説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けいおん! 第13話

★(終)けいおん! 第13話 「冬の日!」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

遂に今週で放送が終わり。
盛り上がりやナンバリング的な最終回は前回だったけど
今回はその後の話なので、時系列としてもラストなのは
蔵ASの番外編とは違う点だよね。
とにもかくにも、TVA放送はこれで終了と寂しくなります・・・。
個人的には1年に1本あるかないかの盛り上がりの作品だったしね。
らじおん!はどこまで続いていくのかなー。
それとハルヒやらき☆すたのように
放送後にどれだけメディア展開していくかですよね。
原作も含めてけいおん!ワールドはまだまだこれからだ・・・!

と締めっぽい言葉を先に持って来ちゃったけど、以下本編感想。


Aパートの醸し出す空気が切なく寂しいこと・・・。
全体的な表情の暗さ、冬、BGMの少なさのおかげで
特に暗い話でもないのになんだかお通夜ムードですよ?
暗い話じゃないのにそんな気分になるとは斬新だな・・・。
そんな中で、唯だけはいつも通りの太陽のような明るさ。
少ないBGMが使われてるシーンは大抵唯が絡んでた気がするし
演出や表情も唯だけいつも通りだから際立ってるよね。
唯の誘いを総スルーされた時も、
そっかーみたいに軽く流せたのは唯だからこそですね。
そういえば、ヒゲはあったけどやっぱりピッチャー返しは無かったorz

唯の誘いをそれぞれ断った理由は
澪は1人で冬の海に行って歌詞を書くため。
りっちゃんは弟と映画を見る約束とラブレター(?)でどぎまぎ
ムギは(おそらく)初めての1人でのバイト
あずにゃんは友人から猫を預かり面倒を見ることになったため。
いつも一緒に居る軽音部がばらばらの映像というのは違和感あるし
それも寂しさを増長する理由にもなってるんだろうなぁ。
唯だけいつも通りなのは、憂とセットだからなのもあるし。

この中でメインはやっぱりりっちゃんでしょうね。
まず、弟居たのか!とか姉弟仲良くて羨ましいな!とかもあるけど
ラブレター(?)の内容が“髪を下ろした”となってるのがポイント。
普段のりっちゃんも可愛いけど、髪を下ろしたギャップがヤベェ。
今までも何回か髪を下ろしてるシーンはあったんですが
今回の場合は本人が猛烈に意識してるところが違いますよね。
ていうか恋愛を意識してる女の子って可愛いなぁ・・・。

ばらばらの中で唯の1つのメールで風向きががらりと変わる。
あずにゃんは猫についてどうすればいいのかわからなくて唯に頼り
徐々に他のメンバーからも返信が来てみんな集まっていくのは
前回の話に続いて、唯が主人公してると感じますよね。
誰もメールの内容に関して返信してないのは笑ったけど(笑)
唯xあずにゃんもやっぱり良いよね、まさに猫が2匹。

ムギのバイト先にりっちゃん、澪と合流していつものノリに。
ムギもバイトで失敗して落ち込んでたけど、
唯のメールやみんなの様子を見て元気が出たようで何より。
謎のラブレターの正体はりっちゃんが自爆する前に澪が暴露。
澪の考えた歌詞にどぎまぎしてたりっちゃん可愛いよりっちゃん。
忘れてる方も忘れてる方だけど、澪も自分ってわかるようにしようよ(笑)
りっちゃんx澪的にはごちそうさまでした妄想が止まりませんが(えー

終わる直前の部室でのやりとりは完全にいつものノリ。
暖かムギに原作では混ざれなかったあずにゃんは混ざれて良かったね。
手が大きくて心が冷たい澪の自虐ネタはあると思ったけど
ムギがショックを受けて、手を冷やそうとするネタがカバーされるとは思わなかった。
最後は“武道館!”なリアル的な意味での伏線を残しつつも
いつものけいおん!らしく終わって最終回じゃないみたいだ。
切なく感じるシーンも多かったけど、最終的にはいつも通り面白かったです。


総括。

と言っても普段の感想がそれなりの長さなので
今更ここでだらだらと語る気はあまり無いのですが−。

放送前から評判が良かったのは知ってたけど
正直、最初はあまり興味はありませんでした。
TBS系が北海道でも地上波やるのは珍しいなーと思ったぐらいで。
1話を見て割とすぐに原作を確保したので、1話にはその力があった。
その時点では中の人にもさして興味があるわけではなかったので
完全にアニメの中に惹かれるものがあったんですよねー。
それは何か?と考えてみると、やっぱり曲とキャラと演出じゃないかな。

潜在的にオタクっていうのは音楽が好きだと思うんですよ。
楽器に憧れがあったり、実際に演奏してる人も多いと思う。
音楽、歌、曲、BGM、etc...
僕らが大好きなアニメやゲームに必ず関わってくるものですからね。
それに噛み合ったテーマと初見で人を惹き付けるOPとED。

そして魅力的なキャラクター達。
こういう言い方をするのはアレなんですが
4人の中で立場や人気的にハズレが居ないのは大きいですよね。
みんな普通に可愛いしオイシイ所を持ってる。
ほら、某○○☆○○の眼鏡なんて(ry<好きな人ごめんなさい
その中でも澪のキャラ的な強さ、受けの良さは凄かった。
視聴していけば他のキャラも魅力的に映るのが良いバランスだよね。
自分も最終的にはかなり平均的になった気がします。
選べと言われれば澪か唯かなぁ・・・。

最後に演出。
これは原作を読んだ後なら、なおさら言えることだと思うけど
原作の話と話の繋ぎ方が絶妙なんですよね。
アニメオリジナルの追加シーンも基本的には良いものばかり。
中の人の演技も手伝って、楽しませてもらってる部分はココですよね。

自己分析してみた結果ですが
けいおん!を好きになった人は概ね同意してくれると思う。
後はこの勢いがどこまで続くかですよねー。
冒頭の内容を繰り返すようですが、個人的にはまだまだ熱は終わらない。
けいおん!ワールドが続いていく限り応援していきたいと思います。
スポンサーサイト

けいおん! 第12話

★けいおん! 第12話 「軽音!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

アバンでいきなりムギの沢庵ネタが来て吹いた。
やってほしいと思ってたカバー裏ネタだけど
本編に絡めるにはシュールすぎるから、実現不可能かと思ってたけど
唯の夢という形でやってくれたスタッフGJ!

りっちゃんから風邪が伝染ったという体になったおかげで
舞台衣装のコスプレタイムはカットなのか?と思ってたけど
回想という形で、ムギのコスプレ含む再現をしてくれて良かった。
多分、寒さで身体が弱ってるところに伝染ったんでしょうね。

憂の変装は中の人の腕の見せ所でもあったけど
ちゃんと唯っぽく演じられてるのは流石ですねー。
ムギの「月が赤い」は思わずワロタ、キャラがわからなくなってきたよ!
原作では追究されなかったらどちらが“大きい”か。
やっぱり憂の方が大きいのね・・・
唯さん、何一つ妹に勝ってるところが(ry

唯が風邪が治らないまま登校してくるシーンは憂変装の直後に変更。
「うは、激しくデジャヴ!」というりっちゃんの台詞が地味に好きだ。
鼻水をぶっかけられるのもりっちゃんですが
これ、わざとりっちゃんの方向かないと絶対かからない位置だよな!
それともあずにゃんが絶妙に危険回避したのか・・・。
澪はリードギターの練習の指示といい唯への指示といい
軽音部に関することで言えば本当に頼りになる娘。
緊張でテンションが高いシーンも無かったので、今回は頼もしかったですね。

あずにゃんが原作以上に唯をいれての演奏にこだわっているのが
アニメオリジナルエピソードと噛み合ってて活きてる。
全員揃った演奏が最高!と作中で繰り返し想ってるしね。
唯のためにのど飴を用意してのギリギリまでの待機や
和の過去話と全面的な信頼という
良いシーンをぶち壊してくれたさわちゃんは確かに空気読め(笑)
このシーンの唯xあずにゃんは今までで一番キワドイシーンだったような。
これを見ているムギのリアクションも欲しかった所だぜ・・・!
今にも絡みそうな脚の描写といい「特別ですよ」なあずにゃんといい
全力でムギと握手を交わせそうなシーンでした。
・・・でも残念ながらオチは原作通りビンタ。

このまま何事もなく、ライブ突入と思いきやもう一悶着。
アニメでは憂がギターを届けてくれ無かった(というか気付いてなかった)。
さわちゃん先生はなんでギター用意してたのかが謎だけど
唯はギー太以外は(物理的に)弾けないということで・・・。

そんな中「ふでぺん 〜ボールペン〜」で開始した学園祭ライブ。
ギターはあずにゃんと唯・・・ではなくさわちゃん!?
唯はギー太が無いことに気付いた後にすぐにダッシュしたんだな。
ライブシーンと重なってるので時系列が分かりづらいけど
いくらなんでも学校と家がそんなに近いわけがないしね。

唯が階段を駆け下りてコケそうでコケなかった場面が感慨深かった。
1話と対比になっていて成長を感じられるシーンだったので。
その後の唯のモノローグでの追撃で涙腺がヤバイ・・・。
しっかり主人公してるじゃないか唯・・・。
等身大なMCの「今居るこの講堂が、私達の武道館です」はジーンと来た。

そして待ってましたの「ふわふわ時間」唯メインVoバージョン!
澪の歌という印象が強いけど、唯Voもなかなか良いですねー。
歌ってるシーンの顔なんかは、やっぱりハルヒライブを彷彿させられる。
出来ればラップの所も逆Voで聞きたかったけど1番のみで残念。
でもそれだけじゃ終わらず、ムギの演奏を起点にそれぞれが演奏を開始して
アンコールのような形で、もう一度サビを歌うシーンはライブらしくて良かった。
オチもこの作品らしくゆるーく綺麗に終われたんじゃないでしょうか。

楽しかった時間はあっという間の全12話の最終回でした・・・
が、放送はまだ終わりじゃなくて次回は番外編。
といいつつもおそらく原作の続きが基本っぽいですね。
りっちゃんの“ヒゲ”はあったけど“ピッチャー返し”は無いのかなぁ(笑)
あのシーンはおそらく原作で一番笑った部分なので!
あぁ、次回で本当に終わってしまう・・・。

けいおん! 第11話

★けいおん! 第11話 「ピンチ!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前半はギターの手入れと学祭前話のリミックス。
ムギビームがカットされてて泣いた。
アニメのムギは全体的に怖い部分がカットされてるなぁ。
澪との電話中に執事を叱るシーンも無かったし。

そして兼ねてから噂を聞いていた問題のシリアスパート。
確かにキッカケの時点で猛烈に違和感が・・・。
原作にもあったレフティフェアから離れるのがやだ!
という澪を引きずっていくりっちゃんというシーン。
この場面で澪が引っ張られ転ばされてなんかマジっぽい雰囲気に。

この作品はマジギレというものがあってはならないと思うんですよ。
澪が怒ってりっちゃんをぶん殴るとかはギャグで済まされる。
今回のようなリアルなぎくしゃくがあると成り立たない。
なんだかんだで仲良くまったりしてるからこそのけいおん!だと思うんです。
そんな認識があったので空気が冷えた瞬間に違和感が・・・。
そりゃあこの2人は幼なじみなんだし
描かれてない所でこういうやりとりはあると思うよ?
でもそういうシーンはサラっと流して欲しかったなぁ・・・。
澪と和が仲良しのシーンもネガティブな見方になっちゃってるしさ。

おかげでなんだかもやもやした気分で視聴していたんですが
最後まで見ると律x澪がやりたかっただけなんじゃないのかと(笑)
番外編も2人の話らしいしスタッフに好かれてるよなぁ・・・。
個人的には「澪の足音はわかる」の台詞がヤバイ。
この台詞だけでこの2人の絆を感じることが出来ますね。
あぁもう、最後までモヤモヤした気分じゃなくて本当に良かった・・・。

りっちゃんが風邪引いたのは唯の代わりかなーと思ったんですが
寧ろ、唯の学祭直前の風邪引きフラグだったようで。
風邪引きりっちゃんの前で寝落ちしてて危ないとは思ったけどさ・・・。

次回でストーリー上は最終回。
やっぱり最後はライブになったかーという感じ。
予告映像のさわちゃんの台詞的に憂の話がそのままっぽくて良かった。
実は微妙にバレを知ってるのでアレを聞けるのが楽しみだ。

けいおん! 第10話

★けいおん! 第10話 「また合宿!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

原作では合宿前にちょっとした話があったんですがカット。
和と澪の普通の会話とか底知れないムギとか律澪とか
憂にテスト勉強教わって赤点回避の唯とか
見所が結構あっただけに残念、確かに重要度は高くない話だろうけど。

原作では合宿後だった憂とのデートが前倒し。
あずにゃんがやっと自然に笑ってくれてかわええ・・・。
8話ではかなりよそよそしかったのに親しくなってますね。
2年生とあずにゃんの溝を埋めるのが9話だったけど
ついでに1年生同士が仲良くなるのも見たかったなー。
ういうい言ってる唯やん(イメージ映像)かわええ・・・。

りっちゃんがいきなり登場して好きなシーンなんですが
原作より登場の仕方が唐突になってて吹いた。
しむらー!うしろうしろ!りっちゃんこえええええ
ごめんなさい連呼してぐんにょりなあずにゃんは良い。
だるだる唯をそれを見てほっこりな3人も和む・・・。

ムギの別荘を見てのあずにゃんの反応なんか薄いな。
せめて3人と同じリアクション取って欲しかった。
多数決で裏切るムギェ・・・。
涙目でお船いらないと抗議するのは可愛かったけど
「よいしょよいしょ」はわけがわからなかったよ・・・。
アレは一緒にやってるような気持ち的なものなんだろうか・・・。

澪の恐がりっぷりは度が過ぎてる感があるけど
澪を怖がらせるためなら乙女の髪に海藻被るりっちゃんが男前すぎる。
同じ無人島ネタを繰り返すのはお約束だよね!
りっちゃんは白い水着とか着ちゃうだけに胸の成長が・・・
唯とあずにゃんはなんかもうがんばれ。
というか澪の一人勝ちすぎるのがいけないんだよ!

最近毎度お馴染みのイメージソングのCMですが
今回も「あるふぁるふぁ〜」を聞けると思ってたのに
発売中のCMに切り替わってて聞けなくてしょんぼり。
唯は残念だけど澪はこっちの方が色々出来そうでアレだな(笑)
「うぅ、出ちゃった・・・」

練習パートでは薄々気付いてた人も多いであろう唯の絶対音感について。
そもそもフレーズを簡単にコピー出来る時点で凄いんだよな。
今のところ1/8音ぐらいのズレまでは正確に判別できる模様。
唯は本当に天才肌なのは事実なんだけど
この後のアニメオリジナルのあずにゃんとの練習とか
家でもギー太を弄ってるので努力をしてないわけではないんですよねぇ。

食事パートは前回の合宿&原作で見られない場面だったのでGJ。
とりあえず壊滅的に料理がダメな人は居ないようだ(笑)
ま、まぁ切って刺して焼くだけだしね・・・。
スルーされたと思ってた澪の手が大きい話はここで回収。
でもフォローがねぇ!誰かフォローしてやれよ・・・。

花火パートの合体!ネタはあるあるネタだよなー。
原作で絡みの少ないムギとあずにゃんが節々で絡んでるのは良いことだ。
あずにゃんといい澪といいりっちゃんは本当に扱いが上手い・・・
けどその割を食ってか放置プレイされてカワイソス。
入浴パート、見分けつかないのは寧ろ唯律だよね・・・。
見栄え的なものを優先したのかアニメではりっちゃん髪上げたままだけど。

次回予告では何を言ってるのか不明だった寝ぼけりっちゃんですが
おそらく「キャベツうめえーー!」って叫んでたのか・・・。
あのバーベキューでのキャベツっぷりを見た後だと納得。
ムギはそんなに「ゲル状」を引っ張るのか(笑)
あずにゃんとの練習はほっこり良いエピソード。
唯がふざけたりあずにゃんが怒ったり以外の絡みは珍しいしね。

日焼け梓を見て誰?な憂もスルーされなくて良かった。
2回に分けたことで日常的に会うぐらい仲良いのが強調されてるし。
じゅるじゅるジュースを吸うあずにゃんがー!
暖かいに対して肯定的になってる
あずにゃんの心境の変化が見られたところで今回はおしまい。

次回は唯のギー太のメンテナンスのお話。
1年の間に誰か突っ込んでやれよ!という突っ込みは原作でも思ったなぁ。
具体的なネタバレは回避してるんですが
どうやら9話より評判の悪いシリアスなようで。
よっぽど雰囲気ぶち壊してくれない限りはアリなんですが果たして。

そういえば今週末のBS-TBSのけいおん!で
やっとこさあずにゃんverのワイド版OPが!
これをエンコ出来る機会をずっと待ってたんだぜ・・・。

けいおん! 第09話

★けいおん! 第09話 「新入部員!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

噂が流れていた新OPEDは残念ながらガセだったものの
既存OPに映像、コーラス、ギターのあずにゃん追加キタコレ!
しかし、映像とギターパートが物足りない・・・。
映像はあずにゃんの“枠”がサビ前に出来たのは良いんだけど
「オクターブ高く」のシーンが好きだったので切なく。
ギターパートは正確にはわからないけど追加パート少ないような?
サビとか追加されてないのかそれとも唯の影に隠れてるだけなのか。

今回はあずにゃんが正式に入部し、先輩達のぐうたらっぷりを知り
新歓ライブの時に感動した演奏とのギャップに戸惑う話。
原作では割とあっさりあずにゃんは慣れてしまったし
次に登場するのが合宿だから合間を埋めるようにオリジナル入れたのかな。

BパートはほぼオリジナルですがAパートはいつも通り原作+アルファなお話。
あずにゃんブチ切れは原作では泣いてなかったけどこっちの方がいい!
さわちゃんがより悪人に映るけど自業自得だよ・・・。
澪の「あの先生ちょっと変なの」は何気に酷いと思うけど
さわちゃんの一番の被害者は澪だろうし毒を吐きたくもなるか(笑)
唯のいーこいーこはマジ和む・・・憂もこう手なづけたに違いない。

ケーキ食べたら力の出る唯さんはなんかトランスしてるよ・・・。
ぼさぼさの髪と「ほれ(食べてみ)」が良い味出しすぎだ(笑)
もう中の人補正でどっちが唯でどっちが愛生さんなのか混乱してきたぜ・・・!
あずにゃんのニックネームの由来にもなった猫耳ですが
唯の猫耳がカットされててしょんぼり・・・りっちゃんのは追加されたのに。
それとこの時点で澪が空気過ぎて泣いた。

Bパートは原作には無いエピソードの大幅追加。
買い食いとかは如何にもこのメンバーらしくていいですよね。
おごっちゃうぞーとか言ってるのにアイスを拭いてもらったり
あずにゃんの返事を「ニャー」で強要したり唯は相変わらずフリーダムだ。
歓迎会のハイキングではあずにゃんの鯛焼き好きという設定が追加されました。
後ずさり方とうさみみもGJだよあずにゃん・・・。
さわちゃんは衣装を持ってきてどうするつもりだったんだろうか(笑)
寧ろアレを外で着替えたのか!そうなのか!?

しかしあずにゃんの様子を見て澪が心配したりのシリアスムード。
割とキツく言ったりと損な役回りだなぁ・・・。
練習やるぞ!っていうキャラが澪しか居ないからしょうがないんだけどね。
というかムギはもう少し真面目な娘だと思ってたのに・・・!
お茶を飲んでほげーーーとなるムギは貴重かも知れない。

あずにゃんが他のバンドに参加しようとクラブハウスに行ったり
「最近あずにゃん来ないね」のくだりはなんとも言えない気持ちに・・・。
この会話だと連絡は一切取ってないみたいだけど、まだ知り合ったばかりだし
執拗に「部活に来て」というのも強引なのでやらなかったのは理解出来るけど
クラスメイトの憂に唯が様子を聞くみたいなくだりは欲しかったなぁ。
演奏をして納得させるのは唯の時と同じで、最後は原作通りの納め方でした。
脱力唯の「ねこみみつけてー」「もえもえきゅん」でなごなご。

開始前からシリアスが微妙という意見を多々聞いてたんで不安だったんですが
アリナシで言えば個人的にはアリになるのかなぁ・・・。
原作通りやれば良かったと思うよ?というのが一番言いたいけど。
1クールという括りで言えば後半で盛り上げたいのは理解できるし
作中にも表れてるように、2年と1年の距離を埋める話はあっても良かったと思う。
オリジナルをやって距離を縮めるなら原作通りのゆるゆるが良かったなー。
買い食いとかハイキングはあずにゃんがプラスに受け取れば深刻にならなかったのにね。
それでもないわーってほどでもないのでまぁアリかなという感じで。
11話の感想を聞く限りそういう方向に持っていきたかったのかなーとも。

次回は再びやって来ました合宿話!
今度こそあずにゃんの魅力全開でお願いします。
次回予告のりっちゃんで吹きそうになったけど何て言ってるんだアレ(笑)

けいおん! 第08話

★けいおん! 第08話 「新歓!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

あれ?軽音部の活動内容が不真面目だとか期末テストとか
泊まりで特訓とか軽音部の紹介ビデオの話は全カットなのかー・・・。
一部のエピソードは繰り上がりで2年生に持ち越されましたけど。
特に泊まりと澪ナースは膨らませられそうな話だっただけに残念だ。
でも、憂の合格で唯大喜びの姉妹愛とか
澪の私服を堪能できたので良しとしようじゃないか。

新学期開始のくだりも結構変わってるな。
憂の友達の軽音部の見学とかが前後してるせいだろうけど。
あずにゃんの描写が控えめというか抑えめなのは故意なんだろうな。
新学期早々、憂が唯の世話という良いモノを見られたけど
そういえばムギってこの姉妹には全然反応しないんだな。
改めてひとりぼっちの澪を見ると本当に可哀想な娘に見える・・・。
ファンクラブが出来るぐらい学園祭で目立ってたのに
遠目に噂されるようなこともなくスルーされてるのが悲しい。
楽器を持たないとオーラが出ないのだろうか。

原作では入学前だった憂の友人の部活訪問が入学後にシフト。
確かに勧誘云々のくだりと一緒にやったほうが自然ではあるよね。
内容自体はさして原作とは変わりなく。
入学後なので触り程度にあずにゃんが絡んだぐらい?
あずにゃんは元々ジャズ研に入ろうと思っていたのはオリジナル。
親がジャズバンドをやっていたという原作設定を活かしてでしょうね。

そして新歓ライブ!遂にPVじゃなくてライブが来た!
・・・んだけどなんだか思ったより地味だなーというのが正直な感想。
学園祭と違ってあくまでも勧誘が主旨なので当たり前と言えば当たり前か。
新曲の「私の恋はホッチキス」は盛り上がり重視でもないしね。
個人的には汗を拭いたり飲み物を飲んだりする描写が追加されていて
それが本当のライブらしさを出していて良かったです。
原作では「ふわふわ時間」でツインヴォーカルでしたが
アニメでは新曲を使ってくれた所もスタッフGJ!
でも「わたし」が「私」に変更されてるのは何故なんだろう。

最後に今回の一番の見所であったと思われる新キャラあずにゃんについて。
露出が敢えて抑えられてるっぽく出番は少なめでした。
その少ない出番を見る限りなんだかかなりおとなしくなったような。
悪く言えば憂をチラ見したりとなんだか感じが悪い娘に見えたよ・・・。
新歓ライブの感想で「感動しました!」みたいならしさが欲しかったなぁ。
それともアニメでは微妙にキャラを変えていくんだろうか?
絶対原作のままの方が人気が出るキャラだと思うのに・・・。

あ、声に関しては事前情報で知ってたけど竹達彩奈さんがマッチしてて満足。
主要キャストが若手が多いし役作りや実際のイベントなどを考慮すると
出来れば主要キャストよりも更に若手の方が自分は望ましかったので
嫌いなわけじゃないけど戸松遥さんとかにならなくて正直安心してます(笑)
とにもかくにももう少し出番&声を見てみないとですね。

次回はそんなあずにゃんに訪れる最初の試練!
予告の空気の読み方が絶妙すぎる・・・。
“あずにゃん”が楽しみで楽しみで仕方がありませんよ・・・。
それと個人的に好きなのは唯のなでなでかな。
この辺りであずにゃんのキャラが出るのでそこで全て判明する!
そういえば次回からはお楽しみのOPにあずにゃん追加ですね。

けいおん! 第07話

★けいおん! 第07話 「クリスマス!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

唯と憂のクリスマスの想い出や姉妹愛を中心として
原作を大幅に膨らませたクリスマス回(会)でした。
唯はなんだかんだでやっぱりお姉ちゃんなんだなー、と。
手袋&マフラーといいニヤニヤしっぱなしの姉妹だ。
作中でも言われてるけどこれはこれでバランス取れてるよね。
それにしたって憂は本当に出来た妹としか言いようがない。

他にはプレゼントの買い出しで何故かムギ1人でハブ?とか思ったり
そのプレゼント交換ではさわちゃんが原作以上に悲惨な目に遭ったり
ムギのマンボウのモノマネで盛大に吹いたり
オリジナルシーンが雰囲気を残しつつ面白かったのは良かった。
けいおん!見てるとホントに癒されますよ・・・。
とりあえず原作では見られなかった澪サンタを見せてくれたスタッフGJ!

一方の初詣話はサブタイがクリスマスだしおまけ程度の扱いですね。
原作を切り貼りしてアニメ化したような印象でした。
ムギが晴れ着着てない理由や袖ビンタとかカットでしょんぼり。
まぁ、澪の晴れ着が見られただけで価値があるよね!

次回は「新歓!」。
待ちに待ったぞあずにゃああああん
予告でのぼかしかたが憎い・・・。
情報は得てるけど声は聞いたことないから楽しみだー。

けいおん! 第06話

★けいおん! 第06話 「学園祭!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

遂にやってきました学園祭。
軽音部としての初ライブという意味や原作的にも楽しみだったけど
やっぱり音楽を題材にしたアニメなんだから
見たいのはライブシーンでしょう!
そういう意味では合宿以上に期待してましたよ!

前半戦は殆どアニメオリジナルの学園祭出し物パート。
原作では学園祭の話はライブとそれの準備の話ぐらいだったので
純粋にイベントの追加は嬉しいですねぇ。
2話の「楽器!」のように追加イベントが上手い上手い。
その中でも唯の「ごっつぁんです」は飲み物吹きかけた。
ていうか唯はちゃんと声枯れたままなのね・・・。
漫画だと文字だけなので意識しなかったけど結構モヤモヤ。
というかどうやって演技してるんだろう・・・。

あると思ったけどお化け屋敷はやっぱりニヤニヤ。
澪からすれば酷いイジメ回だよなぁコレ・・・。
出し物といい出番前といいライブ、ライブ後といい
視聴者的には澪大活躍!すぎるけど(笑)
っていうか澪は出し物の手伝いとかしないでいいのだろうか。
もしかして友達居ないんじゃな(ry

おさな澪とか本番前に涙目な澪は原作通りなんですが
わかっていっても可愛い、何度言って言い足りないぐらい可愛い。
MCの話題を振って盛り上げようとするりっちゃんはさすがだよね。
実は軽音部で最も良識人かつ部のこと考えてるのがりっちゃんです。
真面目な面とムードメーカーというりっちゃんの素敵な部分が見られて良かった。
今までは空気読まないで騒いだりみたいなシーンが多かったしね。
りっちゃんはホントは良い子なんだよ・・・。
だから憂ちゃんじゃなくてりっちゃんにも投票してあげようよ・・・。
いや、何のことだかわかりませんが。
とりあえずりっちゃんの頭がカワイソスなのは澪が叩きすぎなんじゃないかと・・・。
それと「よく似合ってますわよ」は可愛かった。

そして遂に待望のライb・・・アレ?
どう見てもこれはプロモーションビデオというやつです本当に(ry
いやま−、ネタバレで知っていたんですけどね・・・。
オイシイ所は後回しっていうことなんですかねー。
新歓ライブ(最速は放送済みですが)もあるし
おそらく尺的に学園祭がもう1回か最後にライブやりそうだしね。
残念と言えば残念だけど楽しみは後にということで。
それよりも唯の枯れてる声のせいで笑いそうになるよ!

澪のエクスタシーなアヘ顔はキャプ画像だけ見てたんだけど
ほんの一瞬でちょっとだけ安心しました・・・。
まー、澪は恥ずかしがりだけどツンデレな時点でエロエロだよね(えー
なんだか妄想全開になりそうなので自重しよう・・・。
パンモロはインタビューとかで拘りは聞いていたけど
地上波ではまずないだろうなーとは思ってました。
これもバレで知っていたけど茶碗という発想は奇抜すぎるだろう(笑)
ごちそうさまでしたってことだよね、誰が上手いことを(ry
BS-TBS版でもパンツは無さそうだけど期待だけはしておこう・・・。

次回はいつも通り軽音部らしからぬけいおん!らしい日常話。
予告映像、チラシが豪華になってるー!
幼い唯は確かにかわ唯。
サブタイはクリスマスだけど8話が「新歓!」だし
初詣までやっちゃうのかな・・・サンタ!晴れ着!

けいおん! 第05話

★けいおん! 第05話 「顧問!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

りっちゃん隊員の座り方がはしたないっ
けど女子校ならではという感じはするよね。
ってここまで書いてやっと想い出したけど
りっちゃんはGIRL'S-HIGHの凸に似てるのか・・・。

今回は顧問!ということで文字通りやっとこさ顧問決定。
というかそもそも部活認定されてなかったという。
作中でも追求されてるけど今までどうしてたの!?という感じで。
音楽室をフリーダムに使えたのはムギの圧力のおかげに違いない(えー
それにしても澪とりっちゃんの絡みは見ていて和む。
あの澪が唯一、手を上げるほど親しい間柄ですからねぇ。
りっちゃんが澪を脅かす、澪がりっちゃんを殴るという
やりとりを見てるといつも通りだなーと安心できます。

さわちゃん先生を顧問に仕立て上げる過程を大幅に広げるのはいいけど
廊下ダッシュの障害物競走は絶対花田大先生の趣味だろうと思った(笑)
さわちゃんの過去を無駄に掘り下げたり
メリハリのある演出が大先生ェ・・・と思ったけど
上目遣いの唯が可愛かったり原作を活かしてたので許そう。
というか原作あるアニメは毎回こんな感じでやってくださいよ大先生・・・。

話的には原作の学園祭一歩手前まで。
学園祭自体は予告見る感じ大幅に広げられそうで良かった。
せっかくの学園祭というシチュを活かさない手は無いしね。
というわけでふわふわ時間(タイム)の歌詞もお披露目なんですが
まさかCMで先に歌を聴かされるとは思わなかった・・・。
これだから2週遅れって嫌よね!
というかCD発売の方が6話より早いよ・・・。

ムギに百合っ娘の片鱗が現れてきたのは百合スキーとして嬉しい所。
でもムギって基本的に見る専門なんですよねー。
百合好きの部分は原作より強調されてるし
あろうことか澪とりっちゃんの前でカミングアウトしてしまった(笑)
「どんとこいです」(?)は吹きそうになったじゃないか。

次回はお待ちかねの学園祭ですよー!
バレである程度知ってるんですがそこはまぁ気持ちをリセットして。
ある意味本番は再来週のBS-TBSで6話なんですけどね、ワイド的な意味で。

けいおん! 第04話

★けいおん! 第04話 「合宿!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

これが噂のMMQ(萌え萌えキュン)か!
いやまぁ、さんざん画像とか動画で見せられてたけど(笑)
あからさまに狙いすぎてる部分は確かにあるけど
MMQとセットのきゅるるるりんが良い味出してるよね。
澪メイドよりも唯とりっちゃんが澪を可愛いと思ってる事実が
最も興奮する部分だと思うのですよ、と冷静に分析してみる。
つまりはなんだ

澪かぁいいよおおおおおお

・・・取り乱しました。
しかし「俺の嫁」発言をしないのが俺のジャスティス。
この手の発言を聞いて感じるのは
「いいや俺の嫁だ」か不快になることぐらいだと思うのですよ。
不毛な争いだしその発言自体が個人的にはね・・・。

・・・ここで澪は俺の嫁とか言ったら台無しですよね(えー

そんなことは言いません。
澪は唯かりっちゃんの嫁がいいですムギ的な意味で。

今回は花田大先生脚本とのことで放送前から不安だったけど
原作をアレンジする作風がプラスに働いたんじゃないかな?
「まぁ」が6回とか電話越しにおはようございますでおじぎとか
キャラの何気ない可愛さを引き出してるのは好感触。
昔の軽音部やら桜高祭などのフラグも張ってるし
アレ?花田先生どうしたんですか!ってぐらいマトモ。
でもとりあえずボインは古いと思うんだ・・・。
「私も行くー」が原作よりイジメられてる感が出てて好きです(笑)

映像的に一番良かったのはオリジナルの花火のシーンかな。
澪達が唯を眩しそうに見つめる気持ちとか
あの一瞬時が止まったように感じる煌びやかな演出が
良い意味でなんとも言えない気分にさせてくれました。
ああ、ホントに唯は音楽を初めて良かったなー、とかね。
俗な言い方をすれば主人公らしさを見せてくれたましたよ。

カバー裏の写真ネタも拾ってもらえて大満足。
シーンをそのまま再現してるのでりっちゃんが大変なことに。
このシーンが喰霊零の黄泉のコラになってる画像があったけど
それを見て、澪は誰かに似ている・・・と思ったら黄泉か!
このシーンだけだと本当に黄泉にしか見えなくなったじゃないか・・・。

次回は顧問!とのことで今回登場フラグが立ってた人登場。
次回も花田脚本だけど問題あるまい。
予告シーン見る感じ上手い具合に広げてくれそうです。

けいおん! 第03話

★けいおん! 第03話 「特訓!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらず原作の4コマの間を埋める味付けが絶妙だなー。
今回は唯x澪のぷにぷにーが見られただけで満足だ。
唯は動くと圧倒的に可愛さが引き立つよね。
この辺りはさすが主人公というだけはある気がする。
ヘッドロックからの立ち直りの速さは思わずワロタ。

出来た妹憂は桜高入学フラグを立てていた。
フラグと言えば唯の風邪引いたことないもフラグっぽいけど
アニメでそこまでやるかどうかは微妙なラインだ・・・。
りっちゃんが原作以上に面白いことになっていたのと
澪が教えてる中
微動だにしないでニコニコしてるムギが印象的だった(笑)
和とはここで面識作ってたほうが
後々自然に絡めるので良い変更点でした。

なんだかんだで唯の心配をしてる澪はマジ良い子。
お茶どばどばムギに持って行かれたけどな!
りっちゃんはアレだよ、唯を信じてたんだよ!
唯のこの集中力は後々の布石に・・・。
本人は集中力無いと言ってるけど実はそれは間違えで
集中力は凄いけど一つのことしか出来ないのが正解。

次回はお楽しみの花田大先生回!
予告は無難にまとめてたけどバレで萌え萌えキュンだからなぁ(笑)

けいおん! 第02話

★けいおん! 第02話 「楽器!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

気付いたら原作やCDを買っていた上に即読んでいた。
澪が可愛すぎるから・・・おそろしい子!
先に原作読んじゃうと感想が困るんだけど
今後のイベントのアニメ化が楽しみで仕方ない。
やっぱりアニメは1巻の内容だけなのかなぁ。
OPED的に追加キャラは出しづらそうだ。
CD売り上げとかヒットしてるようだし2期に期待でしょうか。

と前置きはこの辺にして2話の感想。

唯を名前で呼ぶのを恥ずかしがるのは
アニメオリジナルの追加シーンでGJすぎるな!
もう澪に関しては可愛い可愛いとしか書けそうにないので
出来る限り感想で触れるのは自重・・・出来るだろうか。

原作ではさっくりムギパワーを発揮したギター購入ですが
ちゃんとバイトして買おうとするのは良いんだけど
明らかに値段が張るギターをいつまでも諦めなかったり
バイトを手伝ってもらってるのに本人がバイトだらけてたり
なんだか唯のアレな面も目立った変更点だったなぁ。
そんな天然の緩さが許されるのが唯のキャラだし
結局、お金を受け取らないのでフォローになったけどね。

次回はあからさまに勉強が出来なさそうな唯の前に中間テスト。
あんまり作中で時間流れてる感じはしないんだけど
結構なペースで時間流れてるんだよね、4話は合宿話だろうし。

けいおん! 第01話

★(新)けいおん! 第01話 「廃部!」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作未読。
ゆるーい空気+京アニというコンビで
ハルヒ、らき☆すたに続いて大きなヒットを
狙おうという京アニの魂胆が見え見えで
前評判と評判は聞く限りキャラ押し出しだと思いきや
中身は予想以上にストーリー重視のしっかりした作りだった。
まぁ、確かに昨今、キャラが良いだけじゃヒットせんわな。

といいつつも最初に語るのはキャラからなんですが。
自分は4人の中では澪かな・・・一番人気キャラっぽいけど!
俺は黒髪ロングが大好きだし恥ずかしがり屋の性格がツボすぎる。
予告を見ると来週が楽しみすぎますね・・・。
主人公ポジションの唯はドジッ娘というかアホの子すぎて
この先、1からギターを学んでいくのが不安だな。
律はリーダー気質でぐいぐい周りを引っ張っていきそうな感じ。
ムギはファーストフードの反応からお嬢様か。
キーボードが出来るのはピアノが出来ると考えると納得だ。

OPは唯、EDは澪がボーカル担当らしいですが
それぞれのキャラにあった曲と映像でどちらも初見で気に入りました。
特にEDは普段とのギャップが素敵、澪かっこいいよ澪。

原作はまだ2巻しか出てないようだし購入しようかなー。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。