説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの夏で待ってる 第12話

★あの夏で待ってる 第12話 「あの夏で待ってる。」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ガチMIB登場で吹いた。
しかも檸檬先輩と真奈美さんの旦那が所属しているというね。
なるほど、檸檬先輩の万能っぷりはソレが理由か。
正直、回収されると思ってなかったしまさか本当にMIB登場とはね。
でもあのトランスフォームバンは今の技術力的に無理があるだろ(笑)
おかげで友人ズは誰も怪我などすることがなくて何より。
死人出るとかなくもない話だったからなぁ・・・。

みんなの助けのおかげで、無事イメージの場所にたどり着けた2人。
そこには確かにイチカの星の技術が使われていました。
しかし痕跡はあったということはイメージを通して伝わって来たけど
そのもの自体は森林伐採により無くなっていました。
追っ手も膨大な数が追いついてきてイチカ先輩は逃亡を断念。
まぁ、やっぱり別れが訪れる展開になりますよねー!
予想はしてたけど、とまっちゃんの名演もあってやはり泣いてしまった。
イチカ先輩が地球を見下ろしてぼろぼろ涙流して「待ってる」決意をするシーン良いわぁ。

それにしても驚いたのは、仕掛けにより過去に地球に来た宇宙人のメッセージが流れたけど
そのメッセージの声が井上喜久子さんだったこと。
メッセージからすると、最後は連れ戻されてしまったという内容だったけど
まさかおねティがバッドエンドでしたとかはないよね・・・?
おねティでは普通に家族が地球に来られてるしなぁ。
ファンサービスみたいなもので深く考える必要はなさそうかな。
おねティとのリンクを匂わせるような演出は嬉しかったけどね。

エピローグで時間が無くて「まさかこのまま終わるのか!?」と心配したけど
最後のカット的になんだかんだで地球に戻ってこられたようで何より。
その辺まったく語られなかったのが残念というか
再会シーンをもっと演出して欲しかったのが本音。
おねティのラストが好きだったのはその辺も大きいからなぁ。
記憶封鎖云々が出てきたのに実際にはされてないっぽいしね。
取り残されたりのんがMIBに協力したおかげで
イチカ先輩の星と接触できるように地球が成長したんだろうけどさ。
おねティとだだ被りにならないようにひねったラストにしたかったのは伝わって来た。
結果だけで言えばおねティと一緒なんだし、記憶関連はやっても良かったと思う。

とまぁ、最後は若干の不満は残ったものの
おねティが大好きな自分にも満足できる作品でした。
おねティが好きだからこそ満足できたとでも言うべきか?
おねティ見てない、あの花見てる人は批判的な意見多そうな気もしますね。
こういう作品は細かいこと考えずに、イチャラブとか青春楽しめばいいのに。

とりあえず、最終巻でイチャラブメインの13話が追加されるのを待ってます(笑)
それとはちみつ授業(ドラマ)的な・・・ね?
今回の電車でのイチャラブでのニヤニヤっぷりはヤバかった。
この後、泣くことになるんだろうなーと思いつつもニヤニヤ止まらなかったぜぇ・・・。
スポンサーサイト

あの夏で待ってる 第11話

★あの夏で待ってる 第11話 「行かないで、先輩。」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

大体は予想通りの展開って所かな。
まさかこんなアクション主体になるとは思わなかったけど(笑)

というわけでイチカ先輩のお姉さん、エミカさんが先輩を連れ戻しに登場です。
やっぱり救助機壊すのは不味いに決まってるよなぁ!
残骸とか残った時点で地球からすればオーバーテクノロジーなわけだし。
自爆装置とか痕跡残らないような技術があるのかもしれないけど
更に調査が重なるのは自明の理でした。

宇宙人設定はおねティ見てると全然違和感を覚えないんだけど
なつまちしか知らない層から見るといらない設定に思えるのかなぁ。
連盟云々の単語が出るだけでwktkが止まらないのに。
そもそも、その前提の設定にケチを付けるなら1話の時点で見なければいい。
話だけを見ると、中盤の宇宙人設定の空気さは同意出来るけど
この作品は「おねティ」リメイクという意味合いが強いだろうからなぁ。
元ネタがあって、という作品なのでその辺深く考えず楽しむべきだと思う。

どう足掻いても正攻法じゃ別離が待ってるのは予想通りだったけど
ここにきてまでまだ柑菜がイチカ先輩に後押しすることになるとは・・・。
なぜ2話前と同じような言動をしてしまうのか。
柑菜ちゃんは本当に人が良いというか・・・これも海人への愛なんだろうな。
哲朗が柑菜を責めるのはお門違いにもほどがあると思うけど
柑菜の諦めの気持ちを知ってるからこその台詞なのかなぁと思いました。
柑菜のヤケクソにも見えるようなカップル認定行動はおもしろ可愛かった(笑)
「だったらそうしろ!」とか「幸せになれバーーーカ!」とか捨て台詞似合いすぎる。
ホント良い子なのになぁ・・・哲朗は美桜と映画の約束をしていたし
やっぱり1人負け組になりそうなのがカワイソス。

今回は最後まで傍観者に徹すると思ってた檸檬先輩が、積極的に助けてくれてびっくり。
エミカさんに気付かれないで接近して二人を応援するように説得するとか
一通りの免許を持ってたりカーチェイス慣れすぎワロタだったりと
謎がより一層深まるような行動ばかりでしたが・・・。
便利キャラと言ってしまえばそれまでだけど
どちらかというと、メタ的にストーリーを導くキャラだと思う。
おねツイ時の苺のオマージュという意味もあるだろうしね。
ここは俺に任せて先に行け!の王道展開といいこまけぇこたぁ(ry

なんだかんだで目的にはたどり着けそうだけど
そもそも景色を発見しただけで事態が好転するとも思えないんだけどなぁ。
なんだかんだでやっぱり連れ戻されて、何年か後に再会パターンだと予想しておきます(笑)

あの夏で待ってる 第10話

★あの夏で待ってる 第10話 「先輩と、僕らの。」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

なつまちが始まったかと思いきやアマガミが始まっていた。
何を言ってるかわからねーと思うがとりあえずリア充爆発(ry
んもー、いちゃいちゃしおってニヤニヤするわ!
イチカ先輩のくっついていたい性癖は危険すぎるな。
甘えてる感じの先輩の年上ギャップがやばすぎる。
檸檬先輩の好意に甘えてただれた生活を送りたいものだ(笑)
イチカ先輩はゴムを知らなかったのかよく見えなかっただけなのか。
それともそういう文化ではないのか。それが問題だ。
・・・いやまぁ、技術発達で避妊とか思うがままなのかもしれないけど。

今回は色々と人間関係に決着が付きました。
中心であった海人が先輩とくっついたんだからそりゃ動きますよね。
予想以上に哲朗について掘り下げられたのは嬉しかった。
哲朗が何を考えていたのかがやっとわかりましたね。
基本的には海人も柑菜も応援したかったのが本心なんだろうけど
焦れて一石投じてあわよくば・・・と思ってしまったんだろうな。

哲朗から柑菜への告白は思ったよりもお互いに爽やかで良かった。
柑菜の背中を押すあたり、哲朗と柑菜は似たもの同士なのかなぁと思いました。
美桜は相変わらずのストーカーっぷりに思わず吹いた。
柑菜や哲朗をけしかけて最後には傷心の想い人を慰める、美桜さんマジ策士。
哲朗のあわよくば〜といい、哲朗と美桜は生々しさが寧ろ好きですけどね。

柑菜の告白も笑顔で出来て笑顔で振られて後味良くて何よりです・・・。
海人のお断りが即だったのは思わず笑ったけどな(笑)
たとえ、哲朗から聞いていなかったとしてもちゃんと断れたと思う。
最近の海人の行動力や格好良さは、初期の妄想ばっかりしてる頃とは大違いだ。
基本的にはどのキャラも好きですねー。

そしてこのままハッピーエンドに・・・とは行かないのがお約束。
ここにきてイチカ先輩のお姉さん登場とな。
中盤ならおねティのようにギャグ展開になったんだろうけど
次回のサブタイを考えるとどう見ても連れ戻しフラグだな!

最終話のサブタイから想像すると
連れ戻し→がんばるけどやっぱり無理→戻ってくる約束をしつつ記憶操作
→イチカ先輩を忘れて日々を過ごすが●年後の夏再会→記憶が戻る
みたいな王道展開になるんじゃないかなぁ・・・アレこれって(ry
個人的には“今風”おねティだと思ってるので、このオチでも歓迎ですけどねー。
おねティ最終話でぼろぼろ泣いたし、なつまち最終話でもぼろぼろ泣きそう。
コンテが長井監督なのも楽しみです。

あの夏で待ってる 第09話

★あの夏で待ってる 第09話 「せんぱい」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

あっさり先輩が正体明かし。
まぁ、この状況はそうするしかないわなぁ・・・。
先輩の言動見てると、正体を明かせなかった理由に
MIBの存在にビビってたのが3割ぐらいはありそうだ(笑)
予想通り、海人を含むみんなは暖かく迎え入れてくれました。

りのんも先輩に怒られないで良かったね・・・。
ただ、有人調査の可能性がやはりあるようで
必要以上に先輩を追い込んでしまってたようだ。
目的の景色を執拗に1人で探そうとするのは生き急いでるように見える。

そんな先輩を見て、柑菜ちゃんの宣戦布告きたー!と思ったら
気付けば後押しをして踏み台になっていたでござる。
海人を好きになったエピソードもサクっと回収かつあっさりだし
なんだか一気に消化してしまってカワイソス・・・。
ここまでフルボッコなのに、まだ直接海人に想いを告げてないんだぜ。
柑菜の思いきりの良さなら、お幸せにという意味で海人に好きだったとか伝えそう。
ただでさえ、2話に1回ぐらい泣いてる印象あるというのに・・・。
泣き顔が可愛いとは思うけど今回のはさすがに胸が痛かったな。

こういうこと出来ちゃう柑菜は良い子だなぁと再認識。
海人が好きだからこそ海人のことを考えた上での行動なんだろうし。
それをナチュラルに支える哲郎がイケメンだったり
慰めてる様子をうかがっていた美桜がそれ見て泣いたりどうするんだこれ\(^o^)/
予告見てるとラブラブ継続してるけど、コレ哲郎とかの前なら刺されても文句言えないな(笑)
あっちがダメだからこっち、とかはあんまり誠実に見えないので
想いが一方通行トリオはなんだかこのままカップルにならなそうだなぁ。

暗い話題ばっかりですが、遂に海人から告白し想いが通じ合ったのはめでたい!
「これで5回目」の破壊力が高すぎてヤバイヤバイ。
「宇宙人でもいいですか?」のやりとりも青春どストレートだし
見てるこっちが恥ずかしくなるぐらいの演出が良かった。
このまま何事もなく最後までイチャラブして欲しい。
3話あるのでまだなにかしらの山があるんだろうけど。

そういえば、檸檬先輩のアドバイス。
「そう、動くのよ。停まらずに。前に」は意味深すぎましたね。
ただのファンサービスだろうし、檸檬先輩は最後まで傍観者なんでしょうけどねー。
苺の血縁者なのか、とか色々想像してしまいますね。

あの夏で待ってる 第08話

★あの夏で待ってる 第08話 「先輩がPINCH.」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

海人のキス未遂を思いだしニヤケしてるところを見ると
あの状態に陥って帰宅した後にお互い何も無かったのか。
ほぼOK同然なんだから、健全な男なら夜這いまであるぞ。
イチカもイチカで迷いつつも好きという気持ちを止められなくて・・・。
シャツ洗濯のシーンはくんかくんかし出すのかと期待したのに(笑)

それを話した時の哲郎の反応はまぁそうだよね・・・。
それにしても「DEAD END」とは神の座でも目指してるのか。
柑菜かわいそとか言われても知らんがなとしか言えないよね。
柑菜にイチカが好きとハッキリさせろとか言うと思ったけどそんなことはなかった。
やっぱり哲郎がどうしたいのかはわからないなぁ。
本音を言えば柑菜とくっつきたいんだろうけど
髪切った美桜を意識しまくり、挙げ句の果てに今回はアクシデントでキス。
美桜が十分良い娘で魅力的なのは知ってるだろうから
哲郎の気持ちが美桜と柑菜で揺れ動く可能性もあるのかな。

哲郎が勝手に柑菜の気持ちをバラしたことはアレだと思うけど
今回見てると、色んな人の想いを知ってる哲郎の立ち位置もかなり辛く見えた。
柑菜に対して暗い顔で何を言おうとしてたんだろうなぁ。
哲郎なら「海人が好きなのはイチカ先輩だぞ」と直球で言いかねない。
海人を友達として応援したい気持ち、柑菜を幼馴染みとして応援したい気持ち。
柑菜を好きという気持ち、美桜から受けた好きという気持ち。
一番がんじがらめで胃が痛そうなのは哲郎なんじゃないかなぁ。
そういや、柑菜は様子を見ると海人の好きな人にまだ気付いてないのか・・・?

今回がお祭り+浴衣なのは予告からわかってたけど
りのんが絡んできて思ったよりも話が一気に進みました。
微妙に予想とは違ったけどやはり強制帰還系のイベントだったか。
「好きな人を置いていけない」と未知の物体に立ち向かう海人は見直した。
まさかなつまちで戦闘っぽいシーンが見られるとはね。
しかし、生身の人間ではやっぱり色々無理があったので二度目の死。
そして二度目の再生・・・ここで引きかあああああ!
さすがに説明しないわけにはいかないだろうから実質宇宙人バレなのかなー。
予告ではバレてる前提だったし。
宇宙人であることはそんなに問題じゃないと思うんだけど
海人を一度殺してしまったことと別れが待ってることが問題なのかな?
イチカ先輩の「ごめんなさい」連呼は色んな想いが入り交じってるんだろうなぁと思いました。

でも一番悲惨なのはやっぱり柑菜ちゃんだよ!
前回以上にピエロってレベルじゃねえぞ・・・。
せっかく檸檬先輩の策略により、肝試しで海人とペアになれたというのに
告白寸前という所で、イチカの悲鳴を聞いて海人が柑菜を置いてけぼり。
これはさすがに気持ちに気付いたかな・・・あまりもの処遇に泣いた。
まぁ、あの場面で告白してても玉砕してただろうけどさぁ・・・。
柑菜が抱きついてるように見える場面をイチカ先輩が目撃!
みたいなのを予想していたけど、事態はよりカオスに・・・。
予告だけじゃどういう展開になるのか想像出来ないなー。

あの夏で待ってる 第07話

★あの夏で待ってる 第07話 「先輩の気持ち。」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

あああ、ニヤニヤが止まらないいいい!!
今回も本当に盛りだくさん。
昨今のラブコメはこのテンポの良さを見習って欲しいなぁ。

哲郎と美桜と千春の3人は千春ピエロでしたという決着。
まさか美桜がガチ裸族・・・しかもカミングアウトしてしまうとは。
哲郎の相談しろ言いたいことは言えという台詞から
勢いで美桜が告白しちゃうのも予想外だった。
気付いたら千春が消えてて笑ってしまった。
案外空気読める娘だったんだな。

哲郎の気持ちを知った上での告白だけど、哲郎の心は揺れるのかなー。
哲郎が柑菜に告白→ふられたから美桜と付き合おうとかは辞めて欲しい。
それは柑菜が海人に告白→ふられたから哲郎と〜というパターンにも言えるけどね。
しかしカップル2組出来て欲しいというジレンマですね・・・。

海人とイチカと佳織の方は決定的な告白は出なかったけど
佳織が傷心旅行に来たという理由を話したおかげですんなり話は進みました。
独白からすると海人のこと好きだったのは本当だろうに切ない。
それにしてもイチカが佳織を呼び出すという積極的な行動を取るのは意外。
そこまでして佳織の気持ちやあの場面の真実を確かめたいぐらい
海人のことを凄く気になっていたということだよね。
佳織の後押しもあってか素直に海人の好意を受け取れるようになったかな。

なんだかんだの良い雰囲気で手を繋いだりキス未遂だったりあったけど
やっぱり想いは言葉にして伝えて欲しいよなぁ。
手を握ることで答えとしたのもわかるし、言葉にしなくても通じ合ってるんだろうけどね。
キス未遂の「ダ・・・メ・・・」と眼鏡がぶつかる音が生々しくて実に良い。
キス寸前でテンション凄い上がったのに柑菜ちゃんェ・・・。
千春っていうか柑菜がピエロだろうコレ。
まぁ、今回完全に蚊帳の外だったので許してあげよう(笑)
ネコミミメイド+語尾に「ニャ」はあざといけどな!

次回はそんな柑菜の反撃くるー?
そういえば、柑菜は今の時点ではまだ何も知らないんだよな・・・。
哲郎が海人に柑菜の気持ちをバラしたこと。
それを知った上で海人はイチカ先輩を選んだこと。
その海人の想いにイチカは応えたこと。
あぁ・・・遂に審判の時なのかな。

気になるのはりのんがえらい焦っていたこと。
おねティのように妹&ママン登場フラグとかだったらいいけど
話の流れ的に帰還フラグなんじゃないかなぁ。

あの夏で待ってる 第06話

★あの夏で待ってる 第06話 「先輩にライバル。」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

新キャラはファースト幼馴染み(CV:かやのん)佳織!
明るくて積極的で好意をストレートに表す強力なライバル出現ですね。
ラグりんのムギナミといい、最近かやのんはあざと可愛い役増えたよね(笑)
それとも直後だから、勘ぐってしまってるだけだろうか。
こんな可愛い子が海人をいつまでも好いてくれてるわけがない。
距離が近い、すぐ涙を見せる女は信用が(ry
海人曰く、こんな性格じゃなかったらしいので好意以外に理由もありそうだけどね。
ううむ・・・でも第3のヒロインと言えるぐらいに可愛いのは事実だなぁ。

もう1人の新キャラは佳織の友人の千春。
・・・うざいキャラにCV:ゆかちきたー(笑)
やはりゆかちには良い意味でウザキャラが似合う・・・。
インデックスのようなやかましいウザ可愛さだけだと思ったら
哲郎を力で押し倒せるぐらい怪力&肉食でワロタ。
佳織の積極性も肉食とも言えるし、なんという恐ろしいコンビだ・・・。

新キャラだけでなく既存キャラもきっちり見所ありましたね。
海人周りではイチかんなコンビが海人に終始問い詰めジト目モードだったり
柑菜の想いを知ったイチカがより海人を意識するようになったり。
特に「はっきりしない」発言はそういうこと考えてる証拠だよね。
もしかして海人からの再びの告白を待っているんだろうか?
海人と柑菜は思ったよりも普通でした。
でもここで関係が動かないなら、また哲郎が介入してきそうで恐いなぁ。

美桜は一方的に片思いするだけで安定(安心)ポジだったのが
千春の登場でソレが怪しく・・・。
美桜とは思えないぐらい積極的な行動を取って次回に。
まぁ、哲郎は美桜の好意に気付いててスルーしてるような所もあるし
千春に対する態度のように適当に誤魔化すような気もする。
それよりも柑菜にも知られている全裸じゃないと寝られない性癖と
哲郎を押し倒した時ノーパン=普段からも・・・?という方がヤバイな(笑)
薄い本が厚くなるな・・・薄い本ネタではイチカ先輩が一番不利な気がするよ。

次回は佳織の涙の意味がわかるかな?
海人の「好きな人が居る」はちゃんと自覚あったし
キッカケがあればイチカ先輩へ再告白もあり得そうなシチュエーションだなぁ。

あの夏で待ってる 第05話

★あの夏で待ってる 第05話 「先輩はヒロイン。」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

夏休みに入り映画撮影スタート。
これでOPと繋がった!

イチカ先輩がヒロインなのはいいけど設定が宇宙人って・・・。
檸檬先輩はどこまで把握してるか読めないな。
檸檬の思わせぶりキャラは最後までネタポジションあり得るからなぁ。
各人物の好意の矢印に気付いてるぐらい?
まぁ、檸檬はイチカの正体が何でも面白ければいいんでしょう。

撮影や普段の生活を通してわかる海人と先輩の絆。
ぶっちゃけ、柑菜が気にしすぎなだけな気もするけど
一つ屋根の下ならではの会話は恋する乙女には確かに辛いか。
買い物の会話といい、下手すればどこの新婚夫婦だよ!って感じだし。
ソウルジェム濁りっぱなしでいつか魔女化という名の修羅場がやってきそうだ。

そんな地雷原に一石を投じる哲郎さん・・・。
柑菜本人に応援宣言→柑菜からも好きな人出来たら応援するよ!と言われ
哲郎の居たたまれなさと美桜のなんともいえない視線でモヤモヤしてたけど
まさか哲郎が、直接、海人に対して独断で柑菜の気持ちを打ち明けるとは。
おいおい、それは人間関係常識的にアウトの行動では・・・?
柑菜じゃないけど、このまま放っておけばイチカ先輩退場はほぼ確定だというのに。
哲郎の真意が全然読めないな・・・柑菜をくっつかせたいのか玉砕させたいのか。
どちらにせよ、ぎくしゃくすること間違いなしなので良い手とは思えない。
更にはその間接告白をイチカが聞いてしまうというね・・・盛り上がってきたな!

次回は話はいきなり沖縄に飛びまして・・・。
モブ?新キャラ?海人の幼馴染み?
ヒロイン力のあるキャラデザ・・・さすがたらくさん。
キャストが気になるところですね。

そういえば三姉妹って・・・。

あの夏で待ってる 第04話

★あの夏で待ってる 第04話 「先輩はすごかった。」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ごまかさなかった・・・だと・・・?
ヒロインが主人公からの好意を受け取ったままで
きっちり人間関係探っていく作品は珍しい気がするな。
問題はイチカさんが知らずに海人のことを
同居人以上の感情で気にするようになっていて
当人達はその感情の変化にまったく気付いてないことだけど。
今回は哲郎姉の登場イベントで有耶無耶になった所あるけど
振り返ってみるとやっぱり気まずいんじゃないかこれ(笑)

ストーリー的にはあまり進展は無かったけど
これから夏休みに入ると言うことでプロローグ終了かな?
こういうモノローグ調はおねティ思いだして胸が熱くなる。

1〜3話は柑菜が優遇されてて可愛く描かれてたけど
今回はやっと先輩のターンですよ!
ぐぬぬと嫉妬全開の表情見せる先輩可愛い。
みずほ先生もこういう大人なんだけど子供っぽい部分が可愛かったよね。

次回予告の柑菜ちゃんを見てると
やっぱりこの子は泣き顔似合うなぁと思いつつまさか玉砕なのか!?
哲郎が慰めてるように見えるけどやはり哲郎とくっついてしまうのか。
柑菜ちゃんは負け組独り身が似合うんだから
哲郎は素直に裸スキーの美桜とくっつけよ・・・(えー

あの夏で待ってる 第03話

★あの夏で待ってる 第03話 「先輩が言っちゃう…」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

妄想癖激しいキャラ多すぎワロタ。
一瞬どれが妄想で現実かわからない別作品のような状況になったけど
要はあのフィルターかかってるのは全部妄想で
告白も完全に妄想、妄想で打ちのめされてサボったってことでおk?
そのサボリのおかげで勘違いが続いて・・・というお話。

発信は海人とはいえ、イチカはともかく柑菜とかまで妄想するとは。
若干演出がしつこいと感じた部分はあったけど
このまま勘違いで進むのかと思いきや一気に進むのがさすが黒田脚本。
メインサブ問わずに気持ちを感付かせるところまで進むとは・・・。
哲郎と美桜の微妙な距離感と一方通行でさえニヤニヤだったのに
まさか海人がイチカに好意を抱いてることを本人が察してしまうとは。
今回のように次回のアバンで冗談みたいに済まされる可能性もあるけどな!
とりあえず美桜→哲郎→柑菜→海人→イチカがほぼ確定しただけでも進歩だよね。
この状況で10話近くどう引っ張るか本当に楽しみだなぁ。

美桜が意外と哲郎の気持ちを察してるのは意外でした。
まぁ、好意を抱いてるからこそ、その人がどう思ってるか敏感になるか。

柑菜ちゃんは今回も可愛いし出番的に優遇されてた気がするけど
海人からハッキリと恋愛対象じゃないような言われ方をしてて敗北濃厚じゃないですかー!
なんだかんだで柑菜と付き合うことになったけど
やっぱりイチカが好きな海人の背中を押す役目とかになりそうだ・・・あれ小石(ry
予想以上の加速っぷりでどう展開するか予想出来なくなったなー。

あの夏で待ってる 第02話

★あの夏で待ってる 第02話 「先輩といっしょ…」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

夫婦とかいう展開にはならなくて何より。
イチカのドジっぷりはみずほ先生以上だな。
いつ宇宙人とバレてもおかしく無さそう。
宇宙船は予想通り故障中、海人を助けたことと関連性はあるのかな?
治療したから故障が悪化したのかそれとも治療はイチカ固有の能力?
頭痛のような後遺症が今後悪化とかしなければいいんだけども・・・。

映画撮影という学園パートの一応の本筋っぽいのはあまり進まなかったけど
「ダイナマイトドリンク」に酔っ払ったキャラ達が
ぐでんぐでんになって魅力的な描写が多かったのは良かった。
女の子の「身体が熱い」のエロさは異常!
柑菜ちゃんは女豹のポーズ()の色気が73cmすぎて皆無だけど
全体的に可愛く見える描写多くて優遇されてるなぁという印象。
完全に報われないオーラ出てる故のフォローなのかもしれないけどな!
イチカは「可愛い先輩」なのが良いな。
俺はましろ色のみう先輩が忘れられないのかもしれない。

主人公ヒロイン周りの進展はいまいちだったけど
美桜→哲郎→柑菜→海人という多角関係が目に見えててニヤニヤ。
でも哲郎と柑菜はくっついて欲しくないな・・・柑菜が小石ポジなら尚更。
裸美桜ちゃんが可愛かったのでその調子で哲郎にアタックするんだ!
ちょっと内気な性格といい美桜は楓ポジにキチンと収まってる。
苺・・・じゃなくて檸檬がはじめから傍観者の位置なのは安心できる。
おねティとおねツイの良い所を足したような作品になってくれそう。

なつまちのサブタイは「先輩」推しか・・・。
予告の柑菜ちゃん泣き顔が可愛くてやっぱり報われないのが似合うな!
そして絶対「最優先事項」パロはやると思ったよ(笑)

あの夏で待ってる 第01話

★(新)あの夏で待ってる 第01話 「困ります、先輩。」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

おねがいシリーズの羽音たらくx黒田洋介コンビに
長井龍雪監督を加えた新作オリジナルアニメ。
発表当時から「おねティ」っぽいとさんざん言われていたけど
放送開始1分も経たないうちにその懐かしい空気を感じて思わず泣きそうになりました。

宇宙人のヒロインとボーイミーツガール、裸で〜オチだけとってもそうだし
友人達や作中から感じられる雰囲気全てがソレっぽい。
シチュだけ見ると確かにまんま「おねティ」なんですが
その上で長井監督らしい演出も感じられてそれぞれがかなり巧く融合してると思う。
「あの花」で一緒だった田中将賀氏も居るんですよねぇ。
これを見て「おねティ」を想い出すか「あの花」あたりを想い出すかで
オタクの世代が分かりそうだ(笑)
マリーが居ると雰囲気崩れそうだからあの花勢でマリーだけ居ないのは正解かな。
「おねツイ」時は続編で喜んだけど「おねティ」らしさが消えて残念だったけど
そういう意味だと「おねツイ」の時以上に俺が見たかったのはコレだ!感がありますね。

キャラ的には「おねティ」引っ張ってるとイチカや檸檬に目が行きそうだけど
1話から悪友ポジションの哲朗含むメインキャラみんなに魅力を感じられたのは良かった。
主人公海人を中心としてイチカと柑菜は三角関係ポジションだし
哲郎と美桜もなんだか良い雰囲気で如何にも青春しそうなのが良いなー。
キャストを調べてなかったんですが、檸檬はもうホントまんま苺じゃねえか!(笑)
ベン・トーの後だからゆかりんボイスの“狼”という単語に反応してしまう。
イチカは久しぶりのメインヒロインのとまっちゃん。
こういう落ち着いた声のキャラは超電磁砲の湾内さん以来に聞く気がする。
また巧くなったなーと思いました。

1話の引きが修羅場・・・?ということで2話の言い訳パートが楽しみです。
さすがに夫婦ですとは言わないだろうけど・・・。
柑菜がどう見ても小石ポジションだけど彼女もがんばって欲しい。
「おねティ」と違って積極的に地球人に干渉しちゃってるから
その辺がどうなるのかも楽しみですねー。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。