説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

このページの記事目次 (カテゴリー: マリア様がみてる 4thシーズン(終了))

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリア様がみてる 4thシーズン 第01話-第13話

★(新)マリア様がみてる 4thシーズン 第01話 「学園祭はショック」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作は最新の手前まで読了済み。
原作の本編(祐巳・祥子様編)も完結したようですね。
購入はしているのでそちらはまた追々・・・。
アニメの3期はOVAなので見てません。
AT-Xあたりで放送してた気もするけどスルー。
シリーズ物の途中にOVAを挟む作りって基本的に不親切だと思う。
げんしけんの時もおなじ事思ったけれども。

というわけで2期以来のアニメのマリみてなわけですが
奇しくも4thの最初のエピソードである「特別でないただの一日」と
2期のアニメをやっていた時期が被っていて・・・
4年ぶりぐらいにこの辺の話に触れることになります。
そんなわけで原作読んでるとはいえ、正直かなり忘れてます(苦笑)
これが良いか悪いかはさておき、展開するのなら
もう少しスピードがどうにかならなかったのかと思う。

4年ぶりに動いて喋ってる祐巳達を見るとなんとも懐かしい気分に。
導入部ということで、祐巳によるキャラ紹介らしいのもあったけど
実は原作にもあったシーンでもあるので親切とは言い難いスタートだなぁ。
少ない例だとは思うけど原作読まずに1期→2期→4期と見てる人だと
可南子がいきなり増えていてびっくりするだろうな。
ナチュラルに花寺学院の生徒達も登場してるしね。

EDが「くもりガラスの向こう」とのことでそれぐらいまではやるのかな。
えー、ぶっちゃけどんな話だったか想い出せ(ry
ただ、この辺りまで来ると結論まで出さないと消化不良になるような。
どこまでアニメでやるのかが最も気になる所ですね。
それと関係無いけどOPはなんだか雰囲気違うと思うんだ(笑)
魔法っぽい演出はイメージ違いすぎて思わず笑ったよ。


★マリア様がみてる 4thシーズン 第02話 「特別でないただの一日」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

ページ数的には前回よりも薄いはずなのに前回以上に
酷い駆け足展開な気がするのは登場キャラが多いせいだな。
それに大した掘り下げもしてないのに
可南子関係のシナリオが掘り下げられているので
あからさまなお涙ちょうだいシーンっぽく見える。
併せて、今回のメインとも言えた瞳子の方も
劇のシーンがさっさと終わってしまったので印象がいまいち。
寧ろ、愉快な思考な祐巳の方が印象に残ったんじゃないだろうか(笑)

せっかくの聖さまや蓉子さまの登場も勿体ない。
まー、とりかへばやの劇のシーンもあまりないし
ごっそりシーンが削られてるということも無いんですが・・・。
アニメとして見ると1話で色々やりすぎに見えてしまうな。
この先1冊にショートストーリーが何個かというパターンも増えるので
同じような印象を受けないかが気がかりですね。
というわけで次を「イン ライブラリー」でなく
「妹オーディション」を持ってきたのは良かったんじゃないかな。


★マリア様がみてる 4thシーズン 第03話 「妹オーディション」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

おぉう、端折ってる端折ってる。
・・・とはいえ綺麗な端折り方だったから良かったかな。
アニメだけを見ていて内藤笙子なんて名前を
覚えてる人は果たして何人いるやら・・・。
江利子さまのライバルだった克美さまの実妹ですが。
アニメでそこまで触れたのかも忘れてしまったよ・・・。

そんなことよりキャストを見たら有馬菜々がなばで吹いた。
それはイメージ的にどうなんだ・・・?
江利子さまと共演する場面が楽しみだな。
でもよくよく考えれば年上系の演技が最近多いだけで
演技の幅は広いんだから問題ないかな。

原作読んでるとホント書くことないから感想困るなぁ。


★マリア様がみてる 4thシーズン 第04話 「未来の妹」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

思いっきり内藤克美さまの妹ってことはスルーかい!
自己紹介も結構端折られたので
真美さんと日出美が姉妹になったというのもついでに見えるな。
笙子が蔦子さんと再会したのもこの時なんだけど
それもスルー?それとも後々語られるのか。
一緒に行動するようになったのはいつからだっけなぁ。
蔦子さんの出番もだけど、
ちょっと良い祐巳が見られなかったのは残念です。

菜々が江利子さまに似ているという設定すっかり忘れてました・・・。
挿絵見直してみるとなるほど確かに。

次回は短編集な「薔薇のミルフィーユ」。
さすがに1話で3組の話は終わらせられないだろうし
各組の前半→次回後半という流れになるのかな。


★マリア様がみてる 4thシーズン 第05話 「紅薔薇のため息」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

えええええ!
まさか黄薔薇も白薔薇もカットされるとは・・・。
白薔薇に至っては予告ですら触れられてないというね。
次回が「予期せぬ客人」なので捕捉は無いんだろうなぁ。

確かにこの辺りまで来ると各薔薇やその他の人物の
短編がかなり出てくるので捕捉してたキリないんだけどさ。
4期はED見てわかる通り祐巳と瞳子中心の物語なので
紅薔薇中心になるのは仕方無いのかと思いました。
・・・志摩子さんの家族についてとかもスルーかなぁ(´・ω・`)


★マリア様がみてる 4thシーズン 第06話 「予期せぬ客人」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

瞳子のちょっとしたことでどぎまぎする祐巳が可愛い今回。
祥子さまとはもう強い絆で結ばれているので
あからさまに動揺するということは殆ど無くなったし
安定期に入ったと言えるから不安定な祐巳は見られなかったんだけど
瞳子のことで思い悩む祐巳を見てるとなんだか懐かしいよね。
昔と違って人間的な成長もしてるし
上級生として、姉のような存在として、瞳子のことが気になってるから
そういう意味では昔とは全然違うんだけどね。
お母さんの祐巳の柏木さんと瞳子への反応の違いへの突っ込みはワロタ。

次回は最後までやるなら久しぶりの修羅BARへようこそ!
第2のレイニーブルーと言えなくもない展開が・・・。


★マリア様がみてる 4thシーズン 第07話 「未来の白地図」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

こうしてみるとどう考えても祐巳が空気読めてないよなぁ。
せめて「同情のつもりはなかった」という台詞が欲しかったよ。
瞳子からすればあの状況やあの気持ちでロザリオを渡されても
同情されてるとしか思えないのは仕方無いと思う。
原作では同情のつもりはないし、本当に妹にしたいと思った
祐巳の気持ちが伝わってくるんだけど
アニメではそれを殆ど感じられなかったのは残念です。

次回はEDテーマのタイトルにも使われている
「くもりガラスの向こう側」
しかし解決するのはまだまだ先の話で・・・。
かなり端折ってギリギリ瞳子の問題が解決するかなーって感じか。
出来ればキリが良い瞳子の問題は解決したいけど
端折りまくっておざなりにもなるのもなぁ。
とりあえずEDは聞けば聞くほど良い曲ですね・・・。


★マリア様がみてる 4thシーズン 第08話 「くもりガラスの向こう側」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作ではあのラストの次の巻で
割と楽しさがメインの話で面を食らったもんですが
そのワイワイ描写がかなりカットされてるのは残念だ。
カットされてる部分を挙げたらキリがないんだけど
個人的には志摩子さんとの電話や乃梨子の案内。
元旦に散歩がてらお稲荷さまへ初詣。
小父さまと柏木さんの出番がカットされたのはしょんぼり。
特にお稲荷さまはカットしちゃうと後々瞳子の話に・・・
まぁ、そこでもカットしてしまえばそれまでだろうけど。

前回の予告でもチラっと映ってたけど
やっぱりパジャマパーティーが一番の癒しです。
ストレート由乃さんはビジュアル的には一番好きかも。
志摩子さんは毎朝、髪が凄いことになってそうだな、と思った。
この辺は聖さまが祥子さまの家に遊びに来た時を覚えてると
かなり懐かしく感じますねぇ。屋台物とかね。

次回は「仮面のアクトレス」の短編すっ飛ばして本編に。
またもや予告で黄薔薇姉妹の短編ダイジェストされたけど
触れられるだけ白薔薇姉妹よりマシだよね!


★マリア様がみてる 4thシーズン 第09話 「仮面のアクトレス」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回もやたら駆け足展開に見えたんだけど
実は原作も選挙に関してはあんまり触れてなかったり。
強いて言えば、もう少し祐巳の心境に触れて欲しかったなぁ。
じゃないと「立候補を取り下げるかと」に繋がらない気がする。
まぁ、今までのすっ飛ばしっぷりに比べたら・・・。
その分、表情で気持ちを表現してるしね。

個人的には、読んでる最中に俺が最高に転がった
志摩子さんの「由乃さんの、そういう所好き」が
カットされなかったので満足です。
志摩子さんマジで天使すなぁー
でも挿絵の方が可愛かったよ!

次回は「キーホルダー」だけど、考えたらやっぱギリだなー。
11話が「ハートの鍵穴」
12話が「クリスクロス」
13話が「あなたを探しに」
と言ったところか・・・?
残り3巻分&重要な話を4話でってかなりキツイような。
かといって「あなたを探しに」までやらないと中途半端なんだよね。


★マリア様がみてる 4thシーズン 第10話 「キーホルダー」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

なんだかアニメで見ると清子おばさまが意味深に見えるけど
良い子=食べる前の手洗い、潔癖=手洗いに時間がかかっている
という天然ギャグなだけなんだよな(笑)
その後の会話シーンがカットされたので
柏木さんの祥子様に対するカマかけもスルーされてしまった。

次回は予想通り「ハートの鍵穴」で瞳子の過去話ですが
なおさら2話で2巻はキツい気がするなぁ・・・。
実は2クールとかDVD商法とかじゃないよな?

前回に続いて志摩子さんが可愛すぎるんですけど。
これだから白薔薇ファミリーは大好き。
いいぞもっとやれー!


★マリア様がみてる 4thシーズン 第11話 「ハートの鍵穴」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

柏木さんの目立たないように待ち伏せてるつもりが
目立ちまくりなことをもっと突っ込んで欲しかった・・・。
車も目立たないようにわざわざ近くに止めてるのに!
柏木さんから祥子さまへのかまかけがカットされたので
自然に祥子さまと瞳子の会話でもその部分がカットされたなぁ。
如何に周りの人が瞳子(と祐巳)のことを考えてくれてるか
わかる詳細な描写がカットされたのは残念。

というわけで今回は瞳子の心の内と家庭の事情が垣間見られる話。
瞳子というキャラの惜しいところはここまで来ないと
普段のつんけんした言動をちゃんと理解してあげられないことだよね。
最初は嫌味な女の子だなーと思いつつも
徐々に祐巳に丸くなっていく瞳子を見るのは楽しかった。
その分、ロザリオを拒否された時の反動がね。

瞳子の言うように自業自得の空回りではあるけども・・・。
もう少し詳しい家庭の事情は最後までには明らかになるはず。
今まで「乃梨子さん」と呼んでいたのに
感情が溢れて「乃梨子」と呼んでるシーンは原作同様涙目に。
直後にEDのこの歌詞は卑怯ですよ・・・。

最後までのサブタイがもう出てるみたいで。
予想通り「クリスクロス」「あなたを探しに」で締め。
それぞれ原作1巻分の話なので不安すぎるんですが・・・。


★マリア様がみてる 4thシーズン 第12話 「クリスクロス」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ああ、そうか。各薔薇のサイドストーリーという
意味合いも強い巻だから紅薔薇に絞ればなんとかやれるのか。
そんなバレンタインイベント当日の回。
引きは原作とは違ったけどこれはこれでアリなんじゃないかな。
でも予告で半分ぐらいネタバレしてると意味無いような・・・。
予想通りだけど、デートの話を思いっきり端折られた黄、白薔薇カワイソス。

特に白薔薇はカードの隠し場所のヒントなんかも凝っていて
原作でも次の巻までに隠し場所わかるかな〜?
的な作者のお遊び要素もあったのに残念です。
代わりに隠し場所のお遊びが引きの関係で紅薔薇に移った感じ。
でも祥子さまの言葉で勘の良い人はわかるよなぁ。

そんなこんなで次回最終回。
次回も紅薔薇に焦点当てるならちゃんと描けそうかな・・・。


★(終)マリア様がみてる 4thシーズン 第13話 「あなたを探しに」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

紅いカードを見つける演出がシリアスになってるな。
もうちょっと間の抜けた「あ」が好きだったんだけどな。
ちなみに終わり方は原作の該当巻でも大差なかった気がします。
キャラ紹介がすぐ「紅薔薇のつぼみの妹」に切り替わらなくて
アレ・・・?って思った覚えがあるなー。

というわけでほぼ全編を使って瞳子の過去話。
特別アニメで変わった演出も無かったと思うので
原作読んでるとかなり退屈な最終回になってしまった。
終わり方は想定内だけど綺麗に終われて良かったんだけどね。

何度も言うけど、他の薔薇ファミリーが空気過ぎるのが泣けるね。
そこを何とかしてくれれば文句のないアニメ化なのにねぇ。
4期のペースでやれば5期1クールで
原作終了までアニメ化出来そうな気がするけどどうなんでしょ。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。