説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙をかける少女 第26話

★(終)宇宙をかける少女 第26話 「あしもとに宇宙」 総合評価★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

よく最終回よりその手前が最も盛り上がると言われますが
この作品に限っては最終回の方が色んな意味で盛り上がった気がするぜ!
ブレインコロニーそろい踏みは燃える展開だよね。
かつての敵との共闘シチュは王道だよねー。
この部分だけ見ればそれなりに楽しめるんだけどなぁ・・・。
秋葉キック最強なのは精神世界的な意味と捕らえるとしてさ。

神楽さんのアレっぷり結構酷いっていうか反省してないだろ!
まさか「ごめんね☆」の一言で片付けられるとは・・・。
秋葉や風音達はすんなりと神楽を受け入れたから
神楽もそういうノリで謝ったのかなぁ・・・。
自分で暴れたいだけだったようにしか見えないけどな!
挙げ句の果てに、自分で考えろとダウン状態で放置とかマジ外道。
ベンケイ・・・というかつつじに拾われたら性格もっと曲がりそうだな(笑)

今まで割とシリアスにやってきたし
ネルヴァルの態度の返しっぷりにポカーンとしつつも
ネルヴァル良い奴だなーという展開だったんだけど
最後にレオパルドの「喜んで!」と
ネルヴァルのギャグ顔で全部ギャグになったな。

最終回の展開自体は悪くない。
寧ろ、酷い予想をしてたより遥かに良かったんですが
相変わらずこのシリーズの最終回の投げっぷりはワロスだね。
メモ(消失)、宇宙人、別の勢力など
話が広がりそうなあからさまな伏線全部シカトとは恐れ入る。
っていうか最終回の登場人物的に考えて3割ぐらいキャラ余分だったよね!?
挙げ句の果てに、個人的に好きじゃないミクが無駄に映ったりと色々残念。
最終回は割と楽しめたけど、全体的には普通かそれ以下だよね・・・。
ゼノグラの方が数倍は面白かったと思うんだ。

なにやら聞いた所によると
ドラマCDはそれなりに楽しめるらしいんですが・・・
やっぱり本編である程度完結して欲しかったよねぇ。
なんだかんだでこのスタッフ系のシリーズは好きなので
次回作には期待したいです。
スポンサーサイト

宇宙をかける少女 第25話

★宇宙をかける少女 第25話 「黄昏れる神々」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

アレだけ止めたのに、結局飛び出しちゃう秋葉って実は大物じゃね?
と思い始めてきた今日この頃。
ナミの言ってた「こんな時にイモちゃんイモちゃん」は実に正論だと思う。
ナミに向けて撃った黄金銃はアンチQTで効果が薄かったけど
その際に発動したアンチQTがイグジステンズと神楽を
ネルヴァルの支配から解き放ったということで良いのか?

アレだけガチで敵対化していた神楽があっさり戻って拍子抜け。
あまりにもあっさりすぎたので、
ほのかが抱きつこうとした所をグサっとかやるのかと思ったよ。
神楽が戻ってきたこともあり
秋葉への罰が有耶無耶になったのが納得いかねぇ。
文句言ってた秋葉が神楽の一言であっさりやる気になったのもなぁ。

ナミとレオパルドがまさかのタッグでラスボスムードを醸し出してるけど
次回予告を見るとまだまだネルヴァルも終わってない様子。
ていうか自信満々だった割に、ネルヴァルはあっさりやられすぎてワロタ。
もうなんか全体的にgdgdっぷりが凄いな・・・。

宇宙をかける少女 第24話

★宇宙をかける少女 第24話 「終末の呼び声」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

ホントもうこの主人公達は・・・。
ストッパーになりそうなほのかも荷担してて目も当てられない。
秋葉を「鍵」と言ったり、計画の一部のような扱いも悪いと思うけどね。
秋葉の場合は今までかなりフリーダムにやってきたから
回りに迷惑かけっぱなしという印象が強いんだよなぁ。

つつじさんはネルヴァルへの啖呵の切り方が格好良すぎる。
ヘタレベンケイに細工しといたのは良い判断だ。
そんなベンケイ達に襲いかかる悲劇、黒レオパルド。
ベンケイはミラー返却に来ただけでイイハナシダナーだったのに
この扱いはさすがにベンケイとつつじが不憫すぎるな。
ものっそい炎上してますがこれで退場じゃないよね・・・。

剣の妖気に当てられ?暴走し始めた黒パルド。
おかげで風音達の予想より早く決戦の地へ・・・。
話数も残り少ないしこのままラストバトルなのかな。
ネルヴァルが過去にレオパルドを溺愛していたのは息子だったからか。
ブレインコロニーに親子っていうのはよくわからないけど。
というかこの物語は50年前から続く盛大な親子喧嘩じゃないか・・・。

宇宙をかける少女 第23話

★宇宙をかける少女 第23話 「秘剣、輝く」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ああ、もうホント秋葉はイライラさせてくれるよなぁ!
大切な人を失う→叱咤激励される→立ち上がる
というのは黄金パターンだからそれ自体は良いんだけど
秋葉の場合は今までやってきたことが、胸を張れることが少ないというか
ぶっちゃけ主人公としての魅力に欠けすぎてると思うんですよ。
そんなキャラにうじうじされるともうね・・・。
レオパルドのイモちゃん死亡の喜びは不謹慎すぎて
イラっときたけど、言ってることは間違ってない。
不器用なレオパルドならではの励ましだったのかもしらんね。

高嶺さんの洗脳が解けたのは、ナミのアンチQT覚醒によるもの。
高嶺さんの発言からして操られてたときの記憶アリかぁ。
秋葉を守り、アレイダと対峙することが彼女の中で贖罪になればいいけど。

新機体や新武装は燃える展開なんだけど
レオパルド以外の見せ方がイマイチなのは残念すぎるな。
キャストオフ!には笑ってしまった。
秋葉のQTアームズのパワーアップまだー?

前回、生きてても驚かないと感想に書いたイモちゃんですが
あっさり次の話である今回で生存確定、やっぱりなー!!
ナミを“あの娘”の隣で寝かせているというのはイモちゃんのことだったのね。
しっかし、生存確定のおかげでいつきの説得シーンとか台無しだろ(笑)

宇宙をかける少女 第22話

★宇宙をかける少女 第22話 「冥い旅路」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ナミと違ってイモちゃんは死亡確定っぽいけど
この作品のことだから最終話とかでひょっこり登場しても驚かない。
イモちゃん死亡が伝わると秋葉が使い物にならなくなるのは予想できたけど
後何話も無いっていう状況で、未だに主人公にやる気無いのはなんだかなぁ。
ましてやちょっと前まで箱の中で空気化してたわけだしね。
秋葉を奮い立たせる役目はレオパルドになるのかなー。

生き死にといえば長老達がまさかの生存。
更にはつつじが何事も無く戻ってきて良かった良かった。
ベンケイがつつじを見失うのはあまりにも不穏な伏線だったもんなぁ。
どこ行ってたんだよ!とベンケイと同じツッコミをしたくなるけどさ。
そしてベンケイ&つつじは完全にネルヴァリストとの敵対行動。
正気を取り戻した高嶺さんも助けに来たり
地球ではフォンを無理矢理宇宙に連れ立ったり、お膳立ては徐々に整ってきたな。

でも次回はまだまだ戦闘準備タイム。
決戦が近いと言うだけにギリギリまで準備なんだろうな・・・。

宇宙をかける少女 第21話

★宇宙をかける少女 第21話 「小さな勇気」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

まぁ、ナミがアレで退場なわけないですよねー。
生きていたことに説明すら無いとは思わなかったけど!
喫茶えにぐまはネルヴァルの手中に・・・。
これじゃあ神楽が残したメモも無意味だよなぁ。
そもそも昔の神楽と今の神楽、夢に出てきた神楽が
同一である保証は未だに無いんだけども。

秋葉に嫉妬全開ブチ切れしてネルヴァルの元を飛び出したナミは
地球に向かい高嶺さんとバトってるほのかをフルボッコ。
あろう事かご乱心して高嶺さんに殴りかかったかと思いきや返り討ち。
吹っ飛ばされたナミの身体が発光し高嶺さんの洗脳が・・・!?

秋葉は予想外に自力脱出。
パスは文字数的になんとなく予想通りだったけどなんだその機能。
脱出成功と思いきやカークウッドに危機が迫っていて
その危機を救うためにイモちゃんは貴い犠牲になりましたとさ。
なんぞこれー、前回と引き大差ないっすねぇ!
箱のまんま宇宙に投げ出して酸素とか大丈夫なんだろうか。

宇宙をかける少女 第20話

★宇宙をかける少女 第20話 「白銀の追跡」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらずのはいはい準備期間準備期間。
レオパルドを強化しないと戦い所じゃないのはわかるんだけど・・・
主人公が完全空気という状況が切なく。
本当に秋葉はどうやって箱の中から脱出するんだろうね?
強化レオパルドとクサンチッペがガチるのが王道なんだろうけど。
カークウッドに向かった面々も気になる所で・・・。

つつじ&ベンケイはやっぱりネルヴァルとは縁を切ったのね。
これだけ活躍してるだけで既に表舞台には出てるよなー。
そのつつじを良いように手玉に取る風音様はさすがです。
風音様の復帰がもうちょっと早ければ円滑に話は回ったのになぁ。
スーパーキャラ故に温存してたんだろうか。

そんなことより衝撃のラスト、ナミぐっさり!
え・・・?まさかさすがにコレで退場じゃないよな・・・?
寧ろ、徹底的にネルヴァルに利用されるフラグか?
そういや他のコロニーもあるんだなーと思い出しました。
視聴者の殆どが忘れてるような設定を今更かいな・・・。
というか作中であんまり追究したことないはずだから
公式の世界観を読んでる人じゃないと覚えてないと思うよ。

宇宙をかける少女 第19話

★宇宙をかける少女 第19話 「閉じた迷宮」 ★★★☆ 【公式】【target="_blank">ストーリー紹介

あぁ、確かにこりゃ進展遅い・・・。
秋葉が拉致されたというのにレオパルドの内部もてんやわんやとか
レオパルド自体は秋葉を取り戻す事にやる気なのに住人と噛み合ってない。
こういうままならない状況の方がよっぽど現実的なんだろうけど
なんだか全体的にテンポがものすごく悪く感じるよ。
今回の見所はエルねーさんのぶっ壊れっぷりと風音様合流。
いつきの説明を早送り、ぐらいかな(笑)

秋葉の方もあんまり話進んでないしなぁ・・・。
この状況をどう脱出するかは見物だけど。

宇宙をかける少女 第18話

★宇宙をかける少女 第18話 「よみがえる神」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

長かった・・・レオパルド復活まで長かった・・・。
しかし、レオパルドはやっぱりツンデレオパルドの方がしっくりくるな。
ナミ強襲やVSクサンチッペがイベント戦みたいになったのは残念だけど。
そういえば奪われたミラーは結局どうするんだろう。

今回のエルの秋葉に対する態度はスパルタすぎるよなぁ・・・。
確かに宇宙をかける少女たる秋葉が鍵を握ってるのは確かなんだろうけど
秋葉の意思を完全に無視して調子の良いことばかり。
対する秋葉もここにきてやる気ナッシングで良い勝負だけどさ。

全てが順調にやっと動き出すかと思いきや・・・
ここでまたもやアレイダ!
アレイダの登場はほのかが脱力したことと関係あるのだろうか。

宇宙をかける少女 第17話

★宇宙をかける少女 第17話 「友達の輪」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

マフラーが喋った・・・だと・・・?
というかもうちょっと色々ピンチの時に助けてよ!
桜も知らなかったようですがこれで生物っぽい動きだったのは納得というか
まんま異星人「ゆぴたん」というオチだったという。
それをキッカケにピンチを脱出し
友情が戻ったりベンケイ&つつじさんと協力という展開は良かった。
ベンケイはともかくつつじは今後どう身を振るんだろうなぁ。

木星軌道上に浮かぶ「プロキシマの冠」は
異星人と人類との交流センターで過去に反乱軍の拠点にもなったという。
ひょんなことからそんな重要施設に出くわせたわけですが
肝心の「軌道喫茶えにぐま」はここにはあらず。
どう考えてもあのメモが鍵を握ってるんだろうにもどかしい!
普通に考えればネルヴァリストがどうこうしたのか
神楽自身がどうにかしたんだろうけども・・・。
ほのかがあっさり諦めたのが意外でした。
いつまでも過去に囚われないという意思の表れでしょうか。

次回はまたいきなり修羅場っぽい所からスタート。
レオパルドがヘタれてる以上どうにもならない気がする。
風音様は行動開始したけど不穏な動きがあるしまたもピンチな予感。

宇宙をかける少女 第16話

★宇宙をかける少女 第16話 「わだかまる宇宙」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やっとカークウッドの中がどうなってるのかが判明してきた。
とりあえず、購買の異変にもっと早く気がつけよと思った。
エルや風音様もとりあえず無事で何より。
生徒会やエミリオは無事脱出でお膳立ては整ってきたかな?
ニーナとスール姉弟は顔見知りのようだけど過去に何があったのやら。
ネルヴァル人型はなんだか凄い違和感。
高嶺さんはやっぱり操られたままかー、という感じで。

一方の秋葉達は木星周辺にワープ。
桜の船でカークウッドまで5年もかかるということは
あまり航宙技術は発展してないのかなぁ。
コロニーが落ちたと思われた地球が無事だった理由は
レオパルドコロニーの非常装置発動で木星にワープしたからでした。

それはともかくとして色々不安定だった皆の精神がここで爆発。
他の2人もアレなんだけどいつきの痛さがかなり目立ったよ・・・。
秋葉とほのかは味方だと思ってた人間が敵として現れて
精神が不安定なのは当然だろう。
いつきは言ってしまえば終わった事件のことで焦ってるだけだしなぁ。
自己嫌悪してたから印象悪くはならなかったけど
せっかくのシリアスシーンが鎧の慰めで台無しになったな(笑)

1週遅れてEDも変更、Ceuiかー。
相変わらず透明感のある声が好きですよ。
いつも以上に高音がきつくて歌うの辛そうだなぁコレ。

次回はなんだか見るからに進みそうにない話だ・・・。

宇宙をかける少女 第15話

★宇宙をかける少女 第15話 「魔女の騎行」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

というわけでOPが舞-HiMEシリーズでお馴染みの栗の子に。
・・・アレなんだろう、この前期OPを見た時と同じ気持ちは。
とりあえずイモちゃんがギャグなのと高嶺さんが空気なことに突っ込みたい。
乙やゼノグラの後期OPを見た時はわき上がったもんですが
なんだろうこの盛り上がりに欠けるOP2は・・・。
今回も根本的に歌に合わせづらい気がするなぁ。
まぁ、ALIですら慣れたので慣れるんでしょうが・・・とりあえずSEくれ。

本編はなんだかんだありましたが
地球脱出自体は無事に成功。
つつじさんは下手に出方が怪しすぎだと思います。
でもほのかが居なかったら全員騙されてたんじゃなかろうか。
宇宙に出た後に忘れられた感がある彼女たちですが
新OPにも居たし今後の出番あるよ・・・ね?

今回で秋葉とナミは決定的に道を別ってしまった。
まぁ、元々ナミ自体がコンプレックスの塊で
ナミの発言通り秋葉がちやほやされるのが心底気にくわなかったんだろう。
それに気付いてない秋葉もアレなんじゃないかと思わないでもない。
ほのかが神楽=アレイダと知ったのは大きそうだなぁ。
っと、そもそも神楽本人かどうかも確定はしてないんだけども。
ナミや神楽が敵に回ることにより精神的ダメージは大きそうだ。

エル姉さんはとりあえず無事っぽいけど風音様は・・・。
最近は暗い話ばっかりなのでそろそろ反撃ムードになって欲しいな。

宇宙をかける少女 第14話

★宇宙をかける少女 第14話 「夜ひらく花」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

レオパルド VS フォンの福山潤対決が(笑)
レオパルドの正確はフォンを元にしているのだろうか・・・。
予告では三者三様でずっと福山潤のターンすぎる。
そういえばレオパルドはちゃんと動けたのね。
アレがどういう理屈で動いているのかは追求しないことにしよう。

やっとこさカークウッドの方が描写されましたが
特別ネルヴァルから危害を加えられているワケではなさそう?
エミリオは生徒会のメンバーと一緒に居たけど
この自体を最後まで隠し通すつもりか・・・。
最初から出番があった割に生徒会は現時点で無駄キャラすぎるのがなぁ。
会長に良い印象は無いけどどうせなら敵味方問わずキャラ立てて欲しい。
一方のエルねーさんは出血多量がヤバイ感じで・・・。
風音様は未だに描写されず。安否が気になる所です。

フォンがネルヴァルについての情報を喋ってくれたおかげで
テラ・アブダクションがネルヴァルの軌道エレベーターによる人さらいだとか
ほのかの正体がフォンによって作られネルヴァルに取り込まれてしまった
対ネルヴァル用の生体兵器に唯一の生き残りだとか。
今後の鍵になりそうなのはえにぐまと遺されたメモとか7つの太陽?
つつじの言うとおりコロニーが落下したはずなのに
地球に災害が起きてないのも鍵になってそうだ。

お、そういえば次から新OPか。
チラっとOPだけ見たけど・・・OP自体の感想は次回に。
ALIにもなんだかんだで慣れてしまってたんだなと思いましたとさ。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。