説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある魔術の禁書目録II 第24話

★(終)とある魔術の禁書目録II 第24話 「武装集団(スキルアウト)」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

日記でも触れましたが原作をSSから新約まで読んだので原作組になりました。
これで今回から感想は原作既読視点なんですがもう最終回です\(^o^)/

SSの内容知ってる身としてはコレを最後に持ってくるのはなんともしまらない。
最終話のサブタイが「スキルアウト」だし何よりも的が何の能力も持たない人物。
ちょっと前に神の右席やら木原数多と死闘を繰り広げていたとは思えない空気。
確かにストーリー上、VS駒場やVS浜面は重要なイベントなんですけどね。
原作読んでなかったら自分もあっれー?ってなってた気がします。

というわけで最も楽しみだったのは浜面のキャスト。
結論から言えば、悪声の日野ちゃまでした。
というか気付けば3人の主人公がまんまバクマンキャストに・・・。
浜面の活躍は3期があれば多少は見られるはず。
本格的な活躍らしい活躍は3期に収まるかどうか微妙なラインだけど。

もう1つの嬉しいサプライズは駒場の携帯待ち受け。
時期的に微妙だっただろうに某キャラがしっかり映ってました。
これはその辺までアニメ化するよ!という意思でいいんですよねJCさん。

戦闘面でもこれはこれで見所あったかな。
1期では上条さんにフルボッコだった一方さん。
喩え、能力が一時的に使えない状況であっても戦えるのは強くなりました。
そして駒場に共感したりサービス残業を率先して行ったりと
精神的にも成長を感じられてまさに主人公と呼ぶのにふさわしい。
上条さんがいつものかみつきオチでしまらなかった分
グループの4人が目標に向かっていく姿は素直に格好良かった。

上条さんは無能力者同士の浜面との対決。
説教用BGMを落ち着いて聞けたのは久しぶりな気がするし
等身大の相手ということでいつも以上に説得力のある説教でした。
武器の所持の差はあるので一概には言えないんだけど
タイマン張って病院に運び込まれる上条さんは若干情けなかったけどな!

そんなわけで1期以上のペースで原作を消化していった2期ですが
1期の時以上に色々調べて見るようになったので
描写不足を感じることはあんまり無かったかなぁ・・・。
総じて魔術サイドがgdgdになるのは説明しないといけないからどうしようもないね。
3期があるなら殆ど魔術サイドの話なのでどうなるのやら。
最後に超電磁砲2期か禁書3期の発表があると思ってたのに何も無かったのは肩すかし。
まぁ、焦らずじっくり練ってもらって3期とかやってくれた方が嬉しいかな。

中盤以降の盛り上がりで原作を読む決意を固めたので
そういう意味では1期以上に自分に影響を与えてくれた作品でした。
原作新刊が楽しみすぎますね・・・。
スポンサーサイト

とある魔術の禁書目録II 第23話

★とある魔術の禁書目録II 第23話 「開戦前(かいせんまえ)」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前回、アックアが立ち去った所から。
上条さんと元に戻った氷華との会話は相変わらずの上条△。
こういうことを心から言ってるから上条さんが大好きです。
OP直後に挿入歌が流れる作品は珍しいような。
一方さんはインデックスが去った直後に暗部と接触。
人質を取られた&木原の穴埋めという形で協力させられることに。
奇しくも一方さん本人が言った
ラストオーダーだけは元の世界に自分は闇にという形になってしまった。
アックアとの会話相手は左方のテッラ。
PVではチラっと姿映ってましたが本編では映らず。
キャストは大塚芳忠さんとはまた大御所持ってきましたねぇ。

そして『0930』事件の事後処理というかエピローグ的なものが見られると思いきや
気がつけば上条さんの日常にワープしていたでござる。
あ、アレ?インデックスと氷華の再会とか戦闘中だった美琴とか
ラストオーダーのその後とか一切描写ないの・・・?
焼き肉とかやってる場合じゃないと思うんだ。
原作再現は読者からすれば嬉しいんだろうけど
オチが上条さんと土御門だしカットしても良いエピソードにしか見えなかったぜ。
なんとなく戦争始まるよーという空気を出すのに必要だったのかもしれないけど。

一方さんは暗部に墜ちて『グループ』という組織に属することに。
メンバーは土御門、海原、あわきん、一方さんというカオスなもの。
特にあわきんは一方さんに思いっきり顔面殴られたというのに(笑)
最終回直前のバトルがまさかVSスキルアウトとは・・・。
次回最終回も順当に原作消化してこの話を終わらせるだけな気がする。
今後の重要キャラである浜面の登場と酔っ払い美鈴さんが見所でしょうか。

とある魔術の禁書目録II 第22話

★とある魔術の禁書目録II 第22話 「天罰術式」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

上条 VS ヴェント、一方通行 VS 木原数多 共に決着!

上条さんに関しては正直いつも通りという印象が強いなぁ。
ヴェントの攻撃を一度もまともに受けなかったことから
今までの魔術師と比べて威力が段違いで食らえなかったのは想像出来るけども。
天罰術式はチートとも言えるべき集団制圧能力だけど
イマジンブレイカー有する上条さんにはまったく聞かなかったのが大きいな。

しかし、何度見ても説教→男女平等パンチの流れは胸が熱くなるな。
「ふざんけじゃねえ!」という言葉がこれほど似合うキャラも珍しい。
ヴェントの理由に関しては本人も言ってる通り私怨に近いけど
それに反論した上で自分の正義を貫き相手を更正させようとする。
その行動が寧ろ善悪問わず平等なんだなー。

一方さんの方は60秒で倒すとか無理だろ・・・と思ったらやっぱり無理だった。
全演算能力失って生命活動も危うくなるんじゃなかったっけ?
能力の暴走?新たな能力の開花?天使の影響?
何が何だかわからない木原が味わってる不気味さが視聴者にも伝わってきた。
ともあれとりあえず勝利。どう見ても死んだよねアレ。
殴れば殴るほど小物臭が増していく木原くンェ・・・。
登場時の木原神拳のインパクトとはなんだったのか。
インデックスを放置しすぎなのも突っ込み所満載だよ!

ラストオーダーがどうなるかとかは次回かな?
予告を見ると懐かしの海原(エツァリ)が。
@2話はOPにチラっと映ってる組織の発足等をやるのかなー。

とある魔術の禁書目録II 第21話

★とある魔術の禁書目録II 第21話 「学習装置(テスタメント)」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

アバンから土御門△だけど何が起きてるのかよくわからないんだぜ。
よくわからないと言えば、インデックスはいつの間に活動してたんだ。
ラストオーダーも気付けば回収されてるし・・・
尺の都合なんだろうけど、純粋にアレ?って思う場面はなんとかして欲しかったな。

と、愚痴から入ったものの相変わらず2人の主人公の奮闘が熱い!
上条さんと一方さんの電話は夢の共演すぎます。
「死ぬなよ」「互いにな」が熱すぎて泣きそうになったよ・・・。
一方さんは声の心当たりがあったそうですが
この場面で名乗ったりせず必要事項だけ伝え合う2人が格好良いなぁ。

今回は戦闘シーンよりも会話パートの方が多かったかな。
小競り合いをして移動の繰り返しで移動ばかりしてたイメージ。
そんな中、一方さんはビル吹っ飛ばして統括理事会に八つ当たり。
一瞬何してるかわからなかったけど、地球の自転を利用してるらしいよ!
残り少ない能力使用時間をこんなところで使っていいのかと思ったけど
よっぽどラストオーダーを利用したら彼らを許せなかったんだろうな。
その後、木原の居場所を見つけてビルの窓から突撃。
次回あたりに決着付くのかな?

上条さんは発動したヒューズ=カザキリの元に向かう最中にインデックスと美琴と合流。
俺が止めると当たり前に言ってのける上条さんが格好良すぎて濡れるッ!
美琴はなるほど猟犬部隊を主に相手にするのか。
迷わず上条さんの助けになろうとする美琴も男前だ。
月並ですが、本当に皆格好良くてテンション上がりますわ。
氷華の元にたどり着いた上条さんにヴェントが立ちふさがる。
互いの目的からもこちらもここが決戦になるのかな。

そんな盛り上がりを全て吹っ飛ばすかのような氷華のアヘ顔は吹いた。
いやいや・・・なんだよこのコラ素材になりそうな成コミレベルのアヘ顔は(笑)
次回はこのアヘ顔を垣間見ながら戦闘シーン楽しまないといけないのか・・・。

とある魔術の禁書目録II 第20話

★とある魔術の禁書目録II 第20話 「猟犬部隊(ハウンドドッグ)」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

一方さんはインデックスがどうにかしてくれるのかと思いきや
いつも通りの強行突破でインデックスを連れてその場を脱出。
あそこまでボコられておいてまだまだ全然動けるんだな。
上条さんの顔面パンチの方が重かったのか、それとも鍛えたのか。
インデックスを巻き込まないようにする優しさは残しているものの
妹達を殺していた頃の一方さんを彷彿させる暴れっぷり。
工場での虐殺は一方さんの怖さを改めて思い知らされました。
そして遂にはロリコンで指名手配。
ここから暗部組織へと身を投じていくのかなー。

上条サイドはラストオーダーを猟犬部隊から守りつつ逃走。
上条さんの弱点は異能以外の物理的な攻撃ということで
銃を乱射されるのは今までの戦いの中でかなり危ない方だったんじゃないか?
そして逃走中に上条さんを狙う神の右席ヴェントと対峙。
ヴェントの能力は実はpediaのせいで知ってたりするんですが
何も知らないで見てると確かにホラーかもしれないし
初春が倒れたのを見ておおおい!?ってなってたかもしれない(笑)
一応、作中で「敵意」というヒントは出してるんですね。
地味ながら強力な能力。でも攻撃方法も地味だねヴェントさん・・・。

同時進行のせいか進行速度が落ちたのはしょうがないかぁ。
土御門の単独行動や風斬氷華の出番がまだなことから
まだまだ物語は展開していくんだろうなー。
OP見ると美琴もどっかで絡んでくるのかな、外出中だし。
だが役に立つ場面(特にヴェント)がまったく想像出来ないんだぜ。

とある魔術の禁書目録II 第19話

★とある魔術の禁書目録II 第19話 「木原数多(けんきゅうしゃ)」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

「木ィィィ原くゥゥゥゥゥゥゥゥン!!」
これが噂に聞く&PVで流れてたシーンか。

というわけで今回は一方サイドメインの木原数多とのバトル。
反射の打ち破り方は木原の説明の寸止めで納得することにした。
理論はともかくそれを使いこなす木原も化物ということも。
一方さんの開発に関わっていて全て把握してるのはいいとしても
その記憶力、応用力、それをそのまま格闘に活かせるセンス。
強さもさることながら科学者としても優秀なことがうかがえます。

予告映像でフルボッコだったのでわかっていたとはいえ
一方さんがここまで一方的にやられるとは・・・。
VS上条さんといい、天井の時といいやられてるイメージは強いけどさ!
せっかく表情に迷いが現れる程度に良い人になってきたのに
このタイミングでの以前のような扱いは居たたまれなさすぎる・・・。
間一髪でラストオーダーを逃がし、ラストオーダーは上条さんの元に。
上条さんもそれどころじゃなさそうだけど・・・。
OPそのままならヴェントと対決するのは上条さんになりそうだし。

とりあえず、木原くン@藤原啓治さんの演技最高ですね!
岡本君との組み合わせはここでもか、という。
昔ならsolaや去年ならカンパネラ、今年ならメリーとかなり共演してるんですよね。
どれをとってもそれぞれのキャラが立つ演技を感じられるのは
ベテランな藤原啓治さんと岡本君が成長してるからでしょうねー。

予告映像見ると一方さんは無事なようで何より。
反撃来るー?のか上条サイドが描かれるのか。

とある魔術の禁書目録II 第18話

★とある魔術の禁書目録II 第18話 「検体番号(シリアルナンバー)」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

続日常回。そしてミサカ回。
いったい1話で何回「ミサカ」と言ったんだろうか。

アバンはローラの日常。
ステイルがブチ切れている書類は上条当麻抹殺についてか?
それにしてもステイルさんの図太さが凄いな。
アークビショップにここまで強く言えるような立場なんですね。
M字開脚というあられもない姿を披露してくれましたが
ステイルのマジ切れっぷりとローラの物言いで全然エロくなかったという。

神裂、シェリー、オルソラ、アニェーゼ他2人の日常の方がよっぽどご褒美です。
つーか、地上波でそのまま放送出来たんだろうかこれ・・・。
下着姿はまだしも神裂さんサービス精神旺盛すぎだろ(笑)
魔術サイドは基本機械オンチなんでしょうかね。
挿入された意図はまったくわからないシーンだったけど
この面々で珍事というのはなかなか見られなさそうだ。

そしてメインは上条さんと美琴のデートの続き!
・・・ではなく、ミサカ妹やラストオーダーとのドタバタ。
まさしくミサカハーレムでうらやましけしからん。
それでもリア充爆発しろと思わないのは上条さんならしょうがないと思えるからか。
美琴は罰ゲームなのに、ミサカ妹は素でペンダントをプレゼントしてもらってるという。
そういえば、上条さんは間接的にラストオーダーの恩人でもあるんだね。
ラストオーダーの一方さんへの理解といい感慨深いシーンだなぁ。

一方さんはまさかのインデックスとの遭遇。
初対面でいきなりメシをたかるインデックスさんの図々しさは異常。
何だかんだで親切にしてあげる一方さんマジツンデレというか丸くなったなぁ。
直前の黄泉川先生の助言の影響もあるんだろうけど。
実質それぞれのヒロイン交換という構図は面白い。
上条さんと一方さんが出会うフラグかと思ったら見事にニアミスですねぇ。
インデックスとラストオーダーがすれ違うシーンは良いな。
一方さんがやっとアニメで主人公位置に来た気がします。

そんなほのぼの回の次はなんだかいきなり血なまぐさくなりそうだな!
OPのバトってた人達が一気に登場。
というかそれぞれの主人公と敵という同時進行するのかな。
再び現れてる風斬氷華も事件に絡んでくるんでしょうね。
話数的にこれが2期の締めとなる話になるのかな?
原作の評価が高いらしいので楽しみですねー。

とある魔術の禁書目録II 第17話

★とある魔術の禁書目録II 第17話 「罰ゲーム」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

帰ってきました学園都市!
今回は久しぶりの科学編プロローグに新OP。
上条さんx美琴のカップル派に黒子・初春好き歓喜。
そして一方サイドのザッピング、と。
なんというか、禁書と超電磁砲を融合したような印象。
登場キャラの多さがハンパないのは嬉しいけど
ミサカは〜ネタが多かったりと登場比率にばらつきがあったのはちょっと残念。

OPは曲調のせいか1クール目と比べてちょっと地味ですが
サビ以降の戦闘パートはやっぱり熱くなるなぁ。
今後のバトルはこの2ペアだけなのかな。
残り話数も6話ほどなので妥当な所だと思いますがー。
pediaのおかげである程度バレは知ってるので
風斬氷華OPに再登場も展開的にニヤニヤ。
そろそろ科学と魔術が交錯する時ですね。

日常パートは超電磁砲に近いものを感じたけど
なんとなく初春だけ超電磁砲っぽくない気がした。
初春だけにより花があるというかちょっと黒いのがたまらん。
佐天さんの存在が消えているので、必然美琴か黒子と絡むのがいいですね。
超電磁砲だと佐天さんx初春の印象が強いですし。
佐天さんとの絡みを見たければ超電磁砲を見ればいいわけで。
上条さんと美琴のバカップルっぷりはニヤニヤなんだけど
上条さんはいい加減フラグ体質の自覚を持たないと同性からも刺されかねないぞ。

次回は上条さんと御坂やミサカや打ち止め絡んでカオスなことになりそうだ。

とある魔術の禁書目録II 第16話

★とある魔術の禁書目録II 第16話 「刻限のロザリオ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

気が付いたら若本の印象しか残らずイタリア編が終わっていた・・・何を言ってるか(ry
今までで一番何がなんだかわからない・・・という回だった気がする。
OPとEDカットでも詰め込みまくりだった印象。
ビオージオがやりたかったことはわかったんだけど
言ってることと攻撃方法はなんだかよくわからなかったんだぜ!
この類の攻撃は幻想殺しの得意分野な気が・・・。
若本補正で無双な印象だったけど、アレ?ビオージオって実は弱いんじゃね?
上条さんの回避性能スキルが洗練されすぎててやばい。
幻想殺し持ってるだけならともかく
不死身で身体能力が一般人超越してるとかそりゃ世界の敵になりますわ・・・。

本編がごたごたしていて若本の印象が強かったせいもあってか
エピローグなEDの方がメインっぽかった罠。
これが噂に聞く堕天使エロメイドというやつか。
アニェーゼはイギリス清教に保護されたということでいいのかな。

次回は今度こその息抜き回かな?
イタリア旅行とか絶好の息抜きの機会だったのに哀れ上条さん・・・。
初春登場ってだけでテンションが上がるもんですよ!
禁書自体の面白さもこの辺から更に高まってくるらしいので期待。
後は新OPか。

とある魔術の禁書目録II 第15話

★とある魔術の禁書目録II 第15話 「女王艦隊」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

アニェーゼとの予想外の共闘!
騙されていたとは言え最初は友好的な態度だったアニェーゼなので
こうやって敵対関係で無くなるとやっぱり可愛く見えるな。
禁書は全体的にそれぞれの正義で戦っている部分があるので
方法はなんであれ一概に悪いとは断言出来ないしね。
同じ理由でルチアとアンジェレネも可愛く見える。
べ、別にロリだとかラッキースケベとかデレとかに釣られたわけじゃ(ry
相変わらずの上条さんにまたフラグ立つ感じがビンビンするぜ・・・!
そりゃオルソラさんも笑顔でグーパン噛ましますわ。

ヒロインと言えば五和が健気なおしぼり作戦でがんばってた。
ここでもラッキースケベ発動で流石です上条さん。
周りを見てると五和は上条さんに単純に好意を抱いてるということでいいのかな。
面識なんて無いも等しいのに・・・これが上条の血の力か。

敵のボス格に若本登場は思わずワロタ。
若本ボイスだととんでもなく大仰なことしてくれそうだから不思議!
今回は戦闘シーン抑えめだったけど、次回はいつも通りの上条パンチが飛び出しそうだ。

とある魔術の禁書目録II 第14話

★とある魔術の禁書目録II 第14話 「水の都」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

上条さんがくじの一等を当てる・・・だと!?
前々からは不幸じゃないよラッキースケベだよ!と思ってたけど
遂に本物の幸運も手に入れてしまったか。
まぁ、この後何かしらの事件に巻き込まれることはほぼ確定してるので
旅行自体が不幸フラグと言っても過言ではないけど。

ただし、オルソラとの再会とインデックスとオルソラの裸を見たのは絶対に許さない。
オルソラさん、どう見ても発情してるようにしか見えないんだぜ。
デレデレやないっすか・・・。
五和もこう緊張してる感じから普通の可愛さを感じ取れて良かった。
ちゃんとした出番は今回のシリーズであるのかなー?
アニェーゼ再登場ですが、ここで上条さんフラグ立ててしまうんじゃないだろうな。

OPは変わらずですがEDは変更。
超電磁砲を担当してた長井氏が担当してるのでどことなく超電磁砲っぽい。
見事に上条さんxインデックスEDですが、歌詞は一方さんイメージという・・・。
1期や超電磁砲もOP変わるの遅かったし、今回のシリーズが終わってから変更ですかね。

とある魔術の禁書目録II 第13話

★とある魔術の禁書目録II 第13話 「使徒十字(クローチェディピエトロ)」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やっとこさ大覇星祭編完結です。
年またぎ&1週休みの影響もあってやたら長かったように感じる。
原作が2巻だし1クール目の半分使ってるから当然かもしれないけど。

で、散々待たされた挙げ句
結果的に何もしなくても使徒十字発動しなかったとかワロタ。
これ原作組の初見の感想はどうだったんだろうなぁ・・・。
科学の力・・・というより大覇星祭の規模を甘く見ていたという所か?
ここまで念入りに計画を立てていたのに花火を調べてないとは唖然とした。
ドMのリドヴィアさんが受けの余地を残しておいたと思っておく。
対するローラさんマジドS。機長は犠牲になったのだ・・・。
冷酷な描写が目立つのはあんな風貌をしてても組織のトップらしいですね。

オリアナとの決戦の決め手はやっぱり例のごとく上条さん。
スーパーステイルタイムが始まったと思いきや
やっぱりステイルさんはただの噛ませ犬でしたとさ。
間違いなく役には立ってたんだけどね!
それにしてもズッコケるのはさすがにねぇよ・・・。
こちらも例のごとく上条パンチと顔芸の安定度は健在。
魔術師が2人も居るのに殴り合いの印象しか無いのはなんでなんだぜ?
その点で言えば、今まででもっとも苦戦したような印象ですね。
一方さんは上条さん得意の殴り合いに持ち込めば早かったし。

次回はイタリア編ということで再び魔術サイドの話っぽい?
天草式が出てくるようなのでヒロインの1人らしい五和に期待したい。

とある魔術の禁書目録II 第12話

★とある魔術の禁書目録II 第12話 「天文台(ベルヴェデーレ)」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

魔術の説明だけで殆ど時間が過ぎ去った気がするんだぜ。
おかげで未読でも状況把握は問題無いと思いますが。
どうしても小難しい話になってしまうのも魔術サイドの欠点ですよねぇ。
これが能力だと大抵そのままバトっちゃうから
能力の仕組みがややこしかろうがあまり問題にならないんだと思う。
今後どうなってくるかはわからないし
どうしても話を大きくするのなら
魔術サイドの関わりは避けられないんだろうけどね。

何たびかのオリアナとの戦闘突入、今度こそ決着ですよね。
喧嘩慣れしてる上条さんに体術で前にダメージを与えてたけど
今回は上条さんとステイル2人を相手にして体術でも圧倒。
魔法自体も強力なんでしょうが、
体術でここまで追い詰められてるのは珍しい光景なような。
そして土御門の噛ませっぷりは異常。
この長編で良いところ全然ないじゃないか・・・。

来週の放送どうなるのかなーと思ったら休みなんですね。
こんな状態で1週休みとか\(^o^)/
禁書の時はAT-X休み無しで大勝利だったのになぁ。
超電磁砲は確か1週休みだったのでやっぱりか、という感じですが。
っていうか、前回の感想でそろそろ完結かな?とか言ったけど
全然そんなことはなかったぜ。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。