説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第12話

★(終)ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第12話
「7月12日 みつぼし×リコピン」 総合評価★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

最後は見てると地味にお腹が空くこの作品らしい話というか
そんなにおいしそうに食べやがって・・・!というか。
だがしかし!今回に限っては全然羨ましいと思わなかったぜ!
なぜなら俺はトマトが食べられないからです・・・orz
作中でも突っ込まれてたけど、あのフルコースは卒倒モノですよマジで。

それにしても、ちょっと前の話で植えたばっかりのトマトが
こうやって収穫されてる様は実感が無いなぁ。
ゆの達の思い出話がまったく伝わってこないよ!

なにはともあれ、星三つと綺麗に終わるのがこの作品らしい。
この終わりなら4期があっても不思議じゃないや。
原作が年月的にどのあたりまで進んでるのかは知りませんが。
スポンサーサイト

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第11話

★ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第11話
「6月5日 マッチ棒の謎/2月16日 48.5cm/3月7日 春」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

PC話は本当にあるあるすぎますね・・・。
特に自作云々の説明にはかなり共感を覚えました。
PC自作って聞くと一般の方は思い浮かべるイメージが違うようだ!
実際は作中で言ってるように、プラモデル組むみたいなものですね。
ただ、トラブルの対処法とか応用が難しいぐらいで。
こういうのは触っていくと培われていくもので
自然とそれが出来るようになってくるのが楽しかったりするんですけどねぇ。

・・・と話はかなり脱線しましたが、前半は乃莉の部屋でのお話。
乃莉の部屋と言えば、ひだまり荘唯一のPCがある部屋。
今回もそのPC(というかネット)に用があって住人が集まってきます。
前も言ったと思うけど、ゆの達は疎すぎだよなぁ・・・。
今時、高校ぐらいならどこも情報の授業はありそうなものだけど。
美術科だとCGなんかで使ったりしないのかなー。
ゆのを見てると、初心者だった頃の自分を思い出しますねー。
初フリーズの時は本当にどうしようかと思ったりね(笑)

後半は例のごとく1年次の話。
学校中に展示ってなかなか面白いイベントですね・・・。
美術科がある高校って、実際こういう所あるんでしょうかねー?

気付けば次週で終わりか。

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第10話

★ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第10話
「5月28日〜6月2日 ひだまりパレット」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

ゆのっちが家の鍵を学校のトイレに流してしまうという
おっちょこちょいエピソード。
落とすまではいいけどそれを流してしまうとは・・・。
っていうか、今時の学校はトイレ流すのレバーじゃないのか!(そこかよ
技術の進歩も考え物ですね・・・。
トイレに限らず、思いがけずにスイッチが作動というのは
現実にもあり得そうなパターンです。

そんなわけで、大家さんにスペアキーを探してもらってる間に
各部屋をローテーションでお泊まりさせてもらうことに。
そういえば、ひだまりでマンツーマンでお泊まりって珍しいですね。
普段髪を結んでるキャラの場合は特にwktk。
うーん、確かに最近乃莉ちゃんが可愛く見えてきた。
PCにカバーかける=常時起動してなくても大丈夫な乃莉ちゃんは
まだこっちの道から抜け出せる余地があると思います(えー

吉野家先生が珍しく生徒の意見全然聞いてなかったのは
アバンでの出来事が原因だったのであろうか(笑)

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第09話

★ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第09話
「11月22日 三年生と一年生/5月21日 泣く女」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

後者の話はあってもなくてもいいような内容だったので
メインは前者のヒロ視点でのお話。
アバンから誰?というキャラが出てきたけど
ひだまり荘というのはわかったので、先輩というのはわかった。
これはヒロ達がまだ1年生で、ゆの達と住民が入れ替わる前のお話。
何故、唐突にこんな話が挟まれたかは謎だけど
ひだまりだし深く考えても仕方ないと気にしないことにする。

ヒロさんの可愛い寝起きは相変わらずという言い方は変だけど
昔っからその調子だったんだね!
若干、今の方がだらだらしてるような気がするのは
それだけひだまり荘に慣れたのと、沙英を見守るだけではなく
時には甘えることも出来るようになったからだと感じました。
沙英はゆのと共にクローズアップされることが多いキャラだけど
ヒロ視点というのはかなり新鮮だったなー。

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第08話

★ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第08話
「5月13日〜14日 ゆのクラブ/9月26日〜27日 やっぱりナスが好き」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

しかし、ひだまりを見ていると本当にお腹が空くな・・・。
何回も言ってる気がするけど(笑)
前半はカニチャーハン、とにかくカニチャーハン。

前半がほっこりな話だっただけに
後半のゆののダウナーテンションは見てて辛かった。
現在のゆのは成長してここまでネガティブじゃないだろうけど
この頃のゆのはとにかく打たれ弱かったよなぁ・・・。

沙英の話はクリエイターなら誰にでもわかる話だと思う。
自分はモノを作ることが出来ないのでそういう苦悩はわからないけど
そういうのがありそうだなーって客観的にもわかるしねぇ。
クリエイターのことを考えるとあまり悪いことは言いたくない人です。
だから俺の感想はあんまり批判的な意見は無いようにしてる、ハズ!
そもそも面白くないと思ったら何も言わずに辞めるしね・・・。

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第07話

★ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第07話
「5月3日〜4日 7等分の日」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

くぎゅううう
というわけで、沙英の妹の智花再び!
☆☆☆では初登場だっけか?
今までは姉と先輩ばかりで一人年下だったけど
今回は同い年の乃莉となずなが居て
今までで一番等身大な智花を見られた気がするなぁ。
こうしてみると確かに沙英に似てるなーって強く思うよね。

吉野家先生・・・ダウン状態と予告のチャイナでサービス担当?

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第06話

★ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第06話
「10月15日 空の高さも木立の影も/4月26日〜27日 恋愛上級者」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

恋する(している)吉野家先生が不覚にも可愛いと思ってしまった。
必死に隠そうとする様子とか可愛いんだけどなぁ・・・。
だが、喋りすぎるとウザ(ry
オチは想像出来ていたので、前半は沙英と夏目でニヤニヤする回だったな(笑)

後半はなずなの当番回。
放っておけないタイプって気付くの遅いよみんな!
そういう空気は最初からあったと思うんだけどなー。
なんというか男子からはちやほやされそうだけど
女子にかなり目を付けられそうなタイプ。
現に今回もそういう話が出ていたようだし。
そんなことはないんだろうけど
他のひだまり荘の住人と普通科以外の溝を感じてならない・・・!

しかし、今回の本編は次回予告。
アスミスの作画の安定しないなずな氏吹いた。

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第05話

★ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第05話
「4月20日 オンナノコのきもち/1月31日 まっすぐな言葉」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

なずなのマイペースっぷりは
乃莉以上に調和を乱しそうな気がしてきた今日この頃。
本人に可愛い子ぶってるつもりとかはないんだろうけど!
なんだか乃莉の人気が出てくる理由がわかった気がします・・・。
なずなも好きだけど!乃莉の株もあがってイーブンって所か。

身体測定話はどこかで見た記憶があるんだけど
連載の時にでもチラっと読んだのかなぁ・・・。
身長が縮んでる!っていうのは王道ネタだけどね。

次回はそんななずなの話だろうか。

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第04話

★ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第04話
「4月15日 日当たり良好」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

乃莉となずなの友情回。
初めて見た時からそういうキャラだと思ってたけど
引っ込み思案でたどたどしいなずなはかなりもどかしいな。
自分だけ普通科というのも拍車をかけているんだろうけど。
画材云々の話をしてる時の置いてけぼりに泣いた。
なずなの気持ちも痛いほどわあかるんですけどねぇ。

そんな中、言いたいことをビシ!っと言う乃莉の存在は救われた。
なずなにはこうグイグイ引っ張ってくれそうな
乃莉のような相方が居ると良いのかもしれないなー。
おかげで他のひだまり荘のメンバーとの壁も多少無くなった感じ。
それでもなずなの性格なら時間はかかるんでしょうけどね。
がんばれなずなん。

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第03話

★ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第03話
「4月8日〜9日 決断/12月10日 カップ小さいですから」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

サブタイが身体的特徴だと思った人は正直に挙手すべき。
まぁ、ある意味一部正しかったりしましたけど(笑)
今回は全編を通してゆのメインの話。
なんてったって主人公だものね!
2年生になったとはいえ、いきなり何か変わるわけでもなく。
こうやって自分で選択して成長していくしか無いよね。
割とすんなり決まったので、1年前と比べて成長は感じられました。

ヒロや沙英に相談すると言っても、所詮は一学年差。
沙英のゆのの前での見栄っぱりは可愛すぎるな。
後半は沙英の話でもありました・・・。
そりゃそうだ、高校生ぐらいになると毎年色々な悩みは出てくるよね。

次回は2年度の話だけっぽいので、なずな&乃莉の出番に期待!

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第02話

★ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第02話
「4月6日〜7日 イエスノー/7月19日 オリーブ」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

前半は進級後、後半は進級前のお話。
ひだまりは時間軸が飛び飛びの印象があるけど
追加キャラ2人という形式なら、時間軸を順番通りにしてほしいな。
4人と2人の距離が徐々に埋まっていく感覚とか
絡み方の変化を楽しみたいので。

今回は歓迎会による自己紹介的なもの。
乃莉の趣味解説は、なにやら鏡見てるようで反省・・・。
空気読まないで専門用語全開とかヘタすれば嫌われそうだ。
まぁ、いくらなんでもこのご時世、
ひだまり荘のメンバーは疎すぎるけどな(笑)
なずなはまさかの普通科の生徒。
でもだからといって、そこまでひだまり荘の生活に
影響あると思えないんだけどな。
前のように4人で美術的なことっていう話がやりづらくなりそうなぐらい?
かわいいなずながしょんぼりする姿は見たくないんだぜ・・・。

後半は回想のような形での散髪話。
美人姉妹(双子)のいる美容院とか迷わず常連になる。
ビフォーとアフターであんまり違いのわからない俺。
女子はこれぐらいで美容院とか行って大変ですね・・・。

次回予告の吉野家先生吹いた。
次回も同じような形式で話が展開されるのかな。

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第01話

★(新)ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第01話
「2月27日〜3月4日 真っ赤点/4月3日 ようこそ ひだまり荘へ」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作はほぼノータッチ。
アニメは1期2期とそれぞれの特別編は視聴済み。
そしてシャフト演出が苦手自分にとって
数少ない視聴を継続してるシリーズでもあります。
正直、惰性で見てる感は否めませんが・・・(苦笑)
それでも1期→2期より新キャラというスパイスがあるだけマシかな。
面白い作品ではあるのですが、
感想を書きづらくて個人的に苦手なアニメだったり(笑)

地上波放送時はOPEDが酷いと聞いていたけど
まったくそうは感じなかったので修正verなんだろうな。
過去にも富士山が修正されていた前例があるし
放送地域が後の方は
きっちり修正版出してくるのがシャフトの良いところだよね。
化物語でも撫子OPのカットが増えてたりとかね。

内容の方はいつものひだまり+新キャラ登場。
なずなはなんだかゆのっちに似て小動物系っぽくて可愛いな。
乃莉の方がパソコンが得意とのことだけど
イメージ的にはなずなの方がインドアっぽい。
まだまだキャラを掴めないのでメインの話が欲しいなー。

次回も時間軸が別れているサブタイだけど
どちらも新キャラ登場後の時間軸なんだろうか?

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。