型艦・・・だと・・・。
墜落したのは別の原因なようですが。
やっぱりマクロスゼロ理解してないとこの辺はもどかしいな。
しかもその流れからのEDが「愛・おぼえていますか」だとはね。
もう何度鳥肌を立たせてくれたら気が済むんだこのアニメは。

次回は予定されてたサブタイと変わってるな・・・。
「星の運命を見る」といってるから早速秘密は明かされる?

マクロス FRONTIER 第11話

★マクロス FRONTIER 第11話 「ミッシング・バースデー」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

誕生日にトリプルブッキングとか
アルト君モテモテすぎる件について。
父親の元に行くのは端から本人の選択肢にはなかったんだろうな。
兄弟子に今でも役を演じていると指摘されたけど
実際アルトがどう考えているかわからないんだよねえ。
「逃げてない」という言葉も信用ならんし。
それだけでなくシェリルとランカのどちらに
より好意を抱いているのかとか
何気にアルト自身のことは語られてないんだな。

結局、ランカの元には現れず
シェリルと共に行くという選択をしたアルトだけど
これは「役者」ではなく「パイロット」を選んだ
意思表示でもあるのかな?
吹っ切ったのかどうか微妙なところだ・・・。
ランカの約束は留守電の一方的なものだったし
ブッキングで行けなくなったのはしょうがないと思うけど
ランカにとっては自分ではなくシェリルを選んだ
という事実は変わらないよなー。

前回でアルトへの想いを自覚したと思っていたけど
ランカの性格のせいかやはり遠慮がちに見える。
ナナセからもシェリルについては助言もらったり
シェリル本人と会話したりと気持ちに整理を付け
ランカなりに踏み出した一歩が約束だったのかもしれんね。
今後のランカの精神面が不安になってくるなぁ。

レオンの通信相手は怪しい怪しいとは思ってたけど
やっぱりグレイスだったかー!
あれだけのスキル何か理由がない方が変だよね。
となると今のポジションに居るのも訳ありか?
怪しいのはブレラ、シェリル、ランカの関連性あたりだよなぁ。
こう何気ない話でも徐々に伏線出てくるのが楽しみでなりませんね。

次回はランカのライブとシェリルの公演。
あらすじ見るとシェリルの方は・・・。
EDにまたランカの新曲とファーストライブ前に出し惜しみ無しとな。
6/25にランカ名義でデビューシングルとしてCDが出るし
2クール目は2人の楽曲がOPEDになることは確定だし
音楽面でもまったく飽きさせないのは凄いですねえ。
どうやら2クール目は

マクロス FRONTIER 第10話

★マクロス FRONTIER 第10話 「レジェンド・オブ・ゼロ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

なるほど「マクロスゼロ」を劇中劇にしてるのね。
ゼロ未見の自分にはゼロのキャラ名がいきなり出たりと
小ネタを楽しめなくてちょっと残念だったなぁ。
このタイミングでBDのCMやったりと
販促も巧いことやってんなーと思いましたよ。

今回は徐々に動きつつあった三角関係が
「キス」で一気に動き始めましたね。
シェリルとアルトが一緒に居るところを
多々目撃しているランカのモヤモヤ。
シェリルがアルトにキスをしたことによって
逆に自分の気持ちが固まったのかな?
シェリルは毎度相変わらずトラブルメーカーすぎる。
ランカを触発するためにキスをしたのか
単にアルトが”キスなんてなんでもない”と言っていたのと
ランカより先に〜という攻めの一手でキスしたのか。

でも予想外にキスされても赤面しなかったな。
寧ろシェリルに対していきなりキスするなよ!
的感情の方が先に来たようだ(笑)
ランカとも芝居の中とはいえ初キス。
1話にしてヒロイン2人とキスするとは・・・。
恋愛話はこれからですかね。

レオンはてっきりブレラと面識あるのかと思いきや
VF-27知らない時点でその線は消えたかぁ。
レオンが何か取引していた相手は?
取引したものはシェリルのイヤリングに似ていたけど。
アルトはここでやっとブレラと面識は出来たけど
VF-27のパイロットと知るのはいつになることやら。
予想通り人間ではありませんでしたけど
行動原理は過去を取り戻すため・・・?

オズマのマオ・ノームをランカが演じることについて
思うところがあったみたいだけど
ノームと言えばシェリルのファミリーネーム。
てっきりシェリルと何かしらの関係があるのかと思ってたけど
ランカの方が関係あり?それともランカとシェリルも関係あり?

相変わらずアイモの使い方といい
映画風のエンドロールという演出は素晴らしかった。

話が面白い方向に転がってきたのに来週休みかー!

マクロス FRONTIER 第09話

★マクロス FRONTIER 第09話 「フレンドリー・ファイア」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ミシェルがスナイパーという立場な理由やら
姉の存在、クランとの幼馴染みの関係など
1話まるまるミシェルの当番回のようでした。
クランがミシェルを思いっきりからかっていたのは
昔はミシェルがお姉ちゃん子だったからなのね。

幼馴染みの時点でフラグがビンビンなのに
クランをからかった時の反応からクランはガチっぽいな(笑)
ミシェルが果たしてどう思ってるのやら・・・。
巨人状態でヴァルキリーにビンタしたのは思わず吹いた。
この2人はなんとなくどちらか危機的な状況にでもならないと
想いを伝えられることはない気がするなぁ・・・。
容易に、庇ってあぼーんという展開が想像できるので
がんばって生き延びて欲しい所。

そういやなんだかんだでアルトのお家事情とかも
深くは取り上げてないんだよね。
「逃げてるわけじゃない」と自分に言い聞かせてるように
見えたし本当の成長はこの問題が解決した時かな。

シェリルのマネージャーであるグレイス。
マネージャーとは思えないほどのスキルの持ち主ですが
今回は大統領やレオンが居る会議をのぞき見。
何かしらの目的を持って動いてることは間違いなさそうだ。

そしてVF-27のパイロットであるブラン。
あの出撃した場所はギャラクシー・・・?
司令内容はバジュラの情報がS.M.Sに渡らないように
隠蔽するための工作のように見えたけど。
ブランとランカは互いに意識しているようだし
そのランカに対してレオンはやはり裏で妨害している模様。
人間関係が面白くなってきましたね。

次回はランカにやっと仕事が!
あらすじ見るとアルトの掘り下げも多少ありそうだな。

マクロス FRONTIER 第08話

★マクロス FRONTIER 第08話 「ハイスクール・クイーン」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

一呼吸置いて久しぶりの日常編を満喫。
アバンからいきなりニンジンとかシュールすぎたけど。
デビューしたてってこんなもんだよねぇ・・・。
そんなランカはデビューをしたので前の学校に居られなくなり
アルトと同じ学校に転入してきてアルトの受難が始まると思ったら
シェリルまでも企画と称して学校に乱入してきて
これなんてアルトイジメ?状態になってたのは笑った(笑)
アルトの学校って地味に有名校だったのね・・・。

そういえばシェリルから預かったイヤリングは
前回の脱出の時に失っていたのかー・・・。
興奮していたせいでイヤリングのことまで気にしてなかったよ。
そのことからアルトをドレイ扱いするシェリル。
とことん女難なアルト姫、アルトも人気あるんだな。

シェリル登場でただで済むわけがないと思ってたら
謎の生物がシェリルの下着を持って逃走し
それを生徒とシェリルが追いかける騒動に。
シェリルさんはノーパンで動き過ぎと思います。
どう考えても際どいカットが何個かあって
見えてるだろ!っていうシーンがあったぞ(笑)
最後に良い所を持って行くのはやっぱりアルトで
どんどんフラグ立ってますねえ・・・。

一方ランカはシェリルの特番のおかげで
出演番組が潰れたりとより複雑な心境だろうなぁ。
あの生物がランカを追っていたのはわかったから
前回のVF-27のパイロットが正体かと予想していたら
パイロット自体は別にランカの目の前に現れましたね。
どうやらレオンは彼のことを知っているみたいですが。
というかレオンが彼と繋がっているんだろうか?

予告を見た時はシェリルも転入してくるのか!?
と思ったけどさすがに有名人がそれはないだろー
と考えていたら最後の最後でやっぱり転入かよ!
つーか実は学生な年齢なんですね・・・。
正直ハタチ超えてると思ってましたよ。
それとも年齢関係無い学校なんだろうか。

次回はミシェルの当番回か。
クラン・クランがミシェルを馬鹿にしていたけど
その理由とかは判明するかな?

マクロス FRONTIER 第07話

★マクロス FRONTIER 第07話 「ファースト・アタック」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

先に視聴した人からのコメントが絶賛だったので
非常に楽しみでしたが期待以上でした。
今回はもう”音楽”と”戦闘”の融合に尽きるね。
挿入歌というのは作品の盛り上がる場所で
効果的に挿入されると何倍も感動が増しますが
今回はまさにその完成系と言ってもいいぐらい。
少なくともロボット系でここまで多種の歌と戦闘の
素晴らしい調和が見られた作品は無かったと思う。

開始初っぱなから6話の引きの部分を見せられ先制パンチ。
今更ですが毎度のアバンのナレーションが
世界観の解説を巧く促進してわかりやすいのはありがたいね。
ランカはてっきりアルトが戦場に居るのを知ってると
思ってたけど実は知らなかったのね・・・。

それにしても”もってっけー”は戦闘シーンにマッチしすぎる。
戦闘シーンのクオリティは改めて言うまでもなく。
スピード感と実戦という臨場感が伝わってくる。
特に2番のサビとオズマの全段発射のマッチで震えた。
早くもバジェラの戦艦と思われるものが登場。
ルカが捕らわれるのも初代っぽい展開ですねぇ。

一方シェリルのコンサートはラスト一曲。
感慨深さから思わず涙を流すシェリルにもらい泣きしそうに。
前半部分が「動」ならこの部分は完全に「静」。
ランカの「シェリルさん!」という声がシェリルに届き
彼女は今戦場に居る人たちのために最後の曲を歌いたいという。
ランカとシェリルの感応から戦闘シーンへの流れが素晴らしい。

極めつけはアルトの戦艦内部への強行突入によるルカ救出と
マクロス25のトランスフォーメーション。
マクロスという名前なのにこのサイズなのは
マクロスキャノンとトランスフォームを搭載してるからということかな?
シェリルの歌の盛り上がりと共にアルトがルカを救出。
脱出を確認しマクロスキャノン発射と最後まで魅せてくれますね。
発射の時の演出がアクエリオンの必殺技過ぎて笑ったけど(笑)

ルカの救出劇に手を貸した謎の機体。
単体でフォールド可能っぽい?
明らかに歌に反応してたりハーモニカ吹いてたり。
シェリルというよりランカに反応した・・・?
ランカの歌に反応といえばバジェラなんだけども。
突出した機動性を持つ機体といい謎が残りますが
今回もEDへの入り方が良すぎてすぐに意識がそっちに。

次回は久しぶりに日常メインの話かな?
ランカが転校してくるようだけど・・・
シェリルもなんだか絡んできそうな雰囲気。

もう今回に関しては「神回!」「素晴らしい」「最高」など
単純な絶賛の言葉しか出てこないですねー。
基本的にあまり人の感想は見ないんですが
多分誰も彼も感じたものは似ているんじゃないでしょうか。
1話単位で評価するならギアス抑えて今のところ
今期アニメNo.1の回かもしれないなぁ・・・。
そう言っても過言ではない回でした。

マクロス FRONTIER 第06話

★マクロス FRONTIER 第06話 「バイバイ・シェリル」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

前回怪しい人物がランカに興味を惹かれていましたが
なんとランカに対するスカウトの人!
オズマも渋々OKを出しひとまずはレールに乗った所かな。
アルト達にも伝えられランカファンクラブを結成。
ランカは本当はアルトに最初に伝えたかったらしいが
シェリルとのデートを目撃したことで言えなかったようで。
そのことについて軽く探りを入れると
アルトの答えは「モールには1人で居た」。
この発言がランカの心境に与えた影響は大きそうです。

ギャラクシーがピンチな映像はフォールド断層の影響で
5日前の映像とのことでかなり絶望的な状況。
フロンティアの大統領はそのことを船内に緊急発表。
同志であるギャラクシーを助ける意向で
アルト達S.M.Sも契約により一時的にほぼ統合軍扱いに。

ギャラクシーと言えばシェリルの故郷で
インタビューでもシェリルらしい言動が目立ったけど
イヤリングを届けに来たアルトに対してはしおらしい態度。
お守りのイヤリングをアルトに持っていて貰うとか
シェリルがヒロインヒロインしすぎてて可愛いじゃないか(笑)
でもこうしてみるとアルトに惚れる要素は十分かもねえ。

統合軍の船はマクロス25(-クォーター)。
艦長がいきなり良い味出してるな。
キャシーもこっちに配属になった模様だけど
内部から情報集めるとか裏を感じずには居られない。
S.M.Sもマクロス25配置でやっとマクロスらしくなってきたかな。

それにしても毎度、挿入歌の使い方の巧さに感嘆しますねぇ・・・。
今回はシェリルのサヨナラコンサートに合わせて
マクロス25稼動、S.M.Sの出撃、バジュラとの本格的な戦闘開始。
更にはEDへの入り方が絶妙すぎて痺れましたよ。

今回で主人公とヒロイン達は別々の舞台で活躍することに。
彼らが再び出会うのはどこなんでしょうか。
当面はランカのデビューまでとアルトの実戦メインかな?
シェリルが今後どうなっていくかはちょっと想像がつかないな。

マクロス FRONTIER 第05話

★マクロス FRONTIER 第05話 「スター・デイト」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

イヤリングを探すためだけの付き合いだと思ったのに
しっかりと着実にフラグを立ててるアルトでした。
シェリルもシェリルで思わせぶりな行動が多いんだけど
どこまでの好意なのかは微妙な所ですね。
アルトはシェリルをシェリルとして見てないからアレだろうけど
こんな有名人にそういう態度されたら舞い上がるよなぁ。
最後のほっぺちゅーは挨拶だとしても
オフをアルトと過ごしたという事実の方が重要ですね。

一方ランカはオズマと喧嘩をしてぷち家出。
探す気の無かったミシェルが偶然ランカを見つけて
放置することも出来ずにランカに付き添うことに。
ミシェルはランカに厳しいことを言ったけど
オズマのようにただ否定するだけの言葉では無く、
意外と良いところもあるもんだ。

メッセージをスルーして(厳密には掛け返したけど)
シェリルとデートするアルトの姿を見て
少なからずランカの心は揺れただろうな。
ミシェルはランカを見直しはしたみたいだけど
さすがにまだ良き理解者というレベルにも達してない感じ。

バジュラの正体が生物兵器である可能性が高いことやら
ヴァルキリーと同じようにエネルギー転換装甲を持ち
単体でフォールド可能など色々明らかに。
ランカの唄に反応するのはもう決定的で
ある程度距離離れていても影響を及ぼす模様。
その影響は活動停止状態から活動を開始するほど。
未知なる存在がバジュラを送り込んでるとすれば
否応無しに再び宇宙戦争に巻き込まれることになりそう。

その魔の手は既にマクロス・ギャラクシーにも・・・?

マクロス FRONTIER 第04話

★マクロス FRONTIER 第04話 「ミス・マクロス」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

まさかここで「私の彼はパイロット」が聞けるとは!
初代マクロスを彷彿させるような演出が節々にあって
本編を見てない自分でもニヤリとするような場面も。
私の彼はパイロットに乗せての模擬戦は特に秀逸。
模擬戦の相手はゼントラーのクァドランで
女エースパイロットとかもね。
まさかマイクローン化したら
ロリ娘になるとは思わなかったけど(笑)
インパクトだけだとヒロイン2人を引き離したぞ。
マックスとミリアのようにミハエルとくっつきそうなキャラで。

ミス・マクロスについては初代と違い
ランカが優勝することは無かったけどこれはこれで。
模擬戦で途中で抜け出したアルトのフォローもあって良かった。
周りのお節介のおかげもあり二人の距離は縮まりつつ?
そんな中、1人登校中に現れるシェリル。
予告を見た感じでデートみたいには見えたけど
あのシェリルがストレートに好意を寄せてくるわけはないだろう。
あくまでもイヤリング捜索だろうがこれもフラグ立ての一環ですね。

最後になったけど戦闘シーンは模擬戦だけでも迫力があったけど
実際にアルトのVF-25Fがボロボロになったり
可変機&バルキリーならではの高速戦闘は見応えあるね。
そういえばバジュラは今回もランカに惹かれて現れたのかな?
レオンはランカについて何かを知ってそうだけど・・・。
アルトの父親がミス・マクロスの審査員をしていたのは
単に由緒正しき歌舞伎役者という理由だけなんですかねえ。

マクロス FRONTIER 第03話

★マクロス FRONTIER 第03話 「オン・ユア・マークス」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ランカの歌に引き寄せられるようにバジュラ襲来。
間一髪で非常用の待避壕に逃げ込むがそこに閉じこめられる。
密室&循環系の故障により中は軽いサウナ状態。
女性二人に囲まれあまつさえ目の前でシェリルの生乳を拝めるとは。
なんというラッキースケベなんだけど生死かかってるよ!

こんな状況でも自分で運命を切り開こうとするシェリル。
自分の地位はそうすることと努力で勝ち取ってきた。
彼女の強さが垣間見られた瞬間であり、
高飛車なだけのキャラじゃないというフォローにもなってるね。
少なくとも俺の印象はがらりと変わりました。
スタッフ泣かせな事実は変わらないけど。

オズマは早速ランカにパイロットバレしてて笑った。
ランカは身内の死やケガに敏感すぎる精神的な病らしい。
原因は間違いなく自分以外の家族が殺された時だろうけど、
その記憶も無くしているのね。
これはトラウマを乗り越えないとダメなフラグ・・・。
ランカが秘密にしておかないと言っていたのは
単純にこの病のことだけじゃあ無さそうだなぁ。
この言葉が出てきた時は錯乱状態だったし無意識の発言かも。
過去の事件にバジュラがランカを狙う秘密がありそうですね。

シェリルに感化されアルトに後押しされ
ランカは自分の進むべき道を見いだしていくのね。
アルトも言葉では言ってないけどシェリルの言葉に
何か感じるものがあってバルキリーに乗る決意を固めたんだろうな。
全員、未だに恋愛とはほど遠いような状況ではあるけど
3人の絆は繋がっていていつか再開の時が来るんだろう。
ストレートに見ればランカが正ヒロインだろうからなぁ。
シェリルがどうなっていくのかは楽しみでもある。

次回は「ミス・マクロス」
ミス・マクロスと言えば初代のリン・ミンメイですね。
ランカも同じような道を辿っていくのかな?

マクロス FRONTIER 第02話

★マクロス FRONTIER 第02話 「ハード・チェイス」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ランカが誰かに似てると思ってたんだけど
ソルティに似てるということに気付いた。
ビジュアル的にと新人起用って所ぐらいだけど。
でも今回のアクロバティック飛行するバルキリーの
掌に生身で居て宇宙に投げ出され掛けたにも関わらず
ピンピンしてたのはもっとソルティぽかったな(笑)
ゼントラーとのクォーターなおかげみたいですが。
それはそうとピンピンしてるとはいえ
ランカをあんな所に放置するなよ・・・。

ミハエルとルカも実はバルキリー乗りだったのね。
軍ではなく民間組織の”S.M.S”所属みたいですが。
スカル小隊という懐かしい単語も出てきましたねえ。
顔見知りな以上アルトがバルキリーに乗っていくのも納得。
今回はあっさり断られましたがどうなるか・・・。
ランカとの関係を持ち出すと絶対ダメだ!って良いそうだけども。
オズマの年齢はわかりませんが
若い頃(14年前)流行ったであろう突撃ラブハートが
車のBGMなのはファンはニヤリな演出ですね。

件の三角関係ですが早くも動きがありそうな・・・。
シェリルがアルトを探していたのは好意ではないと思うけど。
1話のアレでフラグ立っていても・・・なんというか困る。
3人が相対したところにバジュラ再び襲来。
いくらなんでもこのタイミング表れるのは出来すぎに感じるなぁ。
何か狙われる要素とかあれば別なんだけども。

マクロス FRONTIER 第01話

★(新)マクロス FRONTIER 第01話 「クロース・エンカウンター」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

マクロスを映像でみるのは劇場版を除いては初めて。
「7」も見てなかったんだよなぁ・・・。
どうやら世界観は共通してるようで「7」から14年後。
というか「7」が1994年だからリアルにも14年後なのね。

マクロスシリーズの伝統に基づき今回も河森正治氏が参加。
河森作品に縁深い菅野よう子も参加してるし
マクロスというよりアクエリオンにかなり近くなってる。
バルキリーの変形といいデザインや音楽などが
”らしさ”を物語ってるんだよな。

マクロスシリーズに置ける三大要素である
「歌」「可変戦闘機」「三角関係」は今作品でも触れられるのかな?
前者2つは問題無いとして後者は
アルト、ランカ、シェリルによる三角関係になるんでしょうかね。
ランカ役の中島愛さんはオーディションで
5000人の中から選ばれた今作デビューの新人。
さすがというか聞いていても作品に合っていて
新人っぽさはあまり感じないですね。

それにしても今期の中村悠一さんの活躍っぷりは異常。
自分はクラナド@朋也や00@ハムで名前を覚えたクチだけど、
しゅごキャラのイクトやキスダム七生、StSヴァイスとかもかぁ。
今期は絶チル等主役級が3本で他2本継続1本。
今年延びてくる男性声優はこの人でしょうかねえ・・・。
去年は柿原徹也さんや小野Dが延びた印象がある自分です。

本編について全然語ってませんが新アニメの1話の感想は
どれもこんな感じだしあまり気にしないでおこう。
ロボアニメとしては王道のピンチ→新型に乗り込むという1話。
これで潜在能力だったり別の機体が助けに来たりとかが
良くある王道パターンでマクロスFはどちらになるやら。
というか1体ごときに居住区に侵入されるのは
問題ありすぎだと思うんだ・・・以降戦闘が成り立つのか?

1話は無難な作りだしロボアニメとしてギアス共々
期待して視聴していこう。
アクエリオンみたいにならなければいいけども、色んな意味で。

Template Designed by DW99