説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第13話

★戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第13話 「陽光乙女」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

予想通り伊達先生の野心再びではあったけど
さすがにもう一波乱は無く無難に説得されて終了。
全編通してノブナガが変わったということが強調されて
空気だったヒデヨシのフォローにはなってるかな。
ヒデヨシのようにノブナガに畏怖せず懐いてくる存在は貴重だったんだろう。
6話の回想もちゃんと生きてた・・・不必要とか言ってごめんなさい!
お別れのシーンは王道だけどやはり泣きそうになる。
イエヤスと髪留め交換してくれればもっと良かった・・・!
思ったよりも絡まなかったよね。

原作ファンとしてはキャストや設定が殆ど原型無くてどうなのよ?だったけど
終わってみるとパラドックスの名の通り
違った形の「戦国乙女」としては良い作品だったと思う。
テレ東B級アニメのクオリティを良い意味で維持し続けたしね。

ここまでは良いんですが結局謎は色々残ってしまった。
乙女の世界が女しか居ないのはそういう異世界と解釈すれば別にいいんだけど
シロの正体ぐらいは明かして欲しかった。
そのシロの正体がわからないまま現代に登場。
状況説明してくれると思ったら「実は・・・」で終わりとか「あのね」商法かよ!

原作的には榛名とかまったく触れてないしオウガイ達も出ていない。
2の話は全然わからないけど2期やれそうな余地はあると思う。
全ては売り上げ次第・・・逆に言えば売れれば次が作れるから
今後もこういう何かを残して終わるアニメは増えていきそう。
CDやイベントのプッシュが積極的だしOVAぐらいはありそうですね。
スポンサーサイト

戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第12話

★戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第12話 「戦国乙女」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

光魔葵ノ陣「(´・ω・`)」

結界は前回から非情ノ大剣でよくね?と思ってたら予想通り一撃ですかー!
最近出番ないなぁと思ってた他の乙女はともかく
西国の乙女まで駆けつけてくれるとはなんという王道展開。
ミツヒデの作戦も必殺技をタイミング良くぶつけるという
ベッタベタな展開ではあったけど王道ならではの安定感。
最初からこういう風にがんばってバトルしてくれれば・・・。
いや、エロもギャグもない乙女なんてそれはそれで別物か(笑)

イエヤスデッレデレはツン期間長かっただけにニヤニヤも一入。
年相応にふくれっ面なトクニャン可愛いよトクニャン。
そしてノブナガに百合ん百合んなのは想定外だった。
ここ2話ぐらいでミツヒデへのフォローはかなりあったけど
ミツヒデの受難の日々はまだまだ続きそうだ。

意味深に描写された真紅の甲冑の残骸・・・まさかもう一波乱あるのか?
やっぱりラスボスが伊達先生とかなら胸熱だな。
ラストは現代に戻ってハッピーエンドというのが定番だろうけど
そこまでの過程がこの作品だと読めないのが面白い。

戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第11話

★戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第11話 「強奪乙女」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

マサムネさんが素直に喋ってくれたので色々判明。

・マサムネ=伊達先生が本人の口からやっとバレ
・伊達先生の回想に出てきた人物は未来の伊達家の者
・未来にて真紅の甲冑の伝説が判明している
・先生の目的は天下統一=野心
・本来は現代から遡るつもりが何故か異世界に&異世界にも甲冑はあった

先生の目的が野心オンリーというのは正直残念。
正しい人物が〜とか歴史改変を正当化している様は
ヒデヨシの言うように甲冑に取り憑かれてるようにしか見えないな。
設定厨としては真紅の甲冑の出所が気になるなぁ。
それが伊達家に伝わっていたということはゆかりがあるのか?
伊達政宗と言えば独眼竜=竜繋がりで日本神話とか絡んでくると面白いのに。
宝玉は乙女的に言えば榛名っぽいけど形状や用途はまったく別っぽい。
シロが全部知っていたような要素だったけど
兜といい、もしかして伊達家の人間なんだろうか・・・?
そうすると伊達先生は知らなかった異世界についてシロが知ってるのは何故だろう。

色々気になることはありつつも
イエヤススーパーモードのラスボス化が超展開すぎて色々吹っ飛んだ。
「光魔葵ノ陣」を1回ぐらい言ってくれると思ったんだけどなー。
次回完結かと思いきや13話までらしいので
残り2話で疑問点解消&綺麗にまとめてくれれば見事な尻上がり作品になりそう。

戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第10話

★戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第10話 「心中乙女」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

寺の名前が本能寺とかフラグビンビンですね!
というか寺に泊まるというシチュが出てきた時点で
正史通りに放火というのを考えるべきだった。
お館様がこんな所で死ぬわけがないということで
強い酒だろうがお構いなしなノブナガ△
ミツヒデの「敵は本能寺に・・・」は良いシーンだった。

けしかけたマサムネが予想通り甲冑強奪。
その時鉢合わせたヒデヨシを身を挺して助けたり良い先生なんだけどなぁ。
生徒は守るけど目的のためにはノブナガを殺す等手段は選ばなそう。
その目的は今回チラっと「伊達家の悲願」という形で触れられたけど
そもそも異世界でその願いを叶えられるのかor叶えて意味があるのか?
現代の伊達先生の前に現れたのは伊達の先祖だったのかなー。

と、そんなマサムネの前に黒ヤスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
ああ、悪い顔してるなぁ・・・ゾクゾクする。
最初からこういうノリをもっと出してればもうちょっと話題になったと思うんだけどな。
マサムネが怪しいのはそれなりにしっかり見ないとわからないだろうし。
SFチックな要素を最初の方に出してれば・・・というか未だに出てないけどな!
なんだか異世界と転送とか謎デバイスとかうやむやのまま終わりそうな気がしないでも。

戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第09話

★戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第09話 「西国乙女」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

新キャラ3人がかませ犬すぎる件について。
今までに無くまともな戦闘だった(特にミツヒデ)ので
戦闘描写もやればできるじゃん!とは思ったけど。
苦無で斧受け止めるミツヒデさんパネェっす。
罠張ったり改造したりマジで万能すぎるだろう。
ノブナガは強キャラ強技ブッパなだけなのであまり見所が。
非情ノ大剣万能説って所か。
ミツヒデもどうせなら必殺技使って欲しかったなー。

それにしてもミツヒデのヤンデレ化が酷い。
現金なやつだなーと思いきや直後の落ち込みっぷり。
浮き沈みが激しいのはいよいよ危ない気がするな。
挙げ句の果てに次回のサブタイが「心中乙女」。
ここで正史のノブナガ暗殺+ミツヒデ心中とかになるのか?
この作品で乙女が欠けるとも思えないのでどう展開していくか楽しみ。
今後の展開次第では相当化ける・・・気がしないでも無い。

戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第08話

★戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第08話 「微熱乙女」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

テレ東何もこんな所でがんばらなくても・・・!
でもこの自然な全裸技術は感嘆するよね。
最近はお色気作品が多いから規制はしょうがないけど
隠せばいいやとかBDでは解禁されますっていう商魂だけでなく
こういう風にもうちょっと映像の自然さも追求して欲しい所です。

そしてまさかの戦国乙女2のキャラ登場!
乙女2の発表タイミングを考えれば確かに出てもおかしくなかったけど
OPED等に影も形も無かったのでまさか登場するとは。
キャストがパチンコ版と違うのは寧ろ別物と思えていいかな。

モトナリ:能登麻美子→松来未祐
ソウリン:加藤英美里→野中藍
モトチカ:井上麻里奈→沖佳苗

と変更されてます。
パチンコ版のはPVしか見てないし違和感は特には。
というかアニメ版キャストの違和感はもうとっくに消えてますけどね。
あまり友好的な絡みにはならなそうなので果たしてどうなるやら。

それにしてもミツヒデは着々と魔女化フラグ(違)が立ってるような。
もうやめて!ミツヒデのソウルジェムはとっくに真っ黒よ!
キタエリ、2クール連続でこういうキャラを演じるとは。
というかキタエリキャラって「嫉妬」という言葉が似合うキャラ多いよねとふと思った。

戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第07話

★戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第07話 「演劇乙女」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

え、これただの尺稼ぎ(ry
イエヤスの腹黒演出は正直もうお腹がいっぱいだけど
そろそろ直接的な行動に移してきそうという進歩はあったかな。
相変わらずぶっ飛んでて衣装が某歌姫チックなヨシモーとかは面白いけど
ケンシン&シンゲンの無駄な小競り合いももう十分だなぁ。
そしてマサムネの空気っぷりがハンパない。
意図的に絡まないようにしてるのかもしれないけど違和感バリバリ。
もうちょっと各キャラ魅力的に描けないものだろうか。
・・・ここまで高笑い多いアニメも珍しい気がする。

今回1話なんだったんだろうと思いつつも
甲冑の在処が全て判明してそろそろ物語は佳境に突入しそう。
案の定、マサムネは何か企んでそうだけどイエヤスとは別の魂胆が見え隠れする。
どんな超展開が待ってるか楽しみなので予想を良い意味で裏切って欲しいな。

戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第06話

★戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第06話 「想出乙女」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

ノブナガやミツヒデの回想メイン。
ミツヒデがノブナガに仕えるようになった理由や
ノブナガは昔っから短期だったがお婆ちゃんに救われた云々。

それよりもマサムネの正体が判明したことの方が重要だな。
予想通り伊達先生が正体のようだけど
まさかにSFチックな話になりそうで吹いた。
確かにOPでヒデヨシの携帯と対になってるデバイスは
なんだか携帯以上に高度な技術が使われてるものに見えるしなぁ。
これは今後の展開次第では良くも悪くも化けるんじゃないか・・・。

戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第05話

★戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第05話 「怪談乙女」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

全乙女がやっと集合。
原作でもこういう光景が見たかったんだよなー。
あまり乙女同士のやりとりが無かったのだけが残念です<原作

狩りを楽しもうとしたら気付いたら怪談になってたでござる
という本筋はさておき、イエヤスの黒さが徐々にあからさまに。
謎の従者はEDからすると服部ハンゾウかな?
マサムネとも何らかの協力関係のように見えるけど
どっちが黒幕かそれとも別に黒幕が居るのかは謎。
イエヤスが甲冑全て奪った後でマサムネに奪われそうだなーとか思ったり。

戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第04話

★戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第04話 「対決乙女」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

ケンシン&シンゲン当番回。
今までに無いコレジャナイ感が・・・。
特にシンゲンは何故微妙に褐色肌なんだ。
そういう喋りするキャラだっけ?というのもあるし。うーん。
イエヤスは腹黒暗躍部分出てきて今後楽しめそうなキャラですね。
悪巧み→ヒデヨシにばれる→改心とかでキャッキャウフフしてくれ。

そろそろマサムネにスポット当たるかなーと思ったら
なんだかサブタイ的がなんとなく良い予感がしない。
というか次回予告の実写は本当に何がしたいんだと改めて思った。
確かに可愛いんだけどさぁ!

戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第03話

★戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第03話 「天空乙女」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

ヨシモーは確かにこんなキャラだけど
イエヤスは俺の知ってるイエヤスじゃ(ry
イエヤスはこんなこと言わない。まぁ可愛かったけど。
せっかくのロリコンビだからもう少し絡んで欲しかったな。
一応、今回のでフラグは立ったと思うけど。
身を挺しての救出シーンは演出がアレでなんだか笑ってしまった。
というか絶対イエヤスが腹黒というオチになると思ったのに!
マサムネは相変わらず怪しい・・・というか何がしたかったのか。

次回は武器からしてケンシン&シンゲン登場かな。
しばらくは今回のようなパーツ集め回が続くのかなぁ。
次回でキャラ紹介回は終わりだと思うので5話以降どうキャラが絡んでくるか次第かな。

戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第02話

★戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第02話 「困惑乙女」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

早くもテレ東低予算深夜アニメの影がチラチラしてますが
それに負けじと真面目に考案してみます。
ヒデヨシのキャラが軽すぎていらいらする場面が多いけど
中学生と考えればまぁしょうがないか。

シロはヒデヨシが未来かつ別世界から来たことを何故か知ってる様子。
自身が喋ることと同じように不思議なことはあるとのこと。
女しか居ない世界だということも明かされたけど
シロは男性ボイスなんだよなぁ・・・喋りかけてるのもヒデヨシだけの模様。
ただのマスコットキャラの可能性も否定できないけど
一つのキーパーソンとして注目する価値はあるかと。

今回、ヒデヨシがやっと武将フォームになりましたが
唯一使えそうな武器が槍術っていうのは伏線なんだろうか?
原作では大鎚が武器だったんだけどOPにも登場せず。
登場しないと言えばマサムネもOPで割とハブられてるんですよね。
それぞれペアになってる武将や武器があるのにマサムネは・・・?
OPラストの集合絵にも居ないことから死亡フラグか敵対勢力と予想。
そもそも、1話の現代で何かの儀式を行っていたのは恐らく
異様に歴史に詳しそうだったのも怪しい伊達先生だしね。
目的を持ってこの世界に来た伊達先生=マサムネっぽいです。

こうやって考えていると割と楽しいんですがいかんせんキャラが出ない!
予告は予告してくれェ・・・イエヤスとヨシモーの出番かなぁ?

戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第01話

★(新)戦国乙女 〜桃色パラドックス〜 第01話 「転送乙女」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作はパチンコのCR戦国乙女@平和。
稼働当初から1年ぐらいは割と打っていた機種です。
小キャラ等の仕組みを知った時のテンションの上がりっぷりや
予告や演出と当たりのバランスが秀逸だったのがハマってた要因。
ミドルも甘も打ってましたが、やはり当時目新しいスペックだった甘が楽しかった。
・・・・と、大幅に話が逸れましたがとにかく好きだった作品です。
TVA化発表時はマジで!?の後にキャスト変更で絶望に・・・。
キャラデザももう少しパチンコに似せてくれれば良かったんだけどなー。
ちなみに電撃大王でやってるコミカライズもチェックしてるんですが
TVAは原作ともコミカライズともストーリーが違うまったく新しい戦国乙女です。

というわけでファン&声オタとしてはキャスト変更が一番気になってましたが
こうしてキャラが同じだけの別作品を見ているとあまり違和感はなかったかな。
ノブナガがゆかりん→豊口めぐみさんになったのでかなり違いはあるけども。
まだ全キャラ出てきてないのでなんともですが聞けないことはないです。

話の方は本当にガラリと変わってしまった・・・。
主人公女子の時代移動モノと言う王道シナリオは今はちょっと古く感じるな。
キャラデザや雰囲気自体も一昔前のアニメのように見える。
戦国モノと言えば天下統一が出てくるのはテンプレ。
原作にはこれに加えて謎の力を秘めている「榛名」というものを
8人の武将達が競い手に入れるというような話なんですが
それが何故か「甲冑」になってたり、最初シンゲンの甲冑かと。

1話はほぼ導入部だし時代移動モノ自体が中盤から後半に駆けて
面白くなるような題材だと思うのでしばらくは様子見が続きそう。
どうやら女の子オンリーという世界観は受け継いでるようなので
原作に無かった百合分を補ってくれれば歓喜です(笑)
1話最大の見所はヒデヨシの厠や最後のシロだろうな。
お前誰?という問いは原作ファンからすればこっちの台詞だよ!

そして予告が無駄に実写ェ・・・。
実写はいいんだけど、やるならもう少し時間を取ってくれ。
OPEDからして声優推したいのは全面的に伝わってきたしね。
予告にもなってないこの中途半端さ加減はどうにかしたほうが・・・。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。