説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 第25話

★(終)機動戦士ガンダム00 第25話 「刹那」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

一番の見所はエピローグだったと思うんだ。

それはさておき1期、遂にラスト。
最終決戦だけあってとにかく前半は戦闘尽くし。
しっかし、戦闘が普通すぎてあまり突っ込むところが無い罠。
あれ?普通に刹那が主人公しててラストバトルしてるんですけど。
犠牲者がどんどん出ていくのはなんとも複雑な気分に。
ラッセは無事では済まないとは思ったけど
とばっちりみたいに見えてカワイソス。
かろうじてアレハンドロのMAを
GNフィールド毎切り裂けるセブンソードで撃破。

もう1つの決戦はアレルヤ&ハレルヤと人革の2人。
目玉は超兵同士の決戦でなんとなく中佐が地味だ・・・。
あの状態から2機を相手にするにはトランザムとは思ったけど
超兵の真骨頂が感覚だけでは無く思考もだったのは意外。
この手の強化人間ってどうも直感タイプな印象が強くて。
だから2人分の意識を持ち独立した思考を持てる、
アレルヤ&ハレルヤが本気を出すと2機をも圧倒できるんだな。
ネタで分け目が無くなったら人格統合じゃね?
とか言われてたけどホントにそうなるとは思わなかった(笑)

しかし結局は互いに負傷し決着はお流れに。
ここにきてソーマがアレルヤ達の顔見知りとか
また無駄に伏線広げていいんかいな・・・。
それよりも中佐とソーマがフラグ立ちすぎてて吹いた。
中佐・・・それは犯罪だと思うんだ・・・。

撃破したと思ったMAからダサイMSが出てきて
エクシアのピンチでCMに入ったけど、
トランザム使うのがバレバレなので危機感ゼロすぎる。
巨大なMAならともかくMS同士のタイマンで
トランザムには勝てないだろう、アレハンドロの腕は知りませんが。
セブンソードを惜しみなく使ったのは今までで一番エクシアが輝いてた。
でもFateが過ぎったのは俺だけじゃないと思うんだ・・・。
そして黒幕はやっぱりリボンズでした。想定の範囲内すぎる。

ラスボスはアレハンドロかと思ったら、
消耗したエクシアの前にまさかのグラハム登場。
あぁ、そういえばまだ出てなかったね・・・・。
ここまで来たら2期で活躍するのかと思ってたよ。
久しぶりにエクシアを見たハムの興奮自重。
やっとここで刹那とグラハムに面識があることを互いに知る。
この気持ち、まさしく愛だ!」で盛大に吹き出した。
間違いなく00第1期の一番の名台詞だなこれは(笑)
この時のグラハムは自ら言っていたようにまさしく修羅だったな。
互いの信念をぶつけ合った割に戦闘があっさり終わったのは残念。

ティエリアはナドレからGNドライヴを放出。
アレルヤは少なくともハレルヤの人格が消滅。
刹那は前もってマリナに手紙を宛てていたという。
ここでマリナが登場しても感慨深さが全然無いのが(苦笑)
刹那にはマリナが必要、と思うようなイベントがもっと欲しかった。

時は流れ4年後のA.D.2312。
一応の1期のエピローグという形になるのかな。
このエピローグが色んな意味で衝撃映像過ぎ。
世界の軍力が統一され連邦が設立されたのはいい。
ナチュラルにコーラいるのはどういうことだよ(笑)
本当にコクピットの場所が云々とかの理由なんだろうか。
仮面はどう見てもグラハムだよな。
アレ、爆発してませんでしたか・・・?
もう何を信じればいいんだ!
アリーが生きてたのは想定内だからまだいいんだけどさ。
ティエリアっぽいのは声も違うし別の存在なんだろうなぁ。
後ろにいたのはまさかルイス?

軍事が統一された世界でCBはどうするんだろうね。
リボンズが何か暗躍するんだろうけど・・・。
Oガンダムがあったのとタイトルの時点で
00ガンダムってのは登場すると思いましたけどね・・・。
ああ、それならあながちツインドライヴは間違ってないかも。

ギアスの時よりはだいぶマシだけど、
相変わらず謎を増やして終わるのは先が気になってしょうがない。
サンライズは頼むからこれを基本にしないでくれ・・・。
2クールのガンダムということと、最初の設定で不安を感じたものの。
開けてみればやっぱりガンダムブランドなだけはある作品でした。
概ね満足だけどやっぱり2期次第かなー。
スポンサーサイト

機動戦士ガンダム00 第24話

★機動戦士ガンダム00 第24話 「終わりなき詩」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

実にガンダムの最終回手前らしく
様々な命が散っていった回だった・・・。
ロックオンやアリーの死の確定は出てないけど、
とりあえずは皆死亡したという認識みたいで。
ロックオンの死について刹那を責めるティエリア。
自分も刹那の地上への降下を許したんだし
刹那を責めるのはお門違いにもほどがあるんだけどな。
戦闘でもそうだけどそれだけティエリアが感情的に
なってることを表したいんだろうが熱くなり過ぎだな。

キュリオスは戦力ダウン、
ヴァーチェは粒子貯蔵が少ないナドレでの出撃。
まともに動けるのはエクシア・・・という所で
連合軍+援軍との再戦。
アレハンドロはやっぱりパイロットで登場だったけど、
GN粒子をふんだんに使ったMAとか反則過ぎる・・・。
救いといえば疑似GNドライヴなことだけど
戦況を一気に覆す兵器なことには代わりはなく、
一気にトレミー組がピンチに・・・。

キュリオスは最初っからハレルヤモード全開、
ナドレはティエリアが冷静さに欠けてる状態。
どう見てもまともに戦えるわけ無いな(笑)
それでもMAの主砲に当たるのは絵的にはマヌケすぎる。
キュリオスは半壊のままがんばってはいると思うけどさ。
最初っから主砲に当たらなければもっと楽だったわけで。
ナドレ+トランザムで当たったティエリアほどじゃないけどな!

前回、予告で撃ち合ってたのは誰かと思ったら、
ティエリアVSコーラサワー決着の時でした。
ネタキャラとしてギアスのオレンジらしさがあったけど
まさか再登場までオレンジじゃあないよな・・・?
あの状態で再生とか出来るなら
ロックオンだって容易に復活できそうだ。
一応二人ともまだ生きてるけど予告が不安をかき立てるところ。

最後の最後でトレミーがGN-Xに撃たれ、
ブリッジに残ってたクリス&リヒティ合掌。
あと、ついでにメディカルルームに居た人もちょっと前に。
それよりも咄嗟にクリスを庇ったリヒティは半身機械でした!
とか超展開すぎる・・・一般的な再生技術なのか?
無駄だと思ってても庇いたくなるのはわかる。
それはいいんだがそのまま二人とも消滅しないか・・・?
せっかく助かったと思ったクリスも残念なことに。
っていうか爆発オチばっかりなのはなぁ・・・。

そんなわけで最終回直前らしさはあったものの、
思うところ多く前回の方が個人的には良かった。
やっぱどういう形であれメインキャラ死亡ってのはデカイ。
トランザムは?とかそういう不自然さはあってもね。
まぁ、コーラやメディカルルームの人みたいに
あっさりよりクリスやリヒティの方が演出的には栄える。
ただ、見方を変えると不自然に見えるから
前回ロックオンが微妙だった人の気持ちがわかりましたよ。

さて次回最終回。
他はどうなるかわからないけど刹那がアレハンドロを止めて
無難に終わるのは目に見えてるからどうだろうなぁ・・・。
アリーはこのままじゃやっぱり出てこない?
アレハンドロラスボスに見せかけてアリーって可能性もあるか。

機動戦士ガンダム00 第23話

★機動戦士ガンダム00 第23話 「世界を止めて」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

トランザムシステムは赤くなるから3倍ってか!
やはりオリジナルの太陽炉には搭載されてる機能のようで。
通常の3倍の性能になる代わりにトランザムの後は
GN粒子がなくなり極端に性能が落ちるという諸刃の剣。
これでトランザムゲーになるかと思ったら
時間制限と多人数戦で無双とは行かなくて安心した。
確かに前回とタイマンのような状況ではかなり強いけど
数で押されるとさすがにどうしようもないんだね。
3倍っても向こうは3倍以上の数が居るし。

刹那が帰投していないトレミー組に国連軍の手が。
スローネを鹵獲したアリーも国連軍に。
出撃しようとするロックオンの考えを読んでか
彼が出撃しないようにティエリアの手回しでドアロック。
迎撃はヴァーチェとキュリオスのみで行われる。
キュリオスはテールブースターとキャノン系の新装備。
ヴァーチェにも更に強力なキャノン系の新装備。

しかし、このテールブースター。
ソーマとの戦いで一瞬にして破壊される(笑)
ヴァーチェはアリーのファングで武装を削られ
GN-X達からフルボッコ、いきなりピンチですよ・・・。
そこでロックオンはあっさりデュナメスで
GNアーマーを纏って出撃、ティエリアの行動意味ねえ!
ピンチにトランザムシステム作動して窮地を脱出。
というかハレルヤは脳量子波遮断とかできるんなら
最初っからやってあげろよ・・・。

ヴァーチェはナドレとトランザム組み合わせた方がいいんじゃ。
トランザムしたもののGN粒子使いすぎの武装使って
余計首を絞めてるようにしか見えないぜ!
またフルボッコかと思いきやロックオン登場。
狙い打てないんで圧倒させてもらうとか格好良すぎるぜ!
GNアーマーはやはりどう見てもぷちミーティアだな。
ティエリアのピンチを救ったロックオンは作戦通り1人対艦攻撃へ。

バーロー大佐の死亡フラグやっと消化?
って所でギリギリアリーの駆るスローネ登場。
GNアーマーを失ったデュナメスはスローネとガチ戦闘に。
ロックオンにとってもアリーは因縁深い相手。
ロックオンにしては珍しく熱くなってて燃える。
右目が見えないハンデは大きく
そこを突かれて遂にデュナメスは大破・・・。
ロックオンは一命を取り留めたがアリーとの決着を
つけるためにデュナメスをハロに任し、
GNアーマーの残骸からアリーを狙い打つ。

スローネにも致命傷を与えたみたいだけど、
やはりアリーは刹那と戦ってこそだから生きてるんだろうな(苦笑)
GNアーマーごと吹っ飛ばされるものの
ロックオンはまだセーフ・・・!
刹那からも発見されて良かった良かったと思ったら
最後の最後でGNアーマーの破片があああああ!。・゚・(ノД`)・゚・。
だから言ったんだ・・・良い奴から先に死んでしまうって・・・。
ハロの「ロックオン!ロックオン!」で泣いた。
最後までロックオンの兄貴は格好良すぎました・・・。

実際の所アリーは生きてるだろうけどロックオンはどうだろうねえ。
死亡確認ってわけではないんだけども・・・。
ロックオンならひょっこり出てきてくれそうな気もする。
確定が出るまで諦めないぞ・・・
ロックオンが居ない00なんて考えられん。

次回予告には2人の姿は無し。
ティエリアは刹那を責めてるように見えたけど
どう見ても刹那のせいじゃないだろう・・・。
映像だけじゃどんな内容か想像できないな。
アレハンドロは何かMSに乗るのだろうか。

機動戦士ガンダム00 第22話

★機動戦士ガンダム00 第22話 「トランザム」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

ティエリアの可愛さが急上昇な件について。
ウレシードのティエリアみたいになる日も近いね!
なんとなくフェルトが立ち聞きした時に
そういう展開を想像してしまった俺は・・・orz
もうロックオンxティエリアにしか見えません。
肝心のロックオンは利き目をケガしたものの治る程度?
肝心のデュナメスのコクピット部分損傷でもう出番なさそうか
白兵戦になって死亡とかあり得そうで怖い、
いい人から死んでいくんだよ・・・。

この状況でも自分たちのスタイルを崩さず
紛争に武力介入するのはいいんだけど
アレルヤの言うように無謀だよね。
それでもスメラギさんはミッションプランを用意してたし
ロックオンはノリノリだしティエリアも止めないし
アレルヤマジ空気、立場無さ過ぎだろう。
結局は刹那とラッセでトリニティVS世界に介入することに。

トリニティは野宿缶詰生活でざまぁではあったけど
散り際はなんともあっけなかった・・・。
ミハエルは心底ざまぁwwwと思ったけど
ヨハンは最後まで良く言えば普通の人悪く言えば影が薄かった。
マイスターになるために云々言ってたから
この兄妹もなんらかの強化人間のような可能性もあるわなぁ。
正直ネーナじゃなくてヨハンが生き残って欲しかった。
ネーナが生きてるのは刹那との救出パターンの逆再現と
女キャラ、くぎみーだからという理由だけだろう(苦笑)

遂にハッキングされたヴェーダのトラップは超展開すぎる。
寧ろアレハンドロが撃たれる展開を期待したのに。
ヴェーダとGNドライヴが根底でリンクしてるからこその
トランザムシステムだろうから疑似GNドライヴ以外の
全てのGNドライヴに積まれてるシステムなんだろうなぁ・・・。
それにしても何この界王拳無双。
無双はフリーダムだけで十分だってばっちゃが言ってた!
伏線らしい伏線は殆どなかったじゃないか・・・。
とりあえずGNアームズの存在意義はなんだったんでしょうか。

でもまぁ、盛り上がってきたのは事実かな。
沙慈が凄いことになってたりフラッグにGNドライヴ積んだり
色々と展開を楽しませてくれそうではあるし。
グラハムがGに耐えられるのかどうかと思ったけど
刹那もあんな素早く動いてGは大丈夫なのか!?
これだけ強いのに次回で良い勝負とかしたらそれはそれでアレだなぁ。
1回無双しちゃってどうバランス取るかは見物。
まぁ、リミッター解除の反動が〜とかが妥当なんだろうけど。

機動戦士ガンダム00 第21話

★機動戦士ガンダム00 第21話 「滅びの道」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

絹江の死亡確認!沙慈くんかわいそうです・・・。
CBについて調べてたことを知っちゃったから
これでいっそうCBへの恨みは強くなったんだろうなぁ。
ここまで不幸な境遇にしてCBへの恨みが溜まってるとなると
是非とも戦闘か物語のカギになって欲しいね。
これでただの不幸演出のためだったら
沙慈を含めて周りの人物が可哀想すぎる。

そういえば久しぶりにアレルヤがまともに喋った気がします。
ロックオンはティエリアの想像以上に事情通っぽいけど
ティエリアの正体に完全に気付いてるってことはさすがに無いか。
今回ラストでティエリアをロックオンが庇ったし
ロックオンxティエリアがフィーチャーされてる気がするね!
それはともかく全体的に柔らかい表情になってきた
ティエリアにはイライラするということは無くなってきたわ。
刹那はこの非常事態に何してるのかと思ったら
夢オチで安心したような残念なような(笑)
気付いたらマリナのこと考えすぎだろ・・・。

予想通りラグナがスローネ組を裏切ったってことになるのね。
単独行動でガンダムを持ったスローネは今後どうするんだろう。
そしてこれまた予想通りラグナも捨て駒でしたとさ。
概ね前回の予想通りで全てはアレハンドロの計画通り・・・!
今回はリンクしてるガンダムの
システムをダウンさせてたりしてたけど
疑似DNドライヴに関しても似たようなシステム積んでそうだよなぁ。
そうでなければ易々と技術を提供すると思えないし。
GNドライヴ量産化も含めて計画通りと思ってたほうが良さそう。

トレミー組はスメラギさんが前もってソレを予測していたおかげで
代替OSをぶち込んでピンチ脱出。
でもこれってスローネも操れるんだよねぇ、多分。
ホントにスローネは捨て駒にされそうで哀れ。

量産型ガンダムことGN-X(ジンクス)が
トレミーやスローネを次々襲う。
スローネは拠点を脱出してどこに向かうんだろうね。
どうでもいいけどGN-Xの群れがGビットに見える(笑)
ピンチにコアファイターっぽいGNアームズ登場で
なんとかその場は凌いだもののロックオン&デュナメス負傷。
このピンチにパイロット1人欠けるのは痛すぎるね・・・。
ビーム程度じゃGN-Xにダメージは与えられず
ヴァーチェの大型砲やエクシアのクリティカルでやっと落ちる強さ。
ホントにGNアームズだけでなんとかなるんかいな・・・。

機動戦士ガンダム00 第20話

★機動戦士ガンダム00 第20話 「変革の刃」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

いきなりの超設定により
再生が難しくなったルイスの腕哀れ・・・。
再生技術はあるけどGN粒子の作用が悪影響らしい。
真実を知った絹江はアリーによって退場っぽいし
どんどん沙慈くんが可哀想になってくる。
ここまで不幸にするのは何かやらかしてくれるのかな。

やはりアレは疑似太陽炉・・・GNドライヴでした。
これをキッカケに各陣営は共闘を発表し
一応はCBの思い描いたシナリオ通りだけど
各陣営に10機ずつGNドライヴ搭載MSを提供した
CBの裏切り者とは・・・?
行動したのはラグナなんだろうけど
黒幕はアレハンドロか留美?

前回までだとアレハンドロが真っ黒だったんですが
今回の留美のスローネ組への接触は怪しすぎる。
同じイオリア・シュヘンベルグの名を挙げた所から
この二人が手を結んでいるという可能性もあるしねえ。
ラグナも所詮捨て駒というか監視者に
使われてるようにしか見えないんだよなー。

しかしやはり注目すべきはリボンズ。
「拾いもの」発言が気になった所で
ヴェーダの本体を見つけたりティエリアと同じ目をしたり。
少なくともティエリアと同じような存在ではあるのかな。
ヴェーダ自体はイオリア・シュヘンベルグっぽい。
とにかくこれでヴェーダがあっさり書き換えられ
ナドレのトライアルシステムを強制停止させたのも頷ける。
ネーナのハッキング能力ばかりに目がいってたけど
リボンズの能力を隠すスケープゴートか。

早速スローネ達が量産型ガンダムと対峙。
ラグナの指示での作戦でラグナが横流ししたと思われる
ガンダムと戦わされてるのはどう見ても捨て駒です。
世界が一つになった今、もはやスローネは用済みということかな。
次回以降、CBはフルボッコにされてガンダム乗り換えフラグ?
でもGNアームズがまだあるんだよな・・・。
画像を見る限りコアファイターというかぷちミーティア?
これで状況を打破できるようには見えないんだけどなぁ。

最後になったけどこれだけは言わせて貰おう。
コーラサワー自重(笑)

機動戦士ガンダム00 第19話

★機動戦士ガンダム00 第19話 「絆」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

ルイスが立っている姿が描写されたので安心しました。
沙慈に日本に帰って夢を叶えることをお願いしたルイスは
実質しばらく話から退場になるのかなぁ・・・。
沙慈はどう見てもガンダム憎んで何かしでかすフラグだけど。
沙慈がそれなりに重要なことをするとすれば
ルイスの役目はもう終わったと言ってもいいからなぁ。
このためだけのキャラだとすれば本当に不憫だ。

エクシアの行動はやはり無断行動。
普段から別行動を取ってるとこういう弊害があるよなぁ。
他のマイスターと一緒でそれを止めるの頼りなんだろうけど。
今回はスルーしたロックオンをはじめ
トレミー組は満場一致で刹那の行動に賛成。
あのティエリアはまでが
無断でエクシアの援護に駆けつけたのは正直意外でした。
最終的には刹那やロックオンを認めてる節があったし
あ・・・れ?ティエリアなんか可愛いな・・・(違
「人間とは」と言ってたし、ナドレの反則くさい能力。
ヴェーダとリンクするガンダムを制御できる力。
このことから人造人間説が今のところ濃厚だろうか。

今回は予告にもあった通りロックオンのターン!
ということで彼がガンダムに乗る理由が判明。
今までに語られていたテロの被害に遭ったというのが
テロを起こした組織に刹那が居て家族を失ったのが判明したぐらいだけど。
ロックオンの行動は・・・まぁ予想通りですよね。
さすが兄貴分、俺たちの期待を裏切らない!
寧ろ刹那が予想以上にまともなことを言ったのに驚いた。
シリアスなシーンなのに「俺がガンダムだ」は勘弁してくれ(笑)
少しはマイスター達の隙間が埋まったのかなぁという回でした。
ハブられたアレルヤカワイソス。

スローネ組について意外と情報が早く上がってきたなぁ。
「ラグナ」という人物が絹江のたどり着いた答えと一致するなら
こうまでスローネ組の情報がトレミー組に伝わってないのかは不可解だ。
絹江は情報知って死亡フラグ立ってるけどどうなるやら。

傍観者だと思ってたアレハンドロがきな臭くなってきた。
ヴェーダに何かを仕掛けたのはネーナだと思いきや
アレハンドロの反応からどうやらこっちが本命?
CBの情報が各陣営にバラまかれたのもこいつの仕業なんだろな。
最後にチラっと見えたのは疑似GNドライヴなんだろうね。
さて、それで世界がどう動くか次回は転機になりそう。
アレハンドロの側近に見えるリボンズも最近注目されてきた。
EDキャストで古谷徹さんであることを隠してるのも怪しいしね。
2クール目に入ってかなり面白くなってきたなぁ・・・。

機動戦士ガンダム00 第18話

★機動戦士ガンダム00 第18話 「悪意の矛先」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

うん、確かに巻き込まれるとは思ったんだ。
でもこうまでなるなんて・・・。
ということで相変わらずスローネ大暴れの18話。
ネーナの笑顔で人殺しが出来る設定が遺憾なく発揮。
ルイスの親戚一同がスローネ見かけた時はまさか・・・?
とは思ったけどネーナが勝手に切れてBR発射。
ルイス以外全滅とか悪夢過ぎるだろ・・・。
あの沙慈と仲が良くて良いキャラしてたママンもorz
くぎみーキャラにここまでイライラしたのは久しぶりだなぁ。
もうほんと自重としか言いようがない・・・一気に株が下がった。

その後、ユニオンの軍事基地を襲った時
単独出撃してきたグラハムのフラッグに
ヨハンが腕切り飛ばされてざまぁwwwだったけどさ!
早くネーナがフルボッコにされる場面が見たいです。
グラハムは機体はともかく身体的に限界が来てそうな。
ヨハンはガンダム傷つけられて
プッツンしそうなキャラだと思ったら冷静だったなぁ。
今のところは一番の常識人ではありそうだけど。

1stチームはスローネ達の動きに注意しひたすら待機。
ヴェーダのデータ改ざんやハックの話が出てたけど
ネーナならばそれが可能なんだろうね・・・。
トリニティ兄妹に指示しているのは「ラグナ」という存在?
スローネのGNドライヴが似非GNドライヴ(有限EN)らしいのは気になる。
ガンダムを神聖化してる刹那にとって
民間人とか関係なく襲ってる彼らに我慢ならないんだろう。
エクシアで飛び出したのはスメラギさん達も承知なのか・・・?

ルイスの親戚一同、ルイス以外全滅だけでも相当衝撃的だったのに
わざわざ見舞いに行った沙慈を襲う衝撃の事実。
ルイスの片腕が・・・(;´Д⊂
まっさかこんな展開が待っていようとは・・・
しかも指輪をプレゼントしようとした時に発覚したというのがね。
鬱展開好きな俺には寧ろ好ましいんだけど
余計にネーナがウザく感じるなぁ。
沙慈がこの後どうなっていくのかも楽しみではある。

次回はエクシアとスローネがどうなる!?
と思いきやロックオンの因縁に焦点が。
ロックオンの仇は刹那・・・?

機動戦士ガンダム00 第17話

★機動戦士ガンダム00 第17話 「スローネ強襲」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

ネーナが積極的すぎてワラタ。
これでそばかすが無ければ好みなのになぁ・・・(ぉ
でも流行のヤンデレチックな性格っぽいのは残念。
そっちの属性は無いし楽しめなくもなってきたしね。
とりあえずトリニティ兄妹全般に言えることなんだけど
どう見ても敵キャラにしか見えないよね(笑)
そもそもガンダムが悪ガンすぎるし。
弟の性格を見て種の3馬鹿を思い出しましたとさ。
ネーナも精神的に不安定そうな所がそれっぽいし。
一番まともそうなヨハンもキレたら〜ってタイプか
自分を絶対正義で全て正しいとか思ってそうだよね。

CBサイドはCBサイドで
戦術予報士のスメラギさんのノープランっぷりで迎え入れ
さんざんな言われかたをされたあげく
ネーナはハッキングが得意らしく
ヴェーダのセキュリティを突破、ティエリアを驚かせる。
スメラギさんが簡単に船内見回っていいなんて言うから!
まぁ、少しでも情報を得るために
敢えて手の内を晒し逆に探りを入れようとしたんだろうけどさ。
罵詈雑言の嵐だったとはいえティエリアは煽られ耐性無さ過ぎ(笑)
自分は皮肉屋なのにこういう所でスルーできないと
とたんにガキっぽく見えてくるな・・・。

2ndチームの姿勢はあくまでもCBの理念
戦争根絶を掲げての武力介入。
彼らに指示をしている人が居るらしいが・・・。
「本当にマイスターなのか」という所に焦点が当たっていきそうな。
アバンにあったロストテクノロジーっぽいのがキー?
教授が消されたのは知りすぎたからということで
イオリア・シュヘンベルグの真の目的が戦争根絶では無い
=2ndチームはその真の目的に沿って動いてると考えるのが妥当ですかね。

終わり間際になんだかルイスが巻き込まれそうな悪寒はしたけど
予告で思いっきりですね・・・(苦笑)

機動戦士ガンダム00 第16話

★機動戦士ガンダム00 第16話 「トリニティ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

新ガンダムについて
「釘宮」としか情報知らなかったんですが
サブタイがそのままパイロット達の名前だったんですね。
ガンダム自体もスローネ何号機とかだし。
それぞれの姿が全然違うのに同じ名前を冠してるのかぁ。
同じガンダムで違う運用方法と言えば
SEED系の機体で多かったけどあっちは原型あったもんな。
釘宮ことネーナのガンダム、スローネドライは
最初のうちは色彩的にエピオンっぽいと思ってたら
静止画で見るとださすぎて吹いた。
これガンダムってデザインじゃないだろう・・・。
それとネーナはそばかすが残念すぎました(えー

というわけで彼らの正体は自称「CBセカンドチーム」
しかしこれは監視者達はおろかティエリアさえ知らないことで
ヴェーダのプランにも無かったこと。
マイスターという単語やGNドライヴの存在から
CBに無関係ではないんだろうけど胡散臭さを感じる。
CBも一枚岩ではないということなんだろうけどさ。
次回見るとセカンドチームは急進派っぽいし。
そのあたりが1stと衝突する原因に?
そして監視者、またゼーレチックなのか、好きだなぁ(苦笑)
ゼノグラの時は結局無意味に近かったし
こういった役回りを出すならそれなりに裏でコソコソやって欲しいね。

せっかくの新展開なのにBパートから総集編とか\(^o^)/
また総集編を繰り返したいっていうのか!アンタ達は!

機動戦士ガンダム00 第15話

★機動戦士ガンダム00 第15話 「折れた翼」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

だからUCガンダムの台詞を意識するのはだな(ry
どう見ても女教官とコーラサワーがライラとジェリドです。
これは高山みなみ死亡フラグ・・・!

今回はサブタイ通り物量作戦の総力戦で
マイスターズがフルボッコにされる話なんですが
パイロットが長時間の戦闘で疲弊するのはわかるんだけど
機体が無傷すぎて戦闘の実感沸かないなぁ・・・。
それだけガンダムが頑丈だってことなんだろうけど
いくらなんでも焦げ痕一つ見えないのは違和感すぎる。
というかそもそも砂漠戦なんだからもっと汚れるだろう。

それにしてもいくら何でも作戦的に無茶がすぎるような?
ティエリアとか油断しすぎに見えるんだけど。
刹那はマジで空気、4人に分散された後も空気。
そういや15時間もあの部隊交代しての
砲撃を繰り返してたんだろうか(笑)
その間にマイスターズはグっと堪えてたってことですかねえ・・・。
過程すっ飛ばしてガンダムのトドメだけ映し出されたのは残念。
グラハムの鹵獲方法とか好きなんだけどなぁ。

そして最後に出てきたのが噂の釘宮ガンダムですか。
OPに3体のシルエットが出てたけど
それも次回で一気に登場しちゃうんだなぁ・・・。
OP見る限り対立しそうな気がするけど今回は助け船?
ファンネルはGN粒子でこじつければオーバーテクノロジーには見えないね。
どうでもいいけどあのMA、種で(ry

機動戦士ガンダム00 第14話

★機動戦士ガンダム00 第14話 「決意の朝」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

OP変わったー・・・・うわ微妙(マテ
ラルクはずっと聞いてると寧ろ良く感じてきたし
これも聞いてるウチに慣れるのかなぁ・・・。
新ガンダムと思われるシルエットは敵のガンダム?
OPでのマリナの出番が極端に減ってて笑った。
結局前回のOP映像も意味合い薄かったよなぁ・・・。

今回はユニオン、AEU、人革連の合同演習が
行われるという発表、そして準備だけでまる1話。
それぞれの勢力で思うところはかなり違うようだけど
共通してるのはどの勢力もガンダムを欲してるということか。
本格的な戦闘は次回だしあまり突っ込む所があらず・・・。

コーラサワーはあからさまなネタすぎて自重。
女はべらして遅刻して軍に行ったら女教官に殴られ
「二度も打った!」→「いい女じゃねえか」どうみてもギャグだろ。
まぁ、00自体に古谷さんも出てるしセルフパロに近いか
声優さんのアドリブの可能性もあるけどさ。

CBのマザーヴェーダとの見解も一致し
スメラギさんは合同演習で紛争が起こると判断
そしてマイスターズ収集で次回に・・・。

EDの第一印象は「腐女子」が喜びそうなEDだなー、と。
「罠」も話が進むにつれてEDの入りとか気に入ってきた。
13話の入りなんて特に良かったのにこれも慣れるんかねえ。

機動戦士ガンダム00 第13話

★機動戦士ガンダム00 第13話 「聖者の帰還」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

OP変わってねえ!Σ(゚Д゚)
やっぱり次週からだったか・・・。
でも今回は意外と節目って感じはしなかったからしっくりこない。
というわけでこの介入の解決編。

今回は刹那がいつも以上に生身で動き回っていたけど
刹那が出歩くときは毎回アクシデントに巻き込まれて無防備としか思えないな(笑)
刹那の気配を悟ったグラハムは実は凄い人なのか・・・。
グラハムが情報を漏らしたのは意図的?
ガンダムのパイロットと気付いてるとは思えないけど何か感じるものがあったのかね。
でもこの情報を元に行動しちゃえばグラハムの思うつぼな気もするな。
あの少年=ガンダムのパイロットと判断する材料が増えた。
まぁ、スメラギさんの作戦のおかげで最終的にはグラハム達をも手玉に取りましたけど。
エクシアに乗り込んだ時にスーツ着てなかったのに
気付いたらスーツ着てるのは仕様だったっけか。

結局例のごとくCBの作戦は成功し、保守派のトップを救出し
改革派トップのマリナの元に引き合わせ結果的に戦争根絶に繋がる行為。
刹那がしきりに「今度こそガンダムに」と言っているのは
ガンダム=救世主のような意味合いでなのかねえ。
確かに武装を持たず攻撃を食らっても手を出さず戦争根絶のために行動する
ガンダムの姿は一種の神々しさは感じるけどね。
マリナがナチュラルに刹那の名前を叫んだのは軽い仕返しですか?(笑)
つーか、あんな場所で生身で居るといつ暗殺されてもおかしくないような。

今回も沙慈とルイスとママンとチャイナが心のオアシスです。
エンドカードにルイスを持ってきたスタッフは空気読みすぎだろ。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。