説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けいおん!! 第26話

★けいおん!! 第26話 「番外編 訪問!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

アバンはいきなり懐かしい映像が・・・。
あずにゃんがりっちゃんを「部長」なんて呼んでて何かと思ったら
あずにゃん入部直後の時間軸なんですね。
そしてそのペンで描いたまつげも見覚えあるなーと思ったら
1期のBD5巻のジャケ。そのままアニメのワンシーンに入れてくるとはね。

今回はその写真繋がりの話がメイン。
卒アルの見本をチェックしてもらう予定のさわちゃんが
風邪で休んでいて、看病ついでに卒アルをチェックしてもらうことに。
あぁ、なるほど。こうやって原作の看病話に繋げたか。
唯はまだ卒アル写真について諦めてなかったのね(笑)
これはこれで可愛いと思うんだけどなぁ・・・。
確かに高校の卒アルだしなんとかしたいのはわかるけどね。
こういうのって本人だけが極端に気にするもんだよね。

さわちゃん家を引っかき回すのはいつもの軽音部のノリ。
原作と違いがあるとすれば、そこにあずにゃんが居ないぐらい。
3年生は自由登校中、他学年が授業受けてる最中に
さわちゃん家を訪問してるんだからしょうがないんですけどね。
2期は後半、3年組と2年組が敢えて分けられた扱いをしていたように感じました。
現HTTで在学するのはあずにゃん1人という事実は変わりませんしね。
「天使にふれたよ!」の歌詞と相反する部分ではあるのですが。

卒アルの写真にもジャケネタが!
写真としてアニメに出すのは巧いですね。
卒アルの写真を見て愛おしそうな表情をするシーンがヤバイ。
BGM効果もあってなにこの涙腺崩壊シーン。
「静かになっちゃうんだなぁ・・・」で泣いた。
それからさわちゃんの友人再登場でさわちゃん家を後に。
友人達に悪気は無いんだろうけど、核心を突く台詞はなんともいえない気持ちに。
さわちゃんの自信まんまんな「廃部にしない」発言は何だろう?
原作では最後に憂と純が加入してくれるんですが
さわちゃんはこの2人があずにゃんの助けになってくれると信じてるからかな。

あずにゃん達の練習は原作のクリスマスライブ再現か!?
と期待したもののどうやら新歓に向けての練習だったようで残念。
純曰く「手伝い」とは言ってるけど入部してくれるんでしょう。
練習していたことに気付いて、その場を去った唯の心情は
軽音部はもうあずにゃん達のモノという世代交代を感じてるのかな?
この辺の台詞というか補足はもう少し欲しかったなー。
「後はよろしくね、あずにゃん」の一言でもあれば・・・
寧ろそのシーンを想像しただけで泣きそうになってしまった。

あずにゃんリードギター、憂オルガン、純ベースのふわふわとか胸熱。
ボーカルあればもっと嬉しかったけどしょうがないか、中の人的(以下削除
いわゆるTVサイズでもいいので収録されないかなぁ。

最後のシメは1期BD7巻のジャケ絵。
シメが1期BD最終巻とは良い演出だ。
どうせなら全てのジャケットをどんなシチュで撮影したか知りたかったな。

最終話同様、特に何事もなくEDに入って終了。
この淡泊さがTBSクオリティだよね・・・。

だがしかーし!
映画化告知キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
・・・まぁ、最速放送直後に既にネタバレ踏んで知ってたけどね!
水曜朝には各所に取り上げられてたし、回避とか元々無理だったなこりゃ。
映画化については後出しではあるけど、予想の範疇かな。
京アニは消失の前例があるからかなり期待出来そう。
ハルヒと違うのは原作終わってるし、未使用エピソードを使うか
完全オリジナルをやるしかないって所か。
3年次のクリスマス〜年末がTVAですっぽり抜けてるので
順当に考えればそのあたりかなぁ?
ともあれ続報に待ちですね!


あっという間にすぎたけいおん!タイムはとりあえず一区切り。
BD以外で現状残ってるのはCD類とらじおん!!と映画ぐらい。
原作が終わった時に日記でも触れたのでそこまで多くは語らないけど
とにかく、けいおん!を知ってから今日まで本当に楽しかった。
この作品のおかげで元々好きだった愛生さんが大好きになったし
けいおん!を通じて築けた人間関係もありました。
言葉にするとキリがないので一言。

ありがとう
スポンサーサイト

けいおん!! 第25話

★けいおん!! 第25話 「番外編 企画会議! 」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

いつの話なんだろう?と思ったらまさかの唯が前髪パッツン。
ナンバリングするなら21.5話と言った感じでしょうか。
そういえば、軽音部の勧誘ビデオネタって使われて無かったっけ?
何気にカットされたネタも多いよなー。特に後半は顕著。
よりシュールになってるのはスタッフさすが。
着ぐるみといい、斜め上のセンスに溢れすぎていると思う。
封印していたという割にはお菓子の缶とは浅はかなり・・・。
寧ろ、ガムテなんか張ってあったら気になって見る気がするよ(笑)

というわけで、過去に作られた勧誘ビデオを見て
唯達が卒業した後のために勧誘ビデオを作る流れに。
ボケ担当の唯やりっちゃんやさわちゃん、それに乗るムギを放置すると
いつまで経ってもいつものお茶会のノリなんだから
素直に澪とあずにゃんだけで企画すればいいと思うんだ!
さわちゃんが常にガチっぽくて大丈夫かこの教師・・・。
りっちゃんはナレ喋りや声真似得意のネタが巧く活かされてるな。
結果的にあずにゃんが企画を練ってくることになりましたが
りっちゃん達はこれを狙っていたのでは・・・いや、考えすぎか。

あずにゃんはこういった企画を練るのが苦手な印象あるなー。
作詞もそうだけど、真面目キャラで小難しく考える傾向にありそう。
自分じゃアイデアが浮かばなく、憂と純に相談するのもソレらしい。
純はさわちゃんと同レベルの発想だけど
割とまともなPV的なアイデアは出してるよね、さすがジャズ研。
でもムギスポンサーは卒業したら終わりだと思うんだ・・・(´;ω;`)

あずにゃんが練った構成は軽音部のインタビュー中心に構成すること。
確かに、来年勧誘に使うものだからHTTを全面に押し出すよりはいいかも。
日常シーンを取り入れるのはいいんだけど
お茶会とか来年継続出来るのだろうか。憂が居るから大丈夫か?
唯の見栄っ張りキャラは久しぶりに見られて微笑ましい。
XとYの親密な関係が何故だかBLチックな聞こえて吹いた。
軽音部の惨状を聞いてた憂や純も
まさかここまで練習してないと思ってなかったらしくあきれ顔でした。

撮影したものはさわちゃんが編集。
今まで散々やらかしてきたさわちゃん編集は不安があったけど良い出来。
随所にネタが入ってるのも軽音部らしいな。
本当にあのさわちゃん衣装を組み込んだのか(笑)
モブの可愛さが相変わらず安定してるぜ。
眼鏡っ娘は絶対百合属性か澪FC会員だと思います。
お茶会には居なかったけど。
まともな出来と安心していたら最後にさわちゃん編集のオチが。
でもあずにゃん1人のシーンが大事っていうのはその通りだよなぁ。
これもさわちゃんがちゃんと考えた上での・・・いや、ただの趣味だな(笑)

次回は遂に最終回か・・・。
さわちゃんの看病話っぽいけど、最後はこれなのか!?
25話と逆の方が良かったような。

けいおん!! 第24話

★けいおん!! 第24話 「卒業式!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

23話で予想以上に泣いたことで身構えてたのと
卒業話自体は原作最終回で読んでいるので
思ったよりも涙は我慢出来たかなぁ・・・。
それでも卒業式、式後、あずにゃんあたりは涙ボロボロでしたけど。
やっぱり卒業式というイベントはずるいですよ・・・。
思い入れがあればあるほど涙もろい俺はもらい泣きしてしまいます。
そういう意味ではAB!の卒業式はダブルで泣かせる良いイベントだったと思う。

卒業式当日でも唯達はいつも通り。
というか唯だけがいつも通り過ぎてホントに“らしい”ですね。
そんな唯達と対照的にボーっとしまくりなあずにゃん。
卒業を意識し始めてからのあずにゃんは危なっかしいというか
ふと寂しそうな表情をするので切なかったなぁ。
花を付ける場面、卒業生と在校生のグループの差とあずにゃんの目線が
どうしても埋められない年齢の溝と別れを感じさせられ
何気に泣いてしまったシーンでした。

原作ではちゃんと描かれなかった卒業式自体を描いてくれたのはいいけど
結果的に結構尺使ってしまったのは後半勿体なかったなぁ。
ただ、さわちゃんへの色紙のサプライズはGJですね。
色紙関係の伝言ゲームとかは正直いらなかったと思うけど(笑)
伝言ゲームをやるなら和ちゃんにもっと答辞を喋らせて欲しかった。

色紙で泣くと思ったさわちゃんですが、堪えてクラスへの贈る言葉。
しかし、黒板にかかれた「ありがとう」を1人で見た時は耐えられなかったようだ。
寧ろこっちが泣くわ!っていう話ですけども。
初めての担任というシチュだけでも感動的なのに
3-2の生徒、みんななんだかんだで良い娘すぎるだろう・・・。
その卒業生達が泣いてるシーン全然無いのはちょっと気になったけども。
描写されてないシーンで泣いてたんだな、と脳内補完することにする。

あずにゃんが部室に来てからが原作にもあるシーンですが
あずにゃん号泣と曲プレゼント以外はほぼオリジナル。
制作時期といい、かきふらい先生から特に細かい指示は無かったのかな。
「卒業しないでよぅ…」のシーンは、個人的には原作の破壊力には適わなかったかな。
かきふらい先生の泣き顔あずにゃんの可愛さは異常やでぇ・・・。
あずにゃんを抱きしめるシーンが無かったのはどういう意図なのかな?
唯自身があずにゃんへの依存を自重してるのか
あずにゃんに対してもう大丈夫だよね?という意味なのか。
どちらにせよ、やっぱり唯にはあずにゃんを抱きしめてもらいたかったのが本音です。

あずにゃんに送る「天使にふれたよ」は流れている映像といい
歌詞といい全てを表してる気がしますね・・・。
4人とも歌ってくれるとは思わなかったです。
原作にあったあずにゃんのアフターケアが全てされた感じ。
“卒業は終わりじゃない これからも 仲間だから”
この歌詞を乗せた歌を自分のためだけに作ってくれたことで
どれだけあずにゃんが励まされたか想像出来ないですよ。
「あんまりうまくないですね!」はオマージュと共に
もう自分は大丈夫というあずにゃんなりの表現でしょうか。

さわちゃんや和ちゃんがタイミングを見計らって部室に来た所の
「私たちの曲、聴いてくれる?」の5人が良いカットだなぁ。
そしてやっぱりHTTと言えばこの曲だよね!という「ふわふわ時間」!
最後の最後で泣かせるじゃねーかと思ったら
フェードアウトで素でズコーになったじゃないか\(^o^)/
TBSはほぼ特殊ED無理なので諦めてはいたけど
まさかそんなぶった切られ方をするとは・・・orz

最後に今回惜しかった点を。

感想でも触れた通り、あずにゃん号泣への流れはやっぱり原作派ですねぇ。
軽音部に入った過程なんかの会話がバッサリカットされたのは残念。
そして、何より個人的に勿体ないなぁと思ったのが
澪のあずにゃんの前で我慢してた涙があふれ出すシーンが無かったこと。
澪は絶対卒業式とかで泣いちゃう娘だと思うんだけどなぁ。
すぐ前向きになる所が澪の成長も感じられて良いシーンだったのに。
原作ラストの終わりがやっぱり綺麗だと思うのは
自分が原作厨だからというのもありますけどね・・・。

特殊EDは諦めていたので、引っかかった部分はこれぐらいかなー。
憂と純に関してはカットしちゃって問題なかったと思います。
HTTの5人!という形で終了するのも綺麗だと思うし
今後どうなるか〜というのも蛇足に思う人も居るだろうしね。
逆にあずにゃん1人でどうすんの?って思う人も居るだろうから難しい所ですけど。

次回予告があったので特別編は放送されそうです。
時間変更のテロップもあったしね。
卒業前の話っぽいけどいつの話になるのかな。
例の発表のバレは踏んでしまいましたが、コメントはその時にでも。

けいおん!! 第23話

★けいおん!! 第23話 「放課後!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

原作の最終回を読んでいるのにも関わらず
終わりを連鎖させるような言動があるともうダメですね・・・。
アバンの普段、アイロンかけなさそうな唯が
自分で制服にアイロンかけてるのを見るだけで泣きそうに。
ストッキングペロペロとかテンション上げないとやってられないな!

今回のサブタイはまんま「最後の」放課後。
といっても半分は登校しなくてもいい時期に部室に集まり
他学年が授業を受けている中、のんびり過ごすという内容ですけど。
あずにゃん居ないこともあってか、1期の前半を思い出すようなノリですね。
授業をサボってるような感覚でお茶会など
それぞれのやり残したことを思いつきで実行するこの時間は
青春の掛け替えのない1ページですね。
掃除や何か遺したい!と思い付いたりと皆良い子や。

肝心の放課後はあずにゃんも交えての録音会。
HTTの楽曲をカセットに録音して軽音部に遺すために。
お茶会の様子を録音してそれを再生したりも。
りっちゃんの「放課後とは人生の無駄遣い」は名言だと思う。
録音を聞いて照れてる皆とノリノリの唯が可愛い。
ふでペンが流れるあたりが1期を思い出して
また涙腺を刺激しやがりますね・・・。
さわちゃんの手伝いの申し出を遠慮するシーンが凄く良かったです。

今回は最終回、卒業式手前の青春の空気を感じるような回だったなぁ。
ちょっと切ない雰囲気になると何度も泣きそうになったり泣いてしまった。
次回が涙腺崩壊タイムの本番というのにね・・・。
次回と言えば、台詞のない予告と映像だけでも泣ける。
これはもう色々とダメかもしらんね・・・。

というわけで次回、本編最終回!
HBCの番組表には終の文字は無さそうなので番外編もやってくれるのかなー。
まぁ、次週になればわかることですね。

けいおん!! 第22話

★けいおん!! 第22話 「受験!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

サブタイが受験なのにいきなりバレンタイン話!
やっぱりアニメ版では2年次のバレンタインは無かったことになってるのね。
原作2年次3学期あたりの話は、アニメでは違うパターンになってたりするけど
今回も原作2年次と3年次のバレンタインを足したような話になってました。
というか、今更ですが結構時間軸飛びましたね。
前回は秋だったけど、今回は少なくとも年明けてるし。
クリスマス&年越し話が無いのは正直かなり勿体ないです。

受験ムードで部室で勉強する中、
あずにゃんはやっぱりやりづらいわなぁ・・・。
端から見るとハブられて(ry
唯とりっちゃんは典型的なやらないといけないことがある時に
別のことをやりたくなる人ですね、その気持ちよくわかる(笑)
普段、片付けとかしたいと思わないのにね!ふしぎ!

受験に向かうエピソードはほぼオリジナルに。
唯が心配されまくるエピソードも嫌いじゃなかったんだけどなー。
後半にかけて徐々にオリジナルが増えてきた傾向に。
基本的にはオリジナルで文句は無いんだけど
上記の通りやってほしかった原作イベント等はあります。
アレですね、マラソン大会とか別に(ry ゲフンゲフン。
あずにゃんが平沢家で内緒で何かしようとして
いつも唯に見つかるという天丼ネタも出来ないし。
近所に神社があると言えば、真っ先にマリみてを思い出した自分です。

チョコを渡そうとして渡せないあずにゃん挙動不審すぎワロタ。
そりゃ3-2には顔覚えられてるよな!って話で。
アニメのあずにゃんは時々センチメンタルすぎるよなぁ。
時期が時期なだけにしょうがないけど
あずにゃんがそんなこと言うとこっちまで泣きそうになるんだぜ。
チョコをバレてないと思っていたのはいつものあずにゃんらしいけど。

先輩達と居ると暖かさを感じつつも
先輩達の合格を祈って百度参り(10円*100を一括)する姿や
卒業までという言葉。キーホルダーの「ぶ」。
更には合格報告を聞いたあずにゃんと憂の反応、予告等が
涙でよく見えなかったよ・・・。

最速は本編最終回を迎えましたが、北海道では@2回。
番外編が局によってはカットされるんじゃね?
という情報が出回ってて不安です・・・。
ちょうど9月いっぱいで24話だしなー。
まぁ、BDまでの楽しみでもいいんですけどね。
連載、コミックス、ゲーム、本放送と徐々に終わりの足音が。

けいおん!! 第21話

★けいおん!! 第21話 「卒業アルバム!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

なんというかわ唯回・・・。
もうアバンだけでどれだけ萌え転がったことか。
瞬間に可愛いいいいい!!って思うことは多々あるけいおん!ですが
それが90秒も続くとかマジ天国。
鑑の前の唯だけで生きていられそうだぜぇ・・・。

今回は全体的に「髪型」というのが1つのテーマ。
それにしたって唯は人一倍拘りすぎだと思いますが、短いのに(笑)
あずにゃんの結び忘れは原作通りで期待通りだったけど
唯カットにした憂のスキンシップが増量してて大満足。
唯あずもいいけど憂あずもいいよね。つまりは3(ry
憂が髪留め持ってたのは、唯のを持ったままだったからなのね。

髪留めの代わりになるものでクリップを出す和さんマジ外道。
それを付けようとする唯も唯だけどね!
ムギと唯の髪すきタイムは俺得タイム。
唯が何故そこまでかたくなにデコNGなんだ(笑)
なんとなく純ちゃんっぽい髪型でしたね。

部活引退的な話を今までしてなかったのは軽音部らしいというか・・・
しっかり者のあずにゃんが引退とかどうするんですか?
とか聞いていてもいいだろうに・・・
毒されてるのか怖くて聞けなかったのか。
受験勉強を部室でやるという形で部活は継続。
そして話題は進学の話に。
ここの澪の反応が無言だけどわかりやすくて可愛いな。

後半になってやっと本題の卒アルの話ですが
真面目な唯はEDみたいに大人びて見えますよね。
あずにゃんは笑ってたけど、寧ろドキッとしたのは俺だけじゃないはず。
高1の時はこんな表情はきっと出来なかったと思うんですよね。
唯が髪を切ると言い出した時にオチは読めたけど
まさかそんなに豪快にそぎ落とすとは・・・剃刀じゃなくて良かったね。
これはこれで可愛いけど、違和感バリバリですね(笑)
フォローするメンバーと唯の構図が唯には悪いけど面白すぎる。

横に流すという回避方法を取り、そのまま写真を撮ったものの
やっぱりこの髪型には違和感が・・・。
次回以降はちゃんと髪のびてるのかなぁ。
予告を見る限りは戻ってそうだけど。
進路は澪は推薦を蹴ってムギと同じ女子大に。
唯やりっちゃんがムギと同じ所と言い出したら寂しくなったんだな。
このオチを知って、進路話の部分に戻ると澪の動きが本当に可愛いです。

進路も決まったところで次回は遂に受験!
受験と聞くともうすぐ卒業なんだと実感させられるなぁ。
もはや予告を見るだけで泣きそうです・・・。

けいおん!! 第20話

★けいおん!! 第20話 「またまた学園祭!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

学園祭2日目、軽音部的には本番のライブ!
原作では4コマ*6ぐらいで表現されていた後半ですが
アニメでは大幅にシーンを追加して丸々1話に。
前回の感想でも同じようなことを書きましたが
原作の良さを薄めずにそのまま広げてるのは見事ですよね。

準備は前話で済ましていたのでさくっとライブ突入。
唯のこのMCを学園祭で聞くのもかなり久しぶりに感じますね。
けいおん!1期の放映時期を考えると5クール以上ぶりで感慨深い。
2期はもう少しライブあると思ったけど、ここまで引き延ばされたからなぁ。
緊張してるのか楽器落としたりぶつけたり
普段はマイペースな唯のMCも殊勝だったりと初っぱなから泣きそうに。

1曲目は「ごはんはおかず」。
合いの手入れると凄く盛り上がりそうな曲。
というかあの歌詞を良くもここまで・・・。
biceさんは最後に素晴らしい曲を残してくれましたね。
唯の演奏を見ていると、本当に唯には才能を感じる。

再びMC。
後から思うとMC削ればもう1曲ぐらい聴けたと思いますが
このMCが今のHTTらしさを表してるんだと思います。
りっちゃんがMCで前に出てくるとか珍しいし
今までのライブでこんなにMCが長かったことも無かったしね。
Bパートの始まりが「ふわふわ時間」の終わりだったけど
2年経ってもHTTと言えばこの曲というのが良いです。
出来れば1番まるまる聞きたかったのが本音ですが。

後半のMCはお馴染みメンバー紹介から。
さわちゃんや和まで巻き込まれる唯の天然マイペースMC和むなぁ。
他のメンバーは興奮気味だったけど、
こういう時真面目に決めてくるのがりっちゃんらしい。
みんなに「ありがとう」前後で涙腺が・・・。
直後「いつまでも放課後です!」という謎発言でズコー
とさせてくれるのも含め、唯節全開といった感じ、

最後の曲は「U&I」。
歌詞通り・・・いや、以上に良い曲だなぁ。
初めて作中で「ふわふわ」聞いた時の気持ちになりました。
携帯をサイリウム代わりにしたりは実に“それ”っぽいよね。
学園祭の臨場感が伝わってくるようでした。

原作ではライブ直後に疲れて眠ってましたが
アニメではオリジナルの「HTT最後の学園祭」的エピソード追加。
こんな話されたら泣くしかないじゃないか・・・!
改めてけいおん!という作品が終わることを再認識させられたのと
ずっとこの5人で学校生活を送っていきたいという想いが伝わってきて涙腺崩壊。
最終回前にこういう形で泣かされるとは・・・。
というか、今後も卒業に向けて進んでいく場面も描写されるんだから
より意識せざるを得なくなるよね。

言ってる側から次回のサブタイは「卒業アルバム!」。
まぁ、唯Tの「ドアノブ」で全て持って行かれましたけどね(笑)

けいおん!! 第19話

★けいおん!! 第19話 「ロミジュリ!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

学園祭1日目スタート!
って、当日に劇の準備をドタバタしてて大丈夫なのか・・・。
展開を先に言ってしまうと、この日は学校に泊まる軽音部ですが
1日目前日もクラスの方で泊まりで作業やった方がよかったんじゃ、
それに比べてさわちゃんと来たら、学園祭全体での衣装を
ほぼ担当してたんじゃないかっていうやつれっぷり。
これで劇見てる時は元気だったりするんだから
夏フェスの時も思ったけど、さわちゃんまだまだ若さみなぎってるよな!
本番前に軽く澪にプレッシャーをかけるクラスメイトはやっぱりドS。

本番は思った以上にまともな内容。
・・・と思いきや、本番中に笑いそうになるなよ(笑)
唯の木へ目立ちすぎてて自重してないし・・・。
木Gっていうほど木が全然無かったよなぁ!

そして学園祭らしいハプニング。
劇に使う小道具が見つからなくて開演中に大慌ての捜索。
オカルト研に代用品を借りて事なきを得ましたが
捜索のために抜けたキャストを唯が埋めることに。
お?これは原作には無い劇中での唯の活躍来るー?
と思ったら木H(という名の茂み)役で吹いたわ(笑)

劇は無事大盛況で終了。
よくよく考えれば、2年連続舞台やってる唯達に
白羽の矢が立つのはごく自然な流れだよなぁ。
ただ、舞台慣れしてる反面、最後の学園祭ライブでもあるので
その辺をクラスメイトがフォローする場面とかも欲しかったな。
雑用とかあまりやってる様子も無かったので
唯達は演技と指導だけ集中していいよという配慮があったのかもしれないけど。

泊まりは原作通りですが、ここも割とオリジナル多し。
女子高なのにその場で宿泊OKとか校内をうろうろしてもいいとか
校則結構緩いというか、セキュリティ大丈夫なんだろうか。
それと原作ではかなり夜遅くまで起きてたのに寝落ち早!
あくまでも文化活動の一環かつ就寝時間のような意味合いもあるのかな。

そして次回はお待ちかねのちゃんとしたライブ!
まぁ、やる曲は最速の時にサクっとネタバレ食らってるんですけどね・・・。
基本、その話で解禁された曲は即CMが流れますしねぇ。
原作で言うと、今回と次回で1話分なんだよなぁ。
話を広げるところがわかってるのはさすがだなけいおん!スタッフ。

けいおん!! 第18話

★けいおん!! 第18話 「主役!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

学園祭の準備期間に突入。
モブ大活躍第2弾、りつみおの3本でお送りします。

今回は学園祭のクラスの出し物にスポットを当てた話で
ロミオ(澪)とジュリエット(律)という配役で劇をやることに。
澪が恥ずかしがりなのは周知の事実だろうに
それでも澪を推薦するクラスメイトマジドS。
澪がロミオなら相手役はりっちゃんしか居ないでしょうという満場一致。
脚本等はムギだし、なんというムギ得展開。

練習のために普段から、澪が男っぽいりっちゃんが女っぽい言動をすることに。
りっちゃんがシャツ入れるとか凄い違和感だな。
澪しゃんは髪型といいエロすぎるんですが。
そりゃあずにゃんも唸ってしまうわ。
この澪のうなじを・・・いえ、なんでもないです。

りっちゃんは皆を見返すために澪と2人で特訓することに。
そして再びやって来ました田井中家。
アニメは田井中家(と聡)の登場率高いよね。
ジュリエット役と聞いて吹き出す聡は無理もないか。
それぞれ、相手が演じる自分の役を想像することによって
恥ずかしがらずに台詞がすらすら言えることに気付く2人。
それだけ相手がどう演じるか想像付くという
付き合いの長いりつみおならではエピソードですよね。
2人で寝っ転がってるシーンとかニヤニヤが止まらなかったよ(笑)
「あのときは律しか居なかったし」で死んだ。

後半は忘れ去られてると思っていた、ムギコネでのバイト話。
本来ならあがり症を直してライブに慣れよう!という話でしたが
今回のロミジェリ特訓にも絡めてきました。
澪はビジュアルといい、バイトしてたらがんばってと声をかけたくなるけど
本人に取ってはそれも結構なプレッシャーになってそうだ。
萌え萌えキュンが妄想でも見られるかと期待したけど、無くてちと残念でした。

今回は唯が「木の役」ということもあり珍しく空気。
ロミジェリ本番の次回もこんな感じなのかなぁ・・・。
あずにゃんは割とりっちゃんと絡んでたので出番多かったけど
1人だけ別学年かつ別クラスの疎外感がカワイソス。

次回は学園祭1日目の演劇、次々回はお待ちかねのライブかな。

けいおん!! 第17話

★けいおん!! 第17話 「部室がない!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

そういえば、前回16話ムギパートだけほぼ原作準拠ですね。
きらら読み返しててあぁ!と思いました・・・しかも今年のだったし。
単行本にならないと、なかなか読み返す機会が無くて話が忘れがちに。

というわけで、今回はアニメオリジナルの部室が使えない話に
学園祭に向けての新曲の歌詞を作るという原作話のコラボ。
部室が使えない原因が水道工事とのことで安心しました。
だって今まで好き放題やってきたもんなぁ・・・。
いつ撤去しろ言われても文句は言えないですよね(笑)
HTTは練習場所を求めて東へ西へ。
いくら部活動とはいえ、でっかい音出すんだから難しいよなぁ。
教室での演奏はOPっぽくて良かったけども。
アンプの音下げてなんとかできなかったのかしら。

それにしても、今回はモブの可愛さがいつも異常ですね。
普通にサブキャラにして良いレベルの娘がちらほら。
この高校の別の部活を舞台にしたスピンオフとか見たいなー。

さわちゃんがあちこちお願いしたものの
学校内に練習出来そうな場所はなく結局スタジオに。
バンドと言えばスタジオ練習なので
HTTも1回ぐらい今までに来ててもいいと思うんだけど
部室の設備が完璧すぎるからスタジオ使うまでもないのか。
そしてティータイムや歌詞発表をしていたおかげで
スタジオで殆ど練習出来なかったのもHTTらしいや。

部室自体は工事が思ったより早く終わってすぐ使用可能に。
唯がティータイムよりも1曲演ろう!とか夢オチかと(ry
なんだかんだで、学園祭近づくと唯のモチベーション高いよね。
作詞に関してもかなり意欲的だし。
その詞の反応ですが、憂のが原作と結構違ってるな(笑)
憂の風邪引きは原作通り。
中の人の演技が、思ったより弱った演技で驚いた。

いつも使っていた部室、いつも側にいてくれる憂。
当たり前すぎて気が付かない大切なものへの気持ちを詞に。
この部分を部室とも絡めたのは素直に巧いと思いました。
唯は冗談で「才能が開花しちゃった」と言ってるけど
こうストレートに詞で表現出来るのは本当に才能だと思うし
普段から色々考えてるんだなーと思わせるエピソードだよね。
直感で生きてるような唯らしくて好きなワンシーンです。

次回は澪の当番回チックな。
芝居がかった台詞が何かと思ったら学園祭が近いからか。
学園祭と言えばライブ以外にもアレがあるし、澪のターンだな。

けいおん!! 第16話

★けいおん!! 第16話 「先輩!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

サブタイから予想出来るようにあずにゃん当番回再び。
純ちゃんに軽音部の活動内容指摘されるって結構今更ですねぇ!
1年半も疑問に思わなかったんだろうか・・・。
というか最近絡みが増えてきて改めて、って感じかな。
そしてあずにゃんがペースに巻き込まれてるのに気付くのも遅すぎる!(笑)

いつもの自分を取り戻すために、自分のペースを作ろうとするあずにゃんと
それぞれの先輩との1対1の会話がメイン。ふんす!
あずにゃんはそもそもペースに巻き込まれやすい人間だよなぁ
というのはよくわかりますね。
それだけ軽音部に個性的なメンバーが多いと言うことなんだろうけど。

各キャラとのタイマンは珍しさもあり新鮮だったなぁ。
2クール目はムギの株が暴騰な気がします。
がんばってるムギちゃん可愛すぎるじゃないか・・・。
その逆で澪さんの地味さは異常。
というかこういう話だと個性強いメンバーの方が目立ちますしね!
澪の流されやすさを見ると、あずにゃんと澪は似てるな、と思う。

りっちゃんとの部室での2人っきりの会話は無かったけど
りっちゃん宅で課題をやったり、弟の聡の出番があったり
料理を振る舞ってくれたりと出番自体は豊富でした。
いや、ホント。りっちゃんは良いお姉ちゃんだよなぁ・・・。
日本人なら米だよね、りっちゃん!
俺が米好き云々は「いちばんうしろの大魔王」感想で語った気がしますが(笑)

お待ちかねのゆいあずはいつものペース。
ただでさえ、唯の前だと誰もがペースを乱されるのに
あずにゃんがそれに抗えるわけがないですね。
それでも今回は珍しく、軽音に関係のあるお勉強。
あぁ、OPで唯が持ってたのはこの筆箱だったのかー!すっきり。
その人はその人でしか無いという、唯は良いことを言う。
難しく考えることでも無いんですよねー、という自分はお気楽主義。

オチのねこみみウェイトレスに関しては
軽音部の誰かからの入れ知恵なんだろうか(笑)
ウェイトレスならねこみみ必須だろうJKとかいう考えなら
あずにゃん汚染されすぎているな・・・。
原因は軽音部というより、寧ろさわちゃんな気がするよ!

次回は学園祭の準備もしつつ・・・部室がない!?
他の部活が臨時で使用とかそんな感じでしょうか。
そういえば、学祭と言えば澪とりっちゃんのアレもやるのかなー、とか。

けいおん!! 第15話

★けいおん!! 第15話 「マラソン大会!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

全面オリ話のマラソン大会。
何気に唯達が運動してる姿って新鮮ですよね。
そして女子高なのにマラソン大会とかあるものなのね。
瞬発力はあれど持久力が無い自分には辛い思い出しか(ry
唯は寒さに弱いし暑さに弱いしクーラーにも弱いし
持久力も無かったりと虚弱体質なんだなー。
なんとなく、天真爛漫キャラは運動得意なイメージあるんだけどな。

唯や純ちゃん以外は皆割と体力がある模様。
体育の授業とかしっかりしてるんだろうなー。
こういう所でも唯と純ちゃんのポジションは被りますね。
割と速いペースで走ってるあずにゃん&憂が
多少喋りながらでも殆ど疲れを見せてないのが凄い。
とりあえず、歌いながら走るとか絶対体力使うから!
ムギの持久力無いのはお嬢様だしね。
そのムギより圧倒的に体力の無い唯ェ・・・。
まぁ、そんなところが可愛かったりするんですが。
でもお騒がせ行動はほどほどに。一応授業中だよ!

ズッコケフラグはすぐさま回収されたので
新曲フラグもちゃんと回収してくれるかなー。
澪の前回り受け身は見事すぎて吹いた(笑)
それにしても汗かいて暑いのにお汁粉なんですね・・・。
甘味補給とかそういう意味合いなんだろうか。

次回はまたもやあずにゃん回?

けいおん!! 第14話

★けいおん!! 第14話 「夏期講習!」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

待ちに待った新OPEDキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
変わったことはその日に知ってはいたんですが
今までずっとタイトルすら見ずに放送を楽しみにしてましたよ。
でもゴーマニの<(`・∀・´)>ハッ!がなくなったのはちょっと寂しかったり。
こういった作品なので、映像に伏線もクソも無いので
純粋にPVのように見られるのは良いし、よりソレっぽくなってるような。

OPはゴーマニに引き続いての早口系。
ゴーマニに鍛えられたおかげか、初回でも割と歌詞聞き取れました。
映像は今までの系統ではなく、一貫したテーマを感じるような。
とにかく5人一緒に映ってるカットが多いですね。
唯がマイク(?)を持って歌ってるシーンなんかは
邦楽のPVにありそうなワンシーンだと思いました。

EDの方は今までの路線と似たような感じ。
スプレーでBLEACHかまなびを思い出したのは俺だけじゃないはず。
澪しゃんを初めとして皆格好良すぎますね・・・。
今までは可愛さと格好良さの中間ぐらいでしたが
今回でかなり格好良い方向に傾けてきたなー、という感じです。

例のごとく、CMも同時解禁。
発売日と同日解禁という事態にはならなかったですね。

というわけで、先に新OPEDの感想を述べましたが
ここからは本編の感想です。

今回は、前回のあずにゃん当番回に引き続いて
ムギの当番回と言っても差し支えない話。
原作でもほぼ、律ムギという珍しい組み合わせでの登場でした。
ムギの無垢な反応は見ていて癒されるなぁ・・・。
でも腕相撲マシンだけは恐怖を感じずには居られなかったよ!
ゲーセン、駄菓子屋の流れは原作準拠なんですが
尺を多く取ってくれたおかげで、ムギの反応がより楽しめましたね。

後半はサブタイにもある夏期講習。
Aパートの引きで、ムギの叩かれたい(突っ込まれたい)という願望が明らかになり
りっちゃんもそれに協力することによりボケのオンパレード。
ムギのボケに対して駄目出しするりっちゃんですが
りっちゃんもボケ滑ってるときあるよなぁ・・・(笑)
最大のチャンスはタゲ付けっぱ+夏期講習に見合わない服装だったよね。
やはりりっちゃんは基本ボケ役だというのか。

場面変わっての部室。
予告にあったケーキの映像はこの場面か。
自分の地域では「いっせーの“で”」だったけど場所によって違うのかな。
和ちゃんが唯のイチゴを食べた伏線がこんな所に活きてくるとは(笑)
個人的にも唯と澪には同意だなぁ・・・性格によるんだろうか。
だからといって、澪しゃん泣くことはないと思うんだ・・・。
やられたのがムギだから強くも言えず、悲しみ発散出来なかったのかしら。

オチは原作同様のエスコート→突っ込みと澪の誘ってくれよ!発言。
澪も律が相手だと、かなりワガママな所が見られて可愛いよね。

次回は夏休み終わり2学期・・・何故、マラソン大会なんだ・・・!

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。