説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屍姫 赫 第13話

★(終)屍姫 赫 第13話 「契約僧告別式次第」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

これは酷い総集編ですね。
まぁ、説明会みたいなもんだから
敢えて割り切った構成にして良かったかもしれないけどね。
修行までの過程がばっさり短縮されそうなのは安心した。
でも貞比呂に教えてもらっただけじゃあどうにもならないだろうに
原作のように嵩征と一緒になるのかなぁ。

そういえば今更知ったんですが
偶数回はGAINAX制作、奇数回はfeel制作だったのね。
これが今も忠実かはわからないけど。
スポンサーサイト

屍姫 赫 第12話

★屍姫 赫 第12話 「夜明け」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

田神景世殉職、享年33歳。
死の実感っていうのは後からやってくるものなんですよねぇ。
予告の通り次回が告別式になります。
でもマキナの慟哭は今回しか拝めないと思うので
もうちょっと叫んで欲しかったなぁ。
戦闘はそれなりにがんばっていたと思うけど
ED挿入歌にするならEDカットして欲しかったな。
同じ歌が作中で連続でかかるのはやはりクドいと思う。

次回は2期への繋ぎがメインになりそうだけど
オーリが契約僧になってからのスロースタートをどうするんだろう。
2期も1クールなら半分以上オーリの修行に費やされるんじゃあ。

屍姫 赫 第11話

★屍姫 赫 第11話 「ある夜」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

七星の出番が大幅に増えてはいるものの
概ね原作通りの展開でオーリは景世に刃を・・・。
原作はオーリが勝手に暴走した結果に操られて
景世が致命傷を負うキッカケを作ってイラついたけど
その辺りが改変されてオーリのせいでなくなってるね。
オーリがメインになってからしばらくして切ったのは
少なからずその辺が関係していたのでこれは良い改変。

次回は生と死の中での限界バトル。
戦闘自体は12話だけで終わるのかな?
13話のサブタイがアレですし・・・。

屍姫 赫 第10話

★屍姫 赫 第10話 「地に星」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

望は相変わらず死に魅了したままだけど
オーリへの好感度上がったり原作準拠に近づいてはいるな。
貞比呂達はこれで本編退場なのかなぁ・・・?
まぁ、原作で出てきてない以上あまり動かすわけにもいかないか。
七星登場とマキナの未練判明で鍵は全て揃った。
次回がオーリの誕生日といい予告映像といい
おそらく原作と同じような展開になるんだろうなぁ。

屍姫 赫 第09話

★屍姫 赫 第09話 「その胸にトキメキを」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

望のキャラが原作と違いすぎてて吹いた。
今更、原作の最初の話をやるのかと思いきや回想扱い。
人喰いビルで出会ったのは原作通りなんだけど
望のマキナに対する感情が全然違ってる。
まさかこんなガチ百合な痛い子になるとは・・・。
オーリに対する感情なんて真逆でオーリ哀れ。

次回はやっと七星が登場するかな?
物語のターニングポイントも近そうだ。

屍姫 赫 第08話

★屍姫 赫 第08話 「安らぎ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作通り呪い憑きに伊佐木&水薙生が殺されると思ったら
完全に想定外の展開に・・・。
呪い憑きの倒し方はオーリの間接的な影響で
隙を突き倒すというのに変更はなかったけど。
まさか伊佐木がチンピラに刺されて死ぬとは・・・。
今までの言動から恨まれるような殺され方をして当然ではあるけど
オーリと水薙生がフラグっぽい矢先にこれは後味悪すぎるなぁ。

でもこの契約僧の引き継ぎ自体を今後の伏線にしてるのは
原作と違いワンクッションあって良い変更点だと思います。
屍姫同士のバトルも貴重だしね。

屍姫 赫 第07話

★屍姫 赫 第07話 「偽言魂」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

ああ、原作で序盤でさっくり亡くなった伊佐木達は
こうやって帳尻合わせるつもりなのね。
次回予告からして次回さよならだろうな。
その相手も奇しくも原作と同じ種類の呪い憑き。
違うのは屍の種類やシチュエーションだけ。
本当なら赤紗登場とかの前の話だから
そういう意味では長々と登場できた伊佐木は恵まれてるかもしれない。

次回、どう戦うのかはわからないけど景世無しで無茶すぎるな。
無い腕狙っただけでは屍は倒せないだろうし。
一度退却か景世が駆けつけて・・・って所かな。

屍姫 赫 第06話

★屍姫 赫 第06話 「妖走の果て」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

挿入歌&マキナとイツキの一斉射撃
原作では読み切りにしか出番が無かった貞比呂が
アキラと共に同室だった赤紗を狙い撃つという
原作知っててもそれなりに燃える展開だったんですが
声と作画のアレさが全て台無しにしてる気がするよ・・・。
奇想蓮華の使用や景世が箱を盾に状況を打開するのは原作通り。
やはり大筋そのままで味付けを変えるのが基本スタイルっぽいな。
となれば転機はもう2〜3話で訪れそうですが・・・?

屍姫 赫 第05話

★屍姫 赫 第05話 「背信僧」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

送儀嵩征と山神異月が前倒しで登場。
一応、景世の跡を継いでという部分は原作と同じだけど
状況がいろいろ違いすぎててオリジナルに近いな。
イツキが制服着てるのは新鮮だし
ビジュアル的にも可愛げがあるアニメ版は良いなーって思ったのに
喋った瞬間いろいろと崩れて泣いた。
凄いな、これはマキナとガチで良い勝負だ。
ここまで棒台詞多いアニメも久しぶりだと思うんだ・・・。
ただでさえものっそい萎えたのにイツキの戦闘シーンの作画が\(^o^)/

それはさておき赤紗がイツキとマキナといきなり戦闘に入りそうだし
オーリも赤紗とはっきりと面識できたし
原作からいろいろとかけ離れてるのは事実だな。
キャスト陣から察するに展開は原作通りになるんだろうけど
それがいつになるかが問題といった所ですね。
というかイツキ達より莉花達の出番を増やしておくべきじゃあ・・・。

屍姫 赫 第04話

★屍姫 赫 第04話 「惨美歌」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回で予想通りオーリに景世の事情バレ。
予告から察するに次回は赤紗との対峙かな。
ここまで話は違えどシナリオはほぼ原作通り。
わざわざアニメオリジナルの話にする必要あったのか?
先にマキナとオーリの接点を多めに作っておいて
後々、共闘しやすくするような措置はわかるんだけども。
星村家のことが多少語られたりと
徐々に専門な話は明らかになっていきそうだ。

次回予告に嵩征っぽい姿が。
だとしたらかなり前倒しの登場だな・・・。

屍姫 赫 第03話

★屍姫 赫 第03話 「夜の声」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

俺はオーリのこういう無謀な正義感が好きじゃなくて
原作の方は途中で読まなくなったんだよなぁ・・・。
猫と自然に会話してるのはまだいいとして
体調が悪すぎるのについていくのはさすがに無いわ。
それでいてマキナの足手まといにばかりになるし。
あるターニングポイントもやっぱりオーリが関わってきて
それでいてしばらくお通夜状態になったりするからなぁ。

それはさておき今回は莉花やら早季登場。早季は姿のみだったけど。
その姿もえらいわかりづらいこの暗い画面はマジでなんとかならんかね。
作品の雰囲気を出すために全体的に暗い画面を意識してるんだろうけど
建物の中でも日中で無駄に暗いのはかなり違和感あるわ。
ナチュラルに”荒神”の名を会話で使っていたけれど
偉家十聖という光言宗のお偉いさんの家系の1つのことです。
ちなみにマキナもその家系ですがその話は追々かな。

原作とは違う方法で赤紗の影が。
予告的に次回は景世の仕事がオーリにバレかなぁ。
その次に赤紗が景世の前に登場って所か。

屍姫 赫 第02話

★屍姫 赫 第02話 「遊戯のつづき」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作読んでた俺でもよくわからないぐらいキャラが一気に増えた。
1話の時も思ったんだけど、全体的に暗いせいで
キャラの表情やらビジュアルがつかみづらいのは難点だな。
プラス作品全体の暗さを醸し出しすぎ、そういう作品なんだけどさ。
今回は劇中でお通夜があったので不謹慎ではあるんだけど
あまりの暗いカットの多さにまさに”お通夜ムード”でしたよ。

それそうとOP公開。歌はまぁいつものangela。
映像もキャラがわからないのが結構あるんですが
とりあえず七星はちゃんと出るんだね。
でも原作が終わってない以上どう考えても中途半端になるよなぁ。
景世がメインで居るうちに明るい話やっておかないと
どんどん暗くなるから困る。

視聴年齢制限かかってるだけにバラバラとかデフォ。
というかモノがモノだけに人外的なグロさが気持ち悪いわ。
これを見ながら飯を食うのは激しくオススメ出来ないな!<飯食ってた人

屍姫 赫 第01話

★(新)屍姫 赫 第01話 「死が舞う」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作既読。ただ途中で連載読まなくなりました。
といってもアニメはオリジナル要素が強めっぽいし
途中までの大筋の展開がわかってるぐらいですかね。
当初は景世とマキナのコンビが好きだったんだけどなぁ。
・・・というわけで読まなくなった作品です。

ソウルもほぼ新人コンビだったけど
こちらも主人公&ヒロインが声優業新人コンビ。
マキナの方は響鬼のヒロイン演じてたみたいですがー。
うん、とりあえず、だ。
ゼーガコンビやソウルコンビはそれなりに上手かったんだね!!
番宣の時からマキナは嫌な予感はしたけど
オーリもオーリできつかった\(^o^)/
周りが藤原啓治さんやほっちゃんなのも影響して
明らかに演技力の格差を感じるのは萎えるわぁ・・・。

話が原作準拠じゃないと聞いた時点で
アニメ自体にあまり期待してなかったのがトドメ刺された感じ。
現時点ではangelaOPEDアニメと言わざるを得ないなぁ。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。