説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカとテストと召喚獣 第13話

★(終)バカとテストと召喚獣 第13話 「バカとテストと召喚獣」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

過程はどうあれ、試召戦争はAクラスの勝利。
Fクラスの設備は更にランクが落ちることになったんですが
画板という発想は無かったぜ・・・。
っていうか、もはやまともにノート取れないよねそれ!?

決着の付き方に納得が行かないとババアに直訴する明久。
自分でトドメを刺しておいてな優子や翔子の後添えもあり
試召戦争のやり直し・・・というより取引。
明久と翔子のテストで一騎打ちを受理してもらえることに。

正直、翔子が負けるか引き分ける展開は想定内。
そして明久が勝てるか引き分ける要因が大化の改新で
翔子がワザと間違えるも想定内。
試召戦争自体をうやむやにして続編に繋げやすくなるしね。
予想外だったのが明久の勝利時の望み。
てっきり設備の変更を望むのかと思いきや
原作でも言われてるとおり、それはクラス分けの意味がなくなるので出来ない。
ならばと明久が持ち出した条件は“瑞希の再振り分け試験”。

明久!それは空気読めてない!
とは思ったけど、明久らしい答えでもあるんですよね。
瑞希のことを最善に考えたらそうなりますしね。
瑞希からはどう思ったんだろう、嬉しかったのか寂しかったのか。
瑞希がAクラスになるわけには原作的にはいかないので
Fクラスに戻るようにするしかない・・・とすればやっぱり記入ミスだよね。

そんなわけで、全体的に予想通りの部分も多かったけど
続編や原作を考えると無難な落とし所かつ良い最終回だったんじゃないでしょうか?
葉月ちゃんの出番があったのに、他のサブキャラの出番が少なかったのは残念だけど。
12話がほぼフル出演だったからしょうがないかー。

アニメ放映当初は、原作本編にある“らしさ”が無くて微妙な心境だったけど
後半の原作良短編の忠実なアニメ化や
1巻の流れを汲む、原作オリジナルエピソードは素晴らしかった。
バカがバカなりにがんばって格上と互角に戦うという
熱いコンセプトもある作品というのは少しはアニメ組にもわかってもらえたかと。
原作本編はもっと皆が熱いので、アニメで気に入った方は是非原作を!
特に美波が好きな人は原作読まないと絶対後悔すると思います(笑)
アニメは完全に瑞希がメインヒロインかつ話の中心だからなぁ。
スポンサーサイト

バカとテストと召喚獣 第12話

★バカとテストと召喚獣 第12話 「愛と勇気と俺たちの戦いはこれからだ!(仮)」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

玲姉さんが原作以上に病気なのをなんとかしてください。
というか喜久子お姉ちゃんボイスが色気を出しすぎている!

前回の引きでもわかった通り、今回はAクラスとの試召戦争。
アレで宣戦布告になったと思ってたらそうじゃなかったのね。
そして宣戦布告と言えば明久の出番・・・学習能力が(ry
優子の隠れ趣味であるBL好きがネタにされるとは思わなかった(笑)
泣いて怒る優子姉かわいいです・・・。
それにしても優子は本当に怒ってばっかりのキャラだよなぁ。
これは原作でも一緒ですけど。

1巻の作戦を使っちゃった後に
どうAクラスに立ち向かうのかと思っていたら
ここでも設備の入れ替えがなかったことが活かされることに。
それと1巻でも使ってない優子に変装してCクラス挑発ネタや
BクラスでAクラスを消耗させるネタも組み込み。
根本が女装しっぱなしだったのはワロタ。
友香との破局ネタもしっかり回収、と。
Bクラスから順にEクラスまでAクラスへの模擬試召戦争での消耗戦。
この一丸となってラスボス=Aクラスに立ち向かっていく様は王道でいいな。
アニメオリジナルのEクラス戦もここで活きてくるとは思わなかったよ。

Aクラスが消耗してきた所でのFクラスとの本番試召戦争。
ここでもFクラスは正面切っての戦いは避けてかく乱戦法。
これだよこれ!バカなりに策を弄して勝利する!
原作本編はだいたいがそういうノリだったのに
アニメでは短編多かったせいで、そういうノリが皆無でしたからね。
まぁ、1人ずつ誘い込んでボコるとか教室を空けるとか
ちょっと姑息だなーと思わないでもないけど仕方ない。
明久の召喚獣のスピード設定が活かされていたのも良かったね。
久保君は久しぶりの登場かと思ったら自重し無すぎて吹いた(笑)
さすが久保君は気持ち悪いなぁ・・・(褒め言葉
ムッツリーニは愛子との戦闘だろうけど、描写が無かったのは残念。

明久、雄二、瑞希、美波は屋上で待機。
そこでやってくる翔子と優子を迎え撃つことに。
攻撃を避けまくるFクラスの召喚獣達。
アバンで黒金の腕輪を使っていたのは操縦の練習のためだったのね。
って、これじゃあ明久の特性の1つが埋もれてしまうような・・・。
駆けつけたAクラスの援軍を分断するために
学校の施設(鐘)を道に落として進路を妨害。
黒金の腕輪のフィールドって使用者を中心にじゃなくても出せたのか。

しかし、明久が勉強したおかげで腕輪の臨界点を超え腕輪とフィールドは消失。
押し合いをしていた鐘が盛大に転がって校舎破壊という大惨事に。
これ、ヘタしたら死亡者出てもおかしくない事故だろう・・・。
作戦とは言え、さすがにコレは退学処分でも致し方ないレベルのような。
落下しそうになった翔子と瑞希を助ける雄二と明久、愛ですね。
最終的に瑞希を救おうとした明久と美波を救ったのは鉄人でしたが(笑)
翔子も無事雄二が救い出して良かった良かった・・・
と言う所で優子の召喚獣が雄二の召喚獣に攻撃して戦争終結。
そうか、まだフィールドはそのままだったのか・・・。

一同ポカーン、Fクラスえええええ!?と言ったところで次回最終回!
戦争は終結したっぽいしどう落としてくれるのかなー。
というか、その前に校舎壊しすぎた明久は無事で済むのか(笑)

バカとテストと召喚獣 第11話

★バカとテストと召喚獣 第11話 「宿敵と恋文と電撃作戦」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

あれ、Dクラスとの試召戦争をここでやるのか。
1〜2話でやらなかった1巻の話をここで消化するのね。
原作でもDクラスと戦う意味はBクラスへの伏線。
Dクラスとの戦争の内容が多少変わったり
施設を交換しない理由を変更してうまく帳尻合わせてるな。
Dクラスから壁を壊すエピソードが腕輪効果もあり自然になった感じ。

Dクラス関連の変更が多かったので、Bクラス戦は概ね原作通り。
明久のマジギレはやっぱり熱いなぁ。
バカだけど良い奴で優しくて燃える奴なんですよ。
明久だけじゃなく、Fクラスのレギュラーは芯の強いキャラが多くて
とても魅力的なキャラばかりですよね。
そんな中でも、今回特に光っていたのはムッツリーニ。
期待通り、いや以上の格好良さでの根本討伐に燃えた。
先生が鉄人になってたり、ロープ見えないせいで
どうやって窓から来たんだよ!?というツッコミはありそうだけど(笑)

さて、これで1巻のイベントと“明久君”を今更消化したわけですが
次回はAクラスとの試召戦争再び・・・?
前回(1巻の話)は翔子につけいる隙があったからこその作戦のはず。
雄二は今回はどういう作戦を考えてるつもりなんだろうか。
学力上がってたし、まさか日本史でガチ対決とかじゃないよなぁ。
それと原作とある程度帳尻合わせるなら、この戦争に“勝敗”はつけれないよね。
Fクラスが負けると再び3ヶ月間申し込みが出来なくなるので。

それに次回ともう1話あるのもポイントな気がするなー。
どういう閉め方をするんだろう?

バカとテストと召喚獣 第10話

★バカとテストと召喚獣 第10話 「模試と怪盗とラブレター」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

本来なら1巻で登場するはずだった
Bクラス代表の根本恭二登場。
原作でもあくどいことを平然と行いウザイ奴でしたが
寧ろ、1巻以降の扱いのひどさはなかなか・・・。
打って変わってアニメ版ではボス臭漂わせる人物に。
代わりに外見がなんだか残念なデザインになってますが(マテ

瑞希のラブレター他が模試の答案と混ざってしまい
それを取り戻すために根本と協力というオリジナル話ではあるけど
瑞希のラブレターネタ+根本は1巻の話を消化
根本への瑞希への強い物言いは6巻の常夏先輩に対するものが元かな。
前半の瑞希は恋する少女の顔が可愛すぎたなぁ。
こうしてれば瑞希は普通のヒロインなのに
原作での良い意味での壊れっぷりは美波以上にアレな人物になってしまっている(笑)

試召戦争への持って行き方は多少強引な気もしたけど
これでアニメでスルーされたBクラス戦を消化するつもりかな。
根本の口から友香の名前も出てきたしね。
ていうかアニメの作中時間そんなに経っていたんですね。
かなり原作の時間軸&イベントを弄ってるけど
これ2期とか出来るのかなぁ・・・。
Bクラス戦と言えばムッツリーニの活躍が楽しみすぎます。
アニメだと覗き&鼻血キャラにしかなってないけど
ムッツリーニの現代の忍者と言われるプロっぷりを見せて欲しいね。
原作イベント消化してないせいで、盗聴スキルとかまったく活かされてないし。

バカとテストと召喚獣 第09話

★バカとテストと召喚獣 第09話 「キスとバストとポニーテール」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

くそ!ポニテだから美波回だと思ったのに!
まさかの玲姉さん登場、5巻の話だと言うのに。
さしあたってOPのワンカットに玲さん追加されてるな。
話の内容はほぼ原作5巻を踏襲しているけど
真ん中のイベントがすっぽり抜けてる1〜2話みたいな構成。
翔子の家でのお泊まりイベントカットとか残念すぎる!
個人的に5巻の見所はこの話だと思ってたんだけどなぁ。
原作は合宿話と微妙に被るところがあるからアレだけど
合宿をしてないアニメなら問題無いだろうしさ。

原作に完全に勝ってるのは瑞希の笑顔ですね(マテ
「美波、胸型変えたの?」という質問も斬新すぎていいな(笑)
そういや、イベント消化してないので
未だに瑞希は「吉井君」なんですね。
アニメの最後に持ってくるのはこの辺の話が無難か?
ラブコメ的に言えば3後半〜4あたりをやって欲しいけど。

次回は・・・ラブレターと言えば瑞希かな?

バカとテストと召喚獣 第08話

★バカとテストと召喚獣 第08話 「暴走と迷宮と召喚獣補完計画」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

召喚システムに異常があり、
召喚獣がリアル等身になる以外はほぼオリジナル。
サブタイ見た時からそんな予感はしてたけど・・・
まさかこんなにストレートに
使い古されたEVAパロを使ってくるとは思わなかった(笑)

原作にはまったく無いパロなので複雑な気持ちではあるけど
RVAもバカテスも好きだから良いかー
と単純に考えれば気にならなくなった。
個人的にはやめてよ!のくだりと
アイキャッチ&次回予告までパロってるのは
なかなかに手が込んでてニヤニヤしてしまった。
これでBGMがソレっぽかったら完璧だったのに・・・!

パロを差し引いても、原作で言う短編のような
召喚獣がメインでない話が多かったアニメとしては珍しく
召喚獣の出番が自然にメインになってた構成は良かったな。
しかも、ちゃんと召喚獣同士の先頭が動く動く。
普段は味方のFクラスの召喚獣とのバトルってのも面白いよね。
原作の肝試しの要素をもう少し取り入れて欲しかったけど
これはこれで面白かったから良しとしよう。

次回は美波のターンくるー?
美波のターンと言えばあの話しか思い浮かばないんだが。
サブタイがサブタイだし。

バカとテストと召喚獣 第07話

★バカとテストと召喚獣 第07話 「俺と翔子と如月グランドパーク」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

アニメだと小説ほど〜視点というのは気にならないものですね。
ただ、今回の主人公が誰だったかは一発でお分かりいただけたと思う。
普段は明久とバカをやってる雄二と
その雄二に過去のある事件からぞっこんな翔子のメイン話。
過去については軽く触れたけどアニメではやるのかな?
原作では割と新しめのエピソードだったりするんですけどね。

ほぼ原作通りの話の流れでしたが
やはりギャグのキレでは原作には適わないかなーという感じ。
雄二ママンとか好きなキャラなんだけど出番無かったしなぁ。
まぁ、今回のメインは翔子の花嫁姿なので致し方ないかな。
相変わらずパロの多さを維持してるのは複雑な気分ですが・・・。

提供にも使われたぬるぬる動く翔子。
話には聞いたけど、確かに実際見ると気持ち悪いな!
うねうねというかぬるぬるという効果音が本当に似合うような動き。
こんな動きがこのシーンだけだったのが更に異様に感じさせられたよ。

EDはガールズサイドver?
今回からずっとこれなんだろうか。
両方のEDに出番のある秀吉はさすがというかやっぱり優遇だよね(笑)
アキちゃんとかババアとか誰得映像過ぎるけど。

バカとテストと召喚獣 第06話

★バカとテストと召喚獣 第06話 「僕とプールと水着の楽園――と、」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作3.5巻(短編集)が元に後半はオリジナル。
実質、合宿編の覗き話をここでやってしまおうということか?
となると、美波のあのシチュはまさか見られないんでしょうか・・・。
どうしても中間カット出来ないであろう合宿話ですが
3話ぐらいに渡ってもいいからやってほしかった。
何故アニメスタッフは長編やりたがらないんだろうなぁ。
バカテスの短編は確かに面白いんだけど
長編にはバカなりの戦い方や逆転劇があって面白いのに。

今回のメインは秀吉ネタだった気がする。
秀吉の性別が“秀吉”なことを
未読者にもそろそろ理解してもらわないといけないしね(笑)
この天丼がバカテスらしくて大好きです、美波とかもね。
秀吉は可愛くてバカテスの異性キャラでは一番好きだけど
アニメの秀吉はEDの格好良いのが好きだったりする。

戦隊モノなノリのサモンと文字ネタの演出が良かった。
絶対、鉄人出てくると思ったよ(笑)
種割れは乱発しまくるのはどうかと思うんだ・・・。

次回は原作通りなら雄二視点のお話。
原作と順番入れ替えてるんだな。

バカとテストと召喚獣 第05話

★バカとテストと召喚獣 第05話 「地図と宝とストライカー・シグマV」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

再びのオリジナル+ナベシン回。
ストライカーってただのエンピツかよ!
ナベシンらしい派手な演出は良くも悪くも言ったところ。
話はもう少し簡略してもよかった気がする、座標とか無くてもね。
演出自体は割と楽しんで見てたけど
なんとなくそれと勢いで誤魔化されてる気がしてならない。
今回はパロも多めだったので、なおさらそう思ったかな。
種割れとかMMRは不覚にも笑ってしまったけどさ(笑)

オリジナル展開大いに結構なんですが
原作の良さをちゃんと活かして欲しいと言うが本音かな。
原作はパロ皆無なのに、そういう作品と思われそうだ。
同姓カップルネタ、秀吉ネタが多いのは否定できないけどな!
チャイナは学園祭の変わりなのかな。

学園祭と言えば、今回オリジナルの“黒金の腕輪”が登場。
原作では“白金の腕輪”という2組の腕輪だったのにな。
効果は片方が黒金と同一、もう片方が召喚獣を2つに分けるというもの。
それぞれ雄二、明久が所有することになってたんだけどなぁ。
召喚フィールドの方だけが残って、しかも持ち主が明久に。
この完全な設定変更は後々意味が出てくるんでしょうかねぇ。
また、遊園地のチケも出てきたので学園祭無しはほぼ確定と思われる。

次回のサブタイは何故「、」で途切れてるんだ(笑)

バカとテストと召喚獣 第04話

★バカとテストと召喚獣 第04話 「愛とスパイスとお弁当」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回もほぼアニメオリジナル話。
葉月ちゃんの出番がかなり前倒しになってるけど
もしかして2巻の学園祭話やらなかったりするのかなー。
白金の腕輪の件があるからスルーできないと思うけど。
葉月との出会いの話はまたの機会と言ってるけど
短編の話だし途中で挿入するのは難しそうだ。

そして1巻の話で触れられなかった瑞希のお弁当を補完。
秀吉のジャガイモの芽にも耐えられる鉄の胃袋設定が出なかったな。
まぁ、瑞希の化学弁当の前では意味が無かったわけですが(笑)
料理が壊滅的にヘタっていうのはヒロインにありがちな設定だけど
瑞希の場合はその理由がちゃんとあるのが面白いところですよね。
その種明かしがアニメでされるかどうかは微妙な所ですが。

それにしても美波がヒロインヒロインしてて可愛すぎる。
早く合宿の美波のターンを見たいなー。
美春は個人的にはあまり嫌いなキャラじゃないけど評判悪い様子。
黒子に近いとは言ったけど、黒子よりウザすぎるのが不人気の理由かなぁ。
美波の恋路はたいてい美春に妨害されますし。

久保君の優遇されっぷりには驚くな。
EDといい、スタッフは久保x明久推しなんだろうか。
2話連続の男女ともにの同姓ネタ。
うんまぁ、確かにそういうネタが多い作品なんだけどさ・・・。

次回はまたオリストなのかな。
ストライカー・シグマVに吹いた。

バカとテストと召喚獣 第03話

★バカとテストと召喚獣 第03話 「食費とデートとスタンガン」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

〜ゴミとか黒板の背景ネタがすごく・・・シャフトです・・・。
そういう目線で見ると屋上の作りや
キャラのカットの仕方がどことなくシャフトっぽく見えてくるな!
まー、シャフト演出苦手自分でも耐えられる範囲だからいいけどね。
背景ネタは会話で笑わせる作品と相性良いと思えないんだけどなぁ。
化物語も文字ネタは多かったけど、背景ネタは少なかったと思うし。
と思ってED見るとナベシンェ・・・。

今回はほぼ全編オリジナルで原作の要素を回収した感じ。
1巻の話でカットされた美春の召喚獣も登場。
残念ながら瑞希のお弁当は見られなかったけど
次回のサブタイがお弁当なので、地獄絵図は次回か(笑)
久保x明久と美春x美波という同姓ネタやら
女装なアキちゃんやら濃いネタがえらい凝縮されてたな。
原作にも各所にちりばめられているネタではあるので
今回の話が苦手な人はこの作品を楽しむのは難しいかもしれない。

アイキャッチにもバカテストが来てひゃっほーい!

バカとテストと召喚獣 第02話

★バカとテストと召喚獣 第02話 「ユリとバラと保健体育」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

1巻の途中の駆け引きをすっ飛ばしてのAクラスとの試召戦争。
Eクラスと戦った意味が試召戦争に慣れるためだけになってるけど
Dクラスと戦う意味のあった原作と改編したのは正解かな。
設備の交換が無い理由もDクラスとなら
他に利点が無い限り違和感あるけど、Eクラスなら特にないしね。
B〜Dクラスのキャラがカットされたのは残念なぐらいか。
時期的に黒子と被りまくりな美春の出番はあったけど(笑)
美春があやにゃんとかGJすぎるな。

1話に比べて会話の面白さも良くなった感じ。
ちゃぶ台ネタと鼻血ネタのしつこさには吹いた。
明久の言動が面白い作品なので、片鱗は伝わったと思う。
秀吉ラウンドガールとかも空気読めている。
秀吉の女装が無かった代わりみたいなもんですね。

試召戦争の演出は相変わらずだし
現時点で数値が先に出た方が負けフラグになってるのはなぁ。
と言っても点数さを覆すのは昭久みたいな特殊な召喚獣が無いと難しいので
テストの点数という絶対的な数値があるのは変わらないんだけどね。
そんな中、瑞希VS久保君のイメージ映像は無駄に頑張っていたと思う(笑)
まぁ、メインはやっぱりバカ話なのでバトルはこんなもんでいいんじゃないかな。

次回はオリ話っぽい?
食費ということで、1巻の内容でカットされた瑞希の料理に出番あるのかなぁ。
美波含む3人デートなら美春の登場にも期待できそうだ。

バカとテストと召喚獣 第01話

★(新)バカとテストと召喚獣 第01話 「バカとクラスと召喚戦争」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作は最新刊以外は既読。
2010年のこのラノ1位の作品でもあります。
個人的には、化物語、せいぞんと並んで
昨今の三大バカラノベ(褒め言葉)の作品の一つです。
本当にバカとしか言いようのない面白いラノベなんですよ。
これらの作品に共通するのは
魅力的なキャラ同士による笑える会話のやりとり。
バカテス以外はパロネタも多い作品ではあるけど
これらの本質はやっぱりボケツッコミの会話だと思うのですよ。

とまぁ、長い原作は面白いんだよ!という前置きはさておきアニメですよ。
元シャフト社員が関わってるせいか、所々演出に面影が。
それでも作品の雰囲気は壊してないし
ゲームチックな一貫した演出は面白いと思う。
ただ、わかりやすいかどうかは別だし
ノリはバトルなのに戦闘シーンがチープというギャップ問題だな。
原作読者からすれば、バトルは本質では無いのだけど
状況や設定があまり理解されないまま見せられても困るだろうな、と思った。
小難しいことを考えずにゲラゲラ笑って見るような作品なんですけどね!

1話から原作と微妙に展開が違うのは今後が気になるな。
結局、Aクラスと戦うことに変わりはないわけだし
結果的には原作と同じようなオチになるのかなー。

バカテスの醍醐味であるバカテスト。
どこで使ってくるのかと思ったら予告かぁ。
それじゃああまり数を消化できなさそうでしょんぼり。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。