説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刀語 第12話

★(終)刀語 第12話 「炎刀・銃」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

とがめが右衛門左衛門の炎刀「銃」に撃たれて引いた11話。
1ヶ月待つのは長かった・・・!
結果的には何の救いもなく死んでしまったわけですが
これだけ死に別れのシーンが長く描かれたアニメは珍しいですね。
おそらく原作もこういう構成なんでしょうけど
それを表現出来たのは1時間アニメだからこそですね。
せっかくの感動のシーンに「ちぇりお」が出てくるあたり西尾らしい。
とがめが最後に七花を突き放したのは七花の今後のためだろうし
最後まで良いヒロインでした。

完了形変体刀・虚刀「鑢」の完成かつ
刀を守る、自分を守るという枷の外れた七花は鬼神のような強さでした。
十一人衆はなんとなくロックマンのワイリーステージを思い出した(笑)
死にに来た、問答無用で刀と人を破壊する七花は形はどうであれ
今までの人生で最も自分の意志を優先して動いてたんじゃないでしょうか。
右衛門左衛門との決戦も割と早く決着。
諸悪の根源とも言える、家鳴匡綱を「ちぇりおぉおー!」とトドメを刺し戦闘は終結。
最後の最後でちぇりお&城真っ二つに吹いたわ(笑)

とがめも七花も死んでどうするんだこれ的エンドになるのかと思いきや
傷は負ったものの、七花はピンピンしていて日本地図の作成に精を出す。
隣に居るのはまさかの否定姫。しかもなんかすげぇデレとる!
なんというか、どうしてこうなった状態にもほどが・・・。
七花が全てを想い出に出来たのなら、とがめとの旅も無駄では無かったろうし
実はとがめのことをそこまで嫌いじゃなかった否定姫とのコンビも悪くないのかもしれない。

11話までの盛り上がりからの12話の結末は賛否両論ありそうですが
西尾がキャラ殺すのは知ってる人は知ってるだろうし
ひねているので結末に関してはまぁこんな所かな、と言った所。
終りよければ〜というわけではないんですが
七花が全てを納得した上で否定姫と旅を続けているので良かったんじゃないかなぁ。
スポンサーサイト

刀語 第11話

★刀語 第11話 「毒刀・鍍」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やだ・・・人鳥さんかっこいい・・・。
しかし、急な活躍シーンは死亡フラグと昔から相場が決まっているのです。
いまいち人鳥さんの鳳凰に次ぐ実力者というのは実感出来なかったな。
あの右衛門左衛門とあれだけ対峙出来ただけで凄いんだろうけど
どうしても「飛び道具」限定と聞くとあまり強そうには思えない。
忍が戦闘するなら基本的には狭い場所だろうし
本当に恐るべきなのは生まれ持った強運なんでしょうけどね。

鳳凰はなんだか体の良い語り部になってた感が・・・。
久しぶりに七花が力を出し切ってガチで勝利しちゃったしなぁ。
四季崎記紀の超設定は確かに今までの伏線回収とも言えるけれども。
後は否定姫や右衛門左衛門の台詞でほぼ情報は出揃ったか。

そんな本編を吹っ飛ばすぐらい強烈な引きだった今回ですが
歌がなんだかミスマッチ&ポカーンで寧ろ笑ってしまったよ!
はてさてどんなオチになるやら。
1年近く続いた刀語も次回で最後だと思うと感慨深いですね。

刀語 第10話

★刀語 第10話 「誠刀・銓」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

もう10話ってことで@2話しかない!
長かったようでもう終盤なのかぁ・・・としみじみ。
リアルタイムで原作追ってた人もこんな気分だったんだろうか。
1年の歳月を感じさせられるこの作品はある意味残酷だな\(^o^)/

終盤ということで徐々に色々見えてきた感じ。
今回わかったのは完成系変体刀を経て作られたのが
完了形変体刀・虚刀「鑢」だったということ。
虚刀流自体が完了形変体刀の1つだったおかげで
数々の強敵と完成系変体刀と対峙して勝利して来られたのか。
なんとなくそれぞれの思惑が見え隠れしてきたような・・・。
否定姫はあからさまな台詞を吐いていたけど
西尾作品はこういうことが実はそのままだったりすることも多いし
彼我木輪廻の四季崎記紀評価がソレっぽいしね。

次回は遂に鳳凰との決戦かな。

刀語 第09話

★刀語 第09話 「王刀・鋸」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回の刀語はいつもに増してラブコメっぽいというか
ツンツンデレってるとがめ可愛すぎるだろう。
悶々としてたとがめの反撃の一手“忘れさせる”の破壊力もぱない。
寧ろ、七花の反応にニヤニヤが止まりませんでしたよ。
最後までそれでからかわれるし、攻めなとがめさんハァハァ。

後なんか汽口さん最後にデレたー!?
髪の毛の鋭利な刃物っぷりが終始気になって仕方なかったです・・・。

刀語 第08話

★刀語 第08話 「微刀・釵」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

OPも変更されていよいよ後半戦という感じ。
予想はしてたけどやっぱりALIかぁ・・・。
正直、ALIは個人的に飽和状態。
全盛期は数年前だと思ってるからなぁ。
映像の方は興味深いというかラスボス暗示なのかなーとか。

今回は微刀・釵を入手する過程よりも
否定姫の言動の方に目が行ったなぁ。
とがめが触れた&七花が気にしてたから怪しいと思ってたけど
炎刀・銃という名前が出てきてほぼ確信。
否定姫の飾ってるのがソレっぽいなー。
となるとラスボスは否定姫か衛門左衛門あたりだろうか。

刀語 第07話

★刀語 第07話 「悪刀・鐚」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

前回バラしてしまったこともあり、展開はトントン拍子。
久しぶりにバトル関連がじっくり描かれた話です。
今回は作画もそうですが演出が色々特徴的。
ADV的な立絵とかシューティング的な絵はワロタ。

今回の奇策は目を封じる+ろうそくという時点で想定内。
七実もあれぐらいなら想定出来たと思うんだけど
実際に仕掛けに架かる手間を考えたら無しと考えたのかな。
まぁ、なんだかんだでお姉ちゃんは弟に甘いということで。
自分が死ぬため・七花の奥義を完成させるため犠牲になったのだ・・・。

次回はとがめと否定姫に絡みが遂に見られそう。
常日頃から相手の悪口を言ってる2人が出会ったら
懐刀の2人は気苦労が絶えなさそうだ・・・。
そして、ショートのとがめかわゆすなー。

刀語 第06話

★刀語 第06話 「双刀・鎚」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

七花が初めて戦いで傷を受けた!とか
安心のロリボイス、日高里菜クオリティとか
色々見所はあったんですが、
またしても最後にぶっ飛ばされたというか・・・
まさか本編ナレで次回のネタバレを意図的に食らうとは思わなかったよ。
おそらく、原作もそういった構成なんでしょうし
映像からほぼ見当は付いていたも同然ですけどね。
こういう意表を突くパターンは、伏せるのが当たり前と思ってただけに
さらりとナレーションで言われるのは想定外でしたよ・・・。

いつかは敵に回りそうな七実さんでしたが意外と早く。
今の七花に勝てる要素はあるんでしょうか・・・。

刀語 第05話

★刀語 第05話 「賊刀・鎧」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

4話のあとがたり聞きました。
会話で触れているように、緑川が居ないのが残念すぎる・・・!
確かに盛大な前振りというかボケでした。
本編見る前に知ってればもっと楽しめたんだろうなぁ(笑)
まぁ、4話はあんな構成だったのでまえ・あとは聞きましたが
今後、聞くことは多分ないんじゃないかなぁ・・・。

今回は久しぶり(1ヶ月おきだからですが)の真っ当な構成。
とがめがとにかく可愛い回だったなぁ。
EDもとがめ(ゆかりん)だったしね。
とがめもですが、やきもちな七花も良い。
それを自覚してないあたりもニヤニヤポイントですなー。

そして、今回はついに「ちぇりお」に突っ込まれましたね。
勘違いでずっとその言葉使ってた時の恥ずかしさは異常だよね。
とがめはオリジナルとして貫き通すつもりなのね(笑)

次回の舞台は蝦夷。
尾張の否定姫@とまっちゃんを放っておいても大丈夫なのか・・・。
様々な思惑が絡まり合って周りが殆ど敵に見えてならないです。

刀語 第04話

★刀語 第04話 「薄刀・針」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

七花を弱い呼ばわりしていたりしたので
七花よりも七実姉ちゃんの方が強いのは予想通りだったけど
まさか、4話まるまる姉ちゃん回になるとは想定外すぎるな!
西尾にはありがちなサブキャラにスポット当てたエピソードですが
それを1巻=1話まるまるでやってしまうの大胆だなぁ。
こう同じパターンで飽きが来そうな4話とかに
こういった話を差し込んでくる西尾はやはり奇才だと思う。

その姉ちゃんの無双っぷりがぶっ飛んでるのも西尾らしいな。
合流フラグを出していたけどまさか・・・ね。
ラスボスとまでは行かなくても
合流してしまったら七花と戦う機会がありそうだなぁ。
私を倒さないとこれ以上旅を続けるのは許さない的なノリとかで。
冒頭からエロスなとがめを見れたりでほくほくだったのに
姉ちゃんの戦慄っぷりでその印象しか残らない回だったぜぇ・・・。

何より斬新なのが、メインであるはずの刀集めがバッサリされたこと。
9割以上が姉ちゃんとまにわにの話になってるし
最後に回想・・・というか戦闘について七花ととがめが語り合って終わりというね。
今回ばっかりはさすがにまにわにに同情したというか
まにわにの友情が普通に良い話で切なくなりましたよ・・・。
それとこんな直球な死亡フラグは
ドルアーガとかそれぐらいぶりに聞いた気がするよ(笑)

刀語 第03話

★刀語 第03話 「千刀・?」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回はキレの良い会話が少なかったというか
いつもに増してシリアスよりだった気がするなー。
七花ととがめのやりとりがそもそも少なかった印象。
寧ろ、お姫様だっことかはれんちとかニヤニヤ要素の方が多かったぜ!
本当に「ただしその頃には(ry」を言ってる七花はえらい。

今回は今までと違い話の通じる相手かつ
私利私欲のために変体刀を持っていたわけではないパターン。
とがめもどことなくやりづらそうに見えたな。
そんな中、とがめの刀として役目を全うする七花。
とがめが言いかけたのは「何も(殺すことは無かった)」だろうなぁ。
その言葉を引っ込めたのにはどんな感情だったんだろう。
七花はもう少し感情出して欲しい所ではあるなぁ。

次回はたびたび出ていた緑川キャラが相手か。
今までは七花無双だったけど今度は初の苦戦か?

次回は4/24。

刀語 第02話

★刀語 第02話 「斬刀・鈍」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

忘れなかった!
しかし、フジが早かったせいで最速と3週間ぐらい離れてるのか。

1話は旅の目的やキャラ紹介の側面も強かったけど
そういった説明タイムが無くなったのでそこに雑談タイムが。
いやー、やっぱり西尾作品の神髄は会話にありですよね。
特に口癖の下りは最後まで活かされたので良かった。
ただしその頃にはアンタは八つ裂きになってるだろうけどな(キリッ
今回はそれに尽きる気がします(笑)
「設定」とか相変わらずメタな会話が多いのも特徴的。
逆さ喋りはガチでアフレコしてるのかなー。

次回は3月27日深夜。

刀語 第01話

★(新)刀語 第01話 「絶刀・鉋」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作未読。
3巻ぐらいまで買ったんですが手をつけてないんですよね。
読むのなら1ヶ月1冊ペースのリアルタイムで読みたかったなぁ。
当時は西尾作品に触れたことも触れるつもりも無かったので。
まぁ、今でも化物語とめだかボックスぐらいしか読んでないんですけどね。

そんな自分の感覚なのでどこまでアテになるかはわかりませんが
やっぱり西尾作品だなーというのが節々から感じられました。
特に会話。とがめの長い一人ボケツッコミとか独特のセリフ回し。
刀なのに銃という名前の言葉遊びやら
策を練るのが策士、奇策を練るのが奇策士という造語
1話等のメタ的発言なんかはまさにな感じで。

自分は同じ作品を長々と見続けるのが苦手です。
TVアニメの24分前後という時間が一番ちょうどいいんですよね。
それが映画をあまり見に行かない理由だったりします。
故にTVも殆ど見ないしね・・・昔はTVっ子だったんだけどな。
そんな自分でも飽きることなく続きが気になる
まんま西尾作品を読んでいるような感覚で見られる作品でした。
逆に言えば、どうあがいでも西尾作品臭しか無いので
西尾作品が読めない人はやっぱり面白いと感じないと思う。
その点、化はうまくやったんだなーと改めて思いました。

主人公がどことなくDBの悟空っぽいノリだし
めだかボックスよりこっちの方がジャンプに合ってる気がするな。
もう1つの不安要素だった絵もそこまで気にならず。
寧ろ七花格好いいとがめ可愛い。
時代背景的に西尾作品お得意の厨二っぽさが薄いのは良くもあり悪くもあり。
12本の刀のシルエット見る限り油断できないけど(笑)

ともあれ、あまり期待してなかった反動か、かなり楽しめました。
アニメの化物語が初西尾の人が面白いと思うかは微妙ですけどね。
小説の西尾の文を読んで面白いと思える人は楽しめると思う。
ただ、あまりアニメ化したメリットを感じないのも事実ですね。
戦闘シーンがあまり得意でない西尾のデメリットを
視覚化してマシに出来ることと声が付いたぐらいかな?

次回は2月28日(BSフジ)。
月1は録画を忘れそうなのが怖いですね・・・。

あ、ちなみにまえがたり&あとがたりは聞いてないです。
ふと聞く気になったら聞いてもいいかなーというレベル。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。