説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂乱家族日記 第26話

★(終)狂乱家族日記 第26話 「再び、閻禍伝説!」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

微妙に前回ラストの銃声が
無かったことになってるような気がするんだぜ!
外して撃って今回の始まりに繋がるのかもしらんが。
前回のシリアスムードを最後まで引っ張るのかと思ったら
途中からはいつもの宴な狂乱っぷりでした。
というか序盤から割とそういうノリだったよね!
確かに銀夏や千花が言い張るのはかなり無理があるぞ(笑)

月香がデレる要素はそんなんでいいのか!?
って気もするけど、実際初めて月香に触れた異性だろうしなぁ。
でもこれだとOASISが言う結婚して二人どっかに行くっていう提案が
二人も幸せだし地球も安全でベストな提案に思えたよ。
OASISは凰火にフられたからついていったのかなぁ。
分身に近いとはいえ他の女と一緒で平気なのか月香。

エピローグでの優歌と千花の出番だけかなり多かったような。
せっかく多くのキャラが居たんだから
もう少しエピローグでその後を描いて欲しかったかな。
スポンサーサイト

狂乱家族日記 第25話

★狂乱家族日記 第25話 「凶華様、狂乱!」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

いっつもいっつも”狂乱”って言ってるから
今回のサブタイがまさか凶華自身ガチで狂乱するとは。
ただあくまで水は感情の増幅だけだし
凶華自体が前々から抱えていた不安が爆発したってことだろうけど。
優歌はちょっとぐらい空気読もうぜ、って思った。
月香のスーパーパワーで猿と海賊だけでもなんとかならんのかな。
押し倒されてる千花さんがエロスです・・・。

この終わり方はある意味卑怯だけど
無事なことは予告でほぼ確定だからなぁ。
それを踏まえても間の取り方が絶妙で思わず息を飲みましたよ。

狂乱家族日記 第24話

★狂乱家族日記 第24話 「宇宙からの物体X」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

結局やっかいなのは強欲王ということか・・・。
月香と水とOASISの問題はもう大丈夫なのかな?
問題も何も水が間抜けすぎただけですが。
これが月香が強欲王待たせた理由とは思えないし
予告見ると家族がバラバラにされる危機ではあるようだから
まだまだ何かとんでもないことが起こるんだろう。

ミリオンなる人物は中の人や外見的に千花と優歌の姉か。
「家族は一緒に暮らさないと」という台詞から
何か思うところはあるんだろうなー。
そのミリオンの言葉も虚しく雷蝶は強行しそうだけど。
とりあえず乱崎家は逃げの一手ですがピエールの所だろうな。

狂乱家族日記 第23話

★狂乱家族日記 第23話 「その名は強欲王!」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

謎もなにもあっさりと
あの古風美女=月香で強欲王の恋した相手と判明。
ただ、月香の居た星から来たのがOASISなのか・・・?
強欲王は予想に反してファンキーすぎてワロタ。
でも一番笑ったのはシュールすぎた
OP後の提供カットなんだぜ・・・。

狂乱家族日記 第22話

★狂乱家族日記 第22話 「落ちてきたプリンセス」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

展開を信じ込まされた上、落として続かされた・・・。
まぁ、このOASISと敵対関係にならなくて良かったけど。
OASISは水樹奈々、なんだか久しぶりにゲストキャラで見たような。
狂乱はゲストの方がキャストが豪華な気がしてならないんだぜ!

前回の予告の黒優歌さんだけどネタじゃなかったのね。
酒に酔ったような登場の仕方だったけど。
素面の本性がアレとかの方が面白かったのに(えー
月香は別として、長女次女が姫宮姉妹だし
実は凶華より恐ろしいコンビなんじゃあと思うときがあるよね・・・。

次回こそクライマックスへ向けて来たるべき災厄登場。
しばらくは月香にスポットが当たって
あの美女の姿の謎とかも解けそうだ。

狂乱家族日記 第21話

★狂乱家族日記 第21話 「黒サンタさんは夜眠れない」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

本編は季節外れのサンタコスによるサービスカット。
ゲストキャラな黒サンタのミニスカは良いものを見られました。
こうしてみると凰火や千花のまともっぷりがわかるね。
突っ込み役が居て初めてボケは成立するんだぜ!
全力でボケるメンバーが多いからこの2人の突っ込みの負担は異常。

そんなことより次回予告で優歌が大変なことに・・・。
黒いよ・・・黒いよ優歌さん・・・。
最近、花澤香菜さんの黒キャラも増えてきた気がするな。
割と合ってると思うのでそっちの方でも役増えないかなー。

狂乱家族日記 第20話

★狂乱家族日記 第20話 「ビタミンCの森」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

なんだかんだで千花の掘り下げは随一だと思う。
それにしてもまだ姫宮を引っ張るか、という話ですけど。
残り話数が少ないですが千花のお姉ちゃんに
更に出番はあるんでしょうか・・・。
千花を嬲らなかったのは理由があるんでしょうか。

話はさておき千花さんのキレっぷりを見て
いくら舎弟達でも引くと思うんだが・・・(笑)
それぐらい千花さんは姫宮の時のものを感じましたよ。

次回はまた季節外れなサンタクロースな話。
優歌が最近徐々に黒くなってる気がするんだぜ。

狂乱家族日記 第19話

★狂乱家族日記 第19話 「その気がなくてもドジデビル」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

やはりキャラの再利用(再登場)のサイクルが早いな。
どれぐらいの時間が経ってるかわかりやすければいいんだけど。
感動的な別れ方をしたわりには何話か経ってからすぐに
再会しちゃうのはちょっと拍子抜け。
しかも不幸なオチに使われるとは・・・カワイソス。
そんな切子の再登場。
せめてもう少し雹霞とイチャラブが見たかった。
ドジデビルはさすがにもう再登場無しか?

狂乱家族日記 第18話

★狂乱家族日記 第18話 「正しい看病の仕方」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

とりあえずなんという石仮面

どうみても出オチでした!
千花や銀夏はまともにやればちゃんと家事出来ると思うんだ。
一番しっかりしていたのが優歌だったのはちょっと意外。
凶華の行動は想像通り、いや以上だったけどな(笑)
帝架は本当に家族を選んで良かったんだろうか・・・。
せめて動物でもいいので家族として扱ってやってください。
今回は久しぶりに家族団らん・・・
もとい、ほぼ家族だけの宴となったなぁ。。

狂乱家族日記 第17話

★狂乱家族日記 第17話 「決戦はメロンパンでお願い」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

何気にデカメロンが再登場してたけど
たいした見せ場も無く相変わらずデカメロン呼ばわりなので
なんとも不憫なキャラに。
再登場と言えばちょい役だと思ってたら
以外とその後も出番があるキャラが多い気がするねこの作品。
桃草組がこんなに影響力あるとはね・・・。

どうやって決着を付けるのかと思ってたけど
まさか選挙で決着を付けるとは思わなかった。
さすがの狂乱っぷりな宴は本当に展開が読めないな。

マダラは行動や声的に中性から女性らしさを感じてたけど
たてがみで♂と信じてたらカツラとはその発想は無かった。
♂だと思ってた幼馴染みにいきなり告白された
帝架の困惑した反応はごもっともだと思う。
何はともあれハッピーエンドなのがこの作品らしいわ。

次回は凰火が倒れて家族が看病。
まともな看病が出来そうなのは千花ぐらいのような。

狂乱家族日記 第16話

★狂乱家族日記 第16話 「朱と白のマダラ」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

今週はやっと帝架のターン!
と思ったけどやっぱり不憫なのは相変わらず。
キーを握ってるのは確かなんだから
次回はきっと活躍してくれるはず。

またもや人間が動物になるという現象が起きてるけど
今度は完全に動物だし雷蝶の仕業ではない・・・?
流れ的にマダラが何かしてそうだけど
今回は感染経路が不明なのでなんともですね。
死神三番はせっかくの出番なのに影響受けてカワイソス。
怪しいのは動物に触れるか空気感染のどちらか?
どちらにせよ雷蝶はわかってて
狂乱家族のお手並みを拝見しようとしてるんだろうなぁ。

それはそうとやっぱり生きてたゲボック。

狂乱家族日記 第15話

★狂乱家族日記 第15話 「奥様は魔女っ娘♪」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

気付いたらこの狂乱の日々が始まって
1年も経っていたんですね・・・。
話がとびとびなのと話の中で
時間経過が分かりづらいのでそんなに経ってるとは。
でもこの手のなんだかんだで幸せな生活で
このまま続けばいい的なものは
波乱があるフラグとしか思えないんだぜ。

とりあえず奥さまは魔法少女に謝るべき(笑)
「少女も」「っ娘」も大差ないような・・・。
というか凶華や雷蝶の外見なら人妻だろうが少女で良いよ!
凰火との恋愛感情のもどかしさはニヤニヤ。
最後まで進展無さそうな二人ですなぁ・・・。
あっつーいキスぐらい家族の前でやってくれないかしら。

今回もカワイソスだった帝架だけど
次回こそスポットが当たる・・・?

狂乱家族日記 第14話

★狂乱家族日記 第14話 「Electric-Butterfly」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

サブタイの割りには思ったより雷蝶の介入が無かったような。
寧ろずっと雹霞とゲボックのターン。
しぶといゲボックがこれで終わったとは思えないんだぜ。
てっきり雷蝶とグルだと思ってたんだけどなー。
まぁ、本意が雷蝶の言うように品定めだとしたら
無駄な破壊や混乱は避けるべきなんだろうけど。
第3新東京市ばりの迎撃設備には笑った。
これも来るべき災厄に備えての・・・ってことかな?

バトルメインだったからか雷蝶の出番やら
デカメロンの正体やら副局長があのままどうなったのとか
割と謎を残して終わってくれましたね・・・。
デカメロンに関しては雹霞を「兄さん」と言った時点で
雹霞を作った3人かノウハウ利用した作品なんだろうけど。
ゲボックと敵対してる雹霞に助太刀したことから
ゲボックの手先では無さそうだ。

次回は魔法少女とのことですが雷蝶が関係してるのやら。
予告では凶華がメインっぽかったけど。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。