説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第12話

★機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第12話 「宇宙で待ってる」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

結局、ルイスとは戦わないまま別の戦場に。
あれだけ苦戦したガラッゾを容易くあしらった所からも
ダブルオーライザーの底力を推して知れますね。
遠距離からチャージしていたガデッサも刹那が退ける。
そのとき00が行ったのは・・・気体の量子化!?
質量を持った残像とかそういうレベルじゃねーぞ!
さすがにこれはリボンズも驚愕したようで、予告のはコレか。
留美に対しても本音が出るぐらい平静さを失ってました。

作戦のキモであるガデッサを失ったアロウズは撤退。
CBはこの危機をなんとか乗り越えることが出来ました。
ミレイナの父母共に生存確認で一安心ですね。
イノベイターの2人とも脱出したのが残念ですが・・・。
沙慈は戦闘の最中に勝手に分離とかまたアレな行動を。
ルイスは恐れていたことが現実になったというか
勝手な勘違いで刹那が隣室に住んでいた時から
沙慈がCBの一員だったと勘違いして憎しみを増加。
沙慈との想い出の写真も全て消去してもう戻れないのか。

ロックオンも言ってるけど刹那は不器用すぎるね。
「何故、彼女(ルイス)がアロウズに」
なんて問いは少し考えればわかることだし原因を作った
組織の一員に問われて沙慈が激昂するのは無理もない。
戦う力を持たないモノに対して言葉足らずに戦え!だしね。
ティエリアが言ったように沙慈が戦いから逃げてるのは同意だけど
ロックオン曰くもう少し巧い言い方は無かったものか。
どう見てもまた沙慈が暴走してイライラさせられるフラグだったけど
今回は何とか思いとどまってくれて良かった。

次回はメメントモリ攻略戦だけど
いきなり3機をトランザムに使って戦闘大丈夫なのか・・・。
メメントモリは宇宙にもあっさり照準を変えて撃てる
大量殺戮兵器にしては使い勝手良すぎるだろうコレ。
せめてチャージとか砲身変更に時間がかかるとかだよなぁ。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第11話

★機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第11話 「ダブルオーの声」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

セルゲイ大佐生きてたーー!
ハレルヤも追撃無かったしなんだか拍子抜けだ・・・。
スイールは予想通り首都圏壊滅。子供の親御さんが(;´Д⊂
1期の時からネーナにはイライラさせられっぱなしだったけど
今回は一番イラっと来たかもしれない、留美もだけど、
ネーナはネーナで留美から離反しそうだ。

ラッセは生きてるし!な2期開始だったけど
やっぱり何事もなくというわけでなく後遺症が残ってるようだ。
ジニン大尉もわかりやすい死亡フラグ立てやがって・・・。
ティエリアはやっとリボンズとイノベイターを説明したけど
基本的な方針はやっぱり変わらなかったな。
というか刹那さん、台詞だけ見れば暴走してるようにしか!
もう少し〜だから破壊するみたいな理由付けが欲しかったなぁ。
ケルディムとセラヴィーもパワーアップするようで安心したけど
新システム・・・?支援機と違って地味だなぁ。

アニューはトレミーに乗船、ロックオンはフラグ立てにお忙しですね!
それとも抜け目ないこの男のことだから監視目的か。
リヴァイヴはアニューに干渉して基地特定してるように見えたけど
アニューは情報を送信してる自覚があるようには見えないな。
ティエリアも反応は無く、マリーは量子を探知したのみ。
アニューがイノベイターなのは1機ラスト映像からも確定だろうけど
本人にその自覚が無いか機能を制限されてるのかなぁ。
この反応で悪意を持ったスパイだったらショックだ・・・。

マネキンの作戦によりラグランジュ3に攻撃開始。
アリオスはもうGNアーチャー付きで出られるのね。
波状攻撃により苦戦するトレミー達、ケルディム被弾は珍しい。
そしてガデッサのGNメガランチャーが遂にトレミーに。
オーライザーを調整してたイアンが居る第3格納庫に直撃を。
フラグらしいフラグを立ててなかったがイアンが被害に遭うとは。
医務室に運ばれたし死亡は未確定、生きてる・・・よな?

イアンの意志を継いでオーライザーで出撃する沙慈。
どうでもいいけど「勝ったな」は負けフラグでもあるんだぜマネキン。
オーライザーは超回避を見せてたけどハロ様々ですかね。
戦闘中の支援機ドッキングは燃えるんだけど
沙慈涙目なのと刹那の破壊する連呼で笑わせるなよ!
ダブルオーライザ−になってやっと全体的なバランスが取れた気がするね。
肩を広げた状態がなんとなくデスティニーチックで好みだ。

今回はトランザム見られないのかと思ってたら
ちゃんとCパートでやってくれた!
元々、GN粒子はサイコフレーム的なモノを感じてたけど
今回の共鳴でなおさらそう感じるようになったな。
沙慈やルイスが共鳴してるから範囲での共鳴かな?
そして遂に沙慈とルイスが互いの立ち位置を認識。
次回それぞれの相手のことをどう想うのか。
ラストの2つのリングは∞のようにも見えるし
無限の可能性を示唆してるんですかねー。

予告では珍しくリボンズが驚いてるのが気になる所。
リボンズが驚くということはイノベイター誰か死にましたか!
単純にダブルオーライザートランザムに驚いてるだけだったり。
画像を見たけどGNソードIIの登場が楽しみでならないな。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第10話

★機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第10話 「天の光」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

00を圧倒するアロウズの新型ガラッゾ。
00とアリオスは今回でパワーアップしたからいいとして
ケルディムやセラヴィーは辛くなってくるんじゃあ。

新キャラのアニュー・リクーナー。
完璧超人で留美の紹介とか怪しすぎ。
おそらくイノベーターなんだろうけど敵か味方か。
リボンズがアリーに探させていたのは彼女?
イアンの嫁が若すぎて思わずアレルヤも犯罪発言

メメントモリの意味はラテン語で死を忘れるな。
軍事衛星によるレーザー砲撃?うたわれのアマテラスみたい。。
メメントモリの攻撃によりおそらくスイール国家壊滅
近くに居たセルゲイ大佐は・・・?

00ライザーによるツインドライヴの限界性能の引き出しで
GN粒子が散布、それによりマリーの脳量子波が活性化?
遠く離れた大佐の危機をも感じ取れる?
そしてその影響でかハレルヤ復活。
アレルヤ関係はもう落ち着くと思ったのに
大佐といいマリーがどうなるのか不安になってきたなぁ。
大佐が亡くなったのを感じて
GNアーチャーに乗る展開が妥当と言えば妥当だけど。

さて、色々気になるところで次回へ続いてくれましたが・・・

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第09話

★機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第09話 「拭えぬ過去」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

遂にアリーのアルケーガンダムとの戦闘。
スローネツヴァイの発展型ということでファング搭載。
アリーの技術とも合わさり2VS1でも互角以上の戦闘力ですな。
セラヴィーの隠し腕も驚いたけど、アルケーの足にもサーベルが。
刹那と鍔迫り合いしてる間に足でセラヴィーのサーベル受け止めたり
相変わらずめちゃくちゃな戦闘力を持ってるな・・・。
残りの2機の増援のおかげでアリーは撤退。
どちらかと言えば刹那達は押されていたし
アロウズが集まってくると分が悪すぎるのでラッキーだったな。
次、対峙するときはタイマンでトランザムかな?
果たしてアリーにどこまで通用するか見所ですね。

アリーがニールの敵であることをロックオンに説明し
その流れで刹那が彼らの家族を奪った奴を止められなかったことも自白。
対するロックオンの反応は予想以上に冷静でしたね。
ノリが軽いとはまた違う、気にしないような言い回し。
そして本当に未来のために戦っているんだな、と実感したな。
これでロックオンの印象はかなりマシになったんじゃなかろうか。
刹那は沙慈にルイスと偶然出くわしたことを話したけど
あんまりお互いに突っ込んだ話はせずなんだか消化不良だ・・・。
沙慈はルイスがアロウズに属してることはわかってるのかなぁ。
前回、疑問だった刹那=CBはルイスも知ってしまったけど
こちらもあまりリアクションも無くなんとも言えないな。

前回、ガデッサと共にアロウズに配属されたリヴァイヴ。
お前もライセンス持ちかい・・・。
アロウズにはそういう特別待遇な制度があるんだろうか。
まさかミスターブシドー以外にそんなこと抜かす奴が居るとは(マテ
ワンマンアーミーとか吹き出しそうになるから言わないでくれ(笑)
一応、マネキンの指示には従うようですが・・・。
そんなブシドーはビリーと再会しグラh・・・とか言われててワロタ。
っていうかミスターブシドーって自称じゃなかったのかよ!

マネキン&リヴァイヴの予測通り
トレミーは3機のGNドライヴのトランザムを利用し
大気圏から脱出する能力を有してた模様。
作戦を読まれはしたものの、敵の攻撃から機転を利かし
勢いを利用して計算より速く脱出することに成功。
待ち伏せしてたガデッサはやる気あったんかい!と言いたくなるな。
せっかくの初陣なんだから性能とやらを見せて欲しかった。
宇宙で待ち伏せしていたアロウズの小隊は
大気圏脱出中に発進した00のおかげで難なく退けられた。
あんな飛び道具が00に搭載されていたとは。
ロックオンの台詞が使われていたのは感慨深かったです。

さて、宇宙に上がったおかげで敵は減りましたが
パイロットやらルイスやらマリーやら内面の問題が出てきそうな。
今回のことでフルボッコにされると何も出来ないことが証明されたけど
パワーアップしたからと言って、今後はどう行動していくんだろうね。
前期はまさに”介入”という形だから少人数が活きたけど
今期のように追われる立場になり、目的のために行動できるんですかね。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第08話

★機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第08話 「無垢なる歪み」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

リジェネの口から語られるイオリアの計画の全てと
リジェネ達イノベイターの正体。
なるほど、ヴェーダのへのアクセス等は全部
GN粒子によるモノか・・・なんという便利粒子。
こんな調子ならCB達に託されたオリジナルGNドライヴに
まだまだ隠し種があってもおかしくない気はするな。
サイコフレーム的なイメージみたいな。

乙女の勘がやっと当たったのかアレルヤとマリーは幸せそう。
フェルトと一悶着あったけど、仲間として受け入れられそうだ。
フェルトの言葉でマリーが出て行ったりしたら泥沼だったね!
問題は戦闘員になるか否か、アレルヤは反対するだろうけども。
支援機のオーライザーが登場することから
沙慈かマリーは戦闘員に志願しそうな感じではありますけど。

今回のメインはアロウズのトップが公の場に出てくるパーティー。
やっとリボンズがCB(というかティエリア)の前に登場。
シリアスな話なのにティエリアの女装とか笑わせるなよ(笑)
このパーティーはリジェネが仕向けたものだけに
様々な人物が同席していて見ている方は緊張感あったな。
刹那はこういうところで無駄に良い人すぎるけど
ティエリア含む他メンバーもさして変わらない気もする。
刹那が顔見知りに反応するシーンが多い故の印象かな?
そういやビリーは刹那の顔を知ってるんだった\(^o^)/
ルイスは刹那=CBと気付いたのかな・・・?
また、沙慈にルイスの現状を刹那は伝えるのか。

パーティー会場でアリーがこそこそしてると思ったら
ところがぎっちょんタダでは帰らせてくれない模様。
2VS1ならなんとか適当なところで戦闘終わりそうだけど
ミスターブシドーとか唐突に現れても不思議じゃないし
何より敵地のまっただ中なのでどうなるやら。
そういえば久しぶりにブシドータイムが無い回でしたね!

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第07話

★機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第07話 「再会と離別と」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

前回から色々最悪な結末を想像していたんですが
良い意味で期待を裏切られてハッピーエンドに。
ソーマ=マリーの記憶が戻るのが特に理由もなくあっさりだったり
何年も前に立てていたフラグが成就して結ばれたりと
ちょっと円満すぎるかなと思う部分もあるけど
互いが互いにとって拠り所であったのは事実だから納得かな。

死亡フラグがビンビンで、セルゲイが銃を向けた時に
マリーが庇って死亡かー、と想像してたら
庇ったのはいいけどセルゲイは空に向けて発砲。
撃たれなかったマリーが微妙に間抜けな構図
というのはある意味斬新な気がするな(笑)
何はともあれ誰がどうなって良かったというよりも
セルゲイお父さんが格好良すぎたことが一番印象に残りました。
挿入歌と潔いセルゲイさんのコンボは反則だ(;´Д⊂
予告映像でもあったけど今後はCBに冷やかされるんでしょうか。
願わくば最後までマリーとアレルヤに生き残ってもらいたいですね。

前回ラストのアオリは早々に肩透かし。
まー、確かに早々とトリガーは引けるようなもんじゃないよね。
というわけでルイスとはニアミス止まり。
この2人が戦場で会うときが楽しみすぎるな。
沙慈は今後しばらくはCBのバックアップに回るのかな?
一時的と言いつつもずるずると続けるか
もしくは血は争えなく死亡する未来が待ってそうだ・・・。

今回のラストのアオリはイノベーター。
今までずっと謎だったリボンズ達イノベーターについて
次回はちょっとは説明されるんでしょうかね。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第06話

★機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第06話 「傷痕」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

カタロンの基地は機能を失い移動を余儀なくされ
おそらく構成員の被害も甚大でしょう。
それを見たスメラギさんにトラウマスイッチ入ったようでダウン。
ずっと謎だったスメラギさんが抱えていたものが明らかに。
元AEUでマネキン大佐の同僚とは思わなかったなー。
互いに戦術予報を間違えての悲劇。
その結果マネキンは軍に残り、スメラギさんは軍を去った。
CBのやり方がスメラギさんと気付きそうなマネキン大佐ですが・・・。

ブシドーのフリーダムっぷりは相変わらずで
ブリーフィングだろうがそんなの関係ないぜ。
”ライセンス”って書くと007みたいでマシには聞こえるな!
いい加減、どうしてこうもかぶれってるのかが気になるわ。
それよりも今回のMVPはアンドリューのルイスを見ての
「乙女だ・・・」発言だと思いますが(笑)
コイツは可愛ければなんでもいい&軍に何しに来てるんだ、と。
真っ先に死ねばいいって思うキャラではあるけど
ソーマの決意でアンドリュー庇って爆死とかありそうだなぁ。
次回予告が死亡フラグビンビンなんだぜ・・・。

のこのこと舞い戻ってくるあたり沙慈は人が良いんだろうけど
ティエリアに捕まり、理由を白状させられる。
カタロンに置いておくと何をされるかわからない
という理由でCBで沙慈を再び保護することになったけど
それを言い出したティエリアも本当に人が良くなったわ。
沙慈は自ら決意し、銃を取ることを選んだはいいけど
いざ実戦になるとそう簡単にトリガーを引けるものでなく。
なんとも酷い”引き”になったな!
これで本当に沙慈がルイス撃ち落としたら更にカオスだなぁ。

カオスと言えば結局アリーはスルーだったし
留美サイドも兄虐げてたりネーナがニアミスだったり
人間関係が面白いことになってますなぁ。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第05話

★機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第05話 「故国燃ゆ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

やっぱりカタロンに情報を流していたのはロックオンだったか。
カタロン達の前で勝手に素顔を晒したりとか
戦闘中に独自行動、冷静さを失ったりと
前回の行動もそうだけど全体的に軽率すぎる・・・。
いつかティエリアのブチ切れが見られそうですね!
そのティエリアと言えば刹那にマリナ関係で冗談を言うほどに。
ティエリアはなんだかマリセツを弄りたい傾向にあるようだ(笑)
そのことをアレルヤに突っ込まれてもおどけてみせる変わりよう。
本当に4年の間に何があったというんだ・・・。

沙慈はせっかくカタロンに保護してもらえるという話だったのに
戦争を引き起こす云々の自分の正義感を貫いて
カタロンから脱走したあげく間接的に基地の位置をバラすハメに。
自分が本意で無いにせよ加害者になったことで
少しはアマちゃんな考えに変化は来るんでしょうかね。
カタロンの被害は?基地機能は停止に追い込まれてそうだが
死者の数の方が問題だ・・・。
アロウズのやり方を見せつけられた回で
そのやり方に内部で不満を持つ前作の名有りパイロット達。
面白い構図ではあるけど、結局は”軍人”だからなぁ。

マリナはアザディスタンに戻る選択をしたものの
刹那に送り届けられ見た光景は焼け野原のアザディスタン。
犯人は・・・やっぱりお前かアリー!
そして依頼主はおそらくリボンズ、と・・・。
依頼はアザディスタンを焼け野原にすることだけだろうし
刹那とはMS戦で決着をつけようとしそうなので
この場はアリーが退却し、マリナを連れカタロンの基地に逆戻りかな。
これでマリナはカタロンと行動を共にするようになるんでしょうねぇ。

今週のブシドータイム。
自由にしていい免許を持ってるワンマンアーミーらしいですよ。
何故もっと「独自権限」とかマシな言い回しが出来ないんだよ!
その免許を利用し、今回の戦闘では勝手に戦線離脱。
この男もやはりアロウズのやり方は気にくわないようだ。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第04話

★機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第04話 「戦う理由」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

CBに保護されたマリナはアザディスタンに戻ることに。
なんだかんだでCBメンバーはお人好しばっかりだよなぁ。
マリナに妙に優しく見える刹那や何度も言ってるけど
1期より格段に丸くなったティエリアを見てるだけでニヤニヤする。
そんなマリセツにミレイナがストレートに「恋人ですか?」と。
2人とも即答で「違う」「違います」で吹いた。
お前ら仲良すぎですよ(笑)
でもこれでしばらくは恋仲にならないと思っていいのかなぁ。
最終的にもならないのかもしれないし。
根底で繋がってる感が出てれば満足なんですけどね。

マリナは刹那に一緒に来て欲しいと言うが刹那はそれを否定。
刹那の信念が堅いのは今までで明かだしなぁ。
その割には、戦闘中そのことがちょっとよぎったりと
刹那にとってマリナの言葉に大きな意味があるとわかるシーンでした。
そういえばシーリンとマリナはやっぱり元友人だったのね。
王女と秘書にしては親しさを隠した関係だと思ったよ。
カタロンが情報を得ているのはやっぱりロックオンの横流し?
バレたらまたティエリアあたりが激怒するんじゃ・・・。

一方、予告で波乱を呼んだであろうロックオンとフェルトのキス。
予想通りロックオン側からして直後にビンタでした。
ライルの気持ちもよくわかるんですけどね・・・。
いつまでも兄の影を追われてても微妙だろうし
フェルトの気持ちを考えての最善の行動と思ったんだろう。
これで最終的にロックオンとフラグが立ったらそれはそれで笑えるな!

マリナをアザディスタンに送り届けるのを読まれ
アロウズがGNドライヴ搭載の新型MAでトレミー強襲。
水中戦もこなせて万能なCBのガンダムですが
震度が深すぎるとさすがに運用できないようで。
決意がまだまだ鈍ってたスメラギさんの戦線復帰&戦術プランで
水中でフルボッコという危機をなんとか脱出しガンダム出撃。
トランザムのおかげか水中用MAにパワーで押し返したり
ビーム兵器を普通に使ってたり万能なことには変わりはないな。

トランザムアリオスに引っ張られダブルオーが水上に。
そしてハムの人・・・じゃなくてミスターブシドー遂にキター!
というかアロウズの中でもミスターブシドー扱いで吹いた。
パイロットスーツ特性だしなんかサーベルも刀っぽいし。
周りからの突っ込み待ちのようにしか見えないんだぜ?
惜しむらくは交戦時間が短かったことだ・・・。
いつもの変態発言集を期待したというのに・・・。
アリオスが苦戦してたのはトランザムの後だからじゃないの?

押されていたアロウズはカタロンの増援で撤退。
なんだか初めてカタロンが役に立ったね!
えらいあっさり撃墜されてた人はカワイソス。
そしてカタロンのシーリンとマリナの再会。
この再会が2人にもたらすものは・・・。
OPからすればマリナはカタロンに強力しそうですが。

今回のCパートは何気に見せ場が多かった。
ビリーはアロウズ参加理由が思いっきり私怨っすかwww
対するスメラギさんは制服がぱっつんぱっつんとか・・・。
それに対する男性陣のリアクション薄いな!?

次回は映像だけじゃなんともいえないけどアリーか・・・?

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第03話

★機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第03話 「アレルヤ救出作戦」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

あれ、普通にケルディムもアリオスもあるじゃん!
ダブルオーだけドライヴの関係で完成してなかっただけか。
それにしてもこれだけのガンダムをどこで作ったのやら。
カタロンはMSのライン確保に苦戦しているというのに!

スメラギさんを無理矢理連れてきたらいじけて
再び酒飲みヒッキーに戻ってしまいました。
そんなスメラギさんに対して戦術予報を純粋に
信用しているCBメンツは良い人ばかりなのかもしれない。
スメラギさんもなんだかんだで頼りにされてまんざらでもないのか
ずるずると勝手に復帰しそうな気はしますね・・・。
2話と3話でスメラギさんの好感度が下がりまくりな件。

新キャラと言えば、ティエリアはどことなくロックオンに冷たいような。
彼もフェルト同様、同じ顔の別人という状態で複雑なんだろうな。
刹那にマリナを救出するようにそそのかしたり
アレルヤを心配したりとか、ティエリアはかなりまるくなっただけに
ロックオンに対する冷たさだけ逆に際だってました。

スメラギさんの提案した300秒という作戦。
どうやってそんな短時間で要人の救出をするのかと思ったら
トレミーで大気圏突入、海面に降下して大津波を起こして
基地機能を一部マヒ、戦力ダウンさせての突撃。
さすがに津波という発想は無かった。スメラギさんを見直したよ!

そしてこれがライル=ロックオンのMSでの初陣。
何か任務以外のことを気にしている様子でしたが
カタロンの人質救出メンバーを案じていた模様。
ロックオン自体の腕前は初陣とも思えないほどの腕。
スメラギさんが言ってた”異様な能力値”的なことが気になるな。
決め台詞はやっぱり「狙い撃つぜ!」で複雑な気分に・・・。
ティエリアやフェルトが聞いたら余計複雑だろうな。

救出はアレルヤ、マリナ共に順調に成功。
でも監禁生活だったのにアレルヤにいきなり戦えと
MS押しつけるのは地味に酷いと思います!
走ってるのを見ると明らかに体力落ちてそうだったし。
予想通り、ソーマ=マリーに見つかるものの
なんとかアリオスに乗り無事脱出。
マリナは刹那と一緒にダブルオーに。
ヒロイン搭乗させての操縦はガンダムの王道ですね。

しっかし、刹那とマリナは1期に恋愛フラグとかほぼ無かったのに
こう何故か通じ合っちゃってる感が・・・。
この2人は一緒に居ると両方の良さが引き立つので
もはやフラグなんてどうでもよく、マリナ可愛くね?と思ったわ。
刹那のために泣くマリナに不覚にも萌えた。
刹那に従順なマリナも、マリナにガチっぽい刹那も良い。
リリーナとティファを足して割ったような印象があるけど
カップリングとしては最後はどうなるやら・・・。
Wみたいにそれぞれの戦いをしつつも、根底でラブラブとかが良いな。

次回予告でロックオンがフェルトにちゅーしてて吹いた。
これは間違いなくフェルトがビンタコース・・・。
というかどういう成り行きでそうなったのかが謎い。
これでロックオンが軽薄な女好きキャラとかならショックだわ。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第02話

★機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第02話 「ツインドライヴ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

今回は1話ほど情報開示が少なくなく、00ガンダム起動を
最後まで引っ張ったのでゆっくり楽しめました。
そういや前回ラストに流れた映像がまんまOPだったんだね。
いろいろ気になるカットはあるものの今は割愛。
個人的には旧ガンダムもOPに登場させたのが
新しい力へと移り変わっていく様を感じられて好きだな。

まずはメンバー集めとのことでライルとスメラギさんを迎えに行く刹那。
ライルはCBメンバー殆どからニールなロックオン扱いされてて吹いた。
もう少しキャラの違いがあるかと思ったんですが
殆どニールとライルには差が無さそうだなぁ。
刹那はそういう性格わかっててライルにあんな誘い方したんだろう。
でもフェルトあたりからすればかなり複雑なんだろうなぁ。
ライル自身は性格上あまり気にし無さそうだけど
フェルトとの間に何か無いかは心配です。

一方スメラギさんは世界に絶望した!という理由で
元同級生で自分に想いを寄せている男のもとに転がりこみ
2年間も酒に明け暮れニートという荒廃した生活。
刹那が訪ねてくる直前に酒をくれないという理由で
2年も世話になったビリーの家を出て行こうとしてるし
実はこの性格的にかなりアレなんじゃあ。
刹那にあっさりCB関係者とバラされた時は心底ざまぁと(笑)
一番可哀想なのはビリーで、Cパートで荒れてましたよ・・・。

どうやら留美とリボンズ、そしてアロウズが繋がってるようで
トレミーの場所があっさりバレ。
それでいてトレミー側に場所がばれてしまった!
と通信送ってくるんだから留美は腹黒すぎるわ。死の商人ってことか。
そういやホーマー・カタギリはビリーの肉親なのかな?
マネキン大佐といいアロウズもメンツが代わり映えしないなぁ。
そのうちコーラサワーも招集されそうだ。
ナチュラルに仮面の男が溶け込んでいるけど誰か触ってやれよ!

トレミーのピンチにギリギリ駆けつけて
起動テスト無しに0ガンダムとエクシアのGNドライヴを積んだ
00ガンダムが起動する展開は王道ながら燃える。
復活の台詞はやっぱり「俺(達)がガンダムだ!」
今までトランザムは危ないとさんざん言ってたのに
いきなりトランザムで起動させてびっくりしたけどな!
リボンズもこれについては計算外だったようだ。
イオリアの計画をリボンズが全部知っているわけじゃない
というのは今後の展開のミソになるかもしれないなぁ。

次回はどこかに監禁されているアレルヤ救出。
そっちもいいけどロックオンの新ガンまだー?
留美の手下と化したネーナも行動しそうだな。
ネーナと言えば細胞に影響云々は疑似GNドライヴ特有の現象らしく
その情報を知った沙慈は次第にスローネを憎む方向に行きそうだ。
CBとスローネも敵対しそうな雰囲気だし
こうやってCBの一員として懐柔されていくんですね、わかります。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第01話

★(新)機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第01話 「天使再臨」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

待ち焦がれたぞガンダム!
と乙女座の人も言っちゃいそうなぐらい待たされた気がする。
実際はギアスの方が待たされてはいるんですがね・・・。
2クール→別番組→2クール2シーズン目はホント辞めて欲しいなぁ。
制作者側から見れば分割が都合良いのはわかるんだけどさ。
忘れっぽい俺は2クールの間に結構忘れるわけで。
そのために再放送とかストリーミングとかあるんだろうけど
映像作品は基本的に1回見て楽しさを伝えるような
作りにすべきだ、と思ってたり。
いろいろ蛇足ですが、以下軽く本編感想。

新キャラやら旧キャラが様々な立ち位置に異動してるけど
それを把握するのに精一杯な1話だった。
特に「アロウズ」「カタロン」という組織の名前や
行動原理を理解しないと状況が全然把握できない。
前情報無しで見た俺がまさにそれでした・・・。
後からZガンダムの勢力にたとえるとわかりやすいと気づいて
アロウズ=ティターンズ、カタロン=エゥーゴ と思えばいいかと。
行動原理は違うし連邦自体は三国の連邦ですけどね。

これを大前提にすれば1話はすんなり理解できるはず・・・。
こういう専門用語や新キャラがばんばん顔出すような
1話は正直勘弁して欲しいけどよく考えると
ガンダムシリーズってのはこんなものかもしれないな、と思いました。
特に昔なら情報源は今より少なかったんだろうし
1st→Zと何も情報なしに見たら、
なんで連邦が悪人なんだ?ってなる人も多そうだし。
そのキャラの立ち位置が、話が進む毎に明らかになっていくのも
1つの楽しみ方であるのも承知しているんだけどさ。

各キャラ個別の立ち位置は割愛してCB関係。
刹那は1人でアロウズに対する情報集めていてティエリアとは4年ぶりの再会。
アレルヤは精神崩壊チックに監禁されているような描写。
ティエリアはCBにずっと属していたのかな。新ガン登場。
ロックオンは大方の予想通り弟のライルでしたとさ。
1話の時点で全員揃ってるのかと思ってたら
ロックオンを迎え入れたのが1話の終わり。
新ガンのこともあるし立ち上がりは遅そうだなー。
あ、こう書いておいてなんですがそれなりに楽しめましたよ。
もう少しMS、というかガンダムの動きを見たかったなー、ぐらいで。

どうでもいいけどEDクレジットが「仮面の男」になってて吹いた。
すごく・・・バレバレです・・・。
公式でも同じ表記なんですけどね。

Template Designed by DW99