説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様のメモ帳 第12話

★(終)神様のメモ帳 第12話 「君と僕と彼女のこと」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

で、1巻を最後に持ってきた意味とは何だったのか。
結局、最後は殆ど原作通りじゃないですかー!
8巻と照らし合わせて救いあるENDにすると思ったら全然そんなことはなかった。
やっぱり単に盛り上がると思ってこれをラストに持ってきたのと
華がなくなるから彩夏を出来るだけ動かしたかっただけなんだな。
諦めていたとはいえ、本当にそれだけなんだと思い知るとやっぱりがっかりする。

テツ先輩と四代目の決闘とかカットされてるシーンも多いけど
事件解決までの流れは概ね原作通りだったのが救いかな。
ちゃんとナルミがAFをキメてくれるのかも不安だったしね。
ジャンキーがいけるなら某Dクラッカーズもアニメ化出来そう。
今更メディア展開するわけがないほど昔の作品ですけど。
キメてる時の描写はやはり映像の方がわかりやすいと思ったけど
原作のガチで死にたくなってるナルミや神経をいじくり回され
精神が死んだとも言える状態をもっと表現して欲しかったなぁ。
「置いていくなよ!」も好きだったのになかったし。

本当にカットされて勿体なかったのはエピローグのアリスとナルミの会話。
あそこは彩夏の思いを丁寧にナルミに伝えようとして
ナルミがそれを「黙れよ!」と探偵の空しさを知る作品のテーマとも言えるシーンなのに。
映像重視にしちゃえばまぁそうなるのかなぁ・・・。
ちなみに原作では彩夏が目覚めるのは2巻(メオの話)のラストです。

まぁ、なんというか色々言いたいことは山ほどありますが
何度も言ってるように最初から妥協・・・諦めたので言うほど悪くはなかったと思う。
元々人を選ぶ原作で、ストリートギャングとかそういうノリがメインだから
アリスや彩夏目当てで見てた人はネガティブな感想しか浮かばなかったと思う。
原作ではAFが1巻なのですぐに萌え担当がアリスオンリーになるようなものだし
2巻のメオ話で四代目と盃交わすからそういうノリと受け入れられるんだけどな。
シャッフルのせいでキャラの繋がりが薄くなったのも寒く見られた原因かも。
確かに原作でも「アリス可愛い」という感想が一番出てくるんだけど
それだけじゃないのになぁ・・・こればっかりは文体の好みとかもあるので説明しづらい。

ということで素直に1〜3巻までアニメ化した方が良かったんじゃないか、という結論。
評価は原作加味した上でかなり甘めにしましたが・・・。
3巻はAF事件の後始末とも言える事件だし
神メモ全体を通してもそこで1つの区切りにもなる巻だしね。
もしアニメを見て原作が気になったけど同じ内容を読みたくない!
という人がいるなら3巻と5巻の一部とそれ以降を読めばカバー出来ますが
出来れば原作1巻を読んでアニメと感じるものが違うことを知って欲しいです・・・。
メディアの違いを(ry とは言うけどそれが言えるのは根本がしっかりしてる時だけだよね。
原作厨と言われようがなんだろうが、とにかく原作1巻だけでも読んでもらいたい。
スポンサーサイト

神様のメモ帳 第11話

★神様のメモ帳 第11話 「ぼくのかけら」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

ちょうど11話を見る前に原作8巻読み終わりました。
原作もアニメも触れてる人はあとがきが非常に興味深い。
詳しい感想はラノベ感想の方で書くと思うけど
8巻の最終エピソードはアニメで使われなかったアイデアが元になってるらしい。
同じく、アニメ1話のオリジナルは8巻の第2章でリサイクルされてたり。
逆に言うとアニメのラストは8巻ラストの要素を多少含んでる気がするんですよね。
そう仮定すると1巻のエピソードをラストに持ってきたのは
綺麗な最終回という形にするためにしょうがなかったのかもなぁと思います。
一番の理由は貴重な女性キャラの出番が減るからだと思うけどな!

というわけで本編感想に。
3話完結なのである程度カットはしょうがないけど
思ったよりも巧くまとまっていて何より。
ただ、今更になって「正式に助手だ」の台詞はどう考えてもいらなかった。
先にやってるエピソードから5%云々の下りは引っ張ってきてるんだから
もう少し、巧く違和感のないやりとりに出来たと思うんだけどなー。

彩夏はやっぱり資料を見て知ったと推測されてるのね。
あんな距離から花の写真判別出来るとかナルミより視力いいんじゃないのか(笑)
「自分(俺)のせい?」のくだりがヒロさんから少佐になってたけど
ここも含めて素直に原作通り、彩夏が直で見たことにした方が自然だったような。

一番突っ込み所満載だったのはボクシング。
何故原作通りミットでやらないのか・・・。
いくらテツさんがプロレベルでも本気の拳を掌だけで受けるとかお互い痛いだろうに。

なんだか不満点ばっかり上げてますが単体で見るならそこまで不満もないんですけどね。
やはりシャッフルされた時点で自分の中である程度諦めが付いてるせいだろうか・・・。
次回最終回。シャッフルの意味まったく無かったよね、というラストにならないことを期待してます。

神様のメモ帳 第10話

★神様のメモ帳 第10話 「きみについて」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

紆余曲折あってやっと物語のスタートである1巻の話に戻って来ました。
1巻でアリスやニート達と出会って探偵助手として様々な人物と関わり成長していく・・・
というのがこの作品の見所の1つでありナルミの好感度が上がるポイントなんだけど
それがここまで引き延ばされてしまいました。

自分は原作既読者の視点で、ある程度補完して視聴してたから気にならなかったけど
平坂組のノリやアリスとの絆、四代目との盃等は1巻が下地にないと
納得の行く展開じゃなかったのかなぁ・・・と今更思いました。
1話が1巻の話じゃなかった時点で前提が違うのはもう諦めてたけど
アニメオンリーだと受ける印象もまったく変わってしまうんだろうなぁ。
そう考えると、2巻の話のカット多発よりも
1巻を先にやらなかったことが失敗と言わざるを得ないなぁ。

この話だけ見れば1巻からの改変はさほど気にならなかったんですけどね。
唯一、気になったと言えば、彩夏が立ち聞きしてた場面。
アニメ組でもアレが原因で飛び降りたのかなーぐらいは憶測できるだろうけど
原作と同じ展開にするなら微妙に食い違いが出るんじゃ・・・。
さすがにあそこから資料が見えたと思えないしなぁ。
だ、大丈夫だよね?ちゃんと帳尻合わせてくれるよね?
それよりも心配なのが後半のナルミのアレが改変されないかと
最後がどういう終わりになるのかだな・・・。
原作通りなら若干後味悪いけど、良くするなら原作クラッシュしないといけないしなぁ。

神様のメモ帳 第09話

★神様のメモ帳 第09話 「あの夏の二十一球」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

※野球回ですが原作にあった通りです。

原作ではタイミングが違うというか短編集のウチの1つなので
アニメの小休止っぽいタイミングと受けるイメージは全然違うんですけどね。
というか原作組からしてもこの1話を何か別なことに活かして欲しかった・・・。
得られたのはがんばるアリス可愛いのとチアの彩夏可愛いだけだったぜ!

予想はしてたけど1話でまとめたせいか全体的に説明不足。
振り逃げの部分は野球のルール詳しい人じゃないと絶対わからんだろ。
そしてサイン云々、ちゃんと見てた人しか。
原作ではもう少しちゃんと振り逃げの説明されるんだけど
それでも野球にまったく興味の無い俺は理解するのに時間かかったしさ。
せめて試合終わって(と思って)ヤクザが撤収ムードで
ネモさんが球を拾ってアリスにタッチしにいった部分がわかりやすければなぁ。
ナルミの動体視力や観察眼が十分技能として通用するレベルというのも
アニメの中だけではわかりづらかったと思うし・・・。
かといって元エースのフォークを打てるのかよ!というのは別の話かもしれませんけどね。

引きというか事の顛末がオリジナル。
ここから1巻のAF事件に繋げるつもりかな。
1巻+3巻でセットのような事件なのに尺的には1巻のだけなんだろうなぁ。

神様のメモ帳 第08話

★神様のメモ帳 第08話 「僕は運命を信じない」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

平坂錬次編完結。
原作からの変更点も特に悪く目立つことも無く
無難に原作の良い部分を表現できていたと思う。
原作で微妙に分かりづらかった決闘の勝者も映像だと一目瞭然。
きちんと元の方言で喋ってるシーンは良かった。

・・・でもやっぱり4話構成は長かったのかなぁ。
電波女も4話毎に1巻消化というペースだったんですけどね。
こっちはシリアスかつ一応ミステリーで1ヶ月かけて完結だしなー。
原作でもかなり好きな話なので個人的には満足なんだけど
未読者をはじめとして、ちまたではすこぶる評判が悪いようだ。
ナルミが平坂組組員を一喝するシーンとか好きなんだけど
そういうのがいらないという意見を多々見て悲しくなった。
名実共に4代目の弟として自覚、行動する名シーンなんだけどなぁ。
1巻と3巻の話をやっていないので積み上げてきたものに差があるのはわかるけどさ。
原作を読んだり仮にドラマだったとしたらもっと違う評価になったと思うので
1巻だけでもいいから原作を読んで欲しいのが本音です。

次回は5巻から再び短編のお話。
ってことはもしかして最悪9-12の3話で彩夏の話とかですか?
嫌な予感しかしないけど、まだ来週の予告を見てみないとなんともいえないな。

神様のメモ帳 第07話

★神様のメモ帳 第07話 「僕にできるすべて」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

依林さんの存在が抹消されてるので
ヒロさんが一晩でやってくれました状態でワロタ。
草壁昌也の出番もカットされてるんだよな・・・。
あれ?気付いたら情報集まってるんだけどいつの間に?
と思った人が居るかも知れない。
流れを追ってアリスの言ってることをちゃんと聞いてれば大丈夫だろうし
この時点でオチ予想出来るようにはなってるとは思うけど・・・なぁ。
これならやっぱり依林をカットしない方が良かったんじゃ?と思わないでもない。

予想通り4話構成でまだ終わらないのかよって意見が聞こえてきそうだけど
これでもちょくちょくカットしてるんだぜ・・・。
2巻(2-3話)の半数以上の大胆カットほどではないけどさ。
残りで彩夏メインとも言えるあの話やるのかな?
オチがオリジナルにならないともの凄く後味の悪い最終回になりそうだけど大丈夫だろうか。

神様のメモ帳 第06話

★神様のメモ帳 第06話 「僕は負けそうだ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

まだ4巻の半分しか消化していない・・・だと・・・?
まさかの4話構成なのか。
そこまでじっくりやられると2-3話はホント何だったんだっていう。
依林さん絡みがカットされてるので更に圧縮されるだろうし
やっとまともに作品の魅力を伝えられそうな話になりそう。
問題はアニメで1ヶ月かけてやるのは視聴者的にどうなんだろうってぐらいか。
ドラマだと時間的には2週間で終わるしね・・・この差は結構大きいと思う。
作り自体はかなり原作に忠実かつ丁寧になってきてるので
出来れば未読組は5〜8話を一気に見直して欲しいですね。

今回、原作から微妙に変わった点として“エンジェル・フィックス”が関わってるっぽいこと。
ここで名前を出したということは確実に1巻の話に繋げるつもりだな。
さすがに話の根本には関わらないだろうけど、これで自然に繋がりそう。
3巻の話が無いのでテツさんとナルミの関係に若干違和感はあるけど
これは原作既読者視点だろうからあまり気にしないようにしよう。

未読組は「アリス可愛い」しか印象に残って無さそうなのが玉に瑕だなぁ。
原作でもナルミの言動であたふたするアリスが可愛いのはいつものことなんだけど
文章だけのことも多いしそれしか残らないってことはないんだけど。
任侠絡みの話がつまらないのであれば辛い。
やっぱドラマ向けの作品なんだなぁと実感します。
任侠部分に関しては下地が違うからまともに1巻からやってれば・・・と思わなくもないけど。

神様のメモ帳 第05話

★神様のメモ帳 第05話 「あいつは俺を知っている」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

あぁ!だからEDがムラケンだったのか!

ということで今回から原作4巻の長編がスタート。
今回は2〜3話の反省を活かしたのかは知らないけど
原作を大いにカットすることなく無難に消化している感じ。
それでもなんとなく駆け足に感じてしまうけど。
説明が追いついてない部分は次回とかに判明すると思うし
ミステリーの問題編前半みたいなものと思ってくれれば。
消化速度的に3話構成かな?4話だとかなり余裕は出来そうだけど後が詰まるだろうし。

とりあえず、今回はアリスへくんかくんかが再現されてたので満足です。
正座させられて足を踏まれ匂い嗅がされるとかマジご褒美。
ありがとうございます!ありがとうございます!

神様のメモ帳 第04話

★神様のメモ帳 第04話 「はなまるスープ顛末記」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介】

今回は5巻(短編集)よりミンさん当番回。
メインに触れないでドタバタやってくれた方が無難っちゃー無難なんだけど
やっぱり本筋進めて欲しいよなぁ・・・バカテス然り。
次回からは4巻の話で本筋に戻るようなので安心ではあるけど
花田勝の名前をせっかく出したんだから6巻の話やった方が良かったんじゃね?
こっちもきな臭い話になるからやりづらいのかもしれないけどさ。

短編ということで2〜3話ほど話の破綻が無くて安心はしたけど
やっぱりどことなく説明不足感が否めないなぁ。

Q.親父が帰ってきたのはいいけど鍵締めて帰れよ
A.退路の確保、とっさに脱出できるため

Q.なんで親父は数回侵入したの?
A.具材の下に目当てのものを少しずつ隠して自然に発見されるようにするため
原作ではレシピではなく使ったことないような素材や仕入れ先のメモが同封
おそらく、ミンさん自身のスープを作って欲しいという親心。

この辺は説明ないと一部辻褄合わなかったり疑問点出てくるよね。
後者はアニメだとレシピと材料がダンボールにまとめられてるように見えるから
複数回侵入した意味が全然無かったのでは・・・。
カットしちゃいけない所としていい所の選別が全体的にアレだよねっていう。

前述の通り次回からは長編に戻ります。
話的にはこれを最初の方にやるのはある意味正しいと思うので
四代目の格好良さをしっかり描いてくれるなら良いんだけどなぁ。
2巻と同じく2話構成だと諦めよう・・・。

神様のメモ帳 第03話

★神様のメモ帳 第03話 「僕が二人にできること」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介】

2巻の内容が完結。
良くも悪くも予想通りというかなんというか・・・。
未読組は今回の話をアニメだけで理解できたのか?
ということを考えると2話より酷くなってるとも言える。

2話の時にも言ったけど全てにおいて理由付けが弱いんだよね。
1巻をすっ飛ばしてるからキャラ同士の絆も薄いし
依林さん関係カットなのでマネーロンダリングの詳しい仕組みもカットだし。
どうして草壁さんがそこまでしたのかアニメだとイミフじゃないのコレ。
エピローグも全然ないので、はなまるとか危機去ってなさそうに見えるし。

百歩譲ってメインストーリーに関しては依林さんカットで諦めてたからいいとしても
個人的に好きだった義兄弟の盃への流れが不自然すぎてなぁ。
ナルミがそこまでする理由もそれを受ける四代目の理由も弱すぎる。
ちなみに原作では1巻で四代目が借りを作っていてこれを受けることでチャラという流れ。
アリスの「四代目はナルミを評価している」というのも1巻の流れを汲んでるので
説得力皆無だと思うんだ・・・。
キャラは今後も登場するし活躍するんだからごまかしきれない。
2巻前半にあった少佐と中将ネタをギリギリ回収してくれたのはまぁ評価しよう。

ちなみに原作2巻をざっくばらんにまとめるとこんな感じ。

2億円はマネーロンダリングしきれなかった金。
その会社の社長の美河は1億円横領して草壁に罪をなすりつけ。
マネーロンダリングの仕組みは日本で働きたい外国人女性をヤクザ出資で働かせて
給料手渡し→本国へ送金→それを回収というもの。
安定はしているが処理能力が低く、実際3億もの金がだぶついてしまった。
金を洗浄できない会社に用は無い→潰されると外国人女性が困る
だからなんとかマネーロンダリング出来ないかと草壁が2億を持って逃げようとした。
問題の2億をナルミ(とカットされたけどアリスが)が洗浄したので
草壁さんも会社も穏便に済んでめでたしめでたし。

記憶が曖昧な部分もあるので大体こんな感じ。
話の根本に依林さんを初めとした外国人女性が関わっているので
そこをカットしたら巧く説明できるわけないよなぁ・・・と。

次回はミンさん当番回。
短編だし2〜3話みたいに酷いことにはならないと思いたい。

神様のメモ帳 第02話

★神様のメモ帳 第02話 「君と旅行鞄」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

1週空いての第2話です。
AT-X最速のまま素直に放送してくれていいじゃないと思うのに・・・。

今回は原作2巻の話がベース。
サブタイ見ると次回で2巻の話が完結。
4話は何故か5巻の短編に飛ぶとという迷走っぷりだけど
キャラの存在と時系列を考慮するとある程度仕方ないのかな。
若干のバレになるけど、1番きっつい話は1巻だろうしなぁ。

そういうわけで1冊2話のペースで進める弊害か
原作読者からするとカットがやたら目立った回だった。
依林さんの存在は完全に抹消かなぁ・・・ちょくちょく出番あるキャラなのになぁ。
内容的にカットされたんだとすれば今後どこまで規制かかるか心配です。
1巻の話なんてそれこそ最もアニメでやりづらそうな話なのに。
おかげでヒロさんとナルミの活躍がなんとなく微妙。
ニートとそれぞれの特色を活かした情報収集や行動力が彼らの武器なので
ヒロさんの女絡みや少佐の機器操作云々は収めて欲しかったな。

それよりも問題なのはキャラの立ち位置が曖昧なまま物語だけ進んでる点。
ナルミがアリス達に深く関わろうとする理由付けがこの時点では弱いし
それは同級生であるナルミと彩夏の2人も一緒だと思う。
ナルミの「アリスの助手ですから」という台詞の説得力が全然感じられない。
それと1話の時はあんまり気にならなかったけど
やっぱりこの作品(というか杉井光主人公)はもっとモノローグあるべきだなぁ。
主人公の考えがいまいちつかめないまま言動を見せられるから
未読組はメオにいきなり何言ってるんだよ!って思ったんじゃないかな。

不安な気持ちを抱えつつも次回完結編。
毎度、完結編のナルミは神メモの見所の一つと言っていいからここで勝負だな。
ナルミが何を出来るか、というのは原作通りなら伝わるはずなんだけど・・・。

神様のメモ帳 第01話

★(新)神様のメモ帳 第01話 「彼女について知っている二、三の事柄」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

原作既読。
原作者である杉井光さんは作家買いに近いレベル。
個人的にはこれよりも「さよならピアノソナタ」のアニメが見たかった。
アニメ化もそっちの方が向いてると思うし。
神メモは現代版GOSICKとも言うべき安楽椅子探偵モノではあるけど
ドラッグとか任侠とかIWGPっぽさも出てたりと
確実にドラマ化の方が向いてる作品だと思うんだよね。
アリスの配役をどうするかっていうのは難しそうだけど。

1話が1時間SPと聞いて1巻のアレをやるのか!?
と期待したけどそんなことはなかったぜ。
まぁ、AT-Xは初回の次が休みなので
あんな所で引かれちゃ未読組はたまったもんじゃないだろうけどな!
ということはあのキャラの出番は原作よりかなり多くなりそうだね。
次回予告が2億円云々だったので2巻の話を先にやるっぽいしね。
微妙に話が噛み合わなくなる部分が出てきそうな気もするけど
ちゃんと杉井光が噛んでるんだしオリジナルとかで辻褄あわせるのかな。

というわけで初回1時間SPはアニメオリジナル話。
出会いから完全に変えてきたのでこれはこれで割り切れそうかな。
話自体は神メモらしさが出てたのでいいんじゃないかな。
ただ、これが30分構成の続き物になったらどうだろう?という懸念はある。
後は進行が淡々としてるのが気になったなぁ。
アリスとヴィクトリカの可愛さは似てるとは思うけど
可愛さを感じる描写をもっとあざとくしてもいいんじゃないかなぁ。

そういえば、杉井光作品の主人公はわざとどのキャラも同じようなキャラになってるけど
アニメだとその色をあんまり感じなかったのは意外だった。
もうちょっと電波女とかに近い語られる方するのかなぁと。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。