説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつか天魔の黒ウサギ 第12話

★(終)いつか天魔の黒ウサギ 第12話 「ほのかに白い終業式」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

最初から番外編と思って見られるので今までで一番気楽に見られたし
なんだかんだで最も面白かった気がするな。
一応、二期フラグというか伏線は張ってた気がするけど
説明ないのはいつものことなので、二期がなくてもこの作品らしいというか。
そういう意味では最後に楽しい回を持ってきてくれて良かった。

温泉回=サービス回ということでご多分に漏れず光さん忙しかったけど
女子よりも男子の裸映してる時間長かった気がするのは気のせいか(笑)
エントリオ兄弟が既に大兎&月光と馴染んでて吹くわ!
どいつもこいつも前を隠さないイケメンばかりとか薄い本が厚くなるな。

女子側は予想通り不自然な湯気というなの光さんが仕事してたけど
美雷に対するガードが若干甘い気がするのはそういうポジションだからか。
泉の女の子に手を出すポジションは百合好きとしてはありがたい。
遥の胸に手を出したりヒメアの肌に手を出したり、もっとゆるゆりするといいよ!
美雷はヒメアをちゅーちゅーしてたり・・・BDでは胸を吸ってくれるんですよね?
最後まで一切会話のなかったヒメアと遥は徹底してるよね・・・。

今回特に面白かったのが大兎と月光さんの我慢対決。
小学生レベルの煽り合いにガチ勝負。
エントリオ兄弟が面白そうなのでと魔術で介入したり本気すぎてワロタ。
ケツに吹っ飛ぶレベルの水流当てて涼しい顔してる月光さんとか反則だよ!(笑)
挙げ句の果てにはサウナに魔術で二重ロックかけておいて
かけた人達が暑さで倒れてロック解除出来なくなったりするわ・・・。
涼しい顔してたのに我慢出来なくなって真剣に出ようとする月光さんワロタ。
久しぶりにクソが!を何回も聞けた気がする。
直後に現状を「悪くない」とらしからぬデレ台詞を吐いたりホント良いキャラだった。

あまり話題になってないような作品ですが
厨二設定とそれをギャグとスルーする場所と分けて視聴出来る人や
説明されなくてもあまり気にならない人は完走出来たんじゃないかな。
とにかく、シュールなギャグが素敵な作品なので
デート回や今回の温泉回を見ずに、いつ天を切るのは本当に勿体ないと思う。
R-15がストレートにエロギャグとするならこっちはシュールなギャグ。
笑いの質は違えど、両者共に今期何度も腹抱えて笑わせてもらったことには違いない。
・・・原作はそういう作品じゃないかもしれないので、原作読者や作者には申し訳ないけど。

キャラは圧倒的に月光と美雷が輝いてた。
特に月光さんはここ最近で最も好きな男性キャラかもしれない。
「クソが」や「天才」連呼も序盤乗り越えればギャグとして見られる・・・はず。
ただの嫌味な高圧的なイケメン厨二キャラかと思いきや
この作品で一番人間らしさを持ってるのはこの人だろうしなぁ。
原作番外編は月光さん主役らしいので、2期というかこっちのアニメ化が見たいな。
いまいち評判悪い大兎とヒメアも個人的には全然アリだし
嫌いなキャラ居なかったのも最後まで楽しめた要因ですかね。

あまりに周りで見てる人が少なすぎるので
もっと評価されるべきと感想が長くなってしまいました。
一部で大人気のPVを見て興味を持った人は是非1〜2話ぐらいは見て欲しいですね。
PVの「イツカァテンマノォクロウサギィ」がこの作品で真っ先に笑った所なのは言うまでもない(笑)
スポンサーサイト

いつか天魔の黒ウサギ 第11話

★いつか天魔の黒ウサギ 第11話 「夏休みカタストロフィ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

なんだかよくわからないけど良い最終回だった気がする!
え?最終回じゃないって?またまたご冗談を(AA略
こんな所までこれゾンと一緒にしなくてもいいような・・・。
スチルを見る限り最終回はサービス回だろうし。

というわけでエントリオ兄弟編完結。
出番少なかった上に大兎のことを考えてくれた凄く良い人達なのに
所構わずイチャラブを見せつけられた挙げ句同情されるとか可哀想に・・・。
あっさり転校&味方化してくれたのは良かったけどさ。
男同士のトークをもっと見たいから早く合流して欲しかったな。

戦闘パートは色々考えたら負けな気がしてきました。
主人公補正で不死失ってもしぶとく耐えて
空気だったニャン吉の授けた魔法でヒメアが解放されて形勢逆転。
大兎の説教はそれなりに燃えるけど
ヒメアをそこまで守ろうとする理由が明確になってないので何とも感情移入しづらい。
シーンとしてはOP挿入にかなり助けられた感が。
対する月光パートは相変わらず普通に面白い。
月光さんが美雷のために土下座しようとした時は感動して泣きそうになり
やっぱりこいつツンデレすぎるなとニヤニヤしてしまった(笑)
何故だか日向が登場して先生と謎トークしてそのまま立ち去るわ
先生は結局月光を大兎の元に行かせてるわどういうことなの・・・。

ヒメアと大兎がいちゃついてるようにしか見えない状況で乱入し
ヒメアを一別すらせずに大兎に好き好きアピールしていく遥も相当アレですよねぇ!
泣いちゃうヒメアは嫉妬されるより可愛かったけどさ。
ヒメアもヒメアで遥と喋ろうとしないしお前ら・・・。
大兎が素直に遥を振れば解決するんだから、
月光さんがついカッとなって大兎を殺しても文句は言えないな(笑)

いつか天魔の黒ウサギ 第10話

★いつか天魔の黒ウサギ 第10話 「神隠しの同級生」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回最も活躍したのは間違いなく一般人の泉さん。
黒守先生の体罰をストップさせたり
ヒメアが行くのを説得して止めようとしたり
取引に乗って消えたヒメアを連れ戻させるように大兎を焚きつけたり
軍に占領された学校へ侵入する時に手薄なルートを選択したり大活躍。
特にヒメアの背後を取ったのは本当に一般人かよというレベル。
すぐさま大兎を焚きつけたのも行動力溢れてるよなぁ。

というわけで気付けば合宿が終わっており
その帰りにエントリオ兄弟という敵に遥が連れ去られ
それをダシにヒメアが捕らえられたとかそんなお話。
遥の裏人格からの依頼を含めての遥拉致だったのね。
裏人格が遥のことを大切にしてる良い娘すぎて応援したくなる。

今回の月光さんは本編でも相変わらずツンデレが輝いてたけど
予告での大兎との世間話が一番笑ったというね(笑)
なんかもう大兎はわかってて弄ってるんじゃないのか・・・。
最近クズがとかも聞き流してるし。

いつか天魔の黒ウサギ 第09話

★いつか天魔の黒ウサギ 第09話 「波打ちぎわの黒ウサギ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

修羅場から始まって落ち着いたと思ったらまた修羅場で引いていた。
な、何を言ってるかわからねーと(ry
しかし、昨今のなかなか好意を伝えないヒロインを見てると
ちゃんと好きって言ってくれるヒロインが2人も居るのはいいかもしれない。
どう見てもラブラブなのに割って入ろうとする遥は意外にたくましいよな。
ヒメアはヒメアで学校でお構いなしだったのに今更遠慮してるのが謎。
いつもみたいに明るく敵意むき出しのヒメアで居て欲しいな。

今回気になったのは泉が飲んでる薬の内容と
リミットがあるからこそ〜的なヒメアとの会話。
どう見ても「お前・・・消えるのか?」フラグにしか見えない。
貴重なヒメアとキャッキャウフフ枠なんだから消えないで欲しい。

次回は今回の引きの続きやら
遥の正体に気付いてる黒守先生や空気のエントリオ兄弟。
話が動く材料は揃ってるのでそろそろ進展あるかな。

いつか天魔の黒ウサギ 第08話

★いつか天魔の黒ウサギ 第08話 「全員補習の生徒会室」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

大兎とヒメアはどこでもかまわずイチャイチャしてるのは
末永く爆発すればいいと思うので今後気にしないことにするとして
今回から合宿!海!水着!ですよ!・・・水着でキャッキャウフフは皆無でしたが。

とにかく月光さんが安定して面白いだけで楽しめるアニメなので
煽り耐性の無い天才、フルボッコにされる天才。
Q.夜這いって何? A.クソが と会話する気のない天才。
朝からカレーかよ!と文句言いつつ大盛りな天才。
と色んな月光さんを見られた今回も満足でした(笑)

最後は遙という名の修羅場が到着して引き。
黒守先生は遙の正体に気付いているのだろうか?
大兎にぞっこんで敵対心むき出しのヒメアも可愛いけど
無邪気な美雷が安定して可愛いなぁ・・・。
もうやっぱり月光と美雷が主役でいいんじゃないかな。

いつか天魔の黒ウサギ 第07話

★いつか天魔の黒ウサギ 第07話 「抜き打ちテストの新任教師」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回も殆ど新キャラスルーかよ!
月光さんマジツンデレ、天才(笑)状態意外に出番が無かった・・・。
まぁ、前回大活躍だったししょうがないか。

今回でやっとこさ2話で大兎が7回死んでも生き返った理由が判明。
やっぱりあの時大兎は死んでいたんですね・・・。
そこでヒメアは自分の魔力の殆どを代償にエデルカに大兎を蘇生してもらったと。
エデルカに頼めば殆どの願いは叶えることが出来るが
それに伴う代償はその願いに比例して大きくなる、と。

大兎はヒメアを守れる力を願ったけど、
代償を軽くするためか努力を前提にしまい
結局、自分の足で力を探すハメになったということか。
エデルカからもらった力はこの探索する能力ってことかな?
それにしても大兎は何を失ったのか・・・。
遙の弁当に対して反応してたのでその絡みだとは思うけども。

次回はスチル見たら水着回じゃないですかーやたー!

いつか天魔の黒ウサギ 第06話

★いつか天魔の黒ウサギ 第06話 「そして天魔が、歌われる」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

公式で新シリーズ突入と言ったり新キャラが続々登場しているのに
まさかのほぼノータッチでギャグ回だったでござるの巻。
いやまぁ、毎回ギャグなんですけどね、この作品。

大兎に妹いたのかよ!?とか遥さんがヤンデレ愛が重いとか
重箱をリア充完食しろとか色々気になることもあったんだけど
壁フェチの先生は妙に印象に残ったぐらいで
全ては月光さんの天才っぷりがかっ攫ってしまったな(笑)
クレーンゲームに連コする天才月光さんとか
どや顔で100点目指そうとして美雷に先を越される月光さんが面白すぎるわ!
そして端から見たらどう見てもデートです、本当にありがとうございました。
もうこの2人が主人公とヒロインでいいんじゃないかな。

大兎とヒメアのことも嫌いじゃないんだけど
天才さんの言うとおり同じこと繰り返しなのがしつこい部分はある。
それとどう擁護してもヒメアさんめんどくさ(ry
特殊EDへの流れとかCパートとかも良かったんだけどなぁ・・・。
どうしても月光と美雷のコンビが面白いからそっちに目が行ってしまう。

いつか天魔の黒ウサギ 第05話

★いつか天魔の黒ウサギ 第05話 「そして天魔が、歌われる」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらずブレない月光さんが輝いてるな。
「カラスか?」→「カラス?俺は天才だ」なんて返せるのは
アミバ様か月光さんぐらいだと思うよ(笑)
ツンデレの気は元々あったけどそれが遺憾なく発揮されてたのも良かった。
美雷をガチで心配した瞬間にツンに戻るとかまじかっけーっす。
天魔の取引を「お断りだ」といいつつ10数秒後にOK出す月光さん萌え。
下僕にこれ以上手を出させないように話は付けた(キリッ
とか言っちゃう月光さんはマジで輝いてた。
月光さん大好きな俺は大満足です。

大兎とヒメアは相手にしてる人格違うだけで前回と大差ねぇ!
要はヒメアが寂しくて色んな人格生み出して世界に迷惑かけてるけど
大兎はその幻想をぶち殺すと言わんばかりに
世界の「幸福」よりヒメアへの「愛」を選んでめでたし・・・ってことかな。
大兎の台詞通り、確かにお前は何もしてないな!
BDでは謎の光がなくなってボッチが解禁されるんですよね?
それにしても脱げたり着たり背景ころころ変わったり忙しいアニメだ・・・。
全体的に作画の水準保ってて幻想的で綺麗ではあるんですけどね。
話に聞き入っているとあんまり見る余裕がないのが残念。

2話で大兎が生き返った理由も未だにちゃんと語られてないし
謎は謎のまま進行していくんだなというスタイルに納得すれば話は気にならないよね。
次々新展開待ってるし、こういうものなんだと適度に思えば見やすいんじゃないかな。

いつか天魔の黒ウサギ 第04話

★いつか天魔の黒ウサギ 第04話 「いまだ天魔は歌われない」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ネタ要員である月光さんの出番が少なくて涙目。
居なくなって初めて気付く大切さ。
この作品のギャグの半分ぐらいは月光さんで賄われていたんだな!
そんな少ない出番の中、躊躇無く未来を実験に使う安定の外道月光さん。
とりあえず自分で戦うという選択肢のない月光さんが大好きです。

今回は今まで以上に超展開というか説明されないまま話だけがトントン進んでいったけど
物語が進んでいるということは伝わるのでBLOOD-Cよりまだマシか。
バールスクラはヒメアが孤独故に生み出した人格とかか?
作中のキャラは説明してくれないけど、バールスクラの台詞から察するに
7回死んだ後に生き返れた理由はやっぱりヒメアのおかげか。
その代わりヒメアは重い代償を払ってしまいバールスクラはブチ切れてると。
相変わらずの謎の演出とかのせいで解りづらくなってるけど
大兎とヒメアはラブラブですということが言いたかった回だと思っておこう。

遥はOPからしてどうにかなるんだと思ってましたが
大兎を監視する人格と普段の人格があるってところか。
監視だけならいいけどいずれ敵対する気がしてならないんだぜ。

さて、次回こそは月光さんの活躍が多々あると信じて・・・。

いつか天魔の黒ウサギ 第03話

★いつか天魔の黒ウサギ 第03話 「《月》が揺れるプールサイド」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらずのイツカァテンマノォクロウサギィクオリティで俺の腹筋が危ない。
嘘みたいだろ・・・公式の3話のうたい文句が
「マルチストラクチャー・リバース・ファンタジー! 第三話は解決編!」なんだぜ・・・。
だからなんで前回7回死んだのに生きていたのかの説明をだな(ry
とりあえず《軍》の説明やら高校や異次元の説明。
月光と美雷の出会いなんかが語られて情報量増えたのは救いか。
乳輪やスク水なんかのエロを忘れてないのもGJ。

しっかし、大体のシーンにギャグが混じってるこの作品は本当に凄いと思う。
わかりやすい修羅場とかわかっててもニヤニヤしてしまった。
極めつけはヒメアの「月光がお金くれた」発言だよね。
月光さん財布かよ!爆笑したわ!さすが前回良いとこ取りしかしなかっただけはあるぜ。
ツボにハマる人にはとことん笑えるアニメだと思う。勿論良い意味で。

それにしてもこれゾン以上に死をギャグにしてるのは賛否両論別れそうだなぁ。
個人的には笑えるので全然アリなんだけど
依存してるレベルのヒメアさんが大兎の命を軽く扱いすぎなのは若干気になる。
まぁ、ヤンデレだしと言われればそれまでなんだけどさ。
雨で2回死ぬとか1回目で忠告してやれよ・・・ヒメアさんマジドS。

次回はまたもや厨二ギャグバトルが楽しめそうかな。
スチル見たら触手!触手!
別行動っぽいので月光さん仕事する場面が見られそうだな(笑)
まぁ、今回みたいに美雷に任せっきりの可能性も否定できないけど。
剣無かったら実はあんまり強くないんじゃ・・・。

いつか天魔の黒ウサギ 第02話

★いつか天魔の黒ウサギ 第02話 「900秒の放課後〈後篇〉」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ヤバイヤバイ、マジヤバイ。
何がヤバイってシリアスっぽいはずなのに笑いしか出てこないこと。
真面目に作ってるのかシュールな笑いを狙ってるのかは知らないけど
後者なら完全に目論見は成功してると思う(笑)

主人公がもげた腕を武器にしたり謎の演出が多様されたり
お前ら敵同士だったじゃねーか!と謎の共闘関係になったと思ったら
月光さん良い所持って行くまで空気とかもう笑いしか出てこない。
なんだかこう書くとあまり良い印象を持っていないのかと思われそうですが
個人的には腹抱えて笑ったので凄く楽しませてもらいました(笑)
厨二病と謎演出とシリアスなのにギャグに耐えられる人にはマジオススメ。
まさか今期トップクラスのギャグアニメがこんな所に潜んでようとは。
繰り返し言いますが、決して馬鹿にしてるとかそういうんじゃないです。
このノリでやってくれるなら今期でも上から数えた方が早いぐらい楽しめそう。
これゾンが好きだった俺はやっぱりこういう作品が好きなんだなぁ。

話は前後しますが、OPがサビ手前まで全裸で妙に色っぽい表情してたり性欲をもてあます。
EDもEDでなかなかエロかったり・・・ヒメアのキャラはともかく色っぽさは好みだな!
キャラで言えば月光さんが雑魚雑魚うるさいの我慢出来れば良い味出してる。
主人公にあまり魅力を感じないのだけが欠点かなぁという感じ。

で、大兎が7回死んでも大丈夫だったわけは次で説明してくれるんだよね?

いつか天魔の黒ウサギ 第01話

★(新)いつか天魔の黒ウサギ 第01話 「900秒の放課後〈前篇〉」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作未読。
これゾン的なものを楽しみにしてたら大体あってた(特に後半)。
違うのは向こうはシュールギャグをやろうと思って成功してる所
こっちはおそらくシリアスやろうとしてるのにギャグになってる所だな。
とりあえず、今期屈指のパンツアニメであることは間違いない。
同じ角川アニメのR-15とはどこで差が付いたのか・・・。

1話からラノベ+エロゲ的な要素がてんこ盛りで好き嫌いばっさり別れそう。
主人公を慕う幼馴染み、ボーイミーツガール(再会ですが)
厨二的な敵キャラやロリ枠と押さえるべき所はきっちり押さえてるよね。
ヤンデレの気があるヒメアと献身的な遥を見てるだけでそれなりに満足できるのは良いことだ。
説明が色々省かれてるけど、おかげで死んだり生きたり繰り返す展開が楽しめたかな。
特にEDが流れ始めたあたりは一瞬、回想じゃなくて現実かと思って驚いた。
結果的にブスりと行ったわけですがー!

とりあえずヒメアと遥が可愛くてパンツ見え続ける限り安定して楽しめそうだな!
・・・という半分冗談はさておき、大兎も戦うようになるっぽいのでバトル描写期待かな。

作中で気になったのはお前ら人の名前連呼しすぎちゃうんかと(笑)

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。