説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライクウィッチーズ 第12話

★(終)ストライクウィッチーズ 第12話 「ストライクウィッチーズ」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介】

芳佳が足止めしている間になんとか全員集合!
思ってたよりあっさりとリーネやサーニャ組は合流したな。
赤城が完全に沈んだので、ストライカーどうするんだ?
と思ったら悠長に基地から芳佳以外が発進するとは。
その間、ずっと1人で耐えてた芳佳はよく頑張った。
自分のストライカーじゃないのにあそこまで戦える芳佳は
”守りたい”という気持ちと魔力の高さの表れかな。
アレはあのネウロイじゃない、と迷いも吹っ切ったし。

前回に続いてゲルトさんのツンデレっぷりに加速が・・・。
もう芳佳ラブをひた隠しにできないようだ(笑)
ハルトマンからも「私が知ってるトゥルーデじゃない」とか言われてるし。
エイラの戻ってきた言い訳とサーニャの芳佳のため、というバラしも絶妙。
ペリーヌはだいぶ落ち着いていたけど
どいつもこいつも本当に芳佳が大好きなんだな!!

せっかく全員集合したのにリーネが一撃でウォーロックを仕留めて焦った。
これで終わるわけもなく、まさかの赤城とウォーロックの融合。
さすがにラスボスが赤城とは想定外でしたよ・・・。
敵もそれなりの強さじゃないと全員集合の意味が無いし
最終決戦の見栄えが良くなかったのは良かったけどね。
特に、今まであまり活かされなかった各キャラの特性魔法の披露とか。
殆ど芳佳の治癒か坂本さんの魔眼ぐらいでしたしねぇ。
如何にも総力戦という雰囲気で今までで一番燃えましたよ。

最終的には芳佳、リーネ、ペリーヌのトリオで
内部進入、ネウロイのコア破壊で決着。
武器を落としてどうコアを破壊するのかと思ったら
まさかストライカーをコアにぶつけるとは思わなかったけど。
赤城にストライカーを還すという意味も含んでいたのかな。
それと普通の女の子に戻ります!的なニュアンスか。
現実に、ウィッチーズの任務は終了、芳佳は元鞘だし。

赤城ウォーロックを撃墜したおかげで
ガリアのネウロイの巣が消えたのはいいんだけど
それでもネウロイの恐怖が消えたわけではないよね?
ウィッチーズの目的がガリア奪還だったのはわかるんだけど
それで解散&エピローグはちょっと消化不良だなぁ。
結局、ネウロイが芳佳に接触した目的や
「ネウロイとは」何者かまったくわからなかったわけだしね。

最後の最後で扶桑に戻った芳佳の元に、漫画キャラの諏訪天姫が
落下してくるラストは続編期待していいんだよね!?
父親の手紙に関しては、前回と一緒で眉唾ですけどね。
最後に全員合唱EDを持ってきたのはちゃんとわかってる。
上記の通り、ネウロイに関してはまだ何も解決してないので
続編を作るならウィッチーズ再結成+新メンバーとかで
今度こそちゃんと完結させて欲しいなー、という妄想。

最後は消化不良だったけど、やっぱり戦う少女は魅力的なもので。
パンツのようなズボンを差し引いても
遅れてでもチェックしてて良かったと思える作品でした。
スポンサーサイト

ストライクウィッチーズ 第11話

★ストライクウィッチーズ 第11話 「空へ…」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

対ネウロイ用に秘密裏に開発されていたウォーロック。
芳佳がネウロイと接触したことにより計画を前倒しにし、
余計なことをしでかさないようにウィッチーズ解散へ。
全てはマロニーが戦後の世界を牛耳りたい故の行動だけど
軍規違反した芳佳をあっさりと祖国に帰したり
ウォーロックが1機しかないのにネウロイを迎撃できる
ウィッチーズをとっとと解散したりと小物臭しかしないぞ(笑)
ウォーロックの力を見せつけたいのはわかるんだが
暴走したときの備えとかはしておくべきだろう。
案の定あっさりと暴走してるしさ。

ウォーロックの秘密はやはりネウロイと関係があり
描写だけで想像するならネウロイのコアを使用している?
ビームやら敵はネウロイだけではない、という発言も気になるところ。
でも問題は芳佳にだけネウロイが接触してきた理由だよね。
今思えばミーナさんは実は殆ど何も知らなかったんじゃあ。
まぁ、ミーナさんじゅうはちさいは可愛いポーズしてくれたので許す。
ゲルトのわかりやすいツンデレっぷりには負けるけどな!
ハルトマンもセクシーポーズなんかやっちゃったりで
アイキャッチの通り、この3人娘の可愛さが引き立った回でもあった。

暴走したウォーロックは芳佳、坂本さん、ペリーヌの乗る
赤城に攻撃開始、赤城の抗戦虚しく沈没間際。
ここぞとばかりに車椅子に隠していたストライカーを取り出す坂本さん。
それを出すならもう少し早く出すべきだったと思うんだ・・・。
芳佳がやります!僕が乗ります!な展開だし
ウィッチーズの仲間も赤城の異変に気付き、最終回に向けて熱い展開。
ストライカーが無いから、とりあえずミーナ達がなんとかするのかなぁ。
予告で他の子がストライカー穿いてるから、出番は安心だけど(笑)

ストライクウィッチーズ 第10話

★ストライクウィッチーズ 第10話 「信じてほしい」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

Aパートでは緊張する場面も続いたけど
坂本さんが無事意識を取り戻して良かった。
あのまま心拍数低下でフェードアウトとかだったら
後味悪いことこの上ないけど、それはそれで見たかったりもする。
それはそうと髪をほどいた坂本さんの可愛さは異常。
眼帯してないけど魔眼を失ったわけじゃないよな・・・?
予告ではいつもの制服+眼帯だったし。
なら普段から眼帯つける必要あるんかい。

もう1つ懸念があったのは芳佳の立場。
さすがに謹慎処分ぐらいなのは予想通りだけど
上官の命令を無視し、生命の危機に立たせたのは事実なわけで。
ここを他のウィッチーズからつつかれないか心配だったけど
ペリーヌが凄い突っかかってきたぐらいで安心した。
ミーナに関しては論外というかしょうがないんだろう。

そんな不幸中の幸いな状況でまたもや芳佳がやってくれましたよ。
ここまで人の話を聞かなかったり空気読まない子だったとは・・・。
ただの命令違反だったり、傷ついたのが自分なら良かったけど
坂本さんに対してもう少し申し訳を立てるべきだと思うよ。
誰も信じてくれないことから追い込まれた上の行動だろうが
今回で芳佳の印象はかなり悪くなりましたよ・・・。

挙げ句の果てにウィッチーズを模した対ネウロイ用兵器のせいで
芳佳とネウロイのコンタクトや芳佳の処分も有耶無耶に。
基地に戻ると上層部に拘束されるメンバーと
一気にシリアス展開になってきましたよ・・・。
ミーナはこの自体をある程度予測していたのか?
単純に考えれば兵器用のデータ収集のためのウィッチーズか。
でもネウロイの映像にあったように上層部は何か隠してそう。
ミーナはそれを1人探っていたのかなぁ。

次回は翼をもがれた魔女達。
どうにか状況を打開して空に上がる展開になるんだろうけど。

ストライクウィッチーズ 第09話

★ストライクウィッチーズ 第09話 「守りたいもの」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

反応でのヒントからの推測通り
やはり成人に近づくと魔力が落ちてくるんだね。
そもそも少女ばっかりの時点で気づくべきだった。
というか本編でもしかしたら触れられていたかもしれないけど
パンツのようなズボンとか百合にばっかり目がいって
元来戦争やってるということを忘れさせられていたよ。
というわけでミーナが坂本さんに銃を向けたのは
シールドが機能してない坂本さんを
ストライカーから下ろすための苦肉の策でした。

芳佳が異様に褒められてたり
坂本さんが芳佳に希望を見いだしてたりと
いろいろフラグはあったものの事が起きるのが早すぎた。
誰が悪い?と言われれば独断先行した芳佳だろうなぁ。
ペリーヌの言うとおりただでさえ命令違反なのに
敵だと言われているネウロイをかばったあげく
それで坂本さんが傷ついたとなれば
ウィッチーズでの立ち位置もかなり悪くなりそうだ・・・。

で、その坂本さんだけど生きてる・・・よね・・・?
こういう時にだけ予告に坂本さんが居ないなんて
空気を読んでるのか読んでないのかわからないんだぜ。

上層部が隠していることやミーナへの脅迫。
そしてネウロイがウィッチーズのマネをしている事実。
上層部もだけどミーナはどこまで知っているんだろう?
手紙の内容に後ろめたさを感じざるを得なかったんだけども。
それともそれは坂本さんとぎくしゃくしていたのが
表に出ていただけなのか・・・。

とにかく話も終盤になってやっと物語が動き出してきました。
後3話だもんなぁ。どういうオチが待ってるのか今から楽しみです。

ストライクウィッチーズ 第08話

★ストライクウィッチーズ 第08話 「君を忘れない」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

今回明らかになったウィッチーズと一般兵の
必要以上の接触は固く禁じられている規律。
規律を作ったのはミーナのようですが・・・。
そんなわけでミーナの当番回。
えーと、結局はミーナが恋人と死に別れて
そんな想いをさせたくないから接触を禁じているでFA?
なんだか前半と後半の関連性が乏しい気がしたぞ!
そして何故唐突に歌い出したのですかミーナさん。

しっくりこなかった本編を最後で吹き飛ばしてくれたのはラスト。
ミーナが坂本さんに銃を向けだして
リアルで( ゚д゚ )みたいな顔になったわ。
予告映像であっさり誤解(?)は解かれたけどな!
こういう引きにするなら予告映像に
坂本さんをいれないなどの配慮をだな・・・。

ストライクウィッチーズ 第07話

★ストライクウィッチーズ 第07話 「スースーするの」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

ズボンかよ!あのパンツのようなもの普通のズボンかよ!
なんというすばらしい世界観、今の日本にも導入しませんか。
・・・百歩譲ってアレがズボンというのは納得しよう。
でもなんでそのズボンの替えが無かったり
ノーパンでズボン穿いてたりするのさ!
ノーパン健康法ですね、わかります。
とりあえずいいぞもっとやれと言わざるを得ない。

そんなわけでサブタイ通り1話まるまるお馬鹿エピソード。
今回はネウロイとの戦闘も無いので純粋にソレを楽しめたな。
冒頭からいきなりお尻カットとかスタッフ素敵です。
ハルトマンのぱん・・・ズボンが見つからなかったことにより
ルッキーニのズボンをパクって状況はカオスに。
真面目なゲルトがズボンを貸そうか?
と脱ぎ出そうとするあたり、借りるのは割と普通なんだね!!
ズボンシャッフルやらノーパンでもはやカオス。
ノーパンを絶妙に隠したりいつもよりアングルに拘りを感じた。

殆どニヤニヤして見ていたものの一番ツボだっやたのは
「坂本さん、スースーします!」「我慢だ!宮藤!」
が坂本さんの熱血お馬鹿さを良く表していて
俺の腹筋が完全に\(^o^)/オワタ
空だから誰も見てないとかそういう問題じゃないよね!?

最終的にはルッキーニが怒られてカワイソス。
ミーナさんじゅうはちさいこわいです・・・。
オチでハルトマンが真犯人と判明したけど
何事もなかったかのように表彰を受ける彼女を見てると
なんとなく性格がわかったような気がします。
当番回のわりには出番少なかったけどな!

次回はミーナの当番回だしシリアスな雰囲気。
”時間が無くて焦ってる”云々と関係してるんでしょうか。
伏線と言えば上層部がどれだけ情報を握ってるかも気になるところ。

ストライクウィッチーズ 第06話

★ストライクウィッチーズ 第06話 「いっしょだよ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

サーニャと仲の良いエイラの当番回。
サーニャの影の薄さが自他共にネタにされてて泣いた。
今まで全然触れられてこなかったけど
サーニャにもエイラにも個々の特殊能力があるのね。
芳佳やエイラじゃないけどサーニャはふつくしすぎる・・・。
この回見てて思ったのは
やっぱりおとなしいキャラは当番回でもないと
魅力を引き出すのは難しいなーと思いました。
日頃からペリーヌやらルッキーニと絡めたらいいのに。

芳佳がどんどん変態というかエロゲ主人公的に・・・。
サーニャの身体をなめ回すように見てるんですね、わかります。
「肌、しろーい」がセクハラに見えたのは俺だけじゃないはず。
いいぞ、もっとやってくれ!
でも芳佳の魅力もあんがいそういう所だったりするんだよな。
何事も恥ずかしげ無く素直に表現出来るのは良いことだよ。
家族のこととか手を繋いでとかおめでとうとか
芳佳だからこそ本心で言ってるんだなーってわかるし。

次回予告の歌の意味は純粋な僕にはわかりませんでした><
つーか、いちいちサブタイが変態的ですね。
芳佳のセクハラに期待せざるを得なくなるじゃないか。
パンツのようなものが解説されるのも次でしたっけ。

ストライクウィッチーズ 第05話

★ストライクウィッチーズ 第05話 「はやい、おっきい、やわらかい」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

普段がちょっとアレな格好のせいなのか
ただの水着の方が健康的に見える件について。
強いて言えば大きい方々はいつもより多めに揺れております。
芳佳はエロゲ主人公並のラッキースケベだと思うんだ。
というか胸揉み魔。強い憧れと好意的に解釈しておこう。
その部分もクローズアップされたおかげか
全体的にそういうアングルは多め。
しっかし、水着になると芳佳の洗濯板っぷりがカワイソス。

ルッキーニがストライカーを倒したのは
わかりやすいフラグだったけど予想外にシャーリーが健闘。
アレは体感だったのか本当に音速を超えていたのか・・・。
そのままネウロイに突っ込むというオチもなんだか
シャーリーのおおらかさを体現してて良かった。
あ、でも田中理恵キャラはやっぱり黒かった(えー
ミーナさん、その笑顔が怖すぎるんですけど・・・。

次回は今まで影の薄かったサーニャの当番回。

ストライクウィッチーズ 第04話

★ストライクウィッチーズ 第04話 「ありがとう」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

先週休みだったからただでさえ遅れてるのにまた離された・・・。
せっかく楽しみにしてる序盤なんだから話の腰を折らないで欲しいぜ!

今回はゲルトの当番回。
それにしても彼女はなんか色々呼び方ありますな(他もだけど)
ゲルトかバルクホルンかトゥルーデかどう呼べばいいのやら。
とりあえず現状は覚えやすいゲルトで統一しておきます。
愛称多いのにこんなにキャラ多いのは正直マイナスだよなぁ。
出番の少ないキャラなんて名前すらわからないんだぜ。
愛称で呼ばれると誰のことかもわからないし混乱するわ。

側面としてツンデレペリーヌと芳佳の衝突。
人当たりの良い芳佳がこうもタメ語になるのは珍しい。
モップを顔にかけたり話を聞かなかったりと
芳佳が原因なことも多いからなおさら珍しいですね。
これだけ敵意むき出しにされたらそりゃそうなんだろうけど。
この2人もゲルトを通して雨降って地固まるという感じで。
主人公の何気ない一言が隊に影響を与えていく
っていうのは王道で良きかな良きかな。

次回は水着回!こっちでは季節外れですけど。
いつもパンツ・・・ではなくてそのようなものを見せてるけど
逆にストレートな水着っていうのは新鮮に映りますね。
1話でもちょこっとだけ出てたけども。
いつものローアングルなアプローチとはまた変わってくるのかな。
その辺も期待しておこう。

ストライクウィッチーズ 第03話

★ストライクウィッチーズ 第03話 「一人じゃないから」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

これが噂の放送局によっては規制回か。
BS日テレも全国で見られるせいか規制有りでしたとさ。
黒かったり眩しかったり世知辛い世の中だ!
というか視聴者的にはアレをパンツとは見てないし
なんでこのカットがOKであのカットはダメなの?
っていうのはあるなぁ。

前回、正式に入隊を決意した芳佳の訓練スタート。
やっとこさまともに紹介されたウィッチーズの面々だけど
キャラと名前と中の人を一致させるのに時間がかかりそうだ(苦笑)
今回も途中までミーナとゲルトが区別付かなかったんだぜ・・・。
アレは夕日のシーンで髪の色分かりづらかったせいもあるけど。
てっきり坂本さんが隊長だと思ってたらミーナが隊長なのね。
通りでOPで坂本教官と肩を並べているわけだ。

今回はひとまずリーネの当番回。
芳佳と同じ階級と同じ訓練を受けていることから
彼女も新人のようなものなんだね。
訓練では上達を見せているが実戦がダメ、と。
自信がないせいでおどおどしていたのか
今回の実戦で大活躍だった後は芳佳と普通に話してたな。
名塚キャラらしく黒化していくってことはない・・・よな!?

芳佳とリーネが「守りたい」という信念で
実戦に自ら志願する場面は燃えたなー。
特にリーネの「2人でなら1人分ぐらいには」が良かった。
実戦の場面でも頼れるのがこの2人だけという状況で
協力して見事にネウロイを狙撃したシーンがシビれたね。
メイン火器が銃器ばっかりだと戦闘シーンが単調になりそうなので
もうちょっとバリエーションを増やしてくれると嬉しいな。

次回はゲルトの当番回かな?
ツンデレっぽいペリーヌと芳佳の関係も楽しめそうだ。

ストライクウィッチーズ 第02話

★ストライクウィッチーズ 第02話 「私にできること」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

民間人が偶然戦闘に巻き込まれて
敵を撃退するのはやっぱり王道展開だよね。
さすが1話半も要しただけあって
戦闘→加入決意はスムーズで何より。
戦争は嫌とは言うけれど何も出来ない自分も嫌なのね。
衛生兵に対して「それでも何かしたい」っていうのは
無理矢理で強情な性格にも見えたな。
しかも結局包帯持って行ってなくね?(笑)

ストライカー自体は魔力が高ければ高いほど
それに応じて性能を発揮できるような代物なのかな?
美緒さん曰く訓練しないと扱えないようなものっぽいけど。
そもそも魔法を巧く制御出来なかった芳佳が
最後は失敗したとはいえコントロールしてたのは主人公補正?
火事場の馬鹿力と言ってしまえばそれまでなんだけども。

1話に足りなかった戦闘分を補給するかのように
ほぼ戦闘メインな今回は気付いたら見入ってたよ。
戦闘シーンは問題なし。
元々可愛い女の子が刀振り回したりするのは好きだしね(笑)
魔法っていうから派手な戦闘を期待してたけど
防戦メインだったのはちょっと残念だったかな。

残念と言えば前回以上に他のキャラの出番が無い!
こりゃあまともに全キャラの活躍見れるのは遠そうだ。
手始めに次回はCMでも登場しているリネットの当番回かな。
黒くない(なさそうな)名塚キャラなんて久しぶりだ!
おどおどボイスが新鮮すぎるな。

ストライクウィッチーズ 第01話

★(新)ストライクウィッチーズ 第01話 「魔法少女」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

魔法+軍隊という話を聞いてイメージしたのは
まんま”なのは”的なものだったんですが想像と全然違いました。
世界観が古いのに魔法が自然に使われていたり
もっと”戦争”らしい話というかね・・・。
旧日本チックな世界観なのにファンタジーと
それを強化するテクノロジーという独特な世界観ですね。

話には聞いていたけどローアングルへの拘りが凄まじいね。
そうか、時代が古いからぶるまぁが普通なんですね!
それにしてもスク水っぽいのがデフォなのはどうなんだ(笑)
1話の本編だけだと衣服に対して突っ込みが無いし
どうみてもパンツにしか見えないんだぜ。
というか「パンツじゃないから〜」って言われないとパンツだよな!

1話は主人公の芳佳が”ストライクウィッチーズ”を知る導入部。
てっきり自分も戦う!ぐらいまでやるのかと思ったら
敵襲で終わったのでちょっと消化不良。
芳佳自身は大勢の人を自分の魔法で救いたいと思ってるものの
「父を殺した(?)戦争は絶対に嫌」というスタンスなので
ちょっとモヤモヤ感はあるなぁ。

軍に参加しないと言ってるのに芳佳の願いを聞いてあげる
美緒さんは良い人すぎると思うんだ・・・。
まぁ、予想&予告からして2話でストライカーつけるみたいだけど。
美緒さんの熱血教官的な性格は好きだなー。
1話では半分ぐらいのキャラしか出番無くてしょんぼり。
しかしみゆきちは何故にこうもひんぬーキャラが多いのか。

とりあえず視聴継続確定かな。
やっぱりキャラが可愛いというのは自分の中では重要なファクター。
2話でちゃんとした戦闘シーンが見られそうなので問題はそちらかな。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。