説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

このページの記事目次 (カテゴリー: 薬師寺涼子の怪奇事件簿(終了))

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬師寺涼子の怪奇事件簿 第01話-第13話

★(新)薬師寺涼子の怪奇事件簿 第01話 「銀座クライムタワー(前編)」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

原作未読。
というか調べて初めて「銀河英雄伝説」の人が
原作書いてることを知りましたよ。
BS11で散々CMやってたけど
あんまり得意そうなアニメじゃない予感がしたので
あまり期待や注目をせずに見てましたけど
さすが定評のある作者だけに面白いですねえ。
元々推理モノは好きだし。
どうやらオカルト要素も強いようだけど。

1話は導入部ということで
登場人物や人間関係の紹介がメイン。
どうやら既刊の事件を語っていることから
少なくとも「霧の訪問者」より時間軸が後ということかな?
アニメオリジナルなんでしょうかねー。
過去の事件を前提に話を進められると正直辛いけど
1話の時点では特に問題はないかな。

OPとEDの両方ともBGMだったり前編後編構成だったり
オカルト推理と個人的にはゴーストハントに近いものを感じた。
ターゲットは違うけど趣向は似てるような。
サントラのCMをアニメが始まる前から散々やってただけに
全体的にBGMが耳に残りますねー。


★薬師寺涼子の怪奇事件簿 第02話 「銀座クライムタワー(後編)」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

涼子の人物像の紹介で警備会社「JACES」
の社長の娘とな・・・
なるほど、性格やお嬢様っぽい部分に納得です。

あぁ、飲み物を飲んでなんで平気だったんだろう
って思ってたけど元々飲み物に細工は無かったのね。
自分の命を狙っているとわかっている人物が出した飲み物を
一気に飲み干すなんて大胆不敵な性格が出てますねぇ。
ヘリから出てるはしごに飛び移るだけでも無茶すぎる
と思うのに泉田に抱き留めて貰うとか
本当に無茶をする人だ・・・。

「こんな所で死ねない」と涼子本人は語ってたけど
泉田が見ている涼子が自殺する悪夢と
何らかの関係があるのかなぁ・・・。
これだけオカルト要素があるのなら
涼子自身に超常的な力とかがあるのだろうか?

とりあえず次回もオリジナルっぽいですね。
裏でまだ色々動いてるようだし
1つの話に繋がっていくのかな。


★薬師寺涼子の怪奇事件簿 第03話 「桜田門事変」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

”桜田門事変”というサブタイなぐらいなんだから
何か事件だという先入観があったけど
その実、ただの泉田の休日の話だった罠。

1〜2話では涼子はそんなにストレートに
想いを出してなかったけど泉田に好意ありまくりですね。
記者を利用して既成事実を作ってしまおう
とか考えてるあたり鈍感すぎる泉田に対して
どれだけ本気かはわかるけど泉田は想像以上だな(笑)
もうここまで来るとわざとスルーしてるように見えるわ。
お姫様抱っこでも顔色1つ変えないとは・・・。

そんな涼子の裏での工作も
記者のカメラに映ってた写真が心霊写真紛いだったり
カメラのデータが飛んだりとさんざんで実らず。
さすが”ドラよせ”お涼と言った所ですかね(笑)

そういやアバンで何故か昔のロシアに
涼子が居るような夢を本人が見てたけど
これも何か涼子の秘密と関係あるのかな。
途中で泉田が出てきたとはいえ
わざわざ年数まで出てたし何か意味ありげですけど。

次回も1話完結かな。


★薬師寺涼子の怪奇事件簿 第04話 「武蔵野すみれいろどき」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

今回はちゃんとした事件ではあったけど
こうまで来ると推理モノ云々よりサスペンスの方が近いよね。
最後のオチはてっきり撃ったもんだと思いましたよ・・・。
なんとなくお涼の違う一面を見たような気がしました。

次回は可愛げな女の子が!
・・・なのはいいんだけどサブタイが”蟲”って
比喩だと思いたいけど
この作品ならグロいの出てきてもおかしくないから困る。


★薬師寺涼子の怪奇事件簿 第05話 「表参道を這う蟲」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

広橋涼な幼女に萌える回、異論は認めない。
それにしても泉田のモテっぷりが異常・・・。
朴念仁な所も逆に好きなんだろうなー。
好きになった相手が相手だけに心労が絶えなさそうな
お涼と幼女の間に連帯感のようなものが(笑)
借りを返す形で泉田の写真をお涼に上げたけど
まだまだ写真を持っていた幼女は侮れないな。

次回は話だけは出てたお涼のメイド来るー?


★薬師寺涼子の怪奇事件簿 第06話 「メイドin霞ヶ関」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

メイドさんは日本人じゃないのね・・・
フランス語での会話ばっかりでちょっと残念。
やはり自分は日本人スキーらしい。

話的には今回はオカルトというよりサブカルよりな話で
地下空間を利用した施設というもの。
でかすぎるオオサンショウウオはオカルト要素だけどさ。
蛇といい巨大生物の登場も多いですね。
お涼を前にしたオオサンショウウオからいきなり場面が
切り替わってたけどアレはオオサンショウウオが
お涼に敵意が無かったということでOKなのか?
泉田はお涼をなんだと思ってるんだか(笑)

地下の話に戻すと桜田門と霞ヶ関の連絡線は
割とメジャーで一般にも公表してる路線だけど
東京地下には公表されていないそういった路線が
まだまだたくさんあるってのはサブカル雑誌でよくある話。
そういった話が好きな個人的には
面白いテーマ扱ってくれたなー、と。


★薬師寺涼子の怪奇事件簿 第07話 「沖縄、神の島」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

お涼さん、いくらなんでも車で車を飛び越えるのは
無茶というかフリーダムすぎると思うんだ。
思いっきり横転してたけどどう見ても無傷ですよね!?
お涼を襲った犯人の逃亡っぷりにもど驚いたけど
それ以上に問答無用で車を蹴散らしていくお涼は流石・・・。
あの後、JACESの人がちゃんと弁償した・・・と思っておこう。

今回も一応巨大生物ネタ・・・かな?
でも植物が人間に寄生するっていうのは
映像としてみるとグロいものがあるなー(苦笑)
お由紀がトゲトゲに直接当たらなかったり
お涼の射撃の腕は認めるけど弾数と
トゲトゲの数の差的に無理があるだろうとか、色々と主人公補正が。

そういえば回想ですが、お涼の姉、お絹さんも初登場。
さっそく予告でも出番はあったけど
これだけじゃあどんな人物かは何とも言えないなー。


★薬師寺涼子の怪奇事件簿 第08話 「多摩川スーサイド」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

とりあえずその物騒な音波虫とやらは回収しようよ(笑)
でもこういう都市伝説になっていく的なオチは好きだな。
現代の自殺者の多さは音波虫の存在が〜
とか作中で関連づけても面白いし。

しっかし相変わらず泉田の鈍さは・・・。
万に一つも自分が原因で音波虫の影響を受けたと
思ってないあたりがタチが悪いというか。
逆に言えばそれほどお涼を上司として信頼してるということだけど。


★薬師寺涼子の怪奇事件簿 第09話 「芝の女王」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

あれ?泉田ってこんなに軽い性格だっけ?
いつもお涼の前で恐縮しすぎてるだけなのか。
お由紀の前で「目の保養」とか口走りそうになったり
最後の最後で口を滑らせてお由紀におしかりを受けたり
意外とお茶目な所もあるんだなぁと思いました。

ずっと不在だったお涼は芝の女王への対抗策を色々考えてた模様。
でも最終的に見つけたのが小さなお涼・・・?
芝の女王の映像といいなんだかよくわからない状態に。
サブタイのナンバリングも正式には9aとかになってるから
実質、完全に前編扱いなんでしょうね。


★薬師寺涼子の怪奇事件簿 第10話 「麻布の罠」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

話数のナンバリングをどうしようかと思ったけど
公式でもFILE10ってなってたし10話扱いで良いのかな。

前回の荒々しい雰囲気から一転して
意外と早く落ち着きを取り戻したというか
なんだか予想外の方向に話が転がってますな。
まさか幼女萌えに話が向かうとは!
その助けた幼女は”もなみ”と名付けられましたが
何かを知ってそうなお涼からの説明は結局無し。
泉田への懐きっぷりは、単に泉田が幼女キラーなのか
お涼に似ていることが関係しているのか。

後半は戻って欲しくない元のノリに逆戻り。
お涼の電話を聴いたもなみが勝手に抜け出し・・・。
泉田はどう見ても死亡フラグだったけど
まさかここで本当にガマが出てくるあたりがこの作品らしいね。
今回見る限りもなみはハッピーエンドにならなそうで(;´Д⊂


★薬師寺涼子の怪奇事件簿 第11話 「高輪のプリンセス」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

50年以上経ってるのに姿変わらない不老とか
人間一夜にして急成長を遂げるとか
いよいよ持ってオカルト全開になってきたというか。
月読会が再び登場するとは思わなかったよ。
まぁ、不老不死や成長促進剤といえば月読会なんですが。
それよりもここにきて野長瀬君がスパイだったとは。

お涼は石動瑠璃子を前に観念したようで絶体絶命。
もなみも石動瑠璃子により作られた生命で
その石動瑠璃子のお涼に取って代わるという誘いに乗りそう。
今までの事件はたいてい石動瑠璃子が絡んでたんだろうなぁ。

今回も気になるところで終わったけど
次回は”前編”とか気になる終わり確定じゃないかー。


★薬師寺涼子の怪奇事件簿 第12話 「東京デッド・オア・ラブ(前編)」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

一応、普通の人間1人に対して
戦車やらヘリで銃撃やらどれだけで全力なんだ・・・。
それで生きてるお涼もお涼だけどな!
軽く数十メートル吹っ飛んでるように見えたけど
アレで居て骨折とか打ち身とか無いのかね・・・。
最後の泉田と二人で戦車に対して笑顔で居られるのは
もう一種のギャグにしか見えなかったわ。

泉田が夢に見ていたお涼が銃で自殺するビジョンは
お涼じゃなくて1人目のもなみの映像だったんだね。
ということはお涼自身はやっぱり普通の人間なのかな。
泉田がそれを夢見たということはなんだか関係ない気がしてきた。

最終決戦でお涼達はピンチと言えばピンチだけど
なんだかんだで最後は愛が勝つ展開になりそうだし
寧ろ心配なのはお由紀達の方な気がしてきた。


★(終)薬師寺涼子の怪奇事件簿 第13話 「東京デッド・オア・ラブ(後編)」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介】

不覚にも泉田と同じ感想を抱いてしまった冒頭。
あぁ、なるほど・・・戦車がメイド2人という発想は無かった。
今までさんざ戦車やヘリでフルボッコにされていたので
それに対する先入観のせいか・・・。

決戦は大博打のような戦い方だったけど
これで泉田が怪我や生死に関わってたらどうするんだよ・・・。
それだけお涼がブチ切れていたのか
それとも絶対勝てるような確信があったのか。
お涼のことだから後者だろうけど、根拠はゼロだろうな(笑)
お由紀チームはお由紀が覚醒したおかげでセフセフ。
この姿を是非お涼に見てもらいたかったな。

もなみは絶対バッドになると思ったけど
平穏な生活に戻れて良かった・・・。
泉田が目を覚めた時は今までのが夢オチかと一瞬思ったけど
日付がちゃんと年越していて良かった。
ここまできて夢オチだったらそれはそれで大爆笑だったけどさ。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。