説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらしのなく頃に解 第24話

★(終)ひぐらしのなく頃に解 第24話 祭囃し編 其の拾壱 「オシマイ」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

(・3・)あるぇー?
トミー&赤坂のカーチェイス、トミーの精密射撃は!?
あっさり連絡取れてて笑ったよ・・・。
(・3・)あるぇー?おじさんの活躍はー?
小此木との対決が唯一空気を読んだ(?)見せ場だったのに!(マテ
あの場だけ見るとリーダーとして凄い出しゃばってみるのは仕様ですか。
というか魅音空気嫁に毒されすぎですかそうですか。
というわけで遂にひぐらし解、完結!

鷹野との決着に関してはどう足掻いても尺が足りなくて
残念な結果になるのは見えてたからその点はあんまり不満無いかな。
・・・いや、不満がないというより最初から諦めていただけですが(苦笑)
雌雄を決した後の鷹野の悪あがき〜エピローグがそれなりに満足できたので
結果最終回としては思ったよりマシな出来になったんじゃないかなー。
でも映像的にはやっぱり銃弾を避けるんじゃなくて掴んで欲しかったね(笑)

鷹野の回想(+カケラ紡ぎ)が中途半端だし
何週も間が空いてるせいか鷹野があんまり可哀想に見えないなぁ。
どう見てもあきらめの悪い小悪党にしか見えないんだぜ。
トミーに泣きついたり情けかけられるのも惨めだなぁ。
彼女もルールの一部だったとはいえただ幸せを願っただけなのに。
ちなみに彼女は喉を引っ掻くクセがあったので
あの場面はトミーが鷹野を庇った
それをまさかCパート、裏エンディングで補完してくれるとは思わなかったけどさ。
それについては下述。

鷹野回収後はそういえば綿流しのお祭りでした。
びっくりするぐらいあっさりとEDテーマにのせてのエンディング。
最後のカレンダーのカットでの〆は良かった。
梨花がどんな想いでこの日を迎えることを望んでいたのか。
それを考えるとこの1カットだけで泣きそうになりますよ・・・。

物語はここで終わらず、原作の祭囃し編にもあった裏エンディングに。
原作は幼女たかのんと誰かが話してるかは姿が見えないので不明だったけど
アニメでは容姿は成長した梨花っぽいな。
あの場面は口調からして梨花だろうという意見が多かったしこれは納得。
でもこれ、アニメしか見てない人には意味不明な内容だよなぁ。
色んな解釈があるけどこれもカケラ遊びの1つで「誰も罪のない世界
鷹野はお子様ランチの旗を20本集められたし両親を事故で亡くさなかった。
つまり高野一二三の元に鷹野三四が預けられないのでそもそも野望を抱かない。
裏では高野一二三が雛見沢症候群の治療に成功してたりと設定はあるんですが
もちろんアニメでそんなことを捕捉する余裕もなく。
とにかく誰にも罪がない・・・誰もが一度は望んだ世界がコレ。

アニメ版では殆ど”Frederica”に触れてないんですが
この成長した梨花は梨花であって梨花でない”Frederica”に近い存在なんでしょう。
お遊びといってはそれでまででこれ自体も原作ではおまけに近かったけど
アニメではこれを流す意味もあまり無いし完全にファンサービスですね。
でも原作厨からすれば旗が集まったことで鷹野が少しでも救われた気がして
思わずここでも泣きそうになりました・・・。

全体を通して。
一部にかなりの不満はあるものの1期よりは遙かにマシな出来だったんじゃないかな?
でもやっぱり2クールあっても皆殺し+祭囃し+その他が収まりきらなかったね。
序盤のアニメオリジナルを削ればもっと祭囃しに時間を割けただろうに。
せっかく尺はあったんだから勿体なかったなーというのが正直な感想です。
そういえば3期あるようですね、AT-Xでは告知されませんでしたが。
実はひぐらしは原作鬼隠し〜祭囃しまでしかプレイして無く
CS版やら礼やらは未プレイなのでアニメ化するならそのあたり?
でもわざわざもう一度アニメ化するほどのエピソードなのかは疑問。
せっかくキリ良く終われたのになぁ・・・。
スポンサーサイト

ひぐらしのなく頃に解 第23話

★ひぐらしのなく頃に解 第23話 祭囃し編 其の拾 「血戦」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

あぁ、よくよく考えればもう24話が最終回なんですね・・・。
23話の時点でこうだと最終回は余韻も何もあったもんじゃない終わりか
トミーや赤坂、魅音の活躍をさくっと流してエピローグか・・・
どちらにせよ駆け足展開になるのは確実だろうなぁ。
これが26話構成だったらかなり違ったと思うのに残念すぎる。
というわけで今回もかなり駆け足展開なんですが
イリーの出番がちょっと減ったぐらいで視聴は問題ないレベル。
小此木がいきなり復活してて笑いましたが・・・。

「寂しい人だ、君は」と格好良い台詞を言うトミーですが
縛られたり前回足蹴にされてるのでカッコが付かないんだぜ・・・。
挙げ句、赤坂達についでのように発見されてるし!
ま、まぁトミーの活躍は次回が待ってるから!
それはそうと山狗大移動は映像で見ると不審すぎますね・・・。
トラップの数々も映像で見ると山狗が間抜けに見える。
今回の話の中心は詩音と悟史の再会といってもいいだけに
この場面に時間を割いてるせいで他がキツそうだ。
葛西のドスが効いた声が聞けて満足だけど作業着は格好付かんな(笑)

さて、ついに次回で最終回。
多分がっかりするのはわかってるけどせめて綺麗に終わって欲しい。

ひぐらしのなく頃に解 第22話

★ひぐらしのなく頃に解 第22話 祭囃し編 其の九 「攻防」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

いきなりトミー吹いたwww
アニメで見て原作でもちょwって思ったことを思い出しましたよ・・・。
というわけで21〜22話の間で一瞬で捉えられるトミーカワイソス。
原作でも「やってやるぜ!」→「アッー!」という感じで笑えたんだけど
アニメ版は描写すらされなくてトミーのネタっぷりが凄い笑える。
その他にもイリーが崖から転落とかも見ててそういえばあったなー、と。
そういやこういう経緯で園崎家に集まり
最終的な圭一達の戦いの舞台は移っていくんだな、と思い出した。

とりあえず、今回何よりも言いたいのが・・・

……間に合った……!」きたああああああああああ!!



・・・なんだけどやっぱり予想通り「you -destructive」は流れませんでしたとさ。
それは想定の範囲内だからまだいい・・・!
BGMが無音なのもまだ許せる・・・だがしかし。
給料いくらだ」と小此木との会話をばっさり削ったのだけは許せねえヽ(`Д´)ノ
ノベルゲーは性質上、文章で演出を表現できるのが強みで
このシーンは効果音といい文字効果といい笑いと盛り上がりが最高にクライマックスでした。
アニメでそれをそのままやるのは難しいから
その威力はまさに徹甲弾」を削られる覚悟はしてたんだけど
赤坂の名台詞である「給料いくらだ」を削ったのだけは納得できないなー。
それに赤坂と小此木は暇潰し編での因縁あり。
まぁ、アニメ版ではその暇潰し編で小此木が居なかった気がするけどな!
因縁無いにしろ「俺は山狗の小此木だ!」からの流れはカットすべきじゃなかったな。
これ表現してくれればBGM無くても満足したんだけどなぁ。

それと小此木の心理描写が皆無なせいで
小此木含めて山狗がマジで噛ませ犬にしか見えないぜ・・・。
赤坂がどれだけ後悔しどれだけ苦労したかも
赤坂のカケラ紡ぎが欠けてるから伝わってこないんだよなぁ。
空手云々もノータッチすぎるじゃないか・・・。
これじゃあアニメから見た人は赤坂がいきなり超人かしたように見えないか不安だ。

あまりにも残念すぎたので今回ばっかりはニコニコから紹介しよう(苦笑)
といっても直接は色々アレなので「原作厨の為のひぐらしのなく頃に解
で検索すれば幸せになれるかもしれません、出来ればお早めに。

残念すぎるとはいえ個人的にはひぐらしで最も盛り上がった場面だったので
それなりには燃え上がりましたけどねー、ということでこの評価。
というか今回は原作プレイした人は誰しも同じ感想を抱くに違いない。

ひぐらしのなく頃に解 第21話

★ひぐらしのなく頃に解 第21話 祭囃し編 其の八 「48時間」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

久しぶりにトミーが大活躍だぜ!
・・・って今まで活躍したことあったっけか?(マテ
時報はいやだあああああああ
活躍といっても次回が本番だろう、機関車は見られるか!?

今回は殆ど圭一達、部活メンバーの出番は無し。
大人達の様々な思惑と攻防がメイン。
大石の投げは原作ではもっと迫力あった印象だったんだけど
一瞬でなんの演出も無く投げられて切なかった。
機関車にも徹甲弾にもなんだか不安が出てきたぞ・・・。
たかのんがイリーの裏切りを勘ぐって見張り追加。
さぁ、ここからは一気に物語が動き出しますよ・・・。

そういや野村さんが田中理恵節全開過ぎて吹いた。
ハヤテのマリアさんもいつかこういう喋り方してくれないかな(マテ

ひぐらしのなく頃に解 第20話

★ひぐらしのなく頃に解 第20話 祭囃し編 其の七 「トラップ」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

梨花と赤坂の再会・・・
確かこの時代に再会できたのは祭囃しで始めてだったんだっけか?
100年をも世界をループし続けてやっと
自分の最大の味方になってくれるであろう駒を引けたわけです。
不覚にも再会シーンは泣きそうになりましたよ・・・。

今回はその他にも色々とジーンと来るシーンが多かった。
お魎を初めとした村人達が北条家の遺恨を拭ったり
大石がおやっさんの墓参りをして園崎茜と対するシーンを初めとし
梨花が圭一達に漫画の話ではなく事実であることを打ち明け
圭一がその場の空気を一気に変えるシーンとか。
明るいシーンなんだけど梨花からすればこれほど嬉しいことはないわけですよ。
何気なく言っているレナの「強固な運命を打ち破れる圭一君」なども
罪滅しや今までのループを思い返すと地味に効いた。

今回もまだまだ準備段階と言えばそうなんだけど
視聴している分には今までで一番終わるの早く感じたかもしれない。
=それだけ見入ってたなんだろうな。
やはりひぐらしはこの”仲間”と団結していくシーンが最高だと思うんですよ。
特に大人達に聞き入れて貰ったのは梨花にとって大きな力にもなるし
これだけ同時に良いサイコロの目が出たのはこれが初めて。
その梨花の嬉しさが伝わってきて今回は自然に泣きそうでした。

次回は「48時間」
作戦スタートと言ったところで物語も佳境。
散々言ってる赤坂のターンはもう少し先になりそうですが。
赤坂最強なカケラが全然触れられてないのは不安だけども・・・。

ひぐらしのなく頃に解 第19話

★ひぐらしのなく頃に解 第19話 祭囃し編 其の六 「幕開け」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やっとこさ真の祭囃し編が始まった!
羽入が転向してくるところからスタートして
あれ?ループ云々の設定や梨花ちゃまの反応は?
と思ったけどちゃんと設定自体は生きてたのね。
鷹野を犯人だと覚えるために痛みに耐えて死を受け入れた梨花。
その願いも叶わず、結果的に忘れていた悔しさをもっと表現して欲しかったかな。
確か原作の羽入視点でのそれが印象的だった気がするし。
頭の角について突っ込み入るのってもうちょっと先だっけ?
今回は本人からさらっと「羽入」とは何かを説明。
まー、正直設定云々より話の流れが大切なのであんまり関係無いんですが(笑)

日常パートは相も変わらず。
○○編スタートの時と同じように部活絡みがメイン。
あれ、この世界は詩音が部活メンバーじゃなかったんだっけ?
もう細かいところは完全に忘れてるな・・・。
24話までとすれば残り5話で実質○○編1つ解決させるんだから
今までと尺は大して変わらなそうだな・・・。
ということはやっぱりちょっとカットが残念な部分が出てきそう。

今回はひっさしぶりに赤坂見れたのは満足だわ。
今までアニメでは完全に空気だったから
赤坂の活躍っぷりを見てアニメ視聴組はどう思うんだろうなぁ。
原作でもこんなに活躍するのは祭囃し編のみだけど
赤坂が梨花ちゃんを救う・・・という想いが
全編を通して祭囃しに集約してると読めるから問題ないんだよね。
赤坂の操作といい野村の裏での行動といいきな臭さが漂って参りました。
勘のいい人なら「終末作戦」の意味にもう気付くはずだなぁ・・・。

ひぐらしのなく頃に解 第18話 祭囃し編 其の五

★ひぐらしのなく頃に解 第18話 祭囃し編 其の五 「最後の駒」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回で今まで謎だった悟史の行方が推測できるかな。
また、証言が食い違うというか悟史が失踪したと
思わせる条件が揃ってたのも今回でわかったことでしょう。
現代で悟史と再会できるのはもう少し後になりますが・・・。
悟史と共に今回のメインを張ったのは圭一の引っ越しについて。
魅音とお魎の新しい空気等のやりとりは何気に重要なやりとり。
梨花ちゃまや羽入の会話も考えると微妙に泣きそうに・・・。
お魎の期待以上だったからこそ皆殺しで一致団結出来たり
ここまできてやっと伏線回収して納得が行く状態になってきたかな?
これが原作で言ういわゆる”カケラ紡ぎ”パート。
これが結構長くてたかのんの過去と共にプレイヤーに立ちふさがるという(マテ

そういや今更気付いたんですが地味にOP変わってるのか。
いつからか知らないけど羽入の目や学生服verが映ってた。
いつもOPはぼけーっと眺めてるかスルーしてるから気付かなかったorz

ひぐらしのなく頃に解 第17話

★ひぐらしのなく頃に解 第17話 祭囃し編 其の四 「謀略」 ★★☆☆ 【公式】【ストーリー紹介

2年目の祟り〜3年目の祟りの真相が明らかに。
そしてたかのんに降り注ぐまたも試練・・・。
原作プレイ済みにとってはもう通過点でしかないな(苦笑)
やっぱりこの退屈さをどうすることも出来なかったかぁ。
かといってこれをやらないわけにはいかないしね。
読み物向けの内容を映像化する難しさもあるんでしょう・・・。
とはいえたかのんに手をさしのべた女性。

そういえば居たなーと思い出したけどどうやった役割なのか完全に忘却。
ヤバイ、やっぱり細かいところは忘れてる。
それとも忘れるぐらいどうでもいいような役目だったっけか・・・?
祭囃しは前置きが長すぎるのと赤坂のターン!
の印象が強すぎてどうしても”作戦開始”ぐらいからしか正確に記憶に残ってない。
次回は4年目の祟りや悟史あたり(昭和57年)をやって
いよいよ再来週から本格的なスタート、といった所かな・・・?
もう少しの辛抱です。

ひぐらしのなく頃に解 第16話

★ひぐらしのなく頃に解 第16話 祭囃し編 其の参 「終わりの始まり」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

わかってはいたけどやっぱりカケラ紡ぎは退屈やね(苦笑)
原作未プレイの人にはこの時間軸飛びまくりなのが一番の謎だろう。
前回前々回は終始鷹野さん視点だったからわかりやすかったのに。
まぁ、何も考えず回想だけ見てればいいんですけどねぇ。
原作の時もこのカケラ紡ぎは余計なやり方というか
こういう形でしか”解”を出せなかったものなのか?
と思うところもあるけど。
今回は主に1回目の祟りの”解”と北条家の村八分の発端について。
だらだらと回想見てるだけで気付いたら1話終わって
損したのか得したのか微妙な気分です・・・。
サブタイ見ると其の六が「幕開け」だからそこが本編開始だろうしなぁ。
もうちょっと”カケラ紡ぎ”の回想に付き合う必要はありそう。

そういや最後の場面で気になったんですが
圭一が来る前の魅音と梨花ちゃまとの会話で
「これが本当の始まり」みたいなことを言ってたけど
この言葉から察するに次は運命に打ち勝つという意志も感じるし
明らかに”皆殺し編を超えた”梨花ちゃまだと思うんだけど
祭囃しのループする間隔が短くなって綿流し1週間前ってのはどうなったんだ?
それともカケラ紡ぎの最中だからってこと?
まぁ、ループの矛盾を突けばキリがないしそういう演出と思っておこう。

ひぐらしのなく頃に解 第15話

★ひぐらしのなく頃に解 第15話 祭囃し編 其の弐 「蠢き」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

大幅にたかのんの生い立ちがカットされたのは残念だけど
アニメでここをだらだらやってもしょうがないと思うので正解だと思う。
性的なアレとかはさっくりスルーされましたとさ。
まぁ、痛々しい部分が少なくて何より・・・。
反面、鷹野三四という人物を形成する要素が弱く感じるけどね。
拷問といい高野教授の悔し涙、そして小さな決意。
原作でも屈指の名シーンだけどBGMはやっぱり原作のは使えないか(苦笑)
ニコニコに原作BGMを付けたMADのような動画もあるので
気になる人は検索してみるといいかも。

雛見沢に入江機関を置いての鷹野の野望のスタート。
その直前に訪れた神社という時系列です。
羽入と鷹野の意志のぶつけ合いは中の人の演技も手伝って
アニメ版はかなり迫力があって良かったね、羽入怖すぎ(笑)
でもやっぱり”being”は欲しかったんだぜ?
ここまでが実質、祭囃し編プロローグで原作ではここでタイトルロゴ挿入。
どうせならアニメの演出もそれに習えば良かったのに。

この調子じゃあ赤坂の”you -destructive”も期待でき無さそう。
あのシーンはこの曲が挿入されてこそ生きると思うんだけど。
というかこのアニメは暗転演出というか
原作にあるような文字の演出を使わない傾向にあるから
それだけでも”徹甲弾”の魅力は半減するだろうしねえ。
そこの所どう見せてくれるのかがこのアニメ最大の楽しみな俺。

次回も殆ど過去編。
というより今までキチンと触れられなかった部分の捕捉。
原作で言う”カケラ紡ぎ”がしばらく続くんだろうな。
いわゆる”解(答)”は殆どこの部分に詰まってるはず。
プレイ済みとしては退屈な部分が続きそうだ。

ひぐらしのなく頃に解 第14話

★ひぐらしのなく頃に解 第14話 祭囃し編 其の壱 「三四」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

祭囃し編スタート。
原作未プレイの人は見るアニメ間違えた?
と思った人多そうだな。初プレイの時もアレ?って思ったぐらいだし。
ということで半分以上が鷹野三四こと田無美代子の過去編。
あれ・・・幼いたかのんが可愛すぎるんですけど。
どこをどう間違ってあんなの(マテ になったかはこの祭囃し編で明らかに。
見るまで思い出せなかったんだけど
確かにこの”施設”での拷問まがいの教育は放送アレかもね(苦笑)
正確には覚えてないけど性的にアレなのもあったような・・・。

途中に挿入された大人になったたかのん。
高野一二三の研究を受け継いだやら東京との関わりの示唆。
また、物語の中心人物である入江、富竹、小此木との出会い。
序盤は鷹野三四の幼少期と実際の研究の苦難を交互にやってくのかな。
原作は皆殺し終わった後のテンションで祭囃しをすると
いきなりたかのんの過去を延々と聞かされて
テンション下がりまくりなのが欠点なんだよなぁ、長いし。
というわけでアニメでも何話か使って過去編やる悪寒。
”旗”も出てきたし伏線も含めて綺麗に再現してくれそうですが。

ひぐらしのなく頃に解 第13話

★ひぐらしのなく頃に解 第13話 皆殺し編 其の八 「終末」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

皆殺し編完結。
仲間同士力を合わせても奇跡が起こせなかった・・・
のではなく仲間が足りなかった、というのが皆殺しの総括。
そして梨花の鷹野が犯人ということを記憶する決意。

トラップ満載と言いつつ一切引っかからなかったのに違和感あったけど
原作でもトラップスルーしてきたんだっけか・・・?
頼れる仲間達は全員フル武装過ぎてふいた(笑)
圭一のバット、レナの鉈。
このタイムリーな時期にこれやるとか勇者過ぎるだろ。
レナの峰打ち宣言する所の目が良い意味でヤバイ。

抵抗虚しく、1人ずつ撃ち殺されていくのが皆殺し編の悔しいところ。
リーダーである圭一が真っ先に脱落したことでそれは決定的に。
意識が薄れゆく中、みんなに生きて欲しいと
願った圭一は皆殺し編では輝いてました・・・。
その直後のレナの素敵っぷりで全部吹っ飛んだけどな!
鷹野の神になる!発言に無理無理とか啖呵切りまくり。
峰打ちの件といい皆殺し編のMVPは一気にレナになりましたとさ・・・。

最後に仲間達の意識が集まりちゃんと祭囃しに繋がっていくのが良かった。

さて、次回から2クール目突入、最終章突入なんだけど
AT-Xでは特に告知されてないし通常通り放送されていくと思っていいのかな。

ひぐらしのなく頃に解 第12話

★ひぐらしのなく頃に解 第12話 皆殺し編 其の七 「雛見沢症候群」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

あれ?AT-Xでは今後も普通に放送して行くのかな?
自重するのは一部の局だけ?それとも1クールやって自重?
まぁ、個人的には原作をプレイしてるので
ぶった切りでも問題ないと言えばないんですが・・・。
そもそも斧じゃなくて鉈だし後半にはまったく関係ないから
自重する必要すら無かったと思うけどね。
ただ、作品のイメージとしてそういうのがあるってだけで。

後半のひぐらしはこういう説明が増えるので
そこをどうやって面白く見せるかが課題だと思うのですが
今回もサブタイ通り「雛見沢症候群」についての説明。
この場面は梨花が圭一達に説明する必要がある場面だから
説明自体は自然でそれとなく過去の発症を匂わせてるのもわかりやすい。
問題は原作だと第3視点から語られる事柄をどうするかだよね。
風土病というのには途方もない病気で
何気、鷹野さんはかなり当を得たことを語ってるんですよね。
ま、一説に過ぎないんですが。
そして鷹野さんが情熱を注いだり風土病説を唱えたのにはワケが。
そこは祭囃し編の序盤で語られるであろうことなのでここではスルー。

もう1つのメインエピソードは入江先生と小此木。
既に鷹野と山狗がグルだってことは視聴者はわかってるから
イリーが犯人に仕立て上げられそうになったり
鷹野の死を悲しんでる描写が歯がゆいなぁ・・・。
きっと裏で小此木はニヤニヤしてるんだろう。
そしてどう見ても死亡フラグ\(^o^)/
ここまで来ると各編でイリーが自殺として死亡したことの裏は
容易に想像が付きますな。
また、小此木の口から暇潰し編の黒幕発言も。
皆殺し編では終始良い人っぷりを発揮していた大石もここでさようなら。
あああ、あっけなさ過ぎてカワイソス・・・。

次回で皆殺し編も終わり。
あの無念さをどう表現してくれるかだなー。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。