説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京四郎と永遠の空 第12話

★(終)京四郎と永遠の空 第12話 「永遠の空(えいえんのくう)」 総合評価★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

カズヤ兄さん生きてたー!
と思ったら出番一瞬のみですぐに廃人化。
アンタ何のために出てきたんだ。
命は取り留めたけど廃人同然だったし
あのままぺしゃんこで死んでたほうが良かった気も(マテ
そして予想通り世界を救うには空の犠牲が必要不可欠だったか。
ワルテイシアを含めた他の絶対天使は無事切り離せたものの
バスティーユは空のもう1つの身体。それを破壊することは空の消滅を意味する。

空飛びながら光を発して注目浴びてる中、キスしまくりのバカップルっぷり。
というか映像的に面白すぎるんですけどギャグですよね?(ぉ
空の台詞で「ちんちくりんで空気読めなくて」
空気読めないのに気付いてたのか・・・だけど京四郎の読め無さの方が酷いと思う(ぉ
涙を流して笑いながらのお別れシーンも感動のシーンのはずなんだけど
このスタッフが作るとギャグに見えるから困る。良い意味で。
追い打ちとして空を最後に抱きしめられなかった京四郎の腕が滑稽すぎて爆笑。
そして空によって世界は救われた。

その後はソウジロウは約束通り総帥に戻り相変わらずたるろって虐げられる日々。
ヒミコはカオンと共に・・・そういやヒミコはミカの元に居るための偽名だったんだな。
「本当の名前は・・・」で区切るのは反則過ぎますよ!
ミカの「ミ」か「カ」を名前に入れないといけない条件なのでヒ「ミ」コ。
真ん中の部分を変えると・・・やはり「姫子」かなぁ、と。

せつなは全てを受け入れ京四郎と共に空を見つける旅に出ることに。
自らの髪をばっさりとクラウソラスで切断。
そしてせつなが初めて自分がしたいと思ったことを自分の意志で実行した瞬間でした。
せつなの想いは京四郎には届かなかったけど違った形で実って良かった。
エピローグでどれだけかかったかわかりませんが空と再会してめでたしめでたし・・・と。
前(神無月)みたいに主人公カワイソスにならなくて良かったね!
でも良いキャラだったソウマ君が報われなくて京四郎が報われるのは納得が(えー

1クールだったし無難にまとまったかなぁ。うん、介錯作品だ。
ラジオはどれだけ続くのかなぁ・・・前と違って隔週だからなぁ・・・。
スポンサーサイト

京四郎と永遠の空 第11話

★京四郎と永遠の空 第11話 「天使回廊」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

次回予告が最終回っぽいなぁと思ってたらもう11話だったのか。
12話終わりだしラスト手前ってことを全然意識してなかったわ・・・。

今回も最強の王子様節は相変わらず。
マナバスターのメロディを受けつつもオペラのように
1人の世界に入ってるカズヤ兄さんはどう見ても(ry
相変わらず無敵っぷりを発揮してたんだけど
最後は絶対天使の集合体とも言えるべきバスティーユに踏みつぶされてチーン。
ワルテイシアはバスティーユの中でそれぞれの絶対天使に語りかけ、理解し
バスティーユから絶対天使を解き放つ手助けをしていたのかな。
あんまり語らないキャラだからどういう想いで
空達を解放したのかわからなかったのが残念。

解放された左腕のかおんと右腕のせつなに邪魔され
足のたるろってに踏みつぶされるという非業の結末に・・・。
王子様のことなのでまだ生きていても不思議ではないですが。
バスティーユ自体が時をも越える真なる絶対力の持ち主だからなぁ。

予告見ると最後は空を犠牲に世界を救う・・・って展開が妥当な気がする。
予想が当たると主人公がまた報われねえ(笑)

京四郎と永遠の空 第10話

★京四郎と永遠の空 第10話 「天使の牢獄(バスティーユ)」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

開始早々最後の希望のたるろってが砕かれてふいた。
せつなは手紙を無意識に書こうとする空を見て悲しい顔をしたけど
せつな達には普通に記憶というか自我はあるのね。
カオンはヒミコの名前を言ってたし悔しそうな表情もしてる。
でもカズヤの圧倒的な力には逆らえないのと
元々1つだったかけらだからどうしても抗えないのだろうか。

ソウジロウが元機動風紀の総帥なことに驚いた。
ジン様とは熱い雪の七日間で顔見知りだったんだな。
ジン様は事が終わった後にソウジロウが機動風紀に戻ってくることを条件に
妥当カズヤのソウジロウに協力する。
京四郎はふてくされモード。象徴だったメガネも壊れ・・・。

絶対天使のかけらを1つに集め空を完全に復活させようとするカズヤを止めるべく
城塔学園に乗り込むヒミコ、そこに合流したソウジロウや機動風紀七番隊。
そこに現れたのが・・・無数のどこか見たことあるような(笑) 鋼鉄天使。
ミカから受け継いだマナバスターとソウジロウの謎の武器。
機動風紀の皆様でなんとか戦うものの苦戦。
そんな時ヒミコが後ろを取られ・・・美味しいところで京四郎キター!
カズヤの跡を継いだ象徴とも言えるメガネを捨て。
京四郎とジン様はホントいいコンビだなぁ・・・。
活躍の場が少なかったのが悔やまれる。

最終的にカズヤの元にたどり着けたのは京四郎、ソウジロウ、ヒミコ。
まさか最終的なパーティーがこうなるとは予想できなかったよ(笑)
ジン様はケガでリタイア・・・もっと活躍見たかったのにー!
空の名前を叫んで今回は終わったけど次回は空が意識を取り戻した感じだなぁ。
それでも絶対天使は復活するようだし決戦は避けられんか。
どうやって逆転するのかなー。

○Amazon


京四郎と永遠の空 第09話

★京四郎と永遠の空 第09話 「乙女見果てぬ」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

王子様専用モードになっちゃったからカズヤ兄さん呼ぶ時は常に王子様に・・・。
モノローグ調なのは相変わらず最初の1回だけ。
もうカウントする必要なさそうだな。

前回衝撃的な登場でラストを締めくくったカズヤ兄さんだけど
今回の兄さんの行動はそれ以上に衝撃的すぎた(笑)
全ては京四郎が良いように解釈した妄想で
実際のカズヤは絶対天使の力、美しさに溺れ世界を滅んでも構わないと思った。
それどころかミカの言ったように人間的にも
腹黒(と読んで良いレベルじゃないけど)だったみたいだし。
兄さんの語り口調やオーバーアクションはむかつくけど見てると笑えてくる罠。
それと共に今までのツケが京四郎に全部回ってきて見ていてある意味爽快だった(笑)

空自体がカズヤの求めていたもので
空が空っぽだったのは魂が分かれ、それがワルテイシアに宿っていたからか。
存在する4つの絶対天使は全て空のカケラなんだな。
せつなもカズヤに奪われミカの剣だったカオンも奪われた。
残った絶対天使はたるろってのみだけどソウジロウはどう出るか。
予告見るとヒミコとソウジロウの出会いはありそうだけど。
神無月2話あたり見た後だと激しく違和感がある構図で面白い。

ミカはどうしても独占欲の部分が強く映って
カズヤを正しく評価していても良いキャラには見えなかったんだけど
ヒミコの暖かさを受け入れたり実質カオンのことをヒミコに頼んだり。
本来は優しい人物だったんだなぁ・・・というのが伝わってきて幸いでした。
ミカをこうも曲げたのは明らかにカズヤのせいだよなぁ・・・。
ソウジロウはカズヤの正体に気付いていてどういう立場で居たんだろうか?
何も知らないで尻尾振ってカズヤを盲信してた京四郎がどんどん惨めに・・・。

さて、絶対天使も無しに京四郎がどう動くのかが楽しみ。
ソウジロウにはたるろってが残ってるしヒミコと共に行動するんだろうけど。
というか何か逆転の一手がないとどう見ても覆せないよな。
それと空を手に入れた後でも
ワルテイシアの憂いに満ちた表情が変わらないのも気がかり。
これぐらいしか突破口はない気がする。

○Amazon


京四郎と永遠の空 第08話

★京四郎と永遠の空 第08話 「刻の目覚め」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

私の王子様 0回・・・?
自信ないけど言わなかった気がするな。少なくともポエム調では。
話の雰囲気が変わってきたからかなぁ。
女の子の幻想的なイメージからドロドロなイメージに(マテ

京四郎は悩んで悩んだあげく空に告白。
空に出逢ってから変わったようには見えなかったけど
必死に自分の気持ちを抑え込んでいたんでしょうかね。
せつなに対してけじめをつけるっていうのはつまりはそういう意味だよなぁ。
ラスト付近は原作と同じ展開でカズヤ兄さん降臨。
でもコミックスじゃ見られなかった所にカズヤ兄さんパンチが(笑)
それにしても王子様というより天使みたいなポーズだよ兄さん・・・。
学祭のクライマックスのBGMに乗せて降臨する様は圧巻。
「行こう、一緒に」がやたらあざとく見えるけどな!

ワルテイシアと共鳴してたし何かしらの関係があるのか。
ワルテイシア自体が破壊されてたはず、存在しないはずの5人目の空。
後はOPのサビ前の映像見れば
よろしいことにはならないことは容易に想像はできるわな。

学祭DJが間島さんでどう見てもまんまラジオのノリで笑った(笑)
ラジオファンとしては嬉しい配慮です。
本編では間島さんの出番少ないし。

○Amazon


京四郎と永遠の空 第07話

★京四郎と永遠の空 第07話 「彷徨いの哀歌」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

私の王子様 3回

あ、あれ?いつの間にハッピーエンドに分岐したんだ?
と思わせるアバンタイトル&前半で驚いた。
アバンの「死にたいぐらい」で黒さを垣間見たけど
本編はいきなりフツーに買い物してるし6話から全然繋がらなかったわ。

話が進むに連れて空の痛さが極まってくるな・・・(;´Д⊂
絶対天使の力を引き出そうと素振りする姿が痛すぎ
・・・なんだけどえい!とかおはぎちゃんボイスで聞くと微妙に笑いが(マテ

京四郎も悩みの描写はあるけどコイツは自業自得じゃね?
ってことで道場が微塵にも沸かない罠。
素直に共存の道選べばいいんじゃないの・・・。
空や京四郎の何気ない一言でせつなの鈴が鳴りまくり。
空の落書きで京四郎とラブマーク書いた紙を
クラウソラスで叩き切ろうとしたのには戦慄した・・・。
そろそろ がまんの げんかいだ!

京四郎の何がアレかって自分のせいで苦しんでる女の子が2人も居るのに
本人にその自覚がまるで無い上に
この期に及んで自分のことしか考えないで悩んでることだと思う。
ミカもなんだか狂気じみてきたし最後の砦はソウジロウのみ・・・。
ワルテイシア出てきたし次回で本場の王子様カズヤ兄さん登場かな?
ラストに登場して9話に引っ張りそうだ・・・もしくは2巻ラストの展開。

○Amazon


京四郎と永遠の空 第06話

★京四郎と永遠の空 第06話 「ゆめはて十字路」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回は冒頭の1回だけかなぁ・・・?<私の王子様
眠い中数えてたので自信なしですが・・・。

いきなり夢から覚めて〜っていうのはあからさまに夢オチだと思ったけど
えらい引っ張るから不安になっちゃったじゃないか(笑)
本編見た後だとサブタイのセンスが更に光るな。
今回は戦闘メインと思わせて実際はせつなや空の心理描写メインだな。
空っぽの絶対天使とか絶対天使なのに涙が〜とか痛々しすぎる・・・(;´Д⊂
せつなもマナの補給を京四郎に実質断られカワイソス。
なんかどんどん京四郎がサイテーの人間に見えてくる構図は笑えるな。
ミカとかに悪魔め!って罵られるのがよーくわかる。
漫画はまだ京四郎のフォローがマシだったのになぁ・・・。

次回は「彷徨いの哀歌」としばらく空が宙ぶらりんの状態続きそうだ。
いつになったら京四郎の選択が来るのか楽しみ。
連載は読んでないので2巻の後どうなったかひじょーに気になる。

○Amazon


京四郎と永遠の空 第05話

★京四郎と永遠の空 第05話 「くちづけ洗礼」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回こそちゃんと数えましたよ!(マテ
「私の王子様」と6回。「拝啓、」付きで5回確認。
ちゃんと数えてたので多分間違えてないはず・・・。
ポエムを真剣に聞いてると「でもでもっ」とか反復多いことに気付いた。
なんというか乙女チックすぎるよなぁ・・・
これアフレコ絶対笑ってしまいそうなんだけど(笑)
神無月と同じならDVDにコメンタリーあるだろうし購入を視野に入れようかな。

今回も原作をある程度なぞったオリジナル展開。
かおんががんばってることから空が連れ去られるのは予想できた。
2回目の誘拐ということでもしや正体バレか?と思ったら
案の定、原作と同じ方法で空が絶対天使であることが判明した。
まぁ、OPで正体バレバレだっただろーし
アニメの演出だと空=絶対天使がわかりやすかったからお退きも少なかったんじゃないかな。
寧ろ問題はこの後だ・・・。
サブタイは何かと思いきやコレだったのね。

せつなは原作より京四郎に特別な想いを寄せてる印象があるなぁ。
原作だと最後まで溜めに溜めて爆発させてたけど<2巻終わり
空が居るのにあそこまでマナせがむのは
マナだけじゃなく違う意味の危機感を感じたしね。
今回、鈴の音が鳴らなかった気がするし爆発も近そうだ。

次回のサブタイが「ゆめはて十字路」
なんつーか、サブタイ考えてる人のセンスはホントに凄いと思った。

○Amazon


京四郎と永遠の空 第04話

★京四郎と永遠の空 第04話 「恋 蛍」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

今回こそ「拝啓、私の王子様」と
何回言ってるのか数えようかと思ったら途中で忘れてましたorz
次回こそ数えてみせる・・・・・多分今回は5回ぐらいだと思うんだけどなぁ。

前回良いところで終わったことに気を取られて
あんまり気にしないようにしてたけど空の新しい制服のデザインは(ry
絶対、最初の制服が一番可愛いと思うんですよ!
落下して負傷した京四郎を介護する空。
散々思考した挙げ句に新しい制服のスカート
を惜しげもなく破る空の行動に吹き出しそうになった。
なんかいちいち言動が笑えるんだよな(笑)
これが介錯マジックか!
京四郎の過去が語られ・・・このあたりの構成はコミックと変わらずですね。

たるろってとせつなは激しい攻防。
一方ソウジロウはその身一つで崖下に・・・たくましすぎるよ。
降りてる最中に京四郎の白馬がツタに!
白馬カワイソス。でも面白すぎる構図だコレ(ぉ
京四郎のために水をくみに行った空の前にソウジロウ登場。
ソウジロウはどうみても空を気遣って話しかけようとしてたのに
空が気付いた瞬間大声あげる→京四郎かけつける→ソウジロウ悪者
の流れに自然になってホントに不憫なキャラだ・・・。
ソウジロウは元キャラとのギャップが一番激しいのでは。
そしてこのアニメ唯一の真人間疑惑(マテ
絶対天使を可哀想と言ったり優しさ全開です。
神無月の時からは考えられないぜ!

そうこうしてるウチに絶対天使の二人も到着。
バトりつつ京四郎の過去から彼の目的が現れる。
彼の目的は「絶対天使を全て破壊すること」
兄さん兄さん連呼したり献身的なせつなに対してもそう言ったり
ソウジロウがまともな分京四郎の痛さがかなり際だつんですが・・・。
なんだろう。アニメの京四郎は好感度下がりまくりだな。
コミック版はそこまでウザくは感じなかったのに(苦笑)

今更なんですがせつなが悲しい時に鈴の音がなるのは良いな。
これは原作でもあったけど音にするとやっぱりわかりやすいや。
鈴と言えば某ネギまとか某ダカポを思い出しますが・・・。
この鈴の音はせつなの想いの積み重なり。
彼女は言葉で気持ちを表さないし良い手法だと思います。

次回のサブタイ見た瞬間吹き出した俺
くちづけ洗礼
ってどこかセンスがぶっ飛んでるとしか思えないネーミングですね・・・<褒め言葉
美郷あきさんの「くちびる白昼夢」も相当ツボだったんですけどね(えー
かおんの調整ってホントにそのまんま調整だったのね・・・。
ガンダムの強化人間の調整みたいなイメージか。
次回は神無月コンビ大活躍ですか?

○Amazon


京四郎と永遠の空 第03話

★京四郎と永遠の空 第03話 「舞い踊る螺旋」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

やべぇ、空のポエム演出がやべぇ(笑)
「拝啓、私の王子様」とか「〜です!」とか「うわぁ」とか何回言ってるんだよ(笑)
これを受け付けない人はこの番組絶対見られないなぁと思った。
既に俺はギャグにしか見えなくなってきてるわけですが・・・。
空はメルヘンポエム担当。京四郎は変態王子様担当。
絶対天使であるせつなが一番まともに見える構図は素晴らしすぎるな、良い意味で。
せつなは京四郎のためならなんでもする、という尽くしっぷりなんだけど
京四郎のスルーが原作以上に感じるなぁ・・・フォロー皆無かよ。
別れる時にキス=マナの補給はしたけど
空に対してアレはただのマナの補給と割り切ってるし。
せつなを利用するだけして空をオとすように見えて京四郎の印象低下する一方(笑)

演出面ではいきなり三姉弟がシャワーシーンで登場しながら
絶対天使の現状を説明。無駄にカットに気合い入ってる意味が!
かおんは意味不明な調教をミカから受けてるし相変わらずソウジロウが不憫だし。
毎回お色気シーンがあるのは仕様か!?
介錯アニメの中でも随一のお色気の多さな気がする。
キャラ立ってるしこの異様な世界観も上手く醸し出してる。
介錯許容出来る人には普通に楽しめるアニメだなー。

○Amazon


京四郎と永遠の空 第02話

★京四郎と永遠の空 第02話 「三華月百夜」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

おおぅ、2話にしてオリジナル展開とは驚いた。
いや、厳密に言えば原作にも似たような話はあるんですけどね。
展開が2巻冒頭チックでもしや早速バレか?とひやひやしたけど。

とにかく今回は姫子&千歌音・・・
じゃなくてひみこ&かおんが大活躍で満足!
かおんはキラキラしてるしまんま千歌音ちゃんだけど
ひみこは劣等感がある所を除けばあんまり姫子チックじゃないね。
ひみこには是非、「かおんちゃん、私どうしたら(ry」と言って欲しい所(笑)
ミカやソウジロウは見た目はほっとんどまんまそのキャラなのに
ソウジロウのたるろってへの優しさは吹き出した。

説明なしに突き抜けて、視聴者も空と同じように( ゚Д゚)ポカーンな1話と違い
絶対天使の説明や京四郎の立ち位置をある程度説明したのはいいんだけど
専門用語多すぎてかなり介錯ワールドから置いてけぼりな気もする・・・。
まぁ介錯許容出来ないと、この作品は見れないだろうし問題ないか!
これもギアスに負けず劣らず1話がいろんな意味で濃いよなぁ・・・。

○Amazon


京四郎と永遠の空 第01話

★(新)京四郎と永遠の空 第01話 「永遠の空(とわのそら)」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

遂にこの作品が始まりました・・・!
アニメ化発表された時は多少興味ある程度で
本格的に興味持ち出したのはラジオがまんま
ラジ神パーソナリティだったことからですな。
連載は読んでませんけどコミックはチェック済み。
介錯耐性は普通かなぁ。ワるQとかは見ませんが。
キャスト発表でスターシステムなことを知り
その中に神無月キャラが多く含まれてるおかげ楽しみになりました。
ラジオは1クール以上前からやってたけどやっとアニメスタートですよ!

まずはじめにOPの時点で爆笑したのは俺だけですか?(爆死)
ど う み て も 介 錯 で す
あまりの介錯っぷりに笑ってしまった。
でもOP見てると楽しそうに見えるから困る・・・。
神無月と同じような道のりをたどりそうな気がするけど!

コミックチェックしてるので作品の概要は理解してても
アニメとなるとまたひと味違うな。
アニメは思ってたよりキラキラしすぎ
おとボクとかもキラキラあったけどあんなレベルじゃないな(笑)
というかベクトルが違うというか・・・
言葉を借りるなら王子様でありお姫様的なきらびやかさが全開だ。

ストーリーは概ねコミック通りだけどやたらジン様@間島さんの出番増えてる!
転校生である京四郎を紹介するためにわざわざジン様降臨ですよ。
まぁ設定上、二人は個人的な付き合いがあるし違和感はないけど。
もう、京四郎を一目見た空の反応が乙女チックキラキラすぎて恥ずかしいよ!
しかし改めてアニメで見ると「いきなり服を脱がせる→行こう……一緒に」
はマジでないよな(笑)
そらその場から逃げ出すわ。京四郎テラ格好ワルス・・・。
京四郎の声のイメージが全然違ったのもちょっとショックだなぁ。
実は神無月キャストぐらいしかチェックして無くて
ラジオ聞いてるのに松岡由貴さんがせつなであることも忘れてました・・・。
空@おはぎちゃんは覚えてたんだけどなぁ。
京四郎はもっと高い声のイメージだったのにぶち壊された(ぉ
格好悪いとの相乗効果で京四郎への好感度下がりまくり(えー

ヒミコ&カオンは姿だけ登場。予告見ると次回は声付きで出そうだ。
どこまで進むのかと思ってたけど1話で一気にたるろって撃退まで進んだなぁ。
戦闘シーンは・・・まぁぶっちゃけスタンドバトルだな。
神無月並の見応えがあったのと空のセリフ通り綺麗な演出のおかげで
かなり戦闘を魅せどころあるんじゃないかな。
戦闘もそうだけど白馬に乗った京四郎が
颯爽と物理法則無視しながら空を助ける姿はなんというか・・・笑える。

1話からOPもEDもあったし話も一気に進んだ(コミック1巻の1/3以上)し
初っぱなから濃い内容で大満足ですよ・・・。
これがどう化けていくかが楽しみだ。
神無月はラストも含めてなんだかんだ行って好きだったからなぁ。
今期スタートではブッチ切りで期待のアニメです。

○Amazon


Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。