説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪廻のラグランジェ 第12話

★(終)輪廻のラグランジェ 第12話 「またいつの日か、鴨川で」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

次回予告からしてどんな最終回になるんだ?
と不安の方が多かったんですが、終わってみると良い最終回だった。
というか、アバンでいきなりゆりゆっらっらと始まって
1話飛ばしたのか、前回の引きの記憶が間違ってるのかと思ったよ・・・。
ランからの告白だとガチっぽく見えたんだろうな(笑)

前回の続きは回想という形で補完。
結局、まどかが何をしたかっていうと花を降らせただけ。
それには何か意味が・・・「輪廻」が絡んでるんだろうけど分からずじまい。
謎の海岸は心象世界?ミドリの中?
話してる相手はユリカノでユリカノは自分の意思でそこに居る、と。
戦闘自体はディセルマインの艦隊が地球に到着して決着。
このままだとヴィラジュリオの身が危ないと察しムギナミは離脱。
それを行かせるランはムギナミとちゃんと絆が出来てるんだなーと思いました。

ランはディセルマインの迎えと共にいったん帰国。
輪廻を大喜びしてたモイドさんも一緒に帰っちゃったけど
こちらも結局何がしたかったのか謎だなぁ・・・。
ミドリは動かなくなったから置いていったんだろうけど
オルカはランと共にレ・ガリテに持って帰ったのかなー。
別れは悲しいというより、2期あるんだから再会絶対するよねっていう(ry
ランと別れてから我慢してた涙が溢れるまどかは良かった。
っていうか今期の石原夏織は泣きすぎや!主に柑菜だけど!
エピローグではしっかりジャージ部の活動で元気を取り戻したようで何より。

ムギナミはエピローグでまどかに手紙出してたけど
ウォクス持ち逃げとほぼ同意義なのにそんなことやってても大丈夫なんだろうか。
というより、どうやってその手紙は届けられたんだ。
三馬鹿はどういう経緯かBWHで働くことになっててワロタ。
まぁ、帰る手段無いんだからしょうがないのか・・・。
知られてるかはわからないけど、鴨川の英雄だしこのまま鴨川愛に目覚めて欲しいな。

色々と謎を残したままですが話自体は綺麗な最終回になったかなー。
最後にアステリアが「この宇宙を安寧と惨禍で創った永遠のループに引き込んだ魔女」
とか謎を更に増やしていったけどな!
輪廻=ループって考えると、2万年前に輪廻を開いたのはアステリアか?
ループというのはまんまの意味では無く比喩なのかもしれないけどね。
闘争の繰り返しを云々っていうのはよくあるテーマだと思うし。
まぁ、元々分割2クールなので謎が残るのは予想済み。
それだけ2クール目が楽しみってもんですよ!

1話の最初に繋がるような終わりで最後までラグりんらしくて良かった。
どこが面白かった?と聞かれると「雰囲気」という曖昧な回答しか出来ないけど
2期にはかなり期待してます。
スポンサーサイト

輪廻のラグランジェ 第11話

★輪廻のラグランジェ 第11話 「鴨川絶対防衛ライン」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

待ちに待った戦闘きたー!
遠距離射撃+盾のランと攻撃特化のムギナミというコンビも良いな。
今までウォクスのタイプを活かした戦闘があまり見られなかったので
きっちり役割分担出来た戦闘が良かった。
ヴィラジュリオはそれすらも読んでいて各個撃破→基地を直接砲撃
という作戦を取り、ムギナミとのタイマンに持って行きましたけど。
ムギナミ殺す気満々な気がするんだけど、やっぱりガチで嫌いだったのかなぁ。
どうしてもヴィラジュリオが悪人に見えないのは性格によるものなんだろうか。

まどかの出撃許可が正式に下りたのは意外でした。
アステリアを説得したのがようこさんということも含めて。
ようこさんは初期の頃から考えられないぐらい物語に影響力高くなってるなぁ。

三馬鹿共闘フラグが回収されたのは嬉しかったけど
いまいち鴨川側についた理由がはっきりとわからないなー。
ユリカノ云々が全然語られてないからだろうか。
ピンチに駆けつけるという展開は王道故に熱い!
というか、彼らが居なかったら鴨川\(^o^)/オワタになってたので
今回、最も仕事をしたと言っても過言では無いのでは。

燃える展開で盛り上がってたらいきなり話が暗くなってワロタwワロタ・・・。
ようこさんは活躍したのが仇となったのか初の戦闘の犠牲者になりそうな。
そもそも、学校からとっとと避難しろよ!人文字とか作ってるんじゃねえよ!
という話ではあるけど、危機感あんまり無かったんだろうなぁ。
一部で有名なジャージ部が守ってくれるから大丈夫的な。

まどか復活から間を置かないでの暴走は急展開で驚きました。
気持ち悪いとか結晶化チックな演出とか
なんだかセカイ系なノリを漂わせつつありますが・・・
とか思ってたら次回予告の映像で吹いた。
これ完全に旧劇エヴァの(ry
分割の2クール目は7月からの予定ですが、1期はどういう終わりを迎えるのか楽しみ。
2期が2周目とか何百年単位で時飛んでたりしたらそれはそれで面白い。

輪廻のラグランジェ 第10話

★輪廻のラグランジェ 第10話 「さらば鴨川」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

さらば鴨川とは何だったのか・・・。
というわけでサブタイと打って変わっての日常回。
また戦闘無かったよ!
そういえば、おらが祭本番がまだだったんだ。
今回で日常終了ということかなぁ?>サブタイ
残り2話やテロップで発表という斬新な発表をした2期は戦闘メインなのかなー。
分割2クールなことはとっくにわかっていたし
放映時期も7-9月っていうのがググれば出てくるんだよなぁ。
今回の一部ヤバイ作画を見ると、時期が延びる可能性もありそうだけど。

そんなわけで、今後貴重になりそうな日常回です。
ランが相変わらずキャラブレなくてワロタ。
恐がりランちゃんとそれをからかうムギナミの構図は微笑ましいなぁ。
まとめ役やリーダーという立場が他よりちょっと引いた位置なのは仕方が無い。
今回はその寂しさがモロにまどかに影響を与えてた。
それを面識の少ないのに察するアステリアも凄いな。
根本にあるのが嫉妬等ではなく、失うことへの恐怖なのがまどからしくて嬉しいな。
やりたいと思った時には行動してる所とかもね。

みどりが呼応するタイミングは思ったより早かったなー。
てっきりランムギナミがピンチ→みどり起動かと思ったのに。
ともあれ、これでウォクスに意思があることが更に濃厚になったか。
その辺の設定どう活かされるか楽しみだなー。

次回はやっと戦闘が盛り上がりそう!
絶対防衛ラインというサブタイがフラグにしか見えないのが不安だけど。

輪廻のラグランジェ 第09話

★輪廻のラグランジェ 第09話 「勝浦発→鴨川行」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

重要っぽいキャラにまさかの伊瀬ちゃんで俺得!
・・・語られてる所を見ると回想でしか出番なさそうで泣いた。
漫画版ではメインキャラっぽいのに・・・。
寧ろ、漫画が三馬鹿メインだということを調べてて初めて知りました。

そして今回はそんな三馬鹿のアニメでの当番回。
キリウスもイゾもアレイもやはり色々味があって良いキャラしてるよね。
アレイの服をカードで買えと突っ込むキリウスにワロタ。
まどかの人ととなりに惹かれつつある気配はあるし
ヴィラジュリオの「自由にしていい」発言で共闘フラグ立ったか?
もうちょっと直接絡んでくるかと思ってたのに
全員ニアミスなのはなんとも三馬鹿らしい・・・。
次に互いを認識して出会うのは戦場なのかなぁ。

次回はサブタイ的に物語動きそうな気配ですね。

輪廻のラグランジェ 第08話

★輪廻のラグランジェ 第08話 「鴨川ロリータ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

またもや戦闘無しだったけど話が動いてきました。
新キャラであり偉い人であるアステリアの登場で色々回収してきた感じ。
「伝説」に関して具体的なことは視聴者には説明されなかったけど
少なくともまどかはその話を聞いたようだ。
2万年前には高度な文明があって一度地球人類は滅びかけている。
その時に銀河に脱出したのがランやムギナミの先祖達、と。
これでウォクスが地球に存在した理由や
宇宙人であるラン達がすんなりと組織だって受け入れられた理由も納得。
まどかがミドリと運命を感じてることもあって
「輪廻」がまんまそういう意味なのかなぁとかまだまだ秘密はありそうだ。

アステリアが裏でヴィラジュリオと繋がっていたようですが
ウォクスの受け渡しは拒否。
モイドはランの兄ディセルマインからウォクス回収命令を受けていたりと
真に危険なのはディセルマインの勢力なのかなぁ。
ウォクスが再び必要になったちゃんとした理由も語られてないしね。
国家間の紛争っぽいのは伝わって来ますが・・・。

ミドリ凍結を受け入れるまどかさんはマジイケメンすぎた。
凍結はピンチに駆けつけるフラグか暴走フラグだと思ってる。
まどかの懐かしい感じという直感が正しいならウォクスに意思があっても良さそうだし。
EVAみたいなことになりそうだなーとか予想してみる。

と、サブタイの割にはかなり真面目な内容だった気がしますが
相変わらずキマシタワーの建造に余念が無かったり
胸を揉まれたり尻を触られたまどかの反応が可愛かったり
姿を消してたアレイがアステリアのメイドになってたりとネタ要素も豊富でした(笑)

次回も日常回っぽい?
遂に三馬鹿とまどかが絡むとか胸が熱くなるな・・・。
ロボ戦も見たいけど、三馬鹿の良いキャラが最近活かされないのは勿体ないし
ミドリ凍結ということでまだ戦闘休みでも耐えられるな。
戦闘回も日常回も面白いしね。

輪廻のラグランジェ 第07話

★輪廻のラグランジェ 第07話 「曇り のち 鴨川」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

前回の引き、輪廻とは何だったのか・・・。
ということで、普通に前回からの続きでしたが
まさかナチュラルに日常に戻ってくるとは思わなかったよ!
結局、あの宇宙花が出た後に戦闘終了でそのままお開きだったのか。
「輪廻」に関しては次のシリアスで触れられるのかもしれないけど
モイドが司令をはぐらかした所から進展は無さそうだなぁ。
ランやムギナミは伝説を知ってるみたいだからそこは触れないのかなー。

・・・まぁ、そんなことより今回はサービス回を楽しもうぜ!
うなぎや風呂や全裸やウェイトレスとまさかのてんこ盛り。
なんというあざとさ・・・ムギナミぐらいあざといいい。
鴨川では女子高生が全裸で泳ぐのが習慣なんですね。
よし、今から鴨川行ってくる!
元々ランが百合気質っぽかった所にムギナミが来たもんだから
二人でお風呂や全裸といい、一気にキマシ空気になってきたな・・・なんという俺得。
まどかが男前すぎるから、まどかからはそういう空気感じないんですけどね。
ドジっ娘だったり百合だったり寂しがりだったりランのキャラは忙しすぎる(笑)

とまぁ、確かにサービスメインではあったけど
ムギナミの境遇が明らかになったり普通にいい話だったりと
まどかの家族宣言で号泣するムギナミを見てもらい泣きしそうになったよ。
・・・直後の全裸で本当に台無しだけどな!
回想見てるとやっぱりヴィラジュリオさんが悪い奴には思えないなぁ。
ムギナミもちゃんと謝れるし、罪悪感で出て行こうとするぐらい良い子なので
適度に腹黒部分も残しつつも仲良くやってくれると嬉しいな。

次回はまたローカルな話題っぽいような・・・。
その割りにはサブタイが気になりまくりなんですけど。

輪廻のラグランジェ 第06話

★輪廻のラグランジェ 第06話 「風と火と水と鴨川と」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらずラグりんの敵キャラは憎めないやつばかり。
鴨川エナジーは絶対ヤバイ成分入ってるよ・・・。
適合できない人物が飲むと副作用とかそんな感じだよ(笑)
これ専用の自販機がある鴨川恐るべき・・・。
ランはオチ担当が定位置になってしまったな。

ヴィラジュリオのノリもたいがい良かったけど
予想以上にムギナミを殺しに来てたのは驚いた。
あれ妨害されなかったら確実に直撃コースだったよね。
直撃してもウォクスなら耐えられると踏んだのか?
それとも本当に邪魔だと思っていたか。
どうやら目的は「輪廻」だったようですが。
同型だろうし誰かのウォクスが「輪廻」を開けばそれで良かった?
「輪廻」に関してはモイド的にも良い展開なようで。
・・・正直、現状モイドが黒幕にしか見えない。

輪廻が開いたと思ったら、次回予告ではうなぎ日常回とか
どこをどうしたらそう行き着くんだよ!
「輪廻」という言葉から連想するのは転生やループですよね。
おそらくランが言っていた「伝説」はコレが絡んでるんでしょうが・・・。
先が気になる良い引きだなー。

輪廻のラグランジェ 第05話

★輪廻のラグランジェ 第05話 「鴨川に来た男」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

ヴィラジュリオさんの変貌っぷりに吹いた。
回想のヴィラジュリオさんはいぬぼくに居たよな!(笑)
というわけで、今後キーになりそうなヴィラジュリオさん本格登場。
その正体はムギナミの血の繋がらない兄であり
ランと敵対する組織の人間だったようです。

キリウス達3人との繋がりもいまいちわからないし
戦争をしてる理由も作中で語られてないので何とも言えないんだけど
どうにも本当の悪人が存在しないような気がしてならないですね。
ムギナミちゃんあざと可愛い!絶対敵だろ!
と思ってたら裏切り→ヴィラジュリオから切り捨てという怒濤の展開だったけど
ムギナミも悪い子に見えないし、
ヴィラジュリオはムギナミを戦争に巻き込みたくなくて突き放したようにしか見えないよ。
この戦争の理由が判明すれば、もう少しキャラに感情移入出来そうなんだけどな。
そういう意味では、まどかのよくわからないけど協力してるという主人公像は
視聴者に近い位置にあって感情移入しやすくて良いのかもしれません。

次回は久しぶりの戦闘回!
まどかの怒りもあって今までで一番ガチな戦闘回になりそう。
ムギナミがどうなるのかも気がかりですね。
ウォクスがそれぞれ別タイプだしOP&ED的にも協力するんだろうけどなー。

そういえば、今回はやたら口癖がゴリ押しだったような・・・。
そんなに流行らせたいor相手に使わせたいのだろうかとか思ってしまった。

輪廻のラグランジェ 第04話

★輪廻のラグランジェ 第04話 「鴨川スイマーズ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

3話連続戦闘パートがある回でしたが今回は初めての日常オンリー回。
ムギナミも正式に登場したり新キャラ登場したりと
日常パートに伴ってキャラも出揃ってきました。
ムギナミさんは明らかに色々と探ってる様子はあるけど
それ以上にあざとさ全開すぎてワロタ。

ムギナミが登場したことでランが嫉妬するような描写が増えたことが嬉しいなぁ。
何をやってもドジっ娘でダメダメなラン可愛い。
そりゃ姫とか呼ばれてるもんなぁ・・・。
予想以上の百合空気でなんという俺得。
まどかの熱血前向き、ランのクールドジっ娘、ムギナミの天然腹黒のバランスは良い。
ギャグも良かったし日常回でも安定してるなー。

次回は謎の新キャラのヴィラジュリオとまどかが邂逅か。

輪廻のラグランジェ 第03話

★輪廻のラグランジェ 第03話 「鴨川にランの花咲く」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

まさかの1話ほぼまるまる戦闘回!
・・・に見せかけたギャグ&ラン回だったよね(笑)

ずっと戦闘してるのに雰囲気があまりシリアスにならなかったり
被害そこそこ出てるのに暗くならないのは良いな。
それにしても、まどかの鴨川事情通っぷりはさすがジャージ部だぜ!
サブタイといい、鴨川という単語がそろそろゲシュタルト崩壊しそうだ。
本人達は生死かけてるレベルではないとは思うけど真面目に戦闘してるのに
白刃取りミス→敵が勝手に勘違いを天丼したり
まどかが戦闘しながら、いきなりズコーな曲を歌い出したり突っ込み所満載だよ!
自販機を信号で打ち返すシーンとかも好きだなぁ。
あれぶっちゃけ飛ばした先に人居たらアウトだよな!

それにしても、ピンポイントで空き地に着地させたりまどかの操縦技術はやはり凄い。
戦闘シーン的にはまどかにあまり良い所が無かったのが残念。
またプロレス技を見られると思ったのに・・・!
三度目の正直!と思った白刃取りもランが成功させてたしね(笑)
ランの言う伝承やキリウスの言う伝説なんかはまだまだ明かされないのかな。
「輪廻」という単語や海の中に居るような描写は関係してそうだけど。
とりあえずは3人揃わないとね・・・ってことで次回からムギナミ本格登場かな。

進行が若干遅く感じるけど、じっくりやって欲しい部分をじっくりしてるので問題なし。
キャラもロボも魅力的なので全然苦にならない。
2クールあるんだしまだまだ日常パートを楽しむ余裕はあるな。
今回芽生えた同志、友情を育んで行って欲しいしね。

輪廻のラグランジェ 第02話

★輪廻のラグランジェ 第02話 「鴨川スピリット」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

まどかとことん前向きだなー!
女の子なのに怖がってる様子も皆無だし
出来ることなら助けてあげたいというのがジャージ部と噛み合ってる。
今回、多少の苦戦もポジティブに乗り越えたし
ロボモノで攻撃されてるのに敵味方共に雰囲気明るいのは珍しい。
っていうかこの敵の男子達は絶対仲間になりますよねぇ!

未だにあまり話が見えてこない所ではあるし
ムギナミ迷子とかも有耶無耶にされて戦闘優先になった所ではあるけど
作品全体から漂う明るい雰囲気のおかげであまり気にならない。
戦う理由に関してはよっぽど生死の危険を感じない限りは
ジャージ部だからで通せそうな雰囲気とまどかのキャラですしね。

今回で決着付かなかったので次回も初っぱなから戦闘パートだろうし
3話連続でクオリティ高い戦闘パート見られるとは思わなかった。
戦闘が若干地味なのだけがマイナスぐらいかな?
何か武器はないのか・・・!

それにしてもライドすると露出度が上がるぴったりスーツはエロい(笑)
バイクっぽいコクピットでこのアングルは既視感あるけど思い出せないな。
まる!のゴリ押しとワンは果たして流行るのか・・・。
順当に面白く、続きが楽しみになる良いロボアニメですねぇ。

そして次回のサブタイも鴨川・・・まさかずっと付くのか!?

輪廻のラグランジェ 第01話

★(新)輪廻のラグランジェ 第01話 「ようこそ、鴨川へ!」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

日産がデザインを手がけたロボにProduction I.Gが原作を載せ
XEBECが手がけるオリジナルアニメ作品。
例によって例のごとく前情報無しでの視聴。

画面が全体的に白いというか淡いのが気になったけど
主人公の女の子、まどかのキャラが掴みやすく好感持ちやすかったし
ロボと出会い搭乗し、敵を倒すというロボアニメの王道を行ってるのはGOOD。
その倒し方がプロレスだったり機体性能というよりも
まどかのパイロット能力で打ち勝ったように見えるのはちょっと新しいかも。
1話から光渡し無しの嫌味にならない程度のお色気描写に
キャラからロボからの作画が全体的に素晴らしかったので掴みはかなり良かったかも。
後は舞台背景がすんなりと頭に入ってくるような作りなら視聴もしやすそうだなぁ。

・・・それにしても鴨川が舞台である意味はあったのだろうか。
2話連続サブタイに鴨川が入ったアニメなんて前代未聞のような。
日産推しなら横浜で良かった気がするし謎だ・・・。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。