説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪るピングドラム 第24話

★(終)輪るピングドラム 第24話 「愛してる」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

( ゚Д゚)・・・えっ?
何がどうしてこうなったんだ・・・?
というのが1回目見た時の正直な感想。
ぶっちゃけ、理解出来なくて感動とかそれ所じゃなかったよ!
まとめチックなものを見てあーあーとすぐ理解は出来ましたが。
というわけで僕らの生存戦略堂々完結。

結論から言ってしまうと、大前提として運命の乗り換えは成功。
呪いの炎は“林檎”を冠葉に返した晶馬が肩代わりして晶馬は消滅。
その林檎の廻り方がアニメだけ見てるとややこしい。
演出的なものに騙されずに冷静に見てると理解しやすいのかもしれないけど。

幼少期に閉じ込められてた“箱”というのは恐らく比喩であって
“林檎”の方もピングドラム=運命≒愛情という比喩なんですね。

高倉家両親は冠葉を選択したが、その冠葉は晶馬に“林檎”を半分分け与え
晶馬は子供ブロイラーで透明になりそうだった陽毬に更にその半分を分け与えました。
この時点で、冠葉2/4、晶馬と陽毬が1/4ずつ“林檎”を持ってる計算。
1話でこの“林檎”=運命が尽きて死亡した陽毬に冠葉が“林檎”を半分分け与え延命。
12話でまたもや陽毬の“林檎”が尽きてそこからは眞悧の延命処置。
21話で陽毬は1/4の“林檎”を晶馬に返却、最終的に晶馬は冠葉に2/4を返却。
冠葉は3/4まで回復した“林檎”を陽毬に全て分け与えて陽毬の林檎は完成した、と。
“林檎”1つを1人分の運命として、陽毬はやっとまとめに運命を全うできるようになったが
“林檎”を全て分け与えてしまった冠葉と晶馬は消滅。
ところが、乗り換え後の世界で運命から解き放たれた陽毬は“林檎”が必要なくなったので
それを半分ずつ冠葉と晶馬が継承=1人分ではないので子供化。
運命=ピングドラムが廻り、家族以上の絆を得た作品名が「廻るピングドラム」と。

と、文字にするとえらく長くなる上にややこしいんですが
最終回だけ見てても演出に気を取られて把握出来ない人も多かったと思う。
こうして文章に起こしたら凄く納得出来るんですけどね。
・・・初見で理解出来なかったのは俺だけじゃないと思いたい。

理解してしまえば、最終的にキチンと終わってるので良い最終回だったと言えるけど
色々投げっぱなしのまま終わってしまったのも事実。
特に眞悧先生周りは結局、殆どわからないままだったなぁ。
本当に幽霊だったのか。どの程度干渉出来たのか。延命処置とは何だったのか。
黒ウサギとは何だったのか。眞悧と桃果の戦いはまだ続いているのか。
マリオさんの帽子とは何だったのか。等など。
最終回の眞悧先生なんて「マジで」の印象しか無いよ。アレは笑った(笑)

なんだか演出や綺麗な終わり方で投げっぱなしをごまかされた気がしないでもないけど
前述の通り、決着付くべき所は付いてるので何だかんだで満足かな。
最終回手前までが一番盛り上がったというのは否めないけど。
曖昧なまま終わるのは最初っから予想出来てたことだからいいけど
最終回ぐらいはもう少し演出に頼らずわかりやすくしてくれても良かったんじゃないかなぁぐらい。
比喩が多くて結局何が現実に起こったのか殆ど確定出来ないしね。
乗り換え後の世界がゴールということで過程を想像に任せるということかもしれないけど。

さて、今作品はウテナのように更なる展開はあるんでしょうか。
あったとしても眞悧先生がクローズアップされたりは無さそうだけど(笑)
劇場版ウテナのように別の廻るピングドラムを見られたらそれも楽しそうだ。
ともあれ、半年間楽しませてもらいました。
ウテナを見つめ直すキッカケにもなったし良い作品に出会えたと思う。
スポンサーサイト

輪るピングドラム 第23話

★輪るピングドラム 第23話 「運命の至る場所」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

陽毬、真砂子生存確認。
アレ・・・なんだか結局誰も死なない気もしてきたぞ。
もしくは死とは別の概念で退場するとかね。
罪を背負って生きていく方がこの作品らしいしなぁ。

今回は久しぶりに苹果の当番回のようでした。
OPの炎の伏線回収!思ったよりストレートな意味だったけどな!
日記がやっと手元に戻って来たと思ったら即消滅するとか
ここまで引っ張った日記の存在とは何だったのか・・・。
“運命を乗り換える呪文”が記述されてるのが日記の存在理由だったけど
序盤、ストーカーする際に日記を読みあさってた苹果なら記憶してそうだな。
どれがその呪文なのか判断出来ないだけで。
ソレを使ってしまうと桃果と同じことになりそうだから
強いて言えば盤面から消えそうなのは苹果なのかなぁ・・・?

その桃果と言えば、プリクリ帽が愛生さんボイスで喋った!
やっぱりプリクリが桃果だったということ?
桃果VS眞悧の回想を見ると痛み分け+帽子が分裂してるように見えるので
マリオさんが持ってる帽子が眞悧関連じゃなかろうか。
最終的な構図は晶馬VS冠葉になると思ってたけど
桃果の台詞からするとラスボスはやはり眞悧になるのかなぁ。
後1話で綺麗に終われるのかが心配ですが
ある程度、曖昧なまま終わるのも幾原作品の持ち味だとは思う。
なんだか終わったという実感が持てなさそうですが・・・。

輪るピングドラム 第22話

★輪るピングドラム 第22話 「美しい棺」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

また色々な情報が増えたけど謎がいっこうに解決されてないな・・・。
ダブルHの2人は今でも陽毬を友達と思ってるとか
冠葉と真砂子の関係とか新しい情報はぽんぽん出てくるのにもどかしい。
情報と言えば、多蕗を刺したのがゆりさんの元恋人でワロタ。
ただの痴情のもつれかよ!ややこしいわ!

衝撃的な展開と言えばやはり陽毬死亡(?)かな?
最初に亡くなった地点で三度目の死を迎えるのは何か意味ありげな。
実は最初から死んでいたとかならもうホントうみねこですね。
こっちはファンタジーじみた部分が強いのでもうどうなるかわからないな。
最近出番がないプリクリがこのまま退場とは思えないし
何らかの形では物語に関わってくるんだろうけど・・・。

死亡と言えば真砂子もどうなるのか。
苹果に日記を渡す役目がストーリー上ありそうなので生きてそうだけど
そのシチュエーションは完全に死亡フラグだよ!
OP1のあの真砂子のカットがこんなに格好良いシーンで使われるとはなぁ。
今までで一番感情のこもった「嫌だわ、早くすり潰さないと」でしたね。
冠葉もなんだか死にそうだしもう誰も助からないんじゃないの・・・。

最後の最後に更に爆弾。
晶馬が監禁状態だったってどういうことなの・・・。
実子は誰も居ないとか、何者にもなれなかった故の幻オチとかの覚悟は必要か。
ともあれ、最後まで楽しめればそれでいいかな・・・。

輪るピングドラム 第21話

★輪るピングドラム 第21話 「僕たちが選ぶ運命のドア」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

なんだかうみねこみたいになってきたぁー!
幻想アリならもう何を信じていいかわからないよ・・・。
そもそも見えないペンギンなんている時点でアレなのかもしれないけど。
というわけで、今回の衝撃はやはり高倉家両親が死んでいたこと。
コレは冠葉の脳内お花畑ということでいいのかな・・・。
完全に組織の残党に利用されてるだけという線も出てきたな。
これなら真砂子がああまで危機感を持って敵対する理由もわかるしね。

眞悧の幽霊はネタなのかガチなのか判断に困るところだけど
黒幕というか裏で色々やってるのは間違いないだろうな。
ここにきてマスコミが動き出したり多蕗が真実突き止めたりとか
眞悧の介入があったからとしか思えないよ・・・。
家族ごっこ終了も眞悧の「陽毬はもう長くない」発言による所は大きいだろうし。
眞悧も幻想なら陽毬のアンプルも幻想だろうし
幽霊だとしても実際に介入できるのかもしれないし・・・。
なんだか有耶無耶のまま終わる気がしないでも深く考えたら負けなのか?

ともあれ冠葉が実質人殺しをしてしまったし
陽毬の告白っぽいのを晶馬は遮ってしまった。
陽毬の気持ちは冠葉には向いてなくただ止めたいと思ってる。
誰1人幸せになれそうになくなってきたなぁ。
今回、割と空気だった苹果がまだキーパーソンになるのかな。
苹果と言えば、陽毬があっさり晶馬から身を引いたのは苹果のためでもあるんだろうね。

輪るピングドラム 第20話

★輪るピングドラム 第20話 「選んでくれてありがとう」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前回に引き続いての回想メイン。
真砂子の手によって疑似家族状態を暴露されたけど
今回はその補足と更に衝撃の事実。
冠葉と真砂子が実の兄妹で夏芽家の人間だった・・・だと?
ということは公式プロフィールの冠葉と晶馬は双子の兄弟というのは真っ赤な嘘か。
回想の時点ではまだ夏芽家の人間だったようだけど
晶馬が陽毬を高倉家の人間に選んだ前後に冠葉は高倉家に来たのかな?
だとすれば真砂子が陽毬を憎む理由も頷ける。

しかし誕生日が同日というのが本当なら
晶馬が兄で冠葉が弟という兄弟にならなかったのは何故だろうな。
通例通り生まれたのが時間的に速いから冠葉が兄なのか
それとも実子である晶馬より冠葉の方が高倉家両親の思想に近かったからなのか。

サブタイの「選んでくれてありがとう」は重い・・・
というよりこれは冠葉大敗北がほぼ確定+対立示唆だよなぁ。
OPでも冠葉だけ違う方向に走ってたりするし。
もう残り話数も少ないし一気にたたみかけてくるのかなぁ。

輪るピングドラム 第19話

★輪るピングドラム 第19話 「私の運命の人」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

アバンから高倉家両親と冠葉のやりとりで驚愕。
生きてるし連絡取ってるのは想像付いたとはいえ
こうあっさりと直接会って連絡を取ってるくせに
前回はあそこまでシラを切り通した冠葉が恐ろしいな。
こちらから連絡する方法や今の居場所がわからないのは事実だけど
何らかの繋がりあるんだから、陽毬のために多少は情報漏らしそうなものだけど。
よっぽど陽毬に両親のこと、自分のしてることを知られたくないのかなぁ。

中盤は陽毬退院祝い等もあり久しぶりの和やかムードだったものの
後半の真砂子登場から状況は一転。
子供ブロイラーはやはり陽毬と関係あったのか・・・。
血の繋がった妹じゃなかったこともショックだけど
陽毬の運命の人が晶馬だったことも衝撃の引きでした。
後から思えば露骨な冠葉推しだったり、手編みセーターの時の陽毬が
冠葉を前にしてそういうそぶりを全く見せなかったこと。
怪しい状況はいくらでもあったんですけどね。
陽毬が今まで忘れてた理由は次回かな?晶馬は覚えてるのか?
差し出したのが林檎というのも重要そうだ。

眞悧の目的は真砂子の両親がしようとしていたこと。
これが事実かつ眞悧の独白のことだとすると
真砂子両親も“運命”について追っていたのだろうか?
日記があると“ゲーム”に勝てないと言うのも引っかかる。
眞悧と対になる存在はOPを見るとプリクリに見えますが・・・。
ピングドラムを手に入れることがゲームなら眞悧の行動は謎だし
新たな謎が増えてどんどん視聴者を混乱させに来ますねぇ。

そういえば、牛になるネタはやっぱりウテナの七実様回のオマージュだろうか。

輪るピングドラム 第18話

★輪るピングドラム 第18話 「だから私のためにいてほしい」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

多蕗の過去が明らかに。
なんとなく予想通り、ゆりと同じような立ち位置のキャラだったな。
指の傷は思ったよりも悲惨な出来事が原因じゃなくて良かった。
某スパイラルを思い出したけどよくあるネタだしね。
こどもブロイラーが再び出てきたけど予想以上にエグい。
良くも悪くも“いかれてる”演出だなぁと思いました。
「これから皆さんを粉々にします」って冷静に考えると凄い台詞だよね。
桃果は人間離れしすぎだよね・・・。
ゆりの話聞いてるとそれぐらい出来て当然なのかもしれないけどさぁ。

陽毬を人質に取られ多蕗暴走冠葉決死の救出劇と盛り上がったはずなんだけど
幕引きがあっさりだったのと晶馬が結局間に合わなくて
このシーン自体はあんまり印象に残らなかったな。
ゆりとの会話を見ると本当に何がしたかったんだろうと思う。
多蕗の言葉を信じるなら冠葉はやっぱり組織絡みか。
それなら具体的な話は最後まで出てこないのかもしれないな。

今回のメインはやはりサブタイにもなっている台詞。
苹果の「だから・・・」からのサブタイ表示は鳥肌が立ちましたよ。
苹果ちゃんがヒロイン過ぎるけど、ここで目立つと死亡フラグにしか(ry
素直な気持ちを聞いてそれでも晶馬は苹果を拒むのかなぁ・・・。

輪るピングドラム 第17話

★輪るピングドラム 第17話 「許されざる者」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

タコと刃物投擲とエレベーターはどうしてもウテナを連想するけど
狙ったパロなのかなぁ・・・。
AT-Xではちょうどウテナが毎週2話のペースで放送されてるから尚更ですね。

最近、影の薄かった多蕗が本気を出しそうな気配。
どの程度まで事情を知ってるのかなと思ったけど
ゆりさんと目的が一致してて一緒になってたのね。
まぁ、桃果と深く交流がある時点で知ってて当然か・・・。
苹果にレズプレイ強要したことまで知ってるかはわからなかったけど(笑)
ゆりに高倉家への憎しみを諭すようなことを言ってたのに
実はゆり以上に憎んでいたのでゆりの言葉で動かされたのだろうか。

対立と言えばゆりと真砂子の方も気になるところ。
陽毬はりんごが居るからなんだかんだで大丈夫そうだけど
罰を与えるという発言がリンクしてるのが気になるな。
ニアミスばかりだった主人公ズはちゃんと次回絡めるのかな?

輪るピングドラム 第16話

★輪るピングドラム 第16話 「死なない男」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

真砂子の事情が語られたような語られなかったような・・・。
そんな真砂子の当番回と思ったらほぼギャグ回だったでござるの巻。
夢オチネタの繰り返しとか見てると凄く幾原っぽい。
ウテナの七実回を見ているようだ・・・タコとか蛇とかね(笑)
それでもちゃんとシリアスな部分と伏線混じってて無駄がないのも“らしい”。

そして久しぶりの生存戦力は変則!
文字書いてこっちみて発動は卑怯すぎる・・・吹いたじゃねえか。
EDといい色々とイカレちまった回だったな。

昔のアニメはこういうギャグ回がちょこちょこあったもんだけど
最近は深夜アニメ+1クール多くて2クール主体だから
あんまりそういう話の使い方は出来ないんだろうなぁ・・・。
あればあったでなんじゃこりゃ的な反応が多そうだし
時代のニーズというか風潮的なものかなー。

シリアスな部分に触れるなら冠葉の黒さがどんどん増してるけど
渡瀬の行動を把握してない以上黒幕という感じはしないんだよな。
寧ろ、現実世界での非合法的な何かを匂わせてるような。
真砂子の父親も冠葉に荷担してるとかね。

輪るピングドラム 第15話

★輪るピングドラム 第15話 「世界を救う者」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

新OPキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
・・・けどなんだか全体的な雰囲気が変わった気がしないな!
相変わらず燃えてる苹果ちゃんは本編の内容といい死亡フラグが・・・。

今回は苹果貞操の危機にたまたま居合わせた晶馬突入やら
真砂子さんが日記のもう片方を求めてすり潰しに乱入。
女同士のシュールな戦いはもう少し見たかったな。
戦闘では真砂子の勝利だろうけど、結果的な勝者は日記を守り抜いたゆりか。

そんな今の出来事も大切だったけど
今回はゆりの回想で桃果がしっかり描かれたことの方が重要か。
桃果がまさかの愛生さんで俺歓喜!
というのはさておき、遂にピングドラムの力が明らかに。
桃果曰く、運命を乗り換える力があるが、代償が必要とのこと。
ゆりは過去にその力で救われ、桃果と会えなくなったので
今度は自分がピングドラムで桃果を救いたいと思っている、と。
ゆりさんはアレ、どう見ても近親相姦の暗喩だよなぁ。

さて、ゆりサイドの話が固まってきたので次回は真砂子回かな?
後は謎が多い多蕗もかなり怪しいですが・・・。

輪るピングドラム 第14話

★輪るピングドラム 第14話 「嘘つき姫」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

苹果が恋する乙女すぎてあざとさ含めて毒抜け可愛すぎる件。
このまま晶馬とくっついちゃいなYO!という
俺の幻想は瞬時にぶち殺されたわけですが。
晶馬が病んでるってレベルじゃねーぞ。
家族以外の付き合いを無くすレベルに虐げられてきたんだろうし
他人の好意に臆病になる気持ちはわかるけどさぁ・・・。
今まで、あの傍若無人な苹果に付き合ってきたのに
いきなりこの突き離しは晶馬の好感度ダダ下がりだよ・・・。

冠葉が金をもらう行為はあまり褒められたものじゃない
&仕事のように振る舞われているということはまさか両親絡み?
組織がまだ動いていて手を貸してるなら確かに褒められる行為ではないな。
あの大金を短期間で用意するのは闇の仕事かギャンブルぐらいだろうしなぁ。

そしてそんな展開を全て吹っ飛ばすゆりさんの百合っぷりに吹いた(笑)
名前がまんまだし幾原作品だし百合要員は居ると思ったけどさぁ!
吹っ切ったおかげで苹果からゆりへの態度が軟化してるのはいいけど
いきなり車で旅行で連れ出して強引な手段に出るレベルの百合とは・・・。
多蕗とはなんだったのか。
運命で繋がっているという台詞からなんとなく互いに合意の上なんだとは思うけど。
さて苹果の貞操はどうなるやら・・・気になる次回です。

輪るピングドラム 第13話

★輪るピングドラム 第13話 「僕と君の罪と罰」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

渡瀬さんのスーパー一人語りタイムはじまるよー。
これと回想がメインだったおかげで話はあんまり進まなかったな。
とりあえず、陽毬が目覚めて良かった。
3号が透明になって倒れてるシーン見て泣きそうになったよ・・・。

クールの区切りということもあってか情報整理という意味合いが強い回でもあったかな。
両親は「帰ってない」発言をストレートに取れば逃亡中だけど
死刑になってるのを陽毬に伝えられなくてそう言ってる可能性もあるか。
それぞれが思う「運命」という意味の独白が印象的でした。

渡瀬の語りの中にはかなりのヒントが隠されてましたね。
「恋人」と呼ぶ女の子は桃香そっくりでしたが・・・。
そうなってくると全てを理解してる渡瀬と同じという桃香が
デスティニーノートを遺したのも納得出来るしね。
帽子に対しても「恋人」と呼んでたということは=桃香なのか?
帽子が複数ある理由やプリクリの人格がどうなってるのかはわかりませんが。
雲を掴むようだった話が少しずつまとまりを見せてきましたね。

そして苹果はもう完全に吹っ切れたのかな?
多蕗先生との会話や父へのメールはそういったニュアンスを感じます。
このまま晶馬一直線になってくれればきれいな恋する苹果さんが見られそうだな。

輪るピングドラム 第12話

★輪るピングドラム 第12話 「僕たちを巡る輪」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

サリンとは言ってないけどまぁ地下鉄サリン事件だよね。
少なくとも元になってることは確かだろう。
その実行犯の幹部が高倉家の両親っと。
兄弟が生まれたから実行したというニュアンスは取れなかったけど
それでも晶馬は自分達が生まれたせいで、と思っているのか・・・。
今のところ、サリン事件に触れた意味は見いだせないけど
OPに最初からあった「95」の文字や両親にもう会えない理由が判明してすっきり。
せっかくタブーに触れたんだから、出来ればそれ以上の理由を見いだして欲しいですけど。

回想の中で何気に衝撃的だったのは
幼い多蕗がカイジよろしく指を縫合したような痕があったこと。
偶然目覚ましがならなかったことも気になるし
“運命”として生き残らされる理由があったということだろうか?

そして後半も怒濤の展開です。
渡瀬が積極的に物語に介入、忠告通り陽毬の二度目の死。
プリクリの言う生存戦略とはやっぱりそういう行為なんだろうな。
直接描写はないけど脱衣という行為がそれを仄めかしてるし。
上記のサリン事件の合図も「生存戦略」だったのが気がかりだけど。
渡瀬の連れてる2人がクロウサ・・・黒ウサギか?

晶馬の語りのように陽毬がここで退場するとは思えないけど
この先どうなるかどんどん想像が付かなくなってきました。
苹果は晶馬の話を聞いての具体的な反応もまだ示してないし
まだまだ謎が多すぎますね。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。