説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ましろ色シンフォニー 第12話

★(終)ましろ色シンフォニー 第12話 「はじまり色の季節」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

開始早々に部室で発情する2人を見ていきなりニヤニヤ。
みう先輩の「年上なのに〜」というくだり好きだなぁ。
そして貴女絶対我慢する気もさせる気もないですよねぇ!w
そんなあざと・・・じゃなくて新吾に依存してるみう先輩可愛い。
「みう先輩を泣かせたらただじゃおかない」という紗凪の言葉に対して
みう先輩のヒロイン達の前で抱きしめるという行動を取った新吾マジイケメン。
みう先輩の反応も可愛すぎて初っぱなからほっこりさせてもらいました。

今回のメインは予想通りぱんにゃと統合問題について。
結論から言うと、この2つの問題を一気に解決したせいで
みう先輩とのイチャイチャ分が物足りなかったのは否定できない。
一応、ぱんにゃ絡みの話はみう先輩ルートらしいから仕方ないけどね。
ぱんにゃと同種の生物が同じ画面で動き回るのは圧巻だな・・・。
ジャンプ力とか動きとか気になってしょうがなかったぞ(笑)
だが「さよなら君の声」で感動していたのに
俺を笑わせたぱんにゃタワーは絶対に許さない、絶対にだ。

ぱんにゃとのお別れ絡みでみう先輩の心情描写があって良かったけど
最後まで恋愛絡みの心情描写は少なかったのが残念。
結子さんのお母さんらしい一面が最後に見られたのも良かったけど
いつもの小悪魔的言動がないのはちょっと物足りない(笑)
もう1話まるまる天羽家にお呼ばれとかすればいいんじゃないかな・・・。
挿入歌効果+力丸乃りこさんの演技でお別れシーンは泣きそうになったけど
もう少しぱんにゃが本筋に絡んでたりみう先輩の心情描写が細かければ
もっと感情移入出来たのかなーと考えると勿体ない。

統合関係では久しぶりに友人Aこと愛理さんがヒロインらしい活躍。
すっかり紗凪とのブランコでの負け犬同盟《ツードックス》が板に付いてたけど
それらでの成長が統合肯定と今回の行動に繋がってるのは実感出来たな。
立場的に素直になりづらかった蘭華さんに謝れたのは成長の証ですね。
ここでの笑顔は最近見られなかった最高の笑顔でした。
最後の最後でヒロインらしい出番があって良かったね・・・。
なんだかんだで空気が良い意味でネタになってる部分もあるし
真に空気である桜乃よりも恵まれていたんじゃないだろうか。
アンジェはサブキャラに真っ先に就くというある意味美味しい選択だった。
負け犬とかこんなこと言ってますが、俺はヒロイン全員好きですよ!

時は流れて卒業シーズン(?)。
桜乃の結女制服はびっくりするぐらい似合わないですね!
まさかのPSP版新ヒロインの結月が絡んで喋るというサプライズがあったけど
どう見てもPSP版販促です。本当にありがとうございました。
みう先輩は卒業のはずだけどあまりソレっぽい演出は無かったな。
とりあえずお二人は末永く爆発してください。
謎ポエムで終了するアニメは名作!

Cパートのみう先輩は一瞬裸かと・・・。
不自然に下半身が映ってないのと新芽という暗喩。
暗喩多かったこの作品なら新たな命=妊娠みたいなのを勘ぐってしまう(笑)
ぱんにゃとの再会を仄めかして綺麗な終わりでした。
エンドカードはつばすさん集合絵だと思いきやみう先輩で嬉しかった。


はぁ・・・それにしても遂に終わってしまいました。
最終話はちょっとあっさりした部分があったので尚更虚脱感に。
みう先輩ニヤニヤ頂点的には9-11話あたりが山場だったかな。
みう先輩√じゃなくても終盤まで√が分かりづらいこの構成は評価したと思う。
それがみう先輩√だったおかげで楽しさ数倍になったのは事実だけどね!
今後もこういった直球ではあるんだけどオチが見えない構成が増えると嬉しいな。
今年はエロゲ原作アニメも多かったけど、凡作多かった中で輝いてた作品でした。
PSP版プレイしようか真剣に悩むぐらいには楽しかった3ヶ月だったなー。
スポンサーサイト

ましろ色シンフォニー 第11話

★ましろ色シンフォニー 第11話 「ましろ色シンフォニー」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

戦後処理の時間が始まるよー。
そして俺が求めていたましろ色シンフォニーがやってきた・・・!
きっちり1人を選んで話数が残ってる恋愛系のアニメって結構珍しいと思うんですよ。
どうしてもくっつくまでのドタバタが一番面白かったりするし
くっついた後にイチャラブする暇なく何か問題が発生したりと。
そういう意味では貴重なんじゃないかなぁ。
ましてやそれが個人的に一番好きなヒロインだというのなら尚更。

最近のエロゲ原作アニメで1人を選んだ作品と言えば星架かがあるけど
アレは本当に最後の最後で告白して終了という展開だったし
ここで終わりかよ!感がもの凄くあったからなぁ。

というわけで、正妻戦争の勝者であるみう先輩と新吾のイチャラブがメイン。
もうね、見ている最中の殆どでニヤニヤしすぎてて我ながらきめぇ。
初々しいカップルを見ているのもニヤニヤだし
何よりも恋するみう先輩の一挙一動が天使すぎてニヤ付きが止まらない。
今までさんざん腹黒という根も葉もない疑いをかけられていたみう先輩ですが
今回の手袋忘れたのは確実にワザとだよね(笑)
愛する人の言葉を信じて新吾に頼る、甘えようとするみう先輩可愛すぎる。

そんなみう先輩に対して発情とか辛辣なコメントをたびたび見かけるけど
そりゃ恋する2人が結ばれてクリスマス近いならイチャイチャしたくなるだろうJK。
自分が好きなヒロインと結ばれなかったからイライラしてるのだろうか。
作品の性質的に最後は誰かとくっつくことはほぼ確定してるんだから
所謂「リア充爆発しろ」状態をガチで気に入らないなら最初から見なければいいのに。

みう先輩周りで言うと、結子さんが再び登場。
相変わらずの結子さんは保健体育を実技でですね・・・。
結子さんと絡むとみう先輩は先輩や恋人じゃなくて娘の顔になるのが良いよね。
そんな調子の結子さんですが、想像以上に過保護というか心配してるんだな。
他に何か用があったのかもしれないけどバイトの様子をずっと観察してるって・・・。
そういえば、みう先輩が倒れた時も連絡の数凄かったしなぁ。
フリーダムさを発揮しつつもみう先輩のことをどれだけ愛してるかが伝わって来ました。
・・・それと新吾とみうをからかうのは別問題なんだろうなぁ(笑)
交尾発言もガチっぽいし、新吾になら愛娘を預けられるという信頼の証か。

さすがにそろそろキスぐらいしてくれるだろうと期待してましたが
シチュエーションが家族が居ない新吾家+クリスマスとかで
どう考えても意識しまくってる2人の様子がもうホントニヤニヤ。
肝心のキスは何度も繰り返しねっとりと描写されて正直興奮した。
ぼーっとした上目遣いで何度もおねだりするみう先輩が小悪魔可愛すぎてヤバイ。
さすがにコスプレをそのまま借りてくるのは誘ってるとしか思えないよね(笑)
ただでさえエロい尻や胸をしているというのに反則級。
性夜だし二人っきりだし意識しないわけがないので
自分の覚悟&新吾をその気にさせるために思い切って行動したと考えると萌える。
最後にはぬいぐるみでの事後の比喩ですよ・・・。
あの雰囲気でシないわけがないのでダメ押しでした。
初体験(?)がコスプレプレイとか上級者だよな(笑)

そんなラブラブカップルの裏では√離脱ヒロイン達の女子会。
ここまで勝ち組と負け組の差を描いてるのも珍しいよな・・・。
桜乃は完全に感付いてたんだろうけど、女子会に読んだのは愛理だよね?
紗凪はプレゼント選びを手伝ってあげたり最後まで良い娘やな・・・。
愛理とのブランコでの会話でどれだけ新吾が好きだったかも伝ってくるし
どれだけ紗凪が恋する女の子なのかもわかった。
これを新吾の前で出せていれば結果は全然違ったかもなぁ。
これを見ると紗凪が公式の第2回人気投票で1位を取ったのも頷ける。
変なたとえですが、アムロよりシャアの方が人気あるとかに近いような。

サブタイがアニメのタイトルだけど最終話じゃなかった!
普通に次回の最終回に話が続くっぽい。
暗礁に乗り上げている学園統合計画の話やぱんにゃの話かな?
もう素直にイチャラブしてるのは見られないのかしら・・・。

ましろ色シンフォニー 第10話

★ましろ色シンフォニー 第10話 「なみだ色の雨やどり」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介


遂に・・・




正 妻 戦 争 終 戦!


普段滅多に使わないフォント装飾+行間空けを使うぐらい興奮しました。
















・・・というわけで、みう先輩大勝利イヤッッホォォォオオォオウ!

どう見ても、ここ最近はみう先輩中心に描かれていたし
新吾は最初から一貫してみう先輩を恋愛対象として意識していたしね。
会話で素直に照れたり、一挙一動にドキドキしていた率が高かったと思う。
愛理やアンジェ、桜乃の入浴イベントなんかは確かにインパクトは強いけど
テンパりはするけど好感度上がるイベントと言われれば微妙だしね。
今にしてみればOPやEDのみう先輩のポジションがトリばかりなんだよな。
自分はニコ動配信なので詳しくは知りませんが提供絵もみう先輩率高かったようで。
7話ぐらいから希望を抱き、9話で勝利を確信したものの
やっぱり本編で確定するまではもの凄く不安だったのが本音です。
だって話数あるんだよ!なんかどんでん返しあると思うじゃん!
あかね色やtrue tearsやキミキスというアニメがあってだな(ry
決まった!と思った時についガッツポーズしてしまいました(笑)

しかも、やや唐突だったものの、新吾からの告白というのが嬉しい!
やっぱりここまで来たら新吾から選択して欲しかったですからね。
その前に紗凪が告白→新吾が振るというイベントが欲しかった気もするけど
どうやら割と原作のみう先輩√を忠実になぞってるらしいのでしゃあないか。
原作プレイ済みからすればちょっと前から想定内の結末だったんだろうな。

ここ何話か連続で精神攻撃食らってた紗凪ですがここに来てトドメ。
誰が悪いというわけではないんだよなぁ。
新吾がやや空気読めてない部分があるのは先輩に夢中だからなんだろうし。
何より、紗凪は何度もチャンスがあったのに勝負の舞台にすら上がろうとしなかった。
誰が悪いかと言われれば、強いて言えば紗凪自身だよね・・・。
愛理風に言うと恋敵がみう先輩だったからその辺の迷いもあったんだろうけどさ。
紗凪が新吾の良さを知った時には既に、新吾はみう先輩に好意を抱いていたわけで。
本当に勝負をしたければ少しでも素直になるべきやったんや・・・。
新吾自身が言動を額面通りに受け取ってしまう相性も悪かったんだろうな。
みう先輩が一番好きだけど、紗凪も好きだったので喜びの後一歩置いて複雑な気持ちにも。
あぁ、確かにコレは先輩√から紗凪の人気が出るのは頷けるなぁと思いました。

最後の紗凪と愛理の涙のシーンは切ないながらも綺麗でしたね。
愛理の心境は複雑だろうけど、やはり淡い恋心→同情で応援と来て
新吾が誰が好きなのか確定しまった時点で自分もやっぱり好きだったと気付いたとかかなぁ。
愛理の言葉は紗凪だけに向けられてるものとは思えないしね。
紗凪よりデレ分多かった愛理だけど、これでもまだ足りなかったか。
ホント新吾とツンデレの相性悪いなぁとこのコンビを見て思います。
端っから応援と割り切った愛理と割り切れず悩んでた紗凪。
一緒に居る時間が長かったのは紗凪だけど果たしてどっちが良かったのか。
愛理が不憫なのはお風呂イベントやら序盤のデレからメインルートっぽく見えたことだよね。
アンジェやキャラ的に√外れても問題なし。
桜乃は出番こそ少ないけど空気の読める良い妹という一貫性はあったのに。


はてさて、いつもより幾分感情的になってしまいましたが
次回のサブタイが「ましろ色シンフォニー」・・・だと・・・?
最終話サブタイがアニメタイトルなアニメは(ry
というか次11話なんですが最後はまさか番外編とか?
まぁ、タイトル=最終話手前のサブタイというパターンも多々あるけどね。
個人的にはやっとこさここまで来たので、
思う存分みう先輩とイチャイチャしてる場面が見たいです。
残り2話はそれだけでもいいのよ?・・・あ、統合問題があるか。

ましろ色シンフォニー 第09話

★ましろ色シンフォニー 第09話 「おなじ色のフタリ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

これ以上紗凪をイジメるのはやめたげてよぉ!
何故に紗凪だけこれほどまでにフラグがバッキバキ折れる音がするのか。
原作(PC)での立ち位置がそのまま反映されてるということか・・・。
愛理のように紗凪の友人Aとかになるのとどっちがいいんだろうな。
今思うと自然にフェードアウトして
良いポジを維持してるアンジェは美味しいキャラな気がするね。

紗凪が勇気を出して新吾をデートに誘おうとした瞬間にみう先輩から電話。
みう先輩は新吾に盗聴器でも付けているんでしょうか。
嫉妬センサーが無意識のウチに反応したのかなぁ・・・(笑)
これだから天然小悪魔系先輩は恐ろしい。もっとお願いします!
そんなみう先輩スキーな俺からしてもこの紗凪の扱いは切ない。
誘おうと思った瞬間に折れる+番号交換してたことを知るとかダブルパンチすぎる。
挙げ句、みう先輩の家に新吾が行った後は明らかに前より距離が縮まってる二人。
堪えられずその場を立ち去り涙する紗凪を見てこっちも泣きそうになったよ・・・。
愛理はこのままだと紗凪の後押しをする立場に落ち着きそうですね。
正妻とは何だったのかと思わないでもないけど、
それはそれで良い女を描けると思うしアリなんじゃないかなー。

というわけでもうこれ完全にみう先輩ルートだよね!
Bパートは当然として、Aパートの手をずっと握りっぱなしで
そのことを意識したとたんデレデレになる2人とかたまらん。
ここからハーレムならともかく愛理ルートとかに行ったら呪うぞ!
ワンチャンありそうなのは紗凪ぐらいか?
愛理に後押しされて告白だけして玉砕、
泣き笑いでみう先輩を応援する紗凪が目に浮かぶようですが。

BパートはOPに一瞬登場してるみう先輩のママン結子さん登場。
中の人は安定のふーr・・・によく似た声の人。
登場時のBGMがなんだかエロエロな雰囲気で吹いてしまった。
いやはや本当にけしからん人妻です。
エロゲによくある異様に若いヒロインのお母さんという王道キャラだけど
普段ぽわぽわしてる娘に突っ込み役をやらせたり
主人公をボディタッチや言葉で誘惑したりフリーダムすぎるぜ・・・。
そんな結子さんにぷんすかするみう先輩がまた可愛くて可愛くて。
一粒で二度美味しい親子ですよね。だから親子丼はよ。

一度、みう先輩宅を出た後に携帯を忘れたことに気付き戻る新吾。
みう先輩がお風呂に入ろうとしている?のを知ってるだろうに
玄関でそのまま待たせる結子さんは確信犯なのでは・・・(笑)
そしてコロニーレーザーこと、前衛的な規制予告にはワロタ。
全部を見られてることに最初は気付いてないみう先輩が可愛い。
みるみるうちに顔が真っ赤になるみう先輩が可愛い。
その後、ちょこんと顔を出してフォローと見せかけ
追撃するみう先輩があざ・・・可愛い。

次回のサブタイがなみだ色・・・嗚呼、遂に破れてしまうのか。
状況はどう見てもみう先輩エンド確定のように見えるけど
それにしては話数残ってるのがもの凄く気になります・・・。
とにかく強引なルート変更とかだけは辞めて欲しいなぁ。
自然にならみう先輩エンドも諦める。
まぁ、ここまで来て自然に愛理エンドとかに持って行けるとは思わないけどさ。

ましろ色シンフォニー 第08話

★ましろ色シンフォニー 第08話 「こねこ色の黒と白」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

紗凪ルートの折れる音が思いっきりしたような・・・。
ブランコの選択肢は失敗と思いきや好感度上がったっぽかったのに。
その後のみう先輩の新吾の存在についての答えで一気に転落した紗凪カワイソス。
積極的に新吾とみう先輩に恋愛絡みの攻めに転じたのは評価してあげたい。
ブランコといい猫の名前といいみう先輩への質問といい切ないシーン多すぎる。
極めつけはミウと名付けられた猫に対して「サナ」と連呼するシーンだよね・・・。
フラグ折れかかってるのわかってるのに
新吾を「幸せになってもらいたい人」と称する紗凪は良い子だなぁ。
それだけに余計切ない・・・PC版で紗凪ファンがどれだけ涙を飲んだかを垣間見た気がした。

というわけで今回もみう先輩の攻勢は続きます。
いちいち行動があざとく見えるのは気のせいだよね!
新吾の前で何気なく「(猫の)おっぱい」発言をして意識させたり
早朝、部室に行くとみう先輩が寝落ちしてたり
(猫の名前仕込んでたわけじゃないよね!そうだよね!)
無理矢理バイト出て倒れて新吾に介抱される所まで計算ずくに見えるぞ(笑)
紗凪が不憫でそう見えるだけで、みう先輩がそんなあざといわけがない。
というかあざとくてもいいからみう先輩が新吾を攻略すればもういいんじゃないかな。
あざといと言えば、新吾の好感度の上げ方とかもあざといしな!

紗凪カワイソスと書いたけど一番不憫なのは愛理か桜乃かもしれない、出番的な意味で。
来週もみう先輩&紗凪編のようだし、桜乃当番回もしかして無いんじゃ・・・。
愛理は嫉妬とかするべき所を紗凪に同情してしまって正妻戦争にも参加できてないのが可哀想だ。
今回を見るとみう先輩ルートっぽいけど、メインヒロイン愛理は最後に正妻を勝ち取れるのか?
ここまでみう先輩に構っておいて、愛理とくっつとかそれはそれで大問題だよね。
特に紗凪には半殺しにされても文句言えない気がするなぁ。
アンジェは何だかんだでサブキャラとして見ればいい位置に居るような(笑)

ましろ色シンフォニー 第07話

★ましろ色シンフォニー 第07話 「たそがれ色のブランコ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

原作のブランコイベント回避?
みう先輩当番回イヤッホウ!と思ってたら
紗凪も同時攻略・・・だと・・・?
というより、実質紗凪の当番回に近かったと思う。
みう先輩をはじめとして周りからの生暖かいゴリ押しもあったし
何より、この話で最も距離が縮まったのは新吾と紗凪だと思うしね。

呼び方が変わるイベントはホントニヤニヤ出来ていいなぁ。
今回は天羽先輩→みう先輩と乾さん→紗凪と2回も楽しませてもらった。
みう先輩はナチュラルに行ったからそれほどでもなかったけど
紗凪の紆余曲折あっての呼び名変更は・・・なんというかもうニヤニヤすぎる。
さすが原作の人気投票2回目の王者なだけはあるぜぇ・・・。
前回も着々と紗凪フラグ立てていた新吾ですが
今回は前回よりも自然にあからさまに(笑)好感度上げに来てるな。
ハンカチを差し出す動作が自然すぎる・・・さすがイケメン。
おそらくヒロイン全員から気配り上手と思われてるのって何気に凄いよね。

紗凪に関してはココアとかべぇー!とか2人きりのトークとか色々あったけど
みう先輩も出番が少ないながら相変わらず天使でした。
私服のコートは年上っぽさが出てて可愛かったなぁ。
間接キスのくだりとかこれもう絶対誘ってるよね。
極めつけは座ってて立つ→再び座った時に自然に新吾の隣に座る
→そのまま肩を借りて寝落ちとか勘違いするなってのが無理があるよね。
みう先輩マジ小悪魔天使。

そんなこんなでみう先輩と紗凪ばかり目立った今回。
正妻戦争から脱落したアンジェは遂にモブレベルまでに・・・。
桜乃はずっと空気だけど妹ポジは安定だよね。
服を選ぶ新吾に対しての発言は嫉妬なのかな?
最初はリードしてた愛理さんも最近空気でカワイソス。
というか台詞がどんどん少なくなりじっと新吾を見るシーンが増えたせいか
嫉妬というか病みレベルが垣間見られるようで恐ろしいのですが・・・。
夕焼けの赤がなんだか不吉な色に見えてならないな!
“誰と誰がお似合い”みたいなことを言い合うこのヒロイン達に限って
そんなにアレな修羅場はさすがに無いと思うけど・・・。

次回はまだまだぬこ部絡み=みう先輩と紗凪のターンは続きそうかな?
予告映像の荒ぶるぱんにゃが気になるところ。みう先輩の手?

ましろ色シンフォニー 第06話

★ましろ色シンフォニー 第06話 「てさぐり色のバスタイム」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

アンジェの押しかけメイドっぷりがウザ可愛い。
あのー桜乃さん、割とマジでキレてないっすか・・・?
いつもの無表情と淡々とした声が異様に恐く見えるぜ・・・!
強引に転がり込んで色々やらかすアンジェさんマジフリーダム。
そりゃ天罰食らってルートから脱落しますわ。
学校側はもっとアンジェに怒っていいだろ・・・。

風呂はてっきり2人とも下に水着を・・・ってオチだと思ったら
新吾のあの反応を見る限りマッパだったのね。
というかその反応は普通逆だよな!
アンジェはともかく桜乃もノリノリだったのが良かった。
裸見られても気にしない距離感みたいなのがニヤニヤですね。

今回のメインはぬこ部の活動。
自然とみう先輩や紗凪の出番が多くなるのかと思いきやそんなこともなく。
それよりもぱんにゃのフリーダム暴食っぷりが印象に残ったぜ。
彼女達からは尽くしてくれる新吾の姿が印象に残ったことでしょう。
みう先輩は元より、紗凪への好感度上げも余念が無いのがさすがです。
片や服を燃やされそうになり焼却炉に飛び込んだのに周りからの好感度ダダ下がり。
片や片手を突っ込んだだけで周りから好感度ダダ上がり。
ベン・トーとましろ色の主人公はどこで差が付いたのか(笑)

廃部の危機→勧誘活動はCLANNAD思い出しますね。
入部しないと気まずいムードまで持って行ったのにはワロタ。
友達とはいえこういうのは本当に難しい問題だと思う。
この年になって時間の貴重さが身に染みてると尚更。
本当にやりたいと思わなければ断るのもお互いのためだと思うけど
物語等客観的に見るともにょる部分あるわなー。

ラストは本妻であろう愛理さんのターン。
今回は割とぼっt・・・空気だったけど最後にどんでん返し。
サブタイのバスタイムの名前は伊達じゃなかった!
まさかの美少女と入浴というシチュが1話で2回も見られるとは(笑)
愛理が「ウチ来る?」あたりからこの展開を考えてたかと思うと胸が熱くなるな。
電気消して入ってくるとか何されても文句言えないと思うよ!
ヨスガならここでセクロス。
惜しむらくはそのシチュをニヤニヤする間もなく話が真面目になったことか。
もっとこう、2人で意識しまくってこっちをニヤニヤさせてくれよぉ!
電気消えた時点でニヤニヤ止まらなかったのは事実だけどさ(笑)

引きの愛理の入部宣言からの次回。
聞くところによるとましろ色のブランコと言えば某キャラ関連らしいのですが・・・。

ましろ色シンフォニー 第05話

★ましろ色シンフォニー 第05話 「あなた色のメイドです」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

愛理さんがチョロ可愛くてヤバイ。
来週さんに語りかけるところの破壊力高すぎるだろう・・・。
これだけ意識してる時点で明らかに恋してるのに
その気持ちに翻弄されて理由づけようとしてる所がまた可愛いな。
それでも俺は現時点ではみう先輩におかかかけられたい派ではあるけどさ(笑)
愛理のデレ本番とみう先輩当番回、どちらの破壊力が高いかが問題だな。
今回ちょっと触れた部活絡みの話がみう先輩の当番回になりそうだし
あんまり明るい話になりそうな予感がしないのは難点か。
新吾はみう先輩には照れてくれるので、良い雰囲気っぽいニヤニヤを楽しみたいなぁ。

おっと、アンジェ当番回のはずなのに前置きが長くなりました。
と言ってもアンジェに関してはお漏らし&チョロメイドしか語ることないけどな!
Aパートはほぼ愛理のニヤニヤ独壇場だったしなぁ・・・。
Bパート終わった頃には気付けば勝手にアンジェフラグが立っていた、何を言ってるか(ry
謎エフェクトの勝手に攻略完了演出はギャグにしか見えなかったぞ(笑)
それにしてもみう先輩といい、頭の上に乗ってるものが何かとキーになる作品だな。

さて、微妙に三角関係に発展しそうな引きでしたが
アンジェの性格上修羅BARへようこそ!なんてことはないと思いたい。
もう素直に愛理が好意に気付いちゃえば話は早いんだけど・・・
そうなると半クールで話が終わってしまうな。
この愛理の恋する乙女っぷりを維持しつつ他のヒロインの好感度上げる新吾さんパネェっす。
でもまぁ、作中で言われてる通り、気遣い=フラグ立てが嫌味に見えないからいいよね。
ヒロイン達も身を引きそうな良い子ばかりに見えるしドロドロとかは無さそうだ。

ましろ色シンフォニー 第04話

★ましろ色シンフォニー 第04話 「アイリ色のひみつ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

愛理、第一段階陥落、と言ったところでしょうか。
共通か個別かってのは微妙なところだけど
次回がアンジェ回なのでヨスガのようにセーブ&ロード方式ということはなさそうだ。
愛理がデレてくれたのはいいけど、互いに名字呼び捨てはなんだかこそばゆいな(笑)
ギャルゲエロゲで主人公とヒロインが一歩関係が進んで名字呼び捨てって珍しいような。

それにしても新吾は落ち着いてる割にフラグ建築士な所がまた。
弱味云々で距離が近づいた所で怒濤のラッシュ。
相手から長所と思われてる部分を弱味とか言ったり
「2人で」を強調したりとそりゃ愛理さんデレるわ・・・。
この攻略っぷりがいやらしく見えないところが新吾の良いところだな。
愛理に関してはまだまだデレの入り口に過ぎないらしいので今後に期待しよう。

みう先輩コスプレ+夜の街という背徳的なコンボはどう見てもそっち系の(ry
紗凪が遂に本性表したけどなんだかえらい唐突に感じたなぁ。
そのくせ愛理絡みで一緒に行動してる時はそれほど不満はなさそうだし
紗凪の扱いが割と適当な気がしてならない。
あー、それにしても部に誘った理由を話そうとするみう先輩が可愛すぎてたまらん。
とりあえず僕にもおかかかけてください。
現段階だと、新吾的にもみう先輩に気がありそうに見えるんだけどなー。

ましろ色シンフォニー 第03話

★ましろ色シンフォニー 第03話 「イライラ色のドキドキ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらずみう先輩がマジ天使すぎる件。
そのシチュエーションで勧誘とか少なからず多少の好意は感じるよな!
普段は冷静な新吾が照れているのもなんだか微笑ましい。
もうみう先輩ルートでいいんじゃないかな。

今回はツンデレっぽいサブタイ通り愛理当番回。
新吾のことを嫌ってるわけじゃないけど気になるとか
どう見てもツンデレの初期症状です本当にありがとうございました。
それにしても突っかかり方がハンパないなぁ・・・。
これで心が折れない新吾はかなり人間できてるよね。
新吾の性格なら今までこんなに悪意(のようなもの)をぶつけられたこと少ないだろうし
ましてやその娘が出会った時は良い感じの美人さんなら二重で凹むわ・・・。
それでもめげずに分け隔て無く話しかけるからフラグは構築されるんだろうな(笑)

ツンツンだったり微妙にデレたりお礼を言われたり・・・。
そうこうしてるうちに半額弁当を狙う狼な愛理さん(笑)とばったり遭遇。
うりゅうりゅ連呼して照れまくる愛理さんは反則だなぁ。
お嬢様風に振る舞ってるけど、実は半額弁当を待つぐらい財布がかつかつで
それを周りに悟られないようにしてるってことかな?
だから昼飯を一緒に食べるのは断ったのね。

秘密を知るということはデレの一歩!エンディングは見えた!
というわけで次回もサブタイまんまの愛理回になりそう。

ましろ色シンフォニー 第02話

★ましろ色シンフォニー 第02話 「きょぜつ色のクッキング」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

アウェイの中、男子にも分け隔て無く接してくれるアンジェも救いだけど
それよりもみう先輩が天使すぎて生きるのが辛い。
新吾はみう先輩に近くでじろじろ見られた時良い匂いしたんだろうなぁ
とか考えると死にたくなるな!
統合反対の空気の中、ラッキースケベ連発で更に立場が悪くなった所に
こんなに優しくされたら普通に惚れてまうやろー!
みう先輩周りだけ見てるとみう先輩ルートなのかと思えてくるな。
そしてぱんにゃはみう先輩居ないところでも出番自重しないな(笑)

愛理の好感度は現時点では全ヒロイン中底辺な気がするけど
テンプレ展開で同じ学級委員になったのでそろそろ挽回来るか?
ラッキースケベとはいっても不注意や偶然な所も多いし
何かキッカケがあって真摯に対応すれば理解してくれそうだなと
今回の特別カリキュラムの料理の和やかな雰囲気を見て思いました。
こういうステップアップがかなり丁寧なのは良いんだけど
後半しわ寄せ来ないか心配になる部分もありますね・・・。

特筆すべき所は少ないけど、ラブコメでニヤニヤ出来る部分があって
好みのキャラが居るのが個人的には一番癒やされるんだろうなー。
所謂、癒し系アニメであるARIAやクロワーゼやたまゆらあたりでは
その辺が足りないからあんまり得意じゃないのかなーと思ったり。

次回のサブタイはなんだか凄くツンデレっぽいな!

ましろ色シンフォニー 第01話

★(新)ましろ色シンフォニー 第01話 「ましろ色の出会い」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作は興味あったんですが未プレイ。
なんだかんだでこの手の「萌えエロゲ」のアニメが好きな俺です。
夏アニメはエロゲアニメがなかったのが地味に寂しかったけど
今期は「まじこい」もあって春アニメは「俺つば」と「星架か」があったんだよな。
もう少しばらけてくれればいいのになぁ・・・。
原作は2009年のゲームということでもう2年近く経つのかー。
「星架か」は延期しまくったとはいえ、2
010年10月発売から半年でアニメ化とか異例の速さだったんだなぁ。

OPは神メモアニメ最大の功績とも言える「カワルミライ」を歌ったちょうちょ。
こちらも一発で気に入ったので今後ちょうちょさん要チェックだな。
EDはまったりした良曲が多いmarble。
ひだまりの印象が強いけど、TVAキミキスEDや初恋限定。EDあたりが好きです。
曲の良さであまり映像の印象は残ってないけど
紗凪の扱いがメインヒロインと同格っぽい?
PC版は攻略ヒロインではなく涙を飲んだ人が多いようだけど。
ビジュアル的に好みな娘なのでヒロイン並に絡んでくれると嬉しいな。

1話は定番のボーイミーツガール&再会。
Aパートが特にまったりした印象を受けたけど
最終的な引きがここに落ち着くならまぁこんなもんかなぁと思った。
妹の桜乃のキャラを受け付けない人にはさぞかし辛い時間であったろう(笑)
ぱんにゃは動いてるとなんというかすっごく気持ち悪いですね!
BB・・・学園長はあまり好きなタイプのはるるんボイスではないので
ぱんにゃには癒やし担当になってもらおう・・・何故だかあまり人気はないようだけど。
キャラ的には愛理紗凪みう先輩あたりが好みかなー。
先輩後輩キャラは当番回が後回しにされがちだろうから待ち遠しいぜ。

引きでツンツンしてたけどなんだかマッハでデレそうなふんいき!
それにしても2話にしていきなり料理回とな。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。