説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星空へ架かる橋 第12話

★(終)星空へ架かる橋 第12話 「夜空に架かる星の橋」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

最終回なのにいつものペースでイベント消化してるなーと思ってたら
告白をラスト付近に持ってきたのはコレはコレでアリ。
でももう少し余韻やエピローグが欲しかったのが本音かなぁ。
結局、初とのイチャラブ全然見られてないですかー!というね。

イベントの流れ自体はべたべただけど良かった。
つむぎさんの縁の下の力持ち&空気読みっぷりに泣いた。
この人だけは最後までヒロインという感じはしなかったなぁ。
なんだかんだで周りの人間にお節介の多いこと。
でもそのカンペはねーよwwwと思ったよ!
私を振ったんだからこれぐらい恥ずかしい思いしてくれないと
的な円佳の想いが伝わって来そうな台詞だったぜ。

三大恥ずかしい告白シーンと言えば
「Gガン」「ゲイナー」「エウレカ」というのが有名ですが
スケールは違うもののそれと比較できる程度には恥ずかしい告白シーンだと思う(笑)
エピローグのキスシーンまで恥ずかしい台詞というね。
もうお前ら末永く爆発すればいいと思います。

というわけで余韻という点では物足りない部分はあったけど
きっちり他ルートのフラグを折る主人公の一直線っぷりや
王道イベントの安定感とエロゲアニメとしてのクオリティは上がってると思う。
マーベラスエンターテイメントはよくエロゲアニメ手がけてるけど
この辺の巧さはやっと洗練されてきたなーという感じ。
エロゲではないけど、夏アニメはゆるゆりが動画工房なので
そういう安定感に期待して視聴させてもらおう。
スポンサーサイト

星空へ架かる橋 第11話

★星空へ架かる橋 第11話 「雨にふられて」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

伊吹当番回。
前回の流れから誰しもが予想出来ることだけど
今回も当番回という名のフラグ折りイベント。
伊吹の告白も冗談交じりかつ唐突だったし
一馬の最初の反応はしょうがない部分はあるよなぁ。
今回は二人っきりでどう見てもノリノリデートだったとはいえ
全編通して伊吹が一馬に好意を示した描写は数少ないしね。
もうちょっとデレてから告白してれば・・・!とか思わずに居られない。
特にイベントも無くフラグ折られた伊吹は可哀想だったけど
初に「私が先を越しちゃうぞ」的な冗談を言っておいて
この場でOKされたらそれはそれでアレだよな(笑)

一度は冗談だろ?と一蹴してその場は別れた一馬が
雨も降りそうなのにわざわざ伊吹の元に戻ったのは良かった。
こういうことできるからモテるんだろうな・・・クソッ!クソッ!
表現はストレートではなかったけど「勘違いかも」と言った上で
正式に「ごめんなさい」した一馬は確かにイケメンだったよ。
理由は欲しかったけど円佳や伊吹はとっくに気付いてるだろうしね。

タイトルと伊吹の帰宅時の「ちょっと降(フ)られちゃって」がかかってるし
OPで唯一の真っ暗描写でなんかもう全体的に不憫すぎる。
前回と違ってED〜予告も通常版だったしなぁ。

そんなわけで次回で遂に最終回。
煮えたぎらない初となんだかんだでちゃんと想いを口に出してない一馬。
もどかしいのでとっととくっついてハッピーエンドになればいいさ!

星空へ架かる橋 第10話

★星空へ架かる橋 第10話 「指輪、流れて……」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

円佳当番回。
前回の続きからなのにまったく出番がなかった陽菜先輩ェ。
円佳が綱引きの話を聞いて誤解してショックを受けるのが話の発端。
伊吹はともかく初は一馬に対して少なからず好意あるだろうに
それを気にせず一馬と円佳をくっつけようとする空気は怖かったな。
伊吹は自分も一馬が好きだから?初が一馬を好きだと思って拒否ったのかな。
初もなかなか煮えたぎらないので自業自得と言えばそうなんだけど・・・。
伊吹が初に一馬への気持ちを訪ねた時に
伊吹も一馬のことが好きと告白すればドロドロだったのになぁ(笑)

というわけで非協力である初や伊吹の出番は今回控えめ。
円佳回なので円佳の可愛さは強調されてるけど
ふりふり来たらこよりが意外にも可愛かった。
ハイキングの時の円佳の活発な格好も良かった。
やっぱり普段とギャップのある服装というのは良いものだ。

観覧車の時も2人でハイキングの時もそうなんだけど
目の前で円佳が一馬のこと好きかも?と騒ぎ立てられた後なのに
まったく意識してない一馬も大概だよなぁ・・・。
結果的に言えば後輩女子としか見てなかったからなんだろうけど。

一馬が円佳と過去に出会ってたことを思い出して良いムードかと思ったら
まさか死刑宣告ムードを円佳の方から作り出すとは・・・。
好きな人だからこそその人の気持ちが自分に向いてないことに気付いたのか。
回想と同じだけどまったく違う意味を持つ
「ずっと友達でいよう」という言葉は切なすぎた。
@2話あるのにちゃんとけじめを付けるのは珍しいよね。
強いて言えば、ここ最近の回で一馬が初を意識してるシーンをもう少し入れて欲しかったな。
特に前回なんてずっと陽菜先輩にかかりっきりだったしねぇ。

EDも円佳特別版、予告もシリアスと普段と違った雰囲気。
順当にけじめ付けていくなら次回は伊吹かなぁ・・・?
伊吹と言えばOPのワンシーンがやたら怖いしそれと関係ありそうなサブタイです。

星空へ架かる橋 第09話

★星空へ架かる橋 第09話 「スズメバチは昼行性」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

陽菜先輩当番回。
1話でこれだけ集中的にヒロイン登場するのは今までで初じゃあ?
初も出番多めのキャラだけど誰かと一緒にということも多いしね。
今回、ヒロインで出番あったの陽菜先輩と初だけという徹底っぷり。
スタッフは陽菜先輩スキーなのかと疑ってしまうな(笑)
しかし、ここでこれだけ出番があるともう今後活躍ないんじゃ・・・。
フラグが立ったような明確な描写はなかったしね。
ここまでされたら惚れてまうやろー!イベントなので
伊吹のように次回フラグ回収という可能性も無きにしも非ずだけど。

陽菜先輩が家出→一馬がかくまうという流れだったので
久しぶりに姐さんの出番が多かったのも嬉しかった。
特に姐さんの入浴シーンは貴重やでぇ・・・。
っていうか従業員と客居なすぎワロタだけど描写されてないだけと信じたい。
まぁ、いろはと違ってそこがメインなわけじゃないしね・・・。
陽菜先輩も今回十分魅力的に描かれていたと思うけど
啖呵切った姐さんが格好良すぎてちょっと影が薄くなったなぁ。

次回は円佳当番回か。

星空へ架かる橋 第08話

★星空へ架かる橋 第08話 「ツッコミは○○(マルマル)で!」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

アバンで前回取り逃した伊吹フラグ回収。
まぁそりゃ好感度上がるよなぁ・・・。
呼び方も本人公認で伊吹に変更。
そこにあざとく気付いた初の心境は・・・?

というわけで今回は海+水着回!
今回はハブが出なくて良かった・・・。
特に先輩方が居ないと巨乳分がだな(ry
イベント自体がストレートなせいか体育祭の時ほどあからさまな描写は無し。
大吾の妄想は相変わらずブレないけど(笑)
派手なイベントよりも寧ろ心理描写がメインだった。
初と円佳と伊吹の恋愛チキンレースがニヤニヤ。
やはりアイキャッチ前半の3人がメイン・・・その中でもEDの2人が重視されそうだ。
つむぎさんなんてフラグの片鱗すら見えない所か今回なんてほぼ荷物番(ry

次回は謝るネタがしつこい陽菜先輩の当番回かな?

星空へ架かる橋 第07話

★星空へ架かる橋 第07話 「ピンクのにゃんぼぼ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

あれだけ予告でごり押しだったにゃんぼぼが空気でワロタ。
陽菜先輩フラグとしては大切なのかもしれないけどさ。

今回は重要イベントやラスト的に伊吹回だと思うんですが
前半はまさかの伊吹のみハブという冷遇っぷり。
はは、部活じゃしょうがない・・・よね・・・。
ゲーセンでのどっかで見たことあるキャラが居るゲームはともかくとして
美少女連れのリア充が脱マーするとか爆発すればいいと思います。
円佳のDDRはもっと揺れてくれて良かったんだぜ?
楽しそうにするみんなの後に、部活に励む伊吹が映って切なすぎた。

後半はやっと伊吹メインとも言える弓道の県大会当日!
応援に行くのはいいけど、ここでは先輩方2人が欠席という残念さ。
そりゃ毎回全員揃う方が非現実的っちゃそうなんだけどさ。
つむぎさんがバイトしてるのに居候の一馬達が
応援とはいえお出かけというのはあんまりイメージ良くないなぁ。
個人的にはかさねちゃんが2-3話でハブられた分喋ってるから文句は無いけどね!

大会の結果自体は順調にフラグ回収と言った感じ。
一馬が展望台で慰めるのは想定内だったけど
あんまり好感度上がってる気がしないまま終わって消化不良な感じだなぁ。
イベントのシンクロがやっぱり幼少時訪ねてたのか?とは思ってきたけど。

次回は待望の水着回来た!やっぱりエロゲアニメはこうでないと!
予告が相変わらず自重して無くていいけど姐さん帰ってきてくれー!

星空へ架かる橋 第06話

★星空へ架かる橋 第06話 「桶が落ちるとき」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

温泉回の正体はよろづよ別館でのお泊まり勉強会。
勉強会という地味かつ学年バラバラで困りそうなイベントを持ってくるとは。
あんまり長々とはやらなかったので安心。
やっぱりメインは温泉&お泊まりだよな!

温泉は俺つばに続いての下ネタ連続で吹いた。
遠回しな下ネタとか予告ではよくあるのに
本編でここまで露骨な下ネタは星架かでは珍しいような。
妄想も大吾のだし1人で暴走してるだけとも言うけど(笑)
もう1話まるまる大吾の温泉妄想で良かったんじゃないかな。
おっぱい相撲とか頭良すぎだろう・・・。
しっかり乳揺れのサービスシーン多め。
かさねちゃんの台詞も多めと個人的には大満足でした。

初が蛍苦手な理由はちょっとエピソード的には弱いかなぁ。
アレがキスじゃなくて青●目撃だったらまだわかるけど(マテ
というかやっぱり「お兄ちゃん」は完全に別人か。
円佳共々意味深な回想や憂いは何なんだぜ?
とりあえずEDとか考えると初と円佳ダブルヒロインルート安定なのかなぁ。

次回は謎のにゃんぼぼが気になるけど映像見たら伊吹回かな?

星空へ架かる橋 第05話

★星空へ架かる橋 第05話 「しることウナギとウエディングドレス」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

なんというけしからんおっぱい
なんというけしからんおっぱい(大事なことなのでry

というわけで体育祭本番!
ブルマ美少女の走る跳ねるのアクションが素晴らしい。
クラウチングスタート等アングルにもスタッフのこだわりを感じたぜ!
エロゲ原作アニメのイベント回とはこうあるべきという良いお手本だよね。
アバンでの歩きゅん女装フラグもしっかり回収。
半分だけでも良い意味でかなりお腹いっぱいになれました。

後半は話のメインであるレース。
最近出番の無かったかさねちゃんがリポーターで俺歓喜。
今時ローラーブレードかよ!と思いつつも
こうアクティブにのびのびと動き回る門脇舞以キャラは可愛いなぁと。
ウナギすくいは恋姫か何かで見た、ような・・・。
さすがにアレほど酷くは無かったけどまぁぬるぬる侵入はお約束ですね。
仮装でイメージにそぐ合わないこよりがウエディングドレスの時点でオチは大体読めた。
一馬の行動はエロゲ主人公としてはテンプレだけどそりゃフラグ立つよ。
伊吹も良くも悪くも一馬を意識しているようだし
1話から登場してた割に全然好感度変化ないのってつむぎさんぐらいなんじゃ・・・。

次回はヒロインが良い感じに出そろって好感度も上がってきたので温泉回クルー!
・・・ってよく考えたら一馬が住んでるところへのお宅訪問じゃねえか(笑)
実際に一馬の立場ならあまり新鮮味はないかもしれないけど
視聴者的にはやっとキャラ揃ってワイワイ絡んでくれそうなので楽しみだな。

星空へ架かる橋 第04話

★星空へ架かる橋 第04話 「クマと出会って、話してた」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

遅ればせながら最後のヒロイン陽菜先輩登場。
え、えーと、なんだこのメンヘ(ry
神のみの楠主将をもっと酷くしたらこんな感じになるんだろうか。
口べたというよりコミュ障っぽく映ったのもマイナスの印象だよ!
心優しい先輩なんだろうけどさぁ・・・
初登場だからもっと可愛く見えるイベントは無かったのか。
それと初並にチョロキャラっぽさを感じたんだぜ。

今回はメインである初の出番を控えめにして
各ヒロインの好感度を上げていくエロゲの共通パートみたいな構成。
つむぎさんだけ何故かハブられてたのは絶対に許さない。
それとかさねちゃんの出番が無かったのも絶対に(ry
あまりイベントが無かったので淡々としてたのが残念。
レースへの伏線張って次回本番と言ったところかな。
次回はちゃんと藤堂三姉妹の出番もあるようだしね!

星空へ架かる橋 第03話

★星空へ架かる橋 第03話 「ドングリは意外と痛い」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

初ともう1人のメインヒロインっぽい円佳も一馬と過去に面識が?
一馬と初は反応からして互いに認識してないようだけど
円佳は一馬のことを覚えてるし本人と認識してる?
一馬は幼少時に訪れたこと自体も忘れてるような・・・。
フラグ立ては子供の頃からという教訓を教えてくれるアニメですね!

というわけで前回チラっと登場した円佳の本格的な登場と
ヒロインの1人である藤堂こよりも登場。
こよりはなんというか・・・また面倒くさそうなキャラだなぁ!
同じ藤堂姉妹なのに何故こんなにも好感度の差が・・・。
対するまどかは男性恐怖症という部分はあるけれども
素直に照れちゃって物腰柔らかくて可愛い。
黒パンスト越しのパンツはごちそうさまでした。

初が可愛いのはいつも通りなんだけど
今回は姐さんの良い意味で年齢にそぐわない可愛さが目立った。
兄弟のいけない関係を想像したり聞き耳立てたりこの人可愛すぎる。
予告でも大活躍だし、予告映像見ると4話でも大活躍っぽい。

予告と言えば「ストライクうぃっちょ」は外角ぎりぎりアウトだろ(笑)
中の人的な意味でもな・・・あ、今回三女出番無かったorz

星空へ架かる橋 第02話

★星空へ架かる橋 第02話 「チーズの味はしないはず」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

転校をしてきての初や伊吹との再会や男友人ポジが現れて
ますますエロゲテンプレっぽくなってきて本番突入かな。
それにしても1学年1クラスはホントに田舎なんだな・・・。
いきなり男友達が出来る所かキスして気まずいはずの女の子と仲良くなったり
下校しようとしたら送迎してくれた先輩が校門で待っててくれたりと
絵に描いたようなリア充爆発しろですね!
そしてやっとかさね@門脇舞以が登場してくれました、うむ癒やされる。

後半に一馬の名前を聞いて驚いてた円佳がチラっと登場したけど
まだ登場してないヒロインが2人ほど・・・次回登場するのかな。
現時点ではとにかく初が可愛すぎる、さすがメインヒロイン。
サブタイにもなってるチーズの味云々で勘違いしてるシーンがやべぇ。
そしてワタクシかずろうさんは「かずくん」と聞くたびにニヤニヤしっぱなしです(笑)
「お兄ちゃん」より「かずくん」とずっと呼び続けてくれ。
過去に面識合って年上だと思ってた〜あたりが王道パターンかな?

次回予告が何気に面白い・・・いつかアウトっぽいこと言いそうで。

星空へ架かる橋 第01話

★(新)星空へ架かる橋 第01話 「クマなら、ここで終わってた」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

発売延期が重なった星空へ架かる橋が早くもアニメ化。
今思えば、アニメ化の動きも平行してたから延期した部分もあったんだろうな。
原作をプレイしようかと悩んだ程度に興味はあったのですが結局スルー。

番宣の段階では原作のキャラデザ忠実に動いてるだけでも期待してたけど
その期待を裏切らない1話だったと思う。
1話登場ヒロインはあまり多くなかったけどキャラ可愛くて満足。
門脇舞以キャラがメインヒロインじゃないっぽい&出番なくて泣いたけどな!
このままのクオリティで萌えさせてくれて話が破綻していなければ
それだけで個人的には満足できそうな作品です。
でもそれだけじゃ売れないことはカンパネラが証明してるんだよなぁ。

1話はエロゲアニメのテンプレであるボーイ・ミーツ・ガールをやって終わり。
あるあ・・・ねーよwwwというラッキースケベも含めて王道です(笑)
他のヒロインは次回以降に登場していきそう。
奇しくもいろはと同じ田舎+旅館というシチュエーションですが
一馬と緒花。いったいどこで差が付いたというのか・・・。
まぁ、こちらは旅館メインじゃなさそうだしね。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。