説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こばと。 第23話,第24話

★こばと。 第23話 「…こばとの願い。」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介
★(終)こばと。 第24話 「あした来る日…。」 総合評価★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

やはり小鳩は死者でしたか・・・。
帽子で隠さないといけないものなんて
耳か角か天使の輪っか(のようなもの)と相場が決まってますしね。
小鳩は契約期間の残り少ない時間を大切な人、藤本と過ごすことを決意。
コンペイトウを集められなければ自分が消えると知りつつも
最後の最後まで藤本に尽くしたかったのは彼女らしいなぁ。
藤本の前でハッキリと“大切な人”とは言ったけど
「愛してます」の一言も無かったのはちょっと残念。
藤本はツンデレっててまんざらではなさそうだったので
恥ずかしさを考慮しての遠回しな言い回しだったのかもしれませんが。
2人が惹かれあってたのは、23話最後を見ると言うまでもないよね。

小鳩が消える直前に藤本の心が癒されたことによって
コンペイトウが瓶一杯になり、契約が施行されることに。
その契約とは行きたい場所・・・。
もう一度好きな人が居る世界に転生させて欲しいというもの。
しかし、小鳩の願いは藤本の側にいることに変わってしまった。
契約内容は変えられないので強制執行され
小鳩は藤本の目の前で消滅してしまう。

最終回は小鳩が消え、人々の記憶から小鳩が消えた所からスタート。
ぶっちゃけ、この時点でオチは読めたよね!
こういう展開は特に少女漫画とかに良い意味でありがちだしね。
藤本も何か引っかかりを覚えつつも小鳩のことを忘れていたが
ふとした時にコンペイトウに触れ小鳩のことを思い出す。
小鳩を知っている人物に色々当たるものの、覚える人物は無し。
ふと思いつき、天使であるが故に小鳩を覚えている琥珀の元に。
琥珀と?一郎の魂での結びつきの話を聞き
再会を信じて前に進み出すことを決意。

そして更に時は流れ・・・藤本は無事弁護士になりました。
任された案件で小鳩と同じ姿の少女との再会。
この時点でもう涙腺がビクンビクンでしたよ・・・。
何故かこの歌(あした来る日)だけは覚えてる発言と
藤本の一からセッする態度を見てるともうね。
別れの前に、最後にもう一度歌を聴かせて欲しいと願う藤本。
その時二人の間に奇跡が・・・。
藤本が保管していたコンペイトウで記憶を取り戻した小鳩。
これでやっと本当に再会出来ましたね・・・。

結局、転生出来たのはこの世界が好きな人が居た世界というオチ?
小鳩の記憶に居たのはやはり藤本の前世だったのかなー。
いおりょぎさんの台詞からすると手回しがあったのは間違いなさそうだけど。
細かいことがどうでもよくなるぐらい、綺麗な終わりだったんでいいんですけどね!
記憶から消去→思い出す→再会は完全に予想通りの展開だったけど
こういう王道展開に弱いのが自分なんですよねー。
23、24話の後半は涙無しには見られませんでした。
番組編成期前はこういうのが多いから困る。
スポンサーサイト

こばと。 第22話

★こばと。 第22話 「…さよならの日。」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

やっといおりょぎさんが小鳩の恋愛感情にツッコミを・・・。
春が迫る中、小鳩はよもぎ保育園のことで頭がいっぱい。
それとなくいおりょぎさんは急かすものの、身にならない様子。
痺れを切らしたいおりょぎさんはコンペイトウを集める期限を
延ばしてもらえないか奮闘することに。

どうやら、いおりょぎさんが罰を受けた出来事で小鳩が巻き込まれたっぽい?
だからいおりょぎさんがこんなに小鳩に対して一生懸命なのか。
小鳩の夢には藤本らしき人影、前世の父親とかか?
そうなると恋愛感情を持っていないのも頷けるんだよな。
こう見ると、いおりょぎさんは小鳩の目的や過去を知らないっぽいなー。
とにかく、罪滅しのために小鳩に尽くそうとしてるだけか。

いつもに増して荒れっぱなしだった藤本は
保育園が無くなって自分でも感情が制御できないんだろうな。
清花先生は“縛られていた”と言ったけど
逆に言えばそれだけ関わり、思い出深いだった場所なわけだしね。
藤本の態度を見てると、清花先生に少なからず好意はあったんだろうし
藤本は心底複雑なんだろうなぁ。
事故は完全に入院か死亡かと思いましたよ・・・。
WAといい、最近交通事故のフェイントが多くて困る。

次週は2話放送なので最終回。
最後ぐらい愛生さんの出番無いかなーと思いつつ。

こばと。 第21話

★こばと。 第21話 「…春の足音。」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

結局沖浦は、全ては愛する清花先生に
危害が及ばないように行動していて
二人とも想いが通じ合ってめでたしめでたし・・・
と、ここまで引っ張った割にはあっさりと解決しましたね。
そのあっさりの中にも小鳩の苦労があったわけですけど。
こんなになっても帽子が鉄壁なのは違和感バリバリだな。
意識化から逸らすような施しでもしてるんだろうか。

小鳩の秘密と言えば、食事が出来ないことが判明。
そういえば今までそんなシーン無かったもんなぁ・・・。
その分、いおりょぎさんが食事してるシーンは目立ったけど。
幽体的なものという真実味が帯びてきたな。

こばと。 第20話

★こばと。 第20話 「…旅をするひと。」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

バレンタイン。
女性が好きな男性にチョコを送るイベント・・・。
その説明を藤本から聞いた小鳩に心境の変化が・・・?
もうタイムリミット目前で恋心開花くるー?と思ったけど
戻りつつある記憶を見る限り、やっぱり違うような気がするよ。
クリスマスからバレンタインまで時間が一気に飛んだせいか
藤本の態度はかなり柔らかくなった気がするなー。

今回登場のみなさんはツバサからのゲスト?
ツバサはよー知らんのでなんともですが・・・。
一応は伏線っぽいことを残していきましたけど。

そんなことより、個人的には大村裕美ちゃん(CV:愛生さん)
の出番が比較的多めだったことの方が重要なんですよ!
バレンタインといえばお菓子ですからねー!

次回のサブタイ見ると終わりが近づいてることを実感します。

こばと。 第19話

★こばと。 第19話 「…ホワイトクリスマス。」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

堂元君がイケメン過ぎて困る・・・そしてカワイソス。
寒空の中、仕事終わりの小鳩を待ったり
プレゼントは何が欲しい?と積極的に攻めてみたものの
相手は恋愛感情に疎い小鳩だもんなぁ・・・。
いおりょぎさんが堂元についてまったく触れてなかったのは気になったけど。
小鳩の隣に居るべきなのは自分じゃなくて藤本と悟って
小鳩のためにセッティングがんばったり泣ける。

小鳩と藤本は恋愛という感じはしないし
小鳩が藤本が気になるのには何か理由がある気がしてならない。
そして、雪の上に藤本の足跡はちゃんとあったのに小鳩のが無い?
いくらしんしんと降ってるからって、そう短時間で足跡は消えないしなぁ。
ぐるぐる回ってたし、その辺小鳩の足跡だらけでもいいはずなのに。
いおりょぎさんのどっちにしろお別れという言葉も気になる所ですね。

こばと。 第18話

★こばと。 第18話 「…木枯らしのぬくもり。」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

こばと。は気付いたら時間流れてるよねぇ。
ということでタイムリミットまでの最後の季節、冬がやってきます。
春らへんが物語の終末であることも想像出来るし
よもぎ保育園絡みの話も佳境に入ってきますね。

堂元が小鳩に好意を抱いているのは明らかだったけど
今回やっとそれらしいアプローチを!
・・・するものの、小鳩には遠回しすぎたようだ(笑)
というか小鳩なら「私も堂元さんのことが好きですよ」と
普通に返しそうで困る。恋愛ってキャラじゃないもんなぁ。
次回はクリスマスの話みたいですが
今回スルーされた堂元は小鳩をデートに誘えるのか!?

こばと。 第17話

★こばと。 第17話 「…謎の生命体、2号。」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回は前回のザッピングでいおりょぎさんサイドのお話。
小鳩の前に現れたいおりょぎさんがボロボロで
シリアス編突入!?かと思いきやいつも以上にギャグだったという。
いおりょぎさんがこんなに面白いキャラだったとは・・・。
普段とのギャップ&本人は大真面目なのが面白いですね。
福山潤キャラはxxxHOLiCか何かのキャラだよね、ゲスト出演?

次回は映像見ると今度こそシリアスっぽそうだ。

こばと。 第16話

★こばと。 第16話 「…謎の生命体。」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

前半が居たたまれなさすぎて見ていて辛い。
こばと。はこういう暗い話結構多いよね・・・。
たいていは後半でハッピーエンドになるんだけどさ。
小鳩本人やゲストが暗い感じならまだしも
子供達がどんよりしてるのはきついなぁ。
小鳩のがんばりがみんなに認められて良かったです。

次回は今回のサブタイの2・・・?
なんだか中途半端に切れたなーとは思ったけど、続きなのかしら。

こばと。 第15話

★こばと。 第15話 「…秘めたる祈り。」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

千羽鶴とかタイムリーすぎてワロタ。
偶然って恐ろしい。
というか千羽鶴って普通は病気快癒とかだよね。
そりゃ被災時にはそんなもの送られても
それよりも募金とか物資の方が遙かにありがたいよね。
まぁ、状況問わずに千羽鶴自体が自己満足な部分は否定できませんけど。
想いが伝わりやすい送り手と受け取る人ってのは重要だよなぁ。

小鳩の死への怯えっぷりと記憶喪失。
小鳩が死を経験し記憶喪失になっているか
身近な人の死がショックで記憶喪失になっているかのどちらかかなぁ。
どっちのケースでも、行きたい場所が天国っていうのはありそうな感じです。

こばと。 第14話

★こばと。 第14話 「…黄昏の探しもの。」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

お久しぶりのこばと。の王道パターン回でした。
最近は伏線張ってたりドバっとコンペイトウ増えたり
一から一人を攻略していくっていうパターン少なかったからなー。
とりあえず、見ていたら焼き芋が食べたくなる回でしたとさ。

よくよく考えれば、これも幼稚園モノのようなものか。
微笑ましいっていうのはこういうことを言うよな!
はなまる幼稚園はキャラよりすぎるんだなぁ。
これはこれでそういう面白さがある作品だと思いますけど。

こばと。 第13話

★こばと。 第13話 「…天使と守り人。」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

小鳩の帽子について軽く触れられたけど
そういえば、今まで一度も取ってないのか。
帽子を取ると頭に何かが・・・というのはよくある話ですよね。
このことと小鳩が行きたい場所について関係あるのかなぁ、
それと記憶をなくしてることについても・・・。

24話の半分以上を過ぎても話があまり進んでないのがモヤモヤしますね。
季節的には後2つとかなり過ぎてはいるんですが・・・。

今回は例の危うい歌が三度登場。
相変わらずの高音の不安定さはくせになるな(笑)
今回は千和とのデュエット、ハモりが良いなぁ。

こばと。 第12話

★こばと。 第12話 「…銀色の瞳。」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

一転していおりょぎさんサイドの真面目なお話。
異界というのはそのままの名前で
天界、地界の他に存在するもう1つの世界だったんですね。
これに人間界を加えて4世界、互いに不可侵が原則ですが
いおりょぎさんは天界にあるものを手に入れるために
天界にケンカをふっかけた罰として今の姿になった、と。
そして小鳩の補佐をするのが契約。

小鳩に対する態度は仕事以上のものを感じるし
天界にある目当てのモノと関係あるのかなぁ。
この様子だと小鳩ががんばった先には救いが待ってそうで良かった。

さて次回は・・・天界のことが何かわかる?

こばと。 第11話

★こばと。 第11話 「…探偵 花戸小鳩。」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ゲストキャラに愛生さんきたあああああ。
柔らかい感じで癒し系のキャラはやっぱり十八番だなー。
今年はそれでいて緩かったり幼かったりするキャラが多かったけど
今回のように落ち着いた雰囲気の癒し系も魅力的です。
こばと。のゲストキャラは地味に台詞が多いのが嬉しい。
再登場の可能性もゼロじゃないしね。
今回もまさに再登場キャラというパターンだし。

香菜ちゃんと愛生さんのコラボはなかなか聞く機会が無くて新鮮です。
結局、“文学少女”のドラマCDも聞いてないんですよね。
後はTo LoveるのOVAかな?こちらも未読。
前者は香菜ちゃんが先輩キャラ、愛生さんが後輩キャラ。
後者は香菜ちゃんが妹キャラ、愛生さんがお姉ちゃんキャラ。
逆になってるのが面白いので機会があればチェックしておきたいな。
TVAだと次のクールの聖痕のクェイサーが新しい方かな?
まぁ、何が言いたいかというと、好きな声優ばっかりで俺得だった、と!

探偵と名前が付いた話ですが、
いつもとやってること変わらないのは予想通りでしたとさ。
いや、ホント、愛生さん登場がサプライズすぎましたよ・・・。

次回は年明けの1/5。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。