説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろとりどりのヒカリ感想

★「いろとりどりのヒカリ(FAVORITE)」クリア。

1ヶ月経ったし読了後の余韻も落ち着いたのでネタバレ全開の感想を。
特に個別の感想からはネタバレ全開なのでプレイ予定の方は注意!


「いろとりどりのセカイ」のファンディスク・・・という名を被った続編です。

前作「いろセカ」の感想はこちらからどうぞ

FDとは一応言ってますが、どう見ても続編です本当にありがとうございました。
いろヒカをやった後では“いろとりどりのセカイ”は“いろとりどりのヒカリ”を以て完全になると言っても過言では無い。
いろセカプレイ時の疑問点や不満点は大体補完してくれたのは良かったです。
代わりに新たな不満も出たりするのですが・・・それはまた後述。

勿論、FDらしいイチャラブ分もきっちりあります!
FDだから当たり前と言えば当たり前なんですがいろセカプレイ前提の作品だったりね。
ただ、一般的なFDチックなものを想像すると肩すかしを食らうかも?
何度も言いますが、本当に続編と思ってプレイするのが一番ですね。
それと前作プレイしてる方はわかりそうですが、オールクリアがほぼ前提の作品なので途中でめげそうになっても是非ともオークリアを目指して頂きたい。

両作品の合計プレイ時間は50時間(どちらも25時間弱ぐらい)で収まると思いますが、さすがに今からいろセカからのプレイはオススメし辛い・・・しかし、それだけの時間(とお金)をかける価値は十分ある作品です!
多分、自分はしばらくこれを超えるエロゲに出会えないんじゃないかなぁ・・・そもそもあまりプレイしませんが。
いろセカ共々“真紅ゲー”と言えるので、いろセカ体験版などで真紅が気に入ったんなら是非プレイしてもらいたい作品です。

今回はちょっと気合を入れて感想を書いてみようということで項目を細かく分けてみます。

スポンサーサイト

いろとりどりのセカイ感想

★「いろとりどりのセカイ(FAVORITE」クリア。



ウチでエロゲの感想を扱うのは何年ぶりだろうかというレベルですが
去年は1シリーズ2本やりましたが、それ以前はいつやったっけ
というレベルでエロゲから離れていたのでそれも当然の話か。

情報集めなくなって久しいですが「星メモ」に去年どハマリしたので
同メーカーの新作である「いろセカ」は発表当時から注目してました。
2度の延期を挟みながらもようやく発売、プレイ出来たので感想を。

ジャンルは“優しい魔法がふたりを繋ぐ恋愛ADV”ということで
不思議な学生寮、嵐山荘をメインに様々なセカイと繋がり
“恋”を知ることを目的とした魔法使いの少女・真紅と共に
主人公鹿野上悠馬がヒロイン達と共に過ごしていくそんな作品。
悠馬は真紅に与えられた“治癒の力”を持っていたり
寮の地下室にある古時計から異世界に移動できるという
少しファンタジーな部分もありますが基本的には萌えゲーです。

シナリオ担当があまり実績の無い方なので
数時間ぐらいプレイ出来る体験版を先にプレイすることをオススメします。
「星メモ」同様に共通パートの長さやウザさを感じるキャラもいるしね。
デモがeufoniusのアレセイアと共に作品の雰囲気を表してるのでそちらでもいいかな。

攻略順は真紅が4人攻略後のみ攻略可なこと以外は特に無し。
加奈と澪がシナリオ的には長いけどシナリオは両極端。
サブキャラまで広げた伏線回収は加奈ルート。
澪ルートは異世界関連の話やヒロイン中最も多いHシーンやら
まったく興味無さそうな澪がとあるイベントで・・・という構図が面白いルートです。
鏡とつかさは真紅加奈澪がセットの集合絵になってることも多いし
サブヒロインみたいな扱いなんだろうなぁ・・・と思ってたら案の定。
ただ、短い中でも鏡ルートはそれなりに重要な伏線も多い。
つかさルートは本筋にあまり絡まないけど鏡ルートとはセットな印象。
自分の攻略順は鏡→つかさ→澪→加奈→真紅でした。

肝心の真紅ルートですが、開始早々一杯食わされましたよ!
悠馬がトップシークレットに関わりあることはなんとなく予想通りだったけど
まさか話自体が次元1つ違う展開になるとは。
真ルートで全てが明かされるという構造と“その中”で成長していく物語はツボ。
こういった設定の作品は多々ありそうですが世界観とのマッチが好みでした。

決断を迫られ、苦渋の選択をするものの割とあっさりとハッピーエンドになる所は賛否両論かも。
そもそもの発端は悠馬だし悠馬がやってきたことは許されることではない。
それを許して真紅とくっつけちゃう藍ちゃんが万能天使すぎるけど
悠馬と真紅は十分苦しんだと思うのでハッピーになって良かったという想いが強いかな。
互いを思いやる愛情が深く伝わった来たし
とにもかくにも真紅が可愛すぎるので大抵のことは許せる気がします。
一応、みんなそれぞれ救済というか幸せになれるような配置に最終的になったしね。

基本的には設定、世界観ともに素晴らしかったんですが
設定の詰めの甘さというか分かりづらい部分が結構あったのが勿体ない。
“いろとりどりのセカイ”から繋がっていた異世界はどこまで本物なのかとかね。
藍との再会を考えると実際に存在するセカイとも繋がっていたんだろうけど
個別ルートに関わるキャラが登場するセカイが本物だと辻褄が合わない。
よって、他4人が関わってる異世界や商人の街は込みだったのかな、と。
後は構造上仕方が無い部分もあるけど回想が多いので
説明が回りくどく冗長に感じた部分が多かったのはマイナス点ですかね。

キャラ的には圧倒的に真紅、次いで鏡かな。
他3人はあまり差はないけど敢えて選ぶならツンデレ澪ちゃんでしょうか。
個別ルートに行こうとしてるのに共通の真紅が可愛すぎて
他ルートに行くのを躊躇するぐらい真紅の可愛さは反則的だと思います。
日記を書くとき膝の上に乗ってるCGと
真紅のテーマである「紅い瞳に映るセカイ」は何度も拝むことになるので印象的ですね。
一番好きなシーンは真紅ルートではなく、共通の夢の中で真紅の手を引く某シーン。
あのシーンを見た瞬間、あぁもう真紅しか無いじゃないかと思いました。
そこで流れるアレセイアのアレンジがまた秀逸で・・・。
余談ですが、キャストがどこか聞いたことある声が多かったりするので
某パンツじゃない作品とかアイドル好きな人にもオススメかもしれない(笑)

総合的な完成度では「星メモ」を超えることは出来なかったと思うけど
真紅だけは個人的に星メモヒロインを超えましたね。
ライターにクセはあるけど「星メモ」が好きだった人はプレイする価値あるかと。
ヒロイン特化型かつシナリオ特殊なので手放しに勧められる作品じゃないのが残念です。

それにしても真紅ルートアフターが待ち遠しすぎる!

ひぐらしのなく頃に解

とりあえず前文はネタバレの無い感想を・・・。
「続きを読む」はネタバレだらけなので注意
(知り合いに指摘されてややこしい表現だったなと反省orz)
もしネタバレ踏んだ人居たらマジでゴメンナサイ・・・。

俺はコミックスで問題編を補足し解だけ原作プレイ。
一応そういう視点ということを前置きに。

一言で言えば大変満足でした・・・。
もう喋るとなにもかもネタバレになりかねないので詳しい感想は続きに。
一つ言えることはコミックス+解でも十分堪能出来るということ。
コミックスからひぐらしに興味持った人は俺だけではないはず。
解やろうかなーと思っててコミックスだけで大丈夫だろうか
と思ってる人は問題ないです。今すぐプレイしましょう止まらなく(ry

というわけで追記に各編毎の感想やらなにやら。
今更感もあるので短めに。

ひぐらしのなく頃に解4

終わったあぁ・・・・。
とりあえず罪滅し〜祭囃しはガチで泣いた・・・。
ていうか限界なんでひとまず寝ます・・・orz

ひぐらしのなく頃に解3

皆殺し編終わりー!
確かにここで殆どの謎が明らかになった。
これは確かにコミック同時進行は無理だね。開始1分で凄いネタバレだし(笑)
とりあえず今はwiki見て残った謎を整理、そして推理中。
残ってるアニメは少ないし反応とかもあるんだけどさっさと終わらせちゃおうかなー。
ただ終わりに向かってるのが寂しくもある。
一気にやってる俺でこれなんだから発表当時からやってる人はそういう気持ち強いんだろうなぁ。
祭囃し編終わった時のその人達のカタルシスを完全に体験できないのは残念ですよ。
ではひぐらし完結へ向けて・・・。

ひぐらしのなく頃に解2

罪滅し編\(^o^)/オワタ
おかげでアニメ消化が(ry
ゼーガは昨日の段階で消化してたので感想書くだけでしたけど
今日は寝落ちしつつもひぐらし優先したのでアニメはノータッチでした(爆死)
辛うじて感想だけ書きましたけど他のは明日以降にどばーっと書きそう。

罪滅し編。
圭ちゃん熱すぎ。これはアニメやコンシュマーの演技が楽しみでなりませんね。

ひぐらしのなく頃に解1

やっとスタート!
とりあえず目明し編終了。
多分感想は全部終わってから書くような気がするけど
経過はこのカテゴリーで書いていこうかな。
思い立って目明し始めたら面白くてずっと読んでましたよ・・・。
アニメは一応チェックしてるし感想も自分の中での許容範囲を
超えない程度には早く書くつもりです(何
ゼーガの感想は明日になるかな。

あぁ、後メディアミックス関係で質問というか
同人やらアンソロやらアンソロノベル、ドラマCD
何かひぐらし関係でオススメあれば教えてもらえれば幸いです(笑)

とりあえずバイトに・・・。

ToHeart2 まとめ2

システム面。
コンシュマーのギャルゲを殆どしない俺ですが
PCと違ってやっぱり回想とか難しいんですかねぇ・・・?
回想はやっぱ欲しいなぁと思う。
後はメッセージスピードが変更できないのと強制スキップが無い点。
それだけがシステムで気になりました・・・・。
セーブロードはまぁしゃあないですし。
もし移植があるならそこらへんは改良して欲しいですね。

サウンド面。
昨日も結構書いたのですが書き忘れがあったので。
それは挿入歌
東鳩Rみたいに頼り切らないのは素直に評価できるんですけどね。
せめてOPとEDをキャラによって使い分けて挿入とかにすれば
よかったんじゃないかなーと。愛佳ならEDとか。
新たに挿入歌があればなおさら嬉しいんですけどね(笑)

アニメにしろゲームにしろ挿入歌って結構大事な位置づけと思うんですけどね。
こないだの舞-HiMEの記事でも挿入歌について書きましたけど。
あるなしでは感動がかなり違います。
まぁ、その代わりに「Feeling〜」や「それぞれの〜」があるんですけどね。
↑の2つのアレンジ+ボーカルありとかだったら良かったのに。

まぁ、これはちょっとわがままかな・・・(笑)

ToHeart2 まとめ1

出来る限りネタバレなしでまとめを書いていきたいと思います。



いやー、ホント楽しかった。
突出して面白いってわけじゃないんだけどなんだろうこの面白さ。
やってる間に寝落ちとかもあったんですがプレイ中幸せだったなぁ・・・。
インタビューでも言ってますけどこのゲームの最大の武器は”雰囲気”と思います。
そういえば葉系でコンプしたのこれが初めてだな。

それではまず東鳩2の顔と言ってもいいであろうキャラ。
基本的にどのキャラも濃いですねぇ・・・。
その中で地味なのはこのみやら花梨やら隠しやら(;´Д`)

キャラ人気予想
愛佳>珊瑚>タマ姉>るーこ>このみ>由真>瑠璃=隠し=花梨

愛佳はシナリオとキャラ自体も手伝って間違いなく人気No.1と思うんだけどなぁ。
色んな意味で最強なのはタマ姉だけどシナリオとかでマイナスされるだろうし。
個人的には
タマ姉>>(超えられない壁)>>委員長>イルファさん=隠し=このみ
>珊瑚=るーこ>由真>>瑠璃>>花梨
ですね・・・プレイ途中と変化なし(笑)

固定ファンとか強そうなのは花梨とかるーこだと思いますけど。
サブキャラ・・・特にイルファさんも強いですなぁ。

しかし、どのキャラも声がマッチしすぎ。
もとぬきさんとかも言ってますけど感情がこもっているというか
まさにその世界がそうであるかのように自然なんですよねぇ。
実際文読まなくても会話だけ聞いていればかなり楽しめる気もします。
まぁ、さすがに主人公が何いってるかわからないとアレですけど(笑)

絵も4人が描いてるとも思えないほど自然だよなぁ・・・。

シナリオ人気予想
愛佳>双子>るーこ>このみ>由真>タマ姉>隠し>花梨

ToHeartっぽさならやはりこのみなんでしょうな。
愛佳と双子はシナリオ重めだし普通に楽しめます。微笑ましいし。
個人的には
愛佳★*7=双子★*7>タマ姉★*6=るーこ★*6=由真★*6>隠し★*5=このみ★*5>花梨★*4
最初の時と評価変わってるキャラも居ますが最終的な調整ということでこういう形に。
シナリオ的に意表付かれたのは由真ですが・・・後半のアレは(汗)
他のキャラは割とストレートでしたし。

音楽は前作のアレンジ多め。新規もあります。
やはり「Feeling Heart」と「それぞれの未来へ」はかなり目立つなぁ。
後半の肝心な場面でこのどちらかがマッチしてかなり涙腺緩みます。アレンジも秀逸。

OPEDも最高。OPは前作と違ってかなり明るい感じですねぇ。
OPムービーとぴったりですよ!
というかそのムービーも凄いです。特に動き。
これほど動きに凝ったムービーも少ないだろうなぁ・・・。
このみの出番が多いのはメインヒロインだから仕方ないけど
他のキャラのカットも増やして欲しかったなぁ・・・。
るーこに至っては1カットだけですよ(;´Д⊂
とりあえずOPムービーはPCでエンコしてリピしてます。

EDは台詞の演出が最高。
曲も歌詞もゲームに合っていてまさに余韻に浸れる期間でした。
EDを飛ばせない仕様にしたのは正解だと思います。

他に書くことは・・・特にないかなぁ。
とにかく迷っている人は買って損はないと思います。
2からプレイする必要もあまりないので通常版でOKですよ!
Amazonで6,283円ですな(笑)
さて・・・次はR11をやるか東鳩をやるか・・・。

ToHeart2 プレイ記その8 小牧愛佳

同情するなら献血していけ。>挨拶
愛佳シナリオ屈指の名言だと思うんですがどうだろう(爆死)

雄二エンドは既に見たので愛佳で東鳩2コンプ。CG100%達成です。
雄二エンドについては何も語ることないなぁ・・・。
総評はこの後別記事で。
とりあえずいいんちょ。

シナリオにしろキャラにしろ演出にしろ
メインヒロインかと思うぐらい他と出来が違ったんですが(;´Д`)
シナリオの長さはさることながらその内容の良さ。
さらには愛佳自体のキャラも手伝ってキャラ+ストーリーが評価MAXなのは彼女だけなのでは(笑)

それでは早速追記へー。

ToHeart2 プレイ記その7 向坂環

俺にとって特上の最大のメインディッシュであるタマ姉終了。
なんというかもう・・・やばすぎ。
やばすぎて叫びにも言葉にもならなかったですよプレイ中。
常にゴロゴロ悶えっぱなし。俺はいつかタマ姉に萌え殺されるかもしれない(マテ

というわけで早速追記へー。
委員長今日中に終わるかな・・・(汗)
今日からバイト6連荘なので更新控えめになりますよ_| ̄|○

ToHeart2 プレイ記その6 柚原このみ

ホンキにしたら火傷するんだから>挨拶
・・・いやもう既に全身大やけどで真っ黒ですよ(何

メインヒロインであるこのみクリア。
アニメ化とかしたらやはりこのみ中心に話描かれるんだろうなぁ・・・。
多少ネタバレになると思うのですがこれぐらいは構わないでしょう。
このみは明確にトゥルーとノーマルにエンディング分かれてます。
アニメやるなら是非ともノーマルの方でやってほしいなぁ・・・(笑)

その理由を含め以下追記。
ちなみにこの後寝るのでタマ姉は寸止め(´・ω・`)
火曜朝までにはタマ姉、委員長と終わらせたいと思いますっ。

ToHeart2 プレイ記その5 隠れキャラ

好き好きタマお姉ちゃん>挨拶

隠れ・・・ぐらいは書いても大丈夫だよな?(苦笑)
2人クリアすると某選択肢から彼女のルートに入れます。
花梨との共通パートも多いのでセーブを巧く使えば攻略は短時間で可能。
双子・ルーシーや花梨・隠れ・委員長などのように
(途中まで)同時攻略できるキャラは時間を有効活用しましょう(笑)

隠れってことでネタバレになるので早速追記へ・・・。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。