説明

コメントはメニューにあるメールフォーム記事のコメント欄で頂けると有り難いです。
1つの記事に複数のカテゴリを割り当てられないのでタグを利用しています。
カテゴリでまとまってないジャンルはタグからどうぞ。随時追加します。
検索はテスト中なので、全記事から検索されない可能性が高いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TARI TARI 第13話

★(終)TARI TARI 第13話 「晴れたり 泣いたり あとは時々歌ったり」 総合評価★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

現実的だけど幽玄ないつものP.A.作品らしいラストでした。
いろはとオチが似ているけど、やはりP.A.にはこういう作品がぴったりハマると思います。

恒例とも言えるラスボス、最後に立ちふさがるのは予想通り理事長。
校内に浜田君が残っていたので、学校封鎖で独断で唐突に行ったんだろうな。
中止を宣言された和奏達を庇ってくれたのが・・・なんと校長!
「やりなさい、文化祭」&理事長に解雇を恐れずヘタレながらも突っ込んでいく校長は輝いてたよ。
これだからP.A.作品の大人達は一部以外、憎めないキャラばかりなんだよなぁ。
しれっと教頭が登場し、校長の解雇手続き云々と現実を突きつけててワロタ。
密かに声楽部等に練習させてたとか相変わらず教頭はツンデレだなぁ。
校長が最後まで放置だったのだけが可哀想だけど、秘書も一瞬笑ったり理事長がこけてケツが濡れていたりと天気同様、晴れ晴れとした気分で白祭に望めたのは良かったです。

白祭パートは覚悟していたけど歌パートはやっぱり涙を我慢出来なかった・・・。
理事長対決の時もそうですが劇パートといい、シリアスや感動の中でもきっちり笑わせてくれるのがP.A.作品の良いところというか空気感の一つだと思います。
本当に来夏脚本のままの劇になったんかい!
EDの場所で歌っているというのがまた感慨深いですよねぇ。

白祭が終わった後はそれぞれの進路。
紗羽が騎手になる夢のために留学を決意。
EDの電車に乗ってるシーンがまさかこの見送り直前のシーンだとは思いませんでした。
挿入歌に乗せて敢えて会話がないシーンは良い演出だと思うけど、台詞の内容も知りたかったな・・・ご想像にお任せしますってことかな。
田中の性格上、告白というより「待ってる」とかそれとなく好意を伝えるだけだと思うんですけどね。

卒業式のムービーで4人が歌い出し→ビデオを見た紗羽も一緒に歌う→EDの流れが完全に泣かせに来てますよね・・・本当に良い最終回でした。

理事&白祭だけなら最終回でまとまると思ってましたが、ちゃんと卒業&進路まで綺麗にまとめてくれるとは思いませんでした。
P.A.はやっぱり1クール作品の方が色々凝縮されて良いのでは・・・と思ってしまう。
なんだか、TTというよりP.A.持ち上げみたいな感想になりましたが、今最も好きな制作なんだから大目に見てください(笑)
次回作はオリジナルではないけどキャラ原案岸田メル先生に期待。
最低でも2013年冬アニメですが・・・早く見たい(見られれば)なー。
スポンサーサイト

TARI TARI 第12話

★TARI TARI 第12話 「重ねたり 響いたり」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

紗羽の決めポーズ写メが天使すぎて辛い。
角度とか割とリアルなところついてて笑ったけど。
せっかく頼んで写メ撮らせてもらった田中ですが、依頼人には隠し撮りの微妙な写メを渡して自分の懐には決めポーズ写メを保存したのには吹いた。
女子3人から「かっこいいー」とからかわれたり裁縫をなんとかするのに駆け回ってパシリにされたりと、ある意味田中回でもあった気がしますね。
罵倒されたり弄られたり、でも頼み事をしたら聞いてもらえたりする田中のポジションが羨ましくて仕方ないです(笑)

今回は全体的にラストに向けての準備のような回でしたね。
用意してた小道具がダメになって悲しい気持ちになったり校長が来夏の言葉に感銘を受け、そのまま理事にパクって言って笑ったりといつものTARI TARIの面白さでしたけどね。
展開的にはやはり理事との対決という流れになりそうだなぁ・・・。
さすがに廃校&工事中止にはならないだろうけど、最後まで学生らしい生活を過ごせるように理事を納得させられる展開だったらいいな。

TARI TARI 第11話

★TARI TARI 第11話 「満ちたり 欠けたり」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

【速報】白祭中止のお知らせ
校長ェ・・・せめてもっと早く言えよ・・・。

というわけで、もう少しで白祭!
和奏達も合唱部としての出し物が決まってやる気十分というところでの水差し。
そもそも、生徒がこんなに残ってるのに工事いきなりすぎるんじゃね?とか学祭ぐらいやらせてやれよという突っ込み所はあるけど、この辺は1クール作品だし多少強引な展開になるのはしょうがないかな。
上にも上の計画とか事情があって即着手しないといけなかったのかもしれないし。
校長はYESとしか言えない立ち位置だし悪くないと思うけど、告知がかなり遅れたことに関してだけは確実に戦犯。
言い出しづらい気持ちもわかるけど、もうどうしようもなく決定なんだったら告知は早いほうがいいだろうし、何よりも白祭を楽しみにしていた生徒達の心を踏みにじったのは教育者として失格だな。
良い人なんだろうなとは思うけどねぇ・・・。

白祭が中止になったおかげで、自然と散り散りになっていた合唱部。
そこに和奏が曲を完成させたことで再び光明が。
音楽から逃げて仲間になったのも最後の和奏が、再びみんなを1つにする役目というのは感慨深いなぁ。
後半ただでさえ泣きそうだったのに、これは来週絶対号泣するパターンじゃないですか・・・。

明るめな話題としては冬服の女性陣可愛い!とか田中が紗羽に惚れた・・・?とか人間関係も多少動いてくるのかなぁ・・・。
「私たちの白祭」をキッカケに声楽部と共にステージを作るとかもいいですねぇ。

TARI TARI 第10話

★TARI TARI 第10話 「萌えたり 燃えたり」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらず泣かされたり笑わされたり忙しいアニメだぜぇ・・・。
思ったよりもウィーンについて掘り下げなかったな。
寧ろ、どちらかと言えば教頭回だったんじゃないのコレ。
教頭とまひるさん絡みの回想は毎度泣きそうになります。

しかし、なんといっても今回のメインはショーテンジャー全般でしょう。
なんだかんだでウィーン以外がノリノリだっただけでも面白かったのに、最後の最後でひったくり追いかけて追い詰めた時に急に歌い出すとか販促過ぎる(笑)
ましてやまさかの追いついてきた4人も合唱に参加。
田中が歌を引き継いだ瞬間盛大に吹いたぞ。
そうか、実はシンフォギア2期だったのか・・・。
EDの田中の時々バドミ並の申し訳程度の合唱要素じゃないですかー!

そして次回から冬服!
紗羽ちゃんのおっぱいの霊圧が消えた・・・?
測量してたし、学校絡みの問題もそろそろかなー・・・。

TARI TARI 第09話

★TARI TARI 第09話 「白くなったり 赤くなったり」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

それにしてもこのウィーン、ノリノリである。
OPの\(^o^)/ポーズこれかあああ!
というわけでのウィーン回。
アバンからまた暗い話かと思いきやそんなことはなかったぜ。
落ち込んでるよりもポジティブな方がウィーン・・・というか男子勢は似合うな。
今回はウィーンの変化にいち早く気付いたりノリを合わせたり田中も良い仕事してた。
無神経ー!クズ!と女子からの評価はいまいちなんだろうけどさ(笑)

いつもの流れからすると次回でウィーン編は完結かな?
学祭まで消化するかは微妙だけどこの作品はテンポ良いし一気にやっちゃう可能性もあるか。
当番回が残ってるのは来夏と田中ですが・・・田中の当番回はなさそうだな。
来夏はコンドルクインズ関係が当番回と言えなくもないかもだけど。
ヤンと再会できるといいですね。

次回はスカートがなくスーツの一部が破れた紗羽に期待せざるを得ないな。

TARI TARI 第08話

★TARI TARI 第08話 「気にしたり 思いっきり駆け出したり」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

相変わらずTTは視聴者を笑わせTARI泣かせTARI忙しいな・・・。
ということで、紗羽絡みの話は一応解決かな?
このテンポの良さはいろはになかったものなので良いなー。
P.A.オリジナルは1クールの方がぎっしり詰まってて面白い作品作れる気がします。

やはり今回のMVPは(も?)親父でしょう・・・今回は紗羽の。
言葉ではああいいつつも、台詞からして身長体重制限をしっかり把握してたようだし、まさか騎手学校にまで電凸してクレーム入れるほど紗羽のこと考えていたとは。
客観的に見ると、地獄に落ちろ!とか言ってるし完全にクレーマーなんだけど不器用ツンデレ親父すぎて全然憎めなくなったよ。
しかし、親父の行動で胸が熱くなったのに台詞で台無しだよ!
TTはホントこういうシリアスに笑い混ぜて来るの好きだな・・・それがいいんだけどさ。
親父とサブレには盛大にワロタ。

それでも謝ろうとしない紗羽は性格は父親譲りですよね。
きっと親父も紗羽のために行動したことを絶対認めないだろうし(笑)
なんだかんだで良い親子、家族で安心しました。

男子達がブレずに安定して輝いてるのはいつものことですが、和奏はホントどんどん魅力的なキャラになっていくな・・・。
今回の和奏さんは悟りの書を持って賢者になったとしか思えない。
でもまひるさんの話は泣きそうになるのでNG。
教頭を罠にハメるなど年相応の茶目っ気も見え隠れして可愛いなぁ。

TARI TARI 第07話

★TARI TARI 第07話 「空回ったり 見失ったり」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

全体的に田中の扱いにワロ・・・泣いた。
和奏はホント明るくなったなー。
ちょっと前の和奏なら来夏と一緒に田中にクズ!なんて言うことなかっただろうに(笑)
女子同士は顕著だけど、合唱部の中でも距離が縮まってきてるのがわかって良いですね。

今回は7話にしてやっと和奏が主人公らしいと思いました。
ミュージカルに誘うなんてキャラじゃなかったのに・・・。
明るくなったのもそうだけど優しくなったのかな?
どんどんまひるさんっぽくなっていくんだろうなーというのが感じられました。
正直、来夏や紗羽に比べると魅力が落ちるキャラだと思ってたけど今回で完全に並んだかな。

本筋は学園祭に向けつつも将来、家族の問題がメインかな。
前回、紗羽の父親との不仲があったので予想通り紗羽の話。
こういうのって結局どっちが正しいというのはないんだよね。
ましてや紗羽が真剣に騎手になりたいと思ってるんだからなおさら。
騎手は危険だし身体的な制限も大きいし女性騎手も少ないしで父の心配は最も。
素直にそれを言えばいいものの「ギャンブル云々」を盾にして認めようとしないのが互いに頑固なのかなぁと。

この問題どうするんだ?と思ってたら衝撃のラスト・・・予告で安心したけど予告の台詞が正しかったら結局・・・\(^o^)/
せっかくEDで5人が揃ったのにまた暗い話じゃないですかー!
P.A.らしいと言えばらしいと思うけどね。
EDの田中の時々バドミントンで笑ったけど、次回は最後は笑える話になるのか・・・。

TARI TARI 第06話

★TARI TARI 第06話 「笑ったり 想ったり」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

良い最終回だった(2回目)

和奏がちゃんと向き合えるキッカケが割とあっさりというか、いつの間にか・・・という気はしたけど終りよければ全て良しということで、全て大切な想い出として受け入れられたしキーホルダーもピアノも無事だったし和奏が遂に歌ってくれたし、本当に驚くぐらい綺麗にまとまりましたねー。

来夏や紗羽も彼女たちなりに和奏のことを心配して立ち直るキッカケになってくれて良かった。
来夏ちゃんはびしょ濡れズッコケだったりノーブラだったり地雷踏み抜いたり身体張ってるけど、それなら何故着替え前後で入浴シーンが無かったんだ・・・!
田中とウィーンは良いギャグ担当でした、毎度ギャグとシリアスのバランスが秀逸です。

しかし、今回のMVPはやはり和奏パパンこと圭介さんでしょう!
ホントもう前回から株が上がりまくりですよ・・・。
まひるさんが居なくなったから過剰に心配している部分もあるんだろうけど、それを踏まえても素晴らしい空気の読みっぷりと父親っぷり。
本人は否定気味だったけど、これなら若い頃はモテたというのもあながち嘘じゃなさそうだな。
回想でのまひるさんといい、両親がどれだけ子供に愛情を注いでるかわかる回でしたね。
パパンと冷戦な紗羽もこの流れで氷解してくれるとほっこりするなぁ。
圭介さんはレンジにパンでも笑わせてくれたし回想では泣かされたし、今回、本当に大活躍でした。

特殊EDで追い打ちとは卑怯な・・・引っ込みかけた涙がまた流れるじゃないですかー。
次の通常EDでは和奏も加わってそうで楽しみ。
そして、合唱部本格始動かな?さすがにここで入部しませんってのは無いだろうし。

TARI TARI 第05話

★TARI TARI 第05話 「捨てたり 捨てられなかったり」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

和奏ママン可愛すぎワロタ。
というわけでまひるさん回・・・ではなく和奏の回想を交えつつのトラウマ回。
和奏が頑なに音楽を拒む理由が明らかに。

反抗期のまま親と死に別れという話はよくある話と言えばよくある話なんだけど、P.A.は相変わらずこういった演出が巧いな・・・我慢してたけど泣いてしまったよ。
病気のことを知らないでツンツンしたり受験当日に倒れたりそりゃトラウマにもなるわ。
それを封印しようとピアノやオーディオ機器を捨てる決断をします・・・が。
親父さんはホントにいいのか?的ニュアンスで確認してくれる良い人だ。
というか、1話の時と全然印象違うなこの人(笑)
こういうトラウマは自分で乗り越えないとだけど背中を押してくれる人は居るのかなぁ。

前半がぬるぬる動くダンスや可愛いウィーンで割と明るい話だったのに、後半はどうしてこうなった・・・。
1クールな以上、こういう話は早めにやってくれるのはありがたいですけどね。
展開が早いアニメだし次回あたりには解決するといいなー。

TARI TARI 第04話

★TARI TARI 第04話 「怒ったり 踊ったり」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

なるほどあの怪しい外国人はノリの良い爺さんズ=コンドルクインズの一員だったのね。
コンドルクインズは和奏母のまひるさんと生前交流があったということで話が繋がってきた。
和奏が音楽と向き合うきっかけになるように登場したキャラだったか。
墓参りが陽気過ぎて吹いたじゃないか。

このコンドルクインズ、来夏がファンということで一悶着。
はしゃぐ来夏は可愛いけど、合唱ブリーダー格の来夏がこれじゃあね・・・。
そりゃ紗羽からもおたん来夏!とか言われますわ(笑)
まぁ、場面だけ見てると紗羽のレズ特有の嫉妬にしか見えなくもないですが(マテ

早速、ステージ本番と相変わらず展開が早いのは嬉しいですね。
その中でも部員達の歌唱力が上昇してるというのはわかるしね。
というかこれは声優さんが凄いんだな・・・特にウィーンには驚いたよ。

和奏がデレるのはもう少し先になるのかな。
合唱部自体には協力的なようだけど意地でも和奏が歌うシーンは無いらしい。
EDに和奏が追加されるのはいつになるやら・・・まさかラストってことはないよね。

TARI TARI 第03話

★TARI TARI 第03話 「集ったり あがいたり」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

2話から一転の前途多難な廃部宣言。
まぁそりゃ寄せ集めなんだからコンクール終わったら離散するよね。
ガチであの人数の半分ぐらいは弟が集めてきたっぽいな・・・人望ありすぎる。
エロ本を処分したから開き直ったものの、結局母親にバレていたことがわかった時の反応が微笑ましいし、誠の退部は許してやろう・・・今回はやっと来夏の入浴シーン拝めたしな!
同時期に部員不足で田中の属してたバドミントン部も廃部宣言。
校長が入院中に教頭が好き勝手・・・というよりルール通りビシっとやる方向性なようで。
P.A.は相変わらずこういう、主人公的に嫌な大人というのが出てくるけどたいていは良い人なんだよなぁ。
P.A.伝統と言えば、屈伸ウサギ跳びが受け継がれているとは(笑)

というわけで、今回は主要キャラ5人が1つに集まる合唱時々バドミントン部設立の話。
バドミントン勝負で勝っても負けても合唱する気だった来夏ちゃんマジ策士・・・!
それ以前に3人同時サーブとか突っ込み所満載だけど、それを許容する田中は良い奴だなぁ。
こんな曖昧な部を教頭が許すはずもなく・・・ということで校長の出番。
校長も教頭もそれぞれ思う所があったり、和奏の母親と何かあったんだろうなぁ。
教頭が今のように厳しくなってしまったのもそれが原因とか?

全体的にストーリー進展よりもなんだか笑えるシーンが面白いな。
上記の3人サーブもそうだし、出せない廃部届けとか校歌に即興で合わせてくる爺さん達とか怪しい外人とか。
和奏と紗羽は名前呼びになってるというのに来夏ちゃんと来たら・・・ブワッ。
来夏はちっちゃいけどパワフルにがんばってる感あって可愛いけど、今期だとココロコの唯とキャラが被りそうな気がするな。
この日常の雰囲気は言葉に表しづらいけどもの凄くP.A.っぽくて好きだなぁ。
1クールらしいので、いろはの時のような若干の中だるみもなさそうだし、オリジナルということもあってか今期で最も期待する作品かもしれません。

EDは徐々に増えていくんだろうなーと思ったけど歌も増えるのか!
男性陣も歌唱力でキャスト選んだのではというぐらい違和感ない。
和奏さんがここに加わるのはいつになることやら・・・。
なし崩し的に合唱部に全面協力状態になりそうな気がするけど、歌に関しては拒絶反応強そうだし来夏ともう一悶着はあるだろうなー。

TARI TARI 第02話

★TARI TARI 第02話 「集ったり あがいたり」 ★★★★ 【公式】【ストーリー紹介

良い最終回だったな!もうこれで完結でいいんじゃないかな!
ということで、2話ですが急展開で色々ありました。
合唱部絡みの話がしばらく続くのかと思いきや、今回でほぼ解決なんじゃないか?
部員集めをしたその話でコンクールまで行くとはまさか思わなかったよ。

男子達が全然絡んでこなかったのが残念だけど、次回から本番なのかな。
宮本姉弟の可愛さは異常だな・・・弟はまさかの2回目の入浴シーンに眼鏡っ子とポイント上がりすぎだな。
来夏は言うまでもなく可愛い系のキャラですが、コンクールのトチり方やベッドの上のごろごろとか行動が可愛すぎるだろう・・・。
1話はだと紗羽が好みだったけど、なかなかわからなくなってきた。
和奏がデレたかどうかは微妙だけど、あの状況ならまぁ演奏せざるを得ないよね・・・。
ちゃんと友達になれたのかなぁ・・・というのは次回かな。

予想外に話が進んでぽかーんな部分もあったけど、だらだらやられるよりは良かったかな。
コンクールからEDへの入りも秀逸だったし、さすがP.A.というのを2話にして感じさせられました。
今後も楽しみな作品だなー。
欲を言えば曜日をずらして欲しかった・・・。

TARI TARI 第01話

★(新)TARI TARI 第01話 「飛び出したり 誘ったり」 ★★★☆ 【公式】【ストーリー紹介

P.A.WORKSのオリジナル作品。
そういえば、結局Anotherを見なかったので、いろは以来のP.A.作品になります。
やっぱりP.A.と言えば“こういう雰囲気”のアニメだよなー!というのをOP見て思いましたよ。
OPから感じる良い意味での花咲くいろは臭にwktk。

事前情報無しでの視聴だったんですが、挿入歌の多さに驚き。
リフレクティアの合唱が流れてきた時は妙な感動を覚えましたよ。
主人公:和奏が音楽科から普通科に転籍してたり、メインキャラの1人である来夏が合唱部を作ろうとしてたり音楽がメインになるのかな?
合唱を映像にすると地味な印象はあるけど、音楽モノというならP.A.はABのガルデモという実績があるので特に心配はないかな。

1話はプロローグということで作品の雰囲気を感じ取れるんですが・・・初っぱなからギスギスしててワロタ。
P.A.と言えば、こういうドロドロした話も十八番なんですがいきなりだな。
まぁ、引きの5人の思いが交錯して物語が進むことが見て取れるので、こういうスタートと面白いかな。
キャラ的には、なんとなくなこちっぽい紗羽が好みかな。性格は全然違うけど。

とりま、キャラが絡んでくる2話から本番と言ったところですかねー。
なんだかよりギスギスしそうな気がしますが・・・早く来夏の手で和奏が陥落するところが見たいです(笑)

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。