説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屍姫 玄 第12話

★(終)屍姫 玄 第12話 「屍の果て」 総合評価★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

てっきり13話(26話)までと思ってましたよ。

マキナ以外の屍姫の戦闘は割とあっさりだったけど
台詞の回し方とかは王道で好きだったな。
でも実際七星2匹に対してフルボッコだよね(笑)
後、唐突にオーラとか出して笑ってしまった。

赤紗の元屍姫再登場とか狭間生きてたり
結構予想外の展開ではあったけど
最後のマウントポジション→唐突に完の表示
で全て吹っ飛んだっていうか盛大に吹いたwww
思わず( ゚д゚ )な顔になってしまったじゃないか・・・。

やっぱり原作続いてるアニメ化は難しいな!
ガンガンアニメの黒歴史がまた一つ。
玄の中盤〜後半が良い意味で超展開だっただけに残念だなぁ。
盛大に笑えるラストだったのが不幸中の幸いか。
スポンサーサイト

屍姫 玄 第11話

★屍姫 玄 第11話 「一〇八の嘘」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

最近の屍姫は素で面白くて困る・・・。
後は絵とか中の人とかもっと自分好みならと考えると惜しいなぁ。

屍姫が若い女性しかなれないのは
光言宗の開祖が死んだ娘を蘇らせるために屍姫を生み出す
術式を編み出し、それを元に屍姫を生成してるかららしい。
屍姫と契約僧の関係、縁自体も最初の屍姫のミイラを触媒にし
屍姫というシステムを作り出しているという。
北斗がそのミイラの霊力を絶ったから屍姫達の縁が切れたわけですね。

赤紗は狭間を裏切り、座壇と開祖の教典を利用し北斗を屍姫に!
ラスボスは北斗だと思ったけど、赤紗が契約するとは想定外。
そして語られる赤紗の過去と光言宗の真実。
赤紗の元屍姫とは生前も屍姫になった後も恋愛関係だった。
赤紗とその屍姫が最前線に送られたのは以前から語られてたことですが
そのとき108体の屍を倒し赤紗の屍姫は天国に行けると思いきや・・・
突如理性を失った屍姫は敵味方関係無く暴れ回る所か
契約者である赤紗にすら手をかける始末。
狭間はこのことを知っていたんだろうか・・・?

後に光言宗のお偉いさんから真実を聞き絶望する赤紗。
屍姫は108の屍を倒すと未練も執着も無い破壊の屍になる。
確かにこれは赤紗が背信僧になっても仕方ないよなぁ。

赤紗の真実が語られた所で問題は縁の方なわけで。
この話で解決しなかったらどうしようかと思ったら
案外あっさり古典的な友情パワーで解決かよ!
でも考えてみれば未練とか呪いとか
目に見えないものを力にして今まで戦ってきてるんだから
こういう方向性は間違ってないんだな。

最終決戦ムードですが、もし北斗を倒せたとしても
色々と後味が悪くなりそうな話ですねぇ・・・。
オーリ達は他の屍姫に真実を話すんだろうか?

屍姫 玄 第10話

★屍姫 玄 第10話 「地獄の先へ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

最初から“108の屍を倒せば天国に行ける”
といううたい文句に胡散臭さを感じては居たけれど
ここまで深い闇が隠されているとはさすがに思わなかった。
屍姫を大切にしていた赤紗が絶望するのもわかるな。
貞比呂はそれを知ったからこそ生者も殺せるようになった、と。
具体的な闇は次回に追求されるのかな・・・
サブタイがまんま「一〇八の嘘」だし。

赤紗がずっと言ってた屍姫の解放というのはこういうことか。
どういう理屈かは知らないけど封印された棺が目を覚ますと
屍姫と契約僧との縁が強制的に切られる模様?
=自由ってことなんだろうけど・・・。
さぁ、ここからどう逆転するのか。

屍姫 玄 第09話

★屍姫 玄 第09話 「生者の価値」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

なるほど、オーリの母親は普通の人間だったけど
オーリを身ごもったまま屍になり
その前にオーリは人間として産み落とされた、と。
父親の話は出てこなかったけど人間であることは間違い無いのね。
歪質は過去にオーリの母親に殺されて未練から屍そして七星に。
あの猫はそのときの他の子供の思念体だった、と。
マキナの方も北斗が実は星村の血を引いていたりと
なんだか一気に設定が判明した感じ。

それはさておき、今回は久しぶりに戦闘シーンが良かったな。
マキナと北斗の身体が飛び回るスピード感ある戦いとか
オーリが過去を断ち切り歪質を倒そうとする流れと
挿入歌に乗せた座壇術法+マキナの銃は燃えましたよ。
毎回こんなクオリティでやってくれればいいのに。

七星を追い詰めたかと思われた光言宗ですが、
七星達の仕掛けた屍量産が始まりなんとも超展開に・・・。
あれ、割と今までで一番面白いんじゃないか?
まだ何話かあるので、これをどう収拾付けるか楽しみだな。

屍姫 玄 第08話

★屍姫 玄 第08話 「我が母は穢れたまいし」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

いきなりのダイジェストでまさかの総集編かと思ったじゃないか。
1週休んだから記憶が飛んでるっていうのもあるんですが
それにしたって話が飛んでるような気がするんですけど。
マキナはともかくオーリはあの後どうなったのか・・・。

それはそれとして今回の焦点はオーリの出生の秘密について。
屍から産まれた子というのはまんまの意味っぽい?
オーリはどう見ても人間っぽいから
そのままの意味に捕らえれば人と屍の子とかかな?

赤紗はそういう方向に行くとは思わなかった・・・。

屍姫 玄 第07話

★屍姫 玄 第07話 「ありふれた望み」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

お胸様はまだ屍になってなかった!→やっぱり\(^o^)/オワタ
なんというぬか喜び・・・。
しかも最後の来週は休み宣告で更に萎えたじゃないか。
そんなことよりも頭屋が幼女だったことの方が問題だ!
いやまぁ、マキナは倒れ、オーリの目の前には七星と
久しぶりに絶体絶命のピンチなわけですが。
オーリが屍の子・・・だと・・・?

気になるワードを残しつつ来週休みというのが一番酷い。
番組表見てみるとAT-Xじゃないみたいなので制作の都合か?

屍姫 玄 第06話

★屍姫 玄 第06話 「幸福という怪物」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

重無あっけな!と思ったらお遊びで安心。
まともな攻撃繰り出さないでばっさばっさやられるとか。
オーリの座壇術法もなんだか曖昧な解説だったし。
マキナが本気を出すと七星をも圧倒する力があるのはわかってるので
重無をあっさり倒した(?)ことについては納得。
でもpediaって見ると重無の結末はえらい原作と違うな。
実はまだ死んでないのだろうか・・・。

お胸様が1人であんな山まで入ってくるのは
死に魅了されている部分が少なからず残ってるからだろうね。
案の定、利用される形に・・・屍になったんでしょうかね。

屍姫 玄 第05話

★屍姫 玄 第05話 「性と未練」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

景世が偽物なのはバレバレなのはさておき
それに翻弄されるマキナを見てるとイライラ・・・。
まぁ、結果的にやっとオーリと向き合ってくれたので許す。
オーリはオーリで呪いじゃなくて絆だ!とか言ってるし。
それを先輩に向かって言うのはおこがましいと言うか
嵩征に言われたことを本当に理解してるのやら。
こういう主人公達へのイライラが溜まっていって
原作読むの辞めたんだろうなぁ・・・。

屍姫 玄 第04話

★屍姫 玄 第04話 「異月の貌」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

ほぼ嵩征とイツキの過去話。
正直、思春期の男子に女として意識するな
というのはどだい無理な話で・・・。
景世の場合はある程度修行を積んだ後だったから
その辺は割り切った上で大切にしていたということかな。
それともそれ以上の感情があったが故に亡くなったか。

嵩征は自分が屍姫を異形と理解出来なかったのがわかってるんだから
どうにか理解してもらえるようなことをしないとダメだな。
それがこの一件なんだろうけど・・・オーリは割り切れるのやら。

景世は偽物なんだろうけどまた七星ですかね。

屍姫 玄 第03話

★屍姫 玄 第03話 「愛しき異形」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

なんとなーく、原作でもこんな話あったなぁ程度の記憶があるな。
オーリの言うとおりマキナが自分の意思で景世との縁切りなんて
自ら未練を断ち切るようなものだし、そう簡単にできるわけがない。
こういううだうだが面倒になって確か読むの辞めたんだよなぁ。
マキナの一件はさておき次回は嵩征の方に掘り下げがありそうな。
まぁ、だいたい過去に何が起きたかは想像つきますけど。

EDがやっと変わったけど無駄に露出が増えててワロタ。

屍姫 玄 第02話

★屍姫 玄 第02話 「我が敵」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

マキナと七星がニアミスと思いきやなんというフェイク。
七星の1人だけならともかく全員とか絶望的すぎるな。
直接、手を出してきたのは一部だけでしたが。
どうやら七星がマキナの前に現れたのは
景世を失ったマキナが我らの敵たるかを見定めに来た模様。
七星が戦う理由を“未練”ではなく“性”と語る。
一時はやられかけたマキナは七星を倒す未練とは別に
景世を守りきれなかったという呪いに近い未練で再覚醒。
あれだけ調子に乗ってた狭間がフルボッコにされていたのは
マキナの主人公補正というか狭間がマヌケに見えるというか。

前回、ただもので無い雰囲気を漂わせていた梅原先生が
せっかく活躍しそうだったのに結界破っただけで七星退却。
これなら赤紗の前で座壇を発動した貞比呂の方が目立ってたな。
全員集合の時も存在を隠されていた貞比呂が自然に注目されていたし。
“不動明王剣”とやらがちゃんと見たかったです・・・。

2話にして再び七星と対峙することになりどうなるかと思いましたが
次回はずっとおざなりになってたオーリとマキナの関係かな?
オーリはマキナを想っていることを狭間に指摘されてましたが
どう見てもマキナは景世への未練が残りまくってるからなぁ。

屍姫 玄 第01話

★(新)屍姫 玄 第01話 「光の道筋」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

一応、2期扱いであるものの
OPED予告と雰囲気が同じすぎてなんだか変な感覚だな。
ナンバリングは一応1話からで新番扱いにしておくかな。

いきなり半年も時間が経ってて状況はそれなりに変わってる模様。
予想通り嵩征はオーリと共に修行してるようだ。
光言宗六僧正の1人であり、嵩征の師匠でもある梅原も登場。
しかし、契約している屍姫が原作とちょっと状況が違うな。
オリキャラ出すとは聞いてたけどこういう形とは。
話を聞く限り、原作の梅原の屍姫である冬麻は
アニメでも似たような性格のようですが療養中・・・?
わざわざオリキャラを用意する必要性はあったのかな。

マキナの霊気がだだもれになってるのを目撃するのは
同じく莉花だけど、助けに入るのが高峰に変更されてたりする。
話を聞いて駆けつけたオーリとそのままコンビ復活したり
スムーズにこの2人の縁を演出するような変更点かな。
コンビネーションという問題は別にあるにせよ
基本的にネックになってたのは修行をしていないオーリなので
ある程度修行して実戦で開花させていった方が話を進めやすそう。

単行本が手元にある&原作を読んでいたのがこの辺りまでだし
状況が結構違うので1期と違い、先の見えない展開は楽しめそうかな。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。