説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かのこん 第12話

★(終)かのこん 第12話 「ついにしちゃう?」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やっぱり寸止めだったけどがんばった方だと思った!
1話やOPのシーンでこのオチに気付くべきだったなぁ。
「恋の炎」の挿入タイミングも絶妙でした。
EDのシーンで気になるシーンは何個かあったけど
後は原作を読んでね!ってことか。
まー、なんとも無難に終わったといった所。

せっかく「良い最終回だった」でまとまりそうなEDだったのに
最後のちずるが望の愛人容認発言で吹いた。
これで公認3Pですね、わかります。
スポンサーサイト

かのこん 第11話

★かのこん 第11話 「もう濡れちゃう?」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

絵的に今までで一番ヤバかった気がするんだぜ。
上はともかく下はアウアウすぎるだろ(笑)
何とは言わないけどバンソーコ的な意味で。
とりあえず望は上も下もつるぺたですね、わかります。

玉藻さんの行動はなんとなく過保護とも取れそうだ。
耕太とちずるをからかいつつも応援してるような。
たゆらとの会話が全然無いのがなんだか可哀想だけど。
いつも通りパシリで荷物持ちなたゆらだったけど
茜に良いところを見せられた久しぶりに報われた気がする。
一番可愛かったのは新メニューを描いてる雪花でした!

最後に今までありそうで無かったちずるの問いかけ。
耕太はどう答えるのか・・・。
そして次回最終回でついにヤっちゃいますか!?

かのこん 第10話

★かのこん 第10話 「遠慮しちゃう?」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やっぱり妖力も封じられていたのね・・・。
学校が襲われ片っ端から妖怪がなぎ倒されていくなか
追い詰められるちずると耕太。
ここまで来たら憑依で逆転しかないわけでオチは予想通り。
耕太の中に眠っていたものがなんなのかは
アニメの中で明かしてくれるのかなぁ・・・。
ちずるの中に九尾狐の力が眠っているのか耕太の影響なのか。

シリアスな回だけあってエロはかなり抑えめ。
寧ろつるぺただからって胸出し過ぎなんだぜ。
豊胸体操はさすがにつるぺただとエロスを感じなくて切ない。

かのこん 第09話

★かのこん 第09話 「感じすぎちゃう?」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

アレ、この双子って実は妖怪じゃなかったのか。
どこか世間とずれている所があるし
ずっと妖怪だと思ってましたよ。
寧ろそれを狩る側の立場だったとは。

前々からたびたび耕太の妹と言っていた少女が
本格的に耕太達にちょっかい出すために
双子にちずる暗殺を依頼。
妖力を落とすための劇薬を盛ったのはいいが
その薬はちずるの胸を洗濯板に・・・という話。

アバンから乳枕とかアホなことやってる回で
ちずるの一番の取り柄であろう巨乳が
ぺったんことは皮肉すぎるね・・・。
乳枕羨ましすぎるので自分にもお願い(ry

望のあまりにも同情的な態度に泣いた。
というかここまで尽くしてくれるとは
望は案外良い奴なんだな、と評価が逆転しましたよ。
普段はちずるが耕太にちょっかい出してるだけで
妨害してくるのに今回は寧ろ率先して
耕太に手を出させるようにしてたし(笑)

珍しく次回に続いた!
妖力が本当に落ちているとしたら
美乃里の呼び出した妖怪?で次回ピンチになりそうな。

かのこん 第08話

★かのこん 第08話 「一緒に入っちゃう?」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やっぱりちずるママンこと玉藻さんは若奥様か!
そしてこちらも予想通り親子揃って色々と(笑)
でも実の親子じゃないのは意外だったな。
たゆらはまだしもちずるはかなり玉藻さんに似てるのに。
痴女と言えば痴女だけどちずると違って
なんとも落ち着きのある色気というか誘いというか。
余裕があるというか節操がある(?)というか(笑)
さすがのちずるも玉藻さんにはタジタジなようで。

玉藻さんの目的は前回の雪花同様
耕太がちずるに相応しいかのテストなんだけど
ホレ薬やら媚薬はさすがに反則すぎると思うんだぜ。
ちずるも原因がわかってるんだから
いつものように強引な手段に出れば良かったのになぁ。
泣き寝入りしているちずるがちずるらしくないというか
寧ろ逆にいらいらしてしまったよ。

エロは直球すぎてそらGyaOで配信中止になりますわ。
(中止は7話以降ですけど)
個人的に望はあんまり好きじゃないから微妙だった。
望が絡んでもいいけどもっと変態やフェチチックに!

相変わらず次回予告の台詞が秀逸すぎて。
クリンチ→ひたすらクリンチ→ガゼルアッパー→KO
とかお馬鹿すぎますね(褒め言葉
次回はやっと双子の話か。

かのこん 第07話

★かのこん 第07話 「あたためてあげちゃう?」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらずかのこんの言い回しは素敵すぎますね。
真っ白な2つの山で一緒に遭難しちゃおうとか
次回予告のワインネタで耕太の舌使いがヌーヴォー!とか。
これほどお馬鹿という褒め言葉が似合うのも珍しい(笑)

エロス的には雪山(じゃないけど)で裸で暖め合うという
ベタなシチュエーションではあったけどがんばってた。
暖かいのにコチコチとか。
寧ろあんなに寸止めで押しつけられたら鼻血とか以外に
違う物も発射しそうな勢いですね、何のことだかわかりませんが。
雪花の言ったとおり皆が凍死しそうって時にお前らって奴は!

望は最後に雪だるま状態で出番あったけど
埋もれたまま最後まで出番の無かったたゆらカワイソス。

次回はちずるのお母様登場かな?
温泉とはまたベタのシチュエーションっぽいけど。
妖怪だしママンも若い風貌なんだろうなぁ・・・。

かのこん 第06話

★かのこん 第06話 「お願いしちゃう?」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

正月と言えば姫初め、相変わらず基本は抑えてくるな。
ちずるの着物の尻のラインが大変性欲を持てあます。
コタツ内部のカットがなんとも言えずどうみても足コ(ry
自分も敏感な方だからよくわかるけどちょっとアレな気分で
太腿さすられたらヤバそうですね(何
着物にスク水は斬新とは思ったけど
着物とエプロンは普通に見える。ふしぎ!
相変わらずちずるさんは痴女としか言いようがないな。

Bパートはエロ抑えめで普通にドタバタラブコメだったなぁ。
りんご飴で妄想する時点で耕太自身もエロス大王だと思うんだ。
最近マニアックなエロ描写が不足してるので
そろそろ前半の勢いを取り戻して欲しいところだ(笑)

かのこん 第05話

★かのこん 第05話 「ダメになっちゃう?」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

万を期して朔登場。
OPでは割と爽やかに見えるのに悪人面すぎるな。
一応は耕太とちずるの前に敵として立ちふさがったけど
どうやら二人の愛の力を見るためだった模様。
依頼主はOPに出てたあのキャラ達かな・・・。
この描写が無ければ本当に朔が
何のために来たのかわからない所だった・・・。

それにしてもこんなにエロが薄いと別番組のように見えるな(笑)
エロよりも戦闘シーンの方が多かったよ。
ちずるが耕太に近づかないだけでこんなに健全番組になるとは。
いや、寧ろずっと我慢の焦らしプレイという高レベルな(ry

かのこん 第04話

★かのこん 第04話 「脱げなくなっちゃった?」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

アバンから体育の授業中に体育倉庫で体操着で押し倒し
耕太君となら私飛べちゃう!とかいうのが
デフォなかのこんの時間です。どう見ても痴j(ry

今回は予告から察せられた通りコスプレ祭り。
ちずるのバニーに始まりあかねのナースやら望のメイド服やら。
原因はちずるが門外不出の開かずの間から持ち出した
呪いのバニー服が服装をチェンジして操るというもの。
エロス大王の名にふさわしく酒池肉林も良いところ。
たゆらや桐山等の男勢もコスプレを止めようと思いつつも
見とれていてノリノリですね。

あかねのM字開脚の見せ方がエロすぎると思うんだ。
無理矢理開かせてるみたいでどこの陵辱系だよ(笑)
後は望の耕太の顔に・・・だろうか。
ちずるがエロイのは当たり前だけに他の方が印象に。
というかあんまりバニーって好きじゃないんだよ!
バニー、ナース、メイドならメイド一択で。

最後に朔がチラっと登場。そろそろ登場でしょうか。

かのこん 第03話

★かのこん 第03話 「美味しく食べちゃう?」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

どうせ今回もエロいだけなんだろう。
そう思っていた時期も俺にもありました・・・。
さすがのかのこんでも泡姫プレイとか
おしりぺんぺんプレイとかやらかすとは思わなかったぜ!
なんというか毎度エロスの限界にチャレンジしてるな。
どんどん方向性がおかしくなってる気がするけど
なに、気にすることはない。
かのこんにエロ以外の何があるんだと言われ納得した(笑)

ただ毎度チャレンジ精神豊富なのは良いことではあるんだけど
視聴者的にはどんどんカゲキなのが来ないと満足できないような。
というか、かのこん本来の魅力らしい
アレな表現を映像的に工夫して出してくれれば良さそうだ。
それかシチュエーション的にエロスを感じるようなものに
工夫を持たせるしかないよなぁ・・・今回はまさにソレですが。

今回は桐山がちずる達に襲いかかってきたけど
話的には熊田との決着は既に付いてるのかな?
前倒し登場っぽい双子の存在やらで時間軸がハッキリしないなぁ。
朔もしばらく登場しなさそうだし割とオリジナル展開なのかな。
次回は学園祭か何かの出し物だろうか?
コスプレは王道でもあるな・・・
紹介とか見ると望に分がありそうだけど(笑)

かのこん 第02話

★かのこん 第02話 「ひとつになっちゃう?」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

合間を見つけてコミックス消化で2巻読了。
この時点でまだ登場してないんですが
アニメでは早くも狼の妖怪、犹守 望登場。
巨乳のお姉さんキャラの次は
ツルペタロリ娘とは鉄板構成ですね!

フラグ云々はさておき二人の淫獣っぷりは改めて凄まじい。
もはやこれはエロのない成年コミックレベルだろう(笑)
というかエロ以外殆ど見るところないのも
ある意味凄いというか潔い。
んでも、こんな状態なら確かにエロス言われても仕方ないな。

結界があるとはいえ道路で
裸の女性が男性押し倒してるって凄い構図ですね。
起きたら真上にちずるといい
Mの自分としては羨ましいシチュが多すぎるんだぜ・・・。

かのこん 第01話

★(新)かのこん 第01話 「初めてしちゃう?」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

原作小説未読、コミックスは4巻まで確保済みで1巻だけ読了。
前々からエロ方面での噂はいろいろ聞いていたし
AT-Xの年齢制限もあってそっち方面でwktkせざるをえない。
そして能登さんの出番も!!
・・・主人公(♂)ですけどねorz

アニメでは出会いのシーンなどは省かれ
ある程度の登場人物が出そろった状態?
コミックスの冒頭に当たるちずるのラブレターのくだりは
回想を交えて補完したから問題ないけど
ちずるが耕太に惹かれた理由がちょっとわかりづらかったような。
というより本人が語ってないから
いまいち伝わってこないというかね。

アニメならではの巨大な胸のふくらみは色んな意味で反則ですね。
正直あんまり大きすぎるのは好きじゃないんですが
キャラデザのせいかあんまり気にならなかったな。
エロイからいいとかそんなわけじゃないです、決して。

たゆらのコミックスとのギャップが凄すぎて驚いたよ。
というかコミックスの初登場がガラ悪すぎるだけなのか?
特に現在だと普通に耕太の良い友人じゃないか。
シスコンさは全然伺えないけど別ベクトルで悪化してるな(笑)
でもこういうお調子者だけどしっかりしてるキャラは嫌いじゃない。
アニメと並行してコミックスを読んでいこうと思うので
他のキャラが気になるところですね。

そういやサブタイが全て「?」で終わってるんだけど
前にもこういう作品あった気がするけど思い出せない・・・。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。