説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

このページの記事目次 (カテゴリー: ムシウタ(終了))

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムシウタ 第01話-第12話

★(新)ムシウタ 第01話 「夢ノ始マリ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

遂にやって参りましたムシウタアニメ・・・。
発表された直後はwktk、絵を見てちょっと不安
キャストを見て再び期待度上がったこの作品。
さぁ、蓋を開けたらどうなってるのかと思ったら予想以上に
るろおさんの絵が動いてるアニメ絵として再現されてて驚いた。

1話からOP付きはWOWOWのみなら昨今のアニメだと逆に珍しく感じる。
OPタイトルが「ムシウタ」だけに作品イメージに合った曲ですねぇ。
周りはOP微妙(特に歌)って聞くけど両方とも好きだったりする。
OPのセンティピードがマッガーレに見えたのは俺だけですか?
そして霞王居るじゃん!登場するのか・・・あるぇー初季たんは?(´・ω・)
しかもキャストが井上麻里奈さんで個人的に期待大。
大喰いとかは顔見せ程度なんだろうなぁ。
千莉は居ないから2巻の話はやらないんだろう。
ということは1巻+霞王とか出してのオリジナル展開かな。

すでに1巻の詳しい内容や展開は忘れたので基本的に比較は無しで。
”大助”と”詩歌”の出会いもこんなんだったっけ・・・?ってレベルだし。
原作はちょっとしたミスリードを狙ったように視点を分けていて
後半かっこう=大助が判明=利菜もそれを知るというカタルシスが体験できたけど
アニメだと最初っから土師さんや柊子に呼ばれてるし正体バレバレ。
視聴者に隠す気も無いようだしそこが好きだった俺は残念。

Aパートは主に虫についての描写。
説明皆無なのは原作読んでないはちょっと辛いかもしれない。
虫を倒してたのが実は主人公サイドの組織なんですよね。
虫に憑かれた人間を虫憑きと呼びそれを管理するのが主人公サイドの組織=特環。
その強引な手法に反旗を翻したのが追われている虫憑きを助けていた組織=むしばね。
虫憑きは憑かれている虫を殺すと欠落者と呼ばれる存在になり
自分で思考行動出来なくなり命令通りにしか動かないような廃人になる。
こういった説明がまったく(作中の中では噂程度)ないからなぁ。
原作でもこんな感じだっけか?この手のものはやっぱり文の方が説明しやすい。

この作品の見所でもある虫同士のバトルはAパートのみ。
それでも”かっこう”の活躍が少しでも見られて良かった!
同化はもうちょっと触手伸びまくってるイメージあったな。
兜は予想通りまんまカブトムシ、センティピードのムカデも。
しかし映像化すると虫が潰れたり結構グロい光景になるなぁ・・・。
これ、虫苦手な人は見れないんじゃなかろうか。
原作はさすがに虫が潰れた挿絵なんかはないし。
仮面がハクオロ過ぎて笑ったけど。
みんみんや土師さん、柊子も顔見せ程度に登場。
みんみんがストレートに田村ゆかりすぎてふいた、なんという魔王。
土師さんは悪人顔・・・いや、確かに原作の挿絵もこんなもんですが。
性格や千莉、大助への接し方を見ると優しい人物なのはわかるんだけども。

Bパート、いきなり大助が学校に通うことになったのは任務のため。
特環が対象を監視する際は学校などに侵入することがあるのですよ。
それにしても大助の声の使い分けは素晴らしい。
アニメ化の際に大助の二面性をちゃんと演じてくれるか不安でしたが
これなら問題ない所かイメージぴったりですわ。
詩歌の方は可も不可もなく、さすがリョーコの人だ(笑)
でも悪いってわけじゃなく詩歌の等身大を出せてるんじゃないかなぁ。
成長した二人の会話が無いのでなんとも言えませんけど。
強いて言えば幼少時代はもうちょっと幼い声でやってほしかったかも。

”最高で最悪のボーイ・ミーツ・ガール”といううたい文句のこの作品。
1巻はそれが如実に表れていて大助と利菜、
大助と詩歌(こちらは正確には再会)の出会いが巧く描かれてて安心。
利菜は刊行進むほどに良いキャラになっていくだけに色々惜しい。
アニメーションで見たら絵を褒められた利菜の可愛さに磨きが!
でも詩歌との出会いは電車じゃないんだね。
いきなり踏切に飛び込んで終わって吹き出したじゃないか(笑)
それと生徒の中にかがみん(加藤英美里さん)が混じっててふいた。
しかも目立ってる方だし。いいぞもっとやれ!

EDは佐藤ひろ美さん、なんか久しぶりに佐藤ひろ美さんの歌を聴いた気が・・・
と思ったけど護君も佐藤ひろ美さんだったしそーでもないか。
最初の詩歌たんの絵で死亡した、あの可愛さは反則すぎるだろう・・・。
EDもしっとりした中に心の強いような曲調で好みだなー。
次回予告は盛大にふいた、これ中の人ネタなのか!?(笑)
ムシウタのイメージをぶち壊しそうで怖いぞ!

なんだかんだで信者フィルターかかってるから良く見えてしまうのは事実。
それを差し置いてもアニメーションとしてと原作の雰囲気は巧く出てたんじゃないかぁ。
話も1巻だけ見るとWヒロインだし双方印象付けられて1話としては合格ですな。
原作読んでない人は最初は虫憑き云々より
ボーイミーツガールよりで見てたほうが気分がかなり楽かもしれない。
ムシウタは毎回、日常から徐々に日常に盛り上がっていく作品だから
現段階で虫憑きについてはあんまり重要じゃないし。
何よりもWOWOW1クールで珍しく手堅くクオリティ高い作りだし
単にアニメーションとしても推せるので視聴環境に居る方は是非チェックして貰いたいですねぇ。

●Amazon




★ムシウタ 第02話 「夢ノ絆」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

1話の衝撃的なラストから1週間、やってまいりました2話。
やっぱりアレは普通に死んだ!って思う場面だよな。
虫と同化してないからそんな超人的な身体能力は無いはずなんだけどなぁ。
そら詩歌もびびりますよ。利菜の友達ズの「死んだ?」は酷いと思ったけど(笑)
そのままいきなり詩歌の手を取って愛の逃避行・・・じゃなくてどう見ても人さらいです。
人気の居ないところまで来てやっと怯える詩歌もどうかと思うけどさ!
原作の展開がこんなんだっけ?とかいう前に大助ってこんなキャラだっけか!?
この時点ではまだ大助=”かっこう”は詩歌=”ふゆほたる”を認識してないんだっけ?
詩歌は原作の現段階でも大助=”かっこう”と認識してませんが。
強いて言えばbugの学校での大助がこれに近いイメージ。
いきなり学校聞いたり名前聞いたり約束したり電話番号渡したりする
大助の行動力は異常。いやホントに異常っていうか電波過ぎるだろ、お互いに(笑)

学校パートは大助の遅刻を先導する利菜の行動に驚いた。
2巻以降の記憶が強いから利菜ってこんなキャラだっけ?と思ってしまう。
利菜の友達ズに質問攻めにあったりなんだかんだで利菜と話してたり
bugの時と同じように相変わらずデフォでモテ属性備わってるんじゃないか。

Bパートは約束を取り付けたデート。
何この初々しいカップル、ニヤニヤすぎる。まぁ、出会って初日ですけど!
つーか、この大助は喋るなぁ・・・惚れた女の前では饒舌なんだろうか。
とりあえずデートを各所で覗いてるみんみん自重。何してるはるんですか(笑)
まぁ、みんみんの立場からしてこの行動は理に適ってるんですけどね。
必死すぎる大助とどこか天然気味な詩歌の会話は
みんみんじゃなくても恥ずかしいっていうかもう電波の領域ですよ・・・。

大助と別れた詩歌は自分が住んでいた家を目指す。
既にこんな展開1巻にあったっけ?という領域なんですが・・・。
でも姉と会ったような記憶はあるな。アニメでは会ってませんが。
どうやらこのあたりの内容は”ムシウタ 00.夢の始まり”みたいですね。
携帯で読めるムシウタなんですが自分は未見、機会があれば読んでみよう。
詩歌の過去は性格上予想付いたけど痛々しいなぁ。
というか詩歌のお姉ちゃんの万葉良いキャラしてるな!
トラック潰した時に「壊れて…」が欲しかったなぁ。
家がもぬけの殻だったのは特環の事後処理の関係か?
他の家族はどこかで普通に暮らしてる・・・はず。
当時貰えなかった誕生日プレゼントを置いてあった演出は泣いた・・・。
だがせっかくの感動がみんみんで台無しだ(笑)

次回予告が相変わらず中の人トークですが今回は柊子@高木礼子さん
特環ゴーグルつけた猫に大助詩歌みんみんという構図の発想力に脱帽した。

●Amazon




★ムシウタ 第03話 「夢ノ虜タチ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

あ、提供が詩歌から利菜になった。
定期的に変わっていくのかなぁ・・・。

今回は詩歌とのデートメインを期待したんだけど
デート自体よりなんだか学校パートの方が長く感じたな。
大助は相変わらずハーレム過ぎ。bugと同じような状況になってるな。
作品柄、女性が多いから自然と女の子に囲まれることが多いんだけど
大助はなんだかんだでモテモテだからなぁ・・・。
利菜は相変わらずツンデレ、殴り方がダイナミックすぎる。
虫憑きを化け物扱いされて怒ることといいこんなに空気読めない子だっけか。
土師の笑いはキャラ壊しすぎだろ(笑)
そういや詩歌はリボン装備になって可愛さUPですよ。

むしばねの会話でみんみんがスパイなのはバレバレなんだけど
それだけじゃないのがみんみんクオリティ。
1巻では活躍するキャラだから出番多いのはある意味当然かも。
そしてやっぱりセンティはまっがーれに見えるんですけど。
センティの利菜への食いつきっぷりは異常。好意と言うより崇拝に近いんだけどね。
センティは虫が言うこと聞かなくてカワイソス。
これが利菜の前じゃなくて良かったね!
しかしこれは来週あたり・・・。

とりあえず肉食戦隊ケモノマン自重、こりゃまたネタにされそうだな。
テーマ曲が流れた時は吹き出しそうになったじゃないか。
でも戦隊と言えば霞王の出番だろ常考。
みんみんは相変わらず真っ黒すぎてちっちゃい子カワイソス・・・。
風船持たせてそれが破裂して虫が出た理由が最初わからなかったんだけど
驚いて虫が暴走しちゃったのね・・・理解するのに時間かかった。
利菜は母親おいて無断で拉致したら特環とやってること大差なく見えるよ・・・。

詩歌の「これでもう思い残すことはない」発言は原作にあったんだっけ?
電車の件といいどうしてこう死に急ぐ奴らばっかりなんだ(笑)
いきなり突き飛ばしたり減作知らない人とか3話だけ見た人とか
なにこの電波カップルとか思いそうで不安だ・・・。
詩歌とのデートをジャマされて大助君はご立腹です。
電話に出ていきなり「なんだよ!」と怒鳴ったり柊子ガン無視したり笑える。
いや、柊子ガン無視はいつものことですけどね!(マテ
ふくれる柊子が・・・原作より幼く可愛くなったような印象。
大助→かっこうの変貌は容姿もだけど声切り替わるのは素直に巧いわ。
ガン無視と言えば兜に放置されたあげく
夢を食い尽くされそうなセンティはマジで良いところないな。

利菜は虫憑きの子供を助けたと思ったら逃げられ
利菜の目の前でかっこうが欠落者に・・・な ぜ こ ろ し た。
暴走状態→成虫化のおそれがあるからマニュアル通りなんですけどね。
モスキートは1人怯えて逃げ出して詩歌とそれを監視しているみんみんの前に。
ここからむしばねとのパイプを作るのかなぁ?
かっこうと利菜が相対した以上ここで決着つくんだろうか。

次回予告はもう絵ですらなくて笑った。
実写は実写だけど長野県提供の映像ってスタッフ馬鹿だろ(笑)<褒め言葉

今回はテンポ悪いのに次々場面が切り替わっていくから
原作未読者をかなり置いてけぼりにした気がするなぁ。
原作信者でアニメも楽しんでる口ですが今回はちょっとわかりづらすぎると思う。
やっぱりWOWOW1クールアニメの宿命からは逃れられないのかなぁorz

そういや原作者原作絵師のお二方のサイトで毎週アニメ版に触れてますな。
特にるろおさんの絵日記・・・特に●たる様は必見ですよ。
今回の矛先はみんみんかそれとも相変わらず兜なのか
アニメ本編よりこっちの方が楽しみなんですけど(笑)




★ムシウタ 第04話 「砕ケ散ル夢」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

センティー!
提供がセンティでした。なんというかろうそくは燃え尽きる前が(ry
今回はいかにも「虫」という描写が多くて苦手な人は辛かったかもなぁ。
初っぱなからしてイメージだけどセンティが虫踏み殺してる描写だし。

前回あんな場面で終わったのにかっこうとレイディが離れてるのにすげぇ違和感が。
特環はレイディの捕獲優先じゃないの?かっこう仕事怠慢ですか。
そしてやっとまともに七星登場。1話やOPはわかりづらいしね。
わかってはいたけどまんまでかい天道虫ってシュールだな・・・。
ここまでサイズでかい+乗るのが基本と思わなかったぞ。
そしていきなり七星フルボッコ過ぎて笑った。
しっかしさすが火種1号指定、無指定と思われる局員の攻撃なんてへでもないぜ!
(※火種=戦闘能力に秀でた虫憑きのこと。1号指定が最高ランク)
原作読んでてもこれぐらいの力量の差はあって当然なので
ここまで最強っぽい描写は良いけどその力量の差は原作知らないとわかりづらいかなぁ。
戦闘がビームとかスパロボリオン系のソニックブーストでふいた。

しっかし、公園をえぐるほどの七星の攻撃もかっこうを微動だにさせることは出来ず。
フルボッコ態勢なのは変わらないレイディを助けに来たのはセンティ。
あのムカデって土の中潜れたのか!
センティが無駄に格好いいかつ利菜にベタベタしすぎです。
つーかかっこうは撃てよ、ホントに仕事怠慢だな(笑)
そらみんみんにも突っ込まれますよ。
みんみんはこの時点ではむしばねのスパイだけだっけか?
土師さんのことが好きなみんみんが何故むしばねサイドなのかは追々。
相変わらず魔王節なみんみん。
最近、田村ゆかりはこういう役の方がハマってるんじゃないかと思ってきた。
ここでみんみんの攻撃方法やかっこう虫との同化も披露。
かっこうとの同化遅くね!?つーか、戦場なんだから同化してろよ・・・。
とりあえずかっこうはサイコガンだろ、アレ(笑)

柊子は土師の命で詩歌を誘導、それで捕らえるつもりなのかな。
柊子の土師の隠し子発言自重。窓閉めるとか土師さん外道過ぎてワロタ。
でも柊子のギガンティックフォーミュラみたいな頬はいらないよ・・・。
詩歌とモスキートは何事もなくて安心、みんみん放置だったのね。
モスキートは男の子だったのね・・・スネイルは女の子でいいよね!?
柊子さんは命令忠実にこなすのはいいんだけど
これ絶対23歳じゃないよ・・・原作ってここまで馬鹿なキャラだったっけ!

センティの助けで必死に逃げるレイディ、センティ、スネイルも
特環のクモ軍団の糸でついにお縄。
ある意味生物兵器の軍隊だからそういうものかもしれないけど
殆ど他の局員が虫で戦う場面なんて出てこないから
こんな量産型のような同じ能力ばっかりの虫がいるのに違和感あるなぁ。
土師さんとレイディがやっとまともに話をしたけど
この土師さんはウザすぎるなぁ、友人であるかっこうも虫憑きなのに。
レイディを挑発するためにわざと言ってるのかもしれんけど。
土師が語った始まりの3匹の描写のアリアがまんま千晴だったし
千晴=能登さんは確定してるから大助が虫憑きになった話でもやるのかな。

土師さんはまず見せしめにセンティの虫に発砲。
さすがかっこうの銃の師匠だけあって通常兵器で虫にダメージを・・・。
が、これがキッカケでセンティに成虫化の兆し。
成虫化は夢が全部食い尽くされると宿主が死亡し虫が暴走することだけど
過程があってこれは成虫化になりかけの状態。センティはまだ健在。
この状態を上手く操れるのが有夏月の亜成虫化なんだろうね。
ちなみに成虫化すると極端に能力が上がり無指定でも上位号指定クラスになることも。
センティは火種9号指定なので成虫化すると1号指定にも匹敵することに。
そして成虫化、欠落者に関して今回やっと土師さんの口から説明があって安心。
それにしても想像以上にグロい成虫化だ・・・。

かっこうはレイディに共闘を呼びかけるがガン無視なレイディ。
やっと話を聞くようになってもうじうじ悩むのは利菜の立場上しょうがない。
かっこうが悪魔と呼ばれていても親しい人には頼りにされ
様々な意味で噂になっているのは色んな意味での強さ故。
そのかっこうがレイディに対して「だからお前は弱い」というのは説得力あるな。
そもそもかっこうはふゆほたるを欠落者にしてるわけだしね。
「生きてさえ居れば、いつか必ず戻れる!」は自分に対しても言ってるんだね。
これを聞いたら幼女の虫を殺した理由やふゆほたるに手を掛けたのも納得できるはず。
でも良い台詞言ってるのにかっこうさん寝たままっすか(笑)
七星がブースター装備なのに更に驚いたよ・・・どう見てもこれAMだろ。

自分の手でセンティを取り戻した利菜とセンティの会話は泣けるなぁ。
センティがまだ意識有るのは虫がまだ死にかけだからでしょうね。
不覚にもセンティの回想や利菜の笑顔、最後の利菜への告白で泣いてしまった。
でもこれだけ見たら利菜とセンティが両思いに見えるよな(笑)
そもそもセンティは利菜のことを好きというより崇拝してるからなぁ・・・。
まぁ、この方が感情移入しやすいしアニメオリジナルとしてアリだと思う。
でも放置はひでえ、特環に見つかったら捕らえられるから
見つかりにくそうな所に放置した方が安全だからなんだろうけど。

しかしせっかくのシリアスで泣けるシーンが柊子のせいで台無しだ(笑)
いちいち突っ込みを入れるかっこうは律儀すぎるよ・・・。
というかいい加減立たないかっこうも悪いだろ!
次回予告はみんみん・・・田村ゆかりさんだったけどいまいち普通で面白みが(ry
次回は利菜と詩歌が出会って一時戦闘は終了かな?

今回は前回のように極端にテンポ悪いわけじゃなくまだ見れる範囲で良かった。
戦闘がスーパーロボット大戦なのはともかく臨場感もそこそこ。
虫の能力は戦い方ちがくね?って意見もありそうだけど
そこは絵的にとか演出的にとかアニメオリジナルとかでいいじゃない。
なんだかんだで原作も面白いしアニメもふたる日記も楽しんでる自分。
コミックスはまだ買ってないので読んでませんが。

●Amazon




★ムシウタ 第05話 「巡リ会ウ夢」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

放送中のCMでムシウタbugシリーズ、始動!告知キタコレ!
残念ながらDVDの特典のドラマCDのみの展開ですが
亜梨子や摩理に声当てるなら誰かな?と想像してただけにこれは嬉しい。
一之黒亜梨子:水樹奈々 花城摩理:小清水亜美
らしいです。これだけのためにDVD買ってもいいな・・・。

CMがふたる様全開でふいたんですけどもう公式設定ですか?(笑)
ふたる様ネタについてはるろおさんのサイトを見れば
原作未読でも理解できるのでオススメ。

ニコにCM上がってたので一応張っておきます。



以下本編の感想。

あ・・・れ・・・?
1話飛びましたか?原作既読の俺でもそう思ったんですけど。
前回の引き際はモスキートがレイディ助けるために突っ込んで
詩歌はふゆほたるを駆使してヘルプに入る・・・って所で終わったよね。
どうやらまるまるすっ飛ばされて既に利菜に保護されてる模様。
なんでこうなってるかの状況がわからず混乱した人も多いだろうけど
利菜が「助けてくれてありがとう」と言ってることや
虫に関して共通の話題を持ってる時点で補完は可能かな。
利菜は詩歌の虫(ふゆほたる)を見てないが故に
詩歌=ふゆほたると気付くのに時間がかかるんだけども
アニメの場合は単に描写的に温存したかっただけなのかなぁ。
単なる尺の都合にも見える。
回想で補完とかはないと思ってたほうが良さそう。

それはそうとパジャマ詩歌ですよ!いきなり詩歌のターン。
個人的には詩歌の髪型がツボすぎる・・・片結び可愛いよ。
利菜の家がいきなり広くてびっくりした人も多いだろうな。
元々裕福な家庭なんだったっけ?というか宗方さんの貢ぎ物ですか?(笑)
利菜は料理は上手なようだが食卓の並べ方はなってないな・・・。
色々作法はあるけどとりあえずご飯が左だろ!とお米大好きの俺が言ってみる。
せっかく利菜の好感度上がりそうな「にゃー」
がカットされてるし利菜はとことん報われないなぁ・・・。
利菜の過去についての追求はオリジナルの墓参りで補完。
同タイミングで本来なら”かっこう”について触れるけど最後までスルーか。
というか親殺しについて語ってる利菜がひぐらしのレナに見えたんですけど(笑)

しかしアニメオリジナルの神展開はこの後に待っていた・・・!
まさか詩歌のお着替えショーが見れるとは思いませんでしたよ!?
利菜が詩歌に着せてる服は利菜の趣味ですか?(笑)
最後の衣装が亜梨子の服っぽかったな。るろおさんデザインでもしたんだろうか。
つか、絶望的に胸が(ry
お子様詩歌は精神年齢が欠落以前のままだからしょうがないけど
こうしてみると姉妹に見えて微笑ましいなぁ・・・。
そして極めつけに詩歌が甘えて一緒にお風呂ですよ!
きっと当時もお姉ちゃんと一緒にお風呂してたんだろうなぁ・・・と妄想。
ここでも詩歌の絶壁がっぷりが(ry
100まで数えるんだよ、って言われた瞬間上がる詩歌はふたる様だと思った。

今回で利菜達に情報を流してたのがみんみんと完全に確定。
といっても前回でほぼばればれでしたけど。
この時点でかっこうと戦ったのはみんみんの思惑と外れていたのか。
飛び降りはアニメで飛ぶ描写がされてるから大丈夫とわかってても映像的に笑える。
みんみんの出番はこれだけで今まででも出番少なめでカワイソス。
でもこれでふたる様もお怒りになることはないだろう!

学校パートがどんどん短くなるのはムシウタらしいと言えばらしい。
利菜友人のあさみは容姿だけでなく行動も愛恋っぽい。
今回のラストで虫憑きの映像の記録を見てたしなおさら。
もしやオリジナル展開で重要になる人物なのか?
コケた大助を見て頬を染める利菜はアニメ設定だと苦しいよ・・・。
アニメは最初=転校だから学校関連の描写の不自然さは抜けないな。
原作だと最初っから転校して何ヶ月か経ってるから
利菜が想いを募らせる時間もあるし。
惚れるキッカケになったエピソードを既にやってるとはいえなぁ。
大助絡みといい詩歌との会話といいセンティ倒したのは自分なのに
かっこうを恨んでるような描写に見えたりアニメの利菜は扱いが可哀想すぎる・・・。
それと大助の絆創膏はどこにいった(笑)

今回もちらっとケモノマン登場。やっぱり詩歌好きなのか!?
こうしてみるとどうみてもただのヒッキーです本当に。
詩歌と大助はお互いに惹かれ合ってるけど
この時点ではお互いを知り合ったばっかりの人物としか認識してないんだよね。
どうしてこの2人が惹かれ合うのかは無意識の部分も多いです。
大助はこの時点でまだ詩歌=ふゆほたるに気付いてないのは詩歌が成長してるから。
ちなみに土師に渡したSDカードは特環のゴーグルで録画されたデータと思われます。

ここから1話の最初のシーンに繋がる回想スタート。
これは元々「ムシウタ 00.夢の始まり」の話なのかな?
クーデター云々の話も見覚えないしなぁ・・・。
1巻の内容からは外れてるからアニメ化しなくてもいい範囲だと思うけど
アニメは1巻を主に展開していくからでしょうか。
こういう経緯があってふゆほたる捕獲の任務についたのね。
初任務が1号指定の虫憑き捕獲なんて違和感あったんだよなー。
「雪が降り始めてから私の側に来れたのは君だけだよ」
っということは能力開放状態?なんでかっこうは無事なんだ?
同化してない云々の前に周りの建物壊滅してないしなぁ。
今は能力発動して無くて降ってるのが普通の雪、というのが妥当か?

それにしても詩歌の「一つになろう」「食べて良いよ」発言は驚いた(笑)
ふたる様・・・この時代から恐ろしい子・・・!
というか他人の夢を食べるという表現は誤解を招きそうだ・・・。
実際にそういうことできるのは一部の虫憑きだけなのに。
というわけで詩歌のこの台詞は言葉のあやかと。
それはそうと最初はかっこうは詩歌を連れて逃げようしてたのね。
BGMが盛り上がって撃つまでの溜めがあるのかと思ってたら
いきなりBGM止まってターンして笑ったのは俺だけですか?
てか約束が省かれてるーorz
その後のシーンで約束した、といってるから後半で補完かなぁ。

と思ったけど読み返したら「夢を思い出せよ」で約束扱いかな。

そこから詩歌と利菜の”かっこう”との想い出話に繋がるけど
この時点でまだ詩歌を欠落者にしたのがかっこうとバラさないんだな。
それにしても修学旅行の夜みたいな会話だ。
利菜は詩歌にセクハラしすぎだと思います。もっとやってくれ。

予告は霞王役の井上麻里奈さん。
ちょ、まだ本編に出てないじゃんアンタ!
近いうちに登場するんでしょうか。
っていうか夢がハヤテのごとく!のハヤテと一緒でワラタ(笑)

だらだら感想書いてたら異様に長くなってて自分で驚いた。
やっぱり思い入れ強い作品は長々書きたくなる傾向にあるなぁ・・・。

●Amazon




★ムシウタ 第06話 「狙ワレタ夢」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ええええ!?ホントに先生=大喰いだったのかよ!
確かに容姿は似ててネタで言われ続けていたけどマジとは。
まぁ、大喰いが先生に化けてるって線の方が強そうだけど。
いくらなんでも目の前に大喰い居れば大助や利菜が不審に思うだろう。
大喰いと遭遇経験の多い大助なら似てる時点で
なんらかの反応して欲しい気はするけどそれはそれ。
というわけで早速真のジャーナリズムを提唱する愛恋あさみが虫憑きに。
虫憑きの印っぽい刻印は演出だろうけどいらんオリジナルだな・・・。

朝っぱらからふたる様が利菜を料理で毒殺しようと(ry
詩歌の料理の腕は壊滅的、っと。大丈夫、それは萌え要素だ!
どうみても躍り食いサンドにしか見えないのは
ある意味ギャルゲとかにあるモザイク料理以上に凄い感性してると思うぞ。
結局食べた利菜はえらいけどスタッフ利菜で遊びすぎだろ(笑)
起こすの忘れてたとか素のおねだりとかピンク覆面とか
ここまで来るといくら小学生でも天然というよりただのアホの子だ・・・。
学校行きたいとおねだりする詩歌のために
友人ズにわざわざ伝えたり場を用意してあげる利菜は良い子すぎる。
取引というか引き替えの条件提示しつつ結局無償で連れ出してるし。
でもツンデレにツンデレ?って言うな(笑)
本人に言ってるわけじゃないけど!

詩歌の口から「大助君」とか「かっこう君」とか出てきただけで
修羅場になりそうな中、学校とかドキドキだったんですが
大助とかち合わなくて修羅場回避・・・。
友人ズは詩歌を目撃してたはずだけど遠かったから気付いてないのかな?
無意識に大助の席に座るふたる様マジエスパー。
カラオケ、どうせなら詩歌や利菜の歌声も聞きたかった。
みはると京子は相変わらず自重。ケモノマンのテーマ結構熱くないか!?(笑)
「ケモノマーン!」の叫び最高すぎるんですけど。
利菜の話をシカトしつつ買って貰ったアイスを落とし
いきなり大助に電話電話言い出す詩歌はここまで来ると電波にしか・・・。
っていうか利菜の携帯から大助に電話するとまたややこしいことになるんじゃあ。

幽霊騒ぎはやはりあさみの虫の能力?
虫憑きの利菜ならこの騒ぎを不審に思いそうなものだけど。
大助はずっと学校うろうろしてるなら怪しすぎる。
驚かすのは明らかにキャラちげえ!任務どうした任務。
というか階段(しかも暗い)で人を驚かすのは辞めましょう・・・。
自分でやってて危ない!はねーよ(笑)
これは新手のフラグ立て・・・!よい子はマネしちゃダメだゾ!

あさみの能力は見た感じ”記憶媒体(映像?)にアクセスでき中にはいることができる”
って所か?これが目の前で人が消えたって噂の元かな。
虫憑きになった印じゃなくてこの姿自体があさみの虫っぽいな。
大喰いに虫憑きにされたにしては違和感のある能力。
”ころろ”や”C”の能力に近そうだし”秘種”っぽいな。
分離型で秘種は珍しい。愛恋も分離型だけど能力は特殊型っぽいからこれもアリかな。

大助が学校を休む→利菜が家の場所を聞いて(?)押しかけ。
利菜のここぞとばかりのアタックですか?
完全にアニメオリジナルだけどこのツンデレ押しかけ女房っぷりは良い・・・!
このまま部屋の中に入っていけば面白かったものの!
それにしても17草って何入ってるんですか・・・。
「うるさくないよ!普通よ!」
で千晴思い出したと思ったらホントにキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
うるさくないよ!普通だよ!」な能登さんボイスを聞けただけで俺は満足です。
アレ?でも千晴の出番これだけっすか?今後も出番なさそうなんですけど!
大助が利菜に千晴の面影見るのは完全オリジナル、なにこの無駄な追加設定。
でも千晴登場のためだと思えばそんな改変なんともないぜ!
これで利菜は完全に大助に惚れてしまったなぁ・・・。

最後に霞王!出番これだけかよ!
千晴並じゃないっすか・・・。

予告はこれまたまだ登場してないC役の野中藍さん。
やっぱこの人の素の喋り=ネギま!の木乃香の印象が強いわ。
っていうかこんな表情の愛理衣(Cの本名)想像できないよ!
今回霞王出たしこのパターンで行くと次回、Cちょっとだけ登場?
打って変わって霞王は本格的な出番があると信じたい。
提供は井上麻里奈さんだろうか・・・ちょっと自信なし。
とおもったけど7話が霞王ボイスの井上さんだったし
聞き直してみると柊子@高木礼子さんっぽいな。

まったく話が進んでないのはさておき
ほぼ完全にアニメオリジナルだと割り切れるし逆に安心できるな。
やたらラブコメ要素が強いし、利菜や詩歌のキャラ付けに不安が残るけど
2巻以降の話をやらないである程度で物語を完結させちゃうならこれはこれでアリ。
ここまでくるとどうせなら原作をぶち壊してくれ。・・・出来れば良い方向に。

●Amazon




★ムシウタ 第07話 「夢ノ迷路」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

まず作画について最初に触れておく。
今回は作画陣が夏バテだったのか?ってぐらい一気に崩壊してて笑った。
元々クセの強い作画もあるし崩壊とは一概に言えないんだけど
さすがに距離感狂ってたりモノがワープしたり
大助の絆創膏の位置が逆だったり伸縮自在な土師の顎は
作画のクセなんてレベルじゃないからなぁ・・・なんつーかがんばれ。
というわけで以下本編の感想では作画に関してノータッチで。

予想通り霞王とセットでCも登場。
Cはともかく・・・ナンデスカこのリーゼント。
Cは野中藍っぽさが出てるけど許容範囲かな?
霞王は容姿といい声といいちょっとイメージが・・・orz
過去に多少触れられてるのはGJなんだけど
そこではちゃんとお嬢様喋りして欲しかった。
霞王が能力でオープンカーにしたてあげたのは笑ったけど
霞王の能力のイメージもちょっと違う、これは見せ方の問題かな?
大助と霞王は一触即発だけど何も起こらず。起これば問題だけど。
大助好き好きなCと大助の会話はもうちょっと欲しかったかな。
Cに続いて千莉も姿だけ登場したのは嬉しいけど
土師の話と合わせてもこの演出だけじゃあ”土師の夢を食べている”
っていうのがかなり分かりづらいような・・・?
ただでさえ未読者に厳しいアニメなのに蛇足だった気も。

利菜は気付けば大助にぞっこんすぎて笑える。
フラグは絵を見た時点で立ってるので不自然ではないけど
利菜の強烈なアプローチ自体は不自然すぎる(笑)
宿題はともかくタオルはないだろ!?
もちろん大助が使ったタオルを後でくんくんするんですよね?
脚本はそんなに千晴=利菜の設定を引っ張りたいんだろうか・・・。
まぁ、大助と利菜が親密になればなるほど結末が栄えるんだけどね。

愛恋あさみは映像の中から詩歌と思われる人を発見しコンタクト。
詩歌をやたら恐れてるのは虫憑きの世間一般のイメージがあさみにあるからだろうね。
それでもあさみのテンパりっぷりと自己完結はウザいレベルだな(笑)
”サイト”とか”デジカメ”という単語を詩歌が理解できてるのかどうか・・・。
むしばねのリーダーが利菜ということを知っている詩歌に
「貴女がむしばねのリーダー?」と聞くあさみの構図はちょっと笑える。
利菜の秘密がバレないように取り繕う詩歌は精神が幼いながらにやる。
”利菜に虫憑きについて話してない”といったのは利菜に迷惑かけないためか。
結局あわてふためいた甲斐無く既に土師に見つかってた罠。
こりゃ欠落者行きかなぁ・・・。
むしばねのリーダー=利菜を知ったところで時既に遅いだろうし。
霞王やCが捕獲に向かうみたいけどあのウザイリーゼントに見せ場はあるのか!?
つーかこんなの出すなら”ねね”出してよ・・・。
みんみんはもっと早く利菜に教えてやれよ、
そのことについて利菜も怒って良いと思うんだ。

EDのキャストを見る限りリーゼント=きりきりかな?
コードネームだし一応虫憑きなんだろうな。
きりきり=キリギリスってことで音系の能力と見た!
と適当に予想してみる。
次回予告はあさみ@志村由美さん担当。
この人、声優の中でもトップクラスの小ささだからなぁ・・・。
140無いのは凄い。
提供は今度こそ霞王@井上麻里奈さんですね。

●Amazon




★ムシウタ 第08話 「見果テヌ夢」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

作画崩壊が前回だけで心底安心しました・・・。
2週空くし最後まで大丈夫だと信じたい。

土師からあさみが狙われていると聞いてダッシュするかっこうは良い奴。
確かに土師が何を考えているのかわからないけど
特環に属する身としてはかっこうの行動は矛盾している。
その矛盾が1巻ラスト、利菜に繋がっていくんだけども。
利菜はともかくその友人達も救おうとするあたり情が移ってるんだろうか?

かっこうの願い虚しく、領域から出たあさみをまっていたのは霞王達。
いきなり\(^o^)/オワタフラグが立って笑ってしまったじゃないか。
「黒くないじゃん!」で地味に霞王がイライラしてたのは何故だ(笑)
マジレスすると霞王は中央所属で中央のコートは白だからです。
Cが能力使ったけどこれCじゃなくてパピヨ(ry
シーアゲハの「C」が全然見あたらなくて泣いた。
全力ダッシュで逃げるあさみときりきり(リーゼント)の攻防はギャグだろ・・・。
それかどう見ても変質者が強姦してるようにしか聞こえません。
この逃亡劇が無駄に長くてテンポ悪かったのは残念。
っていうかあさみは学校から出ろよ、虫憑き相手に狭いフィールド選ぶ
ってどういうことだよ、最終的に屋上だし!屋上=死亡フラグ

霞王が邪悪面すぎて霞王ファン南無南無。
まさか本当にあさみ達がエンタングルすると思わなかったのでふいた。
領域に引き込むのは完全に「特殊型」な気がするけどこの際気にしない。
でも電子戦でCに適うわけがないってのがわかってるからなぁ・・・。
引き込んだ領域で映像データで攻撃できるようだけどなんとも微妙な能力・・・。
データに激突したリーゼントのリーゼントが真っ二つに割れて俺の腹筋を返せ!
前回から存在自体がギャグキャラと化してるな。
追いついたかっこうもCの能力であさみの領域に。
何故かデレるCとかっこうの会話は原作読んでないとしっくり来ないかも。
きりきりがやっと能力を使ったけどこれまさか「錐」なのか?
せめて「切り」のきりきりだと思ったのになんというまんまな能力。
あさみのピンチに間に合ったかっこう。
一瞬で欠落者になったリーゼントの弱さに全虫憑きが泣いた。

かっこうと対峙する霞王。
bugのシーンを入れたり「お前も弱くなった」の台詞はファンサービスだなぁ。
アニメじゃ全然掘り下げられないだろうから完全に蛇足な気がする。
そういや霞王、ちゃんと「俺様」と言ってて安心。
予想通りかっこうと霞王のバトルに発展してwktkなんだけど
戦っているのがこの電子空間だといまいち魅せ方が薄く感じる。
というかこれ、背景手抜くためなんj(ry
あさみが空間を脱出したとほぼ同時に利菜も到着。
利菜をむしばねのリーダーと知ったあさみの変化っぷりは異常。
必死すぎて怖いよ・・・まるで魔王時代の愛恋。
映像に閉じこめてその映像デリートするとか
使いこなせばかなり鬼畜な能力だな、あさみの虫。

結局、デジカメのデータは消えたけど
前もってCが細工していたかCが復元して霞王達を救出したってことでおk?
Cの能力は電子をほぼ自由に操れるといっても過言ではないからなぁ。
「かっこうさんはどうしましょう?」と聞いてて放置プレイするCマジ鬼畜。
主人公が電脳世界に放置されっぱなしとかひでえ(笑)

結局、部室にビデオカメラとPCを放置して学校に行ったあさみ。
まだ諦めてなかった霞王にそれをぶっ壊されあさみ\(^o^)/オワタ
ビデオカメラにとりつくような虫だったんだろうね。
一種の暴走状態で虫のコントロールがまるでできていなかったと考えれば
空間の中から自由に出られなかったり夢を喰われているせいで
性格がどんどん歪んでいったのは納得できるな。
そして欠落者になる描写は何度見てもやっぱり後味悪い。
目の前で欠落者になったとはいえ教室内で
いきなり「あさみー!」と叫ぶ利菜は相変わらず空気読めてないと思うんだ。
っていうかアレ?かっこう放置っすか?
2週休みでかっこうの生死不明で放置ってどんだけだよ(笑)
冷静に考えれば虫死亡=能力解除とかで脱出してそうだけどさ。

提供はあさみ役の志村由美さん。
次回予告、これは良い「誠氏ね!」フラグ(マテ

今回もほぼアニマオリジナル回だったけど前回よりだいぶ回復したな。
1話にして2人も欠落者が出たのは展開早いと思ったけど
シーン見てるとだらだらしてるように見えるのは何故かなぁ・・・。
とりあえずみんみんはともかく詩歌の出番がなさ過ぎて泣いた。
これはふたる日記の荒れっぷりが楽しみですね・・・。

感想でも何度か書きましたけど2週休みの9話放送は9/13。

●Amazon




★ムシウタ 第09話 「夢ノ欠片」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

待ってました3週間ぶりー!
主人公放置で2週休みとか長かったよ・・・。
日記の方で取り上げるの忘れてたのでついでに感想で取り上げ。

ふたる日記外伝とも言えるロリ●たる日記がるろおさんのサイトで公開。
放映日前日な所がお茶目ですね・・・。
でもこれだけの枚数だからしょうがないよなぁ。こういうネタで来るとは。
色々とネタ混じってるけど原作読者向けの要素が強いかもしれない。
個人的には「つのかぶと」の台詞は読みづらくてアレなんですよね(爆死)
とりあえず中の人ネタ自重。
それと新企画は面白みがあってよさそう、アイデア沸いたら拍手って見ようかな。

というわけで本編の感想です。

2週間休みで場面も飛んでるもんだから一瞬何話かわからないように・・・。
あさみが欠落者になって諸々どうなったのかは気になるけど
これで虫憑きを守るという想いが強くなっていくのは
利菜というキャラ付け的には原作に近くなってて○。
肝心の”かっこう”はどうなったのかと不安になってたら
柊子さんとCの通信で何気なく「元気ですよ」かよ!
予想通りCがさくっと救出してたのね。
この通信中のCの可愛さは異常。柊子の前でやっても意味ないけど(笑)
柊子がCの想いを理解してるってのは面白い構図だな。
その肝心の大助が土師さんとトイレでマンツーマンふいた。
これ制服だから学校のトイレだよな?土師さん何してはるんすか(笑)
色々と突っ込み所満載だが敢えて突っ込まないぞ・・・。
とりあえず原作の名台詞が場所のおかげでシュールじゃないか。

詩歌の料理の上達っぷりには驚いた・・・
ってレトルトかよ!みんな騙されるな!それは●たる様の(ry
食す前に利菜の腕が止まったのは生魚サンドを思い出したのかと。
利菜は塗りたての絵に布すぐかけるなよ・・・。
詩歌は週末デートのことで大助に電話、なんという修羅場フラグ。
今回はちゃんと「非通知」ってわかりやすく出てたね。
それにしても大助は詩歌にがっつきすぎ、
かっこうモードとかお構いなしじゃないか。
まぁデートの準備をしてる●たるさm・・・詩歌が可愛かったので許す。
でも結局帽子は被っていかないのな!

プラネタリウムのデートを自分から誘っておいて
そこで寝る大助の無頓着っぷりに絶望した!
これは後から●たる様が機嫌損ねるに違いない・・・。
そらまぁ、寝床がアレ(風呂)ならまともに寝れんだろうけどさ(笑)
クリスマスの話題と詩歌の返事のインターバルが絶妙すぎ。
ニヤニヤニヤニヤ・・・でもこの2人は(;´Д⊂
ちゃっかり手なんか握っちゃってる大助、原作より積極的になってないか。
大喰いに怯える詩歌、大助は大喰いにもうちょっと反応を・・・。
あれー?詩歌の大喰いとのコンタクトってまだ後だっけ?

後半の詩歌の好きな人=大助バレの怒濤の展開は凄まじかったな。
でもこれホントはもっと極限状態でバレるんだよね。
デートの最中にバレちゃったおかげで人間関係がより修羅場っぽく。
こう刻一刻と近づくバレタイムに対する緊張感が良かった。
利菜が大助の絵を落としてそれを見ちゃうのも王道だし。
大助は夢を語り合った時点で詩歌の正体に気付いてるけど
巧く言葉にできないうちに詩歌とさようなら。
あそこで”ふゆほたる”を出す意味なくね?バトルでもあればなぁ。
利菜にもやっと”ふゆほたる”バレ。凄いな数分で一気にバラしたぞ。
ぽかーんとしてる大助は回想挟むことで”ふゆほたる”=詩歌を確定かな。
それぞれの夢が語られて三角関係に持って行ってるのは巧い。
利菜がこうなってる理由も彼女のいろいろな弱さ故だから
今回の利菜の台詞は1巻ラストへの布石に。
そして大助といい利菜といい微妙に成虫化フラグ立ててるなぁ。

次回予告は生天目さんきたー。花婿なんて嘘だっ!
寧ろ探してるのは花嫁(ry
利菜の1枚絵のCGは色々泣ける・・・。
提供は野中藍さんでした。

●Amazon




★ムシウタ 第10話 「スレ違ウ夢」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

詩歌=ふゆほたるに関して土師に問い詰め。
「別人になるもんだね」それはギャグで(ry
昔は髪がロングで今はセミロングからショートの間ぐらい。
アニメでは昔も髪型変わってないので
なおさら「別人じゃないよ!そっくりだよ!」と突っ込みたくなる。
土師に銃を突きつけるのはともかく憂さ晴らしに使われる車カワイソス。
そら後部座席で寝てた柊子さんも大助止めるために起きますよ。
土師とは奇妙の信頼関係があるんだけど
前回といいアニメの描写だけじゃ絶対伝わらない気がするよ・・・。

失恋してしょんぼりな利菜と迷惑をかけまいと出て行きそうな詩歌。
利菜的には”ふゆほたる”に出て行かれると困るから
抱きつく行動とかも全て計算ずく・・・!
そして●たる様はそんな利菜の意図を読みつつ近距離で刺殺を・・・
とかしか思えなかった俺は●たる日記に毒されすぎだと思います。
料理はこの間持ち直したと思ったのにやっぱりアレはレトルトだからか!
イカサンド自重、っていうかちゃんと食べた利菜がすげえよ。
成虫化の兆しと思われる症状が食あたりに見える演出マジックだぜ!
みんみんは露骨に本症表してきて元のウザキャラに戻りつつ。
で、なんで利菜がみんみんの本名知ってたんですか・・・。

学校でみはると京子が利菜をシカトしたのは
虫憑きとは判明して無くても虫憑き庇ったりしてたし
それ絡みの事件が多発してたから「事なかれ」ってことかなぁ・・・。
あさみが倒れた時の状況を考えると利菜=虫憑きがバレバレな気もするが。
大助による華麗なフラグクラッシャーは笑ってしまった。
せめて最後まで言わせてやれよ・・・
理由はあるにせよ自然に家に誘った利菜は策士に違いない(えー
だが本当の地獄がここから始まるとは想像できなかった・・・。

絵のモデルを家でやるのはまぁいい。
だが・・・
な ぜ こ こ で ば ら す
まさか大助本人がどういう形であれ”かっこう”バレするとは思わなかったぞ!?
原作ではあのシーンで衝撃的に判明するのが良かったんだけどなぁ・・・。
でもアニメだけ見てるとこの超展開は超展開でアリかもしれない(笑)
思わず笑ってしまった原作読者は俺だけじゃないはず。
原作と切り離して考えたらこの破天荒な展開が笑うしかないじゃないか!
その後の利菜ブチ切れ→やっぱり大助を傷つけることはできない
な展開も合わせて爆笑。もう何がしたいんだよ利菜は。
原作ラストの台詞をこんな所で使っちゃって
アニメのラストはどうするつもりなんだ・・・?
ここでのネタバレ=共闘フラグかと思いきや利菜自身がフラグへし折りやがった。

1人でGARDEN突入することはむしばねメンバーに伝えず行ったんだよな?
詩歌に時間差で手紙で伝えるとどう見ても助けてコールじゃないか・・・
これだけ見てるとむしばねがえらい小さい組織に見えるが
スネイル達が各地のリーダーに連絡取ってGARDEN行けばいいんじゃないのか。
それはそうと利菜の部屋の有様が未だに放置されてワラタ。
誰か警察呼べよ、住民も気付けよ(笑)
詩歌はもしかしてこのとき大助の絵を見て始めて気付いたのか・・・?
前回、絵を見たときてっきり利菜の想い人=大助と認識したと思ったけど。
単身GARDEN行きの電車に乗る利菜、急停車ぐらいで気絶しないだろ!
GARDENの描写もなんだか意味不明でもうなんとかしてくれと思った。

次回予告は先生役の斎賀みつきさん、まさかこの人がくるとは!
そういや未だに詩歌と大喰いはコンタクト取ってないんだよなぁ・・・。
3LDKを超える夢がまだあるとは思わなかったよ1LDK。
提供はなのh・・・みんみん役のゆかりん。
最後の予告が花澤香菜さんってオチが。
この人が語る夢が一番楽しみだったんだぜ・・・。

●Amazon




★ムシウタ 第11話 「終ワラナイ夢」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今まで散々我慢してきたけどそろそろ泣いていいっすかね?
原作補正が無かったら正直見るの辞めてそうですよ・・・。
ラスト前は盛り上がるというけど斜め上行き過ぎ。

利菜が居たのがどこかと思えばGARDENの地下で
土師が利菜の戦意をそぎ落とす作戦だったらしい。
土師の目的は”ふゆほたる”確保、そのための利菜の利用。
利菜が1人でGARDENに来たことでむしばねのリーダーも抑えられて
結果的に土師の作戦はベストだったように見える。
とりあえず利菜を包囲する虫の量が異常。
いくら無指定のをフル動員してもさすがにアレはないだろ・・・。
きっと虫の本体が群れな虫憑きが大量に居るんですねそうですね。

一方詩歌は遂に大喰いとのコンタクトktkr!
なんか中途半端に原作なぞってる気がするな・・・。
つーかやっぱり先生=ガチで大喰いなのか?
ならなんで”かっこう”がまったく気付かなかったのさ・・・。
大喰いを強く拒絶する詩歌には”強さ”を感じたね。
大助が詩歌が強い理由とかを話してたのはこれで納得できるかな。
ここで何故か大喰いが本性表して虫を出して飛び立ったかと思いきや
”兜”キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! 何話ぶりっすかね!?
”兜”にげてえええええ、どうみてもフルボッコフラグです本当に(ry
つーか、これ以上マンション壊してやるなよ・・・。
”みんみん”がやっと裏切り表明、なんという魔王。

利菜はあのノリのいい”でっでっで”なBGMに乗せて奮闘。
もうこの際どいつもこいつも攻撃が1パターンなのは諦めた。
遂には通常兵器まで持ちだしてきましたよ。
ヘリコプター+ミサイルとか笑いどころですよね?
通常兵器効かないから特環がわざわざ虫憑きで虫憑き保護してるんだけど!
まぁ、当たり前に宿主には効くから利菜もダメージ貰ってますが。
七星がワイヤー飛ばした時の利菜が無駄に爽やかな笑顔過ぎる(笑)
「当たらなければ、なんでもない!」利菜は赤い人でしたか。
BGMがRPGのボス戦みたいなBGMで格好良いと思ってしまったじゃないか・・・。

成虫化をいったん抑えたものの土師のチェックメイトだー
って物量作戦かよ。しかしどう見ても七星死亡だろコレ。
殆ど傷ついてるように見えず土師に詰め寄るが
ダメージが蓄積してたのか七星ダウン。
おまけに土師が立ってる箇所から落下して
これが原因で意識不明とかになったらダサすぎだろうなぁと思った。
利菜は利菜で地面の割れ目にものすごい勢いで落下していきましたが。

そして遂に2人目の成虫化、七星成虫化キタコレ。
いやぁ・・・成虫化した七星ってどんな姿なんだろうなぁ
・・・・・ってアレ?これ・・・七星ですよ・・・ね?
どう見てもノエインの巨人とかEVAの使徒にしか見えないんですけど!
まー、虫って言っても虫っぽいから虫なだけなんですけどね。
万を期しての主役”かっこう”登場も何か地味だな・・・。
やっぱり利菜と大助のバレ→通じ合う心がないと・・・。

詩歌はずっと●たる様のターン!
『壊れて…』な”ふゆほたる”が●たる様にしか見えねえ。
気付いたら虫フルボッコでオワタな”みんみん”カワイソス。
戦闘は一瞬で終わるんだろうけどもうちょっと経過を描いて欲しかった。
ほぼ暴走状態の虫を強い意志で遂に制御。
が、しかし。”兜”きたあああああ!!!
詩歌に致命傷与えてる気がするのは気のせいだろうか。腹貫通ですよ。
でもこれはどう見ても”兜”フルボッコ死亡フラグ・・・。
寧ろ放映直後から朝方ぐらいまでるろおさんのサイトでフルボッコ告知が(笑)

七星の成虫化も相当アレだったけど
”かっこう”の同化の進行がものすごいことに・・・つか適当だろ絶対。
ラストシューティングは笑ったけど。
で、ここにきて大喰い乱入でラスボスムードですか。
アニメ誌のネタバレによると
「大喰い登場」→「あの状態の利菜と共闘」→「力を合わせて大喰い退けてハッピー
みたいだけどどこをどうしたらそんな脚本になるんだろうか・・・。
そもそも成虫化=宿主死亡だった気がするんですけど。
で、最後に七星が遂に人型になりましたよ・・・。

次回予行は待ってました花澤香菜さん!
転ばないために受け身の練習って・・・これ絶対素だよな!
さすが声優回屈指の天然娘・・・。
これだけが今回の癒しというか救いですわ・・・。

今まで原作は原作、アニメはアニメで楽しんでいて
今もその気持ちは変わらないんだけど今回はアニメだけ見ていてもアレすぎた。
戦闘は経過がすっ飛ばされる以外はそこそこ満足なのに。
とりあえず虫のデザインが酷すぎるのだけはなんとかしてほしい・・・。
まぁ、これはこれで違う意味で笑えるんですけどね・・・。
最終回は色んな意味で楽しみだわ。●たる日記の方が遙かに楽しみだけど。

●Amazon




★(終)ムシウタ 第12話 「夢ミル蛍」 総合評価★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

OP無しってことでキッチリまとめてくれる気マンマンなんですよね!
”かっこう”の右腕が大ヤマト砲にしか見えない俺は(ry
この大喰いは”分離型の能力を全部使える”なんて設定無視なんだろうなぁ。
小さい虫を飛ばして欠落者にしまくってる=夢を食らいつくしている
能力についてはもう何も突っ込まん。
土師のケガの負い方に激しく異議ありなんですけど。
どこから降ってきたともわからない岩に潰されて土師\(^o^)/オワタ
”かっこう”は銃で防げばいいんじゃないの・・・
なんか無理矢理原作通りダメージ負わされたみたいでこれはないわ。

ふたる様は角撃ちを自ら引き抜くという暴挙に出て爆笑。
いや、普通に出血多量で死ぬだろ?(笑)
腹にどでかい風穴空いてるようにしか見えないんですけど。
ふたる様ご乱心のお知らせ。
兜全力でにげてええええええええ!

”かっこう”が普通に舞空術使っててどうしよう。
土師を守りつつ県名に戦うものの
今度こそ七星のビーム食らって死亡だろ(笑)
”かっこう”も攻撃食らって一時ダウン。
その間にニュータイプよろしく精神世界に飛ばされましたよ。
裸なら乳首ぐらい描けよ!(そういう問題か
こんなことは言いたくないが七星成虫化といい
利菜の「殺してやる」といいどんだけEVAっぽくすれば気が済むんだ。
つーか精神世界で首絞めるなよ!
で、七星はまた唐突に攻撃ストップかよ。
ちょっと前まで殺してやる!とか言ってた利菜が
いきなり改心する場面はある意味恐怖だ・・・。
最後に利菜は本来の「幸せになれる場所が欲しかった」
という夢を思い出してヨカッタネヨカッタネ。

利菜の目が見開いたかと思ったら
やっぱり成虫化の暴走は止まらないのかい。
”かっこう”は精神世界から脱出、虫が無意識に攻撃を。
土師さんはまだ意識あったことに驚いた。
今回、死にそうになりながら解説してただけじゃん!
で、あっさり”かっこう”は本気出して七星から利菜開放。
中途半端な原作通りの台詞には笑いしか出てこないわ。
ここで利菜が綺麗に消滅したのは、七星は今まで完全に成虫してなかった
=ここで完全に成虫して宿主の命を食らいつくした。
そう脳内補完しておこう・・・。

「テメーだけには、笑われたくねーんだよ!」
原作1巻の名シーンが映像で見ると
”かっこう”がトチ狂ってるようにしか見えない件。
つーかこのシーンへの繋ぎ方に問題が・・・。
”かっこう”虫が笑ってるのかどうかわからないしなぁ。
虫を従え最後の力を振り絞ってグゥレイト!
あっさり倒して「メリー・クリスマス、”七星”」かよ。
原作でもあっさりなんだけど原作と受ける印象がまったく違うのは
前後の展開があまりにもアレすぎたからだろう。
で、大喰いは何がしたかったんだ?出す意味ないだろコレ。

詩歌は腹に風穴空きつつも自分の虫との戦いに勝利。
今更、腹の痛みを気にするって今まで気合いでなんとかしてたのかよ。
さすがふたる様だ!お腹貫かれてもなんともないぜ!
ここでまさかの”かっこう”と詩歌の正面からの再会。
更にここで”かっこう”=大助バラしやがりましたよ?
ああああ、原作で出来ないことをそんなにあっさりと・・・。
こ れ は ひ ど いと言わざるを得ない。
どうやら夢オチっぽいけどこの演出じゃなんとも言えんわな。
で、最後までスルーされた兜はどうしましたか?
まぁ、ふたる様にフルボッコされたに決まってるんだけどな(笑)

詩歌が特環管轄の病院で目が覚めた後は
最終回で唯一良かったと思える場面だった。
さすがに利菜の絵を先に手に入れちゃうのはやりすぎだけど。
2期とかないならそれでいいですもう。
無駄に正体バレの演出つけたおかげで
このカーテン越しの会話がギャグにしか見えないのは残念。
もしかして気付いてて”かっこう”君と呼んでるようにも見えるな。
EDへの入り方とEDのアレンジが神がかっていて
終りよければ全て良し的なまとめ方にしようとしてないか!?
”霞王””C”そして千莉を見れたのでもう満足です。
最後の詩歌のカットは神、詩歌可愛いよ詩歌。

まとめ。
最終回があまりにもアレすぎて文も酷いことに\(^o^)/
アニメ化、ありかなしかで言えばもちろんアリですよ?
ふたる日記とドラマCDを生み出した功績は偉大だね(えー
色々投げっぱなしなのは原作がまだ続いてるからしょうがないけど
1巻だけの内容にしてればそれなりにまとまったと思うんだ。
オリジナル展開を追加するのはいいし
あさみや”きりきり”が無駄だったとは思わない。
でも11-12のオリジナル要素だけは完全に蛇足だったと思うよ・・・。
つーか、公式サイトのあらすじと全然違う気がするのは気のせいか。

自分は総じてアニメでは楽しんだ方とは思うけど
それは原作既読者だからであって未読者からすれば
「あー、またWOWOWの駄作アニメか」で片付けられそうだ。
とりあえず俺は10話ぐらいまではかなり面白かったですよ?
ふたる日記や作者の感想が無かったらもっと酷いこと言ってたかもしれない(笑)
WOWOWアニメのダメな所+ラノベ原作のダメな所+未完結作品のダメな所
全て引き継いでるのがね・・・。

一つだけ言いたいのはもし2期があるならこの制作は勘弁。
この制作で2期あるぐらいなら無い方がまし、とだけ。

とにかく1クールお疲れ様でした。
主に原作読者と作者様と絵師様。

●Amazon


スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。