説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロス FRONTIER 第25話

★マクロス FRONTIER 第25話 「アナタノオト」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

S.M.Sの到着早っ!
フォールドってそんなに早く来られるもんだっけ・・・。
細かい突っ込みはヤボってもんですか。
アルト生存もあっさり確認。着てて良かったEX-ギア。
更にあの宇宙に浮かぶランカが偽物であり
バトルギャラクシーによる投影だったことを暴露しました。
てっきりはアレはイメージ映像みたいな演出だと思ってたら
本当に投影していたのね・・・。

S.M.Sの早い到着のおかげで急展開。
レオンは死ねば良かったと思うけど
シェリルが乗ってる以上レオンだけ殺すのは難しかったんだろう。
ミシェルのVF-25にクランが乗ってて泣いた。
ルカもほっぺのマークが戻って白いルカに戻りました。
ルカのゴーストのリミッター解除して
ギャラクシーのゴーストに対応したりと見せ場もちゃんとあり。
オズマは「突撃ラブハート!」のイメージぐらいしか無く
地味な役回りだったなぁ・・・。

アルト達が優勢だったものの
グレイスがクィーンと融合したことにより名実共にラスボス化。
銀河を支配したという言葉通りネットワークを利用し
強力なフォールド波を発してバジュラを手中に。
遠く離れた地球やマクロス11を襲わせた理由は謎だけど。
そのフォールド波を受け破れそうになったシェリル。
髪の色変わった時は焦ったけど後々考えるとこれも演出かな。
演出とはいえ精神世界でランカがシェリルにビンタは笑ってしまったけど(笑)
シェリルもV型感染症が腸に定着したっぽい?
これで実質死亡フラグ回避ということですかね。

そして遂に待ちに待ったライオンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ライオンだけで飽きたらずなんという超銀河メドレー。
ライオンが流れた瞬間熱くて泣きましたよ・・・。
ライオンが流れてくれればそれで嬉しかったのに
まさかここまでメドレーやってくれるとは思わなかった。
テンポ良すぎて気づいたらランカが救出されてて
アルトが再出撃してたぜ!バトロイドの敬礼はファン待望ですね。

挿入歌メドレーでノリ良かったものの未だグレイスは健在。
どうそれに立ち向かうのかと思ったらマクロスアタックktkr
更にアルトとブレラの夢のタッグ誕生。
言葉も要らず背中を預け合う二人は本当に格好良かった。
グレイスへのトドメがクランに託された
ミシェルのVF-25のスナイパーライフルというのも憎い演出でした。
グレイスは最後笑っていたようで意味深だな。
良い見方をすれば最後に改心。
悪い見方をすればGはまだまだ滅んでないという可能性も。

アイモがバジュラ達の恋の歌だったり
ビルラーの会いたかった人物がミンメイだったりと
なんだかんだで伏線は殆ど回収されて良かった良かった。
三角関係という構図がどう清算されるのかは期待したけど
こういう愛憎とかが無いすっきりした終わりも良かったんじゃないかな。
アルトは両手の花というより、本当に空が好きなだけじゃないの?
って思うようなラストシーンだったけどさ(笑)

それだけに劇場版が続きだったら、微妙に蛇足だったような。
グレンラガンや初代のようにTVAまとめだったら良いんですけどね。
まー、詳細発表待ちですかねぇ・・・。
とにかくギアス共々MBS作品この半年楽しませてもらいました。
これで秋アニメはロボ分が少なくても戦える・・・。
スポンサーサイト

マクロス FRONTIER 第24話

★マクロス FRONTIER 第24話 「ラスト・フロンティア」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ランカの歌が全ての始まりだったということか・・・。
バジュラとの接触もそれぐらいからのことということで
G達が今のようになってしまったのも11年前の事件の後からなんだろう。
G達はよっぽどバジュラが恨めしいようだけど
今となってはそれとランカに守られてるのは因果だな。
ランカは完全に洗脳モードなんだろうけど
ブレラは命令だけで動いてると思えないぐらい感情的に見えました。
とりあえず、ラストバトルらしいバトルはVSブレラなんだろうな、と。

S.M.Sはてっきりバジュラの母星に行ったと思ってたら
まずは笙子集めということでガリア4へ。
正直、そんなことをしてる余裕があるのかは疑問だけども。
新統合政府への報告も間に合わないんだろうしねぇ。
おかげで伏線が一気に回収されたし
物語の中で必要なシーンだったんだろうけどさ。
シェリルもここにきてマオの孫娘であることが確定。
ゼロで追加されたイヤリングはやっぱりそういう意味だったのね。

出撃前にアルトとシェリルは何かあると思ったけど
なんともシェリルらしい振る舞いというか・・・。
こういうのはやっぱりアルトがけじめをつけるべきだと思うよ。
シェリルからすれば自分から切り出したかったんだろうけど。
あっさりとランカを救えと言われてるし
最後までフラフラした主人公だったよ・・・。
ルカもルカで寝ているナナセに問答無用でキスとかしてるしさ。
これはルカの想いや戦闘前の感傷としてわからなくもないけど
ルカの元々落ちていた評価を更に落とすことになったような。

戦闘シーンに関してはここまで来てあまり言うことはないけど
ここで射手座を聞けたのはシェリルらしさを感じて良かった。
そして相変わらずシェリルの歌は戦闘に合う。
歌う前の演出と言い小気味よいテンポでした。
対するランカはここでまさかの「愛・おぼえていますか」で対抗。
過去に人類を救ったこの歌と戦うハメになるのも皮肉すぎる。
そして歌VS歌という発想は無かったなぁ。
頭の中にライオンがあったから、
いつデュエットしてくれるかをずっと考えてました。

で、今回の最後のシーン。
なんとなく予想はついてました。
最終的にVF-25に乗って決着つけるべきだと思うしね。
これで死亡ならそれはそれで
最終話直前で主人公が死んだ!と面白くもありますが(えー
そのS.M.Sは本当に最終決戦に間に合うか不安な所ですが・・・。

次回予告はどうやら初代のセルフパロのようで。
ギアスといい最後の予告でこれはもどかしすぎる・・・!

マクロス FRONTIER 第23話

★マクロス FRONTIER 第23話 「トゥルー・ビギン」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

@3話しか無いのに、こんなに進まないとは思わなかった!
最終決戦へ向けて〜っていうのはわかるんだけど
残した謎の割にはゆっくりしすぎなのでは?
甘えんぼシェリルとアルトの夫婦っぷりを見られたのは良かったけど。
細かい複線の回収はこなしてはいるものの
わかりづらい単語をこの場面で並べて解説するのは
あまり上手いやり方でぇあないと思いました。
柿崎ネタなんてやってる場合じゃないよ(笑)

シェリルとアルトは本当に幸せそうなカップルだったけど
アルトの愛情はランカに向いているのは確定したし
シェリルへは同情ということで見ていて非常に複雑に。
シェリルもわかっていてそれに甘んじていたみたいだけど。
最終的にシェリルに言わなかったらアルトは卑怯すぎるな。
それにしてもはしゃいで甘えるシェリルの破壊力は異常。
つーかその赤面は反則ですよシェリルさん。
そういや、血液接触を極端に拒否反応示していたけど
この反応だと、まさか前回致していないのか!?

上手くいくとは思ってなかったけど
やっぱりバジュラとは敵対するハメになりましたかランカ。
殆どグレイス達のせいと言っても過言ではないけども。
バジュラにさらわれる間際に「お兄ちゃん!」と
記憶を取り戻すのは皮肉すぎますね。
ブレラに至ってはグレイスに宣告された直後に洗脳\(^o^)/

今回はアルトの決意を固めるための回だったともいえますが
その後押しが矢三郎というのはなんだか違和感が。
それとも矢三郎の前であーいった反応をしただけで
「ランカを殺す」という結論は頭の中にあった?
これだけ悩みに悩んで初めて自分で決めたともいえる道だけど
なんだかんだでランカを助けそうな気がしてならないよ。
というかそれじゃないと作中でライオンが聞けないから困るよ!(マテ

マクロス FRONTIER 第22話

★マクロス FRONTIER 第22話 「ノーザン・クロス」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

久しぶりにシェリルのターンきたー。
V型感染症に関しては思ったよりあっさり知られましたね。
ミシェルが死に、ランカが旅立った時点で
クランはアルトに話すつもりだったんでしょうけどね。
ルカやレオンにまで伝わるとは・・・。
どうやら脳にまで浸食しており死亡はほぼ確定的。
しかし、その段階に来てシェリルの歌声が
ランカと同じようなフォールド波を出すことになるという皮肉。
それとイヤリング効果でランカの役目はシェリルに・・・。

社長はせっかくチャリティーとしてシェリルと一緒に
歌による奉仕活動を行っていたのに
また大統領に歌手を取り上げられる形になるんじゃ。
何気にシェリルにもバラード調な新曲ktkr。
今までのシェリルとは違ったかなり落ち着いた曲で
シェリル自身の成長を表しているかのような歌ですね。

鬼の居ぬ間に何とやらというわけでもないけど
ランカが消えたことで自然とシェリルルートになった印象が。
この時点でアルトが大切にしたいのはシェリルなんだろうけどさ。
シェリルの「勇気をちょうだい」はキスシーンくるー?
と思ったらどうやらもっと先に(ry
としても真面目にシェリルと向き合う、という意味でのキスが欲しかったな。

クォーターはここにきて正式な軍への統合命令。
その通告に対してまさかの離反、そして海賊化。
これはオズマ達が真の敵を大統領やバジュラではない
と考えて単独で調査を進めるための処置なんだろうな。
しかし、ルカはLAIのこともあるし当然荷担せず。
クランはミシェルの墓があるからかフロンティアを離れず
アルトもシェリルを選んで早々だったので荷担できず、といった所?

アルトVSオズマの実戦での対決は不謹慎ながら燃えた。
だからシェリルの歌は戦闘に合いすぎなんだってば。
もうノーザンクロスを空気とは呼ばせないぜ!
アルト達はVF-25が無いのでVF-171の対バジュラ用装備で応戦。
ドッグファイトがクロスする瞬間の燃えっぷりは最高潮でしたよ。

それにしてもレオンは3ヶ月しか無いという状況で妥協策はあるのか?
演説を見てるとこいつも壮絶な道化にしか見えないね。
今回でグレイスとは決定的に分かつことになったけど
グレイスの暗殺は返り討ちに・・・。
といってもグレイスはレオンに干渉することはなさそうだけど。
どうやらグレイスの目的はランカ達が
バジュラの母星にたどり着くことだったように思えるし。
その母星ですが・・・まさか地球!?
似てはいるけど惑星の数が・・・でも歳月経ってるしなぁ。
アイモは地球の歌では無いらしいから辻褄も微妙だし。

さて、こちらも@3話。どう終わらせてくれるのか・・・。

マクロス FRONTIER 第21話

★マクロス FRONTIER 第21話 「蒼のエーテル」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ミシェルはMIAかぁ・・・(;´Д⊂
アルト達は死んでいると思っているようだし
やっぱり絶望的ですかねえ。
クランは思ったよりも冷静だったな。
ただ、彼女を慰めてくれる存在が居ないというのは
やはりどこか危なげに見えてならないね。
ミシェル機のスーパーパックを使ってゼントラー化で
戦う場面なんかはミシェルへの想いで溢れすぎ。
戦闘後にミシェルのヘルメットの中にクランの写真があったり
色々と追い打ちをかけてくれますね・・・。

あい君はてっきり完全に成長したのかと思ったら
1段階巨大化して戻ってきました。
ところがランカに会ったとたんに例のバジュラ第2形態に。
小型バジュラとは違う成長の仕方してるけど
これは種族のようなものがあるのか
それともあい君の存在自体が特別なものなのか。
とりあえずバジュラ化してもランカには懐いてる模様。

全体的に事後処理という感じであまり話は進まなかったけど
最後の最後で「さよなら、大好きでした」キター!
これが噂の先行版のあの台詞ですか・・・。
アルトに恋愛感情を抱いた時点と上の台詞で
何れこうなることは必然のようなもので・・・。
ランカは本当はアルトと行きたかったみたいだけど
第2形態なあい君を見たアルトは銃を取り出し
これまた先行版の名台詞を言ってあい君を否定。
結局、これが二人を分かつ決定打になりました。

この場面でランカの新曲「蒼のエーテル」。
そのままEDに流れ込んだおかげでまた「ノーザン・クロス」が\(^o^)/
次回はサブタイがそれなので今度こそシェリルのターンと信じたい。
そのシェリルはまだ早乙女の家に居候してるみたいですけど。
歌った後の反応やら生活に戻る経緯なんかは見たかったなぁ。

マクロス FRONTIER 第20話

★マクロス FRONTIER 第20話 「ダイアモンド・クレバス」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

アバンでいきなりオチ発表かよ!
前回、抱き合ってる二人を目撃したランカですが・・・
そのオチがありがちなふらついてるのを支えようとして、というオチ。
これで歌う気力無くしたランカは可哀想すぎるな・・・。
てっきりアルトxシェリルで確定かと思ったけどわからなくなりましたね。
でもランカに対する極端なフォローをしなかったことを見ると
アルトの気持ちはシェリルに向いていると思っていいのかな?
というより舞台に立つモノとしての一種の憧れが見て取れますね。

ランカの気持ちに反応するかのようにバジュラが活性化。
大統領はスナイパーがバジュラにやられたことで一命を取り留めた。
結局クーデター起こしたレオンに始末されましたけど。
このバジュラの大群の中にあい君は居たんでしょうかね?
何気にミシェルとクランも修羅場だったけど一端ストップ。
落ち込むランカを叱咤激励したシェリル、歌うように願ったアルト。
しかし、ランカの歌はバジュラを沈めるどころか活性化させる。
やはり歌に込める想いで効果は全然変わってくるんだなぁ。

今回は主要キャラがバルキリーにまったく乗らないという珍しい構成。
その分、対化け物に白兵戦という極限状態での戦闘が。
ナナセも重症を負い、主要キャラが傷つくのを見るとそれを実感するな。
唯一の救いはクランがゼントラーだったことで巨人化すれば一気に戦力に。
そんなわけでクランを守りながらSMSの基地を目指す一行。
シェリルとナナセはその途中ではぐれて避難シェルターに。

シェルターで絶望に怯える人たちの前で歌うシェリルはもう大丈夫そう。
イヤリングをしていなかったのには気付いていたけど
シェリルにとってイヤリングは、歌うことそのものようなモノってことか。
サブタイ通りダイヤモンド〜が挿入されこれがまた状況にマッチ。
シェリルの歌は相変わらず戦闘シーンに合うなー。
戦闘シーンでシェリルの歌がメインになったのはかなり久しぶりですね。

クランを巨人化するための準備を始め・・・る前にクランの大告白。
巨人化するのに服を脱ぐ必要あるんだろうけど
まさかその状態で面と向かって告白するとは(笑)
バジュラやアルト、ランカが目の前に居ますよ・・・。
しかし、この場面ではミシェルは結局答えを出せないまま。
いやまぁ、二人が居るしそれどころじゃなかったのかもしれんけど。

そしてミシェル・・・orz
告白の前に修羅場があった時点で嫌な予感はしてた。
ミシェルかクラン、どっちかが帰らぬ人になるんだろうな、と。
アイキャッチで今回でそうなるとほぼ確信。で、犠牲になったのは
クランを守るためにバジュラを退けたミシェルでした・・・。
ダイヤモンド〜の使われ方が相変わらず神演出すぎるわ。
串刺しになってもクランを守るためにバジュラは撃退。
そして最後の最後に「愛してる」とクランに告白。
が、しかし。宇宙に放り出されて生死不明・・・。

生きていたとしてもバジュラの血液浴びてる時点で
V型感染症とか危なそうだけど・・・ねぇ(;´Д⊂
ハーフなのが救いと言えば救いだけど絶望的だろうなぁ。
それよりもミシェルを失ったクランがヤバそうだ。
ヤバイと言えばナナセもカナリアもヤバそうなんだぜ。
桑島キャラ全滅とか笑えないわ。

EDはもちろん「ダイヤモンド クレバス」。
あれ?ノーザンクロス凄い空気じゃね?
本編含めて効果的な使われ方をしてないせいかなぁ。
22話が「ノーザン・クロス」なのでそれに期待ですかね。

マクロス FRONTIER 第19話

★マクロス FRONTIER 第19話 「トライアングラー」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

わざわざランカのアイモから名前を取って
フォールドの成功記念日を作ってくれたのに、
そんな日にどんな理由であれ仕事ブッチするのは
プロ意識がちょっと欠けてるんじゃないかと思うわ。
しかもその理由があい君が行方不明だからというね。

ブレラはランカと出会って確実に変わってきてるなー。
EDにブレラ(少年時代)とクレジットされていたので
ランカの兄であることがほぼ確実になりました。
ランカはアイモといい、オズマ曰く記憶が戻りかけてるようだし
ブレラも頭をなでる行動は本能的なものに感じる。
二人が兄妹と気付くときは来るんでしょうかねえ。
どう考えても悲惨な結末しか思い浮かばないけど!

せっかく早乙女の家に出戻りしたのに
お家騒動にまるで触れられないとは思わなかったよ。
兄弟子の舞台に立つ悦び等はどちらかといえば
シェリルを後押しするための発言に見えるし。
兄弟子はシェリルの言葉通り母を想い出させて
芝居をもう一度させようとしただけなのか?
どうもいまいち真意が読めない人だ。

ランカは今までアルトへの想いには気づいていたけど
歌までもアルトのためだったとは。
元気がない=戦闘に利用されているから
だと思ってたら単純にアルト分不足でしたとさ。
アルトもアルトで自分のために歌ってるとは想ってないようで
ミシェルの言うとおり鈍感すぎるのも罪だよ・・・。

そうやってミシェルに叱咤されてるなかアルトの前にシェリルが。
歌ってる間も自分はアルトのために歌っていると再認識したり
ライブが終わってアルトの元へ急いでるあたりで嫌な予感はしたけど
予想通りランカが見たのはアルトとシェリルの抱き合ってる場面。
このタイミングでのトライアングラー挿入は反則すぎるだろうJK。
感動と展開の面白さで涙目になって笑ってしまったわ。
そのままEDはトライアングラーでした。
歌といえばランカの新曲が出たけど個人的にはあまり興味はなく。

いやー、やっとこさ重い腰を上げたというか三角関係が動き出しましたね!
サブタイでこういう予想を出来なかった自分が悔しい(笑)
大統領は大丈夫か!?とかオズマ達はどう考えても拘束されるんじゃね?
とか色々気になるところはあるものの
やはりメインはこの三角関係の推移ですね・・・。
ここにきて互いの意識は大きく変化したような。
ランカは愛憎に走るようなキャラには見えないけど
この後、それぞれどういった行動を取るのかが一番楽しみですね。
次回はバジュラが内部から孵化してそれどころじゃなさそうだけど。
あい君はバジュラの幼生確定だし、居なくなったのは成長のため?

マクロス FRONTIER 第18話

★マクロス FRONTIER 第18話 「フォールド・フェーム」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

新OPきたー。
歌は結構好きだけど映像的にはかなり微妙な印象。
この先の展開を想像しづらいOPが
このタイミングで切り替わるってのはなんだかなぁ。
映像としては綺麗なんですけどね、ただそれだけ。

シェリルがどん底の上にフルボッコ過ぎて
シェリルの方が好きな身としては見てて辛かったorz
例の怪しい薬は本当に薬だったのは予想外。
グレイス毒盛りと思いきや本当に「生かしていた」のね。
スラム出であることも確定。
患っていたV型感染症が完治していないし
彼女がサイボーグやインプラント化してる説は否定されたも同然かな。

結局ミシェルは単にシェリルのことが心配で調べていただけ?
姉のことについてはこれ以上追求はもうないのかな。
私服白衣なクランは前回に続いて作品のオアシスです。
でも本当に想ってるからこそ言えないこともある
と聞いたクランは複雑そうだったなぁ。
この2人は本当にくっついて欲しい・・・。

戦闘面ではやっとバトルフロンティアきたー。
サイズといい威力といいクォーターが霞んでしまう・・・。
バジュラに武器が通用しないせいで無駄に緊張感だけは出てるけど
結局ずっとブレラのターンな展開にせざるを得ないし
主人公達が活躍しなさ過ぎて見ていて面白みが少ないのはしょんぼり。
VF-25もちゃんとパワーアップしてくれるんだろうな。

オズマにランカを守れと言われたのに戦闘では何も出来ず
ミシェルにシェリルが雨の中さまよってるのを教えられても
結局シェリルを助けたのは予想外すぎるアルトの兄弟子とはね。
アルトの良いところがなさ過ぎるのもモヤモヤする。
予告映像で早乙女の家に居るようなので
お家騒動はそろそろ決着がついてくれそうかな?
いつまでも主人公が宙ぶらりんのままっていうのもアレだしね。

次回「トライアングラー」
ここにきて主題歌の名を冠する重要そうなサブタイが。
その次が「ダイアモンド・クレバス」だったり
1話飛んで「ノーザン・クロス」だったりと期待が高まりますね。

マクロス FRONTIER 第17話

★マクロス FRONTIER 第17話 「グッバイ・シスター」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

いきなりFIRE BOMBERktkr!
でシリアスシーンだったのにOPが空気ぶち壊して吹いた。
あ、アレ?新曲まだー?
使い回し多いとはいえこんな映像作ってる余裕あるのか(笑)
どうやら新曲は18話からのようですけど
シリアスに合ってなかったら嫌だな、と今回見て思ったよ。

今回のメインは間違いなくオズマなんだけど
個人的なMVPはデレ顔クラン。異論は認めない。
というか大学生だったんですね・・・。
ミシェルを待ってるときに髪の毛弄る仕草が可愛すぎる。
クランのためにもこの2人はくっついて欲しいわー。

ミシェルと言えばシェリルの例の薬は忘れてなかったのね。
クランのツテを利用してまで探りを入れようとしてるようですが
ここまでご執心なのは姉関係としか思えないんだけどなぁ。
どちらにせよこの薬のことを知っているであろうミシェルが
シェリルを助けることになりそうだ。

前回、ルカの様子が変だなぁと思ったのは
裏でレオンに呼び出し食らってたから?
フォールドクォーツについても知ってる模様。
ビルラーの考えはルカの予想通りかもしれないけど
レオンの考えていることはどうやらその先にあるみたい。
それとバジュラの体内で生成されるという確定が出ましたね。
レオンはあい君のことも知ってるみたいだったし
バジュラの何らかの関係があるんでしょうね・・・。

今回の戦闘はランカは歌わず。
バジュラは進化を繰り返し強化されていく生物と判明。
別の個体に情報を瞬時に伝達ってそれなんてODEシステム?って思ったわ。
戦闘シーンでFIRE BOMBERの曲は熱すぎるな。
しかも近接戦闘だしこれで燃えないわけがない。
死亡フラグビンビンだったオズマが無事で何より・・・
って思ったらランカのライブを見てる最中に出血多量!?
でもピンピンしてましたという二段オチかいっ!
心配して損したわ・・・
それにしても死亡フラグを回避し続ける男だ。

次回はシェリルはグレイスにフルボッコなんだろうなぁ。
やっぱいらない子扱いされるのか
もしくはシェリルの身体について暴露されるのか・・・。
彼女を救えるのはアルトかミシェルか。

マクロス FRONTIER 第16話

★マクロス FRONTIER 第16話 「ランカ・アタック」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

何気にブレラがサイボーグということが伝わってる件。
しかもそれがミシェルの口から出てくるとは・・・。
SMSの共通認識ということで良いのかな?
アルトはランカの護衛にブレラが付きっきりになっているのと
ミスタービルラーとの会話でご機嫌斜めな模様。

ルカのブルーデー発言でナナセが赤面してたのは何故?
と思って調べてみたら所謂「アノ日」な喩えなのね。
ナナセの前でそんなこというのはセクハラに近いような、
そういえばこの2人は何か進展があったんでしょうかね・・・。
見た感じそれなりに時間は経過してるようだけども。

ビルラーとの会話は”フォールドクォーツ”がメイン。
銀河のフォールド断層を無くそうという話みたいですが
それを可能にするのがビルラーの指輪の水晶であり
そしてアルトが気付いたシェリルのイヤリングでもある。
インフィニティの時に歌が聞こえたのはこれのおかげ?
ランカのお腹の中にもこれがあるようだし辻褄は合うな。
バジュラのおかげと言ってたから原料か何かってことなのかな。

今回のサブタイにあるとおり後半はランカの歌を使った作戦。
視聴者的には効果があるのはわかってはいるんですが
アルトやオズマにとっては効果があると実証されたことによる
心境の変化がかなり大きい気がするなぁ・・・。
これからも軍事利用されることになるだろうし
そうなると護衛としてブレラは付きものになるだろうしねえ。

挿入歌はアイモをアレンジ、歌詞変更をした2ndシングル「アイモ O.C.」
アレンジといい攻撃的な歌詞といい
アイモの良さが完全に消えた気がするわぁ・・・。
歌と言えばEDがシェリルの新曲に変わったけど
こちらは初見でもかなり気に入りました。
やっぱり俺はシェリルの方が好きだわー。

次回はオズマの話なんだろうけど
それよりも幼女クランのデレ顔が気になって仕方がないんだぜ?

マクロス FRONTIER 第15話

★マクロス FRONTIER 第15話 「ロスト・ピース」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

グレイスの正体が意識の集合体でそのボディは
その意識の1つという説明を聞いてたかと思ったら
気付けば総集編になっていた、何を言ってるかわからねーと(ry

というわけで実質半分ぐらいは総集編でしたね。
それでも単純に回想を流すわけではなく
喩えは変ですけどDVDのオーディオコメンタリーのように
第3者がその映像を見てモノローグしてるのでは
あんまり総集編らしさを感じさせなくて良かったです。
逆に言えば単語だけの説明ばかりで
一気に説明されたし理解できない部分も多々ありましたが(苦笑)

今回わかったのは前述の通りグレイスの正体と
ギャラクシーはやっぱり黒幕っぽいなーってことと
その所属と名乗ったブレラもやはりグル。
レオンもグレイスとブレラをランカに割り当てたことで
グルなことが確定したようなものですな。
コレについては大統領やS.M.Sは管轄外で
S.M.Sオーナーであるビルラーもグレイスサイドではない?
LAIは企業的に中立の位置なんでしょうかねえ。

しかし今回は総集編モドキとか色々吹っ飛ばしてくれるぐらい
ヒロイン達と挿入歌'sが輝いてましたねー。
特にアルト争奪戦を本人目の前にして
あからさまに対抗し合ってる場面はニヤニヤが止まらなかった(笑)
しかし相変わらず「オッパイマイスター」と聞こえる俺の耳は腐ってるのか。
EDもダイアモンド〜のデュエットverで興奮。
でもそんな時に限ってEDに本編被せないで・・・orz

三角関係や歌手としてもランカの立ち位置が優位になりつつあったけど
今回のグレイスとブレラ付きでどう環境が変わるかですね。
それにシェリルがグレイスからいらない子扱い受けてるし
変な薬投与されまくって死ぬとかは勘弁。
予告では表情見るとなんだかシェリルのターンが来そうですけど。

マクロス FRONTIER 第14話

★マクロス FRONTIER 第14話 「マザーズ・ララバイ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ルカが死亡フラグ立てまくりでビクビクしてましたよ・・・。
ナナセとの約束の時点でヤバそうだなーと思ってたら
ミシェル機をシェリルが操作した時点で
トドメだと思ったら美味しいところを持って行ったアルト姫。
いや、ホントに死亡しちゃうのかと思いましたよ。
でもその後攻撃食らってるし危ういことには代わりは無いな。
とりあえずミシェル機南無。ミシェルも色んな意味で南無。
ちゃんと回収されて良かったね!

今回はいきなりトランスフォーメーションと
久しぶりに戦闘メインの回でしたねー。
もってけーとアイモの戦闘との相性はガチすぎるな。
射手座はリミックスでしたねえ。
ランカの母親らしき人物から伝えられた”アイモ”
ランカはリトルクィーンと呼ばれてたけど
やはり”バジュラの”という意味だよなぁ。
グレイスも何か納得した様子だったし。

ブレラが初めてフロンティアサイドに正体を明かしましたが
ギャラクシー所属っていうのは眉唾ですよねぇ。
グレイスと繋がってるブレラがランカを救出したのは
波乱の幕開けとしか思えませんねー。

マクロス FRONTIER 第13話

★マクロス FRONTIER 第13話 「メモリー・オブ・グローバル」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回の回想でブレラの正体はほぼ兄弟で確定だろうなぁ。
唄に呼応するのも同じ唄を聞いていたからだろうし。
問題は地球の唄ではないなら何の唄なんでしょうね。
あのマクロス級の4番艦みたいだ。強攻型仕様のもあるのね。
やっぱりにわか知識ではダメですねえ・・・。
そしてこれがランカの襲われた船団の旗艦だった、と。

少なくともランカがこれを目撃するのはグレイスの想定外だよなぁ?
グレイスは人類とバジュラを戦わせたいのはわかるけど
どの程度まで知って行動してるのかがまだまだ謎。
そして今回”グレイス”という人物と一緒に始末する予定だった
シェリルの生還は彼の存在にどのような影響与えるのか。

グレイスの投薬はやっぱりヤバいモノだったようで
それを投与しなくなったら体調が良くなったシェリル。
ミシェルがカプセルの名前を見て何かを知っている反応。
文字列は「639 WITCH CRAFT」とと書いていたようだけど。

グレイスの思惑通りバジュラはフロンティアに。
彼女の存在も一時的に消え物語もターニングポイントですね。
そろそろOPED変わってくれるかしら。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。