説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

このページの記事目次 (カテゴリー: ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜(終了))

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜まとめ

★(新)ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜 第01話 「勇者には二通りある」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介】

いきなり古谷徹ボイスが流れてきて焦ったんだぜ。
キャストがなんとなくガンダムチックだね!
前情報無しだったけどメディアミックス作品なのか。
ゲームの発売時期が1クールなら
アニメのクライマックス付近なのはバレ少なくて良いと思う。

作品の世界観はかなり特殊で獣人が支配していて
人間が虐げられているというのはグレンラガンとかでもあったが
世界を滅ぼすとか一定周期で世界が滅びるとか
世界撲滅とか世界救済とかかなり特殊な設定ですね。
1話は導入部で主人公のキリエとモルテの出会いの物語だったけど
世界観の説明がCMの方が詳しいとは・・・。

あまり惹かれる要素がないのでとりあえず様子見かなぁ。


★ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜 第02話 「世界には二通りある」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介】

サブタイは「〜には二通りある」で通すつもりのようだけど
あくまでもトッピーの台詞であって根拠がなさ過ぎる。
いくらでもこじつけられるだろうし
もうちょっとひねりが欲しかったな。

その古谷徹ボイスのトッピーですが
声の格好良さに本編で触れられててワロタ。
クマクマ言ってる古谷徹さんな現場を想像すると和むなぁ(笑)
しばらくは古谷ボイス目的で見ることになりそうだ。

モルテの勝負運を半分・・・
いや、1/3でいいんで分けてください・・・。
おのでぃボイスがなんだか久しぶりな気がしないでもない。
リ・アの戦闘中に一目惚れというシチュエーションは
戦国ランスやってる俺にはタイムリーすぎるな。

この2人と運び屋のアガンでメインの6人かな?
2人は撲滅委員会に興味を持ったからこれからも
キリエ達の目の前に現れていくんだろうけど
アガンと再び交わるのはいつになるか楽しみですね。


★ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜 第03話 「獣人には二通りある」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

感想で作画が凄いとは聞いていたものの
どう凄いのかまでは聞いていなかったので
wktkして見てみたら確かに凄かった。
見た人はこう言うのが一番しっくり来ると思うわ。

基本的には普段より美化されて
描き込みが凄いことになってそうな女性キャラとか
手抜きに見えないこともないデフォルメ作画の繰り返し。
これが短いスパンで切り替わるのが斬新というかなんというか
シリアスのはずなのにいきなりデフォルメだったりと
それはギャグでやっている(ry
と言いたくなるようなシーンも多々。

極めつけはトッピーの大活躍シーンが
絵コンテのまんまのような演出だったり
手抜きなのか演出なのかわからなくなってきました。
”演出”としてはかなり面白いと思うけど
これが万人向けするかどうかと言われれば別だよね。
それに”手抜き”とも取られかねないしそうかもしれないし。

自分は美化デフォルメの繰り返しは見てて楽しんでたけど
演出としてみてもトッピーのシーンは違和感あったなぁ。
まぁ、良い実験にはなったんじゃないでしょうか。

今回は獣人と人間でも分かり合えることがわかったけど
次回は逆に獣人が虐げられる話?


★ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜 第04話 「人間には二通りある」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介】

実はコレってサブタイと本編全然関係ないんだな!
そもそも二通りで考えるのもナンセンスだし
言葉遊びとトッピーの口癖の1つなんだろうけど・・・。
今回のはキリエが真似をして言った
付け耳が似合う人間と似合わない人間。

似合う似合わないはともかくとして
付け耳だけで獣人にとけ込めるって
凄いざるな警備だよなぁ・・・。
3人の指名手配は春の大陸には広まってないのかな?
百歩譲って付け耳でカモフラージュできるとしても
トッピーは指名手配されてるならバレバレだしなー。

アガンとの再会は予想以上に早かったけど
今後も中立のような立場にいるのかな。
アガンは人間として獣人の社会にとけ込んでるみたいだけど
春の大陸が割と人間に対しておおらかなのか
それとも商売に人も獣人も関係ないからなのか。
まだちょっと世界観がわかりかねるな。


★ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜 第05話 「漢には二通りある」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介】

内容はさておきゲストキャラの豪華さに吹いた。
トッピー@古谷さんだけでもアレなのに
アムロとシャアとカミーユの夢の共演ということで
池田さんと飛田さんが一堂に会するとは・・・。
言ってしまえばそれだけだったとも言える回だけど。

せめてヤッピーがどうなったのかは知りたかったなぁ。
今後出番無いのならなんとも不憫な扱いだ・・・。

次回はサクっと夏の大陸に移動。
予想通り場所によって人の扱いって全然違うんだな。


★ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜 第06話 「夏には二通りある」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介】

結局モルテの思い過ごしかよ!
悪いやつに人も獣人も関係ないということと
モルテにとっては人や獣人どちらに肩入れしているわけでなく
争いが終わらない愚かさ自体を憎んでいるようだ。
先生がキリエの身体について何か気付いたみたいで
このことと救済委員会で悪っぽい感じはしたけどシロ。

それより身体のこととデストラクト・コードは関係あるのかな。
夢を見ているのには何かワケがあるんだろうけど。
生まれ変わりや意志が宿ってるとかは考えすぎかなぁ。
何だかんだでコードのこともキャラのこともわかってない現状。
1クールなのにこんなにゆっくりで大丈夫なのか・・・?


★ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜 第07話 「仲間には二通りある」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介】

よくありがちな偽物登場の話。
強盗と食い逃げの時点で気付いていたけど
偽物が2組居たっていうのは珍しいオチなような。
とりあえず情報に振り回された救済委員会乙。
最終的にモルテ達にたどり着けたはいいけど
ブチ切れモルテがあっさりキリエ達に追いついた所を見ると
軽くあしらわれたんだろうか、とにかく報われねぇ。

ゲストキャラが相変わらず何気に豪華。
藤原啓示さんはやっぱりこの手のキャラが似合うねぇ。
AAAの人は正直(ry

次回はなんだか1話置きぐらいに再会してる気がする
アガンと再び砂漠での再会。
話数的にそろそろ合流したい所ですが・・・。


★ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜 第08話 「運び屋には二通りある」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介】

色々あって砂の中に閉じ込められた
撲滅委員会(+アガン)と救済委員会が協力して
脱出しようと奮闘する話。
リ・アのキリエに対する好意が悪化して惚けとる・・・。
だが砂圧で潰れると言ってるのに理解してないキリエには
さすがに惚れた弱みでもキツく突っ込んでしまったようだ(笑)
このおかげでなんだかフラグバッキバキのような。

最終的にはなんだかアガンが良いところ持っていったな。
モルテとは意外な接点はあったもののそれだけなんだろうなぁ。
一緒に行動する理由にはなり得なさそうだし
ちゃんと合流することは今後あるんでしょうか。
それは撲滅委員会も同じで、今回は最後まで休戦だったけど
今度であったときに敵対しない理由も無いし。
強いて言えばリ・アがキリエに惚れてるぐらいか。

何か共通の敵や目的が出来ればと思うけど
そうなると”世界”について関わってくるのかなぁ、と。


★ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜 第09話 「秋には二通りある」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介】

トッピーの空気っぷりに泣いた。
それはさておきキリエがデストラクト・コードについて
調べる話でもあるけど全然話が進んでない件。
モルテの弟に似ている獣人の手伝い等もあったけど
結局全体的に何を伝えたいか不明なまま終了。
予告を見る限りそのまま次の話に変わるみたいだし
今回無くても良かったんじゃあ・・・。

本編より水嶋ヒロなWDのCMで笑ったのは俺だけじゃないよね!


★ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜 第10話 「カラクリロボには108の原則がある」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介】

唯一、”二通りある”というサブタイがつかない回。
何か特別な回なのかと思えばそうでもなかった。
強いて言えば後半戦へのターニングポイントかな。
やっとこさデストラクト・コードの掘り下げやったし。
あのまま共鳴して超展開でも良かった気がするけど(笑)
このままだとなんだか終われる気配が無いんですよ・・・。


★ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜 第11話 「力には二通りある」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介】

ナジャはハーフだったんですね・・・。
通りでリ・アと比べても人間っぽいなーと思いました。
そのナジャが撲滅委員会に対して考えを改めそうな・・・?
珍しく半分ぐらいが救済委員会サイドのお話でした。
共闘する展開があるとすれば、やはりナジャがキッカケになりそう。
人と獣人のハーフの時点で橋渡し的存在になれそうだし。
リ・アのついても年齢わかったりと掘り下げられてきた。

唯一、殆どキャラに掘り下げがないのがキリエなんだよなぁ。
コードがキリエにしか反応しないし特別な力持ちなんだろうけど。
@2話でどういう展開で終わらせるのか想像もつかないわ・・・。


★ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜 第12話 「過去には二通りある」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介】

もう次が最終回というのに
こんなにだらだらと回想まがいなものを見せつけられるとは。
キリエが特別なカギになっているということを言いたかったんだろうけど
そんなのはコードがキリエに反応してる時点でわかってるし
それを伝えるにしてはだらだらしすぎてたと思うんだ。

そんな中で次回は世界の命運とかクライマックスなこと言ってるけど
キリエの問題もあるんだしごちゃごちゃする気しかしない。
ゲームがある以上、アニメだけで完全に話が完結するとは
思ってはいなかったけど、アニメとゲームは微妙に設定違うんだよなぁ。
そんなわけでアニメはアニメでちゃんと終わって欲しい。


★(終)ワールド・デストラクション 〜世界撲滅の六人〜 第13話 「未来には二通りある」 総合評価★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介】

あぁ、なるほど・・・キリエがコードでしたってオチかぁ。
これがゲーム版も同じ設定ならいろいろアレですね!
一応思い返せばこれの伏線は多々あるんだけども
球が記憶媒体でキリエ自体がシステムっていうのは
推測の及ぶ範囲では無かったなぁ。

そんなことより問題は終わり方なわけで。
システム発動したのに止まったのはなんでなんだぜ?
ストレートに捉えればモルテのキリエへの愛の力なんだろうけど
いったいこの2人のどこに恋愛フラグが(ry
これ自体だって言葉も全然無くて態度からの判断だしなぁ。
愛は力な展開やラストは嫌いではないんだけど
最低限それをやるなら恋愛フラグだけは立てて欲しかったよ。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。