説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第26話

★(終)魔法少女リリカルなのはStrikerS 第26話 「約束の空へ」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

こちらも前評判で色んな言われようだったStS最終回。
最終回に評価と言うより全体の評価と思いますが。
それでも反応で「うーん・・・?」みたいなコメント貰うと不安だったよ!
というわけで最終回感想「始まります」

魔力結合が出来ずに通信も行えないのに
ゆりかごの自動修復が始まり出口も防がれまさしく八方塞がり。
どうするのかと思いきやまさかバイクで突っ込むとは想定外だったよ(笑)
ヴァイスのバイクがこんな所で役に立つとはね・・・。
確かにこれなら魔力はいらない、素早く脱出できる。
戦闘機人モードなら能力使えるスバルとも相性バッチリ。
Wリボルバーの相手が壁オンリーだったのは残念だけど
空港の時の逆パターンでスバルがなのはを助けるのは
今まで一番成長を感じられるシーンでした。

シグナムとアギトのユニゾン。
ユニゾン前のやりとりやシグナムの感想がいいなぁ。
惜しむらくはその力を使ったのが雑魚相手だってことですが。
ユニゾン時の羽がなんというハイパーモードと思ったんですが
一部の層には”某バーニング”の方がしっくり来るみたいですが(笑)
あの羽はユニゾンの最高のパートナーの印のように思えますが
例がはやて+リインIIとシグナム+アギトしか無いのでなんとも。
それはそうと前回止まったはずのガジェットが動いてるのは
クアットロの操作とは別にゆりかごの自動防衛か何かが働いてる
という認識でいいんだよね・・・?

エリオとキャロは雑魚始末。
エリオは更にフェイトさんをお姫様抱っこという・・・。
一瞬「エリオ力持ちすぎじゃね?」と思ったけど
ブーストしてるじゃん!と知り合いに突っ込まれましたよ。
つーか、フェイトさんならエリオが居なくても
岩ぐらい砕けたと思うんだ。このエロオめ!
でも、フェイトさんに肩を抱かれ
年相応の照れた反応をしたから許す(えー

ゆりかごから無事全員脱出し
さぁ、ゆりかごフルボッコタイムがやってきましたよ!
と思いきや(・3・)あるぇー?
いや・・・まぁ・・・確かにね、次元航行船が出てきた時点でね
主砲でカタが付くんだろうな、とは思いましたよ?
うん、確かにこれはフルボッコだ!orz
せっかくWリボルバーやシグナムアギトのユニゾンを
出し惜しみしたんだから、どうせなら最後の力を振り絞って
各員全力全開で各部位を撃破、そしてトドメは船で。
とかにしてほしかったよ・・・。
何よりも、予想通りとはいえはやての出番が無くて俺涙目。

ここでAパート終了。
予想通りBパートはまるまるエピローグに。
ヴィヴィオのママじゃないとわかっていても
最後のアイキャッチでヒロインズからハブられてるはやてカワイソス。

戦闘機人達は意外と更正の見込みある子が多くて良かった。
スカリエッティやクアットロはあんな処遇じゃ甘すぎると思うが。
そういや、お腹の中のスカリエッティクローンはどうなったんだろうか。
とりあえず機動六課は全体的に元鞘に戻った感はあるけど
機動六課が1年限定なんていう設定完全に忘れてたわ・・・。
クロノ、ロッサ、カリムと一緒に居ると
はやてはやっぱりヒロインの中からは蚊帳の外なんだなーって思えてくる。
レジアス中将の件、
はやての反応から察するにしょうがない部分もあったようで。
これでゼストも多少は救われるね・・・。

そしてあっさり機動六課、残りの月日も流れ解散の日。
見比べてないんですがこれ3話と同じカット(ry
それぞれの進路は色々あるけどスバルとティアは別進路に。
逆にエリオとキャロは”エリオの希望で”キャロと同じ。
なのはさんがフォワード陣を呼び止めた時
まさか模擬戦じゃないよな?って思ったらそのまんまでワロタ。
ホントなのはさん鬼教官やでぇ・・・。なにがせっかくだ(笑)
ヴィータはともかくシグナムまでやる気満々。
「え?え?」と事前に知らされてなかったフェイトさんカワイソス(笑)
でもお互いリミッター解除してるならどう見てもイジメだろ!

A'sの時と同じようにEDでそれぞれの進路が明示。
キャラが多いので追求していくとキリがないのでいくつか。
ヴイヴィオは正式に養子になったのか「高町」性に・・・。
なのはさんの親バカっぷりはフェイトさんをバカに出来ないな。
つーかユーノ、お前はなのはさんの何なんだああああ!
ゲンヤは戦闘機人とのフラグ立て自重。
スバルがなのはと同じ道を辿るという最後は
放映当初から予想出来てたけど結末としては良かった。
強いて言えば最後は「テイクオフ」とかで終わって欲しかったかな。

まとめ。
なんだかんだ残念な点も多かったものの
これでStSも最後か・・・と思うと感慨深いものがありますね。
また、これでなのはシリーズが今のところ終わりだと思うとやっぱり悲しい。
A'sの時も同じように思って後日談やSSでwktkしつつ
StS発表でキター!だったけどさすがにもう4期はないよね・・・。
A's→StSでガクっと質が落ちた感があるけど
4期やってほしいというのが少なからずある俺はやっぱり好き者なんだろうなぁ。

今作は初の2クールとのコトもあり、尺の使い方が特に残念だった。
風呂敷や設定、キャラを増やしすぎてスタッフも扱いに困ったんだろうなぁ。
1期2期にはなかったgdgd感が出てしまったのはとても残念。
それを除けば一連の話の流れは概ね満足かな。
1クールの時にもうちょっと話を進めていれば・・・とか
肝心な戦闘での低クオリティや敵キャラの魅力の少なさとか
細かく指摘していけばキリはないけど
終わった直後の余韻がある今ならなんだかんだで面白かったと思える。

今のところは後日談のSS04とコミック版に期待かな?
前シリーズでもSSのおかげで細かな描写が楽しめたし
アニメ後の話を語らせたらやっぱりSSでしょう!
コミック版はコミックス1巻までの内容しかチェックしてないので
2巻が出るのを楽しみに待ってよう。
4期とは言わないからStSでは少なかった
ヒロイン達の休日やらギャグ、和む話をOVAあたりで希望。
八神はやての憂鬱とかないっすかね?(マテ
スポンサーサイト

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話

★魔法少女リリカルなのはStrikerS 第25話 「ファイナル・リミット」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

さて、やってきましたスーパー魔王タイム・・・。

2週近く放置されてたヴィータのターン再び。
とりあえずスタッフがドリル好きってことはわかったよ(笑)
ボロボロになっても動力炉をぶち破ろうとするヴィータに
これ以上魔の手が忍び寄らないで良かった・・・。
リインがはやての元に駆けつけ、はやてがゆりかごの中に入った時点で
ヴィータを助けるんだろうなーとは思ってたけど
結局ヴィータが自力で動力炉を砕きはやては受け止めただけかい。
変身シーンはおろかユニゾンすらもカットされて俺涙目。
それとアルトがヘリで送るよりリインが自分で飛んだ方が早くね?
と突っ込んじゃダメですか。

シグナム VS ゼストも遂に決着。
まぁ、ゼストはもう既に未来を託すつもりだっただろうし
身体も限界近かったんだろうね・・・。
シグナムのポニテが解除されるとは予想外。
ポニテじゃないシグナムはシグナムとわからないな!
お互いすぐ決着付くことがわかっていたからなんだろうけど
こんな狭いところで戦おうとするなよ・・・。

我らの管理局の魔王ことなのはさんは
ブラスターモードのリミッターを解除しつつ
ヴィヴィオを傷つけないようにバインドなどを駆使して戦闘。
で、なのはさんの新兵器はビットですが。名前もまんまビットだし(笑)
徐々にリミッターを外しつつもヴィヴィオ相手にはさすがに苦戦・・・
と思ったらなのはさんの真の目的は影でコソコソしてて
実質今の戦況を操ってるクアットロの場所を割り出すことでした。
そしてなのはさんと言えばやっぱり壁抜き。
ビットも含めた一点集中砲火で最深部に居るクアットロをぶち抜いた時は
クアットロざまあだったぜ!どうせなら消滅させれば良かったのに。
まぁ、スカリエッティに次ぐ重要参考人だろうからなぁ・・・。
視聴者的には魔力ダメージだけじゃ物足りない(笑)

その後、自我を取り戻したが暴走状態のヴィヴィオに
ちょっと痛いのを我慢して貰っておかえり幼女。
無印のフェイトよろしく自分が欲しいものは全力全開でSLBでぶち抜く
なのはさんスタイルが相変わらず素敵すぎますね。
しかも今回はブラスター=ビット付きのオーレレンジ攻撃。まさに外道。
聖王の器が無くなったことで自動防衛プログラム始動、魔力リンク切断で
なのはや助けてにきたはやては無効化?
後は六課の外に居るメンバーがゆりかごフルボッコで終了ですな。
で、ヴィータはどこに行きましたか?

次回予告が思いっきりエピローグですが
ちゃ、ちゃんとゆりかごフルボッコあるよね?
せっかくスバルのWリボルバーの伏線ktkrとか
予告でシグナム+アギトのユニゾンが見られそうなのに
中途半端にカットされてエピローグとかだったら泣ける。
てか、エピローグで隊員やヴィヴィオが無事な場面映すのは・・・。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第24話

★魔法少女リリカルなのはStrikerS 第24話 「雷光」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

前評判で酷い酷い言われてたからどんなもんかと期待してたけど
どうひいき目に見ても確かにこれは酷いって思う箇所はあるなぁ。
というわけでサブタイ通りライトニングのターン。

レジアス中将の過去は先延ばしにされなくて何より。
結局、レジアスは悪くなかったってことでFA?
せめてある程度語ってから死んでくれよ・・・。
手を下したのがゼストではなくて良かったな。
ゼスト自身もまだレジアスを信頼していたような節もあるし。
レジアスに手を下した2番ドゥーエはゼストがあっさり撃破?
描写的にリミッター解除したんだろうか・・・。
シグナムに対してもレジアスの死は自分の責任と言い
ゼストはどこまでも騎士を貫いた人でした。
って、こう書いたら死んだみたいだけどどう見てもフラグ立ってるよな。

エリオとキャロは相変わらず説得説得。
っていうかいつの間に「ルー」って呼んでますか!?
似てるって言い分はエリオ達の視点からだとわからんでもないけど
ルーテシアはエリオ達のことを何も知らないんじゃあ?
そんな何も知らない子供に説得されたくないと思うのは当然のような。
ルーテシアの迷いと召喚獣達の違和感のせいか
あっさりと戦いに決着ついたのは笑った。
結局説得=心理的動揺を誘って倒したみたいだしさ(笑)

今回のフェイトさんは全体的に目つき悪すぎて焦った。
ホントにフェイトさんですか?コレ見たらエリオとキャロは絶対引くぞ。
まー、実際は相変わらず揺さぶりに弱いフェイトの道を切り開いたのは
子供達が自分で自分の道を選んだという後押し。
なんか毎回ラスト付近で同じようなやりとりしてる気がするんだ。
無印の頃からの因縁を引っ張り続けて突きつけられるのも辛いと思うけどさ。
成長したんだし同じような手でピンチってのは迫力にかけるなぁ。
そして悠長に全員でモニタ見てる構図は緊迫感に欠けすぎ。
新フォームのライオットフォームも挿入歌に乗せて披露したけど
え?何この燃えなさ、シリーズの中で一番の挿入歌の無駄遣いを見た。
あー、確かにこの部分だけでも「これは酷い」と思うわな(苦笑)
シャッハもアコースの出番も燃えない。
なんというか簡単に逆転しすぎなんですよ・・・もっとぐりぐり動いてくれ。
それと個人的にだけどこのフォームのジャケットは無いな(笑)

スカリエッティのアジト制圧より
その直後のティアとヴァイスのスナイプの方が燃えたのは仕様ですか?
てか結局助けるなら最初っから助けてくれた方が
ティアの勝利に説得力を持たせられた気がするよ。
残る戦闘機人はウザさに定評のあるクアットロのみ。
スカリエッティを抑えても戦闘機人には自分のクローンを孕ませ済み。
戦闘機人達がお腹をさする描写といいマジで生理的嫌悪を催す設定だわ。
クアットロもクアットロで自分以外のナンバーズなんてイラネって感じだし
メガネも外してあからさまに悪女の雰囲気出してる。
もう次回であっさり消えてくれよ・・・。

なんかなんだ文句言いつつもなのはってことで
相応の評価に成っちゃうのはファン故ですかねえ・・・。
次回はスーパー魔王タイムなのは前情報で知ってますが
じゃあ26話は夜天の主、はやてのターンなんですよね?
2話連続・・・いやもっとか。空気な部隊長に愛の手を。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第23話

★魔法少女リリカルなのはStrikerS 第23話 「Stars Strike」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

あるぇー?なのはさん前回のケガは・・・
ディエチとの正面からの砲撃対決。
なのはさんがブラスターモードを1段階開放して圧勝。
その威力はナンバーズを持ってしても
「こいつ本当に人間か?」と言わしめた(笑)
絵的にどう見ても塵になってそうなのは笑った。

なのはさんを馬鹿にするクアットロにピキピキ
でもクアットロがなのはを悪魔扱いしたのだけは同意(マテ
クアットロの性格から予想してたけどやっぱり自分は高みの見物。
OPで既にヴィヴィオにはラスボスフラグ立ってたけどやっぱりかぁ。
ロリが成長してしまいましたよ、いやロリコンじゃないっすよ?(ぉ
なのはさんがいくらヴィヴィオに感情移入してようが
ヴィヴィオのためにヴィヴィオと戦える強さを持っているのが彼女なので
あんまり心配はないけど覚醒ヴィヴィオの強さが問題。
なのはのお馴染みの展開として力を合わせて勝利ってのが理想かな?

ティアは気付いたら思いっきり逃げ回ってた、あの足でか・・・。
戦闘機人のプログラムされたような
単純な連携の隙を突くっていうのは納得の戦術なんだけど
今のティアの状態でそれをあっさりやられるってどうなのよ・・・。
逆転の時にティアのBGMが挿入されたのは燃えたけどさ。
ここはやっぱりヘルプが入った方が自然に見えたかな。
シャマルとザフィのおかげで結界が解けたとはいえ
結界あってもなくてもあの場の勝敗は変わらないだろう。
何よりも一撃で戦闘不能とかにしてるのが納得できないなぁ。

スバルVSギン姉は今回で一番燃えたシチュエーション。
もうフルボッコにされるスバルを見てると
戦う気あるのかとか暴走して震動破砕使っちゃえよとか思ってたよ。
マッハキャリバーの自動操縦、そしてなのはさんとの誓いを思い出して覚醒。
正直自動操縦でここまで援護しちゃうのってアリなの?って気も。
まぁ、その後のフルドライブ、ギアエクセリオンのA.C.Sで燃えたけど。
なのはさん好きのスバルらしいモードでニヤニヤ。
最後もディバインバスターで実にスバルらしさが出てた。
戦闘自体はウイングロードの出し合いの高速戦闘が熱い。
つーか、お前らもう空飛んでるのと大差ないっすよね?(笑)
A.C.Sでも空飛べるわけじゃないんだね。
そしてトドメはどう見てもギン姉貫いてます、ギン姉オワタ。
毎度のことながらこの魔法設定は便利だよなぁ・・・。

レジアスとゼストがやっとこさ対面したけど
なんだかレジアスのキャラが全然違う気がするんですけど。
あの今までのもがきっぷりと悪人っぷりはどこにいった?
気持ちの整理がついてゼストと向き合う覚悟が出来たということにしておこう。
腐っても管理局の功労者だしねえ。
アギトの説得「シグナム相手じゃ意味がない!」な状態でワロタ。
この話し合いのおかげでアギトとのユニゾンが見えてきそう。
結局、レジアスの真意はわからず次回に・・・。

次回は「雷光」ということでライトニングパートかな。
今回ヴィータが完全に放置だったし鵜呑みに出来ないけど!

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第22話

★魔法少女リリカルなのはStrikerS 第22話 「Pain to Pain」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

戦闘機人の中にもまともな考えな人が居て驚いた。
とりあえずクアットロがウザい筆頭なことはわかった。
コイツからは信念なんてなくただ破壊を楽しんでるようにしか見えん。
敵キャラとしての魅力はまるで無いのに
ウザキャラというキャラ立ちだけはしっかりしてるからタチ悪いなぁ。
しかも今回喋りすぎ。なのはさん早くコイツを黙らせちゃってください(笑)
ディエチはヴィヴィオに同情するような様子を・・・。
さすがに共闘という展開は無いだろうけど一番話ができそうな子だ。

ヴァイス&ザフィがここにきてやっと復活!
ザフィは少し前に復活してたらしいけどヴァイスを見ていたらしい。
思ったより時間は経ってないんだね。
それでも肉体的ダメージで1週間も寝込んでるなら相当なダメージなんだろう。
ヴァイスの誤射した少女って妹だったのね・・・。それにしても兼役多い作品だ。
まぁ、今回でストームレイダー&ヴァイスは復活ですかね。
これは十分助けに入る展開も考えられるようになってきた。

キャロ&エリオVSルーテシア&ガリュー
キャロは説得モード突入だけどこの子に説得させるのは無理あるような。
既にルーテシアさんが凄い顔するぐらい逆上させてますよ。
「違う違う」連呼してて何が言いたいのかまったくわからんぞ。
「幸せになりたいなら〜」のくだりも説得力があんまりないし。
名乗りは前作、前々作から続く伝統なんだけど
今ここは名乗る場面じゃないと思うんだ・・・。
そしてここでもクアットロが(ry

フェイトさんは戦闘機人2人に対等に渡り合ってるけど
どう見ても狭い室内で多人数戦するにはザンバーは不的確だと思う。
案の定スカリエッティに隙突かれてますよ・・・。
しっかしフェイトさんはつくづくバインドに縁がある人だ。
スカリエッティ自身にもそれなりの戦闘能力あるのね。
というかザンバーの刃を砕いてフェイトをバインドするぐらいだから
純粋な戦闘能力だけで言えばラスボスクラスか?

シグナムVSゼストは一瞬でケリついてワロタ。
ゼストはデバイス砕くの大好きだな。
まぁ、目的が相手を倒すことでなく先を急いでるなら
一瞬でも戦闘不能にするのが最善の策だろう。
ゼストが語るシグナムとアギトとの適合の可能性。
そういえばアギトは単にゼスト達に協力してるだけだから
展開次第ではアギトが強力してくれる可能性もあり得るワケか。
そもそもゼストの目的もスカリエッティの野望と直接関係ないしね。

スバルは気緩んでたせいか押され気味か。
元々の戦闘力もギンガの方が上だろうしね。
かといって前のように暴走状態や震動破砕を使うのはNG。
これも地味にスバルに勝ち目が薄そうな戦闘ですなぁ。
ギン姉の腕がドリルになって笑った、クールルンルン!
改めてこういうメカっぽい所見せられるとちょっと萎える。

なのはさんはヴィヴィオとの想い出を思い出しつつ
玉座の間に全力でダッシュ、なんだこのMAP兵器。
顧みない姿と傷ついていく身体を見ると不安になってくるねえ・・・。
クアットロの発言、ここだけは正論だな。
これだけのタイマンでの戦力さで良く保ってるよ。
つーか、前回盛り上がってたティアとヴィータに関して総スルーですか!?
ヴィータは傷つきながら全部ぶっ潰してたけど。

次回は「Stars Strike」ということで
サブタイと予告から察するにスターズの決戦かな?

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第21話

★魔法少女リリカルなのはStrikerS 第21話 「決戦」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

実は感想で語ってるよりも
反応とかのコメントの方が当を得てたりする気がする・・・。
というわけでサブタイ通りやっと決戦”開始”
まだまだ盛り上がりはこれからだなぁ、ジェットコースターの登りですよ。

OPの時点でどのような構図になるかはバレバレだったので
編成に関しては問題なし。
そんなことよりリンディさんとユーノ君が久しぶりに登場!
そして21話にしてやっとアルフが喋りましたよ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
前作まではメインキャラに近い位置づけだったのに・・・。
登場シーンもとりあえず出しておきました感が強いし!
これだけ出すならエイミィも出せば良かったのにー。

決戦とは言ったものの大半が雑魚片付けなのでイマイチ盛り上がりに欠ける。
唯一まともに戦闘が始まってるのはティアぐらいだなぁ。
今回は殆どそのティアの戦闘シーンに割かれてしまった感が。
単体で戦うとキャロより少し強い程度であろうティアが
この状況をどう抜け出すのかが楽しみでもあり不安でもある。
単に広い場所で1VS3だけだったらまだ勝機も高かったんだけど。
足は致命的やね、ホントにどうするつもりだ?
とりあえずティアはスバルの嫁、なんだこのラブ(笑)

スバルとギンガは対峙したばっかり、キャロエリオとルーテシアや
シグナムリインとゼストアギトもほぼ同じく。
それにしてもどのキャラも2Pカラーは違和感ありまくり。
フェイトとシャッハも雑魚潰し+戦闘開始で終了だし。
はやてが完全に雑魚掃除に回りそうなのが切ないです・・・。
なのはさんの出番はまだまだこれからだろうし我慢我慢。

そんな中、死亡フラグを思いっきり立てたヴィータが
その話でそれをほぼ実行するとは思わなかったよ(苦笑)
それとなのはさんに大けがさせた犯人も判明。
致命傷に見える傷となのはの敵とも言える兵器の登場でヴィータ激昂。
軍団片付けで倒れそうだなぁ・・・。
守護騎士システムがどこまで維持出来てるかで生死が変わりそう。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第20話

★魔法少女リリカルなのはStrikerS 第20話 「無限の欲望」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

最終決戦の準備の回。
どう見ても次が最終決戦だろうに最終話まで長々と描くつもりかな?
今までは1クールだったので最終決戦をそう長く描くことはなかったから
じっくり描いてくれるのは期待もあり不安もあり。
今回じっくり設定の解説や作戦の説明。
ナンバーズの2番や最高評議会、スカリエッティの生い立ち等など明らかになったので
残りはだらだらせずに昔みたいなノリで爽快なバトルを楽しみたいですね。

最終決戦だけあって隊長陣もさっくりリミッターフル解除。
今度のは描写を察するに時間制限はなし?
なのはとフェイトはお互いにリミットブレイクの注意を呼びかけてるけど
使うな=どうみても使用するフラグ。
お互いに心配してることやなのはの絶対帰ってくる発言が死亡フラグっぽくて・・・。
反面なのはさんなら魔力失っても命だけ失わないで帰ってきそうだなーという気も。
とりあえず決戦前に夫婦でいちゃつくのは自重しようぜ(笑)
はやて隊長もヴィータ副隊長も困ってらっしゃる。
フォワード陣に投げかける「絶対負けないように育てた」という言葉は
フルボッコに合った後ではまったく説得力が無いんですが・・・。
オーバーSに認められたということはそれ相応の実力はあるってこと?
なんだかせっかく設定コテコテにしたのにまったく活かされない気がするよ。
デバイスのリミッター解除、満足な精神状態、療養中の特訓などで
フルボッコの時よりはパワーアップしてるとは思いますがね。

そういやアースラだけかと思えば管理局全体がここまで動くとは。
いやまぁ、それだけ大きな事件だし動かない方がおかしいかもしれないけど。
それでも相手は戦艦1隻なのに次元航行艦が何隻も出てくるのは違和感が・・・。
というか作中の台詞通り全体に魔導師は不足してるんだろうね。
AMF戦をこなせる魔導師も少なければ空戦魔導師も少ないんだろうし。

なのははヴィータと共にゆりかご、フェイトはスカリエッティの研究所。
フォワード陣は地上にと部隊が分かれたけど
フォワード陣は予告を見る限り更に戦力が分散しそうだな。
キャラが多いからしょうがないとはいえ
ナンバーズとの対決は中ボス退治みたいで地味な役回りだ。
でもスバルとギン姉戦わせるのは空気読んでるな。
予告見た感じ、単機の戦闘力がキャロの次ぐらいに低そうな
ティアが1人でナンバーズの相手をするのはかなり辛いんじゃあ・・・。
次回はサブタイだけなら終わる1話か2話前みたいだな(笑)

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第19話

★魔法少女リリカルなのはStrikerS 第19話 「ゆりかご」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

Aパートのあまりの進展の遅さに驚いた。ここまできて・・・。

ほぼ前回の続きで次の作戦や六課の今後についてという地味ーな話。
守護騎士システムの機能障害とかなのはとRHの切り札”ブラスターモード”とか
今後の展開を示唆するような伏線やケガした人物の回復がメイン。
ザフィーラやヴァイスはこのまま行くと明らかに戦線復帰に間に合わないような。
思えばザフィは最初から不遇なキャラでした、安らかに眠れ(えー
ヴァイスもせっかくの伏線が勿体ない、捨てキャラにするのも勿体ないあんちゃんなのに。
洗脳されてる(?)ギン姉は是非ともスバルと姉妹対決を。
ガチで殺し合って姉を超えてリボルバー受け継ぐ展開希望。
ゼスト達はスカリエッティの台詞から今更だけど人造魔導師確定か

ここにきてフォワード陣のデバイスのリミッターを全て解除。
せいぜい使ったのはレベル2ぐらいだしリミッターの設定自体いらなかったんじゃ?(苦笑)
エリオは模擬風景が描かれてデバイスと共に成長が印象づけられてるけど
他のキャラはフルボッコされたままでデバイスだけ強くしてなんだかな。
A'sの時もどうしても埋められないデバイスの差を埋めるためにカートリッジだったけどさ。
機械的なものじゃなく使用者の想いとリンクしてリミッターが外れる〜
とかの設定の方が良かった気がするなぁ。
そうすればもう少しフォワード陣のデバイス達に感情移入しやすかったのに。
マッハキャリバーですらスバルとのやりとりは事務的に見えて萎え。
心がある!っていうぐらいなら過去のなのは&RHぐらいの関係を見せて欲しいね。

こんなまったり進行で大丈夫かと思った矢先、ロッサがスカリエッティのアジト発見。
ロッサのレアスキルは”レジンキャストミルクの分裂病”みたいやね。
攻撃は得意じゃないと言いつつも応用してある程度の戦闘は出来そう。
とにかく幅広い使い方が出来そうなスキルでさすがレアスキルなだけはある。
惜しむらくはアジト見つけた手柄がすぐ意味無くなるのと
活躍自体が少なかったことぐらいか・・・。

聖王のゆりかごの浮上で物語は一気にクライマックス感が漂ってきた。
なんか急展開だなぁ・・・もう1つぐらい切り札があって欲しいところ。
ゆりかごの悪魔さが全然発揮されなかったのが残念。次回やってくれるんでしょうか。
戦力だけ見ると
機動六課:プラマイSランクの魔導師数人+アースラ
VS
スカリエッティ:ナンバーズ+ゼスト+ルーテシア+ゆりかご
とどう見ても六課に勝ち目があるように見えないんですけど(笑)
アースラにもアルカンシェルがあるけどそれこそこんな所で撃てないだろうし。
というかゆりかごの方にもっと凶悪な兵器があると考えて良さそうだし。。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第18話

★魔法少女リリカルなのはStrikerS 第18話 「翼、ふたたび」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

新OPキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
あ・・・あれ?なんか思ってたより微妙?(ぉ
リボルバーナックルが両手になると思ってたけど片手だったなぁ。
ということはギン姉、最終的に生存すると信じたい・・・!
気になるカットはあまりなかったけどどうみてもスバル=主人公。
隊長達を見つめる副隊長は後見人の姿は不安を煽られるね。
個人的にはラストのデバイス集は欲しかったのにー・・・。
音楽的に合わないからだろうけど。
そもそも音楽自体がなんとなくなのはに合わない気がする。

それはさておき本編の感想。
嵐が過ぎ去った後は静けさと惨状が残るのみ。
ということでやっぱり今回はインターバルだった。
サブタイがアースラ復活を彷彿させるものでwktkしてたのに
整備画面がちらっと登場しただけで出番終了。
艦長はやっぱりはやてがやるんだろうか。そういう意味では感慨深い。
スバルについては六課のメンバーの殆どが事情を知っていたってことでOKかな?
知らなかったのはエリオとキャロぐらいだろうか。
ソレにしたって17話分も知っているような様子を見せないのはちょっと違和感。
よくよく考えれば勧誘する際にある程度調べてるだろうし知ってて当然かもしれんけど。
ティアはいつこの事実を知ったのかが気になるね。
アイキャッチの家族の写真で泣いた。

各隊員のケガの状況はヴァイスとザフィーラが特に重傷。
シャマルやロングアーチ軽傷、エリオ骨折(?)、キャロ軽傷といった所?
これでザフィの出番が終わりだったら泣く。
ヴァイス陸曹に関しては伏線張ったんだから名誉挽回の出番あるよね?
空気だった人たち(マテ はもちろん無傷。
しっかし、なのはさんは心に大きな傷を負って心配だなぁ・・・。
フェイトも戦ってた割には無傷に思える。
なのはをフェイトが支えるという構図が完成してるから
これはこれでフェイトが無理しそうな気がして不安ですな。

一方スカリエッティサイドも一部を除いて損害軽微。
ゼストはリミッター外すとやはり寿命が縮まるみたい。
ウーノとの会話から察するに人造魔導師なのか?
とにかくレジアス中将と何か因縁がありそうなこの人。
しかし直接決着をつけるようなことはなさそうだなぁ。
はやての推論はおそらく的を射てるんだろう。
管理局の態勢は現状では維持してるみたいだけどどう転んでいくか・・・。

ルーテシアがスカリエッティに協力する目的は
11番のレリック=自分の母親を復活させるため?
ヴィヴィオはOPといいなんだかラスボスフラグが着々と。
なんとなくリインIのように犠牲になりそうな気がしてならない・・・。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第17話

★魔法少女リリカルなのはStrikerS 第17話 「その日、機動六課(後編)」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

というわけで1週間待ちに待った後編。
この1週間で後編を見てる夢を(ry
夢の中でもフルボッコでした。
というかもうそんな印象しか持ってなかったからか。
やっぱりOPは18話からみたいですねー。
新OPはかなり良いらしいのでwktk

後編だけあって前編で消化不良だった戦闘描写メイン。
各所で主要キャラ同士がぶつかってる展開は熱い。
かといって描写不足ってわけでもなく・・・
なんで今までこういう話が出来なかったんだ・・・出し惜しみしないで!
ただ、戦闘機人の名前を未だ覚えられないのが難点。
誰が誰と戦ってるのか固有名詞がわからん(苦笑)

ヴィータ+リインII VS ゼスト+アギト
ユニゾン云々より騎士ゼストの「フルドライブ」の方が気になるな。
騎士ってことだから戦闘機人関係ではないと思うけど
昔のなのはのエクセリオンモード見たいに
無理に魔力を消費してブーストするモードですかね?
勝負自体は五分だったが最終的にゼストがフルブーストを使用。
その場で特に身体に負担かかってる様子はなかったな。
ヴィータを圧倒、アイゼンはぶっ壊れリインは昏睡。
あ、あれ?シグナムの出番これだけっすか。

フォワード陣VS戦闘機人数名
前は殆ど圧倒されてたけど今回はかなり良い勝負。
ティアの幻術がそこまで昇華されていたのには違和感あったけど。
幻術の訓練なんか殆どやってないんじゃないの?
キャロのブーストのおかげだと思うけど
戦闘機人を完全に欺くには至らないような。
とりあえずエリオは槍で殴るな(笑)
このまま戦ってたらどうなってたかはわかりませんが
今回の任務は別なのでフォワード陣が退却。
ここで退却してなければギン姉は無事だったかもしれないのに・・・。

フォワード陣はなのはとフェイトにデバイスを渡し
スターズはギン姉の援護、ライトニングは六課へ帰還。
六課はザフィーラとシャマルで耐えるものの
元々シャマルは戦闘キャラじゃないし多勢に無勢。
というかザフィをここまで温存しててこの待遇はカワイソス。
ヴァイスも過去の狙撃手の腕を活かして防衛に参加。
実質この3人で守ってるも同然だしなぁ。
ヴァイスが狙撃手を辞めた理由もなんとなく示唆された。
六課に応援に行こうとしたライトニングの前にも戦闘機人2名。
こりゃ完全に後手に回ってるというか予測されてるなぁ。
エリオとキャロを先に行かせ、結局最後まで足止め喰らうハメに。

そして遂にキャプで見てたスバル暴走きたー!どこのZ戦士だよ!
まぁ、さすがにここ2〜3話でスバルが戦闘機人なのはバレバレですな。
露骨に死亡フラグ立ってたギン姉だけど予想以上に酷い・・・。
アイキャッチのデバイスに泣いた。まさかこのまま死亡はないよな!?
戦闘機人が魔導師ランクで言えばどの程度の実力があるのかわからないけど
スバルのリミッター解除はデバイスをぶっ壊すぐらい出力上がるみたいだ。
せっかくランク付けされてるんだからこの辺のデータ欲しいなぁ。
最終的にこの話でスバルについてティアやなのはさんからコメント無かったのは残念。
メンテ云々のこともあっただろうし隊長各は事情知ってるんだろうなぁ。
次回で追求されることを願う。

六課に到着したエリオとキャロ。
ここで一気にエリオの過去もバラすとは出し惜しみホントに無しだな。
フェイトも同じくプロジェクトF関係だし事情は知っていた?
ストラーダのフォルムツヴァイもお披露。
空飛べないことを補える能力だけどこれ、デバイス狙われたら終わりだよな(笑)
ハンマー投げのごとく向かっていくエリオを見てたら思わず笑ってしまった。
キャロはもう1匹の竜、ヴォルテールを召喚。
もうこれ、竜っていうより形容しがたい巨大生物だよな・・・。

最後にスカリエッティからの挑戦とも言われる宣言で終了。
とりあえず無血制圧は守ってたし人の命云々に関して嘘は言ってないように見える。
良くも悪くも科学者なんだろうな。
そういう意味では被験体としか見てない部分もありそう。
ただヴィヴィオを使って何をするかだよなぁ・・・。
スカリエッティの発言に対してはやてはまだ諦めてない様子。
ここからどう反撃に移るのか・・・。
それにしても今回はなのはさんやシグナムが空気過ぎて泣いた。
戦闘班なのにこんなに出番少ないのは切ない。

次回予告で主要人物は無事だったみたいで一応安心。
なんかザフィが酷いことになってた気がしますが・・・。
「翼、再び」アースラ復活か?

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話

★魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話 「その日、機動六課(前編)」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

後編のネタバレを不幸にも踏んだ俺が来ましたよ。
しかも画像・・・orz
うんまぁ、この展開は想像付いたしね!
知らなくてもこの冒頭はフラグに見えないこともないからなぁ。
ヴィヴィオに対する「ちゃんと帰ってくる」とかも。
そもそもエースがデバイス使えないんじゃ警備の意味が・・・。
で、OPはいつ変わるんですが?18あたりか?

そういや今回は初めてリンディさん登場。
あれ?こんなに軽いノリのキャラだったっけ(笑)
一線引いたしフェイトという娘もでき、クロノは世帯を持ち
本来のほんわかしたノリが戻ってきたからかもしれない。
こんな形でリンディさんが出てくるとは思わなかったのでびっくり。
ていうかこれならエイミィとかも出してあげてよ!

警備は順調に進み先に現場入りしたフォワード陣もリラックス。
まだ子供なのに深夜の警備とか大変だろうな・・・。
軍隊だからしょうがないしだからこそ仮眠や交代制なんだろうけど。
ヴァイス陸曹の過去やティアとの絡みが多いのは気になるな。
ヴァイスはティアを助けて死にそうな空気むんむんですな・・・。
ストームレイダーとは昔からの相棒?

襲撃するなら確かに終わりかけの油断した時が一番だよな。
前の戦闘で戦闘機人の様々な能力がかいま見られたのに
警備がずさん(デバイス持ち込み無しとか)なのはなんでだろう。
どうやらターゲットはレジアス中将っぽいけどやはり繋がりがあるのか?
そして遂にユニゾンktkr!ヴィータとですが・・・。
アイキャッチで予想はついたけどゼストもアギトとユニゾン。
ゼストはともかくヴィータは”赤”ってイメージが強いからすげえ違和感が・・・。

ルーテシアは機動六課にレリックとヴィヴィオを迎えに行くつもりだろうけど
機動六課がら空きにしたらダメじゃん!
ザフィーラぐらいか?まともにルーテシアと戦えるのは。
そろそろザフィーラの人型フォーム+活躍見れますかね!
でも、機動六課フル動員で会議の方がこの状況だから
機動六課を空けるのは仕方ないんだろうな・・・聖王の器なんて事情は知らないし。

次回、ネタバレしたのは画像のみだけどどうなるかは予想付く。
個人的には好きな展開っぽいのでwktk。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第15話

★魔法少女リリカルなのはStrikerS 第15話 「Sisters&Daughters」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

やっぱり予想通りストーリー的な進展は皆無だったね。
今回は今まで一番ギン姉の出番が多かったと思うので
ファンならそれだけで満足できる気もする(笑)
機動六課にギン姉とA'sでも登場したマリーが出向。
ギン姉交えての訓練は今までの訓練と違って新鮮みがあったのは良かった。
っていうか隊長戦ってどう見ても先輩のしごきだよな(笑)
目が丸くなるギン姉に萌えた。StSで好きなキャラがやっと出来たかもしれない。
なんか死亡フラグ立ちまくってますが!

フェイトママは過保護、なのはママはスパルタン。
この場面はなのはがどうとかより
なのはの制止があったのにも関わらず
飛び出してしまうフェイトさんに笑うところだな。
みんなこの3人を微笑ましく見守ってるけど親ばかだ!って突っ込んでいいと思うよ!
マリーの反応も笑える。やっぱりそっちの方向ですか!?

今回気になったのはナカジマ姉妹の「定期検診」
デバイスとか担当してるマリーが検診してるのも秘密がありそう。
主要キャラで定期検診受けてる描写があるのはナカジマ姉妹だけだし
ナカジマ姉妹自体に何か秘密があると思ってよさそうだな。
戦闘機人自体家族に因縁深いことを考えるともしや・・・?

レジアスは相変わらず影でコソコソ。
ロッサが目を付けられなければいいんですが・・・。
とりあえず最高評議会はゼーレってことでおk?
アインへリアルやプラントなど評議会と共に不穏な動きを・・・。
秘書は自分の考えを持ってるけど
レジアスの名には従いそうな微妙な立ち位置のキャラだな。
レジアスのように嫌味全開にすればもっと六課を突っつけるだろうに
それもしないのは単に傍観者に近いからか?

今回からED変更。OP変更まーだー?
EDは前回と絵的に大差ないのが微妙だな・・・(苦笑)
歌自体はまぁ普通のゆかりんソングってトコで。
見所は幼いなのはが映ったぐらいでしょうか。

次回は久しぶりに実戦くるー?

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第14話

★魔法少女リリカルなのはStrikerS 第14話 「Mothers&children」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

ずっとヴィヴィオのターン!
これ、1クールなら5話前後ぐらいでやるべき話だよなぁ。
相変わらずのスローペースで不安だけどなのはさんフェイトさんヴィヴィオの川の字と
ヴィヴィオの年相応の可愛さが見れたので満足です。
っていうかフェイトさん黒っすか!

今回で正式になのはがヴィヴィオの保護者代わり・・・ママになることが決定。
その後見人がフェイトということでここに最強のママ軍団誕生。
どうせなら形だけでも夫婦にしておけば良かったのに!
フェイトさんはなのはさんの嫁。
どちらにせよ同人で確実に使われるネタだよなー、コレ(笑)
二人とも働くママなので子育てはどうするのかと思いきや昼間は寮母さん付きらしい。
っていうかザフィこんな役割っすか、台詞無しっすか、人型無しっすか。色々泣いた。

はやてがティアを連れてクロノ&ロッサに会いに行ったのは
後々ティアに何らかの形で役に立つことがありそうだなぁ。
クロノが語るレジアス中将。
関係や思うところもあるんだろうけどクロノが言ってることも事実なわけで。
クロノ自体もそこそこ偉い人だし色々難しいんだろうね。
上官になればなるほど自由に動けなくなるからロッサの活躍が期待される。
ロッサもレアスキル持ちですがどんな能力なんだろうなぁ・・・。
ティアは良くも悪くも真面目すぎ。上官の前だし軍としては当たり前かもしれんけどさ。
これがスバルなら確実にケーキに釣られてた気がする(笑)

フェイトさんが管理局を取り巻く世界観についておさらい。
そういや質量兵器の保有が禁止されている世界でしたね。
フェイトさんの自分がしっかりしないとも死亡フラグチックだ。
三大ヒロイン全員に過去に無かった自己犠牲が見え隠れするのは不安だ(苦笑)
ただ、クロノやロッサははやてに関しては生き急いでると認識はしてる模様。
なのはは過去の事件があるしはやても部隊長だし心配もされてる。
そう考えると他の二人のために無理しそうなフェイトが一番危ない気がする・・・。

次回もあんまり進展しなさそうだなぁ・・・。
スバルとギンガの姉妹模擬戦っぽいのにwktk。
フェイトやシグナムがジャケット着ないでデバイス発動させてるのは珍しい気がする。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。