説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは 第26話

★(終)花咲くいろは 第26話 「花咲くいつか」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前回が最終回直前にしてドロドロ不穏な空気だったけど
今回は素直に最終回らしく綺麗にまとまってて何より。
尺の都合なのか客の存在が抹消されてたりとか気になったけど
そんなことが些細と思えるぐらい綺麗な最終回でした。

今回は大きく3つぐらいに構成が分かれており
最初は序盤から名前が挙がっていたぼんぼり祭り。
それぞれの“らしい”願い事を見つつニヤニヤ。
遂に考ちゃんが正式に不幸ちゃん脱出。
よりにもよって焼きそば屋の前で告白するとか緒花ちゃんマジKY。
祭りに誘った時に告白しなかったのは、今の緒花を見てもらった上で告白したかったのかな。
そんな空気を読んでハート型にトッピングしてくれた焼きそば屋の店員GJだな。
全体的に幻想な雰囲気の中、BGMといいそれぞれの思惑といい
緒花の「四十万スイになりたい」という願いといい序盤から涙腺クラッシュ過ぎる・・・。

中盤は若旦那の喜翠荘をいったん休止することの決意。
カットされてたけど、ぼんぼり祭りとお客ラッシュを経て得るものがあったようだ。
ここで反対意見出ないってことは、みんな心の中ではわかってたんだろうね。
夜になりそれぞれ親しい者同士のトーク。
次郎丸が最後までブレなかったりなこちマジ天使だったりと色々あるけど
やっぱり親子であるスイと皐月さんのやりとりが一番胸を打たれた。
この2人の絆を再び繋いだのは間違いなく緒花なんだと思いましたよ。

最後はお別れとエピローグ。
緒花と女将という組み合わせはやはり良いですね・・・。
女将がもぬけの殻になった喜翠荘で想い出に浸る演出は反則すぎますね。
旦那さんが見えた時はマジで倒れるんじゃないかと心配したけど
KYな緒花さんのぞうきん掛けのおかげでキャンセルされました(笑)
1話では嫌々やってたぞうきん掛け。
最終話では汽車の時間ギリギリまで閉じた旅館のぞうきん掛け。
この対比が「花咲くいろは」という作品内容を表してて良いシーンでした。
お別れのシーンは言わずもがな・・・ですね。

最後はそして月日は流れ・・・というオチかと思ったけどそんなことはなかった。
綺麗なラストだったので2期云々は今は良い意味でどうでもいいけど
どこでも自分のドラマは作れる!まだまだ成長できる!という
物語のテーマに沿った綺麗なラストで月日が流れなくて良かったと思う。

2クール中に中だるみした回や誰得回はあったものの
テーマとクオリティが最後までブレなかったので安心して見られました。
特に背景はいつも凄かったけど最終回は気合に入り方がもう1段階上だったよね。
オリジナルアニメは終わった時に寂しさが異常ですよね・・・。
原作が終わってたら諦め付くし、続いてれば原作読めばいいやって思うけど
オリジナルは続編がない限りはこれ以上の展開はほぼ望めないわけで・・・。
ラストの切なさと重なって本当に寂しさを感じるほど良い作品だったんだと思います。
個人的にP.A.にほぼハズレ無しなので、またどこかで緒花達と出会えるといいな。
スポンサーサイト

花咲くいろは 第25話

★花咲くいろは 第25話 「私の好きな喜翠荘」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

最終話手前なのになんだこの最悪な雰囲気・・・。
ドロドロ展開は確かに好きだけどそれはキャラがあってと思うんだけどなぁ。
今回のマリー脚本は話の都合に合わせてキャラが歪んでたようにしか見えなかった。
特にみんちに成長が感じられない(後半フォローあったけど)のと
年長組の蓮さんや巴さんまでまったくお客様が見えてないどころか
その2人が板場でケンカし出すとかそりゃ緒花じゃなくても
こんなの喜翠荘じゃないって言い出したくもなるわ。
それに真っ先に気付いたのはなこち。さすがなこち。
なこち自身も自分のためという面も強いんだろうけどね。

キャラ崩壊してて複雑な気分ではあったけど
ストーリー的にはどっちが正解とかないんだよね。
バイキングの例を取っても初見ならバイキングなのに
クオリティの高さに喜んでもらえるだろうけど
常連さんの中には部屋でゆっくりしたい人もいるという。
経営だけを見れば若旦那達がやってることはそこまで間違ってない。
それが喜翠荘の良さを殺してるのと元のサービスと比較する・・・となるだけで。
ただ、自分達の力だけでやりきろうと意固地になってた若旦那は頂けない。
ちゃんとNOと言えてビンタ出来る崇子さんは偉いのかもしれない。

前半は正直、見ててかなりモヤモヤしたけど
皆が意見をぶつけ合ったり皐月さんや女将が仲居として出るという話になり一転。
親子三代並んでるシーンは不覚にも泣きそうになりました。
描写はなかったけど、女将さんは一度ぐらいはこんな光景夢見たことあったんじゃないかな。
今回は謎の感動が多かったけど、実は殆ど問題解決してない罠。
本編といい予告といい、女将、お前消えるのか・・・?状態ですが果たして。
今回、空気だった考ちゃんとともに最終回どうなるやら。

花咲くいろは 第24話

★花咲くいろは 第24話 「ラスボスは四十万スイ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

祝!考ちゃん大勝利!
考ちゃんの長々とした暗喩が多い語りは愛の重さを感じたけど
おかげでKYな緒花にもおそらくちゃんと伝わったようだ。
でも緒花さん、考ちゃんがせっかく語ってるから思考せずに話聞いてあげてください。
緒花のダイナミック口止めからの緒花のターン。
遂に告白するのか!と思いきやぼんぼり祭りの誘いでズコー。
最後まで告白しないもしくはそこは描かないつもりなのか・・・。
考ちゃんの浮かれっぷりを見るとキスぐらいはしたのかもしれないけどね。
しかし、今回も泊まれないフラグが着々と立ってるのが不幸・・・。

若旦那をはじめとした喜翠荘メンバーは一致団結。
自分らは大丈夫ということを証明するために女将の指示を無視して行動。
若旦那のやる気や言ってることの一部は正しいんだけど
組合とか付き合いをおろそかにするのはさすがに見えてないし
従業員一同で緒花を丸め込もうとするのはちょっとなぁ。
女将は若旦那のことを旅館経営に向いてないとバッサリ切り捨ててたけど
感情の波がある上に、こういった人付き合いが成熟し切れてなかったり
何より、器が小さく見えるから女将の判断は妥当だな・・・。

緒花は女将と一緒にお爺さんの墓参り。
珍しく緒花が良いこと&正論を言ったけど
女将の体調が悪くなったせいでなんだかうやむやに・・・。
緒花は女将の考えに同調したということでいいのか?
女将と言えば、入浴シーンが完全にギャグすぎて吹いた。
せっかく貴重ななこちの入浴シーンでほくほくだったのに
誰得裸+盛大に爆笑させるんじゃねえ!(笑)

今回は盛りだくさんで1話があっという間。
ここ最近のいろはで一番面白かったです。

花咲くいろは 第23話

★花咲くいろは 第23話 「夢のおとしまえ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前回の壮絶な引きから一転。
喜翠荘の皆が割と受け入れてるのが意外。
特に緒花は猛反発すると思ったんだけどなぁ・・・。
一番やる気になってるのは若女将候補の崇子さんか。
旅館を継げるからがんばってるとかではなく
豆爺の言うように、自分の後始末でもあるし責任感持っての行動なんだろうな。
緒花とのやりとりを見てるとあんまり変わったようには見えないけど
女将の部屋に入る時の作法や緒花との会話の終着点見ると多少丸くはなったのかな。

今回は舞台が東京ということで久しぶりに考ちゃんの出番が!
皐月さんと偶然出会った考ちゃんは流れでゆっくり話をすることに。
予想通り、考ちゃんは緒花を振ったわけではなかったのか。
ということは勝手に勘違いして「じゃあな」以降連絡取ってなかっただけか。
そんなことだろうとは思ったのでここまで引っ張られるとはね・・・。
それにしても皐月さんが見せた映画がポシャった時の映像の緒花が
どう見てもAV風インタビューすぎてワロタ。
アイマス1話といい、夏アニメはAV風が多いクールですね!

緒花&崇子さんは映画の監督とっ捕まえてめでたしめでたし。
緒花の目的である今後の相談を皐月さんと・・・
という所でまさかの考ちゃんとの偶然の再会。
出会い方といい歩道橋というシチュといい、90年代ドラマかよ!(笑)
EDへの入りがまさしくソレっぽい・・・ベタだがこういうのは嫌いじゃない。
そして次回のサブタイが「ラスボスは四十万スイ」というね(笑)
緒花が喜翠荘存続を賭けて女将とやりあうのかなぁ・・・?
考ちゃんとの恋愛も含めていよいよクライマックスですね。

花咲くいろは 第22話

★花咲くいろは 第22話 「決意の片思い」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

祝!ホビロン復活祭!
結婚式?あぁ、そんなものはどうでもいいです。
・・・とは言うものの、実際こうしてみるとイイハナシダナーというか
素直に若旦那と崇子さんを祝福できる気分になれるから不思議ですね。
誰得だよとか言ってごめんね!末永く爆発しろ!

とまぁ、メインの結婚式はさておき。
今回は緒花みんち徹さん周りの関係がやっと進展。
さすがの鈍い徹さんでもみんちのあの叫びを聞けば状況を把握するか。
そして徹さんは緒花を好きなことは否定しないのな!
あまり意識していないようだし、みんちのことを気にかけてるのも
十分恋心に発展する余地あるだろうにみんちは直接言ってもらえて良かったなぁ。
雨降って地固まるなのは寧ろ、この3人の関係でした。
緒花は緒花で考ちゃんへの片思いを決意。
というか結局、考ちゃんの緒花への気持ちはまだ判明してないので
え、俺も好きだけど?とかいうズコーなオチが待ってそうで恐い。

崇子の友人の棒読みっぷりはアレだったけど特殊EDの入りは良かった。
そしてCパートで今回の内容を全て吹っ飛ばすような内容。
豆爺引退と共に喜翠荘を畳む・・・だと・・・?

花咲くいろは 第21話

★花咲くいろは 第21話 「蘇る、死ね」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

とりあえず、“エニシング”だけは絶対に、無い。

若旦那&崇子さんの婚約発表とか誰得だよとか思ったけど
婚約までの馴れ初めをやられるよりは何倍もマシだったかもしれない。
女将は2人の結婚の条件を「式を挙げること」としたが
若旦那にそんな余裕もなくどうしようかと思ってたら
まめ爺の電波を受け取った緒花が喜翠荘で挙げればいいじゃない!と提案。
それに喜翠荘メンバーが割と協力&歓迎ムードだったのは意外。
巴さんもなんだかんだで肯定派っぽいしみんな良い人だなぁ。
特に徹さんは蓮さんから直々に宴会料理を仕切れと言われてやる気満々
みんちを連れて早速買い出しに向かうといういいムードだったのですが・・・。

買い出しの帰りにみんちの様子がおかしいことに気付いて
息抜き&心配してくれる徹さんは良い人なんだろうけど
的外れで空気読めてないのは相変わらず。
なおかつ緒花のことを楽しそうに話し始めるもんだから地雷ってレベルじゃないな。
その後、緒花に八つ当たりするみんちは下手するとオム娘より酷いよね。
徹が緒花に好意がある様子を緒花の前で見せてるわけじゃないし
緒花が徹さんの想いに気付かないのは当然だと想うけど
みんちから全てが見えてるわけじゃないからか・・・。
それにしたって責任とって徹さんとくっつけ!はお門違いすぎ。
せっかく前回上がったみんち株が台無しすぎるよ。
あ、光渡しナシの裸のキャットファイトは良かったです(笑)
サブタイはホビロン→死ねに戻ったことを意味してたのね。

マリッジブルーなのかどこか上の空の崇子さん。
がんばってる若旦那を尻目に女将に結婚を白紙にしたいと宣言した時は
どうしてくれようかと思ったぜ・・・。
対する女将の過去話からの行動が大人すぎて頭を下げた瞬間に泣いた。
こんなことされたら泣いてまうやろー!
その感動から一転、喜翠荘を継がせるつもりはない発言で引くのかよ!?
緒花に継がせる気なのかそれとも廃業してしまうつもりなのか・・・。
久しぶりに思いっきり続きが気になる引きですね・・・。

花咲くいろは 第20話

★花咲くいろは 第20話 「愛・香林祭」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前回あんな終わりだったので今回は如何にドロドロするのかと思いきや
意外と物わかりがいいというか簡単に話は収まったな。
そしてあんまりオムライスに関するエピソードが重要じゃなかったというオチ。
オムライスと言えば緒花の作ったものというイメージがあったので
みんちが反対してた理由が作りたいオムライスを作るには
火力不足だったからというだけなのは予想外だった。
なんだかんだで良い子が多くて良かったのと
なこちの空気の読めない空気の読みっぷりに救われたか。

前回と合わせてみんちの当番回と言える活躍っぷりだけど
久しぶりに徹さん絡みの恋する乙女のみんちが堪能できて良かった。
「言うな」のみんちが可愛すぎて生きるのが辛い。
本人は完全に想いを伝えるつもりで勇気を出しただろうに
徹さんにはまったく伝わってないようでカワイソス・・・。
まぁ、緒花からの言葉と勘違いしなかっただけマシか。
ホビロンもあったし良いみんち回でした。

水野さんは百合要員でレギュラー化しないかなぁ・・・。
なこちを描いたと言って菜の花(?)を描くのは粋な計らいだよね。

次回は予告の内容もそうだけどサブタイの「死ね」の文字が強烈すぎる。
ていうかまたバカップル回とかホント誰得だよ・・・。

花咲くいろは 第19話

★花咲くいろは 第19話 「どろどろオムライス」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

サブタイこれかーー!
なこちがどんどん壊れていく気がします。
もうなこちに無茶振りやめたげてよぉ!

今回は学祭の準備編。
色々融通してくれる女将さんは相変わらずかっけーんすよ。
修学旅行の時もヘルプとかで全員休んだのかな?
昼に板場空けて大丈夫なぐらい客居ないだけと言ったら負け。
みんちが姫カフェの調理担当のリーダーとなり話が中心に動くので
実質、みんちの当番回っぽいですね。
次回は過去もやりそうな雰囲気だし。
正論とはいえ、料理のことになると融通聞かなくてぶつかってしまうみんちですが
その料理にかける熱意の根本が次回にはわかるといいなぁ。

後は考ちゃん久しぶりに登場なのに夢オチで不幸とか
バカ旦那が崇子さんをさんナシでのろけてたりどうでもいいことばかり印象に残ってるな(笑)

花咲くいろは 第18話

★花咲くいろは 第18話 「人魚姫と貝殻ブラ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

きなこもちきもなこち。
ということで今回は待望のなこち回!
貝殻ブラというサブタイとは裏腹に割と真面目な掘り下げ。
人魚姫も貝殻ブラも妄想かよ!まぁ、そりゃそうか・・・。
私服なこちがブヒブヒだったので何の問題も無い。

なこちが人見知りする割には言い方キツイのは判明してたけど
ここまで内弁慶というのはさすがに予想外だったな。
両親はどちらも仕事で忙しいのか
家事炊事は全てなこちが担当してるのかな?
いろはは相変わらず個性的な親御さんばかりだよね。
とりあえず、ストレートな物言いの被害に遭った緒花と蓮さんは南無。

そんななこちが色々考えてもっと積極的になろうと考えつつも
なこちはなこちらしさを出していけばいいんだよと
女将の名言によって解決する良い話でした。
実際、今までも仕事になってきたわけだしね。
女将はちゃんと見てるところ見てるんだなぁと思うと
なこちを諭すシーンでウルっと来てしまったよ。

次回は学祭という学生らしいエピソード。
2クール目は学校行事多いですね。

花咲くいろは 第17話

★花咲くいろは 第17話 「プール・オン・ザ・ヒル」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

なんというか大方の予想通り詐欺ですよねー!
正確には資金持って逃亡で俳優やスタッフも騙されていたと。
俳優が本物な以上映画話自体が詐欺という線はないからどうなるのかと思いきや。
てっきり女将は失敗した後のフォローも考えてると思ってたらそんなことはなかったぜ!
ただ、やっぱり詐欺というか旨い話ではないとは理解してたようだ。
若旦那を成長させるためには必要な出資だったということかな?
女将がわざわざ事の顛末を説明しに言った理由や内容も知りたかったな。
「親として」の行動という点は一貫してたんだろうけど。

そしてまさかのコンなんとかさんのフラグ回収。
若旦那があまりにも情けなさ過ぎて見てるこっちもイライラするレベルなのに
ちょっと力強く抱きしめられただけで胸キュンとかチョロすぎるだろ(笑)
まさに誰得カップリング話だったな・・・。
皐月さんのことを指摘してたり姉をいつまでも意識してるのが嫌だったのかな。
姉は有能を連呼されてプライドが傷ついたりとかもありそうだけど。
まぁなんだ・・・お似合いのバカップルだよね、悪い意味で。

そんなわけで個人的なメインはヒロイン達でしたとさ。
シンのサラダバーチックな結名の飛び降りやゾンビアクション吹いたわ(笑)
なんだかんだで緒花と結名は良いコンビだな。
なこちが結名と普通に話してるシーンはなんだか珍しい気がする。
映画の話が無かったことになったことについて
走って喜翠荘に駆けつける結名ちゃんマジ良い子。
携帯のアドレスぐらい交換してそうだけど・・・考えるより行動しちゃったのかな。
こんな所も徐々に緒花の影響受けているように見えてほっこりエピソードでした。
それとみんちのジト目は我々にとってご褒美です。

次回予告見ると映画話これで終わりかよ!?
尻切れトンボというか知りたいことが全然わからないまま終わったような・・・。
緒花のいつも通りのテンションと結名の「あんまり知らない発言」。
若旦那の女将に対するガチ土下座といい、実はかなり深刻な事態なんじゃあ。
ともあれ次回は待望のなこち回なのでまずはそれを楽しもう。貝ブラ!

花咲くいろは 第16話

★花咲くいろは 第16話 「あの空、この空」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

若旦那のテンションが\(^o^)/
次郎丸にも引かれるテンションって・・・。
やっぱりこの人はコンサなんとかさんのこと好きなんだろうな。
向こうはただの先輩としか思って無さそうな所が悲しいけど。

とんとん拍子に話が進んでいってどうみても詐欺です本当に(ry
状態だったけど、女優連れてきたりと映画自体はガチっぽい?
となると想定通りの内容にならないオチか
旅館サイドに不利益になったり喜翠荘だけ被害を受けるとかか?
この引きを見ると穏便に済むようにはまったく見えないしなぁ。
この出資が原因で経営が更に傾くとかはありそうですねぇ。

まぁ、そんなことよりも3人娘のプール話の方に目が行くわけで。
ちょうど先月のJOKERもシチュは別ですがプールの掃除話でした。
こういう話はやっぱり動きがあると華があっていいねぇ。
なこちがアホの子過ぎて可愛すぎるので辛い。
魔女宅ごっことか懐かしパロなのにエロい状態だったりと
ブラ透けが無かったこと以外は大満足のプール掃除でした(笑)
積極的に絡もうとしてるみんちも良かったなぁ。

次回予告が先週に続いてカオス・・・。

花咲くいろは 第15話

★花咲くいろは 第15話 「マメ、のち、晴れ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

緒花さんのブレなさはさすがやでぇ・・・。
人手が足りなくなる時点でこの展開は予想通りだけども。
番頭父はまともな人物だったようで緒花の手伝いを丁重にお断り。
お客様・・・ましてや修学旅行で来てる学生にそんなことさせられないわな。
と思ってたら結局どうにもならなくて手伝ってもらうのかよ!
「喜翠荘」の仲居だったからこそ任せた部分もあるんだろうけどね。
後は緒花のごり押しが収まらないというナイス判断をしたか。
気付けば仕事は身についてるしどれだけ仕事好きなの・・・と思ったけど
よく考えたら皐月さんの世話に比べたら大変だけどやりがいあるからというのもあるか。

緒花と彼女を助けるなこちとみんちの労働話がメインと思いきや
実質、結名さん回後編だったな。
中盤で番頭に対してブーメランされた時はどうなるかと思ったけど
良いところも悪いところもキャラが立ってきて何より。
ガチで労働経験の無いお嬢だったんだな・・・。
一瞬、前回上がった株が下がりかけたけど何だかんだで良い子だなぁ。
1人だけ上から目線というか立ち位置が違ったキャラだけど
これで少しでも3人に近づけばいいな。

そして今回の見所はなんといってもヒロインズの入浴シーンですよ!
コマ送りしても見えそうで見えない・・・だと・・・?
動画で見ると肌色率全開なのに・・・!
他のアニメの入浴シーンもこういうのを見習って欲しいな(笑)

次回予告がカオスだけどギャグ回・・・なのか?

花咲くいろは 第14話

★花咲くいろは 第14話 「これが私の生きる道」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

OPED変わったー。
OP見てるとまだ考ちゃん引っ張るのか・・・チッ(えー
OPは今後の展開がいろいろ想像出来てOP1とは違った良さがある。
EDは映像がてぬk(ry
ということで2クール目突入です。

水着回の正体は修学旅行!ちゃんと全員行けるんだね。
Aパートでなこちの出番無かったからなこちだけ留守番かと。
ということは喜翠荘は現在美少女仲居無しで回してるのか。
次郎丸はアレだろうし、実質巴さん一人でがんばってるのか・・・。
まさかここでなこちは●組なのでいない状態を味わうとは。
前半がなこち剥いてホビロンとか告白祭りとかだったのに
この場面になこちが居ないのが残念すぎてならないぜ・・・。
水着は後で見られたから良かったけどさ!
競泳水着なのにあの大きさはホントけしからん。

今回は全体的に結名にスポットが当たって
結名というキャラがどんな人間か垣間見られる回だったな。
間延びしてマイペースな喋りは相変わらず賛否両論別れそうだけど
最後の言いたいことをズバっと言う結名さん格好良すぎた。
緒花との出会いで少しずつ変わってきてるのかなぁ。
番頭さん振ったとき、仲居の仕事が好きっていうのは緒花のことだろうしね。
結名x緒花とか結名&緒花xみんちとかもニヤニヤだったけど
EDではなこちとセットなんだしなこちとも絡むと信じてる。

なかなか壮絶な引きで次回も修学旅行話。
結名無双はまだ続くのかなー。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。