説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひだまりスケッチ×365 第13話

★(終)ひだまりスケッチ×365 第13話 「1月10日 おかえり…うめ先生」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

夏目は最後までツンデレだけど
最後だからいつもよりデレ分多めのように見えました。
っていうか前回と言い沙英→ヒロよりかなりガチなんじゃ(笑)
何のことだかわかりませんけどね!!
一応最後なんだからもう少しキャラ出して欲しかったなぁ。
学校休みとはいえ学校関係の登場人物とか・・・。
智花も出番が365前半だけでちょっとしょんぼりですね。

最後はまぁ無難にまとめた感じ。
前期OPを久しぶりに聞いたのでなんだか懐かしかった。
あの銭湯は”ゆのさま”ですね、わかります。

エピソードはまだあるんだろうし、これだけ人気があれば
3期とかあってもおかしくなさそうですねぇ。
とりあえずいい加減原作は2巻”以外”買わないと。
地味に1冊が高いのがアレですよね・・・薄いのに・・・。
スポンサーサイト

ひだまりスケッチ×365 第12話

★ひだまりスケッチ×365 第12話 「7月7日 見ちゃダメ/7月8日 四人」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回はヒロさんと沙英の喧嘩からスタート。
ゆのと宮ちゃんはマジで喧嘩とか無さそうだけど
この2人は親しすぎるが故と性格上ぶつかったんだろうなぁ。
いつも宮ちゃんに弄られてる先輩2人だからか
怒ってる所にまるで違和感が無いという(笑)
ある意味この2人だと痴情の縺れでも正解な気がするよ!(えー
吉野屋先生が痴女なのは正解で間違いない。

宮ちゃんは毎度新特技の発見に驚かされる・・・。
いつの間にゆのの部屋をがさ入れしたんだ。
宮ちゃんだからこそ冗談半分で済ませられるのも凄い。

次回は1月に入って少し経った後の話で最終回。
うめ先生とサブタイあるけど関係あるのだろうか。

ひだまりスケッチ×365 第11話

★ひだまりスケッチ×365 第11話 「9月28日 パンツの怪」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

パンツってそっちか!騙された!
でもなんだか今回のヒロさんは全体的に可愛かったなぁ。
沙英のちゅーとか無くて残念だ!
宮ちゃんとヒロさんはいつ見ても良いお笑いコンビだこと。
かといって逆のゆのと沙英はなんか微妙だよね(えー
そして相変わらず見てるとお腹が空くアニメだ・・・。

ひだまりスケッチ×365 第10話

★ひだまりスケッチ×365 第10話 「6月8日 まーるニンジン」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ゆのの両親の当番回(?)
そうか、この時点でもまだゆのは大家さんに会ってないのね。
というか、もういつ出会ったか忘れましたよ・・・。
これぐらいの歳になると両親に挨拶されたりするのが
恥ずかしく思う年頃だけどそんな態度を全く出さず
寧ろ友達を紹介したりと、らしい素直さはゆのの魅力ですねぇ。

そんな温かい両親も吉野屋先生のことは痛い(ry
親御さんからすればあの教師に娘を任せるのは不安だろうけど。
わざわざ会ったことを伝えにゆのの所に来たり
生徒からの誘いを快く受け取るフレンドリーさとか
親しみがあって生徒のことを考えてる良い先生なんだけどなぁ!

次回はパンツ…だと…
そういう方向にひだまりが行くのは珍しい。
でもひだまりがやると寧ろ健全さを感じるかもしれないな。
毎度、入浴シーンがあるのに不健全さを感じないし!

ひだまりスケッチ×365 第09話

★ひだまりスケッチ×365 第09話 「8月5日 ナツヤスメナーイ/12月3日 裏新宿の狼 PART II」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

前半はほぼ吉野屋先生が喋ってるという珍しい回。
仕事をサボってダメダメな先生ではあるけど
花火の時の校長が言ったように
生徒のことを考えてる良い先生なんだよなぁ。
・・・でも仕事は溜まる前にちゃんと消化しようぜ!
暑中お見舞いのハガキはああやって撮影してたのね(笑)

後半は2期になって増えた気がする真面目な回。
手紙のやりとりってのは女の子ならではな気がしますね。
ゆのは自分にあまり自信は無いけど
自信が無いなりに何かやってみようという成長を感じますね。
正直、個人的には何かを創作できるという時点で価値あるものだと思います。
つーか、宮ちゃんが凄すぎるだけだと思うんだ。

ひだまりスケッチ×365 第08話

★ひだまりスケッチ×365 第08話 「10月13日 お山の大将」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

宮ちゃんが運動神経良いのはわかるけど
文系っぽい沙英がそれなり運動できるのは意外でした。
そもそも美術科だから基本的に運動は得意じゃないよね!
デッドヒートの割には普通科に負けてるし。
寧ろ普通科の存在をすっかり忘れてましたよ・・・。
夏目は完全に鳩2で言う由真みたいなキャラになってるなぁ。
個別ルートじゃない由真はうz(ry
デレる相手は沙英ぐらいしか居ないしな!

次回予告の「ナツヤスメナーイ」の発音で吹き出しそうに・・・。

ひだまりスケッチ×365 第07話

★ひだまりスケッチ×365 第07話 「4月7日 入学式と歓迎会」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

サブタイ以上でも以下でもない話。
このときにゆのは沙英と初対面だったのね。
どことなくぎこちない2人は新鮮だな。
思いの外沙英が照れていないのは
自分のキャラがまだ1年達に把握されてないから?

体育祭の話がチラっと出たところで次回は体育祭の話。
こうわかりやすい順番だといいんだけどねぇ。
乾燥剤(だっけ?)とか懐かしい伏線だけど
いつこの話やったとか全然思い出せないわ・・・。

ひだまりスケッチ×365 第06話

★ひだまりスケッチ×365 第06話 「7月30日 さえ太/11月11日 ヒロえもん」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回も2話構成。
サブタイ通りメインはそれぞれ沙英とヒロさん。
入浴シーンもそれぞれ用意されているという・・・。

ひだまりは365になってから時間軸はわかりづらくなったよなぁ。
今回は沙英と智花の状態でゆの宮ちゃんが1年というのはわかったけど。
時系列的に最新なのは「おめちか」でいいのかなぁ?
進級してる話をやってるのかやってないのかだけわかれば・・・。

せっかく緩く楽しめる作品なのに
そういうことに無駄に頭使われるのはどうかと思うなぁ。
だから基本的にシャッフル構成って好きじゃないんだよ。
前作の時は公式にカレンダーあってわかりやすかったのになー。

ひだまりスケッチ×365 第05話

★ひだまりスケッチ×365 第05話 「3月25日 おめちか」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらず食べ物の描写に定評のあるひだまり。
今回も見てる最中にお腹が空いて夜食に手をorz
それにしてもこいつら食べ過ぎだと思うんだぜ・・・。
鍋の後にケーキとか絶対無理だよ・・・<俺は少食です
5人のわりに個々の量が少ないから・・・なのか?
それでもとっかえひっかえって見るとボリュームを感じるなぁ。

というわけで智花の合格記念パーティー。
くぎみーは特別好きなわけではないけど、私的にこれは良いくぎみー。
でも今回思ったのは沙英さんはやっぱり誰かと居ると輝くなぁ、と。
可愛いよヒロさんに格好良いと言われて照れてる沙英さん可愛いよ。
智花とも姉妹だけあって微妙に似てるところもあるけど
それぞれ良いところは違うしお互い家族愛に溢れてるのが微笑ましい。

吉野家先生は相変わらずフリーダムというかゆるい・・・。
戦闘シーンは何気に普通に裸描いてて驚いた。
デフォルメ調なキャラとポッチが無いからなのか!?
湯気アニメに見習わせたい工夫だったな(笑)
この手法はひだまりだからこそマッチするのかもしれんけどね。

ひだまりスケッチ×365 第04話

★ひだまりスケッチ×365 第04話 「3月16日〜23日 まろやかツナ風味/10月31日 ガガガガ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

1話での範囲が広いというよりパート毎に別の話ってとこか。
Aパートはぬこかわいいよぬこ。
でももっと可愛い鳴き声にしてほしかったよ!
自分は犬嫌い(怖い)し猫派。
といってもあんまり触ったことは無いんですが。
幽霊にびびるヒロさん可愛いけど
なんだか毎回宮ちゃんに弄られて殴ってる気がするな。

後半は学祭へ向けての準備の話。
ゆのの心境の変化とか何気に大事な話だったり?
衣子さんとか懐かしすぎて一瞬誰かと思ったよ・・・。

次回の「おめちか」は智花のお祝いだよね・・・?
予告を見ているとなんだか不安になってきた。

ひだまりスケッチ×365 第03話

★ひだまりスケッチ×365 第03話 「5月27日 狛モンスター」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ゆのは鼻が高いということを表したいんだろうけど
その演出だと嘘つきなピノキオの方を思い浮かべてしまう。
宮ちゃんは絵が上手いのか独創的なのかわからんな(笑)
感想だけ聞いてると普通の絵も巧そうだけど。
狛犬の絵からも察するに細かい部分の描き込みなんかが巧いのかな。

今回も大家さんはバイトしてました・・・。
大家ってそれだけで食っていけるような職業じゃないのか!?
そういやこの段階ではゆのと宮ちゃんは会ったことないんですね。
1期の時系列も同時に把握しないといけないけど
全然思い出せないという・・・。

次回はまたもや話の範囲が広いな・・・。

ひだまりスケッチ×365 第02話

★ひだまりスケッチ×365 第02話 「2月6日 サクラサクラ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やっぱりひだまりはこの1日完結スタイルのがしっくり来るよね。
しかし1話から1年近く話は飛んでるのか・・・。
1話を懐かしむような会話が随所に入れられてるのは良いね。

それにしても今回は空腹時に視聴したので酷いことに。
リアルタイムだと深夜に見ることになるだろうし
夜食に手が出そうなぐらい見ていて腹が減る話だ。
宮ちゃんやヒロさんが美味しそう食べるもんだから・・・。
今は夏だけど鍋が食べたいと思わせるとは・・・!

智花は1期の時はそんなに可愛いとは思わなかったけど
今回見てると可愛いな・・・べ、別にくぎゅだからって(ry
弄られマスターな沙英との姉妹コンビは良い。
今回は実際にゆの達の前に出てこなかったのは残念ですね。
5話「3月25日 おめちか」がそれっぽいからそちらに期待しようか。

ひだまりスケッチ×365 第01話

★(新)ひだまりスケッチ×365 第01話 「はじめまして! うめてんてー」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

結局原作は2巻しか読んでないという中途半端さですが
前作や特別編は見てます、ラジオは聞いてないです。

それなりにウチを見てる人は知ってると思うけど
基本的に俺は新房作品が苦手で
最後まで見たのはコゼットとなのはと
ネギま!?とひだまりぐらいだったり。
こればっかりは演出の好みとしか言いようが無くとにかく苦手。
開始早々、新房作品らしさが全開で
拒否反応が出そうになったのは秘密だ!

2期ではありますが1話らしい
ゆのがやまぶき高校へ入学する過程の話。
引っ越しはいいんだけど荷物異様に多くね?(笑)
こう、どこかぎこちないゆのと宮ちゃんとかでニヤニヤ。
二人が今の愛称で呼び合うところなんか
まさに笑顔が陽だまりのようでゆの可愛いよゆの。
そしてお約束だった入浴シーンも健在でした。

ひだまり自体は好きな作品だったので
とりあえずは新房監督でも耐えられそうかなー。
相変わらず安定した面白さと和やかさがあるよね。
感想書きづらいしアニメ多いので感想は微妙ですが
視聴継続は確定ということで。

OPとEDは現時点では1期の方が好きだったなー。
それとどうでもいいけど吉野家先生は相変わらずエロ担当・・・。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。