説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界線上のホライゾン 第13話

★(終)境界線上のホライゾン 第13話 「境界線上の整列者達」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

前半の歌のゴリ押しはこのカタルシスのためだったのか。
ぶっちゃけ、歌の必然性はよくわからなかったけどな!
感情を発動させるところは良かったけど
やっと手に入れた感情が悲しみの部分というのも切ないな。
作中の通り、泣くことが出来ないトーリとは良い組み合わせなのかもしれないけど。
ホライゾンは大罪武装を使用するという見せ場もあったし良かった。

後半はエピローグムードで新キャラ続々登場。
売上良いし2期が決定してるから仄めかす部分はまだいい。
しかし、スペインが攻めてきていきなり野球始めた時は( ゚Д゚)ポカーンとなったぜ・・・。
野球回があるアニメは(ry の歴史にまた一つ名が刻まれてしまった。
そして決着付かないまま引きとかFate/Zeroと同じじゃないですかやだー!
Aパートで決着付いたから綺麗に終わると思ったのに・・・。
しかもこっちは半年後か。話忘れてなければいいけど。

完走出来たし序盤のなんじゃこりゃ感よりは後半楽しめたアニメだったけど
やっぱり原作で読んだ方がわかりやすいし面白そうという感想は変わらなかったなぁ。
アニメーションすげーというのも大事だけど、理解のしやすさも大事だと思うんですよ。
その辺のバランスはFate/Zeroが凄く良かったんだけどね。
作品自体はそこそこ気に入ってるので、もしかしたら2期前に原作読んでしまうかも。
スポンサーサイト

境界線上のホライゾン 第12話

★境界線上のホライゾン 第12話 「平行線上への相対者」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

勝ち確っぽい状態から二代復活で勝敗ひっくり返るんかいっ!
二代の言う通り、宗茂がトドメ・・・とまではいかなくても
二代が行動できないような状態で大罪武装構えたら終わってたんじゃ。

序盤で戦闘はほぼ決着が付いて残りはトーリとホライゾンとの対話。
最初は「平行線」という言葉がしつこく感じたけど
途中でホライゾンの本音を引き出すのに巧くシフトした時には
そのやりとりが寧ろ謎の感動を引き起こしていたな。
感動と言えば、トーリの超長台詞も福山さんがんばったなぁ・・・。
ここの部分のコメントだけ凄く聞きたいです。

過去の罪の否定はなんとなくトーリならやってくれると思ってた。
これなら悲しんだらアウトっていう契約よりマシなような。
ホライゾンを巻き込んだのが予想外+一緒に乗り越えたのが大きいんだろうけどね。

あらかたハッピーエンドなムードですが
このままはいどうぞとホライゾンを返してもらえるのかなー。
ラストはキリよく〆てくれとは言わないので
せめて2クール目のスケジュールぐらいは発表して欲しいな。

境界線上のホライゾン 第11話

★境界線上のホライゾン 第11話 「武蔵の不可能男」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

キャラが多いから全員の活躍を描けないのはしょうがないし
個別の描写がちょっと薄くなるのは致し方がない。
その中でも巧く各キャラの活躍を描けてる戦闘シーンが面白い。
トーリは契約自体は権力者なら誰でもいいけど
あの条件を維持出来るのに最適なのがトーリってことか。
ノリキさんは正直馬鹿にしててすいませんでした!
小野Dの活躍は犠牲になったんだな・・・それとも次回活躍するのか?
あ、OPで活躍してたね!

OPと言えば、予想通り二代と杉田・・・宗茂の対決になったか。
二代が想像以上に残念な娘で好感度上がりました(笑)
結果も予想通り・・・武装もそうだけど単純に力量差でも負けてたのかな?
まぁ、宗茂は蜻蛉切と戦った経験があるのが強いよね。

絶体絶命のピンチっぽいのでEDが再びSide Horizonに。
最終回っぽい空気だけど13話までなのか。

境界線上のホライゾン 第10話

★境界線上のホライゾン 第10話 「スタートラインのラッパ吹き」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

2クール目はどうやら4月からのようですね。
冬アニメ次第では話忘れてそうで恐いな・・・。
言うほど話進んでないから心配ないか!

確定ではなさげ?

ということで今回は全編戦闘回。
やはりサンライズということもあり戦闘シーンのクオリティは素晴らしい。
相変わらず設定とか細かいことはよくわからないけど
アニメーションを見て楽しめるという根本が通ってるので気にしない。
今更ですが「障壁」など文字が戦闘シーンに多様されてるのも面白いですよね。
概念的なものというか川上稔の世界観というか。
それにしても完全にインノケンティウスが悪役だな・・・。

とりあえずキマシタワーを建てればいいんですかね!最近多いな!

境界線上のホライゾン 第09話

★境界線上のホライゾン 第09話 「高嶺の花」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

お前らが戦うんかい!
てっきり二代はそのままトーリサイドに加勢するのかと・・・。
もしくはOPのように杉田登場で対決とかさ。
予告が賢姉こと喜美だったから活躍するんだろうとは思ったけど
まさかこの人がこんなに強いとは思わなかった。
正確に言うと蜻蛉切に対する相性の良さが更に防御を鉄壁してたんだろう。
エロを直球で押してくるのは如何にも川上作品らしい。
まぁ、トーリ自身がそうだもんなぁ・・・姉弟揃ってアレなんだな。

そしてなんだかんだでホライゾンを助け出すという意思を固めて
周りを味方に付けてやっと物語のスタートラインに立ったという所か。
特殊EDの大きな一枚絵は不覚にも鳥肌が立って泣きそうになりました。
プロローグの終了というかノリが最終回っぽいよな(笑)
ここで終われば見事にテンプレな打ち切り作品のようになりそうだ。
1クール目の残りでホライゾンをじっくり救出するのかな。

境界線上のホライゾン 第08話

★境界線上のホライゾン 第08話 「全域の支持者」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

なるほど、反論しなければならないことを利用して敢えて立場を逆転させ
本当はホライゾンを救いたいと思ってる正純に主張させたのか。
作中でも言われてるように詭弁とかが一番しっくり来るというか
ぶっちゃけ揚げ足の取り合いだよね!深く考えないことにした。
思いもよらない反撃で焦った偉い人が介入してきたものの
トーリの信頼もあって正純が再び巧く主張した所で
もう面倒だから武力行使するわーってことか。

それにしても1話まるまる討論だけで使うとは・・・。
市民の支持を得るのも大事なのはわかるけどもう少しコンパクトにならなかったのか。
こういう屁理屈こねくり回すのは川上作品にありがちだし
個人的にも好きなんだけど・・・アニメで見るとやはり動きが足りなく感じる。

ガリレオの介入に援軍に来た二代ということは次回は戦闘シーンくるー?
そしてそろそろプロローグは終わるのかな・・・。

境界線上のホライゾン 第07話

★境界線上のホライゾン 第07話 「武蔵の騎士」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

この戦闘が必要不可欠なのは雰囲気で伝わってくるんだけど
どうにも味方同士で争ってる場合じゃないんじゃね?感が否めない。
トーリのオチはズコーだったけどコレも同じように
全てそうすることで目的を達成させる行動なんだよね・・・?
オチはえええー・・・ってなったけど各キャラのリアクションは評価したい。

とはいえ、待望の戦闘シーンですよ!子安TUEEE!
金さえあれば強くなるよーみたいな適当な認識でも大丈夫なんだろうか。
OPを改めて真面目に見るとなんだか“敵”が全然見えてこないというか
誰と誰が何の目的で戦うのかがまったく想像出来ないよね。
終わクロでも形式的に戦闘を行う必要あって味方になったりはよくあったけどさ。

さて次回は気になる引きからなのでいつもより楽しみ。
なんだかんだで正純を味方に付けるんだろうけど
衆人環視の中でトーリが何を語り行動するのか気になりますね。

境界線上のホライゾン 第06話

★境界線上のホライゾン 第06話 「告白場の代弁手」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

前回に続いて今回も単独のエピソードが良かった。
鈴の作文=回想はあおちゃんの演技も手伝ってか泣きそうに。
告白して奮い立たせるというシチュは王道だけど
この作品においてはこれぐらいわかりやすい流れがあっても良いと思う。
それをかなり台無しにしたトーリのテンションはやっぱりウザいと感じるけどな!
嫌いというレベルのウザさではないんだけどもっとこうね・・・。
とりあえず、先生のトーリ復活という目論見は成功かな。

今回は現状の整理とそれを打破する方法の説明会だったので
なんとなく物語の流れやそれぞれの行動が見えてきた感じ。
相変わらず上層部やメイン以外の人間関係は理解してないけど
そのキャラが活躍する時に覚えればいいやと開き直ることにした。
公式にやっと相関図が掲載されたけどこういうのが必要っていう作りはやっぱりなぁ。
本編見ててどうしても理解出来なくなったら頼りにするとしよう。

今回でトーリ達が行動する意思が決定されたので
そろそろ物語も大きく動いてくれるかなー。

境界線上のホライゾン 第05話

★境界線上のホライゾン 第05話 「月下の卒業者」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

忠勝さん・・・良い最期だった・・・まさに大往生。
と、なんだかよくわからないけど格好いい死に様だった忠勝さんに敬礼。
VS杉田の戦闘シーンのクオリティは素晴らしかったし
ラストは挿入歌効果もあって若干泣きそうになったよ・・・。
Ceuiさんはホントせつない歌が良いわー。

・・・まぁ、内容自体は初見で理解が追いつかなかったんだけどな!
戦闘シーンは凄くわかりやすくて燃えたのに。
結局、なんで自爆したのかわからないのでどう受け止めていいかわからない。
なにやら原作でもまだ不明らしいんですが。
キャラの立ち位置がよくわからないので
最初は何故忠勝VS杉田になってるのか理解出来なかったけど
よく考えてみると終わクロの頃からよくわからんけどバトル始まった!
という展開は多かったと思うし深く考えたら負けなんだろうな。

相変わらずトーリはおろか主人公サイドが絡まないわ
絡んだと思ったらトーリwwwみたいな状態になってカワイソス。
まぁ、囚われの少女を救い出すところから本当の物語が始まるというのは王道だし
今まで長いプロローグの一部を見せられていたんだと思えば・・・。
RPGで言えばまだOPイベントの途中なんだろうなー。

境界線上のホライゾン 第04話

★境界線上のホライゾン 第04話 「夜天下の暗躍者」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

初めて公式の生放送見に行ってみました。
バッファ途切れたらそのシーン飛ぶのが難点だな・・・。
24時半に必ず見られるかと言われるとキワドイので
無理だったら配信待てばいいやぐらいの気持ちで。

今回から話が動くということで期待していたんですが
確かに話は大きく動きました!
・・・本編見てるだけじゃ全然わからなかったけどな!
主人公達が現在蚊帳の外っていうのもいまいち集中出来ないな。
理由はわからないけど自壊しようとした三河を止めるために杉田達乱入。
それに対して自動人形や忠勝が迎撃。画伯サイドは中立を貫く。
主人公達は今のところ蚊帳の外・・・っていう認識でいいみたい。

戦闘シーンだけは素晴らしかったんだけどなー。
メカが思いの外格好良くてwktkする。
ちゃんと主人公が絡んで話がわかりやすければかなり評価上がりそうなのになぁ。

境界線上のホライゾン 第03話

★境界線上のホライゾン 第03話 「町中の遊撃手」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

またもや告白もしくは前夜祭まだかなー?
とか思ってたら1話終わってただと・・・。
ほぼ会話と場面切替だけで1話終わってるので全然内容が頭に入ってこないな。
これでも端折ってるらしいんですが・・・。
まー、川上稔作品は良くも悪くも冗長な部分を楽しむものなので
序盤の進展遅いはしょうがないけど、アニメだと結構致命的な気がします。
次から話が動きそうな気配がするけど
TVアニメのテンプレート的には3話ぐらいで楽しみ方を教えて欲しかったなぁ。

現状、未読組は主人公トーリがホライゾンに似ているという女性に
一世一代の告白をしようとしていることだけ分かってればいいらしいけど
それは1話の段階で既に示唆されてるんだよなぁ・・・。
2-3を通して正純がかなりメインキャラなことは理解出来たけど。
よく見たらキャストの上の方に名前あるしね!

さて、話が動くのはいいけど、キャラ名と顔が一致してるのが数名ぐらいだぞっと。

境界線上のホライゾン 第02話

★境界線上のホライゾン 第02話 「食事場の清純者」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

話はいつ進むのかなーと思って待ってたら2話が終わっただと・・・?
1話から全然時間進んでないんですね・・・。
まさか告白の前振りだけでそんなに尺使うとは思わなかった。
1話のラストでナレーションで説明した設定を再び
授業という形でおさらいしたのは未読者に優しかったかな。
まぁ、続々新キャラや新用語が出てくるので結局追いつけないんだけどさ・・・。
なんとなくの理解で視聴してても大丈夫らしいので気にしないことにするかな。
面白くなるのはもうちょっと先らしいのでもう少し見続けてみる。
なんだかんだいって川上稔作品のノリは好きだしなー。

そして乳揉みはやっぱり規制なんだね・・・。
ネイトさんは普通にツンデレっぽくて可愛いなー。
正純はちゃんと女の子でいいんだよね?
終わクロみたいな展開にはならないよね?

境界線上のホライゾン 第01話

★(新)境界線上のホライゾン 第01話 「境界線前の整列者達」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作未読。
作者の川上稔氏の前シリーズである「終わりのクロニクル」は面白かったので
新シリーズも読もうと1巻上下セットで買ったのはいいんですが・・・。
1巻上を数Pめくった所で大量の用語集が出てきてそこで本を閉じました。
先に設定や用語を叩き込まないといけない作品は苦手なんですよ。
作中の中であからさまに説明台詞乙とかの方がまだいいぐらい。
実際に原作をめくってもらえばわかるんですが
この設定資料集的なもの、ラノベにあるまじき量です。
多少の設定ぐらい理解して読めよ・・・とかいう人は是非実物を見て欲しいです(笑)

そんないきさつがあって個人的にもう触れることもないかなーと思ってた作品です。
原作の分厚さを知ってるだけにアニメ化の情報が出た時は冗談かと思いました。
そしてどうせなら「終わクロ」アニメ化してくれよ!と思ったもんです。
バンダイチャンネルで配信されてるのでまぁ見てみるかということで視聴。

前置きが長くなりましたが本編はまぁ概ね原作を読んだ時と似たような感想。
今期は1話で解説ぶん投げてドタバタやったりするアニメが多いけど
ホライゾンもそんな中の一つで悪目立ちしなかったのは良かったと思う。
川上稔作品を少しでも知ってると破天荒なノリはソレっぽいなーと感じるけど
ノータッチの人はこのテンションに付いてこれるかは疑問。
説明は一応ナレであったけど台詞で聞いただけじゃいまいちピンと来ず
後から文字で見てやっと理解できたよ・・・。
要はもう一度神に近づくために歴史をやり直してる
&日本しか住めないのでそこで分割して歴史再現ってことか。

おっぱいキャラが多いのは氏の作品の仕様なのはわかってるけど
アニメになるとどうしても過剰な乳揺れが気になってしゃーない。
バランスの良い大きさが居ないのもマイナスポイント。
乳揉みが規制されてたのも解せないんだぜ。
キャラ多すぎて誰見ていいかわからないので様子見かなぁ・・・。
先生とマリーナのキャラがなんとなく良さげだったぐらい。

戦闘シーンはさすがサンライズ気合入れてるだけあって申し分無し。
キャラ少なければもっと絵的にも見やすいのが勿体ないぐらいか。

というわけで、1話の時点ではようわからんけどクオリティは高い。
今後見やすければ視聴続けていこうかなーという感じ。
ハマれば原作を読み直すこともあるかも・・・しれない。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。