説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンセスラバー! 第12話

★(終)プリンセスラバー! 第12話 「プリンセスラバー!」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

哲平が死んでいるわけがないと確信はあったものの
まさかシルヴィがキャッチという超展開だとは想像出来なかったぜ(笑)
というかそもそも、哲平が必死にシャルを抱えてる時に発砲したのに
シャルはどうやって助けられたんだ?って感じですが。
っていうかポン刀も回収してるんだな、ホントにナイスキャッチだよ(笑)

その日本刀は今回大活躍。
前回、出番殆どなしに吹っ飛ばされて空気とか言ってごめんよ!
ガラスに切り込み入れたり、一薙ぎで列車の連結部分を外したり
最終決戦では+縮地法で決め手となったり大活躍。
さすが有馬の刀!使用者のスペックを大幅に向上させる効果があるんだな!
ヤンマーニばりの弾よけスキルもこれのおかげに違いない。
バイクに乗ってるシルヴィさんもヤンマーニってたけど気にしない。

ハルトマンは騒動起こしたキッカケもショボかったら
収まる時もあっさり説得とかショボかったなぁ・・・。
実際はハルトマンの言うとおり「きれい事」だよね。
一心が何を思っていったのかはわからないけど
少なからずハルトマンの人格構成に影響を与えたのは紛れもない事実だし。
それを哲平が都合の良い言葉で正当化しようとしてるだけ。
・・・まぁ、勧善懲悪な話に近いから突っ込むだけ野暮なんだけどさ。

最終的に列車の爆破で道連れをはかろうとしたハルトマン。
吹っ飛ばされた哲平&シャルは見事にシルヴィがキャッチ。
ホントにナイスキャッチっていうレベルじゃないというか
こいつらシルヴィに頭が上がらないぞマジで。
ハルトマンも無事アルフレッドにキャッチされたものの・・・
川にポイ捨てとかひでぇ、初めてハルトマンに同情した(笑)
その後どうなったかと言えばジョセフィン看護してるし・・・。
自分が撃った女性を看護してるとか意味がわからない
というか刑罰とかに問われないのかコイツラ!

最後はダンス+まとめって感じで綺麗に〆。
・・・てるようには一瞬見えたけど騙されないぞ!
最後まで突っ込み所満載なのはこの作品らしい終わりだったけどね。
ともあれこの3ヶ月楽しませてもらいました。
やっぱり1クールに1作品ぐらいこういう作品は無いとな。
GoHandsの今後に期待ですね。
スポンサーサイト

プリンセスラバー! 第11話

★プリンセスラバー! 第11話 「騎馬隊と列車」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

シリアス+クライマックスモードなのに
いつも以上にギャグに磨きがかかってるこの作品は凄いと思う。
提供の根津・・・。
飛行機乗ってるの忘れてるテロップは
まさか脚本チェックとかで気付かなかったんだろうか(笑)

優さんはなんだかんだで身を引いたのかな。
一心は優の父親的存在としても
身分の差を気にせず恋を応援したかったんだろうけど
結局優自身が自重しちゃった感じ。
まぁ、恋愛感情もたれてるとは哲平思ってないだろうしなぁ。

聖華さまは典型的なツンデレキャラだと思ってたので
ここまで哲平に積極的に(文字通り)絡んでくるとは思わなかったな。
もうとにかく哲平のことが好きなのが伝わってくるし
それを哲平にわかって欲しいという乙女心もわかるから応援してあげたい。
くっそー、可愛いなチクショウと言わざるを得ない・・・!

シルヴィは最後まで格好良かった。
婚約解消は言い出すんじゃないかとは思ってました。
シルヴィも自ら哲平にキスをして想いに区切りを。
っていうか哲平キスされすぎだろうJK・・・。
いくらエロゲ原作だからって
ここまで主人公がキスされまくるゲームも珍しい気がする。
アニメの哲平は台詞が天然ジゴロだからしょうがないけど。

一番笑ったのはやはりお馬鹿な部下とシャルのトーク。
ルールわからないと言いつつなんだかんだで麻雀してるシャル萌え。
「縦清ドラドラ倍満」とか「はやーい、すぐ出しちゃうんだからー」とか
それにしてもこの柚姉ノリノリである。

救出パートはハルトマンが手を出されてるのを望んでたみたいだから
何か正当防衛的な策があるのかと思いきやそんなっことは無かった!
っていうか事件起こした動機がくだらねええええwww
やってることは大きいのになんつー小さい男だ・・・。
一心がせっかく説いてくれた財=刀云々のありがたい言葉。
一瞬にして日本刀が吹っ飛ばされていったい何だったんだよ(笑)
列車の後方に吹っ飛ばされた哲平ですが
総じて引っかかってるとか列車の下に隠れているというオチなんだよな。

この楽しい突っ込みタイムも次回で終わりか・・・。
最後の予告まで映像もナレも突っ込み所満載なのはさすがだぜ!
最後までにょげーが引っ張られるとは思わなかったんだぜ。

プリンセスラバー! 第10話

★プリンセスラバー! 第10話 「喪失と再生」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

哲平はシャルを連れ去られて出会ったときからの想い出を巡って
やっと好きということに気付いたのかよ!
あっさり好きだと言った聖華様を少しは見習って欲しい。
その聖華様ですが、またもやあっさり哲平に好きって言ったー!
雰囲気でもしや?と思ったけどキスまでしやがりましたよ。
聖華様の中では、もうシャルに敵わないと自覚してるんだろうな。
それでも好きな人にはシャンとしてて欲しいので
シルヴィ同様に厳しくも焚き付けに来た、と。
割と理想像の押しつけ入ってるのはご愛敬だよね!

テロリストの部下達は相変わらずシャル大好きすぎ。
監視しとけって言われたのに縄解くなよ(笑)
あまつさえ風呂にも入れてやったり・・・
そりゃジョセフィンも小娘に怒るでしかしという話。
不自然な霞の上からなので断言は出来ないけど
胸わしづかみとか女の嫉妬全開でおーこわ。

予告は相変わらず毎度ナレと映像が色々酷いな(褒め言葉)

プリンセスラバー! 第09話

★プリンセスラバー! 第09話 「赤と青」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

相変わらず自重しないテロリストの下っ端以外は至って真面目な今回。
一番不真面目というか緩かったのはシャルじゃなかろうか・・・。
ペンキで遊んでる暇なんてあるのかよ(笑)
哲平じゃなければこのお姫様に付き合いきれないかもしれない。
マジレスしちゃうと姫置いて単独行動の方が断然早いもんなぁ。
しかも手繋ぎっぱだし。そらテロリストもキレるわ!

聖華さまがいきなり哲平に対する気持ちを素直に語り出してびっくり。
LOVEなことをシルヴィにだけは話しましたが・・・
やっぱり哲平の前では素直になれないんだろうな。
というか惚れやすくないかアンタと思わんでもない。

シャルを迎えに来た運転手が怪しさ全開だったんですが
ビジュアルと声がどう見てもハルトマンです本当に(ry
結局全ての黒幕はコイツっぽいなぁ・・・。

予告。
なんでハヤシライスなん?

プリンセスラバー! 第08話

★プリンセスラバー! 第08話 「楽園と真実」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

まぁ、やっぱり主犯格は秘書ですよねー。
特にシャルを呼び出して監禁するなんて
それなりに身内の犯行でないと実際不可能だろうしね。
何よりも最初から奴には悪女オーラが(えー
戦国乙女のミツヒデに見えてならない俺です。
とりあえず一番哀れなのはハルトマンだなぁ・・・。

シリアスムードでもギャグを忘れないのはさすがプリラバですね!
シャルに対して自重なテロリストとか
やっと使われたキモバイクにあちゃー!とか。
シルヴィが色々凄かった。
あのライダースーツを裸でまとうのにこだわりでもあるのか(笑)
着替えの時は一瞬というかもはや変身のレベルだし。

優はかつて無いほどスーパーメイドで格好良かったし
聖華様は相変わらずツンデレりつつも
全体的な根回しのおかげで大事にならずに済みました。
まぁ、いきなりアイドルマスター状態は吹いたけど(笑)
シャル以外のヒロイン大活躍だけど
シャルはちゃっかりメインヒロインしてるし
どっちがオイシイかは微妙な所だ・・・。

今回で終わると思ってたのにまさかの次週へ持ち越し。

プリンセスラバー! 第07話

★プリンセスラバー! 第07話 「婚約者と花びら」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

前回の話がヒロイン入り乱れての話だったおかげか
今回はやたら哲平とシャルの距離が近くなったように感じたな。
ナチュラルにお姫様抱っこなんてしちゃうあたり
哲平もこの生活になんだかんだで馴染んできたよね。
哲平をちゃっかりデートに誘うシャルといい
端から見るとお似合いのカップルすぎて
婚約者と名言されているシルヴィがなんだか不憫になってくるよ。
シャルの婚約者が登場し、その立場は哲平も味わいそうですけど。

シャルを罠にハメたのは誰だろうと考えてたけど
なんだかテロリストの集団っぽいのが居て
犯人は複数というか組織的なものと見てよいのか。
テロリストの目的はどうやら祖父さま達っぽいけど
いくらなんでも有馬ヒルズの警備はザルすぎないか・・・。

てっぺいなら、てっぺいならなんとか(ry
とかシャルが連呼するので仙道しか過ぎらなかったじゃないか。

プリンセスラバー! 第06話

★プリンセスラバー! 第06話 「湯けむりポロリとラッキースケベ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

なんだ、ただの神回か。
兼ねてから酷い(褒め言葉)回とは聞いていたけど
想像を上回る内容だったのはさすがだぜプリラバ・・・!

のっけから箱番組っぽいマリア登場にはヤマ無しオチ無しだし
番外とか画面の外に話しかけたりフリーダムすぎるだろ(笑)
「俺はラッキースケベだ!(くわっ!」
「俺とお前でWラッキースケベ」
哲平さんは数々の名言を残していきました。

入浴シーンはAT-Xでも濃霧警報発令でした(笑)
まぁ、パンツも見えないしそのままだと思ったけどね。
湯船はともかく脱衣所で雲が多いのは吹いた。
かなめもでさえもう少しごまかすように隠してたぞ。
DVDで修正しやすいようにの配慮なんでしょうか。
そりゃあ思わずシャルも不自然に霞が多いことに突っ込んでしまうわな。

挙げ句の果てに振り返った時既に(ry
なカイジの鉄骨パロが謝罪付きで直球。
バレで知っていたとはいえ笑うなってのが無理だよ!

予告ではまだ引っ張るのか“にょゲー”・・・。
最初から最後まで笑いが絶えない良いギャグ回だった。

プリンセスラバー! 第05話

★プリンセスラバー! 第05話 「夕日と観覧車」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

あ、アレ?プリラバがおとなしいぞ・・・?
「穴という穴を〜」べろべろぐらいだったじゃないか。
いったいどうしたと言うんだ・・・!(えー
もはや稔キャラの自重しないっぷりぐらいはデフォ。
これぐらいじゃおとなしく感じるのがプリラバクオリティ。

・・・といっても真面目な話をしないわけには行かないので
今回は各ヒロイン達の哲平に対する
些細な心境の変化を感じられたのは良かった。

今回がおとなしかったからの反動なのか
次回はサブタイだけで酷いことに(褒め言葉)
なんだよ「湯けむりポロリとラッキースケベ」って(笑)
ラッキースケベはシンだけで十分だよ!

プリンセスラバー! 第04話

★プリンセスラバー! 第04話 「薔薇と靴」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

転けない単車を割とすぐ作ってしまう有馬の科学力パネェ。
ただ、哲平のキモイという感想には同意だ。
反語とか言われるとプリズムなアレを思い出しちゃうじゃないか。

前半はずっと根津のターンっていうか稔卑怯すぎるわ!
鼻水が緑色だったり虹が出たり電気を発したりと
斬新すぎる表現には毎度度肝を抜かれますね。

後半は今回のメインとも言うべき聖華様のターン。
ああ、やっぱりツンデレはわかりやすいぐらいの方がイイ。
中の人が加藤英美里ならなおさらだ・・・!
足でバトルとかお前ら実は仲良いだろうと思ってしまった。
つーか、聖華様強いな。哲平が紳士的だっただけかもしれんが。
もしくはハイヒールのカカトで何度も踏まれて悦ぶマゾ的な。
遺恨は消えたので、これからは態度が軟化するといいなぁ。

予告映像の舌でぺろぺろとにょ(尿)ゲーで吹いた。
ましてや柚姉に言わせるあたりが狙ってるとしか思えねえ(笑)

プリンセスラバー! 第03話

★プリンセスラバー! 第03話 「剣と舞踏会」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

これだけナチュラルにシモネタ含めるんだったら
もう少しトライアングルを解放してくれてもいいのにと思う3話。
俺にも手厳しい白を拝ませてくれ!

胸の谷間に剣をあてがわれても文句を言わないのに
シャルロットの哲平押し倒しをハレンチと言うあたり
シルヴィは根本的に真面目で武術は武術と割り切ってるんだろうなぁ。
それにしてもシャルロットさん、それはお馬さん違いです。
哲平の見た光景は楽園だったに違いない。

そんな哲平はほっぺにちゅーとダンスぐらいで前屈みとか大変だ。
「ガム、大きいガム」とか斬新な言い訳で吹いた。
というか間違い無く、押し倒されてた時に反応してたと思うんだ(笑)
それを見越してのお馬さんとか天然エロスなシャルロットさんパネェっす。
こうしてみると柚姉がやたら適役に見えてくるから困る。

聖華さまは現状本当にただの嫌がらせキャラ。
デレたら凄そうなので今から楽しみだ。
一番楽しみなのは、哲平の斬新な表現だけどな!

プリンセスラバー! 第02話

★プリンセスラバー! 第02話 「学園と再会」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

2話になっても相変わらず突っ込み所が素敵で安心した。
胸枕とか明らかに多すぎるメイドとか「いやーん」とか
馬車再び、寧ろ馬車通学とか手厳しい白とか
当ててんのよとか何故か逆に押し倒しとか(笑)
突っ込みに焦点を当てると意外に見られてびっくりです(えー
シルヴィアの面は髪でわかったんだよな、な。
試合の流れに持っていったシャルロットは天然トラブルメーカーか。

この感覚、何かで感じたことがあると思ったらToLoveるでした。

プリンセスラバー! 第01話

★(新)プリンセスラバー! 第01話 「馬車と姫君」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介】

原作未プレイ。
なんとなく雰囲気は知っていたので
てっきりファンタジーだと思い込んでたんですが
普通に日本が舞台の作品なんですね。

アバンとOPが全然結びつかなくて?となってたら
親父とお袋を見た最後とかAパート早々に墓参りとか重っ!!
そして主人公の目の前を走り抜ける場所、シャルロットとの出会い。
アスファルト(しかも山道)を馬車が走ってるってシュールな光景だなぁ!
金持ちを狙った犯罪者が馬車を襲ったり
あまつさえいきなり発砲したりと本当にここは日本だよな!?
手綱離せないといいつつジジイは手綱を離して無双しだすし
シャルロットが落下したのは間違い無くジジイのせいだと思います。
最終的にはダメになった馬車の代わりに車で颯爽と去っていきましたが
なら最初っから車で移動してたほうが良かったんじゃあ・・・。
それと山道に馬放置すんなよ!可哀想だろ!

とまぁ、Aパートは突っ込み力が試されてるかのような構成だった件について。

後半はこの作品のプロローグ的な部分である
庶民からセレブに、というお話。
許嫁が居たりこの辺はまぁテンプレですよね。
しかしその裏は主人公は親の敵を捜すこと。
次回はセレブ学園に転入でシャルロットと再会、一波乱って所かな。

キャスト全変更に関しては原作未プレイなので抵抗は薄いけど
シャルロットの気さくなキャラを見て
なんでかz・・・はるるんじゃないんだよおおおと泣きそうになりました。
ツンデレキャラはまだ見慣れてるけど、気さくなのはあんまり聞いたことないのにぃ。
気さくな感じが柚姉に合っていると言えば合ってるんですけどねー。

それとAT-Xでもパンツ無しかよ!
エロに拘る気は毛頭ないんですが不自然すぎるのは嫌だなぁ。
湯気ならまだ許せるけど魔のトライアングルすぎるだろう(苦笑)

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。